★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15 > 454.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
戦争は、なぜ起きるのか?37 新型コロナウイルス, これは「空気感染の新型エイズ」というべき? 7
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/454.html
投稿者 あのに 日時 2020 年 3 月 19 日 16:50:48: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 

戦争は、なぜ起きるのか?37 新型コロナウイルス, これは「空気感染の新型エイズ」というべき? 7

1、結論  わたしの到達した立場は、やはり33の結論である。

=================================
新型コロナウイルスは、「空気感染の新型エイズ」では、ない。
=================================

2、これはCIA工作員のガセネタ?

34、35のコメント氏にお願いしたソースが、いままでも示されていない。これはみょうだ。
たとえば、ウイルスが、細胞に接着する部分の情報は、まえにもらった丁寧版氏の示されたindeep氏のリンク
https://indeep.jp/coronavirus-has-hiv-like-mutation-scientists-say/

にあった論文にも、井口和基博士のブログにもある。
http://quasimoto3.exblog.jp/240174116 

さて、ここで34、35のコメント氏がソースを書くに、なにも、むずかしいことではない。
なにか、へんだ。専門用語を駆使しておられるが・・・・専門用語でけむりにまいているのでは?
もし、そうでないならば、なんでもいいので、確からしい根拠、ソースをしめしてほしいと思うのである。CD4+の受容体をもつT4リンパ球の損傷らしい記事は、それまでのどこにも見えない。ひんぱんに報道される再発事例も、マクロファージや器官にもぐりこむウイルスの特性を仮定すれば、なにも問題はない。
エイズのCD4+の受容体をふさぎそうなタンパクを持つ情報は、以上のどこにもない。かんぐれば、なにもかもガセネタだ。根拠、ソースをしめされない現状を考えると、わたしに、ガセネタを提供して、誤った結論を発信させて、わたしの評価を地に落す工作員の作戦ではないか、と、考えざるを得ない。まだ、わからないのだが・・・・・

ちょうど、スタップ細胞事件でも、工作員と工作ブログが、専門用語を駆使して、多くのいわゆる知的な人々をあざむいたと思っている。このスタップ細胞CIA工作員グループかもしれないなと思い始めた。このグループなら、34、35のコメント内容は、なにもむずかしいレベルではない。だが根拠の論文をしめすことは、むずかしいだろう。だから、書けない。こう結論せざるを得ないのだ。

34、35と2回コメントされているが、内容は同じで、あたらしい内容も、くり返す必然性もない。
くり返す意図、すなわち必然性があるとすれば、わたしに誤った結論を発信させる、ということではないか、となる。
根拠の論文を示すことは、一行ですむが、まったくなにもされていない。もし、コメントの内容が本心ならば、いまからでもいいので、なにか根拠をしめしてほしいものである。コメントのようすは、かんぐれば、なにかしらの工作のように思えるのだ。そして、この2回のコメントを見て、CIA工作員の疑いが、わたしには、濃厚に、わいてきたのである。

もし、これがCIA工作員のガセネタならば、この工作の存在は、新型コロナウイルス騒ぎを、さらにさらに大きくする意図であろう。でも、新型コロナウイルスは、「空気感染の新型エイズ」ではない、という33の結論が、さらにさらに強固になることだろう。新型コロナウイルスに、エイズHIV遺伝子の断片を入れたのも、疑惑をさらに拡大し、撹乱して、騒動を大きくしようとする意図がのぞくのである。

すなわち、イルミナティの意図は、巨大危機の創出と現政権への信頼、依存の確立であろう。これが、世界政府への確立の1歩になることは、あきらかである。これに向けた作戦の一歩のように見える。
この新型コロナウイルス騒ぎは、イルミナティの巨大危機への創出に向けた作戦のひとつなのであろう。

3、とくにすぐれた内容の東海アマのブログ

ここで、とくに、東海アマのブログに、2020年3月14日の記事に生物兵器の記事がある
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1060.html
この記事やかれの推論は、いままでわたしが読んだ日本語の記事のうちで、もっとも納得できるものである。これは新型コロナウイルスが生物兵器であること。イスラエルが怪しいことが述べられている。

かってのケネディ暗殺から911,311、シリア戦争にいたるまで、すべてにモサドの影がちらつくのだ。モサドはイスラエルの諜報機関というより、ロスチャイルドの諜報機関なのであり、イスラエルは、たんなる中東の国ではなく、ロスチャイルドの国なのである。このロスチャイルドの国に忠誠を誓うのがトランプ大統領である。世界中でもっとも、ロスチャイルドの手足となって、世界を動かすのが、トランプ大統領なのである。またNATOや米軍は、アメリカの軍隊だと思われているが、ロスチャイルドの軍隊なのであろう。
このロスチャイルドについては、いま手元にある本では、デーヴィッド・アイクの新版ムーンマトリックスの第1巻ユダヤという創作・発明 に詳しい。


東海アマのブログには、さらに新型コロナウイルス関連であると、わたしも思う2020年3月13日の記事で、ドイツ銀行のデフォルトのことがのっている。
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-1059.html
この巨大金融崩壊の煙幕のため、新型コロナウイルスパンデミックが起こされたのではないか、と思わされる。
今日3月18日ラジオを聞いていて、いつも必ずニュースで株と為替で、日経平均株価を言っていたのが、きょうにかぎって、いつまでたっても、ひとこともアナウンサーは言わない。ニューヨークの株価についてばかり言っている。ははーん、あまりにも下がりすぎたので言わないのだな。1万6千円台だなと思ったが、翌日そのとおりだった(笑)。日経平均株価が、1万6千円以下に下がることが、金融崩壊の合図かもしれない。早すぎた数値だったのだ。リーマンショックのときのように、8千円に下がることをみな警戒しているから言えないのだろう。

これらは、イルミナティの作戦であるから、かれらのアジェンダ、金融崩壊、第三次世界大戦、大イスラエル帝国建国へと向かっていくわけだろう。そういう意味では、「世界の終わり」が始まったという前回36の3のわたしの論「世界の終わり」を生きる の内容は、撤回せず、そのままにしたい。 

この東海アマのブログの以上2つの記事は、たいへんすぐれた内容であり、多くの人々が読むといいとわたしは思っている。さらにみると、2020年3月16日、2020年3月17日、20203月18日の記事もどうように、とてもすぐれた内容の記事である。

3、わたしが「見えないパンデミック」の本命だと思う「胃腸系の生物兵器」について


・・・・・発ガンや心筋梗塞などの血栓症をひきおこす生物兵器による感染らしきものが、身の回りに散見される・・・・

こういったことから、ほんとうのパンデミックの本命はわたしが書いている、胃腸系の生物兵器であり、これは知られず、「見えないパンデミック」となり、エボラ遺伝子を含み、発ガンを起こし、心筋梗塞などの血栓症もひきおこすものだと思う。そして、工作員が「ただの病気です」と、あちこちに書き回るのである。

わたしへの車や自宅への生物テロ攻撃から推測すると、最初にバラ疹のような症状があったので、この胃腸系の生物兵器は、サルモネラ族かもしれない。あるいは、ギラン・バレー症候群?らしい神経症状があることから、カンピロバクター族かもしれない。両者ともマクロファージや胆嚢など器官にもぐりこみ、いつまでも血栓症などで、からだを攻撃する。
この種の菌の治療法はまったく確立していない。もちろん、ほんらいあるべき発熱もほとんどない生物兵器である。「見えないパンデミック」である。医者に言っても、発熱が無いので、無視されるだろう。完全犯罪だ。

前書かなかったことで、気になるのは、わたしは、いまずっと免疫低下がおきている。すり傷が、なぜか、かなりなおりにくいのだ。免疫系の変調が起きているかもしれないが、風邪をひくなどはいまのところない。いまコロナさわぎで、いま風邪をひいたら大騒動になるだろう。これは、おそらくエボラ遺伝子を含み、マクロファージや器官にもぐりこみ、ときおり菌血症をおこすものが、ひそんでいるのではないか、という疑惑がある。妄想と言っていいが(笑)・・・・
体温の変調もおきている。36℃台をうごくだけだが、なにかきわめておかしい。朝起きて36.68℃あったりすることが常である。ズキズキする足の痛みがあるが、おそらく神経系の変調だ。これはギラン・バレー症候群?らしいとは思うが、GWI(湾岸戦争疾病群)でも報告された神経の症状である。貧血様で倒れたりするのも、なにか神経系の変調、貧血に思える。ここで、免疫系の変調は、エボラ遺伝子がどこかで関与している可能性、すなわち発ガンの可能性があると、わたしは考えている。
これらを医者に言うと、問答無用で糖尿病だと、即断され、やまのような治療薬をもらうことになるだろう(笑)。胃腸不調などのことは、まったく無視されるだろう。

ただ、マスメディアやネットメディア、医学論文などには、このサルモネラ系、カンピロバクター系らしい胃腸系の病気の問題、血栓症や発ガンなどの関連は、現れていない。どうやら、だれも関心を抱かないよう、操作されているようにみえる。ネット上には痕跡は一語もあらわれていない。新型コロナウイルスの大騒ぎにかきけされて、まったくなにも見とおせないのだが・・・・・


だが、わたしのただでさえ少ない身の回りの話相手には、この胃腸系の病気の問題、心筋梗塞、脳梗塞などの血栓症や発ガンや貧血などで倒れるなどの関連が、大げさに言えば、なぜなのか、やまのようにみられるという不思議さがある。これらで、みなが入院し、死亡しても、ただの病気、病死となる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. あのに[297] gqCCzILJ 2020年3月19日 17:55:36 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[62] 報告

上記のように結論しても、実態は、ブログずくなしの冷や水 にあるようです。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/187267662.html

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
エボラ・ゲノム15掲示板  
次へ