★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 7646.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮籍男4人手配=正男氏暗殺容疑 !  金正男氏の人物像は ?  工作機関とは ?
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/7646.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2017 年 2 月 21 日 16:40:18: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


北朝鮮籍男4人手配=正男氏暗殺容疑 !

事件当日に出国―マレーシア警察が初会見

金正男氏はどんな人物だったのか ?

北朝鮮の工作機関・工作員とは ?

  北朝鮮の後継者問題とは ?


(headlines.yahoo.co.jp:2017年 2/19(日) 16:56配信より抜粋・転載)

時事通信 :

◆金正男氏が、マレーシアで暗殺された事件で記者会見 !

北朝鮮籍男4人手配=正男氏暗殺容疑、事件当日に出国―マレーシア警察が初会見
金正男氏が、マレーシアで暗殺された事件で、マレーシア警察当局は、2月19日、北朝鮮国籍の男4人を容疑者として公表し、行方を追っていると明らかにした。
写真は記者会見するマレーシア警察幹部
 【ソウル、クアラルンプール時事】

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が暗殺された事件に関し、マレーシア警察は19日、初めて記者会見し、北朝鮮国籍の男4人を容疑者として指名手配したと明らかにした。

〔写真特集〕金正男氏殺害事件〜犯行時のイメージ映像〜

北朝鮮国籍の男4人は、事件当日の2月13日、マレーシアを出国しており、中国語紙「中国報」(電子版)は19日、4人が既に北朝鮮に戻ったと報じた。警察当局は国際刑事警察機構(ICPO)などに協力を求め、事件解明に全力を挙げる考えだ。正男氏の死因については「調査中」としている。

◆金正男氏殺害の背後に、北朝鮮政権がいる !

2月17日に逮捕されている、リ・ジョンチョル容疑者(46)を含め、北朝鮮籍の容疑者は、5人になった。これを受けて、韓国統一省報道官は、19日、「容疑者5人が北朝鮮籍であることを考えると、金正男氏殺害の背後に、北朝鮮政権がいるとみている」と表明した。

 新たに公表された容疑者はリ・ジヒョン(33)、ホン・ソンハク(34)、オ・ジョンギル(55)、リ・ジェナム(57)の4人。4人を特定した根拠は明らかにされなかったが、地元メディアによれば、空港の監視カメラなどを基に捜査したとみられる。

◆4容疑者は、1月31日〜2月7日の間にマレーシアに入国 !

 4容疑者は、1月31日〜2月7日の間にマレーシアに入国し、事件当日の13日に全員出国した。記者会見したマレーシア警察のノア・ラシド・イブラヒム副長官は4人の渡航先について「言えない」と伏せた。いずれも外交官のパスポートではなく、通常のパスポートを所持していた。

◆4容疑者は、犯行直後に出国 !

 中国報によれば、4人は、犯行直後に出国。インドネシア中部スラバヤ、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、ロシア極東ウラジオストクを経由し、周到に4日もかけて平壌に戻った。

 警察当局はまた、監視カメラに映るなどしていた北朝鮮国籍のリ・ジユ氏(30)と身元不明の男2人の計3人の行方も追っている。

 北朝鮮が、即時引き渡しを要求している金氏の遺体については、近親者のDNAサンプルによる確認作業を行う必要があると指摘した。死因は不明で、毒物検査の結果を待っていると述べた。

◆実行犯として逮捕された女2人 !

 また、実行犯として逮捕されたベトナム旅券を持った女とインドネシア人の女は、「いたずら動画」の撮影だと言われ、暗殺を企てた組織に利用されたとの現地紙報道については「捜査中でコメントできない」と述べるにとどめた。

◆北朝鮮国籍のリ・ジユ氏は、化学分野の専門家 !

 一方、逮捕されている、リ容疑者は、抗がん剤などを取り扱う企業のIT部門に所属していた。
中国報などによると、化学分野の専門家で、毒物などについても深い知識があるとみられるという。「東方日報」(電子版)は、犯行集団の連絡役を務め、他のメンバーに現地情報を提供、宿を手配していたが、最終的に4人を逃がすため犠牲にされた可能性があると伝えた。

 リ容疑者は、北朝鮮の大学を2000年に卒業、インドで医薬研究に従事した後、平壌に戻り、家族と共にマレーシアに移り住んだ。 

(参考資料)

T 北朝鮮の工作機関とは ?

◆朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関

(ウイキペディアより抜粋・転載)

朝鮮民主主義人民共和国の情報機関(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのじょうほうきかん)は、北朝鮮のスパイ機関の概要を示している。

★概要[編集]

北朝鮮の情報機関は多数あるが、大まかにいって、「朝鮮人民軍に属する情報機関」、
「秘密警察に属する情報機関」、「朝鮮労働党に属する情報機関」に分けられる。
しばしば、組織や名称が変わるため把握が難しい。2015年時点では、軍に所属する、朝鮮人民軍偵察総局と党に所属する朝鮮労働党統一戦線部が、外国を対象に硬軟織り交ぜて活動しており、朝鮮人民軍保衛司令部や国家安全保衛部などが国内の体制維持のために活動している。

これらの情報機関は、青瓦台襲撃未遂事件、ラングーン事件、軍事境界線を経由した数多くの侵入事件、潜水艦による侵入事件、金正日の妻の甥である李韓永の暗殺事件、金東植スパイ事件、大韓航空機爆破事件、日本人や韓国人などの外国人拉致、麻薬製造と密輸、不審船、武器の密売、偽札製造、偽旅券製造、親北朝鮮派の組織化、情報宣伝活動などさまざまな工作を行ってきたとされる。


U 北朝鮮工作員とは ?

(ウイキペディアより抜粋・転載)

北朝鮮工作員とは、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)のスパイ。

概要[編集]

北朝鮮による他国への工作活動は建国以後から行われており、政府やメディア等で盛んに使用されるようになり社会的に認知されるようになった。
2015年4月1日現在、警察庁ホームページにて11名が名前と写真付きで国際手配被疑者として一覧表記されている[1]。2014年には、核開発に関与して国連職員機関3名が北朝鮮工作員としてフランス政府により摘発された[2]。日本においても外務省の職員採用に応募して、侵入を図っていた事が報じられている[3]。

1995年に韓国潜入中に逮捕された金東植によれば、訓練として爆弾製造などの典型的な物以外にも、侵入先で怪しまれない為の訓練(カラオケが歌えるなど)を行っている事が明らかにされている。また、僧侶など疑われにくい職業に偽装する事例も証言している[4]。

代表的な事件は拉致だが、暗殺も行っており、2011年には韓国で暗殺未遂事件が起きており、その際逮捕された北朝鮮工作員はボールペン型注射器、ボールペン型銃、懐中電灯偽装した銃が報道に公開された[5]。

ボールペン型注射器には、窒息死する神経系の毒薬が仕込まれており、また、銃にも毒が仕込まれており、捜査当局に殺傷能力がある事が確認された。この様に北朝鮮工作員は、日本および諸外国にて活動し、様々な事件を起こしている為に、メディアで特集を組まれる事も多い。

V 殺害された金正男氏はどんな人物だったのか ?

    過去には北の3代世襲を批判も !

(www.chosunonline.com:2017年2月14日より抜粋・転載)

朝鮮日報:

 マレーシアで殺害されたと報じられた北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏は、北朝鮮の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の腹違いの兄だ。正男氏は1990年代後半から2000年代初めまでは北朝鮮の権力の後継者と目されていたが、父の金正日総書記から見放されて後継者候補から完全に脱落し、その後は中国や東南アジアなどを転々としていた。

 しかし、金正日総書記の死後、弟の金正恩氏が権力を継承すると、正男氏は北朝鮮に戻ることもできず、弟による暗殺の危険に常につきまとわれていた。
金正恩氏にとっては、異母兄の正男氏の存在は目障りだった。

これまで中国当局が正男氏を保護しているといわれていたため、自分の権力の座を脅かす可能性が常にあると考えていたからだ。

 正男氏は、1971年5月10日、北朝鮮の平壌で故・金正日総書記と故・成恵琳(ソン・ヘリム)氏(2002年死亡)の間に生まれた。80年代に旧ソ連のモスクワを経てスイスのジュネーブに留学。
IT(情報技術)分野への関心が高く、88年には北朝鮮のIT政策を指揮する朝鮮コンピューター委員会委員長を務めた。

 正男氏は95年、朝鮮人民軍の大将の階級に昇進するなど、一時は金正日総書記の後継者に浮上していたが、96年に伯母の成恵琅(ソン・ヘラン)氏が、米国に亡命すると、立場が揺らぎ始めた。

また2001年4月、ドミニカ共和国の偽造旅券で、日本に密入国しようとして摘発され、中国に追放されると、父の金正日総書記から見放され、後継者争いから外れた。

 その後、正男氏は、主に中国とマカオに滞在し、金正日総書記から直接指示を受けて武器輸出の総責任者の役割を担ったほか、金正日総書記の秘密資金の管理責任者としても活動した。

 海外で放浪生活を続けていた正男氏は、2010年には「3代世襲に反対する」と発言したり、日本メディアとのインタビューに応じたりするなど、不穏な行動が目立ったため北朝鮮当局から要注意人物として目を付けられるようになった。11年12月に父の金正日総書記が死去し、異母弟の金正恩氏が最高指導者の座に就くと、ますます困難な立場に追い込まれていた。

キム・ジフン記者

W 北朝鮮の後継者問題

(ウイキペディアより抜粋・転載)

朝鮮の儒教では相続するのは長男であることから後継者候補であるとされてきたが、上述のとおり略奪愛の末にできた子であることから金正日は彼の存在を隠しており、金正日の料理人であった藤本健二は「将軍(金正日)や軍大将、党幹部らが集まる宴席で彼の姿を見たことはないし、噂話として語られたことは一度も無い」一方「金正哲や金正恩の話は将軍からよく聞きましたし、遊び相手でもありました。

きっと彼は長男の存在を隠し通したかったのではないでしょうか」とコメントした。
2007年2月25日に、日本や韓国のメディアで金正男が後継者問題について「関心が無く、
させられてもやらない」と知人に述べていることが報道された[21]。
ニュースでも「色々な所に行って 後継者になったりするのか」、「後継者とは考えられない」という発言があった。

また、金正日にロシア語を教えた金賢植によると、「正男は出生当時、出生が極秘にされたことから、後継者になるのは難しい」との見解を示した[22]。ところが、次男の金正哲を推す軍部の強硬派である李済剛が失脚し、正男を推す金正日の義弟の張成沢が権力を掌握、正男が後継者になる可能性が高まったとの報道もある。
その後2008年9月には金正日の重病説が流れたこともあり、一部では後継者問題に再び火がついたという見方をされていた[23]。

2009年6月5日に、西側諸国のメディアで「金正男が滞在先のマカオから中華人民共和国(もしくはアメリカか韓国)に亡命する見込みが強まっている」との報道がなされた[24]
三男の金正恩を後継とする体制づくりが急ピッチで進んでいるとされる。だが、6月9日にマカオでテレビ朝日の「報道ステーション」の単独インタビューに応じ、「政治には興味が無い。金正恩との関係は自分の弟であるという関係である。
後継者については報道で知り、後継は父が決めたことだからそれに従う。マカオは旅行で滞在し亡命ではない」と語った[25]。なおこの頃、金正恩により暗殺が企てられたことがあり、金正日が正男の暗殺阻止のため、中国政府に正男の身辺擁護を依頼したとも報じられている[26]。

正恩が後継者として就任するのを反対していた。反対した主な理由は、天安沈没事件と2009年に行われたデノミ施策が金正恩指揮の下で行われたため[27]。
2010年9月、金正恩への権力世襲について、韓国の民主平和統一諮問会議の李首席副委員長は、金正男と親密な関係者から、『正男が「滅びるのに。長続きすると思うか」と述べた』と聞いた[28]。

2010年10月9日、テレビ朝日のインタビューに対し、「1つの家族が3代続いて権力を世襲することに、個人的には反対だ」と述べた上で、金正恩が後継者に決定したことについては「ある内部的な事情」が背景にあるとして、「決定には従うべきだろう」「わたしの父(金総書記)が決定したことだと思う。だが、わたしには関係のないことだし、関心もない」と語った[29]。金正恩に対しては、北朝鮮人民の生活向上に最善を尽くすことを要望し、必要であれば支援する用意があると述べた[29]。
−以下省略−




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ