★阿修羅♪ > 昼休み27 > 1219.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: 日航ジャンボ123便 垂直尾翼にオレンジエアが刺さっているカラー写真
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/1219.html
投稿者 愉快通快 日時 2010 年 8 月 14 日 11:55:42: aijn0aOFbw4jc
 

(回答先: 日航ジャンボ123便 生存者は自衛隊員がアーミーナイフで殺害していた 投稿者 愉快通快 日時 2009 年 9 月 10 日 20:39:29)

日航ジャンボ123便の垂直尾翼の写真である。

鶴丸付近に、オレンジ色の破片が突き刺さっているのが確認できる。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月18日 12:12:08: yQWO2OkyEc
何故、「123便」でなければならなかったのか?
それは、ヤスが作戦に携わる時間帯に、決して
ロンが、起きていることのないように・・・
「米国が寝ている間に」と。

しかし、目には目を、でJALも黙ってはいなかった。
元、自衛隊パイロットで、操縦の腕も日本で5本の指に入ると絶賛された、
高濱機長をJAL123便に搭乗させた。

自衛隊の謀略には、身内を乗せてやれ、という作戦であった。

高濱機長は、その驚異的な手腕を遺憾なく発揮し、JALの期待通り、相模湾でのアクシデントの後もジャンボを飛ばし続けた。

これにあわてた自衛隊は、中曽根総理に撃墜許可を迫り、
「なんとかしろはなんとかしろだ」
という命令を引き出した。

そして、自衛隊は横田へのJAL123便の着陸を阻止し、隠蔽に都合の良い「日本のチベット」と言われた御巣鷹にJAL123便を誘導した。

ところが、優秀なJAL123便の高濱機長は、長野県川上村付近の高原レタス畑に不時着しようと試みた。

自衛隊は、高濱機長の巧みな操縦に、さらに恐れをなした。

そして、自衛隊は不時着寸前のJAL123便に対し、核ミサイルを発射した。
国民保護の役割をみじんも感じさせない愚行であった。

しかも、自衛隊はさらに
・米軍機
・米国政府機(U2)
・在韓米軍救援機
を撃墜した。

米軍の救助は日本国政府が断った。

米国、韓国は、日本のあまりにもクレーイジーな様子に、猛烈に怒った。

かくして1985年8月12日に
・日米戦争
・日韓戦争
が勃発した。

第二次中曽根内閣は、「JAL123便墜落事故」から40日後の1985年9月22日に米国の圧力に屈して「プラザ合意」を呑むハメとなった。これを契機に、この日本は急激な「円高」と進み、「日米構造協議」の絨毯攻撃に晒されることとなった・・・
自衛隊の愚行に端を発した
・日米戦争
・日韓戦争
は、主に経済戦争として今尚継続しており、日本国民はJAL123便の際の自衛隊の愚行により疲弊することとなった。


02. 2010年8月18日 15:13:15: yQWO2OkyEc
警視庁ヘリも自衛隊に撃墜された


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/49/6a/e4d95669c7f752991b6edff87e9bad2f.jpg
から数メートルの所には、なんと

警視庁ヘリ

の残骸が突き刺さっている。警視庁ヘリに搭乗されておられたであろう遺品も出てくる。

自衛隊のクレージーな愚行は、
・米軍機撃墜
・米国政府機撃墜(U2)
・在韓米軍救援機撃墜
にとどまらず、

・警視庁ヘリ

撃墜にも及んだ。

さらに、JAL123便には、グリモリ捜査の警察庁、公安庁、の優秀な人材も搭乗していた。
しかし、驚くべき事に、御巣鷹の尾根では、自衛隊による生存者の無差別な虐殺が行われていた。

警察、公安もクレイジーな自衛隊に殺された。
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak27/msg/669.html

日航ジャンボ123便は警察と自衛隊の間にも軋轢を生んだ。

これら自衛隊のクレイジーな行動の数々は
・国民保護という立場がみじんも感じられない
・警察、公安、の人たちをも平気で殺す自衛隊の狂気は、どんな凶悪殺人事件よりも凶悪的であり、一国民として涙を禁じえない。 


03. 2010年8月18日 20:57:25: yQWO2OkyEc
日航ジャンボ123便ですが、早い段階では200人近くは生還できる
状態で生きていただろうということです。


一番悲劇的なのは、
自衛隊「西川博之」氏28歳 でしょう。若いですが、結構格が上の勲章をつけています。(新)日本の黒い霧、にも、西川氏について書かれた記事があったと思います。
墓碑の場所と、JAL123便座席表からして、当初生き残っていた可能性が高い。

さて、運良く生き残った。

自衛隊が来た

喜んだ

わけも分からず殺された
http://www.asyura.com/09/lunchbreak27/msg/669.html

御巣鷹の尾根に行くと、まず最初に西川博之氏の無念があります。

最下段、右側に、西川博之 氏の墓碑が。

運良く助かったのに。

仲間が救助に来たと思ったのに。

いかに無念であっただろうか。


04. 2010年8月25日 18:41:25: yCgHRkKwnk
尾翼は水あげ時には丸まっていた?
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7278.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7279.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7280.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7281.jpg

05. 2011年5月02日 01:16:37: WYyVFDSPW6
その飛行機には「イカの脳細胞」の阪大の研究家が搭乗していた。何が目的か、ジンキ一体?坂本九氏は立ち木の上から二番目に、歌が聞こえる!

06. 2011年7月04日 23:48:28: YsAVD5UchE
垂直安定板は相模湾で見つかっています。
高浜さんは操縦していません、機長が指示してコパイが操縦です。
さらに航空機体の知識がなく動きに逆らって操縦させ、破滅へすすみました。
発生した異常動作はフゴイド運動とダッチロールですね。
この2つが発生していることは、垂直安定版と水平安定板の異常が確実なんです。
あの段階で羽田へ引き返す選択肢は100%ありません。
これらの判断ミス・知識不足が最悪の事故へとつながっています。
もっとも航空工学はパイロットの教育にないようですから仕方がない面があります。その点最近の大学のパイロット教育課程はいいかもしれません。
乗員乗客のご冥福をお祈りいたします。

07. 真実を知る男 2013年3月31日 19:51:22 : UmaIWMp7kvCHs : x81G8mE43Y
あなたは誰?
作り話はするな

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧