★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 220.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ワーファリンの副作用、皮膚壊死の解説
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/220.html
投稿者 リックの酒場 日時 2010 年 1 月 06 日 20:20:12: qpV8lhpWEQXWo
 

(回答先: 血液サラサラの薬「ワーファリン」の重大な副作用を医者は知らなかった 投稿者 リックの酒場 日時 2010 年 1 月 05 日 06:51:08)

 私の知人が脳梗塞で倒れたのは2005年の冬でした。
その当時、インターネットで調べた記録が残っていました。
現在は、見つけにくいですが、あまり検索してません。
 
下記、余計なリンクの数字は気にしないで下さい。
女性の場合の発生部位は(脂肪組織に多く)乳房>大腿部>臀部>脚頻度です。
知人の女性は最初、大根足は細くなったと(努めて)冗談を言ってましたが、
私は、これは深刻な問題があると考えて調べたものです。
 
(下記、引用です。テキストの整形がいまいちですが。)

Q3 皮膚壊死    

Warfarinによる「皮膚壊死(皮膚および脂肪組織の変化)」の副作用が報告されている。この副作用について以下に概説1する。
壊死は局所血栓に関係すると思われ、一般に抗凝血薬療法開始から数日以内に生じる。
重篤な壊死の症例では、壊死が生じた組織、肢、乳房または陰茎の切除または切断による治療が報告されている。
壊死の原因となる基礎疾患がないかを慎重に診断する必要がある。
壊死発生の原因としてwarfarinが疑われる場合にはwarfarin療法を中止する必要があり、その際には抗凝血薬療法としてheparinの使用を検討する。
壊死に対し各種の治療が試みられているが、有効な治療法はみられていない。

発生機序: Warfarinの投与開始初期に一過性の過凝固状態になる場合がある。
     このため微小血栓を生じ、皮膚や脂肪組織が壊死に陥る
 1. Warfarin投与によってビタミンK依存性抗凝固因子のプロテインCが急激に産生抑制される2,3。
 2. 先天的な凝固抑制物質のアンチトロンビンV欠損ないし異常を有しており、元来血栓をおこしやすい患者3。
 3. 先天的な凝固抑制物質のプロテインCやプロテインS欠損ないし異常を有し、元来血栓をおこしやすい患者4,5。
 4. 抗リン脂質抗体症候群の患者。

   
発生時期: ほとんどの場合、warfarinの投与開始3〜6日以内に起こる。(3〜10日      以内との説もある6)
   
発生部位: この副作用は女性に生じることが多い。その発生部位は(脂肪組織に多く)     乳房7,8,9>大腿部2,3,10>臀部2,3,11>脚12の頻度である。
     また、男性6,11,13,14では胸や性器5,14,15等で発生した報告がある。
   
副作用症状: 初期症状として有痛性の皮膚の紅斑や潮紅が現れる。
     次に点状出血が生じ、出血性水疱、皮膚壊死、黒色変化、痂形成に進行する。
   
組織所見: 副作用発生部位の組織所見としては、フィブリン沈着を伴う微小血管に血栓が認められる。
   
処置方法: 確立している治療法はないが、大抵の場合、壊死部を切除し、
     同部に皮膚移植を行っている例が多い。
     しかし、warfarinを中止し、ビタミンKの投与、プロスタサイクリンや、
     プレドニゾロンの投与で回復している例もある。
     皮膚壊死治療後は次のような抗凝血薬療法が報告されている。
    ・ Heparinに切り替える方法。
    ・ Warfarin開始方法は少量投与法に変える。
     (Warfarin再開初期はheparinを併用)

副作用防止の注意点:
  (1) Warfarinの投与開始前にプロテインC、プロテインSおよび
   アンチトロンビンVが正常か確認する。
  (2) Warfarinは少量から投与を開始する。
    (3.Q1.Warfarin療法への導入:Daily dose法の項参照)。
(3) Warfarinの投与開始1週間は、この副作用発生に留意すること。
また、warfarinを何らかの理由で、一時中止し、再開した時も同様である。

皮膚壊死の類似の副作用としてPurple toe(Blue toe)症候群の報告がある16。
 
(引用終わり)
 
皆さんも、健康のために有用な情報をコメントください。
厚生省も医療機関も頼りになりませんので。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年1月11日 02:14:44
 発生時期について、
「warfarinの投与開始3〜6日以内に起こる。(3〜10日」と書かれてますが、
知人の場合は、徐々に肌の症状が出てきました。
 
あまりに、しなびてくるので、医者に相談したところ、歳のせいですよ、で終わり
だったようです。
高齢になると、何でも安易に歳のせいにされますが、変化が早過ぎます。
 
ということで、当時、インターネットで調べたところ、驚いたわけです。
知人は今は、別のサラサラ剤を服用しています。
プレタールとか言ってました。 皮膚の状態は元に戻ったようです。
元気になられました。
 
私がちょっと調べてわかることが、専門家たるものが「歳のせいです」は
無いと思いませんか?
薬の副作用を知らない場合も、知らない素振りの場合も、患者にすれば同じです。
 
あれ以来、お医者さんを信頼していません。
 
  By リックの酒場


02. みいみい 2010年12月22日 20:19:36: egJpmjI6P5rc6 : iakXrs4qIU
私の祖母も五年ほど前長野県南佐久郡のレタスで有名な村に住んでおりました。
血液サラサラの薬と言われワーファリンを処方されておりました。
それとは別に膝が痛いので違う病院で診てもらったとき足を引っ張られグキッと言う音がして足の痛みはますます増したそうです。それから数日後ワーファリンの薬の量を間違えたと医者に言われそれから2日後祖母は独り風呂場浴槽でなくなっていました。亡くなった後脚を見たら赤くあざが広範囲に広がっていました。
このお話を見てあのあざは副作用だったのでしょうか・・・・死因は脳出血だそうです。ワーファリンを投与した医者が診断しました。
祖母のような犠牲者が出ないようもっと多くのお医者様に認識していただきたいと思います。

03. 2011年1月21日 15:04:35: bPAthBb7SM
両足のむくみで歩行困難になり整形外科に診断を受け医師の勧めでワーフアリンを
服用するよう診断されました。病名は教えてくれません、血流が鈍いとの事で、約1年以上1回に1mg錠剤を3錠、3か月服用時から両足首の皮膚が黒茶色に変色し、改善が無く壊疽ではと思い医師に伝えましたが、何かにぶつけたかぐらいで、そのうち皮下出血が足くびに出て消えませんので、更に医師に伝えましたら原因は薬では無いとのこと血液検査でクレアチニンがとかで薬服用量4錠に増やされました。其の後体全体のかゆみと皮膚が乾燥状態になりました。腎臓が悪い為の症状と事で服用量を増やすとの事ですが、恐怖感をおぼえ服用量の減量を伝えましたら、それじゃ服用を中止し血液が凝固するかも知れないと宣言されましたり逆に服用量の増量を要求され、最近はめまいと歩行時にふらつきを感じます。医師の勉強不足なのか近日中にワーフアリン服用を挙止する事にします。

04. 2011年7月05日 12:10:10: 6OLI5p2BB2
ワーファリンを二ヶ月服用しましたが、両手の手首あたりに紅斑が出てきましたが問題ないでしようか、塚本

05. 2011年7月22日 18:34:16: 6sgL8YjXfQ
お医者さんだけを非難するのはやめたいものです。
医学教育そのものが医師を育て上げるのですが、一般人は医師なら最高だと思いこんでいる、その「思いこみ」が判断を人に任せてしまうのです。
みなさん、他人に質問しますが自分で考えようとしない「性癖」があるかぎりだめでしょうね。
「他人任せ」という思考が自己責任回避なんです。
責任逃れを他人任せにして、医師や製薬会社を非難しても根本解決にならないのです。
「権威鵜呑み癖」は最後まで「他人任せ」で終わりますから。

06. 2011年7月29日 22:50:49: KzMZ1IBhgo
ワーファリン服用後軟便でこまっています。こんな方は他にいませんでしょうか。1日1回1mmを2錠服用しています。服用後半年以上になります。ご存じのかたおられましたら教えて下さい。3852

07. he8 2011年8月09日 01:50:57: /XGAlxEUgVRGw : XkPvYI279I
僕の父も、医療事故のあと、ワーファリンを、処方され、原因不明の突然死を、しました。

08. he8 2011年8月09日 02:06:47: /XGAlxEUgVRGw : XkPvYI279I
>05
無償で、一般知識を、他人に、教える(受験指導等)のは、合法です。
有償で、一般知識を、他人に、教える(受験指導等)のは、合法です。

無償で、法律知識を、他人に、教える(法律相談等)のは、合法です。
有償で、法律知識を、他人に、教える(法律相談等)のは、違法です。

無償で、医学知識を、他人に、教える(診察・治療)のは、違法です。
有償で、医学知識を、他人に、教える(診察・治療)のは、違法です。

医学知識>法律知識>一般知識 の、順に、庶民は、自己防衛の、手足を、縛られて、いるのです。


09. 2011年8月14日 21:21:38: LApyv5hB0Q
08さん
もちっと、熊さんにも分かり易く説明お願いします。

「有償で、法律知識を、他人に、教える(法律相談等)のは、違法です。

無償で、医学知識を、他人に、教える(診察・治療)のは、違法です。
有償で、医学知識を、他人に、教える(診察・治療)のは、違法です。

医学知識>法律知識>一般知識 の、順に、庶民は、自己防衛の、手足を、縛られて、いるのです。」

合法、違法という具体的な解説をよろしくお願いしますだ。


10. 2011年9月11日 12:17:40: bCSzIDId86
つめが割れやすくなった、足首の茶色が多くなった。のどがなにか、おかしい
と言った症状がありませんか?

11. 2011年9月11日 12:42:09: bCSzIDId86
つめのはがれが頻繁。のどがおかしい。足首の黒茶色に変化

ワーフアリンの副作用でしょうか?


12. 2011年9月11日 17:59:34: bCSzIDId86
>>11
そうです。今、ワーフアリン飲んでます。

13. 2011年9月12日 03:38:47: PlqxfxGlCk
医師はいったん免許を受けたあとも現役でいるかぎり永遠に勉強が必要です。
そういう仕事なのだから仕方がない。
そして、医師のプロフェッションが認められているが故に患者は医師の診断に
従います。逆に言うと、その診断が間違っているようならばそのプロフェッションも
制限されなければなりません。信頼に値しないのだから。

一方、この仕事は勉強している時間がない仕事でもありますから、二律背反で
大変困ったことに勉強していない医師が大半です。
要するに年金問題でも原発問題でも同じですが、一般人が完璧だと思っている
ことの大半は多くの隠蔽と誤魔化しの上に成り立っている幻想であって、
医療の世界もご多分に漏れずに同様です。
02さんの例などは医療ミスを疑う事例です。
症状から見るにワーファリンの処方が本当に必要だったのか?
こうしてみると、患者の自己防衛は確かに必要ですね。


14. 2011年9月20日 12:54:40: nztBP1dT4c
>>05
同感です。

医師は薬については専門外なんですから、医師を責めてみてもどうにもならないでしょう。
こんな事を言うとお医者さんから怒られるかな?
数多ある薬の事を知ろうとするは不可能ですし、後は薬の添付文書か薬屋さんの指導でしょう。
おそらく世界中でも同じこと、その薬を開発した研究者以外は「専門外」
こうして、上からのお達しや指導どおりに医師が薬を処方するわけでしょうから、医師も自分には責任がないと思うでしょうし、だいいちほとんどマニアルに頼っているわけでしょう。

最終的には責任をとるのは国民です。
それは自分の身であり、出す金はみなさんの税金ですから。

だれも責任などとれない仕組みの世界なんですよ。
それに気づかないでひとつの薬の名前をだしても詮無し。


15. コロボックル 2011年11月24日 12:32:12: loMl8.4SVTSDw : zH9CrZess2
>>5 + >>14
一般論として傾聴すべき意見ですが、ここでは「ワーファリン」について論じているのであり、抗凝固剤としてはアスピリン、ヘパリンと共にファーストチョイスとして処方される現状では、やはり位置がもっと知悉して欲しいものです。
稀に使用される医薬品についてまで全て知り尽くすのは困難ということと、ファーストチョイスで使われる医薬品とは同列には論じられないでしょう?

16. 2012年9月16日 16:17:30 : FeCrGHkeBE
母がワーファリンの服用を始めてから肌のシミが濃くなったようだと感じていますが、同じように感じている人はいらっしゃいますか?

体がむくんでいるようだとも言っています。75歳ですが、顔のしわが深くなって顔色が茶色っぽくなったように感じます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。