★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK76 > 454.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
私たちの指導者・小沢一郎の判断と行動が、全てにおいて正しい。佐藤優氏の文章が他の何よりも優れている (副島隆彦)
http://www.asyura2.com/10/senkyo76/msg/454.html
投稿者 Orion星人 日時 2009 年 12 月 20 日 11:05:14: ccPhv3kJVUPSc
 

http://www.soejima.to/

投稿日:2009/12/19(Sat) 18:38:57

私は、今週は、都心で、14日、15日、16日の三日間を佐藤優(さとうまさる)氏との対談で過ごした。丁度、中国から習近平(しゅうきんへい)国家副主席(中国でNo.6) が訪日して、天皇陛下と面会(会談、謁見ともいうらしい)した。 わざとらしい右翼の車たちが、都心の皇居の周りや、祝賀会が開かれるホテルの周りで街宣車を連ねて騒いでいた。 
 私は、この一週間も、すべての発言と行動において小沢一郎・民主党幹事長が優れていて正当であり、まったく間違いがないことを知った。 私、副島隆彦が、「小沢一郎が日本の実質の国王である」と、書き始めて、何冊かの本でもそのように書いたのは、5年前ぐらいからだ。今もこの考えに全く変わりはない。 

 日本の愚劣極まりない各省官僚(高級公務員)どもの恐るべき醜悪(しゅうあく)な居直りとサボタージュ(体制破壊攻撃)と、鳩山政権への攻撃はひどくなっている。この者たちを、片づけなければならない。 それと、やはり新聞5社・テレビ5社の計10社の日本のメディア=マスゴミによる、小沢・鳩山政権攻撃のひどさである。

 私は、まずこの6日間の、愚か者の例の宮内庁長官ハゲタではなかった、羽毛田(はけだ)の、許すべからざる発言に筆誅(ひっちゅう)を加えなければならない。 「天皇を、中国の要人に謁見(面会、25分間)させるのに、一か月前ルールというのがあるから、それを民主党が破ったので反対した」と言い張って、鳩山政権の一員でありながら、偉そうに「自分が天皇陛下のお体を預かっている」と言わんばかりであった。 

 副島隆彦のこの事件への考えを書く。私の最近刊の中国本「あと5年で中国が世界を制覇する」(ビジネス社、2009年8月刊)をきちんと読んでもらえば、分かることだが、習近平(しゅうきんへい、シー・チンピン)は、3年後の2012年の10月の中国共産党の党大会で、国家主席(中国の最高指導者。英語で言えば President 大統領 である。ほぼ同時に共産党総書記にもなる)になる人間である。このことは、もう決まっていることなのだ。私はそのように本で書いた。そのとおりになったということだ。 

 だから、習近平の来日、そして天皇に会いたいというのは、国家元首どうしのお付き合いを始めたい、という国家としての意思表示なのである。もっと分かり易く言えば、お披露目(ひろめ)だ。大国の行動は、諸外国への行動で明らかとなる。 習近平は、中国共産党の最高会議の決議によって次の国家最高指導者としてのお披露目をする旅に出たのだ。だから先々週に、まずドイツに行きメルケル首相に会っている。その他の欧州の国々の国王(国家元首)たちにも会っている。

そして習近平は、アジア歴訪を始めた。日本が韓国よりも先である。このあとフィリピンやインドネシアなどに順を追って行く。そういう国際社会のルールになっているのである。日本は、国際社会(=世界)の大きなルールに逆らってはいけない。 私、副島隆彦が、先々週に書いたとおり、「私たちは世界の大勢(たいせい)に逆らってはいけないのである」のとおりだ。

 天皇陛下が国家元首であるかどうか、は日本国内の憲法学者たちの本(法学部の教科書)ではグチャグチャいろいろ書いているが、外側世界から見れば天皇が国家元首だ。そこへ次期の中国の国家元首(大統領)がお披露目のご挨拶に来る、ということになれば、当然、天皇はお会いになるし、天皇もそのように思っている。 

小沢一郎が主張したとおり、「天皇は内閣の助言と承認によって国事行為を執り行う」(憲法7条)である。これを、「外国首脳との会見は、国事行為ではなくて、『天皇の公的行為』である」という屁理屈(へりくつ)を、今度は反論として言い出した馬鹿たちがいる。

 諸外国は、日本の憲法体制に服さない。国家と国家のお付き合いを代表者(主権者)たちは当然に行う。外国の国家元首に会うということは、憲法7条の第9項の「外国大使を接受する」よりも上位の国事行為であることは明らかだ。 何を偉そうなことを、国内基準で、この馬鹿官僚たちは言っているのだ。

 そして、このような事件にして、「天皇のお体を私が守っている」というような、すなわち、玉(ぎょく)あるいは、玉体(ぎょくたい)を自分が握っているから自分が強い、という発想である。この羽毛田(はけだ)宮内庁長官の発想は、戦前なら、十分に国家反逆罪=大逆罪である。 戦前の「天皇機関説」の亡霊(おばけ)の腐った破片のような、このハゲタが出しゃばってきて事態を紛糾させた。

 しかも、12月15日に行われたこの天皇面会については、「中国の国家副主席の習近平を、日本国天皇とどうしても会わせろ」とねじ込んでいたのは、小沢一郎(小沢は、李克強=りこっきょう、次の国務院総理=首相になるだろう、と気が合う)ではなくて、何と、中曽根康弘(日本のオカマの首相)であったことが、15日に「世田谷通信」というネット記事から判明した。 

 中曽根が、ヘンリー・キッシンジャーというアメリカ・グローバリスト(globalists 地球支配者義者)の頭目の半世紀にわたる忠実な子分であり、キッシンジャーは、世界基準では、中国派であり、中国利権屋であるから、その要請を中曽根が政府(平野官房長官)に橋渡ししたのだ。 

 これで、自民党のバカどもも、読売新聞(まだ極悪人のナベツネが指令を出している)以下のマスゴミどもも、肝が冷えて、自分たちの発言である「小沢が、天皇を、政治目的に利用した」発言のすべてが、一瞬に無効になり、消えて無くなった。

 この者たちは、恥知らずにも、自分の無知と非に基づく発言と論評を、もう、ひとことも謝罪しない。 禿げた(ハゲタ)の馬鹿がひとりでやったことだ、として逃げの一手である。「小沢一郎が天皇を政治利用した」の記事は、新聞にたくさん証拠として残っている。

 あんなに日本国民の中の天皇右翼たちを、激昂(げっこう)させて、テレビでも、「天皇を利用しようとして小沢は傲慢である」と扇動した者たちは、今、口を拭(ぬぐ)っている。

 日本国民の中の右翼体質の馬鹿どもも、自分の不明を恥じることをしないで、居直っている。私たちの会員の中からも、「副島先生は、あんな小沢一郎を褒(ほ)めるのは理解できない」と言って退会する者が数人出た。勝手にやっていろ。馬鹿ども。お前たち程度の、オツムでは、また、戦前と同じで、外国の恐ろしい勢力に扇動されて、戦争に連れて行かれるのだ。 本当の敵は、まさしく、お前たち自身の、その「愚鈍で、悪い頭」のその脳の中に住んでいるのだ。このことに気付きなさい。

 だから、「小沢による天皇の政治利用」を言いつのった自民党の安倍晋三や大島理(おおしまただもり)以下も、それから、大新聞で、小沢の悪口を書いた、軽薄(けいはく)幹部どもも、顔色をなくして、ひたすら黙りこくることになった。 残ったのは、在日系の気持ちの悪い日本右翼を名乗る 奇怪な連中だけだ。彼らの街宣車も翌日にはきれいに都心から消えていた。すべてはやらせだ。

 私、副島隆彦には、今度のハケダ事件は、一瞬、2.26事件の再来のように思えた。あの昭和維新の青年将校(皇道派)たちも、大きくはアメリカに操(あやつ)られて騙されたのだ。彼らは、日本を中国にぶつけて侵略させるための大きな権力者共同謀議(コンスピラシー)の 捨て駒にされたのだ。井上日召(いのうえにっしょう)たち極右テロリストを背後から操(あやつ)った勢力がいる。直情型の頭の悪い右翼体質人間というのは、いつの時代も、救い難い者たちである。

 私、副島隆彦は、この、禿げた(ハゲタ、厚生労働省の次官あがりだという)のような、愚劣極まりない官僚(「天皇の官吏」を自任する者たち)を、冗談ではなく逮捕して大逆罪(たいぎゃくざい)で銃殺刑に
処すべきだと思う。

 天皇ご自身の意思を、全く無視して、「自分たち天皇の官吏が、天皇の体(玉、ぎょく)を握っているのだ」という最悪の人間どもだ。まさしく、君側の奸(くんそくのかん)である。天皇陛下と私たち日本国民の本当の敵は、愛国や憂国を標榜し扇動する者たちの中にいる。

 それで、国民に人気があり、立派な人格者だった、犬養毅首相(5.15事件で)や、”だるま宰相”の異名を取って国民に愛され、昭和恐慌からの脱出に成功した高橋是清(2.26事件で)らを、「君側の奸」として殺害した。彼ら政友会の政治家たちは、皆、「中国には借款(しゃっかん、経済援助)を与えよ。戦争をするな」と言っていた。だから、邪魔者として殺されていった。日本は無謀な戦争に突入させられた。これが一番大きな目から見た昭和史の真実だ。

 このハゲタが5年前に宮内庁長官になってから(小泉政権が任命した)、雅子妃殿下を苛(いじ)め抜いた男だ。そして雅子妃と愛子様を必死で守っている皇太子殿下(次の天皇)をして、「宮内庁の職員たちが雅子をいじめる」と思いあまって公言させた、元凶の男だ。そしてこのことで天皇皇后両陛下が、どれだけ心痛したことか。 まさしくこのハゲタこそは、天皇のお体を一番、害した男だ。もう許さん。

 ここまで来ると、私、副島隆彦の怒りは治まらなくなる。このハゲタ以下、検察・警察・法務省のトップどもや、財務官僚はじめ各省で、まだ、鳩山民主党政権(内閣)に、敵対している者たちを、大粛清(しゅくせい)すべき、と考える。粛清とは、liquidation リクィデイションと英語で言って、簡単に言えば、党の官僚上層部 や 軍の大幹部たちへの大量の銃殺刑のことである。 

 世界の3大悪人政治家である、ヒットラーとスターリンと毛沢東は、自分の統治が思うように行かなくなり怒り狂った時に、自国の官僚と軍の幹部どもを、大量に(最低でも20万人ぐらい)を一気に粛清した。 私は、この場面でのヒットラーとスターリンと毛沢東ら独裁者の気持ちが少しわかる。

 しかし、私、副島隆彦が、こういう「小沢一郎への贔屓(ひいき)の引き倒し」になる言動をすると、ただでさえ、アメリカの手先ども(売国奴ども)から、「小沢はヒットラー、独裁者」と悪罵を投げられている苦しい現状への負担となるので、この辺でやめる。 一国の政治なるものは、このように荒々しいものだ。こういうことが一般国民には、よく見えないようになっている。

 政治は大きな悪(あく)をどうしても内包する。このことはマキアヴェッリ以来の、近代政治学が築きあげた大原理であるから、これに背(そむ)く考え方は、私、副島隆彦は出来ない。 そして、これほどに清廉潔白で、国民思いで、優れた人材が集めって出来ている今の鳩山・小沢政権に対しても、政治そのものにまとわりつく悪と怨念の力で、襲いかかっている、愚劣なる者たちである、(1)自民党の中の謀略・暴力団体質の者たち、(2)官僚(本当は宦官=かんがん=たち)、(3)そして腐れきった5大新聞・テレビ局 の幹部たち この3つの極悪集団を、私たちは、許すべきでない。

 そこらで騒いでいる馬鹿右翼や、頭の悪い右翼言論人どもは、(4)番目の勢力だから、私、副島隆彦こそが、彼ら(4)番目の勢力と、同じ、民間人有識者として、平等に言論戦で闘うことが、一番、大切なことなのだろう。私の役目(守備位置)はここに決まってきつつあるのだろう。

 これからも私たちネット言論の旗手たちが、彼らを厳しく監視し続ける。そして、もし万一、非合法の力(クーデター)で、鳩山政権が打倒されるようなことがあったら、私たち国民が、街頭に出て、政権を応援して闘わなければならないと、私は、本気で考えています。 

 私、副島隆彦は、すでに日本の政治警察からは「十分に危険な政治思想家」だと認定されていて、監視されているだろうから、これ以上のことは言わない。私は、出来る限り、穏やかに生きて、何事もなく平穏に死んでゆきたい。しかし、日本国民の生活と平和が根本から脅(おびや)かされるような危険な時代が来たら、その時は潔く戦う。そのようにいつも心に決めている。

 今日は、禿げた(ハゲタ)の事件のことしか書かない。始まった西松建設事件の裁判( 国家暴力団化した、クーデター集団である検察トップたちからの小沢一郎への攻撃)のことも、普天間基地移転(アメリカ自身が、はじめからグアムでいいと決めていたのだから、残り8000人の海兵隊はグアム行きでいい。鳩山首相の粘り勝ちだ )の問題も書かない。

 以下に載せるのは、この間(かん)に、一番優れた文章を書いた佐藤優(さとうまさる)氏のネット言論の記事である。 この二本の記事は、本当に優れている。 官僚どもは、自分たちのことを、天皇の直属の官吏であり、国民に選ばれたのではなく、自分たちは直接の「天皇の官吏」であると思っている。

 このおのれの本心をさらけ出し始めた官僚たちと。 自分たちは国民の代表(リプレゼンタティブス represetatives 、国民の代理人)である、つまり自分たちの権力はデモクラシー(民衆代議政体)の力に依拠するのだ、という小沢一郎との闘いだ。私、副島隆彦は、一点の曇りもなく小沢一郎たちが正しいと考える。 

 佐藤優は、日本国で現下(げんか)に起きているのは、まさしく、この「天皇の官吏 対 デモクラシーの闘い」なのだ、と誰よりも早く見抜いて、この構図を以下のように書いた。「誰が日本国家を支配するか」である。 この「誰が日本国の支配者であるべきか」という問題設定こそは、現在、最も正しい問題の立て方である。 

 このことを瞬時に理解し、問題の本質を把握(はあく)した 佐藤優は、さすがに日本有数の思想家である。以下に載せる佐藤優の文章を、吟味して、何度か読んでください。 読んで理解した人は必ず、格段に頭がよくなるでしょう。

副島隆彦拝

(転載貼り付け始め)

「 羽毛田信吾(はけだしんご)宮内庁長官は尊皇(そんのう)のまこと心をもっているのだろうか?」

2009年12月15日  ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/4504076/

佐藤優(さとうまさる)の眼光紙背(がんこうしはい):第64回
 
 日本の国家体制の根幹に影響を与えうる深刻な出来事が生じた。

 12月11日、羽毛田信吾(はけだしんご)宮内庁長官が、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見が決まった経緯に関して、

 <今回、外務省を通じて内々に宮内庁の窓口に打診をされてきたのは1カ月を切った段階でしたから、ルールに照らし、お断りをした。

 その後、官房長官から、ルールは理解するが日中関係の重要性にかんがみてぜひお願いするという要請があり、私としては、政治的に重要な国だとかにかかわらずやってきたのだからぜひルールを尊重していただきたいと申し上げました。

 その後、再度、官房長官から、総理の指示を受けての要請という前提でお話がありました。そうなると、宮内庁も内閣の一翼をしめる政府機関である以上、総理の補佐役である官房長官の指示には従うべき立場。大変異例なことではありますが陛下にお願いした。が、こういったことは二度とあってほしくないというのが私の切なる願いです。>(12月12日asahi.com)

 と述べた。

 その後、天皇陛下を政治利用したという世論の激しい非難が、鳩山由紀夫総理と小沢一郎民主党幹事長に対して向けられている。筆者は、日本は中国に対して過剰サービスをするうべきではないと考える。従って、習近平氏に対しても、もう少し淡々とした対応をとった方がいいと思う。

 ただし、日本外務省の中国専門家は異なる判断をしたのであろう。今回、生じた問題は、この中国要人の処遇を巡る問題とは位相を異にするところにあると筆者は考える。

 そもそも羽毛田長官がいう1カ月ルールなどというものが、どのような根拠によって定められたものなのだろうか? 宮内庁官僚が定めたものではないのか? 天皇陛下との会見は、外交儀礼上、きわめて重要だ。

 急に組み込まれる外交日程はいくらでもある。公式晩餐会ならば、事前の準備や案内もあるので、突然、日程を組み込むことができないのは当然だ。しかし、会見について1カ月ルールを定め、外交の手足を縛ること自体がきわめて政治的行為であることに羽毛田氏は気づいていないようだ。

 羽毛田宮内庁長官が、尊皇のまこと心をもって天皇陛下をお守りしているのかどうかということが問われているのだ。習近平氏の会見を受けるべきでないと羽毛田長官が職業的良心に基づいて考えるならば、「私はそのようなお願いをすることはできません。

 どうしてもというならば、私を解任してください」と言って頑張るべきだ。そして、解任されても、言い訳をせずに静かに去っていくべきと思う。

 身を挺して、天皇陛下が政治の嵐に巻き込まれないようにすることが宮内庁職員の仕事ではないか。羽毛田長官が経緯説明という名目で記者会見を行ったことによって、天皇陛下が政治問題に巻き込まれてしまったというのが真相だ。

 14日、<民主党の小沢一郎幹事長が、宮内庁の羽毛田信吾長官の発言を「辞表を出してから言うべき」と批判した>(12月14日産経新聞電子版)

 が、当然のことと思う。羽毛田氏は、選挙で選ばれた政治家ではなく、内閣によって任命された官僚だ。鈴木宗男衆議院外務委員長が

 <私は陛下のご了解を戴いたのにもかかわらず、その日程のやり取りを表沙汰にした羽毛田宮内庁長官は尊皇精神に欠けていると言いたい。陛下のご健康、ご体調を軽々に平場で口に出すのはいかがなものか>(12月1日付ブログ「ムネオの日記」)

 と述べているが、その通りと思う。小沢氏の対応に問題があると考えるならば、国民は次の選挙で、小沢氏並びに同氏と考え方を同じくする民主党の議員を落選させるという形で、影響を行使することができる。これに対して、羽毛田宮内庁長官をはじめとする官僚は、身分保障がなされているので、国民の力によって排除することはできない。

 南北朝時代、北畠親房、楠木正成など南朝の忠臣は身を挺して後醍醐天皇をお守りした。この精神で宮内庁職員は天皇陛下をお守りすべきと思う。(2009年12月15日脱稿)

http://news.livedoor.com/article/detail/4504076/


● 「天皇の面会は自民党からの要請」

世田谷通信 というサイトから

2009年12月15日

 15日、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の面会が皇居で行われたが、この面会に対して自民党側から「天皇を政治利用した」という批判が相次いでいる。

 しかし、15日午後、この批判に対して前原誠司国土交通相は、「今回の面会は自民党の元総理大臣 から官邸に要請があったものだ」 と述べ、自民党側からの強い要望によって実現した面会であったという経緯を発表した。これが事実であれば、自民党の谷垣禎一総裁や安倍晋三元首相らによる民主党批判は、自民党による自作自演劇だったことになる。

 (副島隆彦注記。 翌日、16日に、この元総理」が、中曽根康弘であることが判明した。彼の親分であるヘンリー・キッシンジャーからの要請であろう。 キッシンジャーは、大きな世界基準および、アメリカ政界では、親中国派 pro-China プロウ・チャイナ である。副島隆彦注記終わり)

●「特捜検察と小沢一郎 」

2009年11月24日  ライブドアニュース

佐藤優の眼光紙背(がんこうしはい):第63回

 特捜検察と小沢一郎民主党幹事長の間で、面白いゲームが展開されている。テーマは、「誰が日本国家を支配するか」ということだ。

 特捜検察は、資格試験(国家公務員試験、司法試験)などの資格試験に合格した官僚が国家を支配すべきと考えている。明治憲法下の「天皇の官吏」という発想の延長線上の権力観を検察官僚は(恐らく無自覚的に)もっている。

 これに対して、小沢氏は、国民の選挙によって選ばれた政治家が国家を支配すべきと考えている。その意味で、小沢氏は、現行憲法の民主主義をより徹底することを考えている。民主主義は最終的に数の多い者の意思が採択される。そうなると8月30日の衆議院議員選挙(総選挙)で圧勝した民主党に権力の実体があるいうことになる。

 特捜検察は「きれいな社会」をつくることが自らの使命と考えている。特捜検察から見るならば、元公設第一秘書が政治資金規正法違反容疑で逮捕、起訴されている小沢氏に権力が集中することが、職業的良心として許せない。

 国家の主人は官僚だと考える検察官僚にとって、民主主義的手続きによって選ばれた政治家であっても、官僚が定めたゲームのルールに反する者はすべて権力の簒奪者である。簒奪者から、権力を取り返すことは正義の闘いだ。こういう発想は昔からある。

 1936年に二・二六事件を起こした陸軍青年将校たちも、財閥、政党政治家たちが簒奪している権力を取り戻そうと、真面目に考え、命がけで行動した。筆者は、特捜検察を21世紀の青年将校と見ている。検察官僚は、主観的には実に真面目に日本の将来を考えている(そこに少しだけ、出世への野心が含まれている)。

 筆者の見立てでは、現在、検察は2つの突破口を考えている。一つは鳩山由紀夫総理の「故人献金」問題だ。もう一つは、小沢氏に関する事件だ。小沢氏に関する事件は、是非とも「サンズイ」(贈収賄などの汚職事件)を考えているのだと思う。

 ここに大きな川がある。疑惑情報を流すことで、世論を刺激し、川の水量が上がってくる。いずれ、両岸のどちらかの堤(つつみ)が決壊する。堤が決壊した側の村は洪水で全滅する。現在、「鳩山堤」と「小沢堤」がある。

 「故人献金」問題で、「鳩山堤」が決壊するかと思ったが、思ったよりも頑強で壊れない。そこで、今度は「小沢堤」の決壊を狙う。そこで、石川知裕(いしかわともひろ)衆議院議員(民主党、北海道11区)絡みの疑惑報道が最近たくさん出ているのだと思う。石川氏は、小沢氏の秘書をつとめていた。

 8月の総選挙では、自民党の中川昭一元財務省(故人)を破って当選した民主党の星である。この人物を叩き潰すことができれば、民主党に与える打撃も大きい。

 司法記者は、「検察が『石川は階段だ』と言っています」と筆者に伝えてくる。要するに石川氏という階段を通じて、小沢幹事長にからむ事件をつくっていくという思惑なのだろう。これは筆者にとってとても懐かしいメロディだ。もう7年半前のことだが、2002年6月に鈴木宗男衆議院議員が逮捕される過程において、「外務省のラスプーチン」こと筆者が「階段」として位置づけられていたからだ。

 マルクスは、「歴史は繰り返される。一度目は悲劇として。二度目は喜劇として」(『ルイ・ボナパルトの18日』)と述べている。当面は、石川知裕氏を巡る状況が、今後も政局の流れを決めるポイントになると思う。(2009年11月23日脱稿)

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2009年12月20日 11:18:56

副島隆彦はきちんとした文章が書けないんだね.

唯のパラノイアの様な気がしますが,周りの人は何故放置しているのかな?


02. 2009年12月20日 11:25:12
まさにその通りだと思う。

銃殺はまさかと思うが、ハゲタはじめ、売国と私腹を肥やすに走っている高級官僚達はまとめて職を辞させる必要はある。大粛清をなんとしてもやらねばこいつらはゾンビのようにあの手、この手で悪さの限りをつくしてくるのは明白だ。

閻魔様にお任せしたいのはやまやまだが、一刻を争うこの時期だからこそ、本気で大粛清をすべきだ。

また、今の日本を良き方向に導くことができる限られた人が誰なのかも分かってきた。

検察、警察、司法関係は郷原氏、内政、経済、金融、財政は植草氏、総務、その他は亀井静氏と福島隆彦氏

竹中と意味不明の対談なんかしている菅直人氏は格下げが相当。小沢氏の秘書役にでもなって修行のし直しをしろ。


03. 2009年12月20日 11:27:07
01君!

相当重症だぞ。

君こそ病院にでも行きなさい。

手遅れって気もするけど・・・・ ちーん!


04. 2009年12月20日 11:30:10
福島さんの意見に全面的に賛成。 個人的な経験だが、日本の中央官庁のエリートと呼ばれる官僚が自分達だけが国民であり、庶民は彼らの領土に勝手に住み着いた土人に過ぎないといって憚らない話を聴かされたことがある。 大企業の社員である我々も土人かと聞くと、貴方達はまあ土人よりは上だから第二級の国民だろうと言われた。 彼らから見れば選挙で選ばれた議員の大半(官僚出身者は別)は第二級、第三級身分だから官僚の言うままに法案を審議して通せばよいと言う。 国主は天皇であるが実権はその官吏である彼らの手にあるという。 酒に酔っていた時の話だが、これが彼らの本音だと思ったものである。 2・26事件を引き起こした青年将校が信じていたのは、国家がこんな状況にあるときは軍の存在は国家の存立に優先するというクラウゼビッツの思想だったと思う。 この思想は敗戦という変革をも乗り越えて現在に至るまで健在と言うことだろう。 N.T 

05. 2009年12月20日 11:31:35
国事行為以上のものを内閣のコントロールの下に置くことが当たり前、何故分からないのだろう。
 雅子妃殿下をいじめたのか、酷い爺だ禿げた。これぐらいはっきり物言いできる方は素晴らしい。極右に負けない。

06. 2009年12月20日 13:02:57
民間から皇太子妃のなられた雅子様が、気分障害になられたのも
この羽毛田が影響しているのがわかる。

07. 2009年12月20日 13:11:57
もうこの件は自民党へのブーメランで片がついたんだろ

08. 2009年12月20日 14:41:54
副島隆彦の頭は騒音で混乱しているのだろう。このような騒音で頭が混乱した言論人は帝都に数多くいるものだ。要するに福島は中国が世界の覇者でるから、その体制に従属しろ、小沢一郎が日本の国王だから小沢一郎を防衛しなくてはならないと権力者へ卑屈になれと講釈しているのである。ふざけた男である。すでに政治批評ではない。暴論であろう。

09. 2009年12月20日 14:58:10
08はその通り。
副島の主張は、日本は奴隷としては中国の独裁承継プランを推測し、いちはやく追従しろというお達しにすぎないな。

10. 2009年12月20日 15:53:36
< ここまで来ると、私、副島隆彦の怒りは治まらなくなる。このハゲタ以下、検察・警察・法務省のトップどもや、財務官僚はじめ各省で、まだ、鳩山民主党政権(内閣)に、敵対している者たちを、大粛清(しゅくせい)すべき、と考える。粛清とは、liquidation リクィデイションと英語で言って、簡単に言えば、党の官僚上層部 や 軍の大幹部たちへの大量の銃殺刑のことである。 

 世界の3大悪人政治家である、ヒットラーとスターリンと毛沢東は、自分の統治が思うように行かなくなり怒り狂った時に、自国の官僚と軍の幹部どもを、大量に(最低でも20万人ぐらい)を一気に粛清した。 私は、この場面でのヒットラーとスターリンと毛沢東ら独裁者の気持ちが少しわかる。>

このように副島隆彦は告白している。副島隆彦の言論とは独裁者へ屈服せよという論理に満ちている。これが小沢一郎真理教信者のテーゼだ。独裁者の気持ちが理解できる男こそ福島である。彼は日本において粛清を望んでいる危険人物である。

しかし現在、多くの日本国民は独裁システムの政治など望んでいない。何とか年末を越え、おだやかな正月を迎えられるように日々生活に苦闘している。そのような日本国民の営為に対して副島隆彦の言説は説得力を獲得していない。副島隆彦は内部に虚無をかかえた男である。虚無とはウィルスのように人間の頭脳に侵犯し混乱させていく。


11. 2009年12月20日 16:41:10
8,9,10

出たな3〇〇!  何かといえば「中国の奴隷になる」、「中国に支配される」と愚にもつかないことを喚き散らす!

人の迷惑も顧みず騒音をまき散らして喜ぶ、暴走族みたいなやつら。


12. 2009年12月20日 17:45:00
副島さんの文章には癖があるんです。最初は少しびっくりしますが、何冊か本を読んでいると高潔な人間性が判ります。事の本質を見極める力をお持ちです。柔軟性もお持ちです。つまり一般人には太刀打ちできない程、深く物事を探求しているという訳です。そのようなことが理解できてからは、副島さんの文章を読む度に、言葉は悪いのですが、副島さんの一徹さを感じて、そこここで微笑んでしまいます。

13. 2009年12月20日 20:23:00
>政治は大きな悪(あく)をどうしても内包する。このことはマキアヴェッリ以来の、近代政治学が築きあげた大原理であるから、これに背(そむ)く考え方は、私、副島隆彦は出来ない。

つまり、国連真理教万歳、ロスチャイルド様万歳ですか?結局、騙しの一翼ではないか。 


>このおのれの本心をさらけ出し始めた官僚たちと。 自分たちは国民の代表(リプレゼンタティブス represetatives 、国民の代理人)である、つまり自分たちの権力はデモクラシー(民衆代議政体)の力に依拠するのだ、という小沢一郎との闘いだ。私、副島隆彦は、一点の曇りもなく小沢一郎たちが正しいと考える。 

現在の(小沢たちが作った)小選挙区制では、代表ではなくせいぜい「代表」つまり、いかさま代表とも言える。いかさま万歳ですか?なぜ「一点の曇りもなく」などと言えるのか?この論理では小泉政権は「一点の曇りもなく」正しいと考えねばなるまい。


14. 2009年12月20日 20:24:15
01,08,09さん。
副島氏の文章をどう読めば貴男方のような解釈ができるのだろう?
俺は高卒の職人で貴男方のような学はないが、国語は普通に読めるよ。
どう読んでも、まさしく今の日本国の憂うべき現状に対して、当たり前の人間なら日々感じる怒りそのものだと共感するけどね。
どうしても無理矢理ねじ曲げて文章にしなければならない理由って何?
貴男方のコメントには迫ってくるものがないよ。

15. 2009年12月20日 21:58:36
14番様

おれも高卒で学もない人間ですが、
福島氏の文章が
<どう読んでも、まさしく今の日本国の憂うべき現状に対して、当たり前の人間なら日々感じる怒りそのものだと共感するけどね>とあなたは共感していらっしゃる。

福島氏が述べているのは
あたり前の人間感覚からだいぶ越えている、ヒットラーとスターリンと毛沢東などの独裁政治への共感であります。スターリンがやった粛清の歴史を読むとほとんど人類文明と人間に絶望してしまいますよ。自分は日本がヒトラーのドイツでなく、スターリンのロシアでなく、毛沢東の中国でなくて、よかったと思っております。

日本には古代以来、民衆の知恵がありました。それが聖徳太子が提言した「和」であります。

副島隆彦氏は小沢一郎と一緒に日本の「和」を破壊しようとしている危険人物であります。

高卒なら立派な学歴です。むしろ大学などに行けば思考が固まってしまいます。


16. 2009年12月20日 22:06:55
14の方と同意見。一部分だけを取り上げて曲解した言説を撒く手法はマスコミや自滅党連中と同じ。心の芯に届くものがないよ。

17. 2009年12月20日 22:39:01
ちゃんと読めば、国益、国民にとって害悪となる官僚共をヒトラーやスターリンの様に一気に処分できたらという、人としての正直な心情を表しただけで、独裁政治そのものへの共感でないことは、同じく学のない俺でもわかるんだけどねぇ。乱暴だけど俺も正直そうなればどんなにいいかって思う。そのくらい怒りが強いのだよ。でもそれじゃダメなんだよねぇ。ちゃんと法的手続きを得て、彼らがどんな罪を犯してきたか国民に明らかにして適正に裁かにゃならん。副島氏もそんくらいのことは百も承知。それにこの投稿の本題はそんな細かい所じゃないし。

18. 2009年12月21日 00:56:46
拍手もコメントも多いというから見に来たら、ひどい記事だな。

ヒットラーとスターリンと毛沢東なんて、ユダヤ(ヒトラーは英米資本家、スターリンは共産党の国際主義者、毛沢東はパリ留学帰りの西洋かぶれ)と戦った三代勇士じゃないか。


19. 2009年12月21日 01:30:47

     『 新規テレビ局の創設 』


     (次期通常国会へ法案の提出)

 理由:急ぎ国民へ真実の報道を行う。

 報道内容:現在の正しい“ネット情報”をマスコミの一部に“位置づけ”広く国民へ放映する。

 


20. 2009年12月21日 03:46:36
 ネトウヨ新聞大偏向テレビ、中曽根大勲位おでまし後はピタっと沈黙。
ネトウヨ新聞は”朝貢”とまで元官僚ジジイに喚かせていたのにシュンとなっちゃった。所詮売文業者の悲しみとはいえあまりに無節操でしょう。残されたネトウヨはどうすればいいんですか。これでまた売上が下がりますよ。

21. 2009年12月21日 05:09:57
この投稿欄は
正解はどっちだみたいな コミカルなゲームになっていますね。
それはそれで 本当に 良い事だと思います。
よく見ないと 騙されるようにできています。
自分の頭で しっかりと考え 情報の出所を厳選して正解を導き出していかなくては解けないようになっています。
日本を良くして行こうという 超単純な目標でも 正解はえられると信じています。
簡単な事を難しくするのはやめましょう。
難しい事も できるだけ簡単にしましょう。
私は 勿論 副島隆彦氏、佐藤優氏の講演や本を普段からチェックしています。
本も買って読んでいます。
その上で言っています。
日本にとってとても大切な人材です。
細かい所でうじうじと揚げ足取りをする輩は消えて欲しいですね。
副島さん、佐藤さん、小沢さん 頑張れ!
何があっても応援しています。

22. 2009年12月21日 05:23:46
01やら08やら13、15、18の投稿はある意味スゴイ!
売国官僚に忠誠心を発揮して言論の自由を思う存分行使してくれ。
ただし懸命に生きようとする日本人の邪魔をしているのだから
後々相応のペナルティを受けることになる訳だが。

14さん17さん
おっしゃるとうり。もっとも投稿してるこの人達は、はなから文脈を正確に読み取る気は微塵もないですよね。真実を一般ピープルに知られたら自分たちの利権構造が壊滅する、という批判の為の批判ですから。印象操作さえできれば長文など読まない無知な一般ピープルは騙されるだろう、という。5年前なら毛沢東やヒトラーなんて文字を見ただけで拒否反応を示す人も沢山いたでしょうが、彼らにとって残念な事に阿修羅の知的レベルでそんな操作が効くわけもない。旧支配層に騙されまいという方たちが大部分なんですから。


23. 2009年12月21日 07:47:49
俺は中卒だけど、よく分かってるよ。国民のためにならない官僚や検察や政治屋を叩き潰せと言ってないかい。

24. 2009年12月21日 09:09:44
フクシマではなく、ソエジマさん、と読みます。
粛清といったって本当に血の粛清をする国柄と時代ではありませんね。そのくらいの気持ち、という事です。

ヒトラーがユダヤと戦った?彼らに金を用意したのはユダヤでっせ!当然大きく儲けが出る予定だから金を出しているわけです。戦争は全てビジネス。一見敵対するもの同士が裏で通じている。他人を儲けさせる為に、国を、人を、文化を、全てを失う、、これほど馬鹿げた事はない。

だのにそれを知ってか知らずか他国への敵対心を煽る勢力がいる。自分の既得権を守るためにおかしなでっちあげをして腐ったままの国家指導体制を維持しようとするやつらが沢山いる。愚かな誘導は、既得権どころか自分や大切な人の人生すら奪いかねないというのにそれも分からず目先の利益にしがみつく、という。


25. 2009年12月21日 11:31:53
引用開始→ 小沢幹事長が鳩山首相を「激しい言葉で罵倒」 天皇陛下の"政治利用"問題
(2009年12月17日08時20分 / 提供:日刊サイゾー)

15日に行われた天皇陛下と中国の習近平国家副主席とのいわゆる特例会見をめぐり、会見をゴリ押しするようなことは「言った事実はありません」と語っていた民主党の小沢一郎幹事長が、実は鳩山由紀夫首相に直接、罵声を浴びせながら会見実現を要求していたことが16日、分かった。

小沢氏は公式の記者会見でゴリ押し疑惑を否定した上で、「天皇の政治利用に当たる」と反発した宮内庁の羽毛田信吾長官について「政府の一部局の一役人が内閣の方針にどうしても反対なら、辞表を提出した後に言うべきだ」と辞任要求までしているだけに、波紋を呼びそうだ。

この特例会見問題を振り返っておくと、外国要人と天皇陛下との会見は、1カ月前までに文書で申請することが宮内庁と外務省との内規で決まっている。今回の習副主席との会見申請は11月26日に行われており、1カ月を切っていた。

羽毛田信吾宮内庁長官は「手続きはすべての国に平等に適用してきた。苦渋の思いだ」と天皇会見を政治的に利用したことに遺憾を表明した上で、そのいきさつを記者会見のなかで事細かに明らかにしている。

それによると、平野博文官房長官から会見要請の電話があったのは今月7日と10日。羽毛田氏は「陛下の役割について非常に懸念することになる」と述べた上で「政治的判断としてお願いするのはどうなのか」と一旦は断ったが、10日の段階で最終的に官房長官の指示に従ったという。

宮内庁を首相官邸が押し切ったことについて、首相は「賓客が来られた時の判断であり、政治利用ではない」と強調。1カ月前までに申請するとのルールに対し「1カ月を数日間切れば、しゃくし定規で駄目だというのは、国際親善の意味で正しいことなのか」と疑問を呈した上で、小沢氏の働き掛けについては「小沢氏から話があったわけではない」と明言していた。

これに対し、政府関係者は極秘のやりとりをこう証言する。

「9日の時点で、中国外務省の高官から小沢さんに直接電話がかかっている。『もし天皇会見を設定してくれたら、胡錦濤国家主席が民主党訪中団の議員ひとりひとりと握手できるよう取り計らう』とね」

この政府関係者によると、小沢氏は同じ9日に鳩山首相に対して会見の実現を要求。首相が、「1カ月ルール」を理由に会見を断ると、激しい言葉で罵倒したという。10日、折れた鳩山首相から指示を受けた平野博文官房長官が、先に触れたように宮内庁の羽毛田長官に会見を設定するよう命じることになったようだ。

実際、小沢氏のもくろみ通り、小沢氏率いる民主党訪中団は10日に北京に到着。人民大会堂で待っていた胡錦濤国家主席は、143人の民主党議員たちひとりひとりと握手を交わし、「ツーショット」の写真撮影に応じていた。

しかも、おかしなことに、中国側は、10日午後の外務省定例記者会見で習近平の訪日日程を発表した。日本で天皇会見が明らかにされるのは翌11日のことで、「全てが中国優先で、日本の国内事情は後回しにされた」と政府関係者も猛反発しているだけに、今後波紋を呼びそうだ。←引用終わり


26. 2009年12月21日 12:01:24
現役官僚の立場から言いますと、副島さんの言っていることは、当に正当です。アクセスされる方々には、言葉尻を捻るのではなく、大局を読み込んで欲しいものです。なお、自公政権に擦り寄って出世してきた官僚は本当に質が悪いのです。中にいると良くわかります。

27. 2009年12月21日 12:26:52
1番にコメントする方は、即座に反対する、どこかの要員ですか。

28. 2009年12月21日 13:30:35
副島氏の発言はやや過激な点もあるが、そのぐらい理不尽な状態に陥っているのが今の民主党政権なのだろう。本来は平野がその辺をコントロールしなければいけないんだけど、あのバカではね。。

29. 2009年12月21日 14:21:58
副島氏に、同感する気持ちが大いにあります、
今の日本の官僚どもを見ていると、
中国の清を滅亡に追いやった宦官とオーバーラップします、
TV,マスコミ違って、インターネットでは、官僚の馬鹿げた行為が実名で、
どんどんアップされています、これを継続して行けば、官僚の誰が?
どんなことをやっているか、ほとんどの国民に判る時がくれば、
日本も、少しは、変わり、よくなるかもしれません、


30. 2009年12月21日 15:08:44
世田谷通信ってなに?ここのいかがわしい情報源は信頼できかねます。

まあ長官の言動もたしかに理屈からはおかしい。
その点は佐藤氏、副島氏のいうとおり。

羽毛田氏は天皇を利用して宿敵民主に一泡吹かせるつもりだったと思えなくもない。

しかし・・・。小沢氏は天皇陛下をどう思っているのか?
みこしだから天皇は上位だが動かすのは自分と?

副島氏は独裁者待望のにおいがする。
小沢氏にはやや不敬のにおいがする。

わたしはいやですな。

BY大冠里


31. 2009年12月21日 15:11:04
ソエジーの言う事は信用できない
終わってるな
チョンの手先で大衆扇動家工作員だろう
もう引っ込んでいて欲しい
32. 2009年12月21日 15:49:35
多少デフォルメされた副島節であるが、読んでて痛快、言ってるポイントは全く正しいと思います。

33. 2009年12月21日 17:00:28
局所を見ずに大局を見りゃさ。

ユダヤの傀儡であるアメリカも経済破綻。
貪欲に過ぎてテメエの止まっている枝を忘れて幹切っちまったってところだわな。その煽りでアメリカの傀儡、日本の利権まみれの魑魅魍魎共も資金ショートになっちまい、金にものを言わせられなくなり気がつきゃただのジジイ。まわりの連中言うこときかなくなっちまた上に、NOまで言うようになっちまった。

つまりユダヤ勢力自体先行かなくなってきたってことの証だわな。
金儲けのための冷戦ゲームも古臭くなって、あげく馬鹿ブッシュのヘマで戦争の裏側まで世界の民が見透かせるようになっちまった。
プロパガンダと謀略だけを頼りに世界を支配してきたこいつら阿呆どもにも、自然の法則が働き始めたってことなんかなあ。

2012年ってのは正に大転換期、新年ってことなのか。
つまり振れすぎた振り子が反対へ振れ出す刹那。

日本はアジアの中で生きてゆくのが最も正解、アジアの旗振り役によって起死回生がはたされるものと私は確信している。


34. 2009年12月21日 17:06:37
国王???って

  国王って、天皇より偉いのか???

  外国人参政権で、売国的な発言をしている小沢が国王って

  勝手に決めるなよ!!   副島は!!


35. 2009年12月21日 17:29:00
馬鹿な奴って物事短絡的にとらえてすぐ過剰反応しやがるから、自分で馬鹿って宣伝してるのと一緒、すごくわかりやすいね、34さん。

36. 2009年12月21日 17:46:56
誰がどー見ても実質的権力を握ってるのは小沢でしょう。(半分鳩山)
普通の素直な目で見ればこれは明らか。
それを副島先生は『日本の実質国王』と称したまで。
その通りだと思います。

独裁者待望だとか、売国的だとか言うのは“視野が狭く”、単なる“ひねくれ”、“ねたみ”にすぎない。
日本はこれまで長い間、天皇ではなくその他実質国王が政治を担ってきた。

その実質国王が誰であるべきなのか。
それは、ハゲではなく、宦官でもなく、読売でもなく、
国民が“選挙”で選んだ国会議員がなるべきだ!



37. 2009年12月21日 18:25:11
34

>外国人参政権で、売国的な発言をしている小沢が国王って
>勝手に決めるなよ!!   副島は!!

まさしく、その通りです!

対馬に外国人が移住し、外国人が参政権で過半数をとり対馬は独立しますと、
言ったらどうなりますか!

韓国は独立を支援し戦争になり!

アメリカはじめ、ユダヤ資本、死の商人は(軍事産業)は大喜び!

尖閣列島に中国人が移住したら、
またまた、国際ユダヤ金融資本(死の商人)大喜び!

小泉竹中以上の売国行為!

皆さんよく考えて下さい!


38. 2009年12月21日 18:26:21
国策捜査、天皇陛下-次期中国宰相会談問題では
小沢幹事長を擁護してきたが、

>小沢一郎の判断と行動が、全てにおいて正しい。

と言われると引いてしまう。6割ぐらいだろう。


39. 2009年12月21日 18:26:52
衝撃!!小沢一郎民主党代表の美人秘書の真実
http://www.youtube.com/watch?v=o-lXuggolkk&feature=PlayList&p=F2A316A28324BA44&index=1

中国の真実 (The Truth of China)
http://www.youtube.com/watch?v=M84KIsZmA0A


40. 2009年12月21日 18:50:44

外国人参政権は、絶対阻止しなければ、
日本は大変な事に成りますね!

尖閣列島の周辺には資源もたくさん在るし!


41. 2009年12月21日 19:11:19
じゃんけんならグーでだめならチョキかパーが正解。

だけど国際政治は違う。
自民党アメリカ路線がだめだからといって民主党中国路線がいいとは限らない。
最悪両方だめ。

なにせ中国は国内に不満がたまるたびに日本の昔話をして
愛国心、愛党心を高めてきた国。前科何犯か数え切れないし
今も抗日番組流している。信頼できるの?

小沢氏はどうしても毒々しい。
ま、私の意見はいいとして小沢氏が前に出すぎると選挙負けまっせ。

BY生実偉人大冠里


42. 2009年12月21日 19:55:46
>>37さん

あなたの言われることは一理ある。
が、しかし郵政民営化法案が可決し、そのまま施行されていたら韓国だの、中国だの未来の空論を言う前に、日本は死の商人含む、ハゲタカにのっとられていた現実だった。
まさに寸でのギリギリところで神風が吹き、それを阻止した。

阻止したのは、小沢であり、鳩山であり、民主党であり、亀井国民新党であり、ネット言論人だ。
その様な政治家が37さんのような考えを考えないわけないでしょう。
とっくに承知ですよ。

小沢は韓国での講演でも分かるとおり、そんな事よりもっと大きく物事を捉えている。

ネット上では、外国人参政権の反対論ばかり出てますので、ここでディベート的賛成論も。

外国人参政権を認めると、日本にいるもぐり外国人を表面に出すことが出来る。参政権がなく裏や闇で暗躍してきたヤクザ、右翼、草加、統一などを一気に表に出すことが出来る。
この効果のほうが現実的には、より有効だ。

今まで、闇に隠されていた膿みをすべて光に照らすことのほうが先決だと私は思う。
そのために民主党政権は存在する。
表に引きずり出し、光を当て、国民全体で議論させる。
その結果、物事が動いていくのが本来の姿だと思う。
それで独立が決まるんならしょうがないじゃないですか。

民主党政権になって3ヶ月、あーだこーだマスコミは言いますが、前政権で闇に隠していたやんばダム、普天間、密約、憲法、記者会見、予算審議すべてに光を当てはじめた。これが重要です。

私たちは、民主党がこの姿勢を貫き続けるかをチェックすべきである。

尖閣だの、千島だのそんなことを言ってる事のほうが奴らの思うツボじゃあないですか。
まずは、闇に光を当てるのが先決だ。


43. 2009年12月21日 20:04:14
副島は、マルクス信奉者で、反天皇主義者だ(大東亜戦争の裏で皇室が蓄財したというデマを流布するための反天皇本を推薦している)。そんな奴が何を言っても信じるな。あいつらは日本国家の破壊、国民の殲滅を志向しているだけだと思わないのか?共産主義者で反天皇、これだけでも状況証拠として十分じゃないか。悪いリーダーに従って山に登ったら、どういう悲劇的結末を迎えるのかは、みんな最近目のあたりにしただろ?生きて下山するのは、リーダーだけなんだぞ?

44. 2009年12月21日 20:05:26
> 01の間抜け面がよくもいうよ。一番目立つ所でいえば、鞭打ちの刑なみのパッシングを覚悟してのことだろう。恐ろしくて読み戻れないだろう。文句があるならかかってこい。宮本武蔵にいどんだ、吉岡伝七郎のように返り打ちだ。
副島先生の言うとおりで脳に欠陥があるのだろう。
副島先生、万歳、大統領。

45. 2009年12月21日 20:14:27
43 というバカもいたか。既成の考えに毒された、典型的な脳に欠陥を抱えた、
えせ人間。共産党がそんなに嫌なら、東京の代々木というところに本部があるから、どなったら。ちんけな近所に迷惑をかけるゴミ屋敷の婆さん並みに、マスコミが取り上げてくれるだろう。売り込みに行ったら。

46. 2009年12月21日 20:21:00
力が衰えてきたアメリカ側支配者層からヨーロッパ側支配者層に鞍替えが起きて
国民の生活を度外視した単なる利権争いをしているみたい。

47. 2009年12月21日 20:29:22
小沢一郎は、人民解放軍野戦軍司令官だと、自分でも言っている。そして、まさにそのとおりに忠実に動いている。
この状況を、曇りのない目で見ることだ。

しかし民主党内の反小沢組も、事業仕分けを、「文化大革命」になぞらえている。

このように、民主党政権は、全体として中国共産党に限りないシンパシーを抱いている。だから、どっちに転んでも、日本を中国共産党の支配下に持っていく。

民主党の掲げる民主主義とは、中国や北朝鮮と同類の、人民民主主義のことである。


48. 2009年12月21日 21:03:18
42さん
37です。
誤解があります。
下は以前神州の泉に私がコメントしたものです!
2009年12月14日 (月)
小沢ー鳩山ラインの壮大なサバイバル戦略
神州の泉 記事一部抜粋
>現実は冷戦終結の後に、年次改革要望書という対日経済占領プログラムを発動し、日本の優良資産を徹底的に奪い尽くす暴挙に出ているのが米国だ。その収奪計画の中心に郵政民営化がある。鳩山政権はこれを寸前で食い止めている。

ここからが私の、神州の泉さんへのコメント
         ↓
その通りであり、政権交代した(させた)事によってこそ、凍結出来たわけであるので、この事は大変重要な意義があった事はおそらく当然の共通の認識だと思います。
ですので、その点において、政権交代に対する批判は当たらないし、良くない事であると思います。
(批判している方がた、自民党のままであったならば、郵貯は合法的に持って行かれたのではないですか!)

しかしながら、外国人参政権付与の法案等々、どうもおかしい・・・!
(小沢氏を私はもともとあまり信用していません。)

下記のサイトでの見方が正しいのではないかと思います。

http://satehate.exblog.jp/9838953
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1053.html
(日付調整)
http://satehate.exblog.jp/13234104/

外国人参政権付与は阻止しなければなりませんね。

以前、神州の泉さんへのコメント終わり

東アジア共同体とは=日本の主権をかなり失うことになります!

東アジア通貨統合 断固反対の根拠
http://blog.livedoor.jp/kawase_oh/archives/51571315.html

外国人参政権 断固反対の根拠
(広告が入って少し読みづらいですが、そこは致し方ありません)
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

東アジア共同体 断固反対の根拠
(広告が入って少し読みづらいですが、そこは致し方ありません)
http://archive.mag2.com/0000012950/20090916205855000.html

私の推論では国際金融資本のシナリオにそって東アジア共同体に移行していると思います。
また、COP15に鳩山さん=恐らく(フリーメーソン)が熱心なのも、
国際金融資本のロスチャよりの排出権利権、原発利権とのからみと思います。
CO2地球温暖化は嘘なのは御存知でしょうか?=911テロ同様 茶番です!
地球温暖化詐欺 1/8
http://www.youtube.com/watch?v=P--pmZpwYEY

東アジア共同体シナリオ、長いビデオですがちゃんと計画されてます!
ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3
http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035&hl=ja#

自民党と民主党どちらもマスコミ同様かなりの部分支配されていると考えるべきと思います。フランス革命ごろから、明治維新も国際金融資本のシナリオです。
一介の下級武士である坂本竜馬が武器の輸入など到底出来るわけがありません。
バック国際金融資本=グラバー

長くなりましたが、誤解がありましたの、ご容赦ください。


49. 2009年12月21日 21:39:25
48です
>明治維新も国際金融資本のシナリオです。

一部訂正です。
国際金融資本のシナリオでは内戦をさせて武器でもけ且つ、
弱体化させて植民地にしたかった。
が、それほどの内戦には至らなかった。
したがった、シナリオ通りには至らなかった。


50. 2009年12月21日 22:05:35
自民党の独裁利権政権にいまだ固執し共に死に果てるか、一縷の望みを抱き民主党に私たちの希望を託すか。

国民は選択しました。


51. 2009年12月21日 22:05:55
>>37さん
42です。

貴重なリンク先を教えていただいてありがとうございます。非常にためになりました。
ただ、これも一理あるがやはり・・・。
それは然り、そのまた裏も然りというべきでしょうか。

日本は残念ながら一国だけでは、暮らしていけません。
なぜか?
お分かりの通り、その第一理由で、その大部分を占めるのがやはりエネルギーです。
そもそも国家として、国の動力となるエネルギー(人間に置き換えると食物)を自給できないのに、自立など出来るはずもないのです。

日本は明治維新後ひたすら欧米列強と肩を並べようとし、西洋文化を貪欲に取り込んできました。そして、お金のシステムも組み入れたのです。
いや、すでに織田信長の時代のイエズス会が渡来してきてからその作戦は始まっています。

この時点ですでに日本は国家として欧米の子飼いにならざるを得ない宿命になったわけです。今、まさに欧米諸国が元の通貨切り上げを迫っているのは、それとまさしく同じだと思われます。

そして、第二次世界大戦で領土的に日本を支配され、その後は経済的に日本は支配されています。
結局、お金の要らない世界を作るほかに日本が自立する術はないと思ってます。そしてそれは無理だとも思ってます。

では、どうすれば欧米の支配から逃れるか。
大国の狭間で間接的に自立を達成するしか今のところ考えが浮かびません。

間接的とは世界のブロック再編成に伴って、より近い価値観をもつ中国のブロックに入りこのブロックにおいて自立を確立させていかなくてはならないと思います。

時代が明治、また昭和初期ならばそこで戦争という手段が起こるでしょうが、今はまず五の次の作戦でしょう。
同じ手を使うならば、戦争より今回の郵政のようなソフトなパワーです。

しかし、ユダヤはまた新しいやり方を思いつくでしょう。その一つがCO2です。
これは失敗しそうですが、また次を考えます。いよいよ困ったら最後に核戦争を引きずり出すでしょう。
この大きな枠組みの中でどれだけうまく立ち回れるかが、日本の政治家の目指すべきところだと思います。

そして、小沢は中国、韓国に出向き、中国では両国の友好を推進させ、きちんと軍拡の脅威を語り、韓国でも日韓友好を説いてきた。
その上に、東アジア共同体という夢物語があります。

にもかかわらず、外国人参政権だけを無理に取り上げ、挙句の果てに千島占領、尖閣占領、売国奴というのはどうかと。
べつに小沢教ではないが、現状小沢は今のところ正しく筋道を立てて行動しているのにも関わらず、売国奴、売国奴と叫ぶばかりでは、マスコミとなんら変わらない。

しかも、欧米支配から逃れ、お金の要らない世界を作るという究極的な事を語ろうとするとどうしても人口12億、広大な領土を持つ中国は絶対はずせない。
中国、韓国、日本が団結することこそが、日本の自立に一番近く、理想に近い自立方法だと私は思ってます。

それを、売国奴などという卑しい言葉を使って批判することこそ、奴らの思うツボだと思います。

どーでしょうか?
長文失礼致しました。


52. 2009年12月21日 22:28:55
42さん

経済政策等私なりの考えを一応は持ってはいるのですが、
この場では、止めて置きます。

あと、売国奴などという卑しい言葉という点ですが、
やはり、亡国の危険性が増すわけですので、そう言わざるを得ないというのが、
私の見解です。
もうこれ以上議論しても、恐らく平行線と感じますので、
この辺で止めとさせて頂きます。

失礼致します。


53. 2009年12月21日 22:30:36
了解しました。
また機会があれば。
ありがとうございました!

54. 2009年12月21日 22:45:39
売国の本質は公共の財産を不当に処理して私利を得る行為にあります。
それを念頭に置き、中韓はじめ他国との関係に関わらず私腹を肥やす人々を平等に売国奴と呼ぶべきでしょうね。

55. 2009年12月21日 22:55:21
売国奴、という表現はスイスの報道では普通に出てきます。
現職の閣僚がやり玉に挙げられる事は当たり前ですが、
良い仕事をすれば評価が与えられるという美風も存在しています。
高級紙NZZ紙等は日本の政治関連の情報をこまめに報道しています。
それと比べると、日本のマスコミの報道には苛立ちを感じないで読
む事は出来ません。
日本の崩壊はマスコミ主導、という懸念が付き纏います。

56. 2009年12月21日 23:39:16
17の者ですが、42の方の見識に感銘を受けます。ただ、一つ付け加えさせてもらうと、中国、韓国以外にロシアも重要かと感じとります。ロシアの豊富なエネルギーもですが、中国の暴走を牽制できますし、逆もまた然りではないかと。
どちらにしろ、大国の狭間で難しい舵取りを迫られますね・・・。尖閣だ千島だと局部的な事を言ってる場合ではない・・・。

57. 2009年12月22日 00:25:19
37さんへ
37を読むと訳が判らなくなるが、48を拝見すると理解できます。自民が崩壊したいま鳩山氏には期待したいところではありますが、貴殿と同じで鳩山氏の唐突感に戸惑いを感じます。

1)以前から必要以上に友愛の言葉を使う、別に彼がフリーメーソンでも構わないのですが、それ以上だと。意味の無い枕詞みたいなものですが、気になります。

2)CO2,25%の削減>悪いことではないと思いますが、何故いま?>むしろロスチャイルドの下僕のゴアの意向へ沿うこと?>邪推してしまいます>CO2自体問題ありそうです。

3)参政権の問題&日本列島は日本人だけの物ではない>自分の思想、哲学等の文学的言葉なら理解できますが>政治用語になると大変です、陰謀論のワンワールドの世界を連想してしまいました。

まさかと思うのですが右の手、左の手のユダヤ陰謀論がスッポリ収まるのです。

尚、私は副島氏はよく読みます。激情型カリスマですので文章は感情的ですが論理構成は破綻してませんし、点と点を結び推理推測する面白い論評だと思います。
最近すこし飽きましたが切れ味はなかなかと思います。

異端の学者、小室直樹を尊敬してるだけのこはあるな、と思います。ただ人によってはあの文章を受け入れないでしょうが、

                         By プルシァンブルーの男


58. 2009年12月22日 00:35:37
副島という人は、文章の書き方から察するに、どうも精神が破綻しているのではないかという思いがいたしますが・・。

59. 2009年12月22日 01:10:22
灰色の裏の支配者を「全く」正しい、と言ったり
灰色の官僚を「全く」愚劣と断言するような人を、私は
「全く」信用できません。

現存する党や大物政治家のどれがいいか、というのは腐ったみかんと
腐ったりんごの二択です。
この二択思考を超えなければ、副島氏のような、深いレベルで自己矛盾を内包した
文章となってしまうのです。おまけに彼は不器用です。

彼がもう少し器用で機転が利いて、柔軟性を見せなければ、この先民主が本当の正体を現した時
(もう次第に現れているが)彼のプライドがズタボロになってしまうのが今から心配です。
民主党にも小沢にも依存せず、草の根レベルから、革新を迫ってゆきましょうね。


60. 2009年12月22日 01:58:55
59
いいことをおしゃいますね・・・裏切られ、だまされ・・・。人間の本性、欲情、究極的な本質、性(さが)を見切ったとき、答えがでてきます。人類の存在の可否が。

61. 2009年12月22日 02:42:48
「私たちの指導者・XX」という言葉遣い自体に魅力がないな。
20世紀前半のソ連やドイツなら、もっと格好いいアジタイトルを作ったと思う。

62. 2009年12月22日 07:49:44
おまえら世界の流れに逆らわないで全員チップでも埋め込むつもりか?
どいつもこいつもてめえの信じたいことを信じる、それだけだ。
世田谷通信を信じるなら、二階堂も岩手日報も信じろ。

63. 2009年12月22日 08:01:32
>東アジア共同体

反日連中は日本だけ国であることをやめさせて、東アジア経済特区というものにして、日本人を消そうとしているよ。


64. 2009年12月22日 08:06:31
小沢は、江戸時代以前から日本にいる日本人の子孫にとっては、許しがたい発言で中朝に媚びている。こちら様では脱アメリカ支配のパフォーマンスと捉えているらしいけれど。奴隷か工作員にしか見えぬな。

65. 2009年12月22日 09:09:02
小沢一郎が無知バカな男であることは有名だが、この福島も無知でバカな男であることは彼の表情をみればわかる。

要するに小沢も福島も地に足がついていないのだ。

京都にいる日本の裏支配者者一族はすでに小沢一郎の「獄中入り」を決定した。


66. 2009年12月22日 09:21:57
京都にいる日本の裏支配者者一族がすでに小沢一郎の「獄中入り」を決定した以上、裏官僚組織もすでに起動したはずだ。


67. 2009年12月22日 09:26:35
私なりにまとめますと・・・。

副島氏は玉石混交。
全否定も全肯定もできない。

多少精神の均衡が狂っている。
しかしニーチェに限らず狂人だからこそ見抜ける本質がある。

おそるべき途方もない勢力にわが日本は狙われていることへの警鐘はよしとして
また聞くべきところもある。

しかし中国万歳、小沢万歳はないだろうて・・・。

ツァイトガイストにあるように闇勢力は、DIVINE&CONQUER
分割して統治する。分裂させて争わせる。

来年の日本は深刻な経済危機、極めて深刻な危機とともに
分裂状態になります。

そこを、和を以って貴しとなせるか。できなければ崩壊ですな。
和の中心は小沢と副島には悪いけどやはり天皇陛下なのです。
中心は小沢ではない。


http://www.youtube.com/watch?v=aBk0_KsIXpo


68. 2009年12月22日 09:29:01
67

by 大寒里


69. 2009年12月22日 11:38:31
>65


福島って、福島みずほ のこと!!

 福島みずほ は、女ですよ


70. 2009年12月22日 11:47:51
>>63
反日連中は日本だけ国であることをやめさせて、東アジア経済特区というものにして、日本人を消そうとしているよ。

消そうとしてるのはおまえだろ?↑はそのまま欧米の考えだ。
今、世界中が何とか中国を自分達のシステムに組み入れて主導権を握ろうと躍起になっている。
それほど今、世界経済は中国なくては、存在が保てないんだよ。EUだってアメリカだって。日本だって。
西洋のシステムに組み入れられた時点で、アジアの負けだよ=中国戦後日本の様になり、日本、チョン半島は消えてなくなる。

俺たちは白人じゃないぞ。アジアの土人だ!白人だと勘違いしてるやつが日本には多すぎる。


71. 2009年12月22日 12:22:47
まあここの連中で過去の事実を見て自民はゴミだって方が正しいわな。
民主やことさら小沢をたたく奴ってのは、まだ起きてもねえこと並べ立てて騒いでる、言ってみりゃ妄想野郎だわな。
てめえの頭の中の妄想に振り回されて右往左往、大人じゃねえな。
あげく売ってもねえのに二言目にゃ売国奴ってよ。

本当の売国奴ってのは小泉・竹中のこったよ、こいつらぐらいでっけえ売国行為やってから売国奴ってレッテル張れってんだ。


72. 2009年12月22日 13:23:17
気付かなくてはいけないのは、今までの自民党が狡猾な独裁者だったということだ。しかも対米従属の下請け独裁政治を、マインドコントロールしながら国民にしてきた。

確かに小沢独裁は受け入れられない。しかし、国民が存在しない自民党の独裁政治にはノーと言いたい。


73. 2009年12月22日 16:08:37
71さんの言う通りで、同感です。小泉、竹中こそが真の売国奴である。

74. 2009年12月22日 19:23:14
65は名前を読み違える、典型的な抜け作。副島を福島だと。よくいるのだよ、
こおいう手合いは。今年の年賀状を出していなかったら、出す相手の名前をよく確認したら。50年来の年賀状のやり取りでも、名前を間違えると、今の医学でみんな利口になっているから、奴もついに認知症になったかと、密かに、年賀状の名簿から外される。

75. 2009年12月22日 19:53:43
小泉さん、竹中さんらはアメリカの命令に逆らえなかっただけで、小沢さんは積極的に売国しようとしているように見えるよ。

76. 2009年12月22日 21:30:13
75のあんちゃんさ、政治家ってのはテメエの理想実現するために命掛けて頭になるんよ。頭になってやりたいことやる、立派なもんじゃねえか。そんでそういう小沢選んだんだのは俺らなんよ。心中しても文句ねえ、わかるかこの餓鬼が。

かたや小泉・竹中ってのはアメリカにビビッてテメエの魂まで売りつくした本当の売国奴だぜ、理念もナンもねえただの臆病もん。

理想のために売国奴って呼ばれる小沢と命が惜しくて売国奴になっちまった小泉・竹中と、どっちがホンモンだあ、阿呆が。


77. 2009年12月23日 03:48:15
 なぜ、日本をアメリカに売り渡す国賊どもとアメリカ軍産複合が小沢を嫌っているかは、小沢が師と仰ぐ田中角栄の“外に平和、内に福祉”をモットーとした言葉に注目すると理解が早い。
 なぜ、田中や小沢が執拗に嫌われ、攻撃されるか?
それは、究極の悪の枢軸(Aksis of Debil)たるアメリカ軍産複合体の存在だ。日本の富を奪い取り、戦費にする、それだけだ。そして次の戦争を仕掛けて大儲けするのだ!戦争でか生きられず、そして儲けて儲けて狂いきっているゾンビども。
 だから田中は潰されたし、現に今、小沢をも潰しにかかっている。手先の地検特捜を使って。戦争をしないと生きられない死のハゲタカどもは、平和は正に敵だ。
 日本が豊かに福祉国家になったら、金を毟りとれなくなるではないか。だから、圧力をかけて郵政民営化をしかけて貯金を奪い取ろうとした、今でも諦めていない、現政権にまで執拗に民営化の徹底を要求するという狂人ぶりだ。アメリカはテメーラの郵政は国営のままにしておいてだ! 噴飯ものだ!
 やはり、ゾンビはアメリカ軍産複合とアメリカ軍は死んでもらわないと...

78. 2009年12月23日 05:22:45
>11. 2009年12月20日 16:41:10

シナ人に個人的に乗っ取られるよな状況に遭ってから
同じこともう一度言ってみな? 夜中に池袋辺り行けば分かるよ。


79. 2009年12月23日 05:48:11
42さん、33さん、71さん、76さん(同じ方?)
同感です。

また、26さんのような、良心的な、気高い官僚の方が、財務、厚生労働、外務、すべての省庁に一人でも多くいらっしゃり、今のあなたたちの上司ではだめなんだと気づいて頂き、匿名でもどんどん発言される事を強く望みます。

そして、中卒、高卒問わず、多くの良識ある方々が、物事の本質は何か、今何をすべきかを、本能的に気づいていらっしゃる事に感動しています。


80. 2009年12月23日 06:04:28

しかし、投稿と擁護コメントの内容はワヤクチャこと地には平和を並にひどいなw

81. 2009年12月23日 08:22:36
80のあんちゃんがひどいって思うのは、あんたの脳みそが猿並みだからだんべよ。

82. 2009年12月23日 11:22:57
 私も公務員ですが、小沢発言は正論であると思いますし、公務員として常識です。
 公務員に聞いてみてください、多分異論を唱えるのは宮内庁職員(!?)だけだと思いますよ、羽毛田長官の行為は一般職ならば間違いなく国家公務員法違反に抵触します。

83. 2009年12月24日 00:37:17
ここまで、投稿数の多い事事体に、驚きます。素晴らしい。一様、プリオントアウトして、じっくり、勉強します。とりあえずは、03の、方に、賛成するとともに、日本は、まだまだ、「希望」が、もてます。

84. 2009年12月24日 08:07:31
まあさ、いままでお上やメディアの言うこと信じて眠りこけてたんだけど気がつきゃケツに火がつきはじめちまった。アッチッチってなもんで目が覚めちまったんだわなあ、国民全体ががさ。

寝るだけ寝りゃ起きて働くのがまっとうな人の有りようよ、そんだけ。


85. 2009年12月24日 15:49:47
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-383.html

似非右翼は、小沢が悪いという口実のもとに、元気に動き回ってる。

小沢邸前の、騒動、上のニコニコにあり。

羽毛田さんは、小沢暗殺の口実を見事に、似非右翼に与えたわけだ。

これで、小沢が暗殺されれば、結果的に、羽毛田さんが暗殺したことになる。

ノーパンシャブで冷や飯くってる、財務官僚も、ほくそ笑むことだろう。

俺らに逆らうと、こうなるってか。


86. 2009年12月24日 15:53:33
似非右翼の日当、ガソリン代は誰が出しておるのじゃ。

87. 2009年12月25日 03:52:23
善悪でしか物事を見れない輩の多いこと。
アメリカ=悪だからもう付き合わないみたいな論調しか出てこないのは、
考えの浅薄さを現してるね。
アメリカとの付き合いを見直すなら、とりあえず改憲して軍事力確保してからやれよ。
順番が違うんだっつの。
思いつきでやるからこんなことなるんだよな。

88. 2009年12月25日 09:22:14
87のおまえさんはほんとばかだね、今のご時世になんで軍事力が必要なんだ?
軍事力あったって、強いものにゃ負け弱いものにゃ勝つ、だからって恨みは尽きることねえ。だから戦争すりゃ100年は残るってんだよ。いまだにアジア各国の関係がギクシャクしてるのはそのせいなんだろっての。戦争なんかじゃ何一つ解決つかねえ。あらたな火種を作り後世の人間にそれを残すだけ。
そういう過去があるのにさ、軍備なんざ必要最低限でもう十分。

それから戦争やって喜ぶのは武器商人とその背後で操っている元締めとおこぼれに預るやつらだけ。国民だけが死ぬか塗炭の苦しみにあえぐだけ。あげくどこぞの国は何十年と居座り続けありとあらゆる搾取を繰りくりかえす。

こういう現実があるってのに浅はかな考え、好き嫌いで物事言うんじゃないっての。道理を曲げるから話がこんぐらがっていくんですよ。その道理ってのは何かって言ったら、好き嫌いじゃなくって善悪で物事が判断できるかってことなんです。
何かといや短絡思考で改憲しろ、軍事力補強しろって。そういうのを思うつぼにはまるって言うんですよ。

手ぶらでいいんですよ、やれるもんならやってみろって腹据えて言ってやりゃいいんです。ぜったいなんも出来ねえですから。
もっと言や戦争おっぱじめるよりその方が犠牲者は確実にすくなくって済むって確信しています。


89. 2009年12月25日 17:28:07
独裁者を見たこともないくせに知ったかぶりをするな!スターリン、毛沢東、ヒットラーみたいだなんか言っているけどお前たちこの者たちに会ったことがあって、その時代に生きていたのか?所詮本で読んだりした浅はかな知識しか持たないで独裁者と決めつけているだけじゃないのか?こんな洗脳されやすい人間ばかり多いのが日本人の特徴だろう。ちょっと本を読んだくらいで知識人ぶって知ったかぶり、自己主張する馬鹿どもめ!
 あなた方に言いたい。世の中の出回っている多くの情報は、でっち上げの可能性が高い。それを見極め、多くの情報から本物、真実を知った者がいかに少ないか。
副島氏の貴重な真実を浅はかな知識で批判するのはやめなさい。
副島氏がまともである証拠として、主張したことに、金銭的な恩恵を被らないことがある。
そのような見方で、世の中の情報を見ろ!その者の主張に利害関係、既得権益等が絡んでないか。例えば、ハゲタさんをこけおろしにして副島氏に何の得があるのか?よく考えろ!ハゲタさんの主張には何が潜んでいるのか、だれが得するのか、よく考えてみなさい。

90. 2009年12月26日 02:36:10
戦争は嫌だが、なぜ多民族をこの狭い日本で混在させないと、中国や半島と友好を保てないということになるんだろう。

91. 2009年12月26日 11:38:40
>>戦争は嫌だが、なぜ多民族をこの狭い日本で混在させないと、中国や半島と友好を保てないということになるんだろう。

もともと、日本民族とは単一民族ではなく、古今東西、様々な人種が日本列島にたどり着き、融合し、長い時間をかけて醸成したハイブリッド人種である(かもしれない。)。
それを、単一民族であるという、根拠もないヤマト民族優性論がニセ右翼らとともに闊歩し、その他人種を排除しようという思惑から始まる馬鹿な考え方である。
この者たちが、勝手に天皇政治利用をでっち上げ、またいらぬ恐怖をかりたたせ、東アジアの友好・団結を阻止しようとたくらんでいる。


92. 2009年12月26日 16:03:02
>>88
社民党おつとでも言ってほしいのか?
政治ってのは何かが起こってからじゃ遅いんだっつの。
特に戦争関連はな。
だから戦争を抑止するための軍事力が必要なわけ。
中国や韓国が日本を標的にしないなんて根拠はどこにもないんだぜ?
大体核保有国の外交上の発言力の大きさを考えたら、
そういう甘ちゃんな発言はできないと思うんだがな。

アメリカが悪だー悪だーなんて言ってるなら、
もちろん日米安保反対論者なんだろーな?
だったら日本単独でも自主防衛できるような軍事力は当然必要となる。
ならもちろん改憲で憲法9条は改正してもらわないと困る。
それなら全然いいんじゃねーの。
それともアメリカは悪だー、でも日米安保は維持だーなんてことを言うのかね?

アメリカが嫌いなのはわかるっての。俺もそんなに好きじゃない。
でも国益を考えて今平然とアメリカの機嫌を損ねて何のメリットがあるわけ?
機嫌とっといて日米安保に頼らない枠組みを作ってから、いくらでもやってくれよ。

ついでにハゲタハゲタって中傷をするな。
掲示板の質を問われるぞ。


93. 2009年12月26日 17:10:31
ハゲてるからしょーがないじゃない。

94. 2009年12月26日 18:01:50
88だけんども92さん、世界は確実に変化しているんですよ。
今やっと戦争と冷戦の長い歴史が、裏の力に世界中が嵌められ踊らされ、さんざんに散財させられてきたってのわかったんですよ。

なぜわかってきたかって言うと、それは、その勢力も今回の金融危機でお金が潤沢に回らなくなったが為の現象(内部分裂)だってとらえるのが一番客観的だと思うんですがね。簡単に言や金の切れ目が縁の切れ目って言うんでしょうかね。

911にしてもしかり、第二次世界大戦にしてもしかり、ありとあらゆる争いの裏には謀略に嵌められた悲惨な国同士の外で、その戦いをみて大喜びしている輩がいるということを忘れちゃいけないんですよ。

偶然起こった戦争なんかないんです、すべて必然的に仕組まれたものなんです。

そういう連中に長い事洗脳されてきたもんで軍備は必要、軍隊も必要って思い込んでいるだけなんですがね、まだ大多数が92さんみたいな固定観念に縛られているもんだからどうしてもそういう発想になってしまう。これを思うつぼに嵌るっていうんです。

本当は当事者たちが起こしたくて起こした戦争なんかないんです、みんな奴らの術中にはまって悲惨な思いをしているだけなんです。

もう愚かなことはやめましょうや。
そりゃ多少気に障ることや必要以上の我慢もあるかも知れないですけどね、戦争なんかやるよりよっぽど建設的で損害は少ないはずなんです、間違いありません。

肩がぶつからなければ喧嘩にはならんです、ぶつかったら謝ってスタコラ逃げりゃいいんです。この野郎って始めないのが大人なんです。


95. 2009年12月28日 04:58:41
94.さん、その通りですよ。過去の戦争を、真剣になって考え、調べたら、わかることですよ、今の時代は。本当にたくさんの著書が出ていますし、アメリカやソ連の情報もかなり開示されていますから。

日本国民全員が、洗脳から解放されるべき時代だと思います。


96. 2010年1月02日 12:03:49
前時代的帝国主義国家の黄色人種よりも、価値観の近い白人と親密になった方がいいな。あと、日本を恨んでいる国よりは、インドと親密になって欲しい。
小沢のように韓国人の前で日本人を侮蔑してまで連中と関わって欲しくはないな。

97. 2014年8月21日 16:07:42 : HGuWLGhFWg
2009年投稿のこの記事(私たちの指導者・小沢一郎の判断と行動が、全てにおいて正しい・・・)や
別スレの2012年投稿の記事(ウィキリークスが暴露!小沢氏は米国の要求を拒否!・・・)が
拍手ランキング24時間で上位に来ているが、小沢氏の今後の活躍に寄与する記事なのだろうか?

98. 2014年8月22日 11:11:09 : 7XquFEwhQs

阿修羅ランキング変だぞ 

何か操作されているぞ  

投稿日付がメチャクチャ



[32削除理由]:無関係

99. 2014年8月23日 11:34:25 : kYiQ4v3oDI
副島って原発推進派だろ?

副島の陰謀論とその信者の言動は
リチャード輿水のそれとたいしてかわらねえ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。