★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10 > 646.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
”マスコミは社会の敵”というコメントに共感!!(太陽光発電日記by愛知・横田管工から抜粋)
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/646.html
投稿者 コードナンバー17805 日時 2010 年 5 月 26 日 20:29:40: GsQYdbFONzano
 

”マスコミは社会の敵”というコメントに共感しました(太陽光発電日記by愛知・横田管工)から抜粋
http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-04fc.html

今週の週刊ポストは各新聞社の政治部に属する記者が、長年にわたり政界から100万円単位の裏金(機密費)を小遣いとしてもらっていた事実を暴露していて、マスコミの有名コメンテーターに機密費を配っていたという元官房長官の野中さんの発言以上に衝撃的でした。

証言で言及されているのは、記事によると、年齢的に現在50代後半以上の政治部に属したことがある新聞記者のほぼ全員ということなので、上は経営陣、下でも、編集主幹〜デスク〜キャップクラスが軒並み”報道とカネ”問題で全滅ということになります。
このクラスが新聞の見出し、記事の取捨選択、コラム、デスク対談などの囲み記事の権限を握っているわけですから、政権交代以後の一連の異常なくらいの鳩山小沢マイナス印象誘導というもののなぞが解けた気がします。
たかが100万円くらいで魂を売っているというより、実名をばらされたら大変という気持ちが異常なバッシング報道のメディアスクラムとして現れたんだと改めて納得できました。
(そういえば前に記事で取り上げた大谷昭宏さん元読売新聞政治部記者でしたね)

新聞の社説、読者の声、コラムを一手に引き受けているのが、過去に政治部記者時代、政界からたっぷりお小遣いをもらった高齢編集幹部だと思って、あらためて紙面を見てみると、文面から湧き上がる違和感が、加齢臭ではなくカネの臭いだったことを実感できるはずです。文章は正直です・・・こころの濁りが文面にでてきますから・・・・

そういえば今日の朝の地元新聞のコラムで、”シナリオを見抜いている観客の前で、それを知らない登場人物たちのおろかさ”を引用して、小沢氏を皮肉っていたコラムが書かれていました。

そもそも高速道路建設問題の本質・・・・小沢氏が提案した1000億分とは別に、勝手に1兆4千億分の建設を予算化して、料金値上げを必然化しようとした国交省の巧妙なやり口があった事実・・・・参照http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/898.htmlも知らない自分の不勉強ぶりを棚に上げて、”見透かされているのは、あんたのほうだよ!!”と思わず突っ込みを入れたくなる内容でしたが、最近おとなしめのこの編集幹部・・・、年齢的に手土産の箱の底の100万円もらったクチだったのかもしれませんね。

そんな中、虚偽報道の事実関係を含めて、マスコミ各社がまともに反論できないような専門知識をふまえたコメントが掲示板でありましたので、ふだん新聞テレビしかみない方々のために真実を伝える意味で引用紹介させてもらいます。

以下引用

あなた方マスコミは社会の敵だよ。 存在してはならないと思うね。特に、法治国家を揺るがす民主主義の敵だ。(阿修羅コメント)
http://www.asyura2.com/10/senkyo86/msg/892.html

引用部分省略

(転載終了)

虚偽記載容疑の中核である”土地の登記の期ずれ”問題について、弁護士・司法書士だけでなく、宅建資格取得者も、多くの方が常識問題として指摘しています。

・・・期ずれしないと登記しようがないのに”それが虚偽記載という犯罪行為なのか”という核心をつく疑問点について、大手マスコミは一切言及しないばかりか、”世論は辞任を求めている””居直りを許すな”というような、わけがわからない社説とかコラムを書いています。

知的職業に就くものなら当たり前の基礎知識もないし、かといって後追いで調べようという探究心のかけらもない、マスコミの編集幹部の恥知らずぶりにはほとほとあきれてしまいました。

このような”くず”の編集幹部ばかりになったから、本来客観事実が第一優先で求められるはずのマスコミ報道が、自分の不勉強を棚に上げた”思い込み感情全開の報道”ばかりになったのかもしれません。
客観的な事実関係は最初から無視して、何を言っても聞く耳を持たず、”悪いことをしていそう””ごまかしている””不自然ないいわけ””検察はだませても市民はだまされないぞ”と、根拠なくレッテル張りをして、マイナスイメージを植え付け、難癖をつける・・・そんなレベルなら、小学生でもできます。

ヒルズの最上階でとろけるような接待を受けすぎて、脳細胞が溶解してしまったんでしょうか。

マスコミの受けがいい”みんなの党”の政治資金の支出では、飲食費がダントツですが、まさか各新聞の編集幹部記者の肉食接待が飲食費計上されてるんじゃないでしょうね(爆)

おまけに、なにもしらないわからんチンのB層相手に、誘導質問で思うままの世論調査結果を出して、世論調査の数字を根拠に”小沢氏の辞任”を求めているわけですから、本当にたちが悪いです。

インテリを自認するなら、漫然と新聞・テレビを見てるようなB層主体の世論調査結果を盾にしないで、客観的具体的事実に基づき、主体的論理的に小沢氏の辞任要求をしてくださいよ。  

”説明責任、説明責任”とテレビで出演するコメンテーターは同じことを言いますが、小沢氏はいろんな機会で経緯を説明しています。その小沢氏の詳細な説明をマスコミが報じていないだけです。

仮にテレビ出演でいそがしくて小沢氏の記者会見に参加できなかったとしても、1月からホームページで公表されている、小沢氏の経緯説明は見れるはずですが、彼らはこの存在を知ってるんでしょうか?

各コメンテーターの発言がこの小沢氏の説明に対して具体的な反論をしているのを聞いたことがありません。

彼らから聞かれるのは、ガセネタが混じった過去のマスコミ報道のつまみ食い引用ばかりで、よくこれで高額なギャラとっているとあきれてしまいます。

このような不勉強なコメンテーターに高いギャラはらって、発言させる時間があったら、詳細な事実を伝えてくれたほうがよっぽど有意義です。

参考 小沢氏本人の政治資金収支報告書の説明(1月22日)

http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/contents/appear/2010/ar20100124150021.html

最近のマスコミをみていると、縁故入社を連発し、無能な管理職をのさばらせ、しがらみで不良取引先との付き合いを継続していると、企業がどんどん腐っていくといういい見本になっていると思います。

世界恐慌前夜で日夜苦闘されている各日本企業のリーダーの皆さん、

”無知の巨塔”となったマスコミを”他山の石”に、

ろくに勉強もしないで、機密費で毎晩飲み歩いて、

脳内世界情勢でわかってる顔をして、自己満足のご高説で自己陶酔しているようなマスコミの編集幹部の戯言は無視して、

こころある日本再生めざしてがんばっていきましょう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月26日 20:38:08: qfNKW03MTY
一連の小沢氏の政治資金問題でわかったのが、マスコミ関係者というのが、ある意味では情報弱者だったということ
情報の検証もなくガセネタの受け売りを使い回ししているうちにどんどん真実の情報から遠ざかっていく

不勉強な編集幹部連中がてきとうに書く社説とかコラムを載せる無駄を省いて詳細な情報開示、用語解説、法律解説を入れてくれたほうがよっぽど社会のためになる

彼らは、自分たちの無知・不勉強が見透かされていることを認識していないのだろうか?


02. 2010年5月26日 23:04:44: 4wV0SF5pQ2
>大谷昭宏さん元読売新聞政治部記者でしたね
刑事事件によくコメントをするので、てっきり、社会部記者と思っていました。
漠然と感じていた胡散臭さが裏付けられたように感じました。

03. 2010年5月27日 01:45:04: plajw0paeE
加齢臭じゃなくて、かね〜臭なんですね。

04. 2010年5月27日 08:38:57: aPMkzI6zm6
どんな大新聞社も@売上(販売部数収入)と、Aその他売上(広告費収入)が根幹です。私達にもすぐ出来ることは、@を減らす=購読停止=減益させ破産させる以外ない。NHKには、視聴停止するって文句を言うのでは無く、簡単に出来る「解約」が正しい方法。どうも勘違いされている方が多い気がします。狂気のマスコミを倒せれば、自然に電通も赤字化してゆくでしょう。偏向媒体が消えうせれば、特権官僚他の売国奴達も洗脳のしようが無くなります。全国紙系の印刷物は一切買わないことです。テレビは見ないので減収のさせかたが解りません。

05. 2010年5月27日 10:37:43: vD9WYa3O82
この大手マスコミの一連の偏向報道は単なる買収や勉強不足ではない。
米国従属政権から抜け出し独立しようとした新政権に対する反政府プロパガンダでしょう。政権交代でこのような大手マスコミや検察、官僚達の行動が現象的に浮き出てきているが、いわゆるB層の方々は一連の報道により脳ミソが洗脳されているだけ。郵政改革選挙では5000憶の資金がマスコミに流れたとも、、、、
最近では気が付いて来た層が多くなって有難いがまだ大多数ではない。
米国に甘い汁を与えていた旧政権は60年間国民に植民地であることをマスコミを使って騙し洗脳し続けてきた。昨年の衆議院選挙では、形勢不利とみるや小沢氏に金疑惑を持たせ秘書逮捕まで進めたが、旧政権幹部も喜んたが何の効力もなく敗退した。国民が旧政権に嫌気が強固であった、ネット社会の普及により情報が大手マスコミ以外から得られる層が増加したことにより、真実が暴かれてしまったこと
でプロパガンダ効果が薄れてきているからである。
私達はTVで共産国の恥部を観ることができるが米国の派手な社会を観せるが恥部は見せてもらえない。米国が各差社会で世界一、国の負債が世界一であることはB層は知らない。
共産国の繁栄を見る機会は少ないが米国の繁栄は良く見せつけられる。
韓国と北朝鮮の衝突がこの大手マスコミにより機運を煽られ戦争に発展しないように日本が巻き込まれないように心から祈る。
小生は共産主義者でもなんでもない無党派の凡人だが今までのマスコミ報道を振り返ると恣意的に選別、偏向されていることに気が付いた。

06. 2010年5月27日 12:28:42: KLeJ8iuk5E
>>02
大谷さんは読売新聞大阪本社の社会部配属とあります
政治部にいたことは経歴には書かれていないのでクロと決まったわけでないようです。

07. 2010年5月27日 13:22:39: 0KXOG3Reos
世界恐慌前夜で日夜苦闘されている各日本企業のリーダーの皆さん、

”無知の巨塔”となったマスコミに広告出すのは止めましょうですか。


08. 2010年5月27日 14:24:06: yfpQI1OaBg
>>07
さっそく6月からの新聞広告やめにしました

実を言えば
費用対効果ではその反響成果のあら利総額でみたとしても
新聞広告総額の35%〜40%しかなかった

社会の公器へのおつきあい半分で取り組んできた側面がおおきかったが
最近の新聞のマイナス報道の消費落ち込み(新政権の新政策に水をかけるマスコミ不況)であきれはてた
お客様に価格で還元したほうが社会のためと判断

ちなみに広告打たないスーパーとして有名な岐阜県のバローストアは堅実に顧客の支持を拡大している

大転換期にきていると感じる


09. 2010年5月27日 18:39:33: 1L2R1YYxP6
05さん全く同感です。今朝のやじうまプラスでは、いとうというめがねのいつもえらそうにしてる人が、おこちゃま政治と言い放ち、ミタゾノは、選挙の事しか頭にない民主党と社民党といっていた。この二人の間でひとり、江川さんだけが、メディア側にも反省すべき点はあるという主旨のことをいっていた。民主党のシンパではないが、自民党よりは、しごくまともだし真摯な姿勢にみえる。もう自民党には、政治を担ってはほしくないし、これまでやりたい放題にしてきたツケを必ずはらってもらうべくその片棒を担いできたメディアの責任は、重大であろう。

10. 2010年5月27日 22:09:46: Td0N6QHNrk
>マスコミの有名コメンテーターに機密費を配っていたという元官房長官の野中さんの発言以上に衝撃的でした。

現在、小沢幹事長を主に民主党を非難しているTBS、鳩山総理を非難しているテレビ朝日、
いずれも、「元官房長官の野中さん」による‘反戦派記者コネクション’の一角である。
(朝日新聞を含むこともできる。)

TBSのほうは、新政権を完全に否定することで政局操作を担当しており、
テレビ朝日のほうは、民主党の旧社会党や環境政策を立てることで、政局操作を担当している。

つまり、「元官房長官の野中さん」がTBSとテレビ朝日を使い、鳩山総理を揺さぶっているわけ。
「元官房長官の野中さん」の目的は、鳩山−小沢政権潰し、民主党左派寄りの人脈構築、元々の反共。


11. 2010年5月27日 23:49:30: lcuXxxGZhI
大谷昭宏さんのことについて。

大谷さんは20年以上前、読売新聞大阪社会部で、黒田清・社会部長の
右腕として、反戦・平和を骨格に据えた、庶民の側に立った紙面作りで
活躍されていました。
しかし大阪読売独自のこういった紙面作りを嫌った会社から、
編集方針・態勢の大転換を指示され、黒田氏ともども読売を退社されたと
記憶しています。

意見は異なるかもしれません。しかし、基本的に信頼できる人であると
私は考えています。


12. 2010年5月28日 03:00:32: ri65PJMNc2
マスコミだけでなくネットメディアでも、たとえばヤフーなんかも随分偏向的ですよね。
トップにピックアップする記事や見出しが明らかに偏っています。

これは機密費などとは関係なく、2ちゃんねるなどの右よりの文化の影響かもしれません。
彼らの、劣等感→差別対象がほしい→嫌韓嫌中→在日参政権反対→反民主親自民という単純な思考回路は驚くばかりですが、ヤフーのような影響力のあるメディアの運営者にまで影響していると思うと気持ち悪いです。
単純に右より、反政府の記事のほうが受けるということかもしれませんが、同じことです。

しかし、そのネットの右傾化の流れをつくり、促進するために、官房機密費が使われたことも十分ありえそうな話です。2ちゃんねるやヤフーのコメント欄なんて、それほどのお金をかけずとも工作できるでしょう。官僚や、それこそマスコミのような既得権者も当然その流れに加担するでしょうね。

マスコミは全く本来望まれる機能をせず、大いに問題がありますが、その代わりの役目を担うべきネットメディアも下手をすると困ったものになりかねない、あるいはそうなりつつあるのではないかという危惧を覚えます。


13. 2010年5月28日 06:02:00: qfNKW03MTY
>>11
元記事に政治部じゃなく社会部であったこと訂正コメントしました

A新聞以外の政治部記者=裏金授受者であることが明らかにされた今、大谷氏=読売政治部とすることは、大谷氏=裏金授受者ということになりますので、たいへん申し訳ない誤記だったと思います。


14. 2010年5月28日 10:29:34: 0ZtgA3FDFY
正直、社会部でもいいから黒田さんクラスの人が数名、いればずいぶんと違った風景がみられたことだろう。
大谷さんだと、残念ながら役者としてちょっとスケールが小さい。それでもましなほうだが。

それにしても今日の(も?)毎日新聞の「余録」はひどいもんだね。
iPadに関して引用だけで99%の文章をつくり「むろん日本人にもそれができぬわけがない。」と結ぶ。
仕方なくて毎日新聞をとっているが、松田某とか岩田某の写真入りコラムを読むと、これが大新聞幹部の文章か、と毎度、唖然とさせられる。


15. 2010年5月28日 13:10:27: KLeJ8iuk5E
普通の企業のだらだら能無し管理職は激しい競争の中で淘汰されるが
マスコミは竜宮城、ガラパゴスみたいなところなんでしょうね

昔の流儀でのうのうとエスカレーター上がりの能無しがのさばる

一度つぶれた東京新聞の特報欄と他紙の違いをみると一度撃沈させたほうがいい


16. 2010年5月28日 13:23:36: HSogDOPUy2
日本の新聞テレビが真実を書かぬのは、日本の置かれている状況が作用しているのでは無いでしょうか?。つまり、軍事。外交。政治。金融経済。司法。科学技術。文化。思想。など日本は本当の意味での独立国では無いのです。事実上は半植民地としてアメリカの支配下あり間接統治されているのです。だからアメリカの意向に逆らう対等の日米関係などと一人前の目標を口にする「たわけもの」《頭が高い無礼者」は取り潰せとなるのです。小澤や鳩山を叩き続けろ。追い落としに手段は選ぶな、と言う意向に忠実に検察。メデイア。旧体制の対米従属派などが一体化して、いまも執拗に何にでも言いがかりを付け攻撃を続けているのです。日本のメデイアはアメリカの指示による日本支配政策の情報工作と情報操作が役割ですから、これからも真実は書けないのが真相でしょう。

17. 2010年5月28日 17:47:48: UU87oDrXUU
>>16

ならばマスコミは国民に銃を向けているということになる

もし独立戦争がはじまったら民族自決にあがなう敵兵力として殲滅対象として扱えばいいということでしょうか

殲滅基準の線引きはどこにおけばいいでしょうか

末端兵士のADは殲滅対象でしょうか

プロパガンダ傭兵のタレントは誰までが殲滅対象でしょうか


18. 2010年5月28日 18:47:44: sllo2OSHFU
>12
 > マスコミだけでなくネットメディアでも、たとえばヤフーなんかも随分偏向的ですよね。

あそこは、産経の記事を使ってますから。なんせ「民主党、このまま○○と思うなよ」と本音を発してしまった卑怯なメディアです。
TBS毎日や朝日はまだ幾分はマシ。
「ひるおび」などは、恵・小森谷とひどいけど、「ザ・スクープ」があるし、今回のマスコミ機密費のニュースも毎日から。
今朝の朝日新聞の池上彰さんの記事など、朝日もまだ(船橋洋一に対する)良識派が残っているように思えます。


19. 2010年5月28日 19:20:09: Nrh15L1bkc
マスコミこそ、社会の敵ですね。
自民党、官僚、天下り法人も社会のためにならないものですが、
それを好き勝手にコントロールして、正義面するマスコミこそ
最悪の存在でしょう。

 マスコミ関係者をみたら、軽蔑しましょう


20. 2010年5月30日 12:11:18: cs26PsVCZs
私たちの時代は冷戦時代を経験してソビエトなどの報道統制の酷さは実感しています。国家検閲が入りますので新聞や出版物は国家にとって不都合なことは簡単に削除されていたようです。そうした中でも民衆は以外とことの事実はアングラ情報などで理解しており事実の隠蔽は難しかったように思います。

イズベスチャやプラウダの時代ですが、民衆はこんなものは最初から信用していなかったようです。言論統制があると分かっていれば、新聞などの記事の反対のことを考えれば、かえってはっきりと真理が見えてきます。

日本において厄介なのは、言論の自由を標榜しながら、見えない形で保守体制の意図が埋め込まれていて表に顕れないことです。多くの人達は真実として受けとめてしまうところに大きな問題があります。こうしたものの是正は非常に難しく厄介です。抗議をしてもマスメディアには表れないので結局は意識をしたものがサイレントレジスタンスとして購読を停止するなどして経済的な打撃を与えることが有効な手段ではないかと思います。

メディアも経営で成り立っています。各社の新聞における損益分岐点が何百万部にあるのかは定かではありませんが、現在の発行部数で赤字かトントンの領域にあることは間違いなく、数%の部数減少でもそれがダイレクトに何十億の赤字となって跳ね返ってきます。意識するものが購読を停止することは非常に有効です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧