★阿修羅♪ > 戦争a9 > 341.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
藤田議員が「たかじんのそこまで言って委員会」で9・11疑惑を提起
http://www.asyura2.com/09/wara9/msg/341.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2009 年 6 月 15 日 00:34:31: XrXUVCoFJUfoI
 

参議院外交防衛委員会で9・11事件の公式説に疑問を呈した民主党の藤田幸久参議院議員が、読売テレビ系列で6月14日(日)午後に全国放送(関東地区を除く)された『たかじんのそこまで言って委員会』に出演し、ハイジャック犯はまだ今も生きている? ハイジャックされた航空会社に対する株の大量「ブットオプション」があったのはなぜ? ペンタゴンに航空機は突入していない? 航空機が突入してもいないWTC7号棟はなぜ6.5秒で倒壊したのはなぜ? FBIの公式サイトではオサマ・ビン・ラディンは9・11の首謀者とされていない、などの事例を上げて9・11疑惑を提起した。

【関連サイト】藤田幸久 Blog - 「たかじんのそこまで言って委員会」に出演します!
http://www.election.ne.jp/10870/77644.html

このプレゼンテーションに対して、田嶋陽子(元参議院議員)だけが「信じる」と肯定、だがそれ以外のパネラー、三宅久之(政治評論家)、重村智計(早稲田大学教授・元毎日新聞論説委員)、デーブ・スペクター(TVプロデューサー)、勝谷誠彦(コラムニスト)、宮崎哲弥(評論家)、山口もえ(タレント)、桂ざこば(落語家)は全員「信じない」と否定した。

藤田議員に対して、とくにデーブ・スペクターだけが「あんた、馬鹿でしょ!」「あんた、頭おかしいんじゃないの!」「くだらないんだよ、あんたの言ってることは!」と執拗に馬鹿呼ばわりして人格攻撃をしかけ、勝谷誠彦から「デーブがCIA(の工作員)だとわかった」とまで揶揄される始末。ちなみにデーブ・スペクターはあるレポートの「デーブさんあなた、モサドでしょう?」との問いかけに「ああ、そうだけど」と肯定しているが…

また宮崎哲弥は「陰謀論がテロを増長させる」と主張するアンチ陰謀論者で、かつて同番組で藤田議員の9・11国会質疑を「周りが止めるべきなんだよ」と批判した御仁だが、今回は案外おとなしく、藤田議員の著書『9.11テロ疑惑国会追及』を番組中に手にとって開きながら博識ぶりを見せびらかした。

藤田議員は、パネラーらから「それじゃ、9・11事件は誰が起こしたんですか?」「犯人は誰なんですか?」とたびたび質されたが、「私にはわかりません」と答えるにとどめ、疑惑がある以上、24人もの邦人が命を落としているのだから日本政府はアメリカ政府に対して説明を求める権利がある、と一貫して主張した。

今回の番組はウルトラ企画「陰謀説ゴングショー」というテーマで6人の刺客を迎え、藤田議員のほかにも以下のプレゼンターが登場し、さまざまな陰謀説を紹介した。
・天木直人(元外務省高官)「日本にはCIAの手先がウジャウジャいる」
・須田慎一郎(経済ジャーナリスト)「大企業が闇組織と組んで日本経済を食い物にしている」
・朴 一(大阪市立大学教授)「大韓航空機爆破事件は韓国の自作自演、は韓国政府が捏造したもの」
・ベンジャミン・フルフォード(ジャーナリスト)「世界は秘密結社イルミナティに支配されている」
・勝谷誠彦「オウム真理教事件の背後には外国勢力の陰謀が関わっている」

なお、番組ホームページでは現在、アンケート調査「あなたが気になる「陰謀説」は何ですか?」(調査期間:2009年6月21日(日) 13時30分まで)が実施されているので、各自投稿されてみてはいかがか?

たかじんのそこまで言って委員会
http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争a9掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。