★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 10553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
1985年8月、日航ジャンボ機123便墜落事故で、520名が死亡した、その真相は ?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/10553.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2018 年 8 月 02 日 21:28:02: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


1985年8月、日航ジャンボ機123便墜落事故で、520名が死亡した、その真相は ?

 実は、「核ミサイル」によって、「撃墜」されたのか ?

(「植草一秀の『知られざる真実』」:2018/07/31より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1)1985年8月12日、日航ジャンボ機123便墜落事故

で、520名が死亡した !

今年もあの日がやってくる。

1985年8月12日、羽田空港18時00分発大阪伊丹空港行き日本航空123便が、18時56分に、群馬県多野郡上野村の、高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した。

*補足説明:1985年8月は、対米隷属・第2次中曽根康弘政権だった。

防衛相は、加藤紘一議員だった。

乗員乗客524名のうち520名が死亡した。生存者(負傷者)は、4名だった。

夕刻の便であり、お盆の帰省ラッシュとも重なっていた。

死者数は、墜落事故および単独機の航空事故で世界最多となった。

1987年6月19日に、航空事故調査委員会は、同機が、1978年6月2日に、伊丹空港で起こした、しりもち着陸事故後のボーイング社修理が、不適切であったために、圧力隔壁が破損したことが、事故原因であるとの報告書を公表した。

2)123便は、外部からの衝撃で尾翼を失い、これが原因で、

   操縦不能に陥った可能性大だ !

しかし、この報告は、信用できない。

日本航空123便は、外部からの衝撃で尾翼を失い、これが原因で、操縦不能に陥った疑いが、強い。

また、123便は横田基地に緊急着陸を検討した模様だが、着陸を断念したか、何らかの誘導により進路を山岳地帯に変更したうえで山岳地帯で墜落した可能性が高いと思われる。

それでも、123便墜落時には、多数の乗客が生存していたと見られ、墜落直後に、米軍機によって墜落場所が特定され、夜間の救助活動が、可能であったはずだが、救助は、行われなかった。

3)私たちは、日航ジャンボ機123便墜落事故の

   「知られざる真実」の解明を行う責務を負っている !

事故あるいは事件から、33年が経過する今、私たちは「知られざる真実」の解明を行う責務を負っている。

『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』(河出書房新社・最新刊)

https://goo.gl/auvNJY:「日本航空123便墜落事故を検証する」

http://www.link-21.com/JAL123/index.html

「日航機墜落事故 米軍幻の救出劇 (米軍パイロットの証言)」

https://www.youtube.com/watch?v=65krBx_Bblg

などの情報を総合すると、1985年8月12日に発生した、日航ジャンボ機123便墜落事件の全体像が、かなりはっきりと浮かび上がってくる。

4)関係者の著書・情報を総合すると、123便墜落事件の全体像が、

  かなりはっきりと浮かび上がってくる !

元日航客室乗務員の青山透子氏が、昨年、真相に迫る著書を、刊行された。

『日航123便墜落の新事実』:https://goo.gl/auvNJY

日航ジャンボ123便は、8月12日18時12分に羽田を離陸した。

離陸後順調に飛行を続け、18時24分に、大島上空を通過し、相模湾上空に差し掛かっていたとき、大きな衝撃音がして、機体に異常が発生した。

その模様を123便生存者で、日本航空CAを務めていた、落合由美氏が次のように証言している。

―この続きは次回投稿します―

(参考資料)

T 8.12日航ジャンボ機墜落事故 !  30年目の真実について

http://www.asyura2.com/13/nihon31/msg/576.html

投稿者 佐伯まお 日時 2015 年 8 月 02 日 00:11:44: tdlRyu1TRbdKI

お世話になります。佐伯まおです。今年は特に暑く感じております。

外出時は水分・塩分補給と休憩をお忘れにならないでください。

◆1985年8月12日、日本航空123便墜落事故 !

今回は、日本航空123便墜落事故についてです。

1985年8月12日(月)18時56分に発生した墜落事故です。

今年で30年目を迎えます。毎年テレビでこの事件の「真実」と称して放送されております。

毎年新しい事実が出てくるのでしょうか?

実際の表に出せない事実があるから、墜落事故の真実だの真相だのと称して、テレビ報道しているのではないでしょうか?

◆墜落事故の真実を講演された、佐宗邦皇さん、休憩中に倒れ、死亡された !

この事件について、佐宗邦皇(さそう・くにお)さんが、裏には真実があり、大変な事実が隠されていたことを講演されました。

しかも、講演休憩中に倒れ、故人になられました。

真実を知られたくない者たちに消されたとする見方があります。

佐宗さんは、JALの社員だった方で、内部の事情を良く分かる立場であった方です。

◆佐宗邦皇(さそう・くにお)さんは暗殺された ?

この方の言われた内容は、第3者の方より説得力があり、消そうとする理由も納得できます。

佐宗さんが倒れたことは、真実の裏付けになります。

佐宗さんの命をかけた講演をお聞き頂きたく思います。5分程度です。

■「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について !」

佐宗邦皇代表 :https://www.youtube.com/watch?v=Y-rbgPbmmTo

■急減圧はなかった !

急減圧は事故調によって創作されたものだ !

http://sky.geocities.jp/joggle_joggle/Main1.html

☆JAL123便を、米国の戦闘機が後部から ミサイルで撃墜した !

佐宗さんは、アメリカの戦闘機が後部からミサイルで撃墜したと主張されております。

一般的に、内部隔壁が損壊したことが原因と言われている説は、あれはウソだと言っておりました。

なぜそのようなことをしたのかという問いでは、

アメリカがプラザ合意を押し付けるために、武力で脅すために、

このような旅客機撃墜を実行したという主張です。

日本航空の社員だった佐宗さんは、この問題に熱心に取り組んだ結果の結論でした。

■プラザ合意(ネットより抜粋)

1985年9月 22日にニューヨークのプラザホテルで開催された先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議 G5で討議されたドル高是正のための一連の合意事項をいう。

当時,アメリカは巨額の財政赤字や高金利を背景にドルの独歩高を通じて膨大な貿易収支の赤字を発生させ,世界的な対外不均衡が問題となっていた。

☆日航機墜落事故のすぐ翌月に、プラザ合意が締結 !

日航機墜落事故のすぐ翌月に、プラザ合意が締結されております。

アメリカはこの時、経済的に追い込まれていました。

アメリカは何としてもこの条約を結びたかったわけですから、武力で脅したという説の状況証拠になる事実です。本当であればアメリカの飛行機の欠陥で起きた事件なら、まだ事故の影響が落ち着いていない翌月にアメリカのための条約を結ぶのも逆に変な話しです。普通の感覚なら、あえてこの時期に余計結びたくないはずです。

U 1985年・日航機・JAL123便 墜落事故の真相は ?


(blog.livedoor.jp/ijn9266/archives/4121599.htmlより抜粋・転載)


★元日航職員佐宗邦皇氏は、用意されたお茶を飲んで倒れ、翌日急死した !


★日航機は、米軍機に核ミサイルで撃墜されているんです !


★尾翼に無人標的機が、突き刺さった状態で、横田基地に向かって

着陸体勢に入っていたが、着陸を拒否された !

★元日航職員・佐宗邦皇氏は、世界の真実を発信する活動をしていた !

−以下省略−

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ