★阿修羅♪ > 経世済民69 > 613.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国は国産のエコノミーEVコミュータを生産するのに必要なレアアース資源を、何でそれを日本に提供するだろうか?
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/613.html
投稿者 echoman1 日時 2010 年 8 月 29 日 22:19:34: sXAD5wjz1DZ.M
 

中国は国産のエコノミーEVコミュータを生産するのに必要なレアアース資源を、何でそれを日本に提供するだろうか?  より
http://blog.livedoor.jp/mkld4001/

中国はこれから国産のエコノミーEVコミュータを生産するのに必要なレアアース資源を、何で日本の低効率でレアアースを馬鹿食いするEVのために、レアアース資源を日本に提供するだろうか?

それは、自国のエコノミーなEVコミュータを生産するのに貴重なレアアース資源を使うのは当然です。

<日中ハイレベル対話>レアアース進展なく 譲歩引き出せず

8月29日2時33分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100829-00000005-mai-bus_all

 レアアースは、磁石の原料となるネオジム、耐熱性を高めるジスプロシウムなどに代表される希少金属の総称。ハイブリッド車や携帯電話部品の性能向上、液晶のガラス基板の研磨剤などに不可欠で、中国が世界生産量の9割を占める。

2010年04月07日付け下記ブログで紹介したように、中国は自国のEV生産に集中投資が始まったようです。

自動車会社再編などしている間に、中国は今年からEVコミュータで真剣にWエコを追求中

http://blog.livedoor.jp/mkld4001/archives/cat_10044010.html

中国は真剣にWエコ(エコロジーとエコノミー)を考えてるようです。

もう、自動車会社再編などの茶番劇をしている時間はありません。

中国電動スクーター

街乗電動スクーター [エレタウン]、98,800円は安いですね。

でも、中国では3,000元前後(3,4万円)だそうです。

http://topseller.jp/store/member/eproducts/etown/etown.html

中国では北京、上海、蘇州など大都市ではガソリンエンジンのバイクは殆んど見かけません。

その代わりに電動スクーターが9割方走っています。

そのような理由で、排ガスの臭いは感じません。

寧ろ日本の方が、ガソリン臭い異臭は強く感じます。

自動車先進国の蹉跌の始まり

電気自動車を20年前導入していれば、その間にガソリンエンジン車の開発製造費用は膨大な額になりました。

200万円 X 5000万台 X 20年 = 2000兆円

この20年間で2000兆円もガソリン車に消費したことになります。

言い換えれば、2000兆円の公害投資をしたことになります。

中国の電気自動車の考え方

中国の電気自動車はコミュータEVですので、走行距離は50キロメートルも走れば十分という考え方ですので、バッテリー容量は2〜3kWhで十分です。三菱のiMievの五分の一、日産リーブの10分の一ぐらいで、とてつもない低価格EVコミュータが出現しています。

中国では2、3人乗りのEVタクシーが今年から、走り始めたようです。

恐らく、20〜30万円だと思います。

20万円 X 5000万台 X 20年 = 200兆円

これは、今後中国での20年分のEVコミュータの投資額です。

たった200兆円で、10億台のEVコミュータが生産可能です。

中国の電気自動車の将来は薔薇色

将来的には、このEVタクシー、EVコミュータはバッテリー容量が小さく、省エネ構造のため充電器が必要ありません。コミュータの屋根に太陽電池を載せれば、充電しながら走行できます。

中国の戦略を良く知らずに、交渉をする日本です。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月29日 23:29:36: wJO8Svcml6
電気自動車の最大の弱点は、室内の空調と私は考えています。
冷房が必要な場合は冷凍サイクルを構築し、電気駆動のコンプレッサーを運転させる必要があり、バッテリー電源の電力を消費してしまいます。
暖房が必要な場合は、PTCヒーターで室内を暖房する必要があり、これもバッテリー電源の電力を消費してしまいます。

四季の変化に応じて、室内の空調に電力を消費してしまうため、室内空調時は走行可能距離が、日本の電気自動車でも大きく短縮されます。

この投稿にある中国のEVは、この中の記述通りだと、上記理由からほとんど実使用(空調装置搭載前提)に耐えられないと考えられます。


02. 2010年8月30日 00:38:03: EdO4bqCK9w
EVは世界的なプロパガンダであり、実用はマダマダ先である。
新エネルギーの議論が盛んだが
石油に代わるコストが成立するエネルギー源は見えていない。
これは、原油がエネルギー源だけではなく、生活必需品に欠かせない
化学製品=プラスチックに代表される高分子化学製品に使われているからだ。
原材料から考えると、物凄い範囲で人々の生活に応用製品が使われている。
日本の場合高齢化社会からくる薬の需要増加なども石油製品だ。
このような、需要をまかない且つエネルギー源になる資源は今のところ
石油しか見当たらない。
資源を活用するインフラ(製造設備)を使ってもペイする
代替資源やエネルギーは今のところ無い。
プロパガンダ=政略・計画を見極めないと
いいように金を毟り取られるだけに陥る可能性がある。 記:D−47

03. tk 2010年8月30日 03:34:20: fNs.vR2niMp1.: 0hWcXlALAw
日本はレアアースの枯渇・輸入停止に備えて、レアアースを使った部品を使った廃品を、国家備蓄として集積しておくべきである。当分の間ゴミの山にしておいてよい。処理費用が輸入コストより安くなった時点で処理してレアアースを取り出せばよいのである。

04. 2010年8月30日 03:46:15: GGHOrsIhAU
そのうち元素転換で作れるようになるでしょう

05. hou 2010年8月30日 06:48:40: HWYlsG4gs5FRk: o7dqrRklkg
中国には、レアアースを生産的に分離する技術が無いと思われます。

其の技術は、アメリカ イギリス スイス ドイツ 日本などが主に保有して

中国の地主層は、其の技術が欲しいのでしょう。

つまり 中国の一部住人とアメリカ、イギリス等の技術を保有する会社の利害が一致している

はずです。 恐らく、其の会社は、現地法人を吸収しないといけない、今の中国政府のやり方に

反対で、技術を盗まれないように、単独で中国に進出したいのではないでしょうか?
そうすれば、中国地主層はともかく、その他は、単独進出に反対な
のは明らかでしょう

中国のリオティント買収は、その方向性を示すものだとおもいます


06. 2010年8月30日 09:45:28: AQqyLULhMc
> コミュータの屋根に太陽電池を載せれば、充電しながら走行できます。

太陽光のもつエネルギーと現在の太陽電池の効率からいって不可能。
ソーラーカーレースの車を見れば明らか。


07. 2010年8月30日 11:33:47: cqRnZH2CUM
EV普及は、まず2輪車、それに官公庁や大企業PR向け、エコな都市富裕層の買い物の足としてだろう。
そこで利益と技術を開発したものが、本格的な次世代技術戦争で勝利するのではないか。
例えば無線充電システムなど、都市では新しい充電インフラが実用域に入りつつある。
富裕な都区部では容易に実現可能だ。

08. 2010年8月30日 11:40:03: cqRnZH2CUM
それに足腰が衰えた高齢者の日常移動用の電動カートの小型化や高機能化も、潜在的な需要は大きい。十万円X数千万人として国内だけでも数兆円、今後の高齢化次第では巨額の市場規模が期待できそうだ。

09. 2010年9月01日 11:02:16: VjkggvSfjY
最近、街中でリヤカーを見かけるようになりました。
そうです、電気自動車なんて、現在の電動自転車の延長で十分でしょう。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧