★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101 > 317.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『12/5カレル・ヴァン・ウォルフレン教授講演会』最終確定情報:会場変更あり。
http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/317.html
投稿者 sk2z 日時 2010 年 12 月 04 日 23:07:11: 9a/KAm96qn26E
 

一時、会場の変更や、「中止」の情報も発せられ、いろいろご心配やご不信を抱かれた、阿修羅の読者の方々がおられることとおもいます。

すでに発信されている。
いままでの実行委員会は解散して、日比谷野外音楽堂での開催中止を決定しました。

その後、新しい主催・実行グループが、急遽、開催に向けた準備を行い、開催の概要が完全に整いましたので、お知らする次第です。

なお、準備の過程で生じた混乱について、現在の主催者一同、深くお詫びもうしあげますとともに、阿修羅をご覧になっている方々のご来場を、あらためてお願いする次第です。

以下、講演会の概要を記します。

記:
『12/5カレル・ヴァン・ウォルフレン教授講演会』
日時:2010年12月5日(日)、17:30開場、18:00開演、19:30終了予定。
場所:TKP東京駅日本橋ビジネスセンター、3階「ホール3A」(約200席)
URL:
TKP東京駅日本橋ビジネスセンター
03-3243-1531
info@tkp.jp
JR「東京駅」から徒歩5分。
地下鉄・銀座線、東西線「日本橋駅」A5 出入口真上。
講演タイトル:
「独立日本の未来に求められる確固とした責任感のある政治」
“The future of an independent Japan demands decisive and unhampered responsible politics”
逐時通訳付き(原不二子さん)。
入場無料(ご浄財のご寄付は大歓迎です)。
主催:12/5ウォルフレン教授講演会実行委員会(代表:高木共生、 takaki@spad.co.jp

以上。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. sk2z 2010年12月04日 23:10:55: 9a/KAm96qn26E : ko2ooj8ZXs
投稿者:sk2zです。
冒頭の文の乱れを、コメントにて訂正させていただきます。
たいへん失礼しました。

・・・・・
一時、会場の変更や、「中止」の情報も発せられ、いろいろご心配やご不信を抱かれた、阿修羅の読者の方々がおられることとおもいます。
いままでの実行委員会は解散して、日比谷野外音楽堂での開催中止を決定しました。その後、新しい主催・実行グループが、急遽、開催に向けた準備を行い、開催の概要が完全に整いましたので、お知らする次第です。

なお、準備の過程で生じた混乱について、現在の主催者一同、深くお詫びもうしあげますとともに、阿修羅をご覧になっている方々のご来場を、あらためてお願いする次第です。
・・・・・


02. 2010年12月04日 23:36:00: 1pRp0A0uzE
中止情報にコメントを入れたのでこちらもあげておかないとなりません。
前にウォルフレン氏の著作を読んだとき、アカウンタビリティーの概念などを初めて知った。
説明責任があるということを、日本国民は当時教えてもらっていたのだと思う。
大学の入試問題には朝日新聞からではなくこういう著作から出してもらいたいものだ。

03. 2010年12月04日 23:45:58: 1pRp0A0uzE
10年かもっと前でしたか、ウォルフレン氏はアカウンタビリティ(説明責任)を求める重要さを説かれましたが、日本国は逆に進みました。
これは国民が逆に進んだのではなく為政者が逆に進んだ。

説明責任の対極が検察審査会

行き着くところまで行った状態ですな


04. sk2z 2010年12月05日 00:05:16: 9a/KAm96qn26E : ko2ooj8ZXs
再度、投稿者からの修正コメントです。たびたび恐縮です。
主催者の正確な名称と代表者は下記のとおりです。
・・・・・
主催:12/5ウォルフレン教授講演会実行グループ(代表:高木共生、 takaki@spad.co.jp )
・・・・・

05. 2010年12月05日 00:13:31: w4Wo8Kmajk
カレル・ヴァン・ウォルフレン ジャーナリスト 2010.11.17

「アメリカとともに沈みゆく自由世界 America's Tragedy and the Blind Free World」(徳間書房)を刊行したカレル・ヴァン・ウォルフレン氏が、研究会「日米­中」のNで、近年のアメリカ情勢と日米同盟について語った。

カレル・ヴァン・ウォルフレン氏のホームページ
http://www.wolferen.jp/index.php?t=1&h=9

「冷戦が終わったのだから、ソ連共産圏に対抗する価値観としての『自由世界』はすでに­存在しない」と冒頭から「自由な国アメリカ」との幻想から目覚めるべきだと発言。
アメリカについて、「ポジティブなリーダーシップ」ならばいいが、そうでない場合は世­界を悪い方向へ導くと警告した。
かつてアイゼンハワーが「軍産複合体」の危険性を指摘した頃より、その影響力が大きく­なっているとし、いまや金融業界も人や政治のコントロールを超えてしまっていると指摘­した。「オバマは何もしてこなかったし、これからやってもすでに遅い」とオバマ政権に­対して批判的な見方を展開した。

日米関係については、「世界に類を見ない異例な同盟」だと指摘。「鳩山政権の行き詰ま­りを見ればそのことはよくわかる。オバマは日本のことなど関心がない」と述べ、これほ­どまでに日本にひどい扱いをしたことはなかったのではないかと述べた。


司会 日本記者クラブ企画委員 濱本良一(読売新聞)
通訳 長井鞠子(サイマル・インターナショナル)

http://www.youtube.com/watch?v=zbbqpcunR1w


06. 2010年12月05日 00:27:54: emQn848zMQ
素晴らしい
困難に対し
遣り通すこれぞ男

政治も筋を通して、責任を

バンザイ 万歳 バンザイ


07. TuiQ 2010年12月05日 03:32:02: JX5bbu7sBveoo : knOV6DbZMQ

実行委員会は、解散していません。

会計と監査の疑義があり、口座内部も開示されないままであり、
全国からの浄財が、個人の利養に活用されることが、
問題になるであろう。

また、檀・・・の巧みな詐術にひっかかるカモが絶えるよう、
その手のプロをしっかりTuiQすることが求められる。


08. 2010年12月05日 08:25:30: MiSM8OHaRY
新宿の沖縄基地反対デモのあと、そちらへかけつけます。
どうか、よろしく。

「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」in入間
http://blog.goo.ne.jp/uhi36845-002/e/20cea28890e4f164e1708ee005aa95c6
田中洌


09. 2010年12月05日 12:02:15: Ybiwb9grSg
ウォルフレン講演関係の情報伝達に関する率直な感想を言わせてもらう。
講演はもう本日間もなくだから、情報伝達のやり方をとやかく言っても仕方ないが、そもそも窓口の体制がなっていない。

ウォルフレン講演は、壇氏が単独で企画し段取りした快挙であるということは、先般の壇氏の阿修羅への講演会実現の投稿を見れば誰でも知っている。
つまり、壇氏は真っ白グループの代表者だが、ウォルフレン講演は真っ白グループとして企画したものでもないし、まして国民の会とかいう団体や素性不明の人が代表者の実行委員会が企画したものでもない。更に言えば国民の会とかの矢野氏という人や、母体組織も不明な今まで名も聞いたことも無い高木共生氏という人物が代表者の「12/5ウォルフレン教授講演会実行委員会」などが、壇氏の名前も明示せずにいかにもウォルフレン講演の企画者であるかのように、唐突に講演情報や変更事項など伝達していることに、壇氏が講演の企画者でありかつ一切の段取りをしたことを知っている人たちは、なぜそうなったのか奇妙さや疑問を感じるだろう。

壇氏が単独でウォルフレン講演を企画準備し実現したことは、大変な快挙でその実行力には真に敬服するが、壇氏の「真っ白グループ」でもない上記のような人たちが、きちんと「壇氏の要請を受けて当会が講演の事務局となり、その情報伝達もすることになりました」とか「壇氏の要請を受けて○○会が講演会の実行委員会を作りました」とか説明もなく講演実施を取り仕切るのは、参加者を混乱されるものであり催し物の手続き上極めて不適切である。

じつは私は矢野氏を岩上安身氏のユーストリームのインタビューで、はじめて拝見したが私の氏に対する印象を率直に言えば、氏が今の政権やマスコミに対する憤りは阿修羅の人々と同様に持っているのだろうが、それを社会的な実際行動に移すうえで、失礼ながら氏には組織をまとめ上げる力や、事情を知らない不特定多数の人々を相手にする場合の主体を明確にした不備無い段取りや、きめ細かい配慮が出来る人かどうかにはいささか疑問を感じざる得なかった。つまり公的な場に立ったときにおける責任能力に対する頼りなさだ。

また、壇氏のように正しいと思った行動はどんな障壁が立ちはだかろうがそれを乗り越え、自分が率先してビッグウェーブにするんだという確固とした信念も覚悟も感じられなかった。それは氏がネットでデモを呼びかけたと阿修羅で知った時にも感じていたことだ。人々を集わす呼びかけにも関わらずデモ直近まで素性も開かさず、公共の場で発言したからにはデモ準備状況や案内は、本人が積極的にやるべきなのにそれもしなかったため情報が錯綜して参加を考えた人々が混乱した。主催者でもない無関係な人たち?がデモ案内をしてるという実に奇妙な状況だった。本来なら主催者が、臨時のデモ案内用HP一枚ページを作り、案内や主催者情報を広報するとか、それが無理なら自身のプログで目立つ表記で広報するとかやるべきだ。これらの状況を思うと、私は矢野氏の行動をあまり信用していない。

話しがそれてしまったが、私の言いたいことは、今回のウォルフレン講演の案内は、あくまで企画・準備者である壇氏がやるのが自然で、仮に壇氏が他の団体に広報作業や事務を委託したものなら、実行委員会だろうが何だろうが広報する部署は、壇氏の名を連名するとともに壇氏の承認のもとだというを明確にしたうえで情報発信するのが、参加者を混乱させないため団体や組織が催し物を行うときの常識だ。それがどういう経緯かもわからないまま、代表者が壇氏でもない正体不明の実行委員会なるものや、壇氏のグループと別の会が講演を取り仕切っているかのような状況は、いかがわしい輩たちによる手柄横取りの乗っ取り劇でも起きたのではないかと疑いたくなる。

その意味では今回の投稿も元ソースの明示もなく、投稿者自らの記事として書いていることも問題だと思う。この状態では投稿者は壇氏の指示で書いたものか、壇氏の協力者なのか、あるいは国民の会(矢野氏)のメンバーなのか判らない。そのため記事内容の信頼性が担保されず読者が混乱するのではないか。
それは一連のウォルフレン講演記事に対するコメント欄の混乱を見ても判る。

ウォルフレン講演については壇氏が逐次案内するか、案内や事務を他団体に委託したなら壇氏がその旨を事前に周知し、かつ受託した団体や実行委員会はそのことを明示したうえ広報作業をすべきだ。今回の講演案内に限らず、その他の検察・マスコミ糺弾市民デモもそうだが、どれも主催者(責任者)は不透明で主催者の発信も曖昧だ。いくら自然発生的な市民活動としても、三井環氏の下に動いていることを明確している三井環氏支援の会のように、やらなければ混乱するばかりでダメだ。


10. 2010年12月05日 15:40:41: G1C3ad0bnM
矢野さんてのは、公安つながりということ?

11. 2010年12月05日 19:53:52: BCMgUBYTpE
事情を知ってたら矢野さんに責任追及なんてできんわな。

だれが、企画か? 主催か?

口座凍結は間に合うのか?


12. 2010年12月05日 20:54:21: Ybiwb9grSg
>>10

>矢野さんてのは、公安つながりということ?

10さん、9です。
私のコメントに対する問いですか?
もしそうなら、私はそのようなことは言ってはいません。私は物を遠回しに言うような人間ではありません。ハッキリ言えば私はそういう陰湿タイプの人は嫌いです。私は単刀直入に物を言う人間です。私が言っているのは9の字面通りです。矢野氏については、私の知る限り氏のネット上での発信行動の事実関係と、インタビューを見た人物印象を重ね合わせたとき、信頼がおける人物と確信することは私には出来ないと言うことです。

特にネット上での発信は、独り言や世間話なら、素性を伏せたりツイッターのドンドン送られてしまう断片的なものでもとやかく言うつもりはありませんが、見ず知らずの不特定の人を集めた催しを意図するなら、呼びかけ人自らが公式案内ページなりブログ上の案内ページをきちんと設け、そこで少なくとも目的、詳細な案内、主催主体、責任者、連絡先、変更などのお知らせをきちんと明示し、そこに行けば誰が見ても主催主体と内容をしっかり確認出来るようにするのが企画物をやる時の社会的常識ですが、矢野氏はそのあたりをきちんと出来ない人だと私は見たということです。人の善し悪しの問題ではなく対外的な手続きや作法の問題です。

赤の他人を対象に事を行う場合、そういう手続きを不備なくかつオフィシャルに出来ない人を、私は信頼しません。考えや理解力も千差万別な人を集める場合、呼びかけ人の不明瞭な発信や行動は、要らぬ疑心暗鬼を招いたり間違った受け止め方をされたりして、いつか必ず些細なトラブルや行き違いが元で分裂や対立などが起きる気がするからです。

そういうことを、氏のネット発信やインタビューの印象から、氏の人物像について感じたまでのことです。

なお、私は阿修羅で知り得た矢野氏のブログとツイッタの断片的な発信とインタビューを見ただけで、氏の発信をそれ以上は追跡出来ず上に述べた判断をしました。もっとも氏による別立てのデモに関する公式案内ページなどがあったなら、氏のブログに行けば一発でその案内ページにたどり着けるようになって居なければ無いも同じなので、この氏に対する私の見方は今のところ変わりません。


13. okonomono 2010年12月05日 21:53:26: ufgCmUGS6CG6M : Rmg9FAz1a6
>>09 >>12 Ybiwb9grSgさん

ほぼ全面的に同意します。ただ、このコメントをあちこちのスレに出したタイミングはよくなかったのではありませんか。

Ybiwb9grSgさんに同意しないのは、ご指摘の点に同意した上でなお、私が矢野健一郎氏や壇公善氏、講演会の新しい実行グループの実行力を高く評価するということです。ただし、関係者の間で主導権争いみたいなことがおこなわれていたといった事実でも判明すれば話は別ですが。

だから、Ybiwb9grSgさんのコメントを矢野氏をはじめとする関係者が読んで反省すべき点を次回に生かしてくれることを望んでいます。


14. okonomono 2010年12月05日 22:03:57: ufgCmUGS6CG6M : Rmg9FAz1a6
13のつけたし

なお、Ybiwb9grSgさんは矢野健一郎氏の個人的な印象についても触れていますが、これには同意しません。といっても私自身矢野さんを直接知る者ではありませんが。


15. 2010年12月05日 22:56:13: SOrFV1bxHg
矢野氏は会社を経営しており、従業員もいれば取引先もある為、色々なしがらみが有るのでしょう。

16. 2010年12月08日 11:49:21: SABGlaCUaU
檀公善:ウォルフレン講演会の度重なる会場変更の経緯とお詫び、および聴講者と新実行グループへのお礼と感謝のメッセージ
http://www.asyura2.com/10/senkyo101/msg/498.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK101掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧