★阿修羅♪ > 経世済民69 > 596.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
いまのゴールドの世界 = アメリカ、イギリスのニセ金塊が世界に出回っている(船井幸雄の「先週のびっくりより」)
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/596.html
投稿者 Orion星人 日時 2010 年 8 月 27 日 15:05:02: ccPhv3kJVUPSc
 

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

 私のところへ、もと船井総研の社員だった吉田義幸君が毎月「よしだ学校」という月刊会報誌(?)を送ってくれます。彼はいまコンサルタント会社を経営しています。
 先週、それの8月号を読んでいて「びっくり」しました。
 つぎのような「ある有名人」の書いた文章があったからです。

 2008年初頭エチオピア中央銀行から南アフリカに輸出された金塊がニセモノであることが判明した。この金塊は2003年にイギリスから購入したものであった。         
 2009年10月中国はアメリカより金塊を購入した。念のため3本を取り出し穴をあけて調べたところ、タングステンに金メッキしたものであることが判明した。
 中国が調査を開始、15年前にアメリカの精錬施設を用い64万本のニセモノを作成しアメリカ財務省金管理庫へ運ばれたことが判明した。この金塊は不法に売却され世界中に広まっているのだという。
 2004年4月14日世界屈指の投資銀行ロスチャイルド・アンド・サンズ社は金を含む商品(コモディティー)取引から撤退すると表明した。1919年より金値決めの中心的役割を果たしてきた胴元が役割を放棄したのはアメリカ、イギリスのニセ金塊が世界に出回っていることを知り責任から逃れるために降りたといわれている。
 2004年にロスチャイルドが降りてから金価格は上昇を続けている。アメリカは国家破産(デフォルト)を逃れるためニセ金塊を作り続けており、今、世界に出回っている金塊はタングステンに金メッキしたものであり、重さも見た目もまったくわからないという。
 日本でニセ金塊が見つかれば政府は即座に「金管理法」(昭和28年7月15日)に基づき実態を公表するに違いない。そうなれば金の取引は停止され資産として持っている金は凍結されてしまう。資産と思っていたものがガラクタだということになる(転載ここまで)。

 さっそく吉田君に問い合せました。
 彼は、この原稿執筆者だけでなくインターネットなどで調べて大量の詳しい返事をくれました。
 どうやらこの記事は正しい可能性が高いようです。あまり、びっくりしない自分に「びっくり」しました。
 このことは、8月の船井塾で紹介しましたが、まさにびっくりです。
 なお吉田君のオフィスの電話番号は06−6920−1531、FAXは06−6920−1532です(HP: http://www.y-office.jp/index.htm)。詳しくは彼にきいてください。多分、教えてくれるでしょう。
                                             =以上=  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月27日 15:21:44: a3foSY19sk
金100%の純金のインゴットは暴騰します。ロンドン市場は現物なしの取引実態と見られ、もし投資家が全て現物を求めれば、市場はパンクします。ロン・ポールが50年前から行われてないフォートノックスの会計検査を求めていますが、これが実現すれば、とんでもないことが起こるでしょう。シルバーは金異常に空売りがあり、実態はJPモルガンが必死でポジションを守っていますが、実態がわかれば、破産でしょう。みんなで銀を買えばFRBが破綻する糸口になるでしょう。

02. 2010年8月27日 16:50:36: p7pBuidOLQ
12.5kg(400トロイオンス)が64万本で、8000トンの金塊。
ほぼ米国保有量。1kg=350万円で28兆円。
米国製と英国製の現物を交換してもらえばよいではないか。

03. 2010年8月27日 17:39:57: 3I4NA0Q7bg
船井幸雄とかいう詐欺師のおっさんの記事なんか投稿するな!

04. 2010年8月27日 20:44:19: AQqyLULhMc
電気抵抗が違うんだから、穴を開けなくても簡単に判別できるはず

05. 2010年8月27日 20:54:28: NO9tp8SS3U
>>04

周りを金が覆ってるんだ。金が溶けるくらいの大電流ながさんと
差異は観測できねーよ。知識もねーくせに、えらそうなこと書く
な。


06. 2010年8月27日 21:13:45: AQqyLULhMc
メッキ=薄い金なら電流で判るよ。
厚い金で覆っているなら超音波を使えば境界で反射してすぐ判る。

07. 2010年8月27日 23:31:01: 3GltcCOHDg
柔らかい金の中に、砲弾に使われるくらい硬いタングステンが入っていれば、弾性波測定すれば違いが出る筈。

弾性波測定器のメーカーが、金塊の弾性波測定に使える測定器を使って非破壊試験出来るようにすれば良い。
発売すれば飛ぶように売れるのでは?


08. 2010年8月27日 23:33:03: 3GltcCOHDg
>>07
金塊の弾性波測定に使える測定器を使って非破壊試験出来るようにすれば良い。×

金塊の弾性波測定に使える測定器を作って非破壊試験出来るようにすれば良い。○


09. 2010年8月28日 09:43:09: hnDzhy64Mk
ここまで来ると、アメリカの終焉も近いなという感じだ。
早速、金塊の非破壊試験装置の必要性が高まってくる。
アジア地域では、古来より金塊のスライス検査が主流だったわけだが、ハイテクの
非破壊試験装置ということになると日本の出番だろう。
世界標準を日本が出すべきとだろう。

10. 2010年8月28日 10:19:11: K6AEu7ybNI
>>01
> みんなで銀を買えばFRBが破綻する糸口になるでしょう。

FRBが破綻するのは構わんが、買ったはずの銀は現物が来ないわ、経済は崩壊するわで自分も大損ぶっこくのでは?


11. 2010年8月28日 11:38:00: xqdNZxNgjc
今こそ、緊急に読みべき本はこれだ!
ニセ金塊のことも、みんな書いてある!

鬼塚英昭著『金は暴落する! 2011年の衝撃 
               ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く』

この本の第6章は、同時崩壊する「金のバブル」と「中国のスーパーバブル」
である。

金価格の高騰、中国経済の成長は、連動して操作されてきたのである。
無論、仕掛け人は、ロスチャイルドと金融エリート集団である。
今、世界中の金地金は、ほとんどがスイス、残りが香港(HSBC)に移管され
ている。
何のために?
2011年後半、高騰を続けてきた金価格は、一転下落へと転ずる。
2012年、人類史上、未曾有の大恐慌が世界を襲う!
その後、金に裏打ちされた新しい国際通貨(元・香港ドル?)が登場する!


12. 2010年8月28日 12:20:03: hnDzhy64Mk
今こそ、緊急に読みべき本はこれだ!
金暴騰のカラクリが、みんな書いてある!

両極を書いてたら、どちらか当たるってか?w
節操ないのこと

日経新聞を死ぬまで読んでも解らない金の値段の裏のウラ [ハードカバー]
鬼塚 英昭 (著)
内容紹介
ファンド・投資信託が軒並み崩壊する中、金の価格が上昇しています。アナリスト諸氏は「不透明な経済情勢下、資金が金市場へ」などと説明してますがそんな解説では理解不能の急騰ぶりです。実は金の高値の背景には、スイスを中心とする国際金融マフィアの永年の戦略が存在しているのです。国内外の資料を駆使してゴールドの世界の裏面史をえぐり、近未来の金価格までを大胆に見通し、世界経済の大きなカラクリを暴きます。

「金(ゴールド)価格は月に届くほどに上昇する」
「かならず経済的な大惨事が訪れる」
「世界経済は崩壊の危機に立つことになる」
「金を持っていれば、そうした状況でも自分を守ることができる」
本書を読めば、これらが「予測ではなく必然」であることが理解できます。


13. 2010年8月28日 15:24:03: Fg2bMMxgBw
 金の話題は注目度高いですね。

 ニセモノが存在するから、そのもの全てを凍結するってのは、合理的な思考とは考えにくい。  じゃあ、偽ドルが世界中に出回っているから、世界中のドルを
凍結するのかな?

 今日の話題は、”ドルジャブジャブによる通貨価値低下懸念から金が買われている。” という基本路線から少しずれた議論のように思う。

 当面、投機的な動きで乱高下させる”ネタ”では?


14. 2010年8月28日 17:46:29: kFC5TEBIb6
偽物の金の中にはコインも含まれてんのかな?
プラチナ、銀は大丈夫でしょう?

15. 2010年8月28日 18:35:03: IG8Tyr3kTs
FRBが危ないから日本の郵貯銀350兆円が狙われる。
亀井静香が追い落とされる。

アメリカは日本の「思いより予算」と「グアム移転費」が欲しいから
社民党が政権から追い出される。


16. 2010年8月29日 02:50:45: LZqGr3uYYs
基本的に金のインゴットは、5年ごとリファインして新しいホールマークを付けます。金の純度は100%リファイン(再精錬)しなければ、全体の純度は分かりません。リファインの後必ず、精錬所の証明書とシリアル番号が付けられます。
それが、5年を超えていると買い手はリファインをした後、純度が証明されて代金を支払います。此れが、現在の取引のやり方ですが、件の南アフリカのものは5年ないですから、リファインはまだされていないと思いますが、若し、リファインされてそのようなものであった場合ホールマークとシリアル番号を出したりファイン工場・会社の責任亜多大なものになりますから、幾ら頼まれてもそのようなものを作るわけがないと思います。唯、なんでも存在するのが世界ですから、そのようなものもあるのかもしれませんが、実際の取引には使われる事はありえないと思います。

17. 2010年8月29日 11:40:40: LZqGr3uYYs
わたしの先ほどのコメントで以下の点への言及が抜けていました・・

>>中国が調査を開始、15年前にアメリカの精錬施設を用い64万本のニセモノを作成しアメリカ財務省金管理庫へ運ばれたことが判明した。この金塊は不法に売却され世界中に広まっているのだという<<

どの様に広まったのか?現金輸送車は最大2トン運べます。飛行機で最大200トン。これらが自由に世界にどこでも流通する事はそう、そうありません。政府対政府?中央銀行?の取引で偽者のインゴットを出す事は絶対にありません。リファインして偽者だと分かったらそれこそ笑いもの・・アッセイテスト(金純度テスト)無しで購入する間抜けなバイヤーは民間でも通常ありません。それが政府購入であれば、其の検査は厳格なもの。中国政府の購入は通常品でも厳格な購入をしていますから、金の購入であれば、それが喩えどの様な国からの売却オファーであってもアッセイテスト無しで購入、または代金を支払うようなヘマは考えあられません。中国にしてはそれこそ、超厳格な購入をするはずです。支払いをした後インゴットに穴を開けてとありますが・・そんな間抜けを中国がするはずもなく、これは単なる面白話に過ぎないでしょう。金取引はそんなに、やり取りが簡単に出来るものではありません買う方も売るほうも必死です。又、他のコメントで香港に大量にあるというコメントがありますが、所有者はバラバラです。此れを元に金本位制を導入・・云々とありますがそれを購入する資金は?何百兆円の資金になるはずですが?誰がどのような形で支払う、支払うときに使う通貨は?どうにも世界には話を面白くしたい連中が多いようですね。先ず、実態や実現可能性を良く調べるべきではないでしょうか? 


18. 2010年8月29日 16:47:59: Fg2bMMxgBw
16,17さん。  有力な情報ありがとう。

19. 2010年8月31日 05:31:45: AQqyLULhMc
ニセ金塊の話、今回は少なくとも世界に出回ってることはない派が優勢で終わったけど、
しばらくすると、また同じ話が出てくること間違いなし。
しかも今回のコメントで語られた話など無視して
(あるいは無知な人が調べもせずに)。

20. 2010年8月31日 21:28:03: hepgNLg5fw
 ところで”金暴落”の話題が最近取りざたされてますが、なにか情報ご存知の方
いらっしゃいませんか?

 もしそうなったら、”世界中の個人や中央銀行が大幅買い越し、日本のみ大幅
売りこし状態”なので日本のみが大幅に損を免れるのですね。  そんなことって
あります?   

 22日の日経によると、ここ20年間で米の消費者物価指数は7割上昇(驚!)、英で8割近く、ユーロで5,6割上昇。 この傾向はますます増しそうなので、そら代替資産(金)に換えとこうと思いますわな。
 同時期、日本は1割程度。 バブル崩壊以降、累積で随分金融緩和しまくったと思ったのですが。 よくインフレを抑えてると言っていいのかどうか? 


21. clp662pqx 2012年2月08日 08:16:49 : Ha6nvlTc7TXxs : wNgYh1szRI
タングステン入り金塊の偽物を判別する装置は既に存在致します、2年程前のセキュリティー展示会に試作品が出品されてました、軽量で持ち運びが出来、販売予想価格は100万を切っていました。

22. 2012年2月11日 10:36:37 : XfFt4lsxJw

 GINZA TANAKAで販売している地金は、すべて田中貴金属の工場で溶解、精製、分析して製造した地金です。

お客様からお買い取りした地金は、すべて溶解、精製、分析し、新しい地金に製造し直しています。地金の転売は一切しておりません。

 これは一例だが、売買する店を選べば安心では?



23. 悔しくて 2012年5月07日 16:57:10 : sldni8sdgg8ZY : iodtxsCLdI
スイスでは偽物作りは、お手のもの。昭和天皇在位60年記念金貨でも日本人は数百億円の損害を出した。もちろん偽金貨製作者はスイス人だったが、犯人はばれた後も悪びれた様子もなく、騙された方が馬鹿だと言わんばかりだった。日本政府も追及しないのでそのまま終わりになった。中国政府はそんなアマちゃんではないので、徹底的に調べる。四千年の歴史と開国150年の国では心構えが違う。IMFに1000億ドル貸付(実質的に寄付行為)したり、600億ドル出資(貸付になりそうだが。)表明したりの日本政府のやり方では子供の手をひねるよりも簡単に日本政府からお金がとれる。おまけに貯め込んだドルを金地金に交換することもアメリカのご機嫌に逆らうからとできない。外務省の役人の明治以来の子供外交のせいだ。

24. 2012年9月20日 20:47:08 : yGArwIuMME
偽ゴールドが世界で大量流通?NY宝石店が偽地金を発見
http://www.asyura2.com/12/hasan77/msg/684.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧