★阿修羅♪ > 雑談専用38 > 321.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【中国人ブログ】日本で暮らす中国人が帰国をためらう訳
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/321.html
投稿者 Samurai 日時 2010 年 2 月 15 日 00:15:48: wokmPW08.LJiQ
 

【中国人ブログ】日本で暮らす中国人が帰国をためらう訳

GENKIのブログより転載
http://ameblo.jp/hirokane604/

--------------------------------------------------------------------------------

以下Serachina中国ブログ転載

日本で働く外国人労働者のトップを占める中国人。

ある一定期間を国外で生活した中国人たちは中国には帰国したくないという気持ちがあるという。

このブログはなぜ、そのような気持ちが芽生えるのかを考察したものである。以下はそのブログより。

----------------------------------------------------------------------

私は今でも、十数年前の日本で暮らした生活を思い出すことがある。

旅行で日本を訪れただけでは何とも思わないかもしれないが、ある一定の期間を日本で暮らしてみれば、恐らくはもう帰国したくないとの気持ちが芽生えていることだろう。

日本滞在中、地下鉄から地上へ出てみると雨が降っていたときがあった。

私は傘を持ち合わせていなかったのだが、それに気付いた日本人のご婦人が自分が持っていた傘に入れてくれたのである。

私達はおしゃべりをしながら歩き、とても楽しく、そしてとても感動したのを覚えている。

中国であれば見知らぬ人が助けてくれるなど思いもつかないことであるうえ、知らない人が近づいてきたら何か企んでいるのではないかと思うことであろう。

外国での生活は物質面で満ち足りているということもあるが、最も大きいのは人間関係だと思う。煩わしさがなく、静かな生活を送ることが出来るのだ。

中国人同士の人間関係は全て「利害関係」であり、話をするにも仕事をするにも「利害関係」であることを気に留めていなければならないため、非常に疲れてしまう。

これこそが日本で生活したことのある中国人が帰国をためらう最大の原因ではないだろうか。

----------------------------------------------------------------------
(出典:芸子的BLOG意訳編集)


この中国人ブロガーの思いに叶う日本人になっているだろうか?

下に中国の反日教育に関する動画を掲載するが、日本を訪れた中国人だけでも気づいて頂けるようになりたいものである。

どの様な小さい事でも良い。

ちなみに、私と懇意にしている友人は、子供の剣道大会の時、どの様な会場であっても、トイレに行った際はその都度スリッパを整頓している。

礼儀はもちろんの事、子供に剣道だけではない『気づき』のきっかけを作ることも大人の役目だと思う。

『不言実行』は廃れた言葉ではないはずである。


      http://www.youtube.com/watch?v=8Db4vorG0ug  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月15日 10:37:33
昔の米国も、ヒッチハイクで米国横断を企てるヒトには寛容で優しい安全な時代があったが、今それを行なうなんぞとおもえば、命知らずの愚挙となる。

この宗主国・米国なみの拝金主義と格差・差別社会に、属国・日本もまた 当然ながら倣って、古き善き日本人の持つ素晴らしい情感が失われ続けている。
これはとても残念なことであり、先ずは属国の呪縛からの解放(独立)を第一に始めなければならない  と書いてみる。


02. 2010年2月15日 11:55:05
とても胸にしみる良い話ですね。涙すら出そう。
見知らぬよそ様にかさをさしてあげて一緒に談笑しながら雨の中を歩く。詩的な気配さえ漂ってきます。

中国人が、日本化する現象、土着化する現象ですね。日本の影響に入ることで内的にトランスフォーメーションが起きている、精神の自由と美化と成長が起きている。中国人は、お互いにまったく信用していないと読んだことがあります。中国人は、日本の文明を通過することで、本当に自分を自由にすることができる。日本文明の素晴らしいところは、人間の気持ちを自由にする力があることではないでしょうか。これはアメリカ文明にもないものだと思います。アメリカ人であっても日本で生活すると、アメリカ文明で生えられない真に自由な感覚が得られると思います。もちろん、繊細な感受性も。

よいお話をほんとうにありがとうございます。



03. 2010年2月15日 17:56:20
だからね、何世代化すると、皆日本人さね。
そうやってこの列島の歴史は創られて来ているし、それでいいのだとオレは思う。

04. 2010年2月16日 00:16:43
いい話だと俺も思うよ。思うけどこれも
結局、裏を返せば、日本は中国より優れ
てるってことをこの話で印象づけたいの
かなとも感じるんだけどね。
読み過ぎかい?

05. 2010年2月16日 01:36:21
中国人に対し日本人が何だというより、
人としてという意味で、日々の忙しさに感けて
忘れかけた物をピックアップする事はほんと大切だと思う。

06. 2010年2月16日 02:36:38
>私は傘を持ち合わせていなかったのだが、それに気付いた
>日本人のご婦人が自分が持っていた傘に入れてくれたのである。

>私達はおしゃべりをしながら歩き、とても楽しく、そしてとても
>感動したのを覚えている。

このシチュエーションがあり得ないが、つくり話?

この投稿記事を読むといかに日本人は優れていて中国人は利害しか考えてない
というような印象を受けるんだけれども、まあ実際色んな人がいるでしょう。
こんなことを言うと、工作員などといわれてしまうかな?


07. 2010年2月16日 06:11:04
>>06

おはようございます、投稿者です。
仰るように、あり得ないシチュエーションに感じられる方が多いと思われます。

下記がこのブログソースになります。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ffe10070100bmyf.html

GENKIのブログでは(出典:芸子的BLOG意訳編集)の文字部分で、リンクが貼られております。


08. Samurai 2010年2月16日 06:14:11: wokmPW08.LJiQ
>>07
上記投稿者ペンネーム表記忘れましたので、このコメントを以て表記させて頂きます。

09. 2010年2月16日 10:42:02
08さん、02です。以下のご紹介ありがとうございます。
http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ffe10070100bmyf.html
この日本語でこんな部分があります。

 ”私は日本のことが嫌いであるが、東京を訪れ、中国よりも遥かに発展した様と中国人民より高い人的素質を持った日本人を見てため息を禁じ得なかった。日中間の差は100年で追いつけるものではなく、特に人的素質については追いつける可能性はほとんど無いと言っても過言ではないだろう。中国が日本に対して「報復」するのは余りにも難しいと言わざるを得ない。”

わたしは中国人だけでなく西洋人も日本文明を通過することで,その人の精神がより自由になるのではないか、そう書きました。それは日本のアニメに瑞々(みずみず)しく流れている感覚だと思っています。われわれ日本にいると日本のアニメが,アジア人だけでなく,西洋人の若い世代に非常に強い魅力を感じられていることが分からないのですが、一つの秘密は,ここにあるのではないか,と思っています。

日本人は人様に迷惑をかけてはいけない。それが規範の中心にありますが、これは逆に言いますと,人様に迷惑をかけない限り,どんな自由も尊重されるということだと思います。日本には教義宗教がありませんし、人工宗教であり、政治的産物だった明治から終戦までの疑似宗教としての天皇制以外(現在も残滓があるが)、宗教規範はありません。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教など旧約聖書をバックボーンとしている文明圏、また儒教のような上下的規律の社会工学的規範の下にいまだ生活している人々の、規範に縛られた生活感覚の重さは,日本人には理解を超えていると思います。アメリカには表現の自由も、日本国憲法の保障する範囲を下回った保障しかありません。世界で,一番,自由を享受しており,自由をとおとぶ気風をもっているのは、日本文明のひとつの決定的な特徴と考えています。

惑星のすべての人に、もっと高度な自由が保障されるべきではないかと思っていますが,日本文明がこの点で寄与できるものが少なくないのではないか、そんな受け取りをしています。


10. 2010年2月16日 19:05:10
>http://www.youtube.com/watch?v=8Db4vorG0ug

この様な「中国(アジアもだが)反日体制を作ったのは誰か?」

現在の反日教育、感情は、戦後に作られた。

その反日国は、戦後米ソによって分断された韓国、北朝鮮、や中国など、一部を除くアジア主要国で、徹底的にその「反日体制」を布いたの一体誰なのか?

歴史とは勝者によってのみ”作られる”=つまり工作である。

勝者は誰か?そうアメリカである。

戦後アメリカが犯した代表的な「工作」として、
・ホロコースト捏造(イスラエル略奪建国の理由として利用)
・南京大虐殺(中国への反日工作)
・従軍慰安婦(韓国への反日工作)
・北朝鮮拉致問題(日朝関係、分断の決定打)※北朝鮮が米国運営であるのは事実。

日本国内でもマスコミ、自民、検察など米資本により作られてきたのも周知の通り。

だが、それももう終わったのだ。

今後、アジア諸国が、このアメリカにより工作された事実を、お互いが知り、新たな時代を作っていかなければならない。


11. 2010年2月16日 20:43:20
このようにすばらしい日本だからこそ、この国を守り抜かねばなりません。
一度侵略されてしまうと、国民性から言って、アフガニスタンのように徹底的に抵抗することはまず無理だと思います。そうであるかろこそ、日本が侵略されることを未然に防がねば、世界に冠たる日本人の資質が絶滅することになりかねません。
私達のそばらしい祖国を、日本に恨みを持ち、日本を支配しようとする団体から守らねばならないのではないでしょうか。

12. 2010年2月17日 00:22:21
アメリカの日系3世になると、顔は日本人,アジア人でも日本語がまったくできず、アメリカ人化しています。在日も2世以降は、まず韓国語はできず、日本人化しています。これが4世代、10世代となると、もう完全土着化でしょう。そもそも弥生人も稲作文化を持ち込む形で大陸(朝鮮半島、中国)から来た人々が,奈良などに住み始め,非常に多くの世代を通じ混血が起き、土着化が起き、日本の西半分は基本的に混血となっています。特に7世紀までに日本の西半分は天皇王朝による戸籍制度に組み込まれ,そして彼らの強烈な軍隊、侵略軍が,北上し、ローラー作戦で縄文人大殺戮をしていき版図を広げていきました。日本という国号は、7世紀、天皇政権によって,作られたもので、意味は、中国から見て日の出る方角(東)という物以上でも以下でもありませんでした。中国の,当方にある衛星国家とい程度の意味です。7世紀日本は,いわゆる『日本』(天皇王朝、混血系)と『非日本』(縄文)がまっ二つに,分かれていたのですが、それが縄文の後裔であるアイヌを明治時代に組み込むことで、天皇王朝側の侵略を完成させました。日の丸のシンボルは,天皇王朝側がつくったものです。

奈良や北九州から、弥生人を通じ土着化が進み、言語は新しくなりましたが、朝鮮語、中国語化はおきませんでした。現代日本語と韓国語では,共通語が50語すらありませんから,まったく異なる言語体系です。縄文文明が,大陸人を土着化させていきました。縄文人は農業をやらず、米作をせず、動物蛋白主流でした。現代日本人は,米を自民族のアイデンティティーとしていますが、大陸文化が生き続けています。

米をはじめ、穀物はGI(グリセミックインデックス)が異常に高く,食べると15分以内に血糖として血流に流れ,インシュリンの増大を招きます。つまり、ホルモンプロファイルのバランスが崩れ、暴力的な気分、闘争気分に傾きます。

組織農業を1万年前に人類が始めて以降、人類は非常に凶暴になりました。日本列島に米作を西側から持ち込んで、米作文化を基軸とし、西方文明の特徴である男権原理の天皇王朝側(官僚文明)は,縄文人に比べ,非常に,凶暴度が高かったと見られます。穀物を食べず動物(鮭やイノシシ)、木の実を食べ、女権文明(母親文明)であった縄文人は同時代世界で、戦争をひとつもやらず、殺し合いをせず、もっとも平和な国をつくっていました。

天皇王朝側は、ウソの歴史書を作り、縄文人の存在を抹消しました。昭和時代の日本人の学校教育、教科書では,縄文の存在が『完全抹消』され(明治政府は縄文を認識していました)、天皇が太古からいた、という話を刷り込まれました。

戦後、縄文のことが歴史認識で蘇ったのは,芸術は爆発だ、の岡本太郎による著書を待ってのことでした。現代日本人より余程,美的感性が発達していた、と彼が認定したわけです。そして90年代、発掘ラッシュで,縄文の物的証拠がハッキリ出て来て、われわれのルーツ、文明の基底が,天皇王朝にあるわけではなく、縄文にあることが,強く認識されるように、やっとなってきたわけです。

われわれが,今しなければならないのは、混血系文化、西方系文化で、国号が中国衛星国としてのアイデンティティーを示す『日本』でそのシンボルである日の丸を使い続けるのか、それともわれわれのルーツである,縄文文明を基軸にした生き方にするのか。タンパク質を重視した縄文か、炭水化物を重視した天皇系か、も含め、その決断をすべき時がじわじわ来ていると思います。

外国人参政権問題で、かなりのヒステリーが出ていますが、狭い政治問題としてではなく、新しい日本の文明を今後どう切り開いていくのか,特に、われわれのナショナルアイデンティティーを中国韓国(西方文化)に置くか,縄文に置き直すか、そのような観点での議論をのぞんでおります。

私個人は、縄文ナショナルアイデンティティーを軸に移すことに賛成です。そもそも縄文時代は1万5千年、日本の西方文明侵入はたかだか2000年です。縄文がわれわれの基底の基底に入っています。縄文人は,戦い、戦争をきらった真の自由と平和主義で、自由観あふれていました(土偶デザインなどの美術にそれが現れていることを太郎が発見)、日本という国号、日の丸を廃棄して、縄文にナショナルアイデンティティーを置いた国号、国旗を新設。そして、米作炭水化物主流から、動物食のタンパク質主流へ、男性原理から女性原理へ(正確には両者をバランスしたもの)と軸を変えた方がいいのではないか,と考えています。科挙を真似た官僚制度も儒教である中国韓国の政治文化の産物です。われわれが,官僚制度に苦しめられているのは,要するに、うちなる西方政治文化に苦しめられているわけでして、官僚制問題を議論する上で、この視点からのものが必要と考えています。これは世界のすべての虐げられて来た先住民文化の理念的物的再興をバックアップする世界的な仕組み、軸とすることができ、人類の新しい文明の流れを起こす主役に踊りでることも射程にできると考えています。

今、日本を語るすべての人に言いたいのは、あなたのいう日本は、7世紀以降、国号として確立したいわゆる『日本』、日の丸ニッポンのことを言っているのではないですか、ヤマトのことではないですかということです。ジョーモンではないでしょ?



13. 2010年2月17日 00:27:45
今や日本人でも何か企んでると思うだろうけどね。
統一狂会だの、草加煎餅とかいう宗教に勧誘するつもりかな、とか。
何かのキャッチセールスかな、とかね。
それに加えて男が女に傘を差し出すようなケースでは、性的な下心があると見るに決まってる。
素直に感激できたのは、この人が日本について無知だからだろう。

14. 2010年2月17日 00:36:43

>中国の,当方にある衛星国家とい程度の意味です。

これは中国の「東方」、の間違い。

>それともわれわれのルーツである,縄文文明を基軸にした生き方にするのか。

としましたが、これは、基軸にした「行き方」にするにか、の間違い。
ごめんなさい。


日本の最長寿県とえいえば,長野、沖縄がすぐでてきますが、彼らは日本でもっとも(動物)タンパク質を摂取しているグループで(本来、沖縄は東北とならび縄文の後裔)、一方短命県は秋田、岩手など、米など炭水化物を最も良く摂取しているグループです。


15. 2010年2月17日 02:11:26
我々は誰のしそんですか。その混血のしそんですよ。それを大事にいないとね。肉は食べないほうがいいですよ。あらゆる悪災のもとが肉です。殺され食べられる動物のみになればいい。肉食人種は凶暴ではないですか。シナ朝鮮は肉です。凶暴でしたよ。はなしにならなかった。むこうはね。
人間は戦うものですよ。生活するのがにんげんでしょう。もう、いい加減に、自由平和はやめたらどうでしょうか。イルミナテイにいいようにされますよ。民主主義なんて存在しませんよ。儒教という子供騙しと同じですよ。日の丸なんてのは世界中にあるのをご存知無いですか。ご存知ない。
これからは選挙もやめて国会も廃止したら安くつきます。政権は陛下にお返しする。大政奉還。大臣は世襲にする。マスコミに騙された国民ばっかしだから今の選挙制度は駄目でしょう。

16. 2010年2月17日 04:56:39
>23さんに全く同意です。

17. Samurai 2010年2月17日 08:16:49: wokmPW08.LJiQ
>>11

仰るように、様々な搾取、侵略、干渉を受けておりますが、我々は祖国を日本として戴いています。

それは、在日の方にとっても全く同じ事。

巨悪がこの国を侵し続け、最期の仕上げをしようとしている今、外国人参政権などをもって国内の分断を図ろうとしている事は明明白白。

同じアジアにあって、どの国が優れているなど論じている時ではないのです。

ましてや日本に生まれ、共に暮らしている在日の方々と手を取り合って起つのは当然の事。

何に対して起つのか?

これを誰も(政治家もマスコミも)語らない為に議論が分化し、無駄な対立を生んでいるのだと思います。



18. 2010年2月17日 08:54:05
つーか、在日韓国朝鮮人って純粋な朝鮮人じゃないぞ今は。
ほぼ90%は片親が日本人。

19. 2010年2月17日 09:39:03

今まで、社民党なんか糞のように見てきた。

でも今は、何か重大な情報を共有したかのように、立ち向かってるという感じがする。

もう政党の垣根を超えざるを得ない何かが有るのか。

>>18の言うように、むしろ「在日」という言葉自体取り払って、日本に生きてる者全てで問題に当たるしかないのかもしれない。

>>15
>日の丸なんてのは世界中にあるのをご存知無いですか。ご存知ない。

菊花紋も世界中にあるって話だが、ご存知ないですか。


20. 2010年2月17日 09:53:29
>>18さんありがとうございます。こういうこと知りませんでした。これを知っているのといないとでは、考え方に違いが出てきますね。

一方の韓国系の親もおそらく日本語しかできない人がおおいのではないですか。
父母のどちらかが日本人で,おそらく両親とも日本語しかできない、そして日本国内で生まれ,日本の文化で育ち、顔つきもほとんど日本人とかわらない。学校も大半は普通の日本人の学校に行く、このような人々にとって、自分は、日本人であるという感覚が強いのではないですか。ただ、民族意識だけが、自分んの意識を分断してしまっている。苦悩がそこから生まれる。そんなかんじではないでしょうか。

日本語しか話さないとすれば三世代もすれば、文化意識構造は土着化しますね、おそらく。日本のほうがよっぽど大好きで,いい,自分の感覚や感受性にフィトすると思うようになるでしょう。

吉田拓郎:「日本人になりたい」1972年。彼が26才の時の作品。こんな作品が彼にあるとはまったく今の今まで知りませんでした。結局大切なのは高貴な精神なんだよ、と言う彼のメッセージでしょうか。なかなか情感と含蓄がありますね。やりますね、拓郎。この素朴で単純なメロディーに乗せた歌詞、非常に何かを考えさせてくれます、感じさせてくれます。

http://www.youtube.com/watch?v=Q8uTpAgJ9ww&translated=1


21. 2010年2月17日 10:01:47
20です。いい忘れたのですが、拓郎のこの作品聞いて,何か涙が出てきてしまったんです。拓郎さん、とても美しい、清い心をもっていたために書けた作品ではないでしょうか。本質をつかんだ偉大なアーチストだと思います。今後,自分でも頻繁にこれを聞いて,自分の心にある傲慢さや恐れの心を洗い流したいとおもいます。18さん、結果的にこういう気持ちにさせてくれたあなたの情報に感謝です。

22. 2010年2月17日 10:09:46
>>12

>われわれが,今しなければならないのは、混血系文化、西方系文化で、国号が中国衛
>星国としてのアイデンティティーを示す『日本』でそのシンボルである日の丸を使
>い続けるのか、それともわれわれのルーツである,縄文文明を基軸にした生き方に
>するのか。タンパク質を重視した縄文か、炭水化物を重視した天皇系か、も含め、
>その決断をすべき時がじわじわ来ていると思います。

>>12さんよ、無理やり縄文人の妄想話し持ち出さずにはっきり言ったらぁ、「日の丸」「君が代」断固反対!って。

読んでてなかなか面白かったが、最期がこれじゃ、やっぱりねって感じ。

あと、スポーツ経験者じゃないと見えて、たんぱく質を重視しているようだけど、
炭水化物は実戦では切り離せないよ。

筋肉をいくら付けても、動かすのは炭水化物(ブドウ糖)。

ついでに、米にたんぱく質が無いと思っているの?

良質と言われる植物性たんぱく質の代表食品『大豆』。

それとほぼ同じ栄養価のお米。
http://www.health.ne.jp/library/0300/w0305032.html

ましてや、肉だけなんかで、毎日の練習になんか付いていけないよ!


23. 2010年2月17日 10:50:32
世界のスポーツシーン(オリンピック、プロスポーツ)、スポーツ科学では、タンパク質摂取、つまりその構成要素であるアミノ酸摂摂取が、最大テーマになっています。マラソンでもサッカーでもそうですが、試合の前、途中、終了後、一日の間,何度もアミノ酸を取るのが常識です。スポーツすると筋肉の繊維が壊れますが,これを修復するのが,アミノ酸ですから、スポーツ選手は,ケアのために試合後も必死でアミノ酸をとっています。

米国のジムなどでも、ひたすらアミノ酸、タンパク質ダイエット戦略となっています。

20種のアミノ酸はそれぞれが広く深く人間の身体機能に作用しています。アミノ酸を入れなければ、代謝酵素もはたらかず、エネルギーも生み出すことはできません。

アテネオリンピックで日本は優秀な成績を収めましたが、裏に,A社がはじめて日本オリンピック協会に指導提供した徹底したアミノ酸摂取戦略があったと見られています。

大豆は、そのまま食べては危険です。人間が本来食べられる物ではありません。醗酵させてのみ、安全で素晴らしい食品になり,タンパク質の吸収率も85%にまで上がります。また,植物性のタンパク質はいわゆる不完全タンパク質と言われ、アミノ酸が少ないのです。

炭水化物主で,オリンピックに勝てると考えている専門家は世界に誰もいません。スポーツ医学の専門家にお尋ねください。

寝たきり老人も、アミノ酸を入れることで,筋力もつき,エネルギーも湧いて、身を起こすことができたり、自立生活を可能にします。

短命希望者はその世界でナンバーワンの秋田県人,岩手県人のように沢山米をたべ、日本酒を飲んでください。長命希望者、寝たきりになりたくない人、生涯現役で活動したい人は森繁や森光子、映画監督市川崑さんのように、毎日肉を食べてください。


24. 2010年2月17日 11:27:26
>短命希望者はその世界でナンバーワンの秋田県人,岩手県人のように沢山米をた
>べ、日本酒を飲んでください。

秋田県人だが、米も食うが、肉も魚も食う。
日本酒も呑むが、ビールも焼酎も飲む。

コメ農家もいれば、畜産農家もいる。

緑の田畑を捨て、すべて放牧でもせよとでも言うなが?

それとも、これ以上自給率を下げて海外から食肉を輸入せよと言っらんだが?

米もダメ、野菜もダメ、マグロもダメで、毎日肉を食べてくださいだと!

ふざけるな!ばがけ!!


25. 2010年2月17日 12:41:20
>>24

何も熱くなる必要などない。

>>23の、スポーツ科学におけるタンパク質、アミノ酸摂取の話に付いては深くフォローしていないが、「長生きしたければ肉を食べよ」という時点で評価するに値しないコメントである事が解る。

さらに、「森繁や森光子、映画監督市川崑さんのように、毎日肉を食べてください」でその馬鹿さ加減に花を添えている。

現在、大正末期〜昭和初期生まれの日本人平均寿命が統計に表れているが、男女いずれも米を主食としない欧米諸国のそれを超えている。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life05/03.html

主食を米食と肉食を分けて、寿命を調査した事もない。

>>24の考えにこれをあてはめて仮説をたてると以下のようになる。

日本人は、主食が肉で無いにもかかわらず世界の長寿国である。
ゆえに長寿体質が元来備わっているか、生活環境が長寿に適していると言える。
よって、元々の資質、環境に加え、肉食中心にしたならば平均寿命はさらに伸びるであろう。

という根拠の無い仮説が成り立つ。

本来私は、欧米に利するような恣意的コメントは無視している。

しかし、米食、飲酒をもって短命のサンプルにされた秋田県人,岩手県人は堪ったものではないだろう。


26. 2010年2月17日 13:02:57
日本の食文化までアメリカに差し出す必要はない!

27. 2010年2月17日 14:56:36
>>23はきっと、シー・シェパード(SS)の日本支部の方でしょう。

今度は、地中海のクロマグロ漁妨害を行うと宣言したようですが、さすがに大間のマグロ漁師達と争う根性は無いみたいですね。

赤松が口ばっかりで煮え切らないから、大間の荒くれ漁師さん達に退治してもらいたかったんですがね。


28. 2010年2月17日 18:31:50
>>22さん
>>12って5年以上前の愚民党ネタじゃない?
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/773.html
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/609.html
http://gumin.blog2.fc2.com/
日の丸、君が代、断固反対っていうか、バリバリ新左翼でしたけど。

29. 2010年2月17日 18:36:03
日立市医師会の指導

http://homepage2.nifty.com/hitachi_med/05jyouhou/arakaruto03.html

”高齢者の方がどんな物を食べたらよいか、ということに関し調査した結果で興味深い結果があります。動物性タンパク質を多く食べている高齢者の方々のほうが老化の速度が遅く、病気になりにくい。植物性タンパク質を多く食べている高齢者のほうが老化の速度が速く病気になりやすいというデータがあります。動物性タンパク質を効果的に体に取り入れ、体の栄養状態を高めながら生活活動度を高く保つことが大切です。
高齢者の方の食事の注意点を考えてみたいと思います。高齢者の方は摂取する食品が単一的になりやすいので要注意です。また、高齢者の方は食べやすい糖質の多い物が中心の食事となりやすいので要注意です。好きな物だけを食べるのではなく、摂取栄養素の多様性、バランスをとることが重要で、少しずつでも多くの種類のものを食べることが必要です。糖尿病や高脂血症などの病気がない方は、牛乳や乳製品の摂取が有効です。”

「食べやすい糖質」,というのは,炭水化物(穀物、野菜、果物)のことです。

健康長寿ネット
http://www.tyojyu.or.jp/hp/page000000100/hpg000000039.htm

”○どんなものを摂取させるべき?
 「年を取ったら魚食を中心にして肉食は避けるべき」とよく言われてきましたが、最新の研究では、動物性タンパク質(肉や卵、油脂類など)を多く摂取している高齢者の方が、植物性タンパク質が中心の高齢者に比べ老化の速度が遅く、病気になりにくいことが分かってきました。つまり、「動物性タンパク質」を効率的に体に取り入れ、体の栄養状態を高めながら生活活動度を高く保つことが大切です。
 小食の人でも「間食」という形で効率的にタンパク質が摂れるという点でも、牛乳や乳製品の摂取が有効です。”

柴田博桜美林大学教授
http://www.health-station.com/topic-132.html
”動物性タンパク質を極端に欠いた「和食」は、むしろ長寿に貢献しない短命食であった。”

"柴田氏はいう。「昭和35年、日本人の1日あたりの肉の摂取量は平均で18.7g、現在、1日あたり平均で80g弱、今の4分の1も摂っていない。戦後、日本人の食生活は、特に昭和40年あたりから大きな変化をみせ始めた。魚だけで世界一の平均寿命は実現しなかった」”

”戦後、食の欧米化により、肉食が全国的に浸透。日本人の平均寿命を伸ばすうえで「肉」の果した役割は大きかった。動物性タンパク質の摂取比率と平均寿命との因果関係については統計的にも明確に表れている。平均寿命の高い欧米諸国は動物性タンパク質の摂取比率が60%-70%以上。平均寿命が低いアジア諸国は20%-30%。ちなみにインドは10%で平均寿命は50歳。摂取比率が理想とされる日本は50%で、韓国もほぼこれに近い”

”そして、タンパク質は植物性でも補給できるという意見もある。しかし、なぜ、植物性ではなく、動物性タンパク質が良質とされるのか----。
我々の生体活動は体の設計図ともいえる遺伝子DNAの指令によって行われる。これにより20種類のアミノ酸が合成されタンパク質が作られるが、アミノ酸には体内合成できるものとできないものがある。このアミノ酸を過不足なく摂れる食品が動物性には多いというわけだ”

http://karagochi.lin.gr.jp/atama/ek015.htm

”動物性タンパク質の摂取増がつくった長寿社会
 高齢化社会を迎えた現代日本ですが、歴史をたどってみると、お肉、卵、乳製品など、動物性タンパク質をたくさん摂ることで平均寿命が著しく延びていることがわかります。かなり古い話ですが、明治43年(1910年)の動物性タンパク質の摂取量はわずか2.9グラム。卵にいたっては0.2グラムという驚くべき栄養状態のデータが残されています。
 これに対して、現代日本では豊富に食料が確保され、動物性タンパク質を摂ることが難しくない状況にありますが、それでも1日あたりの平均摂取量は、食肉で77.8グラムと意外に少ないのが目立ちます。ちなみに、日本一の長寿県として知られる沖縄県での食肉摂取量は、1日平均87グラム。沖縄県の例からすると、お肉ってまだまだ食べても良いんですね、長寿のためにも。”

長寿の里、大宜味村サイト
http://www.vill.ogimi.okinawa.jp/miryoku/tyoju3.html
” (沖縄)大宜味では老人でも毎日50g近くの肉類を食べているのに対して秋田の農村は20gという少量でした。そこに大きな開きのあることがお判りでしょう。”

”仏教の影響で一千年もの間肉食を禁じられていた本土と沖縄とでは今なおその摂取量に20gほどの差がみられます。”

”また豚肉以外にも家の新築や村の共同での労働の後など、みんなでヤギ(山羊)のナベを囲んだり、近くの海や川の魚介類も上手に利用して必要な蛋白源を確保するのに役立てていました。
 このような食文化は伝統的に肉類の摂取が制限されていた本土の食生活より特徴的であり、この村の長寿の要因として大きな意味をもっていた確信しています”


30. 2010年2月17日 18:40:29
拍手完了画面のコメント欄に菜食主義のアスリート一覧載ってた。言っとくけど、拍手誘導じゃないよ。

31. 2010年2月17日 18:42:55
>>12,おおむねね賛成です。論旨については賛成ですが、少し事実認定には独断が目立ちます。日本列島の先住民は縄文人と言うのは正解です。先モンゴロイドと言うのが正解でしょう。今、このdnaを一番残しているのは琉球人とアイヌ人でしょう。この人たちの上に覆いかぶさるように稲と文明をもって進入してきたのが朝鮮人でしょう。一部中国南部からの流入もありますがそれは圧倒的少数です。朝鮮人といっても今の朝鮮人ではありません。東シベリアにルーツを持つ騎馬民族系のツングースであるかとおもいます。中国東北部から朝鮮半島に進入しその一派が日本にも到達したのだと思います。これが第一波であり、古墳時代の応神、仁徳朝に漢字や本格的な文明を持って渡来してきて日本文化の基底をつくったのは、だい2波の朝鮮人であると思います。ここまでが西日本を作ったんだと思います。しかし応じん仁徳朝の支配圏はすでに関東にも及んでいたと思います。埼玉の古墳から
発見された鉄剣の象嵌文字に雄略天皇につかえたと記載がありました。第3派としてやってきたのが百済滅亡後に渡来してきた今来の韓人といわれている人たちであろうかと思います。こう考えれば日本語と朝鮮語の単語がほとんど対応しないのに言語構造がまったく同じというのが理解できるんじゃないかと思います。いずれにしても現在の日本人の血液に大量の朝鮮人の血が混じっているのは紛れもない事実です。弥生人が侵略的と言うのは現代からみた解釈であり沖縄、北海道と言う辺境の地に縄文人を追いやったのは事実でしょうが平和的な混血もおおくあったんではないでしょうか

32. 2010年2月17日 18:58:40
スポーツ歯科外来をもつDr.アスリートの報告。歯科医師でありバドミントン競技者のブログ。「スポーツと歯科の関係を皆さまへ広めていきたい」日本小学生バドミントン連盟・医科学研究部・歯科医。
日本スポーツ歯科医学会所属。
http://www.blogmura.com/profile/00377733_2.html
http://ameblo.jp/bando-dental/entry-10328117654.html

”オーストラリアで調査
 ベジタリアン(菜食主義者)の骨密度は、肉を食べる人に比べて
やや低いという調査結果が2日、
米医学誌
「アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション
(American Journal of Clinical Nutrition)」
にて発表されました。

 調査は、オーストラリア・シドニー(Sydney)のガーバン
医学研究所(GarvanInstitute for Medical Research)が、
ベトナム・ホーチミン(Ho ChiMinh)
のファムゴックタック医科大学
(Pham Ngoc Thach University of Medicine)と
共同で実施したものです。

 2700人以上を対象に、骨密度と食生活の関連を調査した結
果、ベジタリアンの骨密度は肉を食べる人より
5%低いことが分かったようだ。動物系食 品を一切食べない
完全菜食主義者では、骨密度は6%低い結果がでた。”


33. 2010年2月17日 18:59:57
>>29

お前ね、独立行政機関のリンク貼って面白いの?

(社)中央畜産会(財)長寿科学振興財団(財)日本健康・栄養食品協会 等々

これら団体が何であるのか良く考えろ!


34. 2010年2月17日 19:06:01
九州在住の者して、なっとくです。特に古墳時代や奈良時代までの日本の歴史は、朝鮮半島とは切り離せない、と思います。

35. 2010年2月17日 19:06:51
>>33
>お前ね、独立行政機関のリンク貼って面白いの?

12・14・23・29・32は同一人物と思われます。
面白いというよりは、負けず嫌いなのでしょう。

まだ貼り付けてくると思いますよ。


36. 2010年2月17日 19:15:03
タンパク質・アミノ酸の必要量
WHO/FAO/UNU 合同専門協議会報告
http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.cfm?bookcode=705680
●22年ぶりに改定となり2007年に出版された「ヒトのタンパク質・アミノ酸必要量に関する」WHO/FAO/UNU合同専門家協議会報告書「Protein and Amino Acid Requirements in Human Nutrition」の翻訳書.
●最近の実験成績にもとづき,成人の必須アミノ酸必要量の数値が1985年報告値の2〜3倍大となり成長期の数値に近づくなど,新たな内容が盛り込まれている.
●タンパク質・エネルギーの相互作用,タンパク質の質の評価,アミノ酸必要量についてもそれぞれ別の章で取り上げ,最新データを収載.
●単にタンパク質必要量の数値について知るだけではなく,タンパク質・アミノ酸代謝の最新のテキストとしても役立つ.

37. 2010年2月17日 19:20:37
良い話だと思いましたが、ルーツはどうの、寿命はどうの、肉食だ、菜食だとこれでは纏まるものも纏まらないですね。

所詮みんな、アジアの何処の馬の骨とも解らぬ烏合の衆ですね!


38. 2010年2月17日 19:28:24

糖尿病専門医 絵部康二医師(高尾病院)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-435.html


”さて今回は、トミーさんから、動物性タンパク質の摂取についてコメント・質問をいただきました。

『動物性たんぱくについて
肉、卵、などの動物性たんぱく質を摂ると腸内の悪玉菌が増えて 健康に悪いという記事があったのですが、心配です。主人の糖尿病と私のダイエットのため、たんぱく質中心にしているのですが、いかがでしょうか?
2008/05/22(木) 15:19:58 | URL | トミー 』
トミーさん。
コメント・質問ありがとうございます。

糖質制限食を実践すると相対的に高タンパク・高脂質になります。動物性タンパク質も糖質制限食ではたっぷり摂取します。巷で一部言われているように、はたして動物性タンパク質は、人の健康に悪いのでしょうか?

この疑問に答えるべく、「人類本来の食生活とはどんなものなのか?」ということを考えてみましょう。
そうすると、農耕以前の人類は、そもそも糖質制限食を日常的に摂取していたことに思い至ります。

人類400万年の歴史の中で、農耕が始まって1万年、定着して4000年です。ということは、人類は399万6000年は糖質制限食が本来の食生活であり、農耕が定着した最近の4000年間だけが穀物を主食としているわけです。

従って、人類の歴史の中で穀物を主食としているのはわずか1/1000の期間に過ぎないことがわかります。

つまり高タンパク・高脂質の糖質制限食は、人類が999/1000の期間、日常的に摂取していた食生活に戻るだけということになります。ちなみにアラスカやグリーンランドのイヌイットの食生活は、まさに糖質制限食ですね。

糖質制限食がどれくらい健康によいかというと、血糖値・中性脂肪・HDL−コレステロール・内臓脂肪・血圧が改善し基本的に代謝すべてが良い方に向きます。

これらの指標は、メタボリック・シンドローム(代謝症候群)の指標そのものですが、糖質制限食で全て改善します。ということは、糖質の過剰摂取こそがメタボリック・シンドロームの根本要因だったと考えられます。

ご質問の動物性タンパク質と腸内細菌ですが、人類本来の食生活に戻るわけなので、慣れの問題だけです。糖質制限食でいったん便秘したり下痢したりする人がいますが、1〜3ヶ月で慣れて快便となることが多いです。もちろん当初から便通OKの人もいます。

結論です。

糖質制限食を実践すれば、動物性タンパク質の摂取は相対的に増加しますが、人類本来の食生活にもどり代謝全てが安定するので、健康に良いと考えられます。”


39. 2010年2月17日 20:00:46
>>37

今の世に、

良い話など無いのです。

みな、

何らかの意図をもって投稿する訳ですから。

簡単に、

纏まってもらっては困るのです。


まだまだです、

これからも、まだ続きます。


ちなみに、

負けず嫌いなどではありません。


・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




[削除理由]:その他
ゴミが付いてましたので削除
40. 2010年2月17日 20:24:27
管理人様へ
そちらでチェックできるはずですが、>>39は成り済まし投稿です。このような丸点を無数に打ち込むやりかたにその意図がハッキリ現れています。日本人の歴史と食の関係などについての複数コメント者に悪印象を持たせる悪質な情報操作なのです。阿修羅管理人様への明らかな冒涜であり、コメント者、読者への妨害です。ここまで悪質な成り済ましコメントは,阿修羅ではまったくみたことありませんね。この削除をお願いいたします。

関心がない方は読む必要などなく,立ち去ればよく、反論があるなら誹謗や罵詈雑言ではなく、しっかり充実した情報と意見文を書いて発表するべきです。また,ここは雑談版です。ただ、読者に有益な情報になるようにしてほしい、これが管理人様のコメント欄へのスタンスと書かれています。



41. 2010年2月17日 20:51:25
管理人様
>>39のような極めて悪質な成り済まし妨害行為(しかも無駄なスペースを丸点で取るという2重の悪質さ)をする人物は,コメント欄への書き込みができないように、権利剥奪すべきだと考えます。書き込む権利を認める必要はないと思われます。これを放置すると増長し、激しい混乱を持ち込む恐れが感じられるからです。それを本人が狙っていることがありありと伺われるからです。

これは異常に悪質です。


42. 2010年2月17日 22:04:45
>>31
江上さんの騎馬民族説ですねえ。で、江上さんの想像力はとても偉大なで,非常に各種のインスピレーションを与えてくれましたね。ただ,ご存知のように、これには反対説が根強くありますね。アイヌの人たちはもちろん、琉球人も縄文の直接の後裔だ,と理解されていますね。

>こう考えれば日本語と朝鮮語の単語がほとんど対応しないのに言語構造がまったく同じというのが理解できるんじゃないかと思います。

なるほどなるほど。
縄文言語の模索のために、アイヌ語を研究するというアプローチがなされていますが、縄文言語と現代の日本語との文法構造の異同について、ご存知だったらご教示ください。

>弥生人が侵略的と言うのは現代からみた解釈であり沖縄、北海道と言う辺境の地に縄文人を追いやったのは事実でしょうが平和的な混血もおおくあったんではないでしょうか。

混血自体は,非常な時間をかけて、平和的になされていったと思います。逆に言えば、西方からの外来者は日本の縄文波動にどっぷり土着化されていった,というか、土台のところは縄文化させられていたのではないかと思います。

>いずれにしても現在の日本人の血液に大量の朝鮮人の血が混じっているのは紛れもない事実です

ただこれはどうでしょうか。西日本と東日本は,基本的に異なるDNAパターンになっていますね。


天皇制が戸籍制度を西日本で完成させた段階以降、軍が組織的に,北上侵略を開始していますね。これ以降の大戦争で,縄文側は激しく蹂躙されたと考えています。もちろん、九州へ南下して逃げ、北方に追われというかたちで。

アイヌの人たちは、鮭を主食とし、イノシシなどたべていましたし、琉球人も、ご存知のように,イノシシ(つまり今でいう豚)を食べる伝統になりましたね。やはり,縄文の食スタイルが濃厚に残っていると思われます。米食の「日本」と,動物食の縄文この対比ができ、今日までそれが続いていると見られます。

人類は,穀物、野菜、果物という炭水化物がまったく得られない長い氷河期を生き抜いて来たため、体が,その時代の肉食にフィットするように進化の流れができてしまいました。

組織農業をはじめて1万年ですから、体が、肉食(動物タンパク)対応から、炭水化物対応に進化できていないままになっています。植物タンパクの組成は人間の動物タンパクの組成とことなり、非常に同化しにくいままです。

炭水化物を食し始めたグループから、インシュリン増大のため凶暴傾向が出てきました。フルーツジュースなどを朝飲んで、脳波を計ると、一種異常な反応がでることが分かっていますが、これと関係があります。炭水化物(糖質)を体に入れすぎると、暴力傾向になることは、米国の半年に渡る監獄での囚人を2つの比較対照グループに分けた実験で確かめられています。

小麦、米など穀物を組織農業で作り出し、食べて来た人類グループは、暴力性向が強いのです。世界の大半の先住民族は,氷河時代と同じ、動物食です。


43. 2010年2月17日 23:33:20
42さんってすごいっ!

ひがしにほんと、にしにほんは、DNAがきほんてきにちがうんだ!
えらい学者さんがそういってたんだね!

どんなひとの いでんしでも すう%しか違わないっていうけど、
42さんは、きほんてきにちがうんだっ!

きっとにんげんばなれしたひとだね!

でも、どこにもそんなひといないよ!

だいはっけんだねっ!

よっ、この しごとにん!
おつかれさまだねっ!


44. 2010年2月17日 23:53:26
http://www.asyura2.com/07/dispute25/msg/231.htmlより

駐日イスラエル大使コーエン氏は大変な親日家である。

彼は日本の文化、伝統、歴史についても洞察が深い。コーエン大使は松涛館空手の有段者でもあり、礼儀正しく、彼と会った日本人のほとんど全員が魅了されてしまうほどだ。

昨年12月、コーエン駐日イスラエル大使がTV番組に登場して衝撃的な発言を行った「古代ユダヤ王国のユダヤ人12支族のうちの10支族19万人が日本にやって来ている。その調査のために、2月から、日本人とユダヤ人のDNA鑑定を行う」。
 
「失われたユダヤ12支族」「日猶同祖論」等々といった文言に詳しい方ならピンと来るだろうが、一般には何がどうなっているのかさっぱり見当もつかないだろう。

「日本人は混血民族なのだから、古代ユダヤ族が何万人紛れ込んでいようがいいじゃないか……」と思うのが普通かもしれない。

だがここには巨大な問題が内包されている。

続きはこちら インターネット行政調査新聞
http://www.gyouseinews.com/international/jan2007/002.html

日本人こそは“失われたイスラエル10支族だ”と主張するユダヤ人言語学者
ヨセフ・アイデルバーグ
歴史に謎を持つ民族──日本人とユダヤ人。
そこには、不思議な共通点が数多く存在する。

ユダヤ人言語学者ヨセフ・アイデルバーグは、そうした歴史の謎にとりつかれ、14年の間、日本の言語・宗教・歴史を調べた。

彼は断言する──日本人の先祖はヘブライ人だと。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb412.html

世界史のタブーである東洋系ユダヤ人と白人系ユダヤ人のルーツ
http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/texts/textA2F3/a2f1000.html#02


45. 2010年2月18日 00:09:31
コメントで、肉食が推奨されているようだけど
糖尿病・糖尿予備軍の方は要注意です。

-------------------------------------------------------------------------
糖尿病の原因は肉食?【糖尿病について考える】
http://plaza.rakuten.co.jp/healthycyuunen/diary/200807310000/

「いまや糖尿病こそ国民病といってもよい。
原因は紛れもなく高脂肪、高たんぱくの肉食の激増だ」

と述べるのは、ジャーナリストの船瀬俊介さん.


それを裏付ける壮大な実験が行われたという。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1960年から21年間かけて、25,698人のアメリカ人を対象に行われたもので、
対照者として肉を食べない人たちに、SDA(セブンス・デイ・アドベンチスト)の人たちが選ばれました。

SDAの人たちは約半数は完全なベジタリアンです。
また、タバコも吸わないし酒も飲まない。
しかしガチガチの完全なベジタリアンばかりではなく、
中には肉をほんの少し食べる人もいるという。
日常の食事は穀物、野菜、果実、ナッツ類を
主食としている、ということです。

21年にわたった疫学調査では以下のことが分かったということです。

以下は船瀬俊介さんの具体的な記述です。

「この調査は『肉を食べない』人の糖尿病にかかるリスクは、
全人口に比較して45%も減少することを示している。
研究期間が過ぎてからも、対象者の『死亡診断書』を分析していくと、
両者の差はさらに開いた。

肉食者が糖尿病にかかると死亡率が高いことがわかったのだ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
『まったく肉を食べない』人と、『週6日以上食べる』人を比較すると、
肉大好き派は、なんと3.8倍も糖尿病で死んでいた。

『少しでも肉を食べる』人でも、『まったく食べない』人より
1.8倍も死亡リスクは高い。

ならば、病院での糖尿病治療で、まず医者が指導すべきは
『肉食』の禁止であるべきだ。はたして、それを実行している
医者がどれだけいるだろう。


46. 2010年2月18日 00:17:32
ガンの原因も肉食にあるようですよ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
http://saisyoku.com/cancer.htm
----------------------------------------------------------------------------
ガンと肉食=肉食は百害あって一利なし!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
炭火焼ステーキ1キログラムには600本のタバコに含まれているのと
同量のベンゾピレン(強力な発癌物質)が含まれる。

ローレンス・リブモア国立研究所は5年にわたり、肉からどんな
毒物ができるかを研究した。

そして、染色体に損傷を与えガンに関係する化学物質が8個あることを確認した。

これらの物質は豆腐やチーズからはできてこない、と
同研究所主任研究員は述べている。

亜硫酸塩は肉製品に存在する。
それは人体内で他の物質と化合し、
ニトロソアミン(非常に強力な発ガン物質)を形成する。

肉の多い食事は性的成熟年齢を引き下げ、乳癌の危険性を増大させる。

ベジタリアンは肉食の人と異なった組成の胆汁酸を持つことが知られている。
これはガン細胞の発達抑制に深く影響している。

ベジタリアンの免疫システムは肉食の人よりも強い。

ある研究で、キラー細胞(ガン細胞を芽のうちに摘み取る細胞)が全く同数なのに、肉食の人の2倍の強さを持つことが示された。

ベジタリアンの生活をすると、環境汚染による影響も肉食の人より少ない。
また、母乳の分析の結果、PCB含有率は肉食のほうがはるかに高かった。


肉、魚、酪農製品や、経済的に作られた果物などは有機塩素(PCB、DDT、ダイオキシンなど)の主要な源であるから、肉製品を全く止めたり、無農薬の果物のみを購入しようとすることが重要である。


47. 2010年2月18日 00:46:00
肉食は、体も行政も蝕んでいるようですね。

「肉食が地球を滅ぼす」中村三郎・著 ふたばらいふ新書
より引用する。リンク
-------------------------------------------------------
【肉食が生活習慣病を増やしていく】

●戦後日本では、GHQ(連合司令部)の思惑と、アメリカ風

の生活を進歩と見る風潮が重なり合って、食生活の改善(改悪

)が奨励されてきた。米を主食とする日本の伝統食は、欧米の

食事に比べて栄養的に問題があるとされ、また欧米人並みの体

位への向上を図るために動物性タンパク質を多く摂る食生活の

スタイルが植えつけられていった。
 
そのため、肉や卵、牛乳、バターといった高タンパク質食品が

急速に普及していく。なかでも肉の消費量は、驚異的な勢いで

増加していくことになる。1955年の年間消費量は20万ト

ン足らずだったのが、小麦食が定着した65年には100万ト

ンに達し、その後も消費を伸ばし、2002年現在では560

万トンにのぼっている。50年の間になんと30倍にも増えた

のである。

●肉はたしかにうまい。そのうま味が、まず好まれるのだろう

。肉がうまいのは、そこに脂肪が含まれているからだ。だが、

この脂肪がくせものなのだ。肉の主成分はタンパク質と脂肪だ

が、分子構造上、高分子のタンパク質は味がなく、低分子の脂

肪は味があるのでうまく感じる。牛肉でも豚肉でも、ロースの

ほうがモモ肉よりもうまいのは脂肪が多いからである。(中略

)肉を食べる際には、うま味のある脂肪の多い肉を、つい選ぶ

ようになる。するとタンパク質よりはるかに多く脂肪を摂取し

てしまう。

脂肪は、植物性と動物性に分けられる。植物性には、必須脂肪

酸であるリノール酸が多く含まれ、体内のコレステロールを下

げる働きを持つ。コレステロールはご存知のように、血管内に

たまって動脈硬化の原因となる物質である。動物性には飽和脂

肪酸が多く、コレステロールを体内に蓄積しやすい。(中略)
 
動物性脂肪を摂りすぎると、コレステロールの蓄積によって動

脈硬化性疾患を引き起こし、心疾患や高血圧症、糖尿病、脳血

管障害などの生活習慣病にかかることが、すでに指摘されてい

る。アメリカ公衆衛生局の報告によると、アメリカ国内の病気

による死亡者の70パーセントが動物性脂肪の過剰摂取が要因

と思われる生活習慣病で死亡しているという。

●食肉消費国の欧米では、こうした動物性脂肪の摂取過多によ

る慢性病が大きな社会問題になっているが、さらに最近増加し

ているのが、ガンの発生である。ガンの発生は、もちろん脂肪

の摂りすぎも関係しているが、動物性タンパク質も、また大き

な要因となっている。タンパク質が体内に多くなると、トリプ

トファンという必須アミノ酸が腸内の細菌によって分解され、

発ガン物質あるいはこれを生成する物質が促進されるからだと

いう。
 
近年、アメリカでは肥満や生活習慣病を防ぐために、脂肪の少

ない赤身の肉を食べる女性が多い。しかし、赤身の牛肉を毎日

食べている女性は、肉を全く食べないか食べても少量の女性に

比べ、大腸ガンにかかる確率が2.5倍も高かった。動物性タ

ンパク質とガンの関連性を調べた調査では乳ガンの発生率も多

かったという。また、肉の中に含まれる多量の鉄分も発ガンを

促進するといわれる。つまり脂肪の多い少ないにかかわらず、

肉食自体がさまざまな病気を引き起こす原因になりうるという

ことなのである。

●日本でも、肉食の増加にともなって生活習慣病が確実に増え

てきており、ガンの発生も多くなっている。それまで日本人に

はほとんど見られなかった大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンなど

、食肉消費国の欧米に多いガンが顕著な増加をしている。たと

えば、大腸ガンによる死亡率は、まだ肉食の習慣がなかった1

944年には、10万人にわずか2人だった。当時、アメリカ

では10万人に16人と日本の8倍におよんでいた。その後、

日本での大腸ガンによる死亡は68年に4人、88年には12

人にのぼり、そして2000年には30人と、50年でほぼ1

5倍に増えているのである。
 
アメリカやイギリスなど食肉消費国40カ国を対象に、統計調

査が行なわれたことがある。その結果、肉食による脂肪とタン

パク質の摂取は、いずれの国でも動脈硬化にともなう心臓疾患

、大腸ガン、乳ガン、子宮ガンなどと強い相関関係があること

が示された。そして、とくにガンにおいて、米、大豆、トウモ

ロコシなどの穀物は、その発生を抑制する働きを持つことも明

らかになったという。
 
また、カナダの専門家による調査報告では、食肉(特に牛肉)

が、ガンの発生、進行を促すことは否定できないとし、野菜や

繊維質食品を多く摂取する食生活に変えなければ、ますます病

気が増えていくおそれがあると警告している。
(引用終わり)
-------------------------------------------------------

現代の食生活の問題点

タンパク質は動物からではなく植物から(1)
http://healthy7755.com/shokuyoujou-

macrobi/cat309/cat310/1_1.html

戦後欧米風化された私たち日本人の食生活。

戦前は太った方もいたでしょうが、メタボリックシンドローム

などは
問題にもならなかったでしょう。

メタボリックシンドロームだけじゃなく、広く私たちの心と身

体の
健康増進という観点からも欧米風化された食生活には色々問題

があります。

その中でも、第一に問題なのはタンパク質のとり方といえまし

ょう。


欧米型の食事では、動物からタンパク質を取ろうとします。

牛、豚、鶏など家畜の肉や鶏卵、牛乳などが食卓の中心と
なっています。
 
でも、これはあまり自然なタンパク質の取り方ではありません


 
こうした食生活は歴史が浅く、人類が近代に入ってからのもの

で、
ここ100年ほどの間に広まったものです。

その原動力となったのは近代の栄養学ですが、
この学問はまだ始まってから日が浅いのです。

カロリーと栄養素を中心にして考える近代栄養学はヨーロッパ


主としてドイツにおいて発達した考え方です。

食物というのは考えてみれば、それぞれの土地の気候風土と
密接な関わりをもっているものです。

ドイツは日本より北に位置するため、比較的寒くて穀物が生育

しにくい
土地柄ですから、その考え方をそのまま日本にもってきても、
すべてが適応できるものではないとといえましょう。


日本ではもともと肉食の習慣は一般的ではありませんでした。

明治以後、西洋の近代栄養学を学ぶ中で積極的に肉食を取り入

れて
きましたが、現在では、西洋でも多くのベジタリアンを生むほ

ど、
肉食の問題点が明らかになりつつあります。

糖尿病・動脈硬化・痛風・関節炎・脂肪肝・脳梗塞など、
肉の摂りすぎに関係があるとされる疾病は枚挙にいとまがあり

ません。


ですから、食に関する知識の体系が、まだ充分に整備されてい

ると
はいえないようです。
 
そのため、人の食生活を少し誤った方向に導いてしまったので

------------------------------------------------------

具体像不明 募る危機感 県食肉価格基金問題

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-157673-storytopic-

4.html

2010年2月17日

行政刷新会議が昨年の事業仕分けの一環で打ち出した方針に基

づき、県食肉価格安定基金(県拠出35億円、国拠出70億円

)への国拠出分を政府が引き揚げる方向が判明した。農林水産

省は拠出分の引き揚げと同時に「必要額を毎年度の予算措置に

切り替える」として事業の継続を強調するが、具体像は不明で

、県内の畜産関係者には危機感が募る。

県独自の基金は沖縄の畜産振興事業費を安定的に確保する“担

保”としての側面もあったが、その担保を失った格好。今後は

全国横並びで毎年の予算措置を受けることになるのか、現段階

では不透明だ。

県食肉価格安定基金は1991年に創設されたが、起源は本土

復帰前。米国統治下で安価な肉を大量に輸入していた沖縄では

、地元畜産農家を保護するために輸入牛肉から調整金を徴収し

、食肉の需給調整に充てていた。

制度は復帰後も沖縄の特別枠として日本の仕組みに組み込まれ

て継続したが、91年の牛肉輸入自由化に伴う代替措置として

基金が創設された。

■特殊性

15日に山田正彦農林水産副大臣と民主党の一川保夫副幹事長

に基金引き揚げの中止を要請したJA沖縄中央会の赤嶺勇会長

は「全国制度の基金とは性質が違う」と県基金の「特殊性」を

強調する。ドル高で輸入中心だった復帰前の産業構造、米国統

治で本土より遅れた生産基盤、離島県の流通の不利性などの格

差是正を目的に創設されたもので、全国一律の基金事業とは異

なるとの立場だ。

 これに対し、農水省は県基金も全国の基金と同様に国庫返還

を進める方針。ただ一川副幹事長は「政治的な判断が必要だ」

とも述べており、赤嶺会長は「政治決着の余地はある」とみて

今後も要請を続ける。

■基金も岐路に

一方、基金自体も岐路にある。

設立当初は年間6億〜7億円程度の運用益で事業費を賄ってい

たが、バブル崩壊後の低金利時代到来により、現在は約1億円

「事業規模も年々縮小している」(県畜産振興基金公社)ため

、JAや県は基金を取り崩し、食肉の県外出荷の支援にとどま

る現在の事業規模の再拡大に充てることを国に打診していた。

農水省は基金引き揚げについて「事業をなくすわけではない」

と強調する。だが「設立の趣旨に立ち戻れば、本来は年間6億

〜7億円の事業費が必要だ」と強調する畜産関係者は、国によ

る毎年の予算措置が現水準を踏襲する形になり、1億円が“既

成事実化”することも懸念する。

赤嶺会長は、畜舎の衛生環境改善や肉を高付加価値化する加工

場の整備などを進めれば、県内の生産条件や流通構造の不利性

は克服でき、基金の目的達成につながると主張。基金の帰属や

今後の畜産振興事業の形態をめぐり、綱引きが続きそうだ。

(島袋良太)


48. 2010年2月18日 01:17:39
すごいっ!

へいきんじゅみょうが、せんご、ひやくてきにのびたというのに
やっぱりむかしが、さいこうなんだね!

すごいっ!

にんげんばなれしてるっ!

みあげたもんだっっ!


49. 2010年2月18日 23:14:57
○○会などという人たちが、外国人を袋たたきにしている動画がありましたが。
この国も偏狭な人々が闊歩するようになってしまいましたね。

50. 2010年2月19日 00:05:43
現在、糖尿病の原因は糖質の取り過ぎ、かつタンパク質不足であることが欧米で分かって来ています。その証拠に、炭水化物=糖質を取らない(ノンカーボ non-carb)、かつ、タンパク質を大量に取らせるという食事プログラムを実行することで,糖尿病を治す、あるいは、インスリン注射や薬からの依存をなくすことに大きな成功をおさめている臨床例が蓄積されているからです。

欧米にもそういう専門クリニックがありますが、日本にもそのプログラムをやる専門の入院施設を持つ糖尿病専門病院があります。

崇高クリニック http://www.suko-clinic.jp/
高雄病院 http://www.takao-hospital.jp/


崇高を主宰する荒木裕医師は京大医学部、ハーバード大助教授出身で、アメリカではタンパク質の機序について専門的に研究してきました。ハイクラスな科学者、医学者です。
http://www.amazon.co.jp/薬もインスリンもやめられた-新しい糖尿病治療-荒木-裕/dp/477451103X/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=books&qid=1266500884&sr=1-3
http://www.amazon.co.jp/肉食ダイエット―肥満外来の名医がすすめる-荒木-裕/dp/4774510424/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1266500409&sr=1-1

著書や執筆記事によると、このプログラムを2週間の入院でやるとのこと。何をやるかというと,ホテルの豪華バイキングよろしく、肉や魚介類を出し、食べたいだけ自由に食べさせます(動物タンパク質は実はすぐに満腹感が来るため食べ過ぎの害は出ないとのこと)。そして、炭水化物を一切出しません。つまりお腹いっぱい好きなだけ食べます。あとは散歩させています。2週間入院といってもただそれだけ。結果は,血糖値は正常化します。医師夫妻は、長いアメリカ生活から戻って27年間,自分でこの食生活、つまりタンパク質を豊富にかつ炭水化物を絶対取らない食生活をやって来ており(クリニックスタッフも),たいへんお元気だとのことです(70代半ば)。これは,要するに氷河時代の人間やイヌイットと同じスタイルです。現代の欧米では,炭水化物をまったく取らないノンカーボ、あるいは、ローカーボ(低カーボ。カーボとは炭水化物のこと)の食事スタイルが強い流れを作りつつあります。

高雄病院
こちらも同様な方針の治療で、たいへんな実績を上げています。江部康二医師チームです。
http://www.amazon.co.jp/主食を抜けば糖尿病は良くなる-糖質制限食のすすめ-江部-康二/dp/4492042202/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1266498184&sr=8-1

ちょっと笑ってしまうのですが江部さんは以前の以下の炭水化物主義を完全放棄されています。アメリカでノンカーボ、ローカーボムーブメント、研究動向がありそれを研究された結果です。
http://www.amazon.co.jp/完全米飯給食が日本を救う-井上-ひさし/dp/4492041214/ref=sr_1_13?ie=UTF8&s=books&qid=1266498228&sr=8-13
芥川賞作家、宮本輝さんもこれをやったようです。
http://www.amazon.co.jp/我ら糖尿人、元気なのには理由-ワケ-がある。-――現代病を治す糖質制限食-みやもと/dp/4492043411/ref=pd_sim_b_4

また以下もその専門家。館氏はアントニオ猪木氏をインスリン注射生活から離脱させた主治医でこの記録について猪木の著書あり。
http://tounyoubyousugawara.seesaa.net/

館一男医師(眼科医)
http://www.amazon.co.jp/わたしはこうして糖尿病患者を救っている-舘-一男/dp/4391132710/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1266499563&sr=1-1

糖尿病は不治の病で一生、薬でコントロールなどと言われてきましたが、実は、このように、治すことが以外と簡単なことが臨床的蓄積で分かって来ています。


欧米の医学では、以前、野菜果物を沢山取れでしたが、今は、炭水化物を制限、タンパク質を強化する新しい流れになりつつあります。特に肥満問題が大きいこともあります。日本の現場医師にも上記のように影響が出て来ています。最近それに脂質をとれとの要素も加わっています。この点は日本ではまだほとんど上陸していません。

船瀬俊介氏は現在は,炭水化物取り過ぎが精神病を生む、の心理栄養学大沢弘教授の流れに加入されています。精神疾患は薬では治らず、炭水化物を減らせ、ということ。
http://www.amazon.co.jp/医者が心の病に無力なワケ―ビョーキを治す方法、教えます-船瀬-俊介/dp/4883204235/ref=sr_1_17?ie=UTF8&s=books&qid=1266501043&sr=1-17

ガン治しについても同じ方向の食事療法でオーケーです。
小腸に免疫細胞の70%(大腸合わせて腸に80%)が集まっていますががん細胞が一番好きなのは,糖質(炭水化物)で、嫌いなのが免疫細胞マクロファージですが,これがアルギニンで活性化されることが確認されています。マクロファージの主成分はタンパク質です。グルタミンはマクロファージや同じ免疫能をもつ、リンパ球を増殖させることも分かっています。アルギニン,グルタミンはタンパク質を構成するアミノ酸です。糖質を少なくしアミノ酸を十分とらないとガンにかかりやすくなると見られます。またワクチンより,アミノ酸のほうが、防御能力が高いし安全です。

日立医師会が書くように、高齢者では動物タンパクより,植物タンパクの摂取が多い人の方が、老化も早く、かつ病気になりやすいという実験結果がでていますから、動物タンパクの危険は実際はない、といえます。むしろ,植物タンパクを取っている人の方が、老化が早い、病気になりやすい、つまり、動物タンパクよりより危険性が高く不健康を生む、ということなのです。ちなみに日本の最長寿県である長野県は、日本で最もタンパク質(伝統的には鯉とか昆虫とかですが,最近では県の動物タンパクをもっと取れとの指導でミルクなどもかなり飲んでいるそうです)を摂取しているグループです。

船瀬さんの紹介されるデータは古いものですが,SDAの人とは要するにモルモン教の人々のことで彼らは毎月ベースで断食をやっており(つまり小食のため、炭水化物消費量も少ないはず)、ストレスも少ない宗教生活。それでそのような差が出て来ているのでしょう。厳密な科学的対照実験ではありません。SDAの人々の取っていた炭水化物の量が、比較グループと比べはるかに少なかっただけでしょう。肉食をするとどうしてもいっしょにパン、ご飯を多量に取ってしまう傾向になります。また1980年当時、アミノ酸の詳細な機能にほとんど分かっていませんでした。アミノ酸の機能が分かり、栄養科学は根本的に刷新されつつあります。21世紀はアミノ酸の世紀といわれています。

アミノ酸は医療現場、スポーツ、美容、アンチエージングなど幅広く使われて来ています。今ならスポーツ科学により試合前にアミノ酸を取るのはあまりに常識ですが、長嶋茂雄選手の場合,試合前のランチにかならず大きなビフテキをペロリと平らげる習慣があったのは有名だそうです(その弟子,中畑清選手もそれをならったという)。ビフテキ食べないとスタミナが出ないから、としていました。当時アミノ酸のことはよくわかっていなかったのですが、彼は要するに,試合のためアミノ酸を大量摂取していた、ということなのです。100グラム中約20グラムがタンパク質であるビフテキでスタミナが出てそれが維持されるのは今のアミノ酸科学では当然です。

日本の最長寿県である長野県は、日本で最もタンパク質を摂取しているグループです。

組織農業の発展が、生態系に計り知れない破壊を与えてしまっています。農業は非常に罪が大きいという面があります。



51. 2010年2月19日 00:21:12
自分達だけ良ければそれでよい!
その様な方々が、肉食を進められているようですね。

欧米のデータだけに偏り、世界で暮らす人々を考えずに
肉食を推し進める方達は、フードエゴイスト。

人類の平和を目指す貴方たちならお分かり頂けますね。

さあ、自分達にあった食生活を探してみましょう♪
http://www.syokuyo.com/digi43.html

■ベジタリアンになろう♪

なんで、ベジタリアンになると世界が変わるの?
日本に生まれたあなたがそう思うのは無理もありません。

ですが、世界ではベジタリアンは当たり前、マドンナや坂本龍一といった著名なアーティストも実践しています。

本当のことを知れば、、食べるということはどうゆうことなのか考えるようになります。
人道的、健康の為、環境の為、宗教上の問題、動物保護の観点、いろいろな考え方があると思いますが一緒に考えてみましょう。

■肉食が飢えを招く

現代の畜産は、昔とは一変して穀物から食肉を製造する加工業になってしまいました。
食肉は、穀物を濃縮パックした工業製品のようです。

なぜか?

世界の穀物生産量は、年間約17億トンですが、そのうちの約半分、8億トン以上が飼料として消費されているのです。
理由は、食肉1kgの生産の為にブロイラーで2kg、豚で4kg、牛にいたっては8kgの穀物が必要だからです。

簡単に言うと、穀物のまま食料にすれば1kg そのまま食べれるのに、牛1kgを食べるには8kg(約8倍)の穀物が必要になるということです。

■不平等な分配

世界の人口は、およそ60億人。
穀物の総生産量は年間17億トンだから、一人あたり1年に280kgの穀物が世界中の人に分けられることになる。
この量は、栄養を維持するのに十分ではないにしても、飢えることはない。
なのに、世界の多くの国の人間が飢えにさらされ、栄養失調で苦しんでいる。
それは、なぜなのか。。。

例えば、アメリカでは、1人あたり年間1万トン以上穀物を消費している。
一方、栄養状態が悪い国が多いアフリカを見ると、一人あたり200kg程度である。
もっとひどい国では、1人あたり100gにも満たない。
この穀物分配の不均等には、ひとえに先進国と発展途上国との経済格差、いわゆる南北問題が大きく関与している。
しかもアメリカは、1万トン以上の穀物のうち80%は、穀物で飼育された家畜を食べて、つまり食肉という形で消費している。
これは、アメリカほど際だっていないにせよ、先進国に共通の現象である。

この食肉志向が、世界の飢餓に拍車をかけているのだ。
本来、回ってくるべき穀物が、食肉を作るために使われて回ってこないわけだから、経済力の乏しい国は、いつまでたっても食糧難を解消できず、飢えるのは当たり前である。
肉を食えば食うほど、富める国はますます富み、飢える国はますます飢えていく仕組みになっているといっていい。
人間が直接食べられる穀物を家畜に与えて肉に変えることが、世界の飢えを生み出す大きな要因となっているから。

■飢える子供たち

現在、世界の30カ国で5億の人間が飢えに苦しんでいる。
その飢えた人間を救うには年間2700万トンの穀物を供給してやればいいという。
食肉の生産に使われる世界の穀物の30%だ。
それを人間の食用に回すことができれば、世界から飢餓はなくなる計算になる。

今、我々が肉を食べるということが、途上国の飢餓という最も根源的な問題を引き起こしている現実を、しっかりとみつめる必要があるのではないか。

●アメリカ牛肉の実態●
■抗生物質を食べている

狭い土地の中に、ぎゅうぎゅう詰めにされた牛たちは自由に動き回ることができない。
本来、広い牧草地でのびのびとしていたのが、極端に運動を制限され、彼らの本能はねじ曲げられる。そのため、それがときとして異常な行動になって現れる。
ストレスがたまれば、それに起因する病気の発生率が高くなる。
牛結核や口蹄疫などの伝染病でも発生したら大変である。
一頭でもかかったら、次々と広がってしまう。

そこで、こうした病気の発生を防ぐために、エサに抗生物質を混ぜる。
栄養添加物入りの濃厚飼料に、さらに抗生物質がたっぷりと入れられる。
抗生物質と細菌の戦いは、追いつ追われつのシーソーゲームだ。
抗生物質が強くなれば、それに対抗して細菌も強くなるという関係である。
抗生物質の使用は、新しい病原菌を生み出して牛たちの健康を阻害するだけでなく、我々人間の安全をもおびやかしている。

■ホルモン剤残留の恐怖

牛たちは、ビタミン剤入りの濃厚飼料を食べさせられ、加えて抗生物質、さらにまたホルモン剤を投与される。
動物一般に言えることだが、オスの牛は成長するにしたがって肉質が硬くなり、食肉としての品質が落ちてくる。 ホルモン剤は、それを防いで肉質を軟らかくするために使われる。

ホルモン剤の事件は、1985年に起きている。
プエルトリコで約3000人の赤ん坊や女児に初潮が起こり、乳房がふくらむという異常成熟が発生した。
調べたところ、子供たちすべてがアメリカ産の牛肉を食べていたことがわかり、その牛肉から、通常、人体が分泌する10倍以上のエストラジオールが検出されたのである。
この衝撃的なニュースは、世界各国に大きな波紋を広げた。EU諸国では、ただちにホルモン剤を投与したアメリカ産の牛肉の輸入禁止措置をとった。
ところがアメリカは、これを不満としてEU産の果物に対して100パーセントの輸入関税を課すという経済制裁におよんだのだ。
ホルモン剤の使用は人体に影響はないと主張するアメリカ政府だが、信用する人がいるのだろうか。

■肉食が生活習慣病を増やす

アメリカ公衆衛生局の報告によると、アメリカ国内の病気による死亡者の70パーセントが動物性脂肪の過剰摂取が要因と思われる生活習慣病で死亡しているという。
動物性脂肪を摂りすぎると、コレステロールの蓄積によって動脈硬化性疾患を引き起こし、心疾患や高血圧症、糖尿病、脳血管障害などの生活習慣病にかかることが、すでに指摘されている。

食肉消費国の欧米では、こうした動物性脂肪の摂取過多による慢性病が大きな社会問題になっているが、さらに最近増加しているのが、ガンの発生である。
ガンの発生は、もちろん脂肪の摂りすぎも関係しているが、動物性タンパク質も、また大きな要因となっている。
タンパク質が体内に多くなると、トリプトファンという必須アミノ酸が腸内の細菌によって分解され、発ガン物質あるいはこれを生成する物質が促進されるからだという。
近年、アメリカでは肥満や生活習慣病を防ぐために、脂肪の少ない赤身の肉を食べる女性が多い。
しかし、赤身の牛肉を毎日食べている女性は、肉を全く食べないか食べても少量の女性に比べ、大腸ガンにかかる確率が2.5倍も高かった。
動物性タンパク質とガンの関連性を調べた調査では乳ガンの発生率も多かったという。
また、肉の中に含まれる多量の鉄分も発ガンを促進するといわれる。つまり脂肪の多い少ないにかかわらず、肉食自体がさまざまな病気を引き起こす原因になりうるということなのである。
日本でも、肉食の増加にともなって生活習慣病が確実に増えてきており、ガンの発生も多くなっている。
それまで日本人にはほとんど見られなかった大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンなど、食肉消費国の欧米に多いガンが顕著な増加をしている。

アメリカやイギリスなど食肉消費国40カ国を対象に、統計調査が行なわれたことがある。
その結果、肉食による脂肪とタンパク質の摂取は、いずれの国でも動脈硬化にともなう心臓疾患、大腸ガン、乳ガン、子宮ガンなどと強い相関関係があることが示された。
そして、とくにガンにおいて、米、大豆、トウモロコシなどの穀物は、その発生を抑制する働きを持つことも明らかになったという。
また、カナダの専門家による調査報告では、食肉が、ガンの発生、進行を促すことは否定できないとし、野菜や繊維質食品を多く摂取する食生活に変えなければ、ますます病気が増えていくおそれがあると警告している。

■消えていく熱帯林

現在、世界の森林は激しいスピードで減少を続けており、深刻な状態にある。
この10年間で実に1億5000万ヘクタールの熱帯林がなくなり、現在もなお毎年1600万ヘクタールが消失している。
森林伐採と焼畑農業が主たる原因だが、牛や羊など家畜の放牧地への転換もまた大きな要因となっている。
食肉を大量消費する先進国の企業が、食肉増産のためにアマゾンの熱帯林を切り開いて家畜の放牧地に変えているからだ。

今日、アマゾンの土地に約600万頭の牛が放牧されているという。
この数は、中南米8カ国の総人口の30分の1に相当する。
世界の熱帯林の半分をアマゾン地帯が占めている。
そのうちの20%(日本の総面積の約3倍)が、放牧地の開発ですでに失われている。

1970年頃から急速に広がった先進国のアグリビジネスは、牛の放牧場の建設を目的に、アマゾンの奥地にまで殺到した。
土地の農民が所有する森林をわずかな金額で買収し、食肉生産のために熱帯林を切り倒していった。
放牧地は、牛の群れに根こそぎ牧草を食べつくされ、養分や水分の枯渇、表土の流失を招いて、たちまちのうちに、種をまいても芽が出ないほど荒れ果ててしまう。
そして、放牧に使えなくなると、その土地は打ち捨てられ、牧場主は次の放牧地を求めて、さらに熱帯林を切り開いていく。
先進国の牛肉消費を支えるアグリビジネスの企てのもとに、こうした乱開発のパターンが繰り返され、アマゾンの熱帯林はどんどん減少していったのである。

中南米の中でも熱帯林の3分の1を占めるブラジルでは、1970年から10年足らずの短期間に40%もの森林が消えた。

アメリカのワールドウォッチ研究所の報告によると、アマゾンで生産された牛肉からハンバーガー1個を作るのに、5平方メートルの森林が伐採されて放牧地に転換された計算になるという。

もし、このまま森林破壊が進めば、今後25年間で動植物の約半数が絶滅の危機に瀕する恐れがあると言われている。
今、残されている熱帯林が消滅してしまうとき、地球の生態系は完全に崩壊し、すべての動植物は地上から永遠に消えることになるだろう。もちろん、そのときは人間も同じ運命である。

■砂漠化する大地

家畜の放牧による影響は森林だけにとどまらず、土地の砂漠化も招いている。
現在、世界の放牧地面積は耕地面積の2倍にのぼり、そこでは13億2000万頭の牛と17億2000万頭の羊やヤギが飼われている。
人口の増加と歩調を合わせるように家畜数も年々増加しており、食肉、牛乳、皮革、その他の畜産物に対する需要の高まりとともに世界各国で過放牧を引き起こしている。
過放牧とは、放牧地で牧草の生産量が家畜による消費量に追いつけない状態をいう。
過放牧になると、つねにエサ不足の牛たちは食欲を満たすために、あちこちの草地の牧草を食い荒らし、草の根まではぎ取ってしまう。
すると地層がむき出しになって、土壌基盤が脆弱化し、風や雨に浸食されやすくなる。
過去50年の間に、世界の放牧地の60%が過放牧のために荒廃した。

■動物達の悲鳴と苦痛

一億人以上の人口を持つ日本で、売られている肉や卵、乳製品の元となる畜産動物たちの姿はほとんど目にすることはありません。
これだけの人口を毎日養っていく動物たちの数は相当数なはずです。しかしどこにも見当たりません。
見えないから考えることを止めますか?

彼らはどんな過酷な状況で生かされているのでしょうか?

消費者として動物たちを利用している以上、現実は正しく知る義務があるのです。

ALIVE 地球生物会議
ヘルプアニマルズ

家畜たちは悲鳴と苦痛の日々を終わることなく味わっているのです。
これは、他でもない消費者の私たちがそれを応援しているのです。


52. 2010年2月19日 00:34:40
肉を食べろというやつの魂胆は見え見え。

寿命がたまたま、なに、長野で肉食うから長寿だって、
誰が公表したの?

それはいいけど、

要は、肉食の本家本元での需要落ち込みをカバーするために
それまで需要が少ない地域に拡販目指すの当たり前だろ。

マーケッティングの基本だよ、覚えときなさい。

対日年次改革要望書知ってる?

書いてあるよ、アメリカのお肉を沢山国民に食べさせなければ
松岡元農水大臣みたいに、足のつくところで首つり自殺する羽目になるって。

まあ、輸入米食わなくても同じはめになるだろうけどね。


53. 2010年2月19日 00:41:47
米国某機関において4500件以上の研究をもとに発表された

「ガン予防のための食生活ガイドライン」について

肉食中心の食生活を続けてきたアメリカにおいていまやその食生活を
これ以上続けることは危険であることを発表した。

しかし、現在はその危険な食生活が日本の食生活があたりまえとして
取り入れられ、日本人の素晴らしい叡智によってつくり上げてきた
伝統食がなくなってしまったと言っても過言ではない。

そして、生活習慣病の人口が増えつつあっても改善する兆しは
見えてこない。

ガンは日本人の35〜84歳の死亡原因の一位である。
このガイドラインをこれからの日本人の食生活にも早急に摂りいれて
人間本来の食事のあり方を改善すべき時に来ている。
なお、ガン予防にはいかに野菜類の食事が重要かにも注目したい。

「ガン予防のための食生活ガイドライン」

 予防@ 野菜、果物、豆類など植物性食品を中心とし、
    加工食品を排除した食生活を心がける。 

 予防A 体重超過や体重減少には注意。
     成人後の体重変化は5Kg以内に抑える。

 予防B 定期的な運動が無理なら毎日1時間ほどの散歩か、
     なくとも1週間に総計1時間ほどの運動を心がける。

 予防C 1年を通して、数種類の野菜を1日約400〜600g
     食べるようにする。

 予防D 穀類、豆類、根菜類などを1日600〜800g食べる。
     また、なるべく精糖を避けるようにする。

 予防E アルコールは少量。男性なら1日2杯、女性なら1杯以下。

 予防F 赤身の肉類は避けるか、制限すべき。1日80g以下に。
     できるなら魚、鶏肉を選ぶ。

 予防G 脂肪類、動物性脂肪食品も避けて。植物性オイル、
     あるいは魚油、種油などを使用。

アメリカ研究財団、世界がん研究基金から発行された報告書

  世界的展望からの食べ物、栄養とがん予防
(Food, Nutrition and thePrevention ofCancer,a global perspective)
これによって30〜40%のがん発生率が減らせるというものである。
以下具体的に示されている。

がんに限らず普通の食事に取り入れるべき内容である

@ 動物性食品でなく、植物性食品を主体とした食事をすること。

昔の日本人の伝統的な食事は植物性食品が中心であったといえる。
人間に備わっている食事の基本である。
この項目がまず1番目に報告されているということからして
この言葉がすべてを物語っています。
動物性食品とは、肉、魚、卵、牛乳 およびその加工品です。

A 肥満を避け、成人してから体重の増加を5kg未満に抑えること。

   つまり、健康体は成人時の体型とあまり変化しないということである。
   裏返えしていえば、これ以上の体重増加は不健康を意味している。

B 1日400gから800gの野菜や果物を食べること。

   野菜,果物中の食物繊維、βーカロチン、葉緑素(クロロフィル)、
   ビタミンC、Eなどが発がん物質の発生を抑えたり、
   がんの成長を抑えると考えられる。
   季節の旬の野菜を積極的に摂りいれ、食卓の中心の料理とする。
   野菜に含まれる酵素も大切な働きをするため、
   60℃以下での加熱か、
   もしくは生野菜も積極的に摂りいれると消化がスムーズに行なわれ、
   同時に他の食事の消化も助ける。
   さらさらと流れるきれいな血液を作る為にも必要である。

C 1日600gから800gの穀類や豆類、いも類を食べること。

   昔の日本人は軽くこの量をクリアしていたが、
   残念ながら最近はこれらの食品類の食べる量が減っている。
   肉食の弊害が増えつつある今、肉食をやめて
   特に良質の蛋白源の大豆,豆類を中心にした食生活をする必要がある。

   また、精製した(ミネラル,ビタミンを取り除く)ものは、
   避けるべきである。
   なぜかと言うと、
   その食品が消化を助けるために持っている成分をわざわざ
   取り除くということが行なわれているからである。   
   従って、
   米なら胚芽が残っている5分づき、7分づき米、がいいし、
   砂糖なら黒糖(砂糖は摂り入れないほうが望ましいが)がいい。
   精製塩(昔専売公社で売られていた)も精製した塩であり、
   今や自然の塩が良いということが知られてきている。


54. 2010年2月19日 04:41:59
肉の話なら別のトコでやれ。

55. 2010年2月19日 09:04:18
同感、肉の話しは、他でやって下さい。うるさすぎる。

56. 2010年2月19日 11:43:34
正真正銘の琉球人です。ご先祖様のお墓が島にあります。
12さんのコメント、ごもっともです。
父性原理の社会から、母性原理の社会への移行は非常に賛成。
グラミン銀行の融資のやり方みても、それは間違いありません。

ただ、本州では新潟とかにも「カトク」といって、長女に婿を迎えて家を相続する制度があったと聞きますが……その辺、詳しくないんでご教授頂けると嬉しいです。

それと、琉球の食は、もちろん豚肉食べるんですが、
それ以上に紅芋なんです。そして、ゴーヤー(苦瓜)、ナーベーラー(ヘチマ)、ンジャナバー(苦菜)、フーチバー(ヨモギ)を始めとする様々な野菜と香草、
そして、モズクを始めとする海草です。
お肉だけ食べてるわけじゃないですよ。

更に豚といっても、中味(内臓)やミミガー・チラガー(耳の皮・顔の皮)、そしてチマグ(あ、本州の方は「アシテビチ」って書いた方が理解しやすいのかな。豚足のことですね)とかも様々に調理法を駆使して美味しく頂くので、そこでコラーゲンなども摂取してると思います。

うちの母、もう遥か昔に還暦越えています。でも、すっぴんでも肌、割といけてます。(まあ、家族びいきもあるかもしれません・笑・でも、自分の家族が好きなのはいことですよね。これが母性原理。)


57. 2010年2月19日 17:33:17
>>56

>>24だが、たしかにミミガーはうまい。
仲間うちでも評判がいい。

酒の肴には欠かせない。
ところで、本場のは食った事が無いが違うのか?
厚さとか、味とか?

ちなみに俺はコンビニだが
本場のミミガーが食いたい。

伝言板になってしまった。
失礼しました。m(..)m



58. 2010年2月19日 21:27:01
57さん、こんにちは。56です。
完全に伝言板のつもりのお返事です。ますます すみません。

コンビニのミミガー、食べたことがないんです。
なので、食べてみて「本場と何が違うか」報告しますので、しばしお待ちを(笑)

ただ、食べ比べてはいませんが、恐らく予想では「本場のミミガー」は、本州では難しいだろうな、というのが実感です。
材料が全然違うんです。材料の売り方ものものが。

沖縄では三枚肉(豚のお肉&脂身&皮)が塊で売っているんですが、
本州では、皮ついてないんです。これを煮てラフテーという料理を作るんですけど、本当は皮が美味しいのに、その皮、取っちゃってる(涙)
豚足も、輪切りにされないで爪のついたまま売られています。
ゴーヤーも苦くないし、ヘチマに至っては、本州では食べ物と見なされていない。
アーサ(あおさ)<お味噌汁に入れます>はこちらでは青海苔で粉末になってしまっているし。
とっても困っているのが現状です(涙)

秋田県は、岩手の側から山の中を通って、十和田湖を見に行ったことがあります。
沖縄の海と浜と色が全く同じなので「何で山の中に!?」ってびっくりしました。
湖に向かった神社にお参りもしました。綺麗なところでした。
また、行きたいと思ってます。


59. 2010年2月19日 21:35:53

アルツハイマーになりたい方、お子さんの受験を失敗させたい方、旦那さんを会社からクビにさせたい方、本人をぜひ徹底した菜食主義にしてください。

アルツハイマーの人の脳の海馬(記憶担当)には神経伝達物質であるアセチルコリン(記憶や学習に関わっている)が少ないことが確認されています。ではアセチルコリンを外部から入れれば,アルツハイマー型痴呆の治療になるか。なりません。脳に良いとされる食品含め、血液脳関門に阻害されて,脳内には到達できないことが分かっています。世界中の医学者にとって、この関門突破は難題でした。

2000年前後になって、この脳関門を突破できる物質が発見されました。それは、卵や大豆(悲しいがほとんどはアメリから輸入)に含まれるホスファルジルコリン(いわゆるレシチンが元)というリン脂質の一種です。この物質は、各種コリンの中でも腸内の細菌によって分解されることもない唯一のものであることも分かっています。なんとか関門突破して脳内に運ばれたこの物質が今度はアセチルコリン合成酵素によって、アセチルコリンになります。

その合成作業を活性化し、効率よくアセチルコリンを合成するのを手伝うのが、ビタミンB12であることも分かっています。また一般に酵素という物はすべてタンパク質ですから、果物には、イチジクや南洋系果物以外有意な量ははいっていませんし,また野菜にも有意な量は入っていません。

ビタミンB12は,以下の表のように、植物にはほとんどゼロ。肉や魚介類に豊富にはいっています。海藻などの植物に例外的にわずかに入っているのですが、植物内のビタミンB12は人間の体内では,残念ながら不活性です。つまり植物にはビタミンB12がまったく入っていないことと同じ意味です。

この以下の表にもかかれているとおり、
”植物性食品にはほとんど含まれず、菜食主義者は欠乏することがある。
胃から分泌されるたんぱく質がないとビタミンB12は吸収されず、胃を切除した人は欠乏症が起きる。”

とありますが、厳格な菜食主義者はビタミンB12が欠乏するため、血が作れず、深刻な貧血になります。また、アミノ酸(タンパク質食品)が入っていないと,胃からタンパク質が分泌されず、ビタミンB12が吸収されませんから、脳内でホスファルジコリンが、アセチルコリンに合成されなくなります。

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b12.html

高知医科大学でアルツハイマーラットを使って対照実験をし、著しい差が出たのですが、人間のアルツハイマー病患者17人を使って、卵の黄身から取ったホスファルジルコリンとビタミンB12を同時に大量摂取させた結果,65%以上である11人に症状の改善が見られました。普段はふさぎがちな患者に自分から手伝うような自主性や感情面での改善点が見られたと報告されています。

ホスファルジルコリンは、肝機能も強化することがわかっています。アルコールを分解する酵素活性化する力もありますから、酒飲みの人にもとても重要です。肥満や動脈硬化にも効果があることがわかっています。

この問題は、東大医学部卒、茨城キリスト教大学教授、板倉弘重医学博士の報告に詳しい。
http://icc.campuscity.jp/lecture/f000102/d000237/l001718.html
http://www.kosho.or.jp/list/027/05568453.html

ビタミンB12(メルクマニュアル医学百科より抜粋)
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec12/ch154/ch154j.html
”ビタミンB12欠乏症は、特に60歳以上の人では、貧血がみられなくても神経障害を引き起こすことがあります。腕より脚に早い段階で影響が出ます。手足にピリピリした感覚が生じ、脚、足、手の感覚が失われます。生理的なふるえが生じ、位置感覚も失われます。軽度から中等度の筋力低下が起こり、反射が失われます。歩行が困難になります。意識障害、過敏、軽いうつがみられる場合もあります。ビタミンB12欠乏症が進行すると、意識の混濁や妄想症が生じ、痴呆などの精神機能障害がみられます”

”高齢者の場合は、胃の酸性度が低く、肉のタンパク質に含まれるビタミンB12を取り出す機能が低下することが原因でビタミンB12欠乏症になることがあります”

”ビタミンB12欠乏症は、特に60歳以上の人では、貧血がみられなくても神経障害を引き起こすことがあります。腕より脚に早い段階で影響が出ます。手足にピリピリした感覚が生じ、脚、足、手の感覚が失われます。生理的なふるえが生じ、位置感覚も失われます。軽度から中等度の筋力低下が起こり、反射が失われます。歩行が困難になります。意識障害、過敏、軽いうつがみられる場合もあります。ビタミンB12欠乏症が進行すると、意識の混濁や妄想症が生じ、痴呆などの精神機能障害がみられます”

アルツハイマー型痴呆だけでなく、最近多い中高生や働き盛りの記憶力低下症候群も同じメカニズムであり、その改善策、予防策も同じです。卵を食べること(大豆なら醗酵させたものでないと酵素抑制因子が入っているので注意)。またビタミンB12補給のため,肉や魚介類など動物系食品を確実に摂取することです(菜食主義者を除いて、通常の食生活ではこの不足の心配はありませんが)。(レシチンは熱に弱いとされています。)

日本に精神障害者を増やしアルツハイマー痴呆症を増やし寝たきり老人などを増やして医療制度を破綻させる、介護家庭を増やして疲弊させる、また学力のない子どもを増やしたり、ビジネスマンの仕事能力を落とすことなどで日本という国を効果的に弱体化させ破壊させたいかた、どうか菜食主義真理教の布教にお手伝いください。よろしくお願いいたします。

このコメント直後あたりの待ち伏せコメントで破壊活動続行あり(笑)。

*この上記コメント欄の狂信的、異常行動的な書き込み方をみれば(成り済ましやリンクではなく全文転載などでの阿修羅妨害など)、菜食主義の結果としての精神障害行動が既に見られる。異常行動や規範違反は管理人室送り。


60. 2010年2月19日 21:47:42
>>59ですが、以下の部分だぶってしまいました、すみません。
”ビタミンB12欠乏症は、特に60歳以上の人では、貧血がみられなくても神経障害を引き起こすことがあります。腕より脚に早い段階で影響が出ます。手足にピリピリした感覚が生じ、脚、足、手の感覚が失われます。生理的なふるえが生じ、位置感覚も失われます。軽度から中等度の筋力低下が起こり、反射が失われます。歩行が困難になります。意識障害、過敏、軽いうつがみられる場合もあります。ビタミンB12欠乏症が進行すると、意識の混濁や妄想症が生じ、痴呆などの精神機能障害がみられます”

このだぶった部分は本来、以下のものでした。これが抜けたのです。

”ビタミンB12欠乏症による貧血は徐々に発症するので、体はある程度その状態に適応します。その結果、貧血の実際の程度は、症状が示すより進んでしまっている場合もあります。貧血になると、肌が青白くなり、脱力感が生じ、疲れやすくなります。重度の貧血では、息切れ、めまい、心拍数の増加が生じます。”



61. 2010年2月20日 09:04:00
>>58さん

ご丁寧にご回答頂き誠に有難うございました。
本場のラフテー料理(皮つき)探して食べてみます。
ちなみに、ゴーヤチャンプルとゴーヤの甘酢漬けも大好物です。

管理人様、伝言に使ってしまいすみませんm(. .)m

>>59さんに破壊活動と見なされ、管理人さんにご迷惑をおかけする事になりそうですのでこの辺で(笑)。

私は、秋田米も日本酒も好きですが、野菜も好きだし、肉類も好きです。
要はバランス。

「二者択一論議」は以上、終わり!


62. 2010年2月20日 12:59:49
61さん 58です。委細、了解致しました。美味しく食べて、お元気にお過ごし下さい。
では、私もこれで(笑)管理人さん、ご迷惑かけましたm(__)m

63. 2010年2月20日 19:19:55
情報として念のため役立てばという意味で、厳格な菜食主義の結果、目が見えなくなった患者例を紹介しておきます。
医学論文誌ニューイングランドジャーナル2000年3月23日号342:897-898.

フランスの33才の患者が20才から、厳格な菜食主義をしてきました。この間、卵、乳製品、肉や魚介類など動物性のものを一切取りませんでした。目が見えなくなり、病院で治療を受けたのですが、血液検査の結果、感染ではなく、ビタミン欠乏状態でした。B1、B12、A, C, Eの各種ビタミンとセレニウム、亜鉛などのミネラルが,正常値よりかなり低い状態となっていました。医師は,大量のビタミンを投入して,血液の正常化をさせたのですが、視力の回復はできませんでした。

研究者は特にビタミンB12が不足したため、視神経がやられてしまったのだろうと見ています。B12は神経の健康に大切な者で、不足で起きると、神経へのダメージがおき、それは回復不能とされています。厳格な菜食主義者は上記のように各種ビタミン不足を生みますが,特にB12不足は、致命的ですらあります。

また突発的激高などぶち切れ行動、破壊的行動、暴力犯罪行為をする人間の検査をすると,ビタミンB12不足がハッキリ出ているため、これを大量投入すると,暴力がおさまることが分かっています。暴力行為を振るう子どもはビタミンB12の検査をすることが非常に大切です。

骨質の低い人は悪玉アミノ酸のホモシステインの血中濃度が高いこと、また,ビタミンB群が不足していることが共通しています。ホモシステインを減らすためにはビタミンB6(動物食品に多い)、B12、葉酸(牛、豚、鳥などのレバー、動物食品に多い)を補うことが有効であることが日本の大規模実験(65才以上の脳梗塞患者600人)で判明しています。B12と葉酸投与したグループと偽薬を投与したグループの2年後を追跡調査。前者が,ホモシステイン値を下げていることが判明、そして骨折率は前者は後者の8分の1であることも判明しました。ここでもB12は重要な役割を果たしていました。高齢者はこれを取っていないと,圧倒的に骨折しやすくなるということです。

牛肉をより沢山消費するアルゼンチン国民より、菜食主義のSDA(モルモン教徒)のほうが、割合的には大腸がんになっています(Cancer Research1975 35:3513).。

大豆タンパク質の特徴は硫黄を含んだアミノ酸であるメチオニンやシスチンが入っていないこと。また大豆は食べれば食べるほど、ビタミンB12やビタミンD、カルシウムを補う必要が出てくる関係にあることに注意(骨もできにくくなる)。

人間を含む動物は、大豆を取ると,性ホルモンであるテストステロン(http://ja.wikipedia.org/wiki/テストステロン)が低下し、精子ができにくくなることが分かっています。仏法僧が精進料などで豆腐を食べるのは性欲を抑えることができるからです。

日本人が生んだ世界のマクロビオティックは玄米をベースに厳格な菜食主義で世界的に有名です。
マクロビオティックのコミュニティーが米国東海岸にあり、その110人の成人と42人の子どもを調査した結果,成人の半分以上に、ビタミンB12欠乏が見られ、子どもたちは背が伸びず、体重も少なかったという調査がでています Miller D. R., Specker B. L., Ho M. L., Norman E. J.. Vitamin B-12 status in a macrobiotic community. Am J Clin Nutr 1991; 53: 524-9.。彼らは海藻などは食べていました。ビタミンB12不足はたいてい一定の期間をかけてから、各種の症状が出てきます。このようにして米国でマクロビオティックは栄養不足になると繰り返し専門家から警告を受けていました。

純然たる日本人であるアベリン久司さんはマクロビオティックの指導者である久司道夫さんの奥様で、マクロビオティック指導の米国での文字通り最前線で大活躍されてきましたがガン死されています。またマクロビオティックで育てた娘さんもガンで亡くなっておられます。(ただ私はガンが食べ物だけで引き起こされるかは,疑問に思っています。)


 


64. 2010年2月21日 05:37:44
美しい心をもった人になりたい。
それは意識の方向性の問題。

食べ物で意識の方向性が変わるとは思いすぎない方がよいのでは。

そこを目指さなければ何食べても一緒。

そこを目指せば何食べても「命頂きます」と感謝できるようになるのではないか。



65. 2010年2月21日 10:51:01
>>64
とても重要なポイントだと思いますね。植物でも動物でも,命をいただく際、食べさせてもらう際、畏敬と感謝の念を持ちたいものですね。そのことで、自分が、大地や,海、川と、そして,すべての生きとし生けるものと一体化できるのだと思います。そのとき,栄養分も、われわれの体のために力を最も発揮してくれるのだと思います。霊的な一体化を深めることができるのだとおもいます。声明への畏敬、感謝の念なきところには、食べることが,食べる者、食べられる者,双方にとって命の祝祭(カーニバル)にならない。食べることを、栄養科学だけでなく、思想的、形而上学的にも捉える、その両面で深い認識と洞察を持つ。このことで、心身ともにとても健康になる、のだと思います。一方がかけてもダメだと思いますね。

日本に訪れるすべての人々が、ああ,日本人てなぜ,こんなに栄養科学の高度な知識、教養をもつだけでなく、スピリチャルなスタンスを持っているんだ、食べるとき、どうして,こんなに深い感謝に満ちているんだ。こんなに美しい人々はいない、なって。こんな尊敬を世界でもっとも勝ちうる。そんな日本にしたいな、って思うんですよ。そのような国は、世界にどこにもないからですよ。真に日本が地球の人々にインスピレーションを吹き込むリーダーとして機能すべきだ、と思うんです。



66. 2010年2月21日 18:32:08
日本だけじゃなくて、どの場所にもその気候風土に応じた「大自然の中の一存在としての自分」を感じる文化はあると思います。
そして、その表現の仕方は、その自然環境に応じて大きく異なるのは当然のことです。
何しろ、その前提となる「自然のあり方」そのものが違うのですから。

その違いを認める気持ちこそが尊いことのように思います。
そうすれば<人が何を食べていようが、その文化の中で「生きる」という行為を行っているのだ>と考えることが出来ますし、ならば、それを非難しようという気持ちはなくなります。

この青年に傘を差し出された女性はもちろん素敵だけれど、
その女性の優しさに感動することが出来た、
表現の違う優しさのあり方を素直に受け取める力を、文化の違いを乗り越えて得た、
若き中国の青年の、その受容の力もまた、同じように素晴らしい……

そう感じるのは、私だけでしょうか。


67. 2010年2月22日 23:17:32
>日本だけじゃなくて、どの場所にもその気候風土に応じた「大自然の中の一存在としての自分」を感じる文化はあると思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
人間は自然界の一部として,他存在とコミュニケーションできる通信できる意識次元があるかもしれません。

北部先住民の伝統は、コミュニティー内に病人ができると、植物とコミュニケーションをできる人が,薬草が生えているエリアに行き、そのの前で、数日間、火を焚いて、その薬草に、事情を話していました。つまり、実は,うちのコミュニティーで病人が出ておりまして、ついては、おたくさまの命をいただき、それを煎じて飲ますことで治したいのですが、いかがなものでしょう、お命ちょうだいできますか、と。で、ああ、いいですよ、とか、いや、だめですとかの答えを待ちます。で、ダメだと断られた場合、別の薬草エリアに出向いて同じことをし、応諾をまって採取していました。つまり事情を話して許可を取ることで、はじめてその薬草を採取するようにしていました。

心臓外科医から、ガン専門医に転じ、心の状態を変えることで末期ガンを治すことがで切る場合があることを発見したことで世界的に著名なバーニーシーゲル医師が、五木寛之さんとNHKBSハイビジョン放送で対談しています。2007年1月11日(木)「五木寛之 21世紀・仏教への旅(5)――"他力"救いをめぐる対話 日本・アメリカ」です。(一般の体調不調や病気などとは別にがんについては、こうしたシーゲル医師の経験からはそれが食事が原因でできるのかを疑問視させ、むしろ心の次元に先に何か起きているのではないかという可能性を考えさせるよい資料です)

シーゲル医師の著書、「奇跡的治療とはなにか」
http://www.amazon.co.jp/奇跡的治癒とはなにか―外科医が学んだ生還者たちの難病克服の秘訣-バーニー-シーゲル/dp/4531080505

この番組では語られていないですがシーゲル医師に興味深い別の個人的エピソードがあります。米国には、動物とのコミュニケーションを専門職とする人たちがかなり多くいます。彼らの皆が皆ではないですが、重要な仕事の一つに,ペットが行方不明になったとき、それを探し出すことがあります。シーゲル氏が、この動物コミュニケーターに自分のペットの犬が,行方不明になったとき、この愛犬探しを依頼しました。

例えばこういう相談は,コミュニケーターがニューヨークに住んでいる。依頼人はテキサスにいるとすると、依頼人が電話で,相談をする。

通常,そのペットの名前を飼い主から聞きます。
で、コミュニケーターはいったん電話を切って、そのペットの名前を意識の中で呼びかけます。すると、その犬なら犬と意識がつながって,話ができるのです。で、今,あなたはどこにいるの?と聞きます。すると迷い犬が,例えば、自分は、森の中にいて、池の淵にいる、と答える。で、コミュニケーターが,今一度飼い主に電話をして、おたくの犬は,どこどこという感じの場所にいる、と自分に伝えて来ていますが、と答えます。で、飼い主は、ああ、それなら、きっとあそこだ、として電話を切ります。で,その場所に,行ってみると、本当に、そのペットがそこにいるわけです。シーゲル博士は,動物とコミュニケートできる人間がいるのは,本当だったんだ、と深く感謝感激するわけです。で、こういうように、行方不明になった動物をさがすことを仕事にしている、動物コミュニケーターが米国で数千人存在しています。

このような動物コミュニケーターは,ワークショップを開き、一般の人に動物とどう,通信をとるかの方法を伝授、トレーニングセッションももっていたりする場合もあります。参加者はペットの飼い主がほとんどですが、たいていの人が、比較的容易に自分のペットと通信を取ることができるようになります。ディズニーのアニメではないですが、動物は,人間とほぼ,同じようなことを話すのだそうです。

また、鉱物や物質とコミュニケーションを取ることができると主張する人々も、これは少ないですが’います。

つまり、万物が意識を持ち、人間は万物の存在と通信を取る能力を潜在的にもっている可能性があることが示唆されます。万物が意識次元でつながっている可能性です。

で、動物や植物との通信というのは、未開民族などと蔑称された人々、つまり先住民文化では,非常に多く伝承で語られてきました。が、現代米国では,動物コミュニケーターとして、生計を立てている人が数千人以上いるわけです。つまり、先住民文化だけでなく、現代人にも,動物と通信が取れる能力がある人が相当数おり、つまり、先住民文化で知られていた行為、現象は、事実だった可能性が高いのです。

で、そのような人々の存在と彼らの開く訓練のワークショップを通じ動物とコミュニケートする,通信する能力が誰にでも開かれる可能性があることも示しています。実際,この職業につく人は、このようなトレーニングセッション出身者であり、これがじわじわと増えているわけです。

コミュニケーターの報告では、例えば、実験で使われるラット(ねずみ)と通信を取ると、彼らは自分たちが実験に使われることをよくわかっていて、それは人間の公共善に資するから、応諾しているのだ、と答えるそうです。また野生では、食べる側の動物と食べられる側の動物の間でコミュニケーションをしており、歌が双方で歌われると言います。あなたを食べさせてくださいな、あなたの栄養になるならどうぞどうぞというような歌だそうです。自然界では、食べられる動物は悲しがっているのではないか、と人間の自分の考えの尺度で思ってしまうのですが、それはあくまで人間の考え方、俗情で,実際にはそうではないようなのです。動物間でも、かなりのコミュニケーションや、情報交換などをしているようなのです。


私たち日本人は動物や植物とコミュニケーションする能力、すくなくともその感受性を回復させる努力をすべきではないでしょうか。学校教育の中にこのようなトレーニングが教科として取り入れられるようにする。すべての日本人が、動物,植物と(できれば鉱物とも)デリケートに通信を取れる素養を、身につける。

そのことによって、日本人が他者、つまり他の人間、動物、植物などと、深い感受性レベルで,通信をする、コミュニケーションをする技能を持つ。
そして、食べるために植物や動物から命をいただくとき、彼らと深いコミュニケーションを行う。

中国人に傘を差し出した妙齢の日本人女性。彼女は、他者に対する,コミュニケーション感受性が高かったのではないでしょうか。文化も異なる見知らぬ他人と、深い意識レベルでのと交信ができたのではないでしょうか。そこに、おそらく植物、動物、その他万物と通信をしていた古代人としての日本人の感受性が、現代日本でも命脈を保ちそれが片鱗をのぞかせたエピソードではないか,という印象も受けています。

おそらく世界において唯一、古代(人)を生きる日本人。最先端の科学知識、数学をもちながら、森や木と通信を行うことに違和感を感じない日本人。また、お針供養といって、使用済みの針に供養を捧げる日本人。万物に命が宿るといわれて、別段の違和感なく肯定できる日本人。クルマに命が宿っていると信じ、クルマに人間と同様な感じでいとおしそうに話しかける自動車メーカーの工員さん、職人さんがいる日本。一寸の虫に五分の魂をリアルに感じる日本人。

古代人が使っていたであろう人間の潜在能力である、動物や植物、その他とコミュニケートする能力。ここのトレーニングプログラムを学校教育に入れ(初等段階から)、将来的には日本人全員が、この能力を回復させるべきではないでしょうか。植物、動物の命を殺め,食べるとき,物を作るとき,使用するとき、他の人間とコミュニケートするときなど、あらゆる局面で,このコミュニケーション能力をフルに駆使すべきではないでしょうか。動物、植物とコミュニケーションできる能力の回復ができる前と,後とでは、他の人間とのコミュニケーションの質の深さという点でも甚大な差が出てくるのではないでしょうか。



68. 2010年2月23日 04:09:38
コメント欄を読んで気になったことは、最初の10番台までは投稿記事に関する話題だが、それ以後はなぜが食べ物や中国人と全く関係の無い話しばかりである。阿修羅の他板でも中国人を話題とした記事が出ると、投稿文と無関係なコメントで埋め尽くされている例はあったので、それをしている人は何か特定思想に凝り固まってそのような事をしているのかと思ってしまう。例えて言うならば、犬についての投稿文とコメントをしているのに、強引にクルマの話しを延々とコメントを書き連ねるようなものである。

閑話休題、この記事は美談仕立てに書いているが、いろんな中国人はいるからこの文を読むと複雑な思いだね。でも、あのハングリー精神、頑張り度は良くも悪くも驚嘆してしまう。あとは、自己主張、自分の意見ははっきり言う所は大陸で育った証だと思う。この記事にある在日中国人は帰国したくないと思うのは、彼らにとって日本は居心地良いと感じたからだろう。これは、彼らから評価されていると思ってよさそうだ。


69. 2010年2月23日 08:08:04
>>68氏は,各板のコメント欄(破産版でも),このケチの付け方をしてくる。同じ書き方パターンが証明している(リンクしてもいいが)。

中国人版に投稿されたものでなく、雑談版に投稿されている。68のケチの付け方では投稿子に雑談版に中国人テーマを持ち込むなといっているのと同じだ。
中国人だけがテーマになっていると思い、そのことに関してコメントを書きたい人がいるなら、>>68氏、いくらでも自分で自由に書き込めばいいのではないか。誰も中国人のことを書くことを阻害する者はいない。そもそもこの話は,中国人のものがたりだけだけでなく、日本人の物語が半分はいっている。日本人の行き方、生活のありかた、風土、歴史、哲学、思想、すべてがからんでくる。食が人間を作るという面も当然ある。1000人がいれば,1000人がそれぞれの思いやアイデアがあり、受け止め方,発展の仕方がある。思いはいろいろとリンクしつながっていくのが人間の好奇心の自然な姿だ。
交通整理、秩序は管理人さんが決めること。君の投稿の仕方が正しいと思うなら、君は自分のことに責任をもてばいい。閑話休題どころか、君の大好きな、ここで本題と考える中国人テーマを好きなだけ,とことん書けばいいのである。君はその自由をまったく奪われていない。君がリードを取ればいい。あるいは、君自身の阿修羅掲示板を運営し、そこで、好きな秩序をきめてその君の秩序に共感する人と好きなだけやればいい。


70. 2010年2月23日 14:03:22
69さん、こんにちは。

私は、実は、阿修羅に日が来て浅くて、見るのは政治版が主で、雑談版もこの板だけで、破産欄なんて(昔、法律事務所で破産事務担当してて、実際のこと見てるから、辛くて見る気がしない。)、一度もみたことないんですが?
せっかく教えて下さったので、今、初めて見てみたんですけど、個人的な破産じゃなくて、国家の破産なんですね。私、マクロ経済は疎くて、興味ないのでまず、見るはずはありません。

ちなみに、私は中国人ではありませんが?

ちなみに、全くケチをつけてるつもりはありませんが。
双方伴に素晴らしい、と言って、「人間は文化の違いを乗り越えて理解しあえる素晴らしさを持ってる」っていう話をしたかったんですけど。
(ちょっとした事情あって、アメリカ人・フィリピン人・日本人・台湾人・マレーシア人・アルゼンチン人・ブラジル人・パナマ人……あらゆる国籍の人と接する機会があったのでね)

なにか、大きく勘違いなさってませんか?


71. 2010年2月23日 14:11:33
70の続き
それと、仰ってるリンク、是非貼って下さると嬉しいのですが。
私と同じような文章を書く方がおられるのなら、是非、拝読したいです。
どうぞよろしくお願いします。

72. 2010年2月23日 14:21:23
69さん、すみません。上の70・71を書いた、66です。
この板は(お肉云々を除いては)とってもいいお話が多くて、いつもチェックしてて、昨日まで66の私の投稿が最後だったんです。
66の投稿について、69さんがお話なさってるんだとおもって……
自身の投稿の番号を、すっかり忘れちゃってました。

「大きな勘違い」をしていたのは、私の方です。
今、「管理人に報告する」を押して、管理人さんに削除をお願いしたのですが、
削除の前に69さんがご覧になったらいけないので、一応、念のためにお詫びを……

どうぞ、ご容赦ください。大変失礼しましたm(__)m


73. 2010年2月23日 23:14:27
劣化しつつある日本の国力を強化するため、つまり子どもたち、成人の頭脳と体力を強化し、各種病気にならないため、高齢者がアルツハイマーや寝たきりにならないため、また、医療費を圧縮するため、日本は国策レベルで、栄養、食べ物のありかたを真剣に考えた方がいいだろう。

ビタミンB12は植物(穀物、野菜、果物、豆類、ナッツ類すべて)には一切入っていない、ゼロだ(例外的に微量入っている海草類のそれは人間の体内では不活性)。動物タンパク系食品にしか存在しない。菜食主義者はいずれビタミンB12不足は避けられず非常に危険だが、高齢者で食が淡白になった人や、菜食中心者やも不足傾向になるので、十分注意が必要だ。米国も40%がビタミンB12不足に陥っている。

2008年、菜食主義に変えることは、脳にとってはよくない可能性があることが分かった。菜食主義でない人に比べ脳のサイズが縮小する割合が6倍になることをオックスフォード大学(生理学、解剖学、遺伝学部門)、は発見。61才から87才の健常者をボランティアとしてその5年後にMRI等を使って、脳のサイズを測定した結果判明。ビタミンB12が最も足りない人々の脳がもっとも縮んでいた。なかでも厳格な菜食主義をとる人々の脳が最も縮小していた。
Vogiatzoglou A, et al. Vitamin B12 status and rate of brain volume loss in community-dwelling elderly.Neurology 2008; 71(11): 826-32
2009年、同部門がビタミンB12と「記憶と加齢」の関係について調査発表。認識能力の落ちている高齢者はビタミンB12不足状態にあることが分かり,ビタミンB12の高濃度物質を投与すると,改善される場合があることが分かった。Smith AD, Refsum H. Vitamin B-12 and cognition in the elderly. Am J Clin Nutr 2009; 89: 707S-11S.

2000年、オランダの研究報告:子どもが穀物、野菜、果物が食生活の中心のためビタミンB12が不足すると子どもの学習能力(抽象思考、複雑な問題の解決能力)、空間認識について非常に悪くなること。神経がダメージを受けること。のちにB12を与えても障害を受けた神経は元に戻らないことが判明。
Science News, 12/23-30/2000, Vol 158, No 26-27

2003年研究。穀物、野菜、果物だけを食べていた(いわゆるビーガン)妊産婦から生まれ、完全母乳で育てた二人の子どもの脳が異常となっていた原因が母親のB12欠乏だったことが判明。
Morbidity and Mortality Weekly Report 2003;52:61-64
protein
http://www.aolnews.com/health/article/athletes-cling-to-protein-despite-doubts-about-benefits/19324245

カリフォルニア大学バークレー校の研究:高齢者に卵をたべさせると、その中の成分であるコレステロールにより記憶能力が上がることが判明。
MG Enig. Know Your Fats, 56-57


野菜や果物の食物繊維を取ると、大腸がんが減るか。1999年ハーバード大学の長期研究が発表された。8万8757人の女性を16年間追跡調査した結果は通俗信仰に反して逆の結果が出ている。野菜果物を多く食べていると大腸がんリスクが35%高まることが分かったという。
Fuchs CS, et al. Dietary Fiber and the Risk of Colorectal Cancer and Adenoma in Women. New Engl J Med1999; 340: 169-176, 223-224.

日本の厚生労働省の9万人を使った研究でも無関係と出ている。
http://happy.ap.teacup.com/factory/14.html
日本の4万7605人を使ったもう一つ別の研究でも同様に無関係。
Public Health Nutrition: 8(3), 309–314
http://journals.cambridge.org/action/displayFulltext?type=1&fid=631236&jid=PHN&volumeId=8&issueId=03&aid=578448

長寿で知られる中央アジア、コーカサス地方は、豚肉(沖縄長寿食と同じ)と、生乳を大量に摂取している。長寿で有名 フンザ地方も,ヤギのミルクを大量消費していることで有名(フンザは夏の2ヶ月は、動物を食べない。ただ、インド国内のフンザは宗教上の理由から菜食主義であり、短命であることが研究報告されている。

また長寿で有名グルジア共和国もスイスアルプスのような険しい山岳地帯で果物は一切取れず、一方、家畜を一階に住まわせ、階上に住む生活をし、その家畜の肉、ミルク、チーズ,ラードなどを基本食としている。70年代からこれらの地方を訪れ,レポートをまとめた森下敬一医師(医学博士)は、いかにも、彼らは菜食をしている、長寿の原因が、その菜食にある、と報告し、だから長寿になりたければ菜食主義者となれと数えきれない数の書籍を書いて来ている。

そもそもこうした現地報告自体が完全に、ウソである。千島喜久男教授が発見した腸造血の事実を自らの発表論文や書籍ではいかにも自分が発見したとし、千島の名を消したりと、学者としてきわめて不誠実と言わざるを得ない。

日本は魚を重要な動物タンパク源としており基本的に素晴らしい。いわしなど、絶賛してもしきれないぐらい最高にすばらしい栄養内容でわたしども家族も毎日何らかの形で食べているほどだが、漁獲が激減し、高級魚になりつつあるのは残念だ。日本のスシが好きになった中国では,マグロなどを市場から買う強い流れがある。マグロだけでなく、世界最大の魚消費国日本のために水産資源の激しい乱獲となり生態系に著しい影響が出ている。魚の養殖環境も野生の魚を苦しめることが分かって来ており、今後さらに難しくなってくる。

日本を食を通じてどのように強化し、国民の健康と人格を高めることにつなげるか、世界の人々に尊敬され愛されるナンバーワンになれるか、非常に関心がある。



74. 2010年2月23日 23:20:56
>>73で、コメントと無関係な以下の記事がなぜか紛れ込んでしまったので削除。http://www.aolnews.com/health/article/athletes-cling-to-protein-despite-doubts-about-benefits/19324245

75. 2010年2月24日 13:43:06
73さんは、まだやっておられるのですか・・・。
(以前の投稿者でなければ失礼)

まさしくコメント欄の食のファンタジスタですな。
米・野菜・魚は敬遠せよとの事ですかな。
そろそろ、まとめに入ってもよろしいのではないですか?

『賢者は聞き、愚者は語る』たしか田中角栄の言葉でしたかな。


76. 2010年2月24日 16:58:16
>>75
興味ない人は読む必要なし。興味ないなら、わざわざ読みに来る意味が分からない。また、ここに来る必要も一切なし。管理人でもないあながた止めに入る必要もなく、余計なお世話というもの。

コメント欄は最後にまとめてください、と管理人さんがいっているのか。そもそもコメント欄でまとめるとはどういう意味か。

動物タンパク質、そしてアミノ酸の重要性であり、動物タンパクとは、肉だけではぜんぜんなく、魚介類も入ること、何度文章読んでわからないのだろうか。それ以前の常識ではないか。

人を愚者扱いする失礼なケチをつけるひまがあったあら、自分の興味なきことには無視され、自分自身が興味あることをどんどん新規に投稿され、またコメントを書いて楽しまれたらいかがか。誰もあなたが楽しむのを邪魔する者はいない。あまり失礼なことは言いたくないが、興味なきことに時間をかけて突っかかるほうが、余程、愚者ではないのか。

こんなくだらないケチをつけて日本人として恥ずかしくないのか。それで阿修羅が良い方向に発展すると思うのか。

賢者は語らないなら、多くの人に情報を持ち寄らせ、また意見を語らせようとするために設置した阿修羅管理人さんが、愚者のおおもとだ、となるではないか。その言葉は、阿修羅管理人さんに対する冒涜だろう。

あなた自身が,多くの新しい情報やオリジナルな意見を発表すること、自分自身の言葉で語ることが大事だ。自分はそれをしないで、人のそのような活動を黙らせようとするのは、阿修羅への妨害行為、管理人さんへの挑戦だ。

あなた自身の新しく、素晴らしい情報と意見をまずわれわれに見せてからにしてほしい。非生産的な妨害行為はやめた方がいい。

低卑なケチをつける大きなヒマがあるなら、自分の関心のあることを好きなだけ発表するように時間を使いなさい。君自身の問題意識を多くの人とシェアさせて欲しい。阿修羅はそのためにある。


77. 2010年2月24日 17:58:34
日本人同士だって、人間関係は全て「利害関係」だろ。わかりやすいか、そうでないかの違いだ。日本人の何人が、本当の愛における人間関係を築けているとゆうのか。

78. 2010年2月24日 18:31:25
>>56さん
お尋ねします。琉球の方とお話ししたことがないので、とても貴重です。

1琉球の人々のルーツ意識。琉球のみなさんは、ご自分たちのルーツをどう認識されていますか?客観的には琉球の方は続縄文と言われていますが、縄文人の末裔である,という意識があるのでしょうか。それとも、琉球は中国と密接な交流関係があり、したがって、中国にルールを感じる面があるのか。
以前ハワイを旅行したとき、国定公園のようなところで働いている職員が日系人に見えたので。あなたは日本人ですか,と尋ねたところ、いや、沖縄人です、と返って来て,ちょっと衝撃を受けたことを覚えています。
2琉球は伝統的には,男性原理ですか、女性原理ですか。
3琉球語と現代日本語の文法構造の違い。日本本土の場合,方言といっても文法は完全に同じですから。琉球方言というとき、日本語と文法はどう異なりますか。

4豚を食べる習慣はどの程度ふるいのですか。中国との交流が開かれる以前からですか、それとも交流開始後、中国から渡って来た食習慣ですか。というのも、中国の豚の食べ方と非常に良く似ている印象があります。お母様が若々しくいらっしゃるのは、コラーゲンによることは間違いないですね。素敵なお母様で良かったですね。

新しい日本をどうするのか、を考えるとき,琉球のことが気になります。インスピレーションがいただけるような気がして。



79. 2010年2月24日 20:39:32
>>76

はじめにお話ししておきますが、
>。リ賢者は聞き、愚者は語る』たしか田中角栄の言葉でしたかな。
というコメントは、私がおせっかいかもしれないという意味で、
貴方の事を指して記述したものでは御座いません。

お気に障ったならお許し頂きたい。

>ここに来る必要も一切なし。管理人でもないあながた止めに入る必要もなく、余計
>なお世話というもの。

様々なご意見があると思って、訪れていたのだが、何か不都合でもありますかな?

管理人様でもない貴方に言われるのもしゃくだが、
これからは、貴方の様な方がいる事が解ったので二度ときません。

一応、一通りコメントを拝見したが、この板におけるコメントの、半数以上は貴方のものと気が付きました。

時には相手を痛烈に批判し、その後に対話基調のコメント、そしてまた長文のコメントの繰り返し。

違いますかな?

78さんも貴方のように思えてきたという事は、私の脳みそも、そろそろイカレてきたのでしょう。

私は去りたいと思いましたが、貴方がどこまでコメントを続けられるかも興味が有ります。とても興味深い内容ですので・・ウソではありません。

二度とコメントは致しませんが、たまに寄らせて頂いて閲覧するかも知りません。

貴方程の見識のある方が、コメントを続けられるのはもったいない。
得意分野で投稿してみては如何かな?

余計なお世話と言われるであろうから、この辺りで失礼いたします。


80. 2010年2月24日 22:45:02
>>79さんに同意いたします。

念の為、何度もコメントを読みましたが(暇なもので)
76さんは、何度かコメントで噛みついてる人で、79さんの言うように、殆ど76さんのコメントじゃないでしょうか。

>何度文章読んでわからないのだろうか。
これを読めば、他人を納得させる、もしくは黙らせるまで執拗にコメントする人だという事が解ります。

正論を言っているように見えますが、管理人の冒涜やら、阿修羅の充実とやらで、虎の威を借りる狐という感じです。

言っておきますが、私は、阿修羅への妨害行為でも、管理人さんへの挑戦でもありませんよ。
コメントに、切り貼りした文面を長々と、何度も何度も貼り付けし、真面目に読んでる身にもなってくだい。

>君自身の問題意識を多くの人とシェアさせて欲しい。阿修羅はそのためにある。

貴方のコメントされる肉食やら、菜食やら食糧関係の記事が多くの人と共有されているとも思えませんし、質問を受けたわけでもなのに、微妙にディテールを変化させながら、同様の長文を投稿する意味が解りません。

数人の方が仰っていますが、他でやられた方が宜しいかと思います。
内容は優れていると感じますので、ご自分で投稿されれば、多くの方のコンセンサスを得られるのではないでしょうか。

これをお伝えするのは、管理人さんの裁量を侵すものではなく、阿修羅を訪れる者の権利だと思います。

私は、以上のような我儘が許される阿修羅であってはならないと感じます。

いつも有意義な意見にふれる事が面白く、会社から戻り阿修羅を見る事を楽しみにしております。

本来スルーするところですが・・・

ちなみに私も、ウツボの様な貴方が隠れ住み、噛みつかれる様な此処には二度と参りません。


81. 2010年2月25日 10:38:01
78さん、こんにちは。56です。
ご質問頂いて光栄です。有難うございます。

と、早速ですが、取り急ぎお答えを。

1)これ、とてもお答えが難しいのです。
恐らく、「琉球人です」と答える時、その事情は一枚岩ではないんだろう、と思います。人によって相当に異なると思うのです。

現在の沖縄には、中国の冊封国であった時代・薩摩侵攻の後の時代・そして米軍統治下の時代という3つの時代に形成された中国・日本・米国という3つの文化・3つの言語が入り混じっているんですね。
なので、「そのどれもが自身のルーツであるが、今、生きている自身はそのどこにも属していない」という意味で「琉球人」<すなわち、存在していない国の人>という答えが出てくることもあります。

私自身、「国籍はどこか」と尋ねられたら、やっぱり「琉球人…ウチナアンチュ」です、と答えると思います。本州に暮らして割と時間が経っておりますが、こちらで暮らす時間が長くなればなるほど、やはり自身は「琉球人」なのだ、と思うようになってきました。上のような事情です。

また、78さんがハワイでお尋ねになった方に関しては、少し私とは違う事情での「琉球人です」というお答えだったのではないか、という感じがします。
ハワイには、昔から沖縄の人が移民として多く暮らしています。
その中で出来た琉球の人同士の強い信頼や結びつきがあるのだと思います。
それゆえのお答えだったのではないでしょうか。

沖縄戦直後、ハワイ在住の沖縄の方々が「豚を送る」ために、ご自身の生活も決して楽ではない中で、
資金を集めて豚を購入し、長い船旅をしてくれたことは、このような形でミュージカルにもなって、
http://www.okinawa-u.ac.jp/~ogata/flash2005/higa/3.html
今の沖縄でも語り草になっています。


2)これは即答で「女性原理」です。沖縄が現在も出生率・離婚率伴に全国トップクラスであることがその証明です(笑)

普天間基地の問題で、報道にも良く出てくる名護市の稲嶺市長ですが、
稲嶺さんは元々小学校の先生でおられました。
そして、授業の中で子供達に「日本で一番エライ人は誰か」を尋ねたのだそうです。
すると、先ず最初に「天皇……?」となり、
次に「え、でも天皇だってお母さんから生まれたんでしょ?」となり、
更に「じゃあ、天皇を生んだお母さんの方がエライね。」となり、
最終的に「お母さんはみんな偉い」という結論に落ち着いたのだそうです。
小学生の時からそうなのです。後は押して知るべし、です(笑)

また、沖縄の伝統的なお墓の形に「亀甲墓(カメコウバカ)」というものがあります。
http://www.asahi-net.or.jp/~qk3m-knk/oki-pho-haka.htm
これは、出産の際の母親の足の形を象ったものと言われています。
「母親の足の間から生まれて、死んだらまたそこに戻っていく」という死生観が、
自身ですら気づかない、無意識の部分にしっかりと植えつけられているように思えます。

ただ、男性原理が全くないか、と言われるとそれも実は少し違うのです。
琉球王朝の成立までは本州の戦国時代と同じような激しい闘争があり、対立する相手の先祖の墓まで焼き尽くす、ということがあったようです。
しかしながら、そうやって成立した琉球王朝のナンバー2は、王様の誰より信頼出来る男性の部下ではなかった。
名実伴に聞得大君(きこえおおきみ)、すなわち王様の奥さんでした。
そして、琉球の王様は首里城から聞得大君の住んでいる月代宮(つきしろのみや…現在の佐敷町にあります)という場所に行き、二人で斎場御嶽(セーファウタキ…現在の南城市にあります。昔は首里の王様以外の男子は禁制であったそうです)という場所でお参りをする、という形になっていたようです。
つまり実質上、通い婚であったわけです。
すなわち、誰が次の琉球の王様になるか、その父親を選ぶ権利は女性の側にあった、ということになります。
そういう意味でも、やっぱり女性原理が沖縄では圧倒的に優っている、というのが私の実感です。

ちなみに、「イキガチュイ ヤシナイカンティーシ ヌーガイナグルヤミ」(男一人養いきれなくて、何が女か)という言葉もあります(大笑)

これは、私自身の経験と感覚に基く推論でしかありませんが、
女性を象った「土偶」を敬った縄文文化と中国の2500年前、春秋戦国時代の思想家「老子」の思想が
「戦闘から逃げた女子供を支える文化」として交じり合って沖縄には残っているのではないか、と考えています。

3)言語学者ではないので、あくまで「日本語」と「ウチナーグチ」を日常会話程度には話せる、「ただの人
」であることを前提としてのお答えなのですが……

文法は日本語と同じだと感じます。少なくとも、英語の5文型ではありません。
ただ、今、手元に1600年代の頃、ご先祖様が残したといわれる資料のコピーがありますが、全て漢字で書かれています。
日本が大陸から漢字を取り入れ、それがカタカナ・ひらがなになっていったように、沖縄も同じ道を辿ったのではないでしょうか。しかしながら、沖縄の場合はそれがカタカナ・ひらがなという新しい文字を生み出すまでには至らなかった、ということなのだと思います。狭い島ですから、口承で充分だったのでしょう。

ちなみに、琉球言語(宮古島、石垣島、沖縄本島の北と南でも随分と差があります。宮古島の友達の島の言葉を聞いても、本島で生まれた私は、全く理解出来ないぐらいです・大笑)は、
2009年、その宮古島や石垣島の言葉も含め、ユネスコが「危機に瀕している言語」として指定しています。
なので恐らく、言語学的には「方言」という扱いではなく「言語の一つ」として見なされているのだと思います。

4)これもまた、食文化についての専門家ではないので「豚は鳴き声以外は全部食べる」という文化の中で育った「ただの人」としての見解になりますが、恐らくは大陸から渡ってきた文化だ、と思っています。

58に挙げた通り、ラフテーという料理があるのですが、その調理法は中国の「東坡肉(トゥバニク)」をヒントにしたものではないか、という風に考えています。

「四足の動物を食べたら四足の子供が産まれる」という言い伝えを本州に来て初めて聞いたので、
大陸から渡ってきたことは間違いないのではないか……と。

なお、お祝い事につきものの「カチャーシー」という踊りがありますが、
その時に流れるのは「唐船(トーシン)ドーイ」という曲です。
「唐から船が帰ってきた」時の様子を面白おかしく唄った歌なのですが、それが現在も頻繁に唄われている。
そういうことから考えても、その時代から大陸文化との交易があった、と考えてもいいのではないかと思います。
(つまり、相当に古いわけですね。何しろ、与那国島からは台湾が肉眼で見えますので)


……と、こんなお答えでよろしければ、いつでもお返事致します。
どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

なお、お答えを申し上げる立場で、このような形でお尋ねするのも何なのですが、
本州には、沖縄のような女性原理に基いた相続の風習のようなものはありますか?
一番最初のSamuraiさんの投稿も、本州に女性原理を尊ぶ概念<非言語的コミュニケーションを尊ぶ概念>が
根強く存在しているゆえ、のお話に思えるのです。

こちらに来て割と年数を経ているとはいえ、「貧乏暇なし」の言葉の通り、
本州の全ての文化を理解できるはずもなく、頭もついていきませんゆえ(大泣)
78さんがご存知のことがあれば、どんな些細なことでも構いません。ご教授願えれば幸いに存じます。

長文、失礼致しましたm(__)m


82. 2010年2月25日 20:25:22
>>79>>80
結局、一体,何が不満なのですか?何が問題なのですか?
何が,そして一体どの点が阿修羅の(投稿や)コメント欄書き込みの規定違反になるのですか?公序良俗に反している部分でもあるのですか?

私など,自分に興味のないもの、無内容なものは、時間の無駄、人生の無駄なので一瞥(いちべつ)もしません。また、質のよい投稿、コメントに出会いたい。書くなら質の良いものにしたい。このように単純な話でしょう。あなた自身,ケチ付けではなく、読者の知的好奇心を満たす読みがいのある良い投稿をされたらいかがですか。阿修羅の多くの方は,質のよい情報、読みがいのある情報にとても飢えていると思いますよ。

で、わたしも阿修羅の最近の質的低下に非常な危機感を持つものとして以下書いておきます。私は書き込み妨害のコメント、またゴミコメントに見られる阿修羅の、2チャンネル化、質的劣化を非常に恐れています。

この上のコメント欄一列をみてください。醜悪、悪辣なものの何と多い事。

自分はまともな情報はいれてこない。で、成り済ましたり(1通)、一行文で手榴弾投げて逃げ去ったり(2通)、全文ひらがなでわざと幼稚に意味不明分を書いてみたり(2通)、何番と何番は同一人にちがいない、と不毛な誰何(すいか)したり(4通)、本来リンクで済ませるべきところ,全文転載してスペースを無駄に取ったり(3通)。いかにも善人を装おって、また言葉に化粧をして屁理屈つけているが、要するに書き込みやめろのメッセージの>>79>>80など、先のような妨害行為には決して文句をつけない、そこにこの>>79>>80らの隠れた意図、出自があらわれています。

これらは、すべてイチャモン、難くせ、いやがらせであり、本質、実質は、アラシです。すべて同一人か二人ぐらいかもしれません。

阿修羅参加者に対する妨害行為、不愉快にさせる行為以外の何ものでもないですね。自由闊達な阿修羅の雰囲気を破壊すること、萎縮させること、一般に、ちょっとコメントを書きいれようかなとする人々の気持ちを意図的に阻喪させる悪質な攻撃です。言論の自由に対する攻撃です。これは、結局、管理人さんに対する妨害行為でもあります。実際、管理人さんが,悪質コメントを削除をしたケースがあるほどで、管理人さんの手をわずらわせることを意図的にやっているからです。

このように、ここだけでも、阿修羅の質的な劣化、悪質な妨害行為が非常に見られます。

阿修羅側としては、このような破壊行為に対しては,徹底して毅然と戦うべきだと考えます。

また、わたしは自分の狭い知識や情報の限界を破ってくれて、知的好奇心を満足させてくれたり、ささやかでも何かを気づかせてくれたりする、そんな良質な投稿やコメントに接したくて阿修羅を見に来ています。多くの人がそうではないでしょうか。

また阿修羅は日本、いや世界最大級の情報データベースでもありますから、情報の量と質の両方の拡張が進められる事が大事だと思います。投稿が上に伸びる情報、遠心的に伸びる情報とするなら,コメント欄は球心方向、根が伸びるような情報拡張でしょう。上でも下でも、阿修羅の他の人が提供していない情報、新しい情報を、どんどん書き込んで欲しいと思います。新しい情報、新奇な情報、ユニークな情報や視点を提供する事で,データベースを豊かにしていってほしいとおもいます。これらを妨害するのは阿修羅の機能(データベースの成長・拡張)に対する攻撃です。

またコメント欄はとても勝手がよいですし、伝言板のような機能も含められ,むしろ投稿欄ではできないような非常に多様な使い方もあるように思われ、基本的には良いものと思います。


管理人さんにひとつ提案ですが、実質的にはアラシ行為であるゴミ投稿をする者をブラックリスト化すること。その連中は、ハンドル名を持っている場合、そのハンドル名を公表する事。そして、コメントできない、投稿できないようにすること。また、このコメント者をブラックリストに載せてください、という要請を受けるシステムを作る事、です。

毅然たる態度で臨んでいかないと,悪貨(アラシ、破壊行為コメント)が良貨(良い書き手)を駆逐する、結果として阿修羅の社会的評価があがらない、など問題が出て来ると思います。


83. 2010年2月25日 21:52:54
>>81(56)さん、78です。
まああ、こんな素晴らしい,そしてご丁寧なご回答いただくなんて,感涙ですよ、ホント。他では得られないまったく本当に貴重な情報です。ありがとうございます!!時間がかかってしまったでしょ。
やはり、琉球出身の教養人にお尋ねするのが,早いですね。うれしいです。
琉球というのが存在していない国という意味だったとは!

また、海から豚がやって来た,ですか,ここまで,琉球の人々と豚が深いつながりを持っていたとは。で、この話に涙出そうですよ。私の頭の中に一生残るよいお話ですねえ。豚さんもここまでとおとく思われたら本望ではないでしょうか。このミュージカルみてみたいなあ。わたし、ミュージカルファンなので。

ああ、やはり女性原理でしたか。で,老荘思想と縄文とのミックスという感じなわけですね、なるほど。中国韓国は儒教ですし、一貫して父権、男権ですね。ですから,可能性としていえば、老荘しかないのでしょう。ちなみに朝鮮半島は父権原理ですが、例外は済州島で、ここは女性原理を下地にしています。この島はかつて朝鮮王朝とは独立した国で、言語も違いがあったといわれています。むしろ日本側、近い九州北辺などと交流していたといわれます。

本土には,女性が相続する文化は現存していないのではないでしょうか。わたしもこの点関心を持ちます。

北米先住民は,皆、女性原理、母権原理です。西洋人の専門研究者は,以外と最近までその事に気がついていませんでした。コスナーの映画、ダンス ウィズ ウルフですら酋長が男と描かれています。西洋人の前に姿を現したのは酋長ではなく,たいていは、女性の長のメッセージを託された伝令に過ぎませんでした。しかし、父権性であるキリスト教徒は,リーダーは男に違いない、という思い込みがあり、伝令を,てっきり酋長と思い込んでいたわけです。実は女性がリーダーです。そして女性が相続しますし、また離婚の申し渡しも女性からしかできません。母と娘の盾の線が基軸となっています。


日本は(といういいかたでいいのかなあ)女性が相続はしませんが、家計の財布を女性が握っているところに,女性原理が残存していますね。これはキリスト教、回教、ユダヤ教でもみられない。北米先住民は,基本的に経済主権を女性が握っています。農業も女性が独占し、従事していました。男は農地に入れず,森番などが主でした。食は大事な問題なので,女性が主導権をもっていました。欧州は、男が農業をになってきましたが,収穫は低く、北米先住民は,大地を生かした方法なので、女性でも効率よく,栽培、収穫ができ、食べ物は同時代とくらべおそらく世界で一番豊富でした。

言語は日本語の同系列ですか。口承の伝統は北米先住民も同じでただ、彼らは文字を使ってきませんでした。

豚は丸ごと食するとのことですが、これは動物を食べる、世界の先住民の基本的な食べ方、全体食ですね。現代からみると、特に脂質部分を食べる事に非常に意味があります。脂質を取るととても健康になります。といっても琉球人は脂は捨てて食べているとも聞いた事があるのですが。

琉球は台湾に近いですね。で,台湾は先住民が済み漢民族は最近のことですね。ですから、琉球が台湾と交流が密接だったとしても、基本的には言語も中国語とは異なる言語の人々との交流だったでしょう。つまり,中国本土と台湾と、ことなるつながり方をしていたのではないでしょうか。

Samuraiさんの提供してくださったエピソードですが,これは傘を差し出したのがあくまで女性だった点にポイントがあると思っています。男性なら,お話が成立していない気がします。つまり、女性特有の心の優しさ,広さを象徴したものとなっており、包容されるような気持ちにさせてくれます。女性文明だった縄文文明の基底パルスがこの女性に反映されている,といった印象なのですが。

北米大陸の東半分とイヌイットなどは,縄文の分派で1万年前、アリューシャン列島を渡り、定着したものです。北米先住民と,琉球はかなり共通のものを持っていると思われます。

お尋ねですが、
1琉球は女性原理は母ー娘型ですか?統治形態で女性の位置は?
2琉球の方の宗教、精神性、死生観はいかがですか?輪廻転生の考え方はありますか?北米先住民にはないのですが。
3音楽と踊りですが、アイヌの人々と似ていますか?http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=85227
4暦は伝統的には,中国由来の太陰暦ですか?


ご多忙と思います,どうか急がないでください。いつでも結構です。


本当にありがとうございます。


84. 2010年2月26日 12:15:16
>>59 ホスファルジルコリンはホスファチジルコリン(レシチン)の誤記。

85. 2010年2月27日 17:36:16
日本選手がオリンピックでメダルを取れないのも、食が関連してるのかもな。

86. 2010年2月27日 18:20:05
>>83(78)さん、こんにちは。81です。

なんだか、こんなに喜んで頂いて、本当に有難く、
それと同時に「ど・どしよう……わ、私、教養人じゃない」という焦り、
でも、嬉しいから頑張って書かなくちゃ……と小心者らしい(大笑)
心の動揺でお返事が遅くなりましたこと、何卒ご容赦下さい。

ミュージカルは、私も随分前に聞いた話で、今はもう上演がないかもしれません(涙)

ただ、玉城満さんという笑築過激団というお笑いユニットを結成なさった方が、http://www.geocities.co.jp/Broadway/8221/shoukai.html
島にいた頃「コザ・ブロードウェイ」構想のお話をしていたことがあって……

コザというのは、今の沖縄市のことなのですが、嘉手納飛行場のゲートの近くにあって、
ベトナム戦争やイラク戦争にいく米兵が飲んで騒ぐところでもあり、
その中で、オキナワン・ロックが生まれたり、ライブをする場所がいくつもあったり、
ピースフルラブ・ロックフェスティバルが開かれる一方で、逆に米軍統治下時代には民衆の暴動もあったり、実に難しい土地なんです。

でも、だからこそ、そこにコザ・ブロードウェイを創ろう、って玉城さんはおっしゃって。
島に平和が戻って、コザ・ブロードウェイが実現する時、
「豚を運んだ」ハワイの7人の勇者の物語は、きっとロング・ランになるのじゃあないか、そんな夢を抱いています。この方達がおられなかったら、トウの昔に「豚を食する」文化、すなわち「食べる」=「生きる」という島の暮らしはなかったもしれないのですから。

その時は是非、足をお運び頂ければ幸いです。


あ、随分と前置きが長くなりました。

取り急ぎ、お答えを。

今回は、誠に勝手ながら、ご質問頂いた順番通りではなくて、
少し順番を変えて、お答えをさせて頂いた方がお話ししやすいかと存じますので、いきなり3)から参ります(スミマセン)恐らく、このお答えが1)や2)にも関連してくると思いますゆえ。

83さんが、ご紹介下さった「座り歌(ウポポ)」のお話の「女性が輪になって歌う」という説明を拝読した瞬間、直感的に頭にパッ、と浮かんだ光景がありました。

久高島のイザイホーです。詳細は、私が何万言尽くすよりもこちらの方がよろしいかと思います。http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/kaminohado/002uchima.html
この久高島が「原始母系社会の息づく島」であることは、上記にもある通りです。
そしてその死生観、精神性、輪廻転生についての考え方、その暮らし方(すなわち統治形態における女性の地位)も伺えます。(これは後ほどもう少し詳しく)

イザイホーの場合は、唄うだけでなく、踊りもありますが、やはりそれが自らの表現の場でもあり、
自然の中で人が安全に、平和に暮らせることを祈るがゆえ……すなわち祈り、神事であったわけです。
で、この久高島が、前回お話申し上げた「斎場御嶽(セーファウタキ)」からは何というか、奇跡的な感じで見えるんです。
下記のURLの通りです。
http://www.ajkj.jp/ajkj/okinawa/chinen/kanko/sefautaki/sefautaki.html

個人的なお話で申し訳ないのですが、私は、島にいた頃、心身ともに調子を崩し、生活が苦しかった時、なぜか夢に出てきた斎場御嶽に足を運び、デジャブを見ています。
あれ程までに はっきりしたデジャブを見たのは斎場御嶽に行った時が初めてで、
その時から、ものの考え方が大きく変わり、また私自身を取り巻く環境も大きく変わっています。
なので、ちょっと(いや、ものすごく)個人的な思い入れ(もう、偏見といってもいいかもほどに・大笑)もあるかもしれませんが。


島における宗教なのですが、現在はもう、様々です。
何しろ、戦地に向かう米兵の方々がおられますから、プロテスタントの教会はもちろん、神社もあればお寺もあり、
私みたいな無宗教な人間で、ただただ伝統的な祭祀(つまり法事や季節の行事)の中で、自らの経験に基いて何となく死生観を築いていく人間あり、新興宗教あり、もう、支離滅裂(大笑)です。

宗教や死生観、そして精神性というお話は、先日のルーツのお話と同じで、
まさしくそこが「個」の「個」たる所以だと考えておりますゆえ、あくまで私自身のお話としてしか書くことが出来ませんが、
私自身は「輪廻転生」とまではまいりませんが、
「人は大自然の一部として循環し、一度この身を失っても、その大自然の循環ゆえに再び転生する」という風に考えています。
事実、そう感じるような臨死体験というか、そういった「一瞬、トンだ」精神的な経験もあります。
斎場御嶽でデジャブを見て、1年経つか経たないかぐらいの頃だったと思います。

そしてその間「マブイ」(魂のこと)は宇宙のどこかの別の次元で存在している、という「多次元宇宙」の概念を持っています。
(つまり、あくまでこの3次元の世界の中で説明しようとするから「輪廻」という言葉になるのであって、あらゆる物事は、過去も現在も今も「双方が影響しあって」いるのじゃないか、と。
もちろん、この頭では量子力学なんて「!?」の世界なので、科学的な説明は全く出来ません・大笑・
あくまでも「自分自身の経験を説明するのなら、そういう説明しか出来ない」というスタンスでのお話です)

また、島には洗骨http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%B4%97%E9%AA%A8/という習慣もあるんですね。
これは私が個人的に聞いた話でしかないのですが、
<洗骨して、骨をちゃんと残しておかないと、この世に戻って来る時の身体がなくなる>という考え方もあるようで、輪廻転生とまではいかずとも、転生については琉球の文化の中では一定程度は信じられている、と考えていいのではないでしょうか。

また、相続の形態なのですが、久高島の話を読むと、伝統的にはやはり「母―娘」であったのでしょう。
小さな島ですので、男の人達が船に乗って、魚を取って来てくれたり、唐の文化を持ってきてくれない事には島の暮らしが成り立たない部分もあったのかと思います。
今と違い、船旅がまさしく「生命を賭けて」行う行為であった時代には、やはり、男性の命が失われていく事は多く、それで相続を行っていく、ということ自体が難しかったのかもしれません。

ただ、今は、農家の皆さんは男性も女性も一緒になって働きます。女性だけが、というのはないです。
「ゆいまーる」(助け合い)という言葉があるんですが、これは元々が作物の刈り入れ時期に、
「今日は皆でAさんの家の刈り入れやったから、明日はBさん、そして、明日はCさん」という農家の風習に基く言葉らしいんですね。なので、最早、男も女もなく「皆一緒に」やるという、共同体の作業になっていると思います。
沖縄戦がありましたので、とにかく使える人手は全部使う、ということなのだと思います。
今も、殆どの夫婦が共働きなのが、沖縄です。

また、現在においては相続も、長男が「トートーメー(位牌)ムッチャー(持つ人」と呼ばれて、男性原理で継承される場合もあります。琉球王朝時代において、男性原理が形上はあったことの名残かと思います。
ただそこに、やっぱり沖縄戦の悲しさを見逃すことが出来ません。戦後、男の人は貴重だった。大変な重症を負っている人もたくさんいたはずで、心を病む人も数多くいたと思います。
その中で「男性ではなく、女性が働く」みたいなところが出来てきたのでしょう。そして、男性を「トートーメームッチャー」と持ち上げて、大切にした。

戦争というのは、文明のあり方を大きく変えてしまうものですよね。悲しいことです。


4)暦についてのお尋ねは、「もう、良くぞお聞き下さいました」っていうお尋ねで、本当に有難いです。
これが何よりも、沖縄と本州で異なります。すごいのは【今現在も】異なっていることなんです。

これ、是非、ご覧になってみて下さい。
http://www.okinawainfo.net/2005gyouzi.htm

一年に、これだけ季節の行事があって、これ全部「旧暦」(閏月のある太陰暦を元にした太陰太陽歴)で行われているんです。【今現在も】です(大笑)
なので、暦は新暦と旧暦、二つ書いてあるのが【普通】です。
もちろん、地域地域によって異なったりはしますが、二月ウマチー、清明祭(シーミー)、お盆、冬至(トゥンジー)は、 私自身、島にいる時、「毎年」やってました。祖母と一緒に暮らしてましたので。

なのに、学校や役所は4月から始まり、3月に終わる、という「新暦」なのです。
今も本州で違和感を感じ、ますます自身が「琉球人」だと思うのは、この辺にあるのかもしれません。

……と、大変に長くなりました。すみません。
本当は、「豚は脂を捨てて食べる」の謎ですとか、詳しくご教授頂いた(有難うございます。知らないことばかりで、とても勉強になりました。)北米先住民についてのお尋ねなども、たくさん書きたいのですが、あまり長くなると失礼なので、今回はこの辺で……

こちらこそ、いつも、本当に有難うございます。
「偏差値が低いことを理由に人を蔑んでいい」と考えている人と、他の板でちょっと大論争(いや、ケンカ)しているものですから(大爆笑)
83さんとのお話は、本当に心暖まる、私の「阿修羅避難所」です。

どうぞ、今後ともよろしくお願い致しますm(__)m


87. 2010年3月01日 22:03:43
>>86(81)さん、お返事おくれて済みません。イヤー、ほんと涙出るほどうれしいご回答です。凄く興奮するあまりに貴重な内容です。ご多忙のなか、ここまで書いてくださるなんて,かえって恐縮するばかりです(無理なさらないでくださいね)。表記されている言葉の背後に心が、魂が込められていることをとても感じます。荒(すさ)んだ心が徘徊する場所も少なくない阿修羅空間で、とてもあたたかい、ほっとした、ゆるい気持ちにひたっています。これが琉球のかたのやさしさなのか、とも思っています。身体に流れている時間の違いを感じています。たゆたう,感じを受けています。琉球のあの蛇皮線のゆったりとしてメロディーがどこかから聞こえて来る感じです。
わたしは、Beginのこのメロディー、歌唱を聴いて、何度も何度も何度も泣いています。こころが、魂が,深く洗われるのです。世界の財産としか,言えない。86さんの言葉のBGMのような感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=e_65TFH_BJQ&feature=related
質問含め,ちょっと一息おいて、お返事かかせてください。とりあえずの御礼です。心から感謝いたします。


88. 2010年3月03日 06:58:57
アクセスランキングで訪問
コメントを読ませて頂き「阿修羅避難所」で納得。
以上。

89. 2010年3月03日 20:35:12

この歌よ、メロディーよ、どうかこの惑星のすべての人の心を包み給え。魂に慈雨を降らし給え。琉球に世界の新しい人類文明のシンボル首都を設置すべし!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ケルト系歌手ウエスターナー
ワールドゲーム、オープニング。台湾、2009年7月16日
http://www.youtube.com/watch?v=FDDA03gKAPE

Marie Digby (日本人の母、アイルランド系アメリカ人の間に生まれる)in Tokyo
http://www.youtube.com/watch?v=JaPL1nN8QMQ&translated=1

アマチュア
http://www.youtube.com/watch?v=QQbkckIcPbM


ハワイ語で
http://www.youtube.com/watch?v=lPGVaQyGRUs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=CpbJOffxlQs&feature=related

ウクレレ、加山雄三の名曲つき。
http://www.youtube.com/watch?v=rCYLLQCNc1w

夏川 at ハノイ音楽祭、2008年5月
http://www.youtube.com/watch?v=iCzxInXMc4M

女子十二樂坊 (12人の女性中国人バンド)
http://www.youtube.com/watch?v=o9dSrdFEG3o&feature=related

米国空軍軍楽隊(USAF)とともに 2008年6月東京 (これを歌っていたら、軍隊も戦闘気分なくなるよ)
http://www.youtube.com/watch?v=VRDpIdpJ084&feature=related

フルートでアマチュアが in ブラジル
http://www.youtube.com/watch?v=_DR4lyoYiKg&feature=related


90. 2010年3月03日 21:01:34
>>89ですが、琉球生まれではないのでよくわからないがこの歌の、おそらく琉球土着の、そのメロディーの美しさ、繊細さ、壮大さ、偉大さに魂震える。世界の教義宗教がゴミ、がらくたに見え、この音楽の前に完全に力を失うだだろう。


91. 2010年3月03日 22:36:59
87、89さん、「涙そうそう」(涙がぼたぼた落ちる、という意味です)有難うございます。
私も聴くたびに、いつも泣きます(大笑)

想い出すのは48歳で旅立った叔父のことです。
今は、叔父の孫が言葉を話すようになりました。
この間、うちに遊びにきて、男の人には強烈キックをするくせに、私には笑いながら小っちゃなキック(大笑)
そんなことがある度に、叔父の姪としてこの世に生を受けたことを叔父に感謝しています。

本土にも素晴らしい歌がありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=loGAMBs-ZkY

この唄を聞くと、いつも胸がえぐられそうになります。
結局、唄はどこにおいても祈りなのだと思います。

ハワイの「涙そうそう」が胸に響きます。
島から、基地をグアムになど移さないで欲しい。
ただひたすら、なくなって欲しい。

人はただでさえ、いつの日か別れる悲しみをあじわう宿命にあります。
どんなに愛し合っていても、です。
それを唄が慰めてきた。だから唄には魂が、祈りがこもる。

これだけの唄が出来るだけの悲しみに、人はただでさえ耐えねばなりません。
一々、基地などつくり、人同士を争わせる必要はありません。
どうか、そのことに想いをいたして頂けるのなら、
ウチナアンチュ―存在しない国に生きる民―として、これにまさる幸せはありません。


92. 2010年3月03日 22:39:01
あ、すみません。上の投稿は、86によるものです。
泣いちゃって忘れてました(大笑)

93. 2010年3月04日 21:23:30
>>86。ハ81。ヒさん、83です。実は文章拝読してかなり衝撃を受けていたのです。いや、凍り付いてしまった、愕然ときてしまった(笑。良い意味で)。というのは、86さんが存在の多次元性というテーマについて、琉球という磁場を背景に、ご自身の体験を元に言及をされているからです。

私自身のこのとろころ日々の思考や、感受性が,この存在の多次元性というテーマで支配されていまして(笑)。だから、このシンクロニシティーの衝撃にうろたえ、言葉を失い、そこでなだそうそうに補償作用の道を求めてしまったいう感じでしょうか。というか、この曲のメロディーがこのときに’必要となった意識の拡張を根源的な次元で助けてくれるという感じで音を求めたというか。

一体,この地下の青いオアシス(笑)を通じ何が起きているのか。これって何,的な。ちょっと落ち着かせてください。


94. 2010年3月04日 22:43:24
93さん、こんばんは。86です。

びっくりさせてしまって、スミマセン。
私自身が信じられないようなシンクロに、もうここ数年廻されてばかり(大爆笑)ですので、お気持ち、良く解ります。

シンクロって起こる時には勝手に起こるし、どんなに理性で望んだところで起こらない時は起こらない(大爆笑)
なのでもう、最近は「多次元宇宙だから、あちら側の都合なのよね。とりあえず、ごはんと水やり」←美味しいもの&ベランダガーデニングが好きなんです(大爆笑)
と開き直ってきました。「人としてこんなに不真面目でいいのか!?」と想う時もありますが、そんな時に、一応、少しは考えることにしています(大笑)

乗りたい気分の時には乗って、また休んで、そしてまたシンクロに乗っていく……
オープンでいれば、自由自在にいけるかも、と最近想い始めました。

どうぞ、また、ご気分落ち着いたら、お話して下さいね。
いつも、この掲示板では一日一度はチェックするようにしておりますゆえ。


95. 2010年3月05日 16:19:19
★オレ様メモ

阿修羅避難所 って何よ?

阿修羅避難所 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%98%BF%E4%BF%AE%E7%BE%85%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

阿修羅避難所談話室閉鎖とGoogle検索でのキャッシュ。
http://74.125.153.132/search?q=cache:CZHsziqMWxIJ:www.asyura2.com/0306/it01/msg/901.html+%E9%98%BF%E4%BF%AE%E7%BE%85%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

阿修羅 避難所談話室 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E9%98%BF%E4%BF%AE%E7%BE%85+%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80%E8%AB%87%E8%A9%B1%E5%AE%A4&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

★★★★★   要注意   【★阿修羅♪掲示板 待避所】★★★★★  確かにクリケットさんの言われる通り
http://www.asyura.com/0306/kanri2/msg/397.html

★★★待避所掲示板の利用は要注意★★★
http://www.asyura.com/0306/it01/msg/872.html

賛成! 繰り返すが、騙されてはいけない。
http://www.asyura.com/0306/it01/msg/879.html

カルトって、ヤバイよね。で、この投稿者のブログはどうよ?
ちょっとリンク先やら、ブックマークやら、プロフィールを見てみる。

ブックマーク一覧|GENKIのブログ 日本と世界の黎明
http://ameblo.jp/hirokane604/bookmark.html
ブックマーク一覧
アジアへの扉 サーチナ
大紀元
國體護持塾 ←なんだこれは?ってことで、直ちに検索っと。

國體護持塾をgoogle検索

國體護持と教育再生 南出喜久治/真・保守市民の会 | 無料動画・おもしろ動画のムービーポータル-AmebaVision[アメーバビジョン]
http://74.125.153.132/search?q=cache:bPZbdbA1OmEJ:vision.ameba.jp/watch.do%3Fmovie%3D1746021+%E5%9C%8B%E9%AB%94%E8%AD%B7%E6%8C%81%E5%A1%BE&cd=56&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
平成21年6月27日 教育と憲法 真・保守市民の会

御大層な発言をしているが、共催団体に見覚えがあるね。

真・保守市民の会をgoogle検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E7%9C%9F%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AE%88%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

真・保守市民の会代表、真正護憲派(占領憲法新無効論者)の遠藤健太郎 (google キャッシュ)
http://74.125.153.132/search?q=cache:cvKc_3deSJ0J:knnjapan.exblog.jp/8191550/+%E7%9C%9F%E3%83%BB%E4%BF%9D%E5%AE%88%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

遠藤健太郎 google検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E9%81%A0%E8%97%A4%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

遠藤健太郎氏は何か事件を起こしていたらしい。

『小学校入学式に街宣車』 校長脅した疑い 2人逮捕 google検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q=%E3%80%8E%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%85%A5%E5%AD%A6%E5%BC%8F%E3%81%AB%E8%A1%97%E5%AE%A3%E8%BB%8A%E3%80%8F%E3%80%80%E6%A0%A1%E9%95%B7%E8%84%85%E3%81%97%E3%81%9F%E7%96%91%E3%81%84%E3%80%80%EF%BC%92%E4%BA%BA%E9%80%AE%E6%8D%95&lr=&aq=f&oq=

なーんだ、元をたどれば新風・在特会・主権回復の会とつながり、背後は統一教会か。これらはネットで有名な嫌中・嫌韓工作をして、かつ下品な動画を流す右翼団体だね。日本が「謙い」なら出て行けってか。 

いやー、ネットって便利だね。電波を関連付けると面白いね。見事につながる。


96. 2010年3月06日 00:37:37
>>10
そのとうり。

97. 2010年3月07日 16:56:12
>>95★オレ様メモ 様

はじめまして。
≪GENKIのブログ≫ブロガー本人です。

貴方の仰る通り、私のブログブックマーク一覧には
アジアへの扉 サーチナ
大紀元
國體護持塾
それに加え、国民新聞が御座います。
しかし、これらは以前記事を転載させて頂いた先にすぎず、これ以降は転載元をブックマークする事を辞めました。
そのブックマーク先を取り上げて、いろいろと判断される事は、ネットという空間の中では自由ですし、やむを得ない事だとも思っております。
しかし、以上述べた理由によるものであり、ブックマークした転載元に深くかかわっているものではありません。
また、阿修羅避難所を、私のキャッチフレーズにされている様ですが、それは如何なる理由でしょうか?
私は、阿修羅を避難所などと申した事は一度も御座いません。
それらを以って『カルトだ』とレッテルを張る事は如何なものかと思います。
貴方のコメントはこれからも残るでしょうから、私が何を言っても後の祭りという事になりますが。
ブログ読者の方から、貴方のコメントについてお知らせを頂いた時は、反論する必要は無いと考えておりました。
しかし、私のブログに『カルトが何を言っても信じない!工作員!』とのメッセージが寄せられ、そのきっかけが貴方のコメントによるものと判りましたので、敢てコメントさせて頂いております。
私のエントリーそのものが、カルトや工作員を臭わせているとお感じになるのでしたら、それは個人の感覚であり、情報に対する嗅覚ですので貴方を批判する事は致しません。

ただ、私は、カルト信者でも、新風・在特会・主権回復の会・統一教会の工作員でもない事を、この場をお借りしてはっきり、お誓い申し上げるものであります。



98. 2010年3月08日 16:47:48
≪GENKIのブログ≫ブロガー本人さん、こんにちは。
初めまして。

94(86)です。こちらでの「阿修羅避難所」発言の主です(大笑)
95さんのお書きになっていることは、余りにリンクが多くて、
直感で読むのを止めました(というより、私は「究極のめんどくさがりや」リンクを開くのも疲れるもんですから・大笑)
なので、≪GENKIのブログ≫さんのブログを拝読したことがありません。申し訳ありません。

せっかくのご縁でお逢いできましたので、機会あれば拝読させて頂きますm(__)m
なんだか私がきっかけになって、ご迷惑をおかけしているのかもしれません。
良く解らないのですが……お騒がせして、相すみません。

ちなみに私も新風・在特会・主権回復の会・統一教会とは何の関わりもありません。
<ちなみに、新風と主権回復の会って初めて言葉を聞きました。
在特会は最近余りに酷い映像が頻繁にネットで流れているので、先日初めて知りました。
統一教会は「あ、そういえばずっと前に桜田淳子が合同結婚式でバンザイしていたな〜」(たまたまテレビで見たから)ぐらいの記憶しかありません>

それぐらい、上の名前の挙がっている団体(なのかも解らない。でも、少なくとも、統一教会は一種の宗教団体だから、そうなんだろうという予測)について認識が乏しい、ということ。
すなわち「何も知らない」「関わったことがないし、今後もそのつもりがない」(そんなことしなくてもこれまでちゃんと生きて来れたので、必要としてない)ということです。


99. 2010年3月08日 23:57:37
98様

こんばんは。
≪GENKIのブログ≫ブロガーです。
この度は、わざわざ、名乗りを上げて頂いた事に感謝いたします。
御蔭さまで、95様に対する誤解が一つ解けたと思います。
その後、同様のメッセージは来ておらず、一時的なもののようでした。
私も、宗教関連について深くは知りませんが、記述にあった宗教団体はネット上でよく目にするものです。
所謂レッテル貼りに多く用いられるようですが、
ネットというある意味限られた空間で、相手の本質を見極めることなく、
軽率に他人を貶めるやり方が横行している事はとても残念でなりません。
お互いを尊重し、情報を共有できる場にしてまいりたいと願うものであります。
あらためて感謝申し上げます。
誠に有難うございました。



100. 2010年3月09日 21:57:00
≪GENKIのブログ≫ブロガーさん、こんばんは。
98です。
ご丁寧にお返事を頂き、こちらこそ恐れ入ります。

一時的なものだった、というお話で安堵致しました。

今回のことで、≪GENKIのブログ≫ブロガーさんは、
信頼出来る方だということが解りましたので、私は95さんに感謝しています。

今となっては(大笑)

また、機会があれば、どうぞお話して下さいませm(__)m
こちらに日参しておりますゆえ。

こちらこそ、誠に有難うございましたm(__)m


101. 2010年3月12日 01:54:22
私は日本語教育に関わって数十年になりますが、何気なくこの<【中国人ブログ】日本で暮らす中国人が帰国をためらう訳>というタイトルを見てクリックしてみました。そして、記事の内容には、特に驚きもしませんでした。というのは、中国人学生に作文を書かせれば、少し優秀な学生のこの手の文章は時折見かけるからです。

ところが、コメント欄を見たら、素晴らしい専門家(と、私には思える)の方々のご意見が、何と、100件もあったので、本当に驚嘆してしまいました。

そこで、特に目新しいコメントはないのですが、皆様の真摯なご意見に、体験から一言言わせていただきたいと思います。

例えば、中国の学生達に、「人民日報には、こう書いてあるよ」などと言えば、
「なに、あのウソ新聞!」などと言う反応が返ってきたことが、多々あったということです。

私も、駆け出しの頃は、中国の学生達を見ながら、「恐ろしい共産主義国家の人間たち」という印象を持っていたのですが、一人ひとりを見る限り、今、その思いはほとんど無くなってしまいました。

また、共産主義は、そのルーツのイルミナテイ思想においても、<家族の破壊>を目標にしていたはずですが、中国においては、<家族の破壊>は起こっていません。むしろ、日本においてこそ、<家族の破壊>が顕著です。
(仕事で中国にも行っていた経験から見て、そう思います)

グーグルの問題で騒がれている昨今ですが、中国人一般は公のメディアはウソだという強い拒否反応があり、口コミの方を信用する傾向があるように思います。

その点で、むしろ日本人のほうが、新聞やテレビなどの報道を無批判に信じてしまう危険性がはるかにあると思います。

自由を抑圧されていればいるほど、自由を求めるものであり、ドグマの中にいればいるほど、それに辟易しているのが、今日の中国人大衆だと、私は思います。



102. 2010年3月12日 23:40:46
どこの国の人間であれ、個人同士ならわかり合うことができる。
しかしその国の上層部、中国共産党には注意せねばならない。
大量の移民を送り込み国政を乗っ取る計画は近い国オーストラリアを見てもわかることだ。
捕鯨デモの写真を見ればアジア系が多数写っている。

103. 2010年3月13日 09:28:31
アラブ人の若い世代の人にUFOをどう思うか、と尋ねたとき,堰(せき)を切ったように、当然、地球の外に,別の知的存在がいる、と強い反応をしてきたことに驚いたことがあります。インターネットでよく映像を見ているといっていました。中国の若者もネットやテレビを通じUFOはかなりリアルに捉えているのではないでしょうか。日本の矢追世代含む大半の若い世代も,全く同じではないでしょうか。つまり、人類の意識が宇宙空間の中で自分を捉えるように拡張を開始しているのではないでしょうか。これをインターネットが促進しており、中国の人たちも、回教徒も若い世代を中心に急速に伝統的理解の体系が壊れ、それがシステムの崩壊にもつながりつつある大事なタイミングに入りつつあるように思えます。

逆説的なのですが、人々が互いに分かち合えない場合、理解が困難な場合、意外にも、UFOの話を持ち出せば、われわれみんな同じ星にいるんだな、外には誰がいるんだろうね、って連帯意識を持てるような気がします。連帯意識は以外とこんな次元の話のほうが、難しい,政治理論、社会学理論なんかより,早いのではないでしょうか。世界各国上空でUFO映像が撮影されるようになりましたね。みんなでUFO映像をユーチューブ見て、意見交換しない?といったほうが、余程、国と国の間,宗教と宗教との軋轢レベルで話すより,意外に開かれていくのではないでしょうか。
もう南京大虐殺がどうだ、第2次大戦のときどうだった、そのような話で議論するのは不毛な気がしています。中国の若い世代も、そんなことにもう全く興味はないでしょう。

むしろ、この次元のテーマでつながることで、人類のこれまでの各種のわだかまり、不調和、悪い記憶は克服できる地平となる気すらしています。

http://www.youtube.com/watch?v=f-_OH6nu7V8
http://www.youtube.com/watch?v=8x4P24IUDqY&feature=PlayList&p=E3BBD53D046330C2&playnext=1&playnext_from=PL&index=26
http://www.youtube.com/watch?v=DbSSTqlanS8
http://www.youtube.com/watch?v=l4t2qo8is98
http://www.youtube.com/watch?v=L7sQgEQcc2o
http://www.youtube.com/watch?v=WlPN2a3Y2X8

中国人学生を教えていらっしゃる先生などは、生徒さんに,このテーマを振ってみたらどう反応するから,ご覧になってみたらいかがでしょうか。


104. 2010年4月22日 08:14:34: RXBVOam5j6
日本に遊びにきたフィンランドの若者6人組のエピソードと比べると、日本で何がおきているかよくわかる。

http://2ch-e.com/article/17478251.html


105. かすみ草 2011年3月19日 18:33:42: pdlQuYBEBD9ug : bz1Wxm1mho
私も深く日本のことを愛している。
今の東北地震や原子炉事故があっても、日本人と一緒に頑張っていきたいと思っています。

106. 2011年3月24日 11:45:19: DCHDReL3A2
糖尿病の原因は、肉食ではなくて、ご飯などの炭水化物のとりすぎ。

炭水化物は、糖質のこと。

ご飯、パン、うどん、ラーメン、パスタ、砂糖製品、を出来るだけ食べないように
するのが重要。特に、パンは少量でも糖質が多いので一番よくない食べ物。

肉食は、糖尿病とは関係ない。ただし、肉は脂肪が多くカロリーが高いので食べ過ぎると太ることに注意。太ることは、糖尿病だけでなくあらゆる病気によくない。



107. 2011年4月14日 16:48:58: b3FkWeGYlY
チョンとチュンは頭が咲いている。
すぐ死んだらいい


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧