★阿修羅♪ > リバイバル3 > 605.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
生活をダウングレードするというのは激しい苦痛を伴うこと
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/605.html
投稿者 中川隆 日時 2015 年 11 月 21 日 13:39:21: 3bF/xW6Ehzs4I
 

(回答先: 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間 投稿者 中川隆 日時 2014 年 8 月 21 日 23:59:19)


生活をダウングレードするというのは激しい苦痛を伴うこと
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20151121T0139370900.html

アメリカの調査機関やスポーツ誌の独自調査によると、アメリカのフットボール選手やバスケットボール選手が引退後に自己破産に追い込まれるケースは70%から80%になると報じて大騒ぎになったことがある。

アメリカのこうした華々しいスポーツ選手たちの年俸は1億円や2億円レベルではない。10億円、20億円、スーパースターでは100億円以上もの収入を得ている。

にもかかわらず、彼らは一文無しどころか莫大な借金を抱えて「自己破産」してしまう。

ボクシングの元ヘビー級王者マイク・タイソンも、20年の現役時代で230億円以上稼いだと言われているが、2003年には21億円もの借金を抱えて自己破産に追い込まれている。

ボクシングで言えば、かつてモハメッド・アリと戦ったジョージ・フォアマンは45歳で再度ボクシングの世界にカムバックしている。

「老いても戦えることを見せてやる」という意地があったと言われ、勝利を収めたときは世界中で新聞の一面を飾ったが、実はフォアマンがリングに戻ったのは「老いても戦える」ことを見せつけるためではなかった。

人間は、ダウングレードすることができない性質だ

このとき、フォアマンは現役時代で稼いだ大金をすべて使い果たしていてホームレス寸前になっており、もはや老いてリングに戻るしか稼ぐ方法がなかったからである。

ミュージシャンで言えば、マイケル・ジャクソンも全身麻酔薬プロポフォールで死ぬ数年前からほぼ破産寸前になっていて、資産が莫大にあるどころか、負債額は400億円以上にものぼっていたとも言われている。

エルトン・ジョンも総資産は200億円以上もあると言われていたが、2001年に破産の憂き目を見た。ビリージョエルも稼いでは破産し、破産しては稼ぎ、そうかと思ったらまた破産するという破天荒な人生を送っている。

俳優で言えば、バート・レイノルズも現在破産寸前になっていると言われているし、ニコラス・ケイジも破産寸前に追い込まれ、最近ではケリー・ラザフォードが自己破産した。

莫大な金を稼ぐ人が破産してしまうのは、稼ぐ以上に使うからでもある。

人気や実力が落ちたり、年齢のせいで技能や容姿が衰えてしまって明らかに収入が減っているにも関わらず、彼らは生活をダウングレード(格下げ)することができない。

実業家でも、資産家でも、いったん成功すると必ず生活をアップグレードさせる。豪邸を買い、良い車を買い、美しい女性を囲い、着ているものに金をかけ、趣味に大金を使い、他人に気前良く金をばらまく。

そうした栄華に染まってしまうと、いったん全盛期が終わって生活のダウングレードが必要になっても、なかなかダウングレードをすることができず、浪費をし続ける。

人は生活をアップグレードするのは簡単だが、ダウングレードするのは難しい。特別だったものが特別ではなくなる。華やかだったものが、地味になる。そうした小さなことが、激しい苦痛、激しい悲しみを感じさせる。


豪邸、リッチな車、終わらないパーティ、美しい女。栄華に染まってしまうと、いったん全盛期が終わって生活のダウングレードが必要になっても、なかなかダウングレードをすることができない。


生活のダウングレードはのたうち回るような苦痛

事業家は今が順風満帆だからこれからもずっと順風満帆であるとは限らない。

どんな事業でも数年ごとに存続が脅かされるような危機がやって来る。苦難を乗り切っても、世の中が不景気に落ちたら、それに巻き込まれることもある。

私自身は事業家でも経営者でも何でもないが、とても身近なところでそうした人をつぶさに見てきたので、その恐ろしさをよく知っている。

1990年代のバブル崩壊で、私の身近にいた人も、他の人が見れば羨む資産を吹き飛ばしてしまった。

彼は豪邸を売り、大切にしていた車も売り、小さな古い借り家に引っ越し、不本意ながら他人に雇われて生きるしかなくなった姿になった。

彼は突如とやってきたバブル崩壊の荒波にさらわれて事業を失い、ダウングレードを強制された。

悪い時には悪いことが重なる。彼は株式資産も持っていたが、バブル崩壊でその資産さえも10分の1に萎んでしまっていた。何もなくなったも同然だったのだ。

私の目の前で、そんな悲劇が起きていた。

人は大切なものを失うとき、それを得たときの喜びの二倍の苦痛を味わうと言われている。生活のダウングレードはのたうち回るような苦痛なのだ。

すべてを失った彼はふさぎ込み、無口になり、ダウングレードの苦痛に必死で耐えていた。

そんな苦痛の中でもずっと復活を夢見ていて、次の事業のことを考えていたが、とうとう再起を果たせないまま今は年金をもらいながら静かに生きている。

羽振りの良い事業家は、羽振りの良いときにたくさんの良い思いをするが、いったんそれを失うと必ずダウングレードを強いられることになる。

こうした悲劇は大物スポーツ選手や大物歌手のように華々しく報じられることはないが、私たちの身近でいつも起きていることである。


バブル崩壊はいつでも来る。2015年6月には中国でも壮大なバブル崩壊が起きた。そのとき、無理な投資をしていた人々はすべてを失ってしまう。


ダウングレードに対する耐性は持てるのだろうか?

ダウングレードするというのは、非常につらいことである。精神的にも大きなダメージを生み出す。

質の良い家の快適な空間に慣れると、ダウングレードして質の悪い粗末な部屋にいるだけで、その質の悪さが気分を憂鬱にさせる。自分が失敗したということを、部屋にいるだけで思い起こすことになるのである。

良い車に乗っていた男は、安物にダウングレードすると、その安っぽさに気が滅入る。良い服が着られなくなり、良い品物が持てなくなり、豪華な食事も食べられなくなると、そのひとつひとつが自分を苦痛にさせる。

だから、誰もがダウングレードしなくてもいいように、激しく金を追い求めてアップグレードに必死になる。

しかし、成功は約束されていないのが普通だ。

成功するたびにアップグレードして贅沢に染まっていくと、やがては浪費が習い性になり、自らをコントロールすることができなくなっていく。止められなくなる。

結局、嫌だろうが何だろうが、「自分の全盛期」が終わってしまったら、生活はダウングレードしなければならない。では、こうしたダウングレードに対する耐性は持てるのだろうか。

一番いいのは、成功したからと言って生活をやたらとアップグレードしないで、節度を守ってほどほどに暮らすことであると言われている。

つまり、最初から華美で豪勢な生活を追い求めず、ほどほどのところで「普通に暮らす」のが、成功しても失敗しても自分を見失わない方法であると言われている。

どのあたりが普通というのかは人によって違うが、他人が見て奇異ではない生活を「普通」という。地に足が付いた生活をしていたら、仮に資産をすべて失っても、生活を変えることもなく、そのまま再起に向けて動き出せる。

シンプルに生きていれば、無駄な出費をしなくても済むし、何かあっても極度のダウングレードに苦しまなくても済む。何よりも、自分を見失わないで済む。

普通であることに馴染み、普通に生きることができるというのは、とても強いことでもある。だから、私は普段からごく普通に生きている人が好きだ。

金があろうがなかろうが、きちんと普通に生きている人が正しいし美しいと思う。


マイク・タイソンのかつての豪邸。20年の現役時代で230億円以上稼いだと言われているが、2003年には21億円もの借金を抱えて自己破産に追い込まれている。
http://www.bllackz.net/blackasia/content/20151121T0139370900.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年11月21日 15:50:30 : b5JdkWvGxs

「天地真理」が激白! 
「柳沢きみお」も瀬戸際! 誰でも危ない「老後破産」の共通項を検証する
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/10050815/?all=1


■浪費癖があるから

「私、20代、30代の一番仕事が忙しいころは、今みたいな状態になるなんて、思ってもみませんでした」

 こう語るのは、1970年代前半に「ひとりじゃないの」などの曲を次々とヒットさせ、スーパーアイドルとして一世を風靡した天地真理(63)。現在、川崎市の高齢者向け住宅に暮らしている。ちなみにこの住宅は、3人の入居者が次々と転落死していたことがわかった有料老人ホームと、運営会社が同じだが、それはともかく、今の彼女の暮らしぶりはこうだ。

「月に家賃が14万円、食費が4万円ほどかかりますが、ファンクラブの方が出してくれていて、感謝の言葉しかありません。65歳からは年金が月15万円ほどもらえるはずですが、今、蓄えはないです。渡辺音楽出版との契約で、私が死ぬまで3カ月に1回、5万円が振り込まれることになっていますが、全額娘に渡していて、普段の生活に使うお金は、娘が週に3回、2000円ずつ振り込んでくれて、それでなんとかやりくりしています」

 かつての大スターが、週に6000円でやりくりしているとは驚きだが、

「それは私に浪費癖があるからです。20代のころから良い思いをたくさんしてきて、今でもそのときの感覚が忘れられなくて、お金があると使っちゃうんです」


輝いていた真理ちゃんも……

 そして、デビューから今日に至るまでの経緯を、このように語った。

「19歳でデビューするとすぐブレークして、月給300万円もらっていたんです。渋谷区の松濤に5LDKのマンションを6000万円で買って、ひとりで住むのが寂しくて、数年後に売っちゃいましたけど。お金は母に渡していましたが、頼めば高いお洋服も買ってくれるし、外食にもよく連れていってもらっていました。それにデビュー時のマネージャーさんが“自分への投資に衣装をいっぱい買え”と言っていたので、値段を気にする習慣もなかったんですね」

 だが、そんな日々は長くは続かなかった。

「25歳のとき、甲状腺機能障害ということで入院して、2年間、芸能活動を休止しました。本当は人気がなくなってきて、寂しくなって、鬱病になっていたんです。1カ月入院したんですが、その間に、渡辺プロと病院の先生が話し合って、“嘘の病名を作ろう”ということにしたのが真相なんです。復帰してからは、また月300万円もらいましたが、仕事が増えず、他の事務所へと転々とするようになってからは、月に50万円くらいのお給料でした。でも、浪費癖は治らず、お金に困るようになりました。86年にはロマンポルノに出演しましたが、あれはすべてお金のため。でも、ギャラの200万円は毛皮のコートを買って、使い果たしてしまいました」

 そのころ、喫茶店のマスターと結婚した。が、

「彼が住んでいた麹町のマンションで暮らし、娘も生まれましたが、元亭主は仕事を全然しなくて、私には暴力をふるうし娘にもつらく当たって、離婚のときに慰謝料ももらえませんでした。離婚を機に横浜市に移って、娘が専門学校に入るまで学費などで困りはしませんでしたが、浪費癖は止まらなくて、30万円するサンローランの服を買ったり。お金を貯めなくちゃ、という思いはあっても、通帳にお金が残っていると使っちゃうんです。そんなだから娘ともいつも喧嘩になって、ひとり暮らしすることにしたんです」


■怖いのは病気になること

 天地のケースには病気や離婚、人気低下による事実上のリストラなど、さまざまな要因が詰まっているが、こうなった最大の理由は、

「ダウンサイジングすることの難しさ」

 だと大西氏は指摘する。実際、ダウンサイジングは老後破産を避けるための必須事項といわれる。

「仕事のストレスを解消するために、高価な買い物に走ってしまう。それに月に300万円ももらった経験があると、浪費に歯止めがきかなくなりがちだし、周囲にも良い暮らしをしている人が多かったでしょうから、それを意識して、なかなか生活レベルを落とせなかったはずです」(同)
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/10050815/?all=1


天地真理(63歳)の現在の姿 2015年10月18日
「浪費癖のせいでお金がない」「家賃と生活費はファンクラブもち」
http://www.officiallyjd.com/archives/477197/


1970年代前半に「ひとりじゃないの」などの曲を次々とヒットさせ、スーパーアイドルとして一世を風靡した天地真理(63歳)。現在、川崎市の高齢者向け住宅に暮らしている。

http://www.officiallyjd.com/archives/477197/20151016_amachimari_01/


「月に家賃が14万円、食費が4万円ほどかかりますが、ファンクラブの方が出してくれていて、感謝の言葉しかありません。65歳からは年金が月15万円ほどもらえるはずですが、今、蓄えはないです。渡辺音楽出版との契約で、私が死ぬまで3カ月に1回、5万円が振り込まれることになっていますが、全額娘に渡していて、普段の生活に使うお金は、娘が週に3回、2000円ずつ振り込んでくれて、それでなんとかやりくりしています」

天地真理の現在の様子については矢来町ぐるりまで

[引用元:矢来町ぐるり]

これについてネット上では…

♥ひぇ〜〜〜〜〜!

♥めっちゃ老けたああああああああああ

♥衝撃的な姿。普通のおばちゃんだね

▼天地真理(63歳)、現在の姿…
天地真理

♥一般人の60代の方の方がキレイにしてるよね。60代には見えないもっと上に見える

♥昔の面影はどこに…

▼アイドルとして活躍していた頃の面影は…
天地真理

♥前に久しぶりにテレビで見たときも普通のオバチャンになってて衝撃だったけど、さらに普通のお婆ちゃんになってる(゚д゚)

▼2006年頃の姿も話題になっていました
天地真理

♥脂肪の蓄えも無くなりましたね

♥そういうのは聞きたくないよ

♥えっ ファンの方がお金だしてくれるんですね…その方いなくなったらどうするんだろ?

▼現在は月に家賃が14万円、食費が4万円ほどかかるが、ファンが出しているという
天地真理

♥一瞬、娘ひどくない!?って思ったら浪費防止策か…一気に渡すとすぐ使っちゃうんだね(^_^;)

▼現在お金がない主な理由は天地の浪費癖にあるそうで、普段の生活に使うお金は、娘が週に3回2000円ずつ振り込んでいるとか
二千円

♥アイドルとして売れて月300万ももらえててもこんな老後になるとは…貯金って大事。庶民の金銭感覚を忘れないって大事だな。

▼ブレイク当時は月給300万円で、マネージャーに「自分への投資に衣装をいっぱい買え」と言われ値段を気にする習慣もなかったそう
天地真理

♥なんで老人ホームなの?普通の安い賃貸住んだ方がいいと思うけど。お金出してくれてる薄汚いアパートなんかに住んでほしくないのかな?

♥たぶん、自分の身の回りのことすら出来ないんだよ。若い頃からチヤホヤされてきてたから。昔の芸能人だから。娘さんも一緒に生活してくれないんだよ。

▼記事によれば「お金を貯めなくちゃ、という思いはあっても、通帳にお金が残っていると使っちゃうんです。そんなだから娘ともいつも喧嘩になって、ひとり暮らしすることにしたんです」という
天地真理

♥この人はずっとお手伝いつきで暮らして来た、若いときはマネージャーが3人、その内の一人が女性マネージャーで家の事をしてくれてたと昔テレビで語ってたよ。だから自分で食事を作るとか洗濯するっていうのが理解できないし実際出来ないらしい。だから施設なんじゃない?こう言う所って洗濯はわからないけどご飯は出るんだよね?

♥かなり前子供が小さい時に一緒にテレビ出演してた。芸能入り頑張ってた。娘は4歳位だったけど茶髪チリチリで凄くワガママそうで、甘やかされててこの子将来どうなるんだろうって気になった。

▼1986年カフェバー経営者と結婚、翌年女児を出産するが、1996年に離婚。天地の娘・青木真保さんは天地のファンクラブの代表を務めており、Twitterを見ると今年の8月いっぱいで前職は退職したという。画像は娘さん?
天地真理 娘と?

♥まだ、63歳だよ。先はまだ長いのに

♥芸能界でスターとなった人が落ちぶれた姿を見せるのは夢が崩れる。夢を魅せる商売なのだからそういう事は言わなくていい。

♥知らないけど、現役時代からお婆さん顔なんだね。

▼昔からおばさん顔?
天地真理

♥てっきり若い頃は綺麗かと思いきや、アイドルとして売れてたのか疑問になる画像(;゚д゚) 山口ももえさんの若い頃の画像は美しいから、売れてたのも理解できるけど。当時を知ってる方教えて!

▼山口百恵
山口百恵

♥この人顔は好みが分かれるけど用はしぐさとか喋りとか出してる雰囲気がアイドルには重要なんだと思う。松田聖子も顔だけで言えばほかのアイドルのほうが美形はたくさんいたし。今で言えば能年玲奈?ちゃんみたいなきらきらした雰囲気が彼女らにはあったんだよ。能年ちゃんも顔だけで言えばほかに美人やかわいい子はたくさんいる

▼松田聖子、能年玲奈
松田聖子 能年玲奈

参考:独女100人が選ぶ!「若作りがイタイ女性タレント」2位は松田聖子、1位は?
参考:能年玲奈、ラジオ番組卒業を発表「自由になれる所でした」

♥天地真理は当時のナンバーワンアイドルだったというだけでなく、現在あるような女性アイドル歌手という存在を日本で初めてつくったといってもいい人。山口百恵も松田聖子もAKBも皆、この人が最初に作った路を歩んでいるともいえるのよね

▼1971年アイドル歌手として「水色の恋」でデビューし大ヒット、天真爛漫な笑顔で国民的アイドルになり後に続くアイドル歌手の基本スタイルを確立。オリコンシングルチャートでは5曲が1位を取っており、この記録は後に松田聖子に破られるまで女性ソロシンガーでの最多記録であった(参考:Wikipedia)
天地真理

♥この人国立音大付属高校だよね。だから歌いかたがアイドルと違ったのが当時は新鮮だったとか。

▼国立音楽大学附属高等学校声楽科卒業
天地真理

♥真理ちゃん自転車とか売られるほど一時は人気だったのに

▼ブリヂストンから発売された自転車「ドレミまりちゃん」
ドレミまりちゃん

♥いとこのお姉さんのお下がりでマリチャン自転車乗ってました〜ピンクで気に入ってた。沢田研二の元カノてホント?

▼当時、こちらもトップアイドルだった沢田研二と交際していたと言われています
沢田研二

Yahoo!知恵袋:天地真理さんを昨日TVで見ました。 TVでは語ら…

♥私も当時のことは知らないけど、昔の映像見たとき脚がまっすぐですごい美脚だった。昔の人なのにスタイル良すぎてびっくりしたよ!そして動いてる映像では確かにすごく可愛かった!

▼歌っているところは確かに可愛らしい!
天地真理

YouTube:天地真理・恋する夏の日

♥この人あっという間にやめちゃったよね?お金ほしいなら根気強く続けたら良かったのに

♥天地真理は一時すごい人気だったけど、そんなに長く人気絶頂ではなかったよ。月収300万は数年だったんじゃないかな?気付いた時はテレビ出てなくって、性サービス業で働いているとかいう都市伝説が流れていたよ。

▼25歳の時に甲状腺機能障害で入院、2年間芸能活動を休止。ところが、天地のインタビューによれば「本当は人気がなくなってきて、寂しくなって、鬱病になっていた」という。性サービス業についてはデマだそう
天地真理

♥全盛期、白雪姫の衣装でたばこをプカプカ吸っていたとか。あと、怖い系のパーティーに出てる映像をユーチューブで見て、びっくりした。

♥暴力団の誕生日会に出てた人だね。自業自得

▼一時期YouTubeで大きな話題になったのは、現在は引退した大物組長G氏の誕生会の映像。1998年ごろに撮影されたものと言われ、千葉真一、小林旭、内藤やす子、天地真理、綾小路きみまろ等の有名人が出席していたとか
千葉真一 小林旭 綾小路きみまろ

参考:ネット上に出回る芸能界と暴力団の”蜜月”の確かな証拠

♥この人を知ったのは40代くらいでセクシー写真集を出してワイドショーで見たから。そのときにアイドルだったことを知った。写真集を出した当時「Hなこと大好き」みたいに言ってて引いたし、かつてのファンしか買わないんじゃないかというだらんとした体で良い印象がなかった。

▼芸能活動を復帰させたのちにアダルトへと路線変更しセクシー写真集を発売。日活『魔性の香り』に主演(滝村秋子役)。1986年にはセクシービデオ『危険なレッスン』を発売
危険なレッスン

♥お金のために日活に出演したけど、200万のギャラで毛皮を買ったって…だめじゃん!

▼浪費癖は治らずお金に困るようになって映画に出演したが、ギャラの200万円は毛皮のコートを買って使い果たしてしまったそう
魔性の香り

♥ネットで見たけど車でやっただの飛行機の1番後ろの席でしただのと仰天発言してるんだね。アイドル時代の発言だとドン引きだわ。

▼「アイドル当時はホテルに入る時間がないから車ばかりだったわ!」とか「新婚旅行のとき、飛行機の一番後ろしたわ!」等と発言していたとか…
天地真理

♥今は稼げてるAKBも将来こうなる人たくさんいそう

♥こじはるとかちゃんと貯めてなさそうで勝手に心配になる。いや人の心配出来る身分じゃないけど。

▼セレブ過ぎる私服の小嶋陽菜
小嶋陽菜 小嶋陽菜

参考:AKB48小嶋陽菜が“セレブすぎ”と話題、高橋みなみもファンも私服にビックリ

♥大島優子も30年後の若者にこれでアイドルの天下取ってたのかと言われてそう。

▼女優業に転身した大島優子
大島優子

参考:大島優子、スカーレット・ヨハンソンの仮装がセクシー&かっこよすぎると話題に!「無敵になった気分だったわ〜」

♥今の芸能人にも言えること。売れてるからって派手な生活して破産。野球の清原とか将来不安そう。加護やノリピ見てる?いつまでも芸能界しがみついてても、老後こうなりかねないよ?

▼清原和博、加護亜依、酒井法子…将来が不安な面々ですね
清原和博 加護亜依 酒井法子

参考:Girls Beat!!再始動も加護亜依イベントには出演せず
参考:夏祭りの営業で食いつなぐ酒井法子

♥現役アイドルの皆さんこそよーく見て考えて自分の人生について欲しいね。潔く10代で引退した娘は冷静で賢いな。

♥宇多田ヒカルが人間生活始めたのは賢かったのかな

▼2010年「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、活動を休止した宇多田ヒカル
宇多田ヒカル

関連記事:宇多田ヒカルが第1子出産を発表!妊娠への言及は無く、突然の出産報告「宇多田ヒカルらしい」

♥こういう人を見ると、稼いでも怖くてなかなか使えないって言ってる鬼龍院翔なんかは、将来も大丈夫そうだなって思う。

▼「女々しくて」の印税で約1億円稼いだという鬼龍院翔
鬼龍院翔

参考:いまだ自信もてない金爆・鬼龍院翔「優しい女性は目がお金マークに」

♥この人ほど、当時のファンをガッカリさせたアイドル歌手はいなかったんじゃ?つまり、賢い生き方をしてこなかったということですよね。こういう人を見ると、別にファンではないけれど、小柳ルミ子さんは、すごいと思います。

▼天地と相前後してデビューした南沙織(61歳)、小柳ルミ子(63歳)とは『三人娘』と呼ばれていました
小柳ルミ子 南沙織 天地真理→天地真理 小柳ルミ子

♥ルミ子さんもリンダさんも自分に厳しいよね。天地さんは、ちやほやされすぎてオトナになれなかったまま年老いたのかな。周りの人間も悪いけど、この人自分に甘そう。つくづく年齢を重ねただけでは大人になれないと思った。

▼山本リンダ(64歳)
山本リンダ

♥この人アグネスチャンと同世代だよね。芸能界での低学歴、高学歴の縮図に見えてしまう。 アグネスもアイドルだったけどキチンと大学出て早くから生活の見通し立ててた。アグネス好きなわけではないけど勝ち組だよね。

▼アグネス・チャン(60歳)はトロント大学卒業。1992年6月スタンフォード大学大学院教育学博士課程を修了、1994年には博士号が授与されている
アグネス・チャン

関連記事:アグネス・チャンへの誹謗中傷が止まらない…ユニセフ御殿の闇はいつ暴かれるのか

♥還暦超え芸能人めちゃくちゃ活躍してんじゃん。何63で施設入ってんの?

♥占い師の洗脳から解放された辺見マリさんも同年代ですよね。辺見さんは騙されたことを教訓にし、強さを身に付けた感じで今も美しい。天地さんはだらしない。

▼拝み屋に洗脳されて5億円つぎ込んだという辺見マリ(65歳)
辺見マリ

関連記事:歌手・辺見マリが洗脳を受けていた壮絶な過去を激白「総額5億円つぎ込む」「娘・辺見えみりのギャラにも手を付けた」

♥これ見たら吉永小百合はすごいと思う。。吉永小百合なんておばさんじゃん、と思ってたけど吉永小百合若いよね。。。

▼吉永小百合(70歳)
吉永小百合

♥自業自得の部分もあるけど、さんざん儲けておいて売れなくなるとポイッてやっぱり芸能界は残酷だな。一般の世界でやっていこうにも世間知らずすぎて難しいんだろうね。

♥言っちゃ何だけど元々頭は弱そうな人だったよね。賢い人は歳をとっても覇気があるけど、やっぱり脳ミソ使うのは健康面にも良いって事なんだろうな

♥何かインタビューみたいなので見た。すごく体重が増えたのは家政婦さんのせいで、、みたいに話すの見て嫌な人だなーと思った。。家政婦が料理を作りすぎる、甘い物を買ってくる、で「家政婦さんが勝手に買ってくるんですか?」とか聞かれて「いえ私が頼むんだけど〜」って笑ってたのを覚えてる。

▼一時期はかなり太っていらっしゃいましたね…
天地真理

♥うちの親67歳だけど働いてるよ。他人にに生活費出してもらうなんてプライド捨ててるよね。だからこんな顔になっちゃったんだよ

♥年取ると性格が顔つきに出るっていうけど、真理さんは頭の足りない婆さんそのものの顔つきだよねえ。人生に容姿は非常に大事。でも40過ぎると頭がもっと大事。身に染みる。

▼今の容姿はこれまでの行いを反映しているのか…
天地真理

♥若くしてトップアイドルになって天狗になった、成れの果てだね。

♥老後への恐怖が募るばかりなんだが、、、

♥いくら今稼いでいても、働き続けなきゃダメってことよ。立ち止まると、誰しもこうなるよって事でしょ。

♥なんかこの姿見たら、逆にやる気が出たわ(笑)死ぬまで稼ぎ続けてやる。

▼人生に終わりはないですもんね…頑張らなきゃ。

[コメント引用元:ガールズちゃんねる]

(´;ω;`) これはちょっと悲しくなる…。芸能人やってるとやっぱ金銭感覚おかしくなるんでしょうね。人気商売って恐ろしい。
http://www.officiallyjd.com/archives/477197/


2. 2015年11月22日 16:59:08 : b5JdkWvGxs


2000億円あっても窮乏するのは盛田英夫が教えてくれている
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20151122T1525310900


ソニーの創業者である盛田昭夫はその事業の成功で莫大な資産を残したが、この盛田昭夫の長男が盛田英夫である。

生まれながらの超金持ち御曹司だった盛田英夫だが、ビジネスの才能にはまったく恵まれていなかった。

この男は外見こそ父親にそっくりだったが、中身はまるで違った。派手なことが大好きで、当時、若く美しい女優だった岡崎友紀と結婚したが、たった2年半で離婚している。

その派手さと支離滅裂の行動が祟ってソニーの社長候補だったものの、自分の父親の会社をも退社を余儀なくされている。

その後、父親の資産をバックに、スキー場の経営に乗り出すも失敗、F1事業に乗り出すも失敗、この時点で保有していたソニー株をすべて放出せざるを得ない状況に陥っている。

他にも焼き肉経営に乗り出したり、デジタルメディア配信に乗り出したり、イベント企画に乗り出したり、あれやこれやと10社以上も起業してことごとく失敗した。

さらに家業再興を目指すも失敗、財団も資産運用の不透明さが説明できずに解散、約2000億円もの資産はあっと言う間に消失した。

「行動力のある愚か者ほど始末に負えない」の典型

「資産運用の不透明さ」というのは、要するに盛田英夫がひとりで乱脈に使って説明できないということである。

それもそうだ。自家用ジェットでハワイやパラオに飛んで遊び回り、たまたま入ったレストランが旨かった言っては買収し、金目当てに寄ってくる胡散臭い男の口車に乗せられてあれこれ投資して、誰もそれを合理的に説明できなかった。

そして、思いつきで行った行き当たりばったり起業をした会社が次々と窮地に追いやられると、自分の持っている持ち株会社に融資させている。

2015年11月にはこの男の持ち株会社で不正融資が行われ、2億3000万円の返済が滞って会長辞任に追い込まれている。

スキー場やF1で数十億、数百億の赤字を垂れ流すことができた男も、もう2015年には「たった2億3000万円」が支払えないところにまで来ていたのである。

この男はいくつも家や別荘を持っているが、東京の自宅として借りている月130万円の家賃の支払いもできておらず、家主の東急ホテルズから出て行けと言われているのに、まだ出て行っていない。滞納額は1159万円以上。

さらにカードの支払いも止められてしまって、今や200万円の支払いにも窮して姿をくらましている。

父親は稀に見るベンチャーの逸材だったが、その息子は父親の稼いだものをすべて使い果たす無類の放蕩家だった。

「行動力のある愚か者ほど始末に負えない」とはよく言われるが、盛田英夫はまさにそんな人間の典型だったとも言える。

やることなすことすべて失敗させ、莫大な損失を垂れ流して一族の資産を食いつぶす。これほどビジネスに無能で、あちこちに敵を作って見捨てられる人物も珍しい
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20151122T1525310900


3. 2015年11月28日 07:46:03 : b5JdkWvGxs

ソニー創業家の危機を招いた長男、不正融資関与…裁判沙汰と事業失敗の連続
Business Journal 11月27日(金)22時31分配信


 ソニー創業者の1人、故・盛田昭夫氏の長男、盛田英夫氏がとうとう崖っぷちに立たされた――。

 英夫氏が会長を務める東証2部上場の食材卸会社、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA、大阪市)で不適切な融資にかかわっていた。JFLAは2015年9月期決算の発表を延期した。その理由は、盛田氏が代表取締役を務める別の企業に不適切とみられる貸し付けをしたことを、監査法人が問題視したため。外部調査が必要だと判断した。

 JFLAは調査委員会の報告書を公表した。それによれば、JFLAは飲食店運営会社モリタフードサービスに9月末時点で2億4697万円を貸し付けている。同社は10年9月までJFLAの子会社だったが、その後は英夫氏が全額出資する米国ハワイの不動産会社モリタ&サンズの傘下に移っていた。モリタフードは事業の売却で3億3000万円の資金を得たもののJFLAへの返済に充てず、盛田氏が直前まで代表取締役を務めていた盛田アセットマネジメントに2億6000万円を貸し付けた。

 調査報告書は、盛田アセットは財務状況が著しく悪化しており、モリタフードからの借入金を返済できる可能性が乏しく、一方でモリタフードも盛田アセットへの貸付金が回収できない限りJFLAへ返済する原資となる資産はない、としている。

 これらを受け、盛田氏の行為は「債権を回収不能にしてJFLAの利益を犠牲にした」と認定し、取締役の善管注意義務に違反していると指摘した。

 盛田氏はJFLAから貸与されたJRエクスプレスカードで、昨年4月〜今年3月の1年間に751万8000円分を利用していた。利用履歴から、このうち新幹線回数券を計235万8000円(168枚分)買ったと推測されるが、回数券購入と業務の関連性は明確な説明がなされていない。

 報告書は「個人的な費用を会社に支払わせることによって、会社の利益を犠牲にして盛田英夫氏個人が利益を得ている」と指摘した。そして、「JFLAの取締役会においては内部統制機能、とりわけ経営陣による不正リスクに対する内部統制機能が適切に働いていないと考えらえる」と結論付けている。

 盛田氏は追加調査の結果を踏まえて、会長職を辞任する意向だという。

●事業失敗の連続

 英夫氏は14年、カード代金やマンション家賃の滞納で相次いで裁判を起こされ、世間を賑わした。高級マンション、ザ・キャピトルレジデンス東急を自宅として借りた。月額130万円の超高級物件で、滞納額は616万円に膨らんで家主の東急ホテルズがマンションの明け渡し訴訟を起こした。クレジットカードを使って、高級ブランド品の購入や高級料亭での飲食を続けたが、三井住友カードに対する代金支払いはストップ。滞納額は1159万円に上った。

 両社から裁判を起こされたが、英夫氏は出廷を拒否。裁判所は原告の請求を認めたものと見なし、マンションの明け渡しや滞納額の支払いを命じる判決を下した。

 英夫氏は1952年2月生まれ。芦屋大学卒業後、ソニーの子会社CBSソニーなどに勤めた。78年、親の反対を押し切って女優の岡崎友紀氏と結婚したが、長続きせず81年に離婚した。この時、昭夫氏は長男にソニーを継がせるのは無理と考えたようだ。

 造り酒屋の15代当主になるはずだった昭夫氏は、家業を継がなかった負い目を引きずった。晩年は英夫氏を盛田家の16代当主として、造り酒屋を継がせることに心血を注いだ。
85年にソニーを退社した英夫氏は、一族の資産管理会社レイケイ社長に就任。同社はソニーの株式を保有する筆頭株主だった。世はバブルの真っ最中。全国的にリゾートブームに沸き返り、空前のスキーブームがやってきた。

 そこで英夫氏は、レイケイが保有する大量のソニー株を元手に事業に乗り出した。最初に手掛けたのは新潟県妙高市でのスキーリゾート施設「新井リゾート」。500億円を投じて欧州の高級リゾート施設を模した、洒落た造りのホテルと広大なスキー場を建設した。93年に開業した頃にはすでにバブルは崩壊、スキーブームは去っていた。開業時から経営危機に陥った。

 昭夫氏は英夫氏には甘かった。新井リゾートが失敗すると、レイケイが保有するソニー株式を売却して尻拭いした。

●止めを刺された御曹司

 93年11月、昭夫氏は脳梗塞で倒れた。昭夫氏が再起不能になると、英夫氏は新井リゾートの失敗を取り戻すために、レイケイが保有するソニー株を担保に再び資金を調達、さまざまな事業に投資しては失敗を繰り返した。

 ITバブル到来でソニー株が急騰していた99年、米コロラド州の大規模スキー場を100億円で買収した。ソニー株が担保だから、外国銀行は買収資金を気前よく貸してくれた。英夫氏の事業家としての致命傷となったのが、自動車レースの最高峰F1レースへの参戦だ。2000年末、ルクセンブルクで関連会社を設立し、仏プジョーのF1エンジン部門を買収。念願のF1レースに参戦を果たした。

 だが、ITバブル崩壊でソニー株は急落。外国銀行は融資を引き揚げ始めた。そのため金食い虫のF1ビジネスを続けることができなくなり、関連会社は01年11月に現地で倒産。最終的に230億円の巨額な損失を出した。

 これらの失敗と贈与税の追徴課税(65億円)を払えなくなったレイケイは、05年6月に解散。英夫氏の事業が失敗するたびにレイケイはソニー株式を次々と売却。持ち株はすべて失った。レイケイが保有していたソニー株は、一時2000億円以上の資産価値があった。レイケイは95年にはソニーの筆頭株主だったが、10年後の05年には大株主名簿から名前が消えた。御曹司の道楽でソニー株式をすべて失い、盛田家はソニーのオーナーではなくなった。

 英夫氏に残されたのは、一族が江戸時代から営む造り酒屋の社主の座。酒造会社の盛田株式会社から分割した資産管理会社、盛田アセットマジメントを拠点に再起を図る。03年、盛田アセットが東証2部上場のマルキン忠勇(現ジャパン・フード&リカー・アライアンス=JFLA)を買収し、英夫氏は会長に就き、再興を目指してきた。JFLAは、延期していた9月決算を12月7日に発表することを決めた。定時株主総会は12月29日を予定している。

 英夫氏は最後の砦だったJFLAからも追われることになる。昭夫氏の御曹司ということが唯一の信用だったが、もはや英夫氏を相手にする経済人はいない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010004-bjournal-soci


4. 中川隆[-7333] koaQ7Jey 2017年6月27日 07:14:47 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

生活を落としても生き残る「したたかさ」を身につける方法

現在よりもダウングレードした環境で生き残らなければならない状況に、私たちはいつでも陥る可能性がある。

経済的に困窮すると、生活をダウングレードしなければならない。あるいは国外に出ると、日本よりも格段に経済レベルの落ちた環境を受け入れなければならない。

生活をダウングレードすると何が待っているのか。それは、今よりも清潔度が落ちる環境だ。

なぜそうなのかは逆に考えれば理解できる。不潔な状態というのは誰にとっても快適ではない。だから経済的に豊かになると、まず「清潔さ」を手に入れようとする。

自分自身も薄汚れた服を捨てて清潔な服に買い換える。自分自身をも清潔にしたいので、シャワーや風呂が付いている場所に引っ越す。引っ越し先は、今よりもきれいな場所になる。清潔さが快適だからだ。

清潔さを維持するには金がかかる。しかし、それは金を払う価値があると誰もが知っている。だから、生活のアップグレードは清潔さの追求になるのである。

逆に言えば、ダウングレードは「清潔さ」を失うということだ。ということは、生活をダウングレードするために必須となるのは、今よりも清潔ではない環境を受容できる精神力であると言うこともできる。

清潔さが当たり前に思っていると質が落とせない

どこの国でもいい。外国を巡って日本に降り立つと、真っ先に感じることがある。それは、日本という国は、とことん「清潔」であるということだ。

清潔と言えば、シンガポールも負けていない。しかし、そのシンガポールを上を行く「清潔さ」を、日本という国は持ち合わせている。

しかし、この「清潔」を失いたくないという気持ちのままでいると、不潔な環境を受容できる精神力が弱ってしまい、生活をダウングレードしても生き残るしたたかさが弱る。

わざわざ不潔を好む必要はないし、日本社会を不潔にしろと言っているわけではない。清潔を追求する日本社会は世界でも稀に見る美しい文化を生み出している。それは誇るべきだ。

しかし、その清潔さにどっぷりと浸ってそれが当たり前のように思っていると、生活の質を落とさなければならない局面で気持ちが折れる。

地を這って泥水を飲んでも生き残る強さやしたたかさは、まずは清潔ではない環境でも生き残れる耐性を必要とする。

だから、清潔である環境を当たり前と思うのは若干、危険なことではある。

経済的に困窮したときや、人生の下降局面で生活のグレードを落とさなければならないときに、それができない。気持ちがどうしても対応できないからだ。

そうしているうちに、もっと悪い環境に落とされて大きな精神的ダメージを受ける。

いざとなったら自ら生活をダウングレードして平然と生きていける人は強い。

どんな環境でも生き残れる人というのは、今より清潔さの劣る環境に放り込まれても、それに対して耐性を持っているということでもある。


不潔を気にしていたら、海外では生きていけない

日本は世界でも有数の「清潔国家」だ。ということは、日本人が海外に出ると、だいたいは日本よりも劣る清潔環境に直面するということになる。

海外では欠けた皿、ガタガタのテーブル、埃が舞い、ハエが飛び交う中の食事など、どこでも当たり前にある。コップの底は水垢で黒くなっているようなものも使われている。

食べ物に虫が入っていることさえある。

日本ではそんな不潔なものは、すぐに撤去されてしまうだろう。インターネットに書き立てられて大批判にさらされ、店じまいを余儀なくされるはずだ。

東南アジアやインドの安宿は日本の環境で言えば、想像を絶する不潔さである。

ベッドはすでに前の人の汗の臭いがすることもあれば、シーツをまくればトコジラミが棲息している跡がびっしりと残されていることもある。(トコジラミ。部屋に入ったらベッドのシーツをまくって裏を見ろ)

剥がれた壁、埃とゴミだらけの床、カビだらけの浴室、這い回る虫、天井から落ちてくるヤモリ、水道の蛇口から出てくる茶色の水……。

海外ではそんなものは普通なのである。

そんなことをいちいち気にしていたら、生きていけないというのが実情だ。

繰り返すが、「清潔」であることが悪いとは誰も言っていない。清潔であることは素晴らしいことだし、誰でもそれは認める。

しかし、限りない清潔さを求め、それを法律化し、少しでも規則が破られれば大騒ぎしていると、社会は清潔になるだろうがそれによって失うものもかなりある。


それでもなお生き残る「したたかさ」を身につける

あまりに清潔さを追求してばかりいると、社会はおおらかさを失い、柔軟性を失い、清潔さのためにコストばかりがかかる世の中になってしまう。

野菜に土がついていたら苦情、虫がついていたら苦情、少しでも傷んでいたら苦情、色や形が揃っていなければ苦情……と万事がその調子でやっていたら、その分だけ製造も管理もコストがかかって大変なことになる。

清潔さを維持するにはコストがかかるのだ。

すべての商品にそうした厳密な清潔さを求め、そこに法規定まで重なると、清潔さは格段にアップするかもしれないが、社会の柔軟性は極度に悪化する。

これは、海外に長くなった人が日本に帰ってきたら誰もが口にすることだ。

「日本は何か息が詰まる」
「日本はみんな縛られているように見える」

日本人の清潔志向が行き過ぎると、自ら生きにくい社会を作り出すことになってしまう。日本人自身が「自縄自縛のワナ」にかかってしまうのだ。

さらに悪いことに、その清潔さに子供の頃から慣れてしまうと、今度はそれより劣る環境に対する耐性が持てなくなる。無理やりそこに放り込まれると、激しい失意や恐怖に陥る。

社会が清潔になりすぎると、今よりもレベルの落ちた環境を不潔に思い、精神的に対応できなくなってしまうのである。その気持ちが人生の困難なときに訪れる生活のダウングレードを難しくする。

どうすればいいのか。

生活を落としても、どん底に堕ちても、社会がめちゃくちゃになっても、国外の貧困地区に堕ちても、それでもなお生き残る「したたかさ」を身につけるには、そうした世界を最初から知っておけばいい。

どこかで最初から体験しておくのである。若いうちは安い地区の古いアパートから始めるのもいいし、そうでなければ積極的に海外に出てみるのもいい。

知らないのと知っているのとでは、その許容度はまったく違う。貧困から這い上がってきた人が精神的に強いのは、また落ちたとしてもその世界自体を知っているからである。

知っていれば恐怖はないし受容も早い。

何らかの不運が重なっていったん落ちても、素早くダウングレードした生活に馴染んで、そこから這い上がる方向に集中することができる。

世の中、何が起きるのか分からない。今よりも悪いことも必ず起きる。いつでもダウングレードできる人間は、できない人間よりも生き残れる強さを持つ。

今の清潔さを失っても問題ないと言って生きていける人は、したたかだ。


あいりん地区の安宿の廊下。世の中、何が起きるのか分からない。今よりも悪いことも必ず起きる。いつでもダウングレードできる人間は、できない人間よりも生き残れる強さを持つ。
https://www.bllackz.net/blackasia/content/20170627T0353560900.html


5. 中川隆[-12800] koaQ7Jey 2019年1月22日 16:12:40 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22225] 報告

なぜ年収数億円の有名人が破産する?私たち庶民にも参考になるたった1つの防衛策=鈴木傾城
https://www.mag2.com/p/money/624967



年俸10億円以上も稼ぐスポーツ選手が引退後に自己破産するケースは珍しくない。それはなぜか。それを理解すれば、私たちがお金持ちになる方法も見えてくる。

米国のスタースポーツ選手は引退後、70%以上の確率で破産する

誰もが憧れるスーパーヒーローが自己破産

アメリカの調査機関やスポーツ誌の独自調査によると、アメリカのフットボール選手やバスケットボール選手が引退後に自己破産(ブローク)に追い込まれるケースは70%から80%になると報じて大騒ぎになったことがある。

アメリカのこうした華々しいスポーツ選手たちの年俸は1億円や2億円レベルではない。10億円、20億円、スーパースターでは100億円以上もの収入を得ている。にもかかわらず、彼らは一文無しどころか莫大な借金を抱えて「自己破産」してしまう。

メジャーリーグのスター選手であったカート・シリングは、現役時代に日本円にすると約125億円を稼いだが、現役を引退して10年後には財産をすべて使い切り、自宅も記念品も何もかも失った。

ナショナル・フットボール・リーグのスターだったキース・マッキャンツも、ヨットに高級マンションに高級車を買いまくって、あっという間に破産に追いやられていった。

キース・マッキャンツのさらに上をいったのがアントワン・ウォーカーだった。現役時代に122億円を稼いだのに、やはり贅沢と浪費に明け暮れて、結局は有り金をすべて使い果たした。

北朝鮮と関わりが深いデニス・ロッドマンも、現役を引退すると一挙に破産寸前にまで追い込まれている。

100億円以上を使い果たせるというのは尋常ではないと思うが、贅沢に明け暮れればすぐにカネは消えていく。

次々と破綻していった著名人

ボクシングの元ヘビー級王者マイク・タイソンも、20年の現役時代で230億円以上稼いだ。しかし、宮殿のような豪邸に高価なスポーツカー、放蕩、離婚、訴訟とトラブルが続き、2003年には21億円もの借金を抱えて自己破産に追い込まれている。

ボクシングで言えば、かつてモハメッド・アリと戦ったジョージ・フォアマンは、45歳で再度ボクシングの世界にカムバックしている。「老いても戦えることを見せてやる」という意地があったと言われ、勝利を収めたときは世界中で新聞の一面を飾った。

しかし、実はフォアマンがリングに戻ったのは「老いても戦える」ことを見せつけるためではなかった。このとき、フォアマンは現役時代で稼いだ大金をすべて使い果たしていてホームレス寸前になっており、もはや老いてリングに戻るしか稼ぐ方法がなかったからである。

日本で最近になって有名になったフロイド・メイウェザーも、あだ名が「マネー」と言われるだけあってガツガツとカネを稼ぐことで有名なのだが、稼いだカネをやはり贅沢に蕩尽して税金滞納や債権の未払いなどカネのトラブルがついて回っている。



ミュージシャンで言えば、マイケル・ジャクソンも全身麻酔薬プロポフォールで死ぬ数年前からほぼ破産寸前になっていて、資産が莫大にあるどころか、負債額は400億円以上にものぼっていた。

エルトン・ジョンも総資産は200億円以上もあったが、2001年に破産の憂き目を見た。ビリージョエルも稼いでは破産し、破産しては稼ぎ、そうかと思ったらまた破産するという破天荒な人生を送っている。

マービン・ゲイも現役時代から浪費や離婚で財産が吹き飛び、ドラッグに溺れて咽頭生活を余儀なくされて、最後は父親に撃ち殺された。ジャズの巨星チャーリー・パーカーもドラッグとセックスに溺れ、稼いだカネはすべて蕩尽して一文無しになった挙げ句、34歳で死んだ。

白人のジャズ・トランペッターだったチェット・ベイカーも、ドラッグに大金を注ぎ込んで晩年は生活保護だった。スタイリッシュなR&Bを歌うトニ・ブラクストンも、高級ホテル連泊、カジノ、ブランド、大金をかけたバケーションなどで2度も破産に追い込まれている。

浪費に歯止めがかからない

俳優で言えば、2018年9月6日に死んだバート・レイノルズは晩年は破産寸前になっていた。ニコラス・ケイジも破産寸前に追い込まれ、ジョニー・デップも生活費が月に2億円超えの「利己的で無謀かつ無責任なライフスタイル」で破産に追い込まれる確率が高まっている。

ドン・ジョンソンも、キム・ベイシンガーも途方もないカネの使い方で破産、最近ではケリー・ラザフォードが自己破産した。こうしたセレブの巨額浪費と破産は毎年のように報道され、そしてこれからも新たなセレブが新たな破産を発表する。

言うまでもないが、莫大な金を稼ぐ人が破産してしまうのは、稼ぐ以上に使うからでもある。

抜群の知名度と実力のために、少し働けば莫大なカネが転がり込んでくる。まるで触ったものがすべて黄金に変わるギリシャ神話のミダス王のように、自分が関わったらそれがすべてカネになる。だから、このような考え方になる。

「欲望を制御する必要はない。いくらでもカネが使える。なくなっても構わない。また稼げばいい」

しかし、人間の実力は永遠ではない。能力は年齢と共に失われていく。しかし、人気や実力が落ちたり、年齢のせいで技能や容姿が衰えてしまって明らかに収入が減っているにも関わらず、彼らは生活を格下げすることができない。

生活を戻すというのは、贅沢と浪費に慣れきった人間にはドラッグを断つ以上に難しいものなのである。

実業家でも資産家でも、いったん成功すると必ず生活をアップグレードさせる。豪邸を買い、良い車を買い、美しい女性を囲い、着ているものに金をかけ、趣味に大金を使い、他人に気前良く金をばらまく。

そうした栄華に染まってしまうと、全盛期が終わっても浪費に歯止めがかからない。

絶対に破産しないための生き方

いくら莫大なカネを稼ぐ能力があったとしても、自分自身の欲望をコントロールできないと、カネは底の抜けたバケツに水を注ぐのと同じで一滴も残らない。

カネが入ったからと言って、それを高級マンションに高級車に高級料理に注ぎ込んでいると、1億円あっても2億円あっても足りない。いや、10億円あっても20億円あっても足りないだろう。

生活は常に「収入>支出」という単純な公式によって成り立つかどうかが決まる。資本主義社会において、この公式から逃れられる人はいない。

年収が10億円あっても、年間20億円を使っていたら自己破産するしかない。逆に、年収が300万円であっても、年間100万円しか使わなかったら200万円が残る。

自分の欲望をコントロールすることができて、年間100万円で生活できる人は年間300万円の収入で十分にやっていけるし、地道にしていればカネも貯まるし、淡々と末永く暮らしていける。



「収入>支出」

たった、これだけのシンプルな「たった1つのルール」を守って生きるだけで、私たちは資本主義の中で破産せずに暮らしていくことができる。このルールを守っていると、常にカネが手元に残るので破産したくてもできない。

自制が効くお金持ちがやっていること

さらに精神的余裕のある人は、節約して貯まったカネを運用に回して利息を稼ぎ、その利息もまた貯めて運用に回すので、ゆっくりだが確実に資産を膨らませていくことができる。

頭の良い人は「収入>支出」のルールを1つの公式であると気付き、それを強化した公式を持っている。それは以下のものである。

(収入−支出)+ 資産 × 運用利回り

この公式こそが、現代の資本主義で「絶対に破産しないための生き方」を示すものなのだ。言ってみれば「生き残りのための公式」とも言うべきか。

ただ、一部の人は頭でこの公式を知っていても、自分の人生で実際に使いこなすことができない。

なぜなら、本能のまま、欲望のまま、気の向くままにカネを使ってしまうからだ。自分を律することができないからだ。一定の歯止め、コントロール、自制が効かないからだ。

長い人生の中で、自制が効く人と効かない人は、真逆の結末を迎えることになる。果たして、あなたはどちらのタイプだろうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
リバイバル3掲示板  
次へ