★阿修羅♪ > 憲法3 > 523.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
櫻井よしこ氏「憲法改正なくしてわが国の再生はない」(なぜ改正なのか理由は?)
http://www.asyura2.com/09/kenpo3/msg/523.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2019 年 5 月 05 日 11:38:46: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

改憲を主張するのはよいが。その理由は何なのか。
「改正発議を緩和する」「環境権を明記する」「お父さんが違憲と言われた自衛隊員の子供のため」等とそのたびに理由が変わるのでは、とてもまともな議論など始められない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
櫻井よしこ氏「憲法改正なくしてわが国の再生はない」
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12274-265325/
2019年05月03日 18時34分 産経新聞

*第21回公開憲法フォーラムで基調提言を行う櫻井よしこさん=3日午後、東京都千代田区(桐原正道撮影)https://www.sankei.com/images/news/190503/plt1905030027-p1.jpg
 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は3日、都内で開かれた改憲派の集会で講演し、「令和の時代、立派な日本国としての歩みをさらに強めなければならない。憲法改正なくして、わが国の本当の意味の再生はない」と述べた。発言の詳細は次の通り。

 「(先の大戦の)敗戦のとき、私たちは日本国の国柄を根底から潰されてしまいかねなかった。皇室が廃止され、わが国の国柄が全く違うものに作り替えられるような危険が現実にありました。もし、そのようなことになっていたら、今の日本国はあり得ません。この危険を避けるために、先人たちは涙をのんで、本当に無理無体な占領政策を受け入れました。その筆頭が現行憲法です」

 「だれが読んでも現行憲法は日本民族の憲法ではない。どこに日本の文化の薫り、伝統の片鱗(へんりん)があるのでしょうか。まったく別物です。それを承知でこれを受け入れました。そして、ようやくわが国は天皇陛下や皇族、皇室を存続させることができました。私たちは先人たちがどんな悔しい思いをして、今の憲法を受け入れたか。それを忘れてはなりません」

 「にもかかわらず、(現行憲法制定から)70年以上がたった今、私たちは一文字も憲法を変えることができていません。あまつさえ、世の中には今の憲法で良いんだという声が、まだ半分近くある。先人たちがどんなに悔しい思いをしたのか。それだけでなく、どれだけ苦労して、敗戦のあの荒廃の中からわが国を守り通そうとし、そして、守ってきたか。この貴重な体験を本当に思い出し、今こそ令和の時代、新しく大和の道を歩もう。私たちは私たちなんだ。日本は日本なのである。立派な日本国としての歩みをこれからさらに強めなければならない。令和に込められたこの意味を、もう一度、日本国憲法の悲しくも悔しい歴史と重ね合わせて考えるべきときだと思います」

 「『憲法改正のために党を作るんだ』。それが自民党の立党の精神です。自民党を支える人々の気持ちはその立党の精神を支えているのではないですか。しかし、自民党は衆参両院で改憲勢力と呼ばれる議席を3分の2以上持ったことは安倍政権までありませんでした。ですから、憲法改正ができなかった。今、初めて自民党・与党は憲法改正することができる状況にあるのです」

 「ならば、なぜやらないのか。なぜ憲法審査会は全く働かないのか。自民党だけではないです。公明党もそうです。日本維新の会もそうですよ。みんなそうです。そして、その他の野党は、もっとそうだと思います。憲法改正なくして、わが国の本当の意味での再生はないです。昭和20年に敗戦を迎え、22年にこのくだらない憲法が作られた。今、もう一回立て直すときなのです」

 「最終的に(憲法改正を)決めるのは国民の私たちだ。この国の新しい未来を構築していくためには、なんとしてでも憲法改正を発議していただきたい。民主主義を信じ、国民を信じるための議論をこそ、政治が発信してほしい。そうすれば、本当にまじめで国を思う日本国民が一生懸命に考えて、この国の未来のために一番良い選択をする。その能力と意思を私たちは持っています。憲法審査会を一日も早く動かしていただいて、そして日本国の新たな可能性を、素晴らしい令和の時代を一緒に切り開いていきたいと思います」

産経新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
 改憲(による再軍備)を成し遂げるなら大戦時主権者の存続は諦めねばならないだろう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年5月21日 19:44:57 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[980] 報告
世界の「緊急事態条項」を検証!自民党改憲草案の「異常性」に迫る 岩上安身による早稲田大学法学学術院教授 水島朝穂氏インタビュー 2016.2.13
記事公開日:2016.2.13取材地:東京都 テキスト動画独自
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/287146
2. しんのすけ99[461] grWC8YLMgreCrzk5 2019年5月29日 18:44:10 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[223] 報告
>「にもかかわらず、(現行憲法制定から)70年以上がたった今、私たちは一文字も憲法を変えることができていません。あまつさえ、世の中には今の憲法で良いんだという声が、まだ半分近くある。先人たちがどんなに悔しい思いをしたのか。それだけでなく、どれだけ苦労して、敗戦のあの荒廃の中からわが国を守り通そうとし、そして、守ってきたか。この貴重な体験を本当に思い出し、今こそ令和の時代、新しく大和の道を歩もう。私たちは私たちなんだ。日本は日本なのである。立派な日本国としての歩みをこれからさらに強めなければならない。令和に込められたこの意味を、もう一度、日本国憲法の悲しくも悔しい歴史と重ね合わせて考えるべきときだと思います」

↑↑↑ こんな事を言っているから、70年以上も憲法改正できないのだ こんな馬鹿ウヨ連中こそが
憲法改正を阻害している元凶そのものであると なぜ彼らは 気付かないのだろうか

日本国憲法を 「悔しい歴史」 としているのは ウヨ連中だけである

要するに 憲法改正の主旨は 一にも二にも 「自衛の戦争ぐらいは認めて然るべきなのでは」 という事
なのに 馬鹿なウヨ連中はいまだに あの戦争を自衛だとかってトンデモをほざく人間がいるではないか
「なにが自衛でなにが侵略なのか」 これをハッキリと定義するのは 必然的にかつての戦争は明確なる侵略戦争と
位置付けられなければ何も始まらないのである あの戦争が自衛ならば 自衛隊に交戦権など持たせる事にはならず
憲法改正なんて 夢のまた夢 国民投票で絶対に否決されるのである

これが理解出来ないから 馬鹿ウヨ と呼ばせて頂くのである
【かつての戦争は 二度と起こしてはいけない侵略戦争と 潔く認める】
これが出来ないのであれば あと50年は 改憲は 絶対に無理である。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 憲法3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 憲法3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
憲法3掲示板  
次へ