★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6 > 8326.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
メディアによる情報操作で、多数の国民が 騙され、民意と、国会議席構成がねじれた !
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/8326.html
投稿者 青木吉太郎 日時 2017 年 7 月 03 日 20:46:15: jobfXtD4sqUBk kMKW2Itnkb6YWQ
 


メディアによる情報操作・洗脳で、多数の国民が騙されて、

   民意と、国会議席構成がねじれてしまった !

   日本と欧米のマスコミの大きな相違の理由は ?

   ダメよ〜ダメダメ、不正選挙・サギ的政治 !


(「植草一秀の『知られざる真実』」:2017/06/30より抜粋・転載)
────────────────────────────────────
1)民主主義社会で、国民にとって、一番大事なものは、選挙である !

はっきり認識しておかねばならないことは、私たちにとって一番大事なものは、選挙であるということだ。選挙で議員を選ぶ。この議員が政治を担う。
議会における議員の構成が何よりも大事なのだ。
いまの日本政治が歪んでいるのは、主権者の意思=民意と、国会議席構成がねじれている
ことに主因がある。

ねじれが発生した原因は、選挙制度に対応した戦術が取られなかったことと、メディアが選挙に際して情報を歪めたことに原因がある。


2)メディアによる情報操作・洗脳で、多数の国民が騙されて、
民意と、国会議席構成がねじれてしまった !

議会の議席構成に、民意を正しく反映させるには、選挙制度に基づく正しい戦術の構築が必要不可欠である。1人しか当選者が出ない選挙では、同じ主張を示す候補が複数立候補してはいけない。

必ず共倒れになる。こうした選挙戦術がしっかりと認識されていなかった。
もうひとつは、メディアが、特定の勢力に有利に働くように、情報を歪めて流布している。
これが選挙結果に多大な影響を与えた。


3)本当の争点を隠すために、「アベノミクスを問う」等を
流布して、情報操作・洗脳をしてきた !

「アベノミクスを問う」や「衆参ねじれの解消」などを、流布したのは、権力の家来・マスメディアだ。
これは本当の争点ではなかった。

本当の争点を隠すために、こうした情報流布が展開された。
民主主義の真価を発揮するには、この情報戦に勝たねばならない。
7月2日に東京都議会選挙が実施される。
この選挙で、東京都の主権者が示すべき意思は、安倍政治を許すのかどうかである。


4)安倍政治を「許さない」と考える主権者は、
自民党候補を落選させる行動をすべきだ !

安倍政治を「許さない」と考える主権者は、自民党候補が落選するように、投票するべきである。
これが一番大事だ。安倍政治とは何か。

安倍政治とは、「大資本と自分のための政治」だ。
「戦争」と「搾取」を推進し、これに歯向かう主権者を「弾圧」する。
安倍政治の正体・「戦争」と「搾取」は、大資本の基本路線だ。
「戦争」は、軍産複合体が利益を拡大するために、人為的に創作されるものである。
「搾取」は大資本の利益を極大化するために、労働コストを最小にしようとするものだ。


5)安倍政治の正体は、「戦争」と「搾取」であり、巨利
を獲得する、大資本の基本路線だ !

これで損失を蒙るのが一般市民なのだ。大資本と一般市民が対極に位置する。
そして、安倍政権は大資本の側に立つ政治を推進している。
この勢力にとって、最大の敵は「民主主義」である。

一般市民が結束して、選挙の際に、安倍政治を倒す行動を取れば、安倍政治はひとたまりもない。
大資本のための政治にとっての天敵が、民主主義なのだ。
7月2日の都議選では、主権者が必ず選挙に行き、自民党を敗北させるための一票を投じる必要がある。ここから、民主主義の復活が始まる。

−この続きは次回投稿します−

(参考資料)

T 日本と欧米のマスコミの大きな相違の理由は ?

1) 日本マスコミの特徴・欠点:

米国による日本人支配に協力を約束して、A級戦犯たちが、
復活して、戦後の対米隷属・自民党・マスコミをつくった !

戦後日本の政治・行政・司法・財界・マスコミは、A級戦犯復活体制。
電通:前身は、戦前の軍国主義プロパガンダ機関・裏金工作機関。

戦後復活、有力者の子弟を大量採用、政府ご用達を独占、マスコミを支配。
読売新聞社:無謀な戦争を煽動、正力松太郎は、A級戦犯となる。戦後復活、朝日・毎日などの新聞社をリードし、報道の主導権を握る(山里会、政治部長会議、メモ合わせ)。

読売新聞社・正力松太郎は、3S政策・原発安全神話(原発マフィア)・対米隷属を主導した。

正力のコードネームは「ポダム」、読売新聞のオーナーの正力にアメリカ国防省から1000万ドルの借款を与え、全国ネットワークを作らせる。そして、完成後は、「VOA」による「プロパガンダ放送」と「在日米軍の通信網」として 活用する計画であった。

日本を代表する巨大メディアグループは、明治維新後、すぐにフリーメーソンに組み込まれ、戦後、CIAによって巨大化したのだ。フリーメーソンも、CIAもともに「闇の支配者」の重要な組織である。

NHK・大マスコミは、権力の家来・悪徳ペンタゴンの一角である。

報道の自由度、安倍政権下、2016年、世界、72位に、日本は、転落した。

隠蔽・捏造・権力迎合画一偏向報道のNHK等日本マスコミです。


2) 欧米マスコミの特徴・長所:

各社独自多様な報道。大新聞社はテレビを経営させない。経営と編集は分離している。

ドイツ、イタリアは、戦犯を権力者に復活させない。

大マスコミが数十社で自由競争、各社多様な情報を国民に報道。

欧米:権力を監視し、国民に真実を伝えることがジャーナリストの存在意義と考える。


U ダメよ〜ダメダメ、不正選挙・サギ的政治 !

   ダメよ〜ダメダメ、公約違反・対米隷属 !

    ありのままで、正直な政治・報道してよ !

(richardkoshimizu's blog: 2013/09/24 より抜粋・転載)

1)全国規模の「選挙不正」が、特定の集団により実行された !

2012年12月16日の衆議院選挙及び2013年7月21日の参議院選挙において、全国規模、かつ大規模な「選挙不正」が、特定の集団により実行されたことは、間違いないと考察する。

前者において、様々な不正選挙を思わせる事象が発生したが、後者においては、多くの不正選挙追及者が自ら開票立会人、開票参観者、独自出口調査員として投票開票現場に立会い、情報を収集した。

その結果、後者の選挙結果を、再精査し不正の実態を明らかにしたうえで、選挙のやり直しを求めるべきと確信した。


2)対米隷属自民党体制を固定化したい、悪徳ペンタゴン !

全国規模の不正選挙が実行されることにより、利益を得る特定の集団が存在する。
米国は、財政赤字、貿易赤字の双子の赤字に苦しむ、実質的に財政破綻した国家である。その負債総額は、一説には2京円を超えるという。

しかしながら、米国経済は、同国の通貨であるドルが世界唯一の基軸通貨であり続ける限り破綻しない。石油取引などで支払われたドルが米国に還流し、米国債の購入に充当される限り、米国は、ドル紙幣を印刷するだけで、返済に充当して、国家デフォルトを回避することができた。

3)米国の危機を打開するため、対米隷属自民党体制を強化したい !

これらの自国の危機状態を打開するために、米国は様々な計略を日本などに対して行使してきたが、その一つの方策が「不正選挙」である。衆参選挙の結果、米国に隷従し、中国との軋轢を助長する政党、候補ばかりが当選を果たした。

これにより、組閣が可能となった、安倍晋三政権は、憲法9条、96条改正、集団的自衛権の解釈見直し、TPP強行、消費税増税など、日本国民の望まない政策を次々と打ち出し、
米国経済の破綻を回避することだけを目的とした「暴走」を開始している。

まさに、これらの行為を可能ならしめたのが「不正選挙」である。


4)巨利獲得のため、極東と中東で「戦争を惹起」したい

米国経済は、もはや世界唯一の存在ではないが、米国は軍事的には、いまだに世界最強である。

世界に軍事的騒乱や緊張が発生すれば、世界の余り金は、有事に強いドルを求めて、米国に再度流入する。よって、米国の支配層は、「意図的に戦争を惹起」しようとしているが、その「地点」は、極東と中東である。尖閣諸島の領有をめぐる日中間の対立を激化させることで、中国と日本を乖離させ、経済的結合を不能とするには、米国の言いなりになって中国と対立してくれる、「傀儡政権」を作る必要がある。米国の傀儡政権を「捏造するに必要」だったのが、二つの不正選挙であった。


5)閣議により解釈改憲する傀儡政権をつくる不正選挙だ !

しかし、憲法改正には時間が掛かり、実現の前に米国経済の破綻が先に来てしまうと危惧される。
そこで、「集団的自衛権の解釈」を変更することで、中国と戦争のできる国に作り替えようとしている。

これも、「不正選挙」で選出された「戦争賛成議員」が大量に存在するからこそ可能となる案件である。
メリットの薄い、否、デメリットしか想起できない、TPPにも国民の大半は反対であった。
家計に直接響く消費税増税など誰も賛成していない。さんざん国民に辛苦をもたらした原発など、存続を希望していない。だが、選挙(実は不正選挙)では、これらの国民の意思を全く反映しない自民、公明党が大勝している。そして、TPP反対論者、消費税反対論者、原発反対論者ばかりが、「選別」されたかのように「落選」している。


6)米国の狙いは、対米隷属・日本から徹底搾取すること

米国権力に隷属する日本メディアは、あたかもTPPが農業問題のみであるかのように印象付ける報道をしているが、米国権力の真の目的は、金融、保険、医療の分野で日本から徹底搾取することである。

郵貯、簡保、JAにある、500兆円を超える日本国民資産を略奪するためのTPPである。実質的な日米FTAなのである。TPPを強行するには、不正選挙で米国権力の言いなりとなる傀儡議員で国会を埋め尽くす必要があった。不正選挙の目的の一つである。


7)消費税増税・経済不況で社会不安形成、戦争に参加しやすくしたい !

消費増税は、国民の消費意欲を阻害する。消費者が財布のひもを締めれば、モノは売れなくなる。企業は売り上げ、利益を落とし業績が悪化する。

当然、従業員への給与も削減される。結果、景気は沈滞し、国民の収入は激減する。過去、消費税導入、税率アップのたびに国家の税収は激減している。

個人の所得税も法人税も減ってしまうからである。
よって、若年労働者が大量に失業し社会不安が生じる。
若年層は、軍隊に吸収され、中国との戦争に投入されて命を失うことになる。


8)米国の狙いに隷属し、長期政権に執着する安倍首相

これが、米国権力の傀儡に過ぎない、不正に組閣された安倍晋三政権の目論見である。
原子力発電所は、3・11原発大事故事件(米国による謀略事故説あり)のみならず、放射能漏れなど、常々問題の発生する危険な装置である。

2013年9月20日現在、全国のすべての原発が稼働を停止しているが、電力不足の話は、報道されない。節電を叫ぶ声も聞かれない。

つまり、従来の火力、水力などの手段のみで、原発などなくとも日本の電力需要は十分賄える。
よって、原発の全廃を求める国民の声は大きく拡大した。


9)「核兵器の製造」のため、原発を稼働
したいから、反原発政治家は落選 !

だが、2つの選挙において原発反対派はことごとく落選し、原発の存続が決定的となった。これも不正選挙の目的の一つである。

原発は、少しの追加手段を以て「核兵器の製造プラント」に改編することが可能である。

つまり、日本は、原発を持つ限り、いつでも「核保有国」になることができる。
日中対立を激化させるためには、日本が核保有国となることがのぞまれる。
原発を全廃してしまっては、将来、核保有国にはなれない。
よって、原発反対派は、「不正選挙」により国会を追われた。


10)国家デフォルトの危機の米国の狙いは、
日本を大災害・不況にして、米ドル暴落回避

3・11大地震(米国による人工地震攻撃説あり)は、米国経済に救済をもたらした。欧州経済がスペインやギリシャの経済危機で著しく沈滞し、一方、米国経済も財政赤字の継続で国家デフォルトの危機にある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ペンネーム登録待ち板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ペンネーム登録待ち板6掲示板  
次へ