★阿修羅♪ > 議論30 > 277.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎に依存する方法論のパースベクティブ
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/277.html
投稿者 仁王像 日時 2010 年 7 月 07 日 20:11:52: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: ”国家戦略”は国家に保存され常に研究されつつ執行中であるか出番を待つべきもの 投稿者 仁王像 日時 2010 年 7 月 07 日 20:06:40)

・小沢一郎に依存する方法論は「(国家)戦略」足り得ない!
 http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/797.html

 小沢一郎の胸三寸にすべてを任せるとすれば(仮定の話)、これ自体戦略的な方法論ではない。一個の男の運命に(国家の)すべてを託すわけにはいかない。たとえ若く、健康で政治生命が向こう数十年あってもである。言い換えれば小沢一郎一個人に国家戦略を託すわけにはいかず、そのこと自体が戦略的でないということは明らかである。

 では小沢一郎に託せる部分はなんであろうか。「政治理念」というのが浮かんでくる。小沢純粋党の代表になれば「国民の生活が第一」という政治理念?の立役者になれるかもしれない。だがこれが「政治理念」だとすれば、それは党の綱領等に書いておくべきものである。党の綱領であれば、小沢が世代交代で退いても党に引き継がれて行く。そうすると小沢がこの政治理念の立役者であったとしても小沢という個人に依存すべきものでもない。

 そもそも「国民の生活が第一」というのを党の綱領等に入れるべき政治理念であるかどうか筆者には大いに疑問である。あるいは「政治理念=あるべき未来社会」としても同じと考える。ただ党のやることだからカラスの勝手である。

 「国民の生活が第一」というスローガンは、そもそも「改革を止めるな」と言って日本を荒廃させてきた小泉に対抗するため、参院選での選挙スローガンとして登場した歴史性を持つ。そもそもが政権公約的な出生の秘密を持つ。
 ところが気が付くと、小沢信者たちは「あるべき未来」の姿として持ち上げてきた。まあ、一人歩きして政治理念にまで格上げされてきたと言える。これが政治理念に堪え得る教義かどうかに疑問があるが、いずれにしても小沢純粋党が考えるカラスの勝手である(ここから先はあなた方の領分)。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月07日 22:04:19: fkMplELMKs
その通り、

有権者の勝手です。

小沢氏を選ぼうが、どうであろうと、

それは、有権者の責任なのだ。

一人ひとりが、独立した意識を持つことが、

 大事なのだ。

この独立の意識の目覚めが、人を救う。

 悪意の投稿、コメントは、ひも付きなのだ、自己の利益のみ。

しかし、善意の投稿、コメントは、利他主義、他の人々のためにするのだ。

したがって、無報酬、カネは貰わない。


 善意の人は、カネを独り占めにしない。分け与え、共に助け合う。

捨てる神あれば拾う神あり。

 世の中、それほど、節穴では、ありませんよ。

隠者は、自己のため、山に隠れ、


聖者は、自己を捨て、市井に、共に、生きる。

なぜなら、聖者は、善悪を超え、ありのままに、生きるから。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 議論30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧