★阿修羅♪ > 経世済民69 > 408.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「非常事態」宣言したFRB議長
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/408.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 8 月 01 日 01:25:01: xbuVR8gI6Txyk
 

(回答先: 日本の輸出企業に影落とす円高 投稿者 gikou89 日時 2010 年 8 月 01 日 01:23:37)

http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp100728.html

米国のバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会で、同国経済の見通しについて、「非常に不確か」と明言した。背景にはまず第一に、6月の小売売上高や住宅着工件数が2カ月連続して減少になったことや失業率が10%近辺で高止まりし、ほとんど改善が見られないことなど、景気の再悪化を示す経済統計が相次いでいることがある。このため、昨年末から今年初めにかけて盛んだった「出口戦略」は鳴りをひそめ、「景気二番底」「デフレ」懸念が台頭している。
 第二に、米国民の過剰消費体質が「根」となって起こっている財政収支と貿易収支(経常収支)の「双子の赤字」というマクロ的不均衡が改善するどころか、ますます悪化しているという問題がある。これは要するに、米国の貯蓄不足(資金不足)がますますひどくなっているということでありその分、海外からの借金に依存する度合いが強くなっていることを意味する。一昨年2008年初秋のリーマン・ショックが、本来、銀行、証券会社、不動産会社を一体として行うべきであった監督行政(プルーデンス政策)が銀行のみを対象としてしか行われなかったことに直接の原因があることは確かだ。

 しかし、プルーデンス政策の失政以前に、米国政策当局が自国経済のマクロ的不均衡を解消できなかったことが、米国発国際金融危機の真の原因である。今月21日、同国で金融改革法が成立したが、マクロ的不均衡解消の正しい道筋を示さない限り、金融危機の再燃を阻止できるか、効果に疑問なしとしない。

 さて、バーナンキ議長の発言は、「非常事態宣言」と捉えるべきだろう。リーマン・ショックを克服するため、広義の金融機関の救済と景気対策のため、日本円で70兆円もの巨額の財政資金を投入したのだが、それでも効果ははかばかしくなかったのである。景気回復の足取りは鈍いし、ニューヨーク連邦準備銀行には民間から買い上げた巨額の不良債権が積み上がっただけだ。また、その巨額の財政資金は最終的には米国民の税金によって賄わなければならないが、果たしてそれは可能なのだろうか。

 国外の環境も悪い。ギリシャの財政危機がスペインやイタリアなど経済の規模が大きい欧州諸国に波及すれば、対欧輸出の割合の大きい米国は輸出も打撃を被る。内需のグロース・リセッションも考慮に入れれば、ダブルパンチである。米国経済の最大のアキレス腱は、軍事超大国でありながら、世界最大の対外純債務国であるということだ。

 その汚名を返上するためには、米国民がキリギリスではなく、アリとなって額に汗して働き、外貨を獲得し、借金を返していかなければならない。しかし、米国はその正当な道を歩むのではなく、「基軸通貨国の特権」に甘えて、財務省とFRBが共謀してドルを刷って「返済」する道を選択する公算が大きい。このため、識者の間では、世界最大のソブリン・リスクを抱えている国は実は、米国だとの観測が次第に強まっている。

 筆者が、著名な国際政治経済アナリストに聞いたところによると、今秋以降、本格的な国際金融危機が再燃し、戦後の(修正)ブレトンウッズ体制(ドル基軸通貨国際経済体制)が音を立てて崩壊し始めるという。その条件は次第に整ってきているのではないか。経済無策の菅直人首相は一刻も早く退陣し、日本経済再建を果たすとともにブレトンウッズ体制に代わる国際経済体制の構築に貢献できる強力な政権を樹立すべきである。

(ポン太)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月01日 08:44:37: irUHSkXrF2

>このため、識者の間では、世界最大のソブリン・リスクを抱えている国は実は、米国だとの観測が次第に強まっている。

この認識がポン太さんの思い過ごしであることを祈りつつ、もし、そうでない場合、あえて聞きたい。

そういう認識を最近になって強めてきた識者って...”識者”という言葉自体ふさわしくない程バカタレのはなたらーしと考えているのですが...

識者というからにはもっと早い段階で気づかなきゃネーー!


02. 2010年8月03日 12:24:46: e5luvsRqHU
≫米国民がキリギリスではなく、アリとなって額に汗して働き、外貨を獲得し、借 金を返していかなければならない。

その通り! いいこと言うねえ。
日本と同じく、安月給で夜遅くまで働いて
貸した金早く返せっていうんだよ。
日本人に働かせて、日本人が夜遅くまで汗水流して
稼いだ金をゴソっと収奪してきたんだ、奴等は!

6京円ものドルを印刷機で刷りまくり
価値のない紙切れが世界中で
水浸し状態になってしまっている。
マネーゲームでいつまでも
いい暮らしができるわけないじゃないの。
内戦が起きて6カ国に分裂する前に
借金返せよ、アホ共。


03. 2010年8月03日 15:38:35: 6i9UrJsHdU
アメリカがいきなり産業国に復帰するというのはとても想像がつかんですけどねえ。

だいたい、アメリカの国内産業を復活させるにはものすごい額の投資を必要とする。
米国内の雇用も推進して米国企業は膨大な人件費を負担しないといけないけど、
今までの新自由主義理論に真っ向逆らう経営が米企業に出来るのか。
5年やそこらで方針転換が出来るとはとても思えない。現在はむしろ、全く逆に
リストラを加速させてるんじゃないですかね。


04. 2010年8月04日 12:48:16: U2KsiSjDKA
国際資本のやることです。
ドル流通停止と、一定金額まで交換限定のアメロの新紙幣発行。
1946年216日の預金封鎖と新円交換という経験を日本は経験しています。
これでアメリカ資本は国内外債務を一切チャラにして、仕切りなおし。
日本は、所有するアメリカ国債を紙くずにされて、中国の経済圏に組み込まれるしか生きられなくなります。
勿論、あくまでも一時的にですが、ゴールド金価格は一気に暴騰します。
何時の世も重要情報と特権を何一つ持たない一般国民が泣くという筋書きです。

05. 2010年8月04日 18:30:08: IzVvOPXZaQ
>1
「識者」というのは一般に大学教授やシンクタンク系のエコノミストで、そういう人はおおむねそういうことを言ってないが、そういう人の中にもそういうことを認め始めた連中が出てきたと言うことを言ってるんじゃない。だから、事態が本当に大変になってきたというだろう。好意的に解釈すればだけど。
米国経済が立ち直るというのは難しいと思うけどね。結局、ネオコン一派が極東とか中東とかで戦争をおっ始めるんじゃない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧