★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79 > 304.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
右・左と考えるのではなく、人間はこう生きるべきだという道があるはずです
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/304.html
投稿者 縄文ビト 日時 2010 年 2 月 01 日 16:47:40: egUyw5BLxswRI
 

(回答先: 敵の敵は仲間?右翼と左翼は紙一重 投稿者 質問です 日時 2010 年 2 月 01 日 13:24:50)

 全体的に読んで感じたことは、民主主義の基本である参政権において、政治に対する不信感を増長させ選挙時において無関心層を作り出す以外のなにものでもないと考えます。

 はたしてこのようなもので良いのでしょうか。そこで考えられることは人間に対し「哲学の欠如」があるということです。「人間とは何か?」「人間は如何に生きるべきか?」

 そこから、難しいことかと思いますが旧石器時代から現代の人間までを通して、どのように人間が変わってきたのか?そしてどのように変っていくべきかを判断していくことだといえます。

 決して右、左ではない道があるはずです。それは左でもなく、右でもない、人間はこのように生きるべきだという道です。

 右、左という概念で人間の生き方を判断すべきではないと考えます。人間として生きる道はその中間にあると考えるべきです。それは決して右ではないでしょうけど。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月01日 21:26:26
卓見痛み入ります。さぞや名のある縄文人とお見受けしますが?

禅じゃ「両頭を截断すれば一剣天にあって寒し」と言うのですが、これは仏の道の話でありまして、俗界で暮らす身の上の私としては下手に中道とか言わないようにしてます。私は右翼ではないですよ?


02. 2010年2月01日 21:54:31
 同感だねぇ。
 検察が悪い、小沢が悪い、マスコミがどうだといきり立っている連中はイデオロギーに縛られ過ぎてて、我田引水の主張をするあまり、論理に破綻をきたし、天に唾するような言辞を弄してるやにおいらには見える。

 憲法にある文化的最低限の生活をする権利とは何か、信教・結社の自由とは・・・といった精神を真剣に考えれば自ずと方向は見えてくるだろう。

 いまの政治屋は憲法を如何に捻じ曲げるかばかりでまともに考えていない。
 出てくる議論は米国に押しつけられた憲法だからなどといった外形的な捉え方から出てくる改憲論だけだ。

 人間何事にも行き過ぎず、中庸を旨とすべしということじゃないだろうか。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK79掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧