★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1133.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ベネズエラ:音楽家ホセ・アントニオ・アブレウ氏が死去、エル・システマの創設者 (RFI)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1133.html
投稿者 無段活用 日時 2018 年 4 月 01 日 20:55:18: 2iUYbJALJ4TtU lrOSaYqIl3A
 



(Venezuela: mort du musicien José Antonio Abreu, fondateur d'El Sistema: RFI)
http://www.rfi.fr/ameriques/20180325-venezuela-mort-musicien-jose-antonio-abreu-fondateur-el-sistema


ベネズエラ


ベネズエラ:音楽家ホセ・アントニオ・アブレウ氏が死去、エル・システマの創設者


記者 RFI


発表 2018年3月25日・更新 2018年3月25日19:05




恵まれない子供たちのためのエル・システマ音楽プロジェクトを創設したベネズエラのホセ・アントニオ・アブレウ氏、2012年11月撮影。
Leo RAMIREZ / AFP



3月25日の土曜日から日曜日にかけての夜間に、ベネズエラの音楽家ホセ・アントニオ・アブレウ氏(78)が死去した。彼は恵まれない子供たちのための音楽教育プログラムであるエル・システマを創設した。音楽を伝導する彼のモデルは50を超える国々に広まった。アブレウ氏は1993年のユネスコ国際音楽賞や2009年の仏レジオン・ドヌール勲章など、数々の栄誉を受けた。また、彼はノーベル平和賞に値するとイギリスのオーケストラ監督サイモン・ラトル卿が明言している。


カラカスで彼は人々から師匠と呼ばれていた。

1975年、彼は児童や青少年のためのオーケストラシステムである児童・青少年オーケストラシステムを創設したが、−これはエル・システマという名の方が良く知られている。

彼はベネズエラ政府の支援を受け、カラカスの貧民街の子供たちに楽器を与え音楽を教えた。彼にとって音楽は貧困に対する防壁だった。

「計り知れない数多くの子供や若者がベネズエラ社会の最も脆弱な諸階層に属している。音楽は彼らに新しい夢や新しい目標を掴むための勇気を与える。さらに、売春・暴力・悪い仲間に対して、子供の人生を堕落させる可能性のある全てのものに対して、音楽が第1の予防手段であることは言う迄もない。」

今日、エル・システマはベネズエラの子供たち900,000人を受け入れている。子供たちは国内各地に存在する1,500ヵ所のオーケストラや合唱団で活動している。






ニコラス・マドゥロ大統領は国として3日間の喪に服すると宣言した。大統領はホセ・アントニオ・アブレウ氏の「偉大な士気・道徳・文化の遺産」を讃え、その上で「彼の作品はベネズエラのどの街角でも見られる」と締めくくった。




ユーチューブサイトの動画で日本語字幕の設定が可能です :投稿者)



-------------------------------------------------------


(投稿者より)

氏が創設したエル・システマの業績は「ベネズエラの奇跡」として知られています。このシステムにより国内の貧困層の子女から数多くの音楽家が生まれ世界に羽ばたきましたが、氏の狙いはむしろ音楽により子供たちの人格を作り社会から貧困を撲滅することにありました。

記事に貼り付いていた動画と同じものがユーチューブにありましたのでこちらにも添付しました。2009年の発表ですが関連する活動に携わる方々には示唆に富むものと思います。

日本のことでないことは基本的に扱わないようにしていますが、氏のオーケストラを取り上げたドキュメンタリーを以前に見たことがあり、今回この話題を御紹介しました。

故人の御冥福をお祈り致します。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ニュース情報8掲示板  
次へ