★阿修羅♪ > 経世済民69 > 619.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
この走行距離は三菱iMievや日産リーフ、富士重のEVと同等以上の走行距離でしょう。恐ろしいことです。東海大学ソーラーカ
http://www.asyura2.com/10/hasan69/msg/619.html
投稿者 echoman1 日時 2010 年 8 月 30 日 19:58:47: sXAD5wjz1DZ.M
 

(回答先: 中国は国産のエコノミーEVコミュータを生産するのに必要なレアアース資源を、何でそれを日本に提供するだろうか? 投稿者 echoman1 日時 2010 年 8 月 29 日 22:19:34)

この走行距離は三菱iMievや日産リーフ、富士重のEVと同等以上の走行距離でしょう。恐ろしいことです。

実は究極のエコカーであったソーラーEV
下記の東海大学ソーラーカーは純粋のソーラーカーではなく、ソーラーEVの範疇に入ると思います。
即ち、究極のエコカーであるソーラーEVのレーシングカー版と言うことになります。

また、バッテリーもリチウムイオン二次電池(25kg 5.6kWh)を搭載してますので、
フル充電してあれば、ソーラーが効かないときでも200〜300km走れるのではと推測します。
この走行距離は三菱iMievや日産リーフ、富士重のEVと同等以上の走行距離でしょう。恐ろしいことです。

車としての本質 ソーラー付電動コミューター(EV) より
http://blog.livedoor.jp/mkld4001/archives/51326689.html

車の本質
乗用車としての本質を追求したものは、無駄のない、斑のない、無理のない、素直な、素朴な、エコな車になります。
シンプルイズベストになります。

ここでちょっと、乗り物につて考えてみたいと思います。
人間の足に一番身近な道具は、くつ、草履、下駄、長靴、
そのつぎに身近なものは、自転車、バイク、乗用自動車
それから公共の乗り物の、バス、電車、タクシー、飛行機、船
と有りますが、この内自動車だけが自家用車、マイカーと言われたり、単に乗用車、車と言われたりします。

この乗用自動車が単に乗用車、車と言われるときは、人間の足代わりとしての意味になります。
それ以外の自家用車、マイカーと言われるときは、その家の、その人のステータスの意味になります。意識をしていなくても所有感を主張している言い方になります。

これだけの意味の違いがありますが、車の本質は人間の足代わりとしての用途です。
したがって、車の本質を求めれば、ステータスとしてではなく、人間の足代わりとしての用途としての車になります。

経済的にも負担の少ない車です。
その本質の足代わりとしての経済的な車が、ソーラー付きEVでになります。
それが究極のエコカーになります。

オーディオ、テレビ、カーナビ、クーラーなどは、本来の車の用途とは別な問題です。



実は究極のエコカーであったソーラーEV
下記の東海大学ソーラーカーは純粋のソーラーカーではなく、ソーラーEVの範疇に入ると思います。
即ち、究極のエコカーであるソーラーEVのレーシングカー版と言うことになります。

また、バッテリーもリチウムイオン二次電池(25kg 5.6kWh)を搭載してますので、
フル充電してあれば、ソーラーが効かないときでも200〜300km走れるのではと推測します。
この走行距離は三菱iMievや日産リーフ、富士重のEVと同等以上の走行距離でしょう。恐ろしいことです。

東海大学ソーラーカーの実力は世界NO1
最後につぎのソーラーカーが実用域に達したことを証明しています。


東海大学ソーラーカーチームの「グローバル・グリーン・チャレンジ」優勝
太陽光のみの巡航速度, 100km/h. 最高速度, 160km/h
太陽電池, シャープ 化合物太陽電池 変換効率30% 出力1.8kW 6m2
http://www.u-tokai.ac.jp/GGC2009/challenger.html


とてもソーラーカーの性能とは思えないパフォーマンスです。
灼熱のオーストラリア大陸の3,000kmを約30時間で走破する。
東海大は箱根駅伝も優勝経験があったと思いますが、ソーラーカーレースも優勝とは凄いですね。


「グローバル・グリーン・チャレンジ」は、太陽光のみを動力源として、オーストラリア連邦のダーウィン〜アデレード間の総延長3,021kmを走破するタイムを競う世界最大級のソーラーカーレースです。

http://www.u-tokai.ac.jp/GGC2009/ggc.html

>今大会で「Tokai Challenger」は、ダーウィンからアデレード市郊外の計測フィニッシュ地点までの2998?を平均時速100.54?/hで走行。29時間49分でゴールしました。

太陽のエネルギーだけで、3000kmを4日間で走破、
1日あたり約750km走る、
これだけの航続距離があれば、実用車として十分すぎます。
われわれ、1日中走っても200から300kmですね。
ソーラーEVの実力が発揮されたレースです。

参考までに

東海大学ソーラーカーチーム グローバル・グリーン・チャレンジ参戦 > レポート
http://www.u-tokai.ac.jp/GGC2009/report.html


東海大学ソーラーカーチームの「グローバル・グリーン・チャレンジ」優勝
太陽光のみの巡航速度, 100km/h. 最高速度, 160km/h
太陽電池, シャープ 化合物太陽電池 変換効率30% 出力1.8kW 6m2

「Tokai Challenger」主要緒元
全長 4,980mm
全幅 1,640mm
全高 930mm
車両 160kg
トレッド 1,300mm
ホイールベース 2,100mm
太陽光のみの巡航速度 100km/h
最高速度 160km/h
太陽電池 シャープ 化合物太陽電池 変換効率30% 出力1.8kW 6m2
MPPT 三島木電子 昇降圧型 変換効率98% 24系統
モータ ミツバ ブラシレスDCダイレクトドライブモーター 変換効率97%
モーター用電磁石コア 日本ケミコン 鉄系アモルファス箔積層コア
バッテリ パナソニック リチウムイオン二次電池 25kg 5.6kWh
ボディ材質 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)
タイヤ ミシュラン Radial 95/80 R16 3本
ホイール GHクラフト カーボンディスクホイール16インチ3本
ブレーキ 油圧ディスク&回生ブレーキ
※Maximum Power Point Tracker(最大電力点追従回路)の略


最高速度160km/h、これは凄いですね。
ソーラーカーは知らないうちにここまで進歩したんですね。

バッテリーもリチウムイオン二次電池(25kg 5.6kWh)を搭載してますので、
フル充電してあれば、ソーラーが効かないときでも200〜300km走れるのではと推測します。


実は究極のエコカーであったソーラーEV
そう言う事でありますので、このソーラーカーは純粋のソーラーカーではなくソーラーEVの範疇に入ると思います。
即ち、究極のエコカーであるソーラーEVのレーシングカーと言うことです。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月30日 20:31:29: VjkggvSfjY
ここ1、2週間電動自転車に乗っております。
祖父のお下がりで3、4年前の古い規格のもので、電動アシスト率は50%ですが、
ちょっとした坂道でもスイスイ、もの凄い向かい風でも何のそのという感じです。
排ガスの厭な臭いも無く、こんなに電動モーターが素晴らしいとは思いませんでした。

ところで日本の電動自転車よりも、パワーがあり、しかも値段が3分の一という中国の電動自転車には、本当に脱帽いたします。
中国では、ほんの数年で1億台以上普及し、オートバイを凌駕した理由がわかりました。
ガソリンスタンドに行かずとも、家庭のコンセントで2,3時間で充電完了します。
燃費はガソリン1リッター換算で、約100KM走行です。つまり1キロ1円です。

あとは、老人用のセニアカーがもう少し安く、そして走行距離が延びれば軽自動車代わりに使用できそうです。

恐らく、中国からそのような電動コミューターが破格の値段で販売されそうですね。


02. 2010年8月31日 03:36:20: UbFNgPxPPY
ソーラーカーのレース仕様車は単体で5千万〜1億円です。
これは、燃料電池車と同じくらいのコストです。
1億円の燃料電池車はこの投稿記事では否定されている項目の
エアコンやナビ・カーステは当然搭載されているし
対外界環境性能では、なんら現在のガソリン車と同じで
高温、高湿、低温、雨、雪の環境を選ばないレベルです。
ソーラーカーは対外界環境が限定されます。

また、01さんのコメントにある電動自転車(2輪車)は鉛バッテリーや
ブラシつきDCモーターの簡便・簡単なオモチャレベルの製品が
60〜70%を占めます。

究極の走行性能では製品のコストが成り立たず
究極のコストでは、耐久性や商品性&エコ性能がバランスよく成り立たない。
適材適所の限定した場所での使用に留まる。
しかし、製品の生産数はチカラであり
電気機器の製造インフラを加速させることは事実である。
中国の電気自転車市場は日本の戦後の2輪業界を思いこす。
ホンダ・ヤマハ・スズキ・ライラック・メグロ等々
昭和30年初頭に300社〜400社の2輪メーカーが乱立し淘汰統合されていった。
この規模が、中国の場合人口や国土に比例して10倍以上の規模なのだろう。
問題は、日本に比較して10倍規模の市場に流れた製品の行く末だ
それと、都市交通や大陸間交通が発展していけば交通事故や商品の耐久性による
法規制が強化されるのは間違いないだろう。
そのときに、今の市場規模のままなのかは共産党のコントロールしだいである。
日本の原付がヘルメット装着事務化され市場が一気に1/2程度に縮小し
いまでは最盛期の1/4にもならないという例もある。 記:D-47


03. 2010年8月31日 04:43:13: YPVWF19WXR
日本の原付は、ヘルメットだけでなく、免許が必要という点でもどうしようもありませんね。

市場を回復するには、原動機なし自転車と原付自転車も共通してヘルメット義務・免許制、またはヘルメットも免許も不要にするしかないか。
(前者をやると非関税障壁と言われそうだが)


04. 2010年8月31日 05:22:34: AQqyLULhMc
三菱や日産は全然恐ろしくないと思う。
価格がとんでもなく高くなるのは明らかだから。
作るのにかかったエネルギーを回収する前に廃車になる。
その値段その価格で、軽乗用車なら何十倍も走れる。
コストを抑える技術が完成しなければ普及はありえない。
アポロが月に行ったのは何十年も前だけど、いまだに月旅行が
一般化しないのと同じ。

05. 2010年8月31日 08:59:34: AQqyLULhMc
04です。
失礼、その値段その価格で、は同じ意味ですね。
その値段、そのエネルギーで、です。

06. 2010年8月31日 09:56:43: VjkggvSfjY
>02 そのときに、今の市場規模のままなのかは共産党のコントロールしだいである。

中国が共産党であろうと民主党であろうと、国民のことを、地球環境のことを考えている限りは、明治維新の日本を彷彿させます。

いま、米国、日本の世紀は終わったようです。
これからは、ルック チャイナ ですね。


07. 2010年8月31日 11:08:58: K6AEu7ybNI
>>1
> ガソリンスタンドに行かずとも、家庭のコンセントで2,3時間で充電完了します。

これ、田舎ではかなりウケる要素だと思うんです。
なにせ、田舎じゃ車が必須なのに、ガソリンスタンドが潰れたりして近くに存在さえしない場合もあります。存在してもガソリンスタンドまでに数リッターのガソリンを必要とするわけですから。
EV革命は田舎からかもしれませんね。そのEVが日本製とは限らないけど。


08. 2010年9月01日 01:37:20: UbFNgPxPPY
06さん、中国が欧米が言う地球環境を考えていると思うのはいささか甘いのでは?
中国・インドや中近東各国がco2が地球温暖化であると信じているとは絶対に思えないし
事実、co2が地球温暖化や環境破壊の直接の原因とは結論となっていない。
太陽黒点の異常やエルニーニョ・ラニーニャとの関連も
考慮していかなければならない。
理系側の技術者としての私個人の考えはco2温暖化原因説は根拠が薄い。
これはオイルショックと同じ、世界経済を牛耳っている
「世界財閥」のプロモーションと捉えている。
中国・インドや中近東の各国は、世界財閥のプロモーションに便乗して
EVやソーラーカー&クリーンエネルギーの先進技術の取得を目指していると断定する。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民69掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧