★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 148.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【郷原氏 検察を放火犯と指摘  納得!】 (olive!news)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/148.html
投稿者 純一 日時 2010 年 3 月 25 日 06:19:58: MazZZFZM0AbbM
 

http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?m=0&i=0


鳩山民主党政権は、ベルリンの壁、曰く、検察が創り出す霞ヶ関政局を乗り越えられないでいる。

検察は、法務省の外局だが、検察庁法及び刑事訴訟法において起訴権を独占する特権官庁であり、行政権力構造としては、警察のほか国税や公正取引委員会、証券等監視委員会などから刑事告発を受け、独自に捜査を行う。
公訴は、刑事訴訟法247条において検察官が行うとされている。

したがって、全ての霞ヶ関の行政権力の刑事処分は検察庁に依存することになる。
検察庁はまた行政における内閣を除き、検事総長、次長検事、全国の高検検事長を認証官に有する高い位置付けを与えられている。

即ち、検察庁は霞ヶ関の右代表たる行政権力であるといえる。
だが憲法上、我が国は国民主権国家であり、所謂、国家権力は国会の支持の上にある内閣が是を有することとなっている。
検察庁は、検察庁法において、法相より一般的指揮を受ける法構造となっているほか、国家公務員法の適用官庁である。

検察権力を監視するシステムとしては、検察官適格審査会、検察審査会のほか検察官自体の起訴のために付審判請求がある。
このうち、検察官適格審査会は殆ど機能していないようである。
一方、付審判請求については過去事例がある。


さて、鳩山民主党政権は、昨年の西松事件、郵便不正事件、故人献金事件、陸山会事件、北教組事件と検察による政治資金規正法違犯事件で揺れて来た。
政権交代を実現したが、鳩山首相、小沢幹事長周辺が次々と政治資金規正法違反事件で強制捜査、逮捕、起訴されている。

このどの事件でも、政治家本人に逮捕や起訴は及んでいないものの、政権交代後に70%以上あった鳩山政権支持率も、起訴ある度に平均5%以上低下する。
現在の支持率はまだ高いが、投票先を民主以外に投票するという民主支持層が増えていることは、極めて危機的な状況である。

鳩山由紀夫首相は、小林議員の周辺起訴を極めて重いと発言しているが、この認識で次期参議院選挙を勝ち抜けるかは分からない情勢だ。
小沢幹事長が、自民党の組織票を切り崩しているが、それは単に自主投票になるだけで、それは浮動票が増えるだけであるから、余計に内閣支持率や投票先調査が気になる。

ただ小紙の認識は、霞ヶ関右代表の検察は、鳩山政権のイメージを破壊することに成功しており、これを回復するには、国民に与えられた指揮権を発動し、その不透明な検察捜査を振り払わない以上困難だろうと見ている。

鳩山政権は、検察に尻込みした弱い政権と国民に見られており、その結果、国民は多くの期待した改革が実現されないのではないかと疑い始めている。
このことは全ての内閣支持率や投票先調査に影響している。


勿論、民主の岩盤は民由合併時のものとして確りしているが、無党派の浮動票が大きく投票行動に影響する昨今の選挙情勢では、この暗雲を払拭しないと厳しい選挙戦になることは間違いない。
これで、仮に普天間が沖縄県内の受入不能な提案となった場合、沖縄に火が付き、最早収拾不能となろう。

鳩山政権が、霞ヶ関を本質的に刷新するには、検察を浄化し、むしろ、その権能を活用出来ないと困難だと見ている。
これは、我が国が法治制度である以上、軍権を行使する以外は、行政権を行使する以外に政治浄化の手段が無く、行政権の法構造上は検察にその権力が集まっているからである。


即ち、鳩山政権は、ここを占有できなければおそらく国民が期待する変化は頓挫するだろう。
国家公務員には選挙が無く、しかも国家公務員法で守られている一方、政治家は最長四年間に一回は総選挙の審判がある。

ここで敗北すれば、如何なる改革も変革も成し遂げられない。
したがって、せっせと政権の足を引っ張れば、最後は霞ヶ関の勝利になる。
それは、詰まるところ『お上国家』から脱却できないということを意味する。


元検事の郷原氏は、今の検察は放火犯だと厳しい指摘をしている。
つまり、検察の検察による検察のための事件を自ら起こし、それにマスコミが風を吹かせて、大火事にするという所業が行われている。

だがその焼かれている本体は、今般、民主的な選挙によって我が国に初めて出来た民主政府であり、これが倒れるようでは、誰がやっても大火事に焼かれることになる。
即ち、中央集権特権搾取階級と被搾取階級国民社会から脱却することが出来ない。

しかも鳩山政権は、未だ公約の記者クラブ開放をしていない。

そこに放火犯がいるのに、焼かれた人の責任は重い と言う。
焼かれた人は国民の代表者、曰く、代議士であり、それは国民が焼かれているのと同義であるのに、放火犯の罪を問わず、焼かれた人の責任を言う。
焼かれた人が国民の代表者なら、それはやがて国民の上にも降りかかると思うのが庶民感覚ではないか。
だから、支持率も、投票先も下がる。

小紙は、このままだとやはり五月頃に鳩山政権は隘路に嵌まり込むと言わざるを得ない。

内閣支持率も、投票先も、現時点ではなんとか維持しているが、これから更に下落して行くようだと滞貨一掃の退陣論が出る因れがある。
小紙としては、小沢氏と鳩山首相で選挙準備が整ったら、一度よく協議された方がいいと進言しておきたい。

千葉法相が使い物にならないと言っても、我が国の国家行政組織法上も憲法上も鳩山首相の指揮下にある。
言い訳は出来ない。
最近の鳩山首相は、キョロキョロ目線が定まらないようで、内閣支持率の急激な低下に内心お焦りのようだ。

しかしそれは郷原氏が言うように、放火犯を正当化していては結局、霞ヶ関はフスマの向こう側でほくそ笑むだけだ。

もし放火犯を粛清できないなら、最悪、記者クラブを開放し、武装解除を実現しなければならない。
実現できないなら、最後は、やがて自民党政権が陥った毎年総理が交代する政局政治の二の舞となると予言する。

鳩山由紀夫首相は、日本国の民主主義に逆行する検察ファシズムと戦い、「自由と平等と博愛」の社会をこの日本に建設出来るかが問われている。

皆さんの受け止めを求む。
 
ニュースクリップ ( 2010/03/24 18:55 )  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月25日 08:21:51
鳩ぽっぽには検察と戦う気はさらさら無い。
一度検察に自らが脅かされて、もはや気の抜けたボンボンである。
今の民主には、鈴木宗男氏のように一度投獄されても、めげずあきらめず
違法権力・特高検察と正面切って戦う気概のあるものはいない。

ましてや仙石や前原、渡部・生方のような売国小泉一派のお先棒を担ぐ輩が
勢いを増している状況なのだ。

やはりここでは、鈴木宗男氏のような気概にあふれた
違法権力に屈しない、第三のグループが必要である。
(もちろんみんなの党のような、国会の腐ったりんごでは話にならない。)

鈴木宗男氏の新党大地が北海道の地域政党から脱皮して、
幅広く反違法特高検察、反売国小泉一派の国民戦線を集結させてくれることを
願ってやまない。


02. 2010年3月25日 08:48:13
しょうがねえんじゃね。

こんな騙しで引っかかるようなバカ国民だったら
改革は無理だろ。解散でもなんでもやっちゃってさ、
滅んじゃえばいいんじゃね。

俺はもう日本国にゃ見切りつけてるから。


03. 2010年3月25日 09:16:17
郷原氏が書いた文章なのかと思ったけれども、そうではないのですね。
表題に「郷原氏 検察を放火犯と指摘!納得」と掲げれば、郷原氏本人がそのような趣旨の文章を書いたのかと間違える人が多数でしょう。その点、悪質です。

またリンク先を辿っても、結局誰が書いた文章なのかがはっきりしない。

このような曖昧な文章を、記事のような体裁で載せていいものでしょうか?


04. 2010年3月25日 10:29:41
>>03さんが仰る問題点があるにしても、

「元検事の郷原氏は、今の検察は放火犯だと厳しい指摘をしている。
つまり、検察の検察による検察のための事件を自ら起こし、それにマスコミが風を吹かせて、大火事にするという所業が行われている。

だがその焼かれている本体は、今般、民主的な選挙によって我が国に初めて出来た民主政府であり、これが倒れるようでは、誰がやっても大火事に焼かれることになる。
(中略)
そこに放火犯がいるのに、焼かれた人の責任は重い と言う。
焼かれた人は国民の代表者、曰く、代議士であり、それは国民が焼かれているのと同義であるのに、放火犯の罪を問わず、焼かれた人の責任を言う。
焼かれた人が国民の代表者なら、それはやがて国民の上にも降りかかると思うのが庶民感覚ではないか。
だから、支持率も、投票先も下がる。
(中略)
千葉法相が使い物にならないと言っても、我が国の国家行政組織法上も憲法上も鳩山首相の指揮下にある。
言い訳は出来ない。
最近の鳩山首相は、キョロキョロ目線が定まらないようで、内閣支持率の急激な低下に内心お焦りのようだ。

しかしそれは郷原氏が言うように、放火犯を正当化していては結局、霞ヶ関はフスマの向こう側でほくそ笑むだけだ。」

との指摘はごもっともである。


05. 2010年3月25日 13:47:43
検察と国税局が手を組めば、どんな敵でも抹殺できる。
向かうところ敵なしだ。
01さん御指摘のように、鳩山総理は検察に脅され震えあがってしまった。
挙句のはてに「検察は公明正大だ」などと言わされる始末。
これでは裏金問題や冤罪捏造といった検察の急所に迫れるはずもない。
総理大臣自らが、検察に不正はないと保障してしまったのだから。
「お母さんにお話しを伺ってもいいんですよ」
この一言でお家大事のボンボンは真っ青になり、ガタガタ震えだしたという。
その後は検察の忠実な僕と化した。
可視化の問題など、かげろうのように消えてなくなってしまうだろう。
さて、検察ー国税局の最強タッグに、命をかけて対抗できるツワモノ政治家はいるだろうか。

06. 2010年3月25日 15:13:38
>さて、検察ー国税局の最強タッグに、命をかけて対抗できるツワモノ政治家はいるだろうか。

今は立場上それを控えているあの人と、すでに戦って負けなかった別のあの人くらいでしょう。でも二人では勝てません。3〜4000万人の真の味方が必要です。
是非味方に加わるとともに、一人でも多くの味方を増やしてください。


07. 2010年3月25日 19:09:18
既に指摘してますね
しかし検察は惨すぎる・・・

日本政治再生を巡る権力闘争の謎(その1)=カレル・ヴァン・ウォルフレン
http://www.asyura2.com/10/senkyo82/msg/822.html
投稿者 ライス 日時 2010 年 3 月 21 日 22:15:58: JYU0CROf96xFE

http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20100319-01-0501.html

2010年3月19日 中央公論
 いま日本はきわめて重要な時期にある。なぜなら、真の民主主義をこの国で実現できるかどうかは、これからの数年にかかっているからだ。いや、それ以上の意味がある。もし民主党のリーダーたちが、理念として掲げる内閣中心政権を成功裏に確立することができるならば、それは日本に限らず地球上のあらゆる国々に対し、重要な規範を示すことになるからである。それは我々の住む惑星の政治の流れに好ましい影響を与える数少ない事例となろう。

つづく


08. 2010年3月25日 23:01:18
切り口はやはり可視化法案でしょう。

@ 刺客は誰?・・・新副幹事長と疑惑の総合商社マン

A いつ・・・・・・参院選後

神輿はおっとり・ボンボンで良い。担当者の腕と度胸次第。


09. 2010年3月25日 23:15:19
>元検事の郷原氏は、今の検察は放火犯だと厳しい指摘をしている。
>つまり、検察の検察による検察のための事件を自ら起こし、それにマスコミが風を吹かせて、大火事に>するという所業が行われている。

現在の日本の状況は以上の通りで、民主主義の危機以外の何者でもありません。
国民が投票によって成立させた政権に対し、検察が攻撃とショックを与え、
マスメディアが一丸となって煽りたてることで、国民の政権への不信を増加させています。
これは、世論操作、世論誘導、メディアによる洗脳そのものです。

>だがその焼かれている本体は、今般、民主的な選挙によって我が国に初めて出来た民主政府であり、
>これが倒れるようでは、誰がやっても大火事に焼かれることになる。
>即ち、中央集権特権搾取階級と被搾取階級国民社会から脱却することが出来ない。

以上の認識を共有する者として、日々、不安と焦りを味わっています。
ここで検察とマスメディアに負けてしまうようでは、
官僚支配からの脱却は夢物語になってしまいます。

>しかも鳩山政権は、未だ公約の記者クラブ開放をしていない。

これをいち早く実行することが、翼賛報道によるダメージを抑える方法なのですが。
マスメディアの記者たちの猛反発があるため、彼らを敵に回すのを怖がっているのでしょう。

>そこに放火犯がいるのに、焼かれた人の責任は重い と言う。

賛成です。鳩山首相はじめ、閣僚や民主党幹部にどの程度の危機意識があるのか。

>郷原氏が言うように、放火犯を正当化していては結局、霞ヶ関はフスマの向こう側でほくそ笑むだけだ。
このことがわかっている日本人の数を増やさなければなりません。

>もし放火犯を粛清できないなら、最悪、記者クラブを開放し、武装解除を実現しなければならない。

とにかく一刻も早く、記者クラブの開放は必要です。

※この記事の主旨に賛同する方は、国民の声を聞く窓口がありますので、
一有権者として民主党に意見を伝えましょう。
また、この記事の掲載元であるオリーブ・ニュースというところにも、
記事の評価欄、コメント投稿欄があります(私はなぜか投稿できませんでしたが)。「この記事を評価する」をクリックするだけでも、意味があると思います。


10. 2010年3月25日 23:22:25
09です。

たしかに、鳩山さんは検察がとても怖いのだと思います。
政治家であれば、誰だって怖いはずです。

けれども、検察が次々に政治家を潰してきたこと、
冤罪で被害を受ける人を増やしてきたことを思えば、
このまま検察が巨大な力を維持するのは、民主主義の自殺行為に
他なりません。

記者クラブ開放は、翼賛報道と異なる言論を世の中に増やすために
大変必要なことの一つと思います。


11. 2010年3月25日 23:30:58
09です。

かなり限定的ながら、鳩山氏は記者会見の間口を広げました。
http://www.kantei.go.jp/jp/notice/20100324/index.html

検察批判をきちんとやる報道が増えることを心より望みます。


12. 2010年3月26日 02:58:05
原口総務相は2月17日頃
検察の裏金調査の指示を出した
恐らく民主党はこれを切り口に検察を攻めるつもりだろう
とはいっても一か月以上調査の進捗状況がさっぱりわからないから
かなり不安
ダメだったのかな?

13. 2010年3月26日 05:01:07

「検察は放火犯」

うまいこと言うねw


14. 2010年3月26日 05:51:27
「検察は公明正大だ」と言ったのは、小沢氏だ。それに対し、郷原氏及び一連の検察批判をしてきたジャーナリストたちを落胆させている。 鳩山氏が検察に震え上がっているとは全く思わない。まずは戦略をたて、確実に切り崩し、検察、司法改革はすでに構想にあるはずだ。時期を見て、やはり法務大臣は実力者に変えなければ、改革実現が不可能である事は執行部はすでに承知していると思われる。 
一歩一歩、前につき進んで欲しい。 

15. 2010年3月26日 08:36:28
>>12
原口大臣の裏金調査発言は、口先だけとしか思えない。
関係者の証人喚問等、具体的な行動はまったくとろうとしない以上、国民の不満をそらすためのリップサービスに過ぎないと判断されても仕方がない。
検察へ牽制球を投げただけか。
検察ばかりか裁判官、外交官、マスコミ幹部もこぞって「裏金」の恩恵に浴し、税金ドロボーやらかしている、その総額たるや膨大なものになる、ドロボー天国ニッポンの実体があばかれる時は来るのだろうか。

16. 2010年3月26日 08:45:09
「検察は公明正大だ」と小沢氏が言ったのは、怯えたのか戦略なのか、
何か取引があったのか、私には判断がつかない。

経過を見守るしかないが、現在の民主党の支持率低下は気になる。

民主党議員の講演会に行くと、集まっている民主党支持者のうち、
政権発足後半年の評価で、半数が「期待はずれだった」に手を挙げる。

この人たちが何をもって期待はずれだったというのかは知らないが
(沖縄問題にひっかかっているというならわかるが、
これはまだ検討中の課題である)、
マスコミの「政治とカネ」報道を信じて、民主党のイメージを
悪くしている人が結構いるのではないかと思う。
ところが、講演後の質問では、小沢さん鳩山さんの話を持ち出して
非難する人もいないかわりに、検察とマスコミに対する批判をして、
議員の意見を聞こうとする参加者もいない。
その件については、皆、ただ黙っている。

これでは、ダメだ。
まず民主党の支持者たちがマスコミの嘘に気づかなければ始まらない。
検察の横暴とマスコミの悪意に気がつくこともなく、
報道を信じ込んでいるようでは、どうしようもない。

というわけで、脱洗脳をまずしなければならないのは、民主支持層です。


17. 2010年3月26日 09:11:12
放火犯とかいって調子に乗るのはいいけど、裏金疑惑からなんで逃げまわってんの郷原さん

18. 2010年3月26日 09:29:50
民主党の広報戦略がたへたくそなんだね。あの竹中の悪辣さを少しは見習ったらどうだ。「官邸費を使って、やらせミーティング」どうだ。
調査も不十分。中井公安委員長・・・自分の女スキャンダル???週刊誌で暴露され大慌て。そんなひまがあったら、警察力を動員して生方のうしろで糸引く奴を捕まえろ。町村の挙動不審を調べ上げろ。小泉、竹中調べろ。
政権与党だぞ。何そんなことしたら暗黒社会だと。ジャー言わせてもらうが
民主、人権国家と自負するアメリカのCIAはどんなことしている。
民主主義に恋する日本人。そして民主主義的な前一致合意形成をひたすら追い続ける日本人。そのうち骨の髄までしゃぶらる。
もともと日本は民主国だったのだ。

19. 2010年3月26日 10:34:13
やっぱ、正面突破しかできない手ぶらの鳩山には、

卑怯な武器や凶器をいつでも使える悪(マスゴミ、検察、官僚、自民)には
勝てないだろ

悪を倒すには、それ相応の卑怯な手段をとらないと駄目なんだろ

拳銃をもった悪人に手ぶらの素人が絶対に勝てないのと同じこと。

鳩山ももっと悪人を使って悪を倒せよ


20. 2010年3月26日 11:21:56
この政権が検察にメスを入れない限り、思い切った政策を実施し安定した政権も
期待できないだろうと思う、既得権益に手を突っ込もうとすると、検察が

先回りしてその部署に犯罪の絵を書くそしてマスコミを動かしてフリーズさせる。

この繰り返しだから、政権与党の政治家が疑惑を告発してもそれは棚晒し、
意味不明の市民団体の検察に都合の良い告発は即刻捜査し事件にするといった
悪循環がこの半年の状況だから、支持率下落工作は確実に効果を上げている

このままだと参議院選は特定既得権益受益者の思い通りの結果になってしまう。
この国の国民がそんなに愚かではないと信じたい。


21. 2010年3月26日 11:54:54
体のあちこちに膿がたまってしまった日本、やっと気付いて政権交代したのに、体の奥までがん細胞が繁殖してて、なかなか手術が思うようにいかない、でも、ここでドクターにあれやこれや言わずに、じっと手術がうまくいくように、国民もやけにならないように、自重するべきでは、ここまで重体になるまで気が付かなかったのは、自業自得です、がん細胞が、取り除かれるのを嫌がって幻想を見せたり腐臭を吐き出し、錯乱させようとしてるのをまともに受けないように、と若干20の私でも思いますよ。少し冷静になりましょう、がん細胞に丸めこまれてますよ。

22. 2010年3月26日 11:57:12
検察フアツシヨと大手メデイア連合が結託して、己らの特権を守るため、些細な事に因縁をつける手法で、小澤さんと民主党の追い落としを企てている事が、ウオルフレンさんの「阿修羅掲載]論文で明快に判明しました。正義のために、国民は盾となり、小澤さんと民主党を守らなければ、と言う気になりました。

23. 2010年3月26日 16:01:29
連日の大手マスコミの偏向報道に気がつかない人達は、ただ、
政治に興味がないだけです。
いつまで、大手マスコミの事実を伝えない報道がいつまで
続くか。
事実を伝えようとしない、マスコミの報道は、ただの
つくられたドラマにすぎません。
大手マスコミもバカ幹部だらけになれば、JALと同じ
運命になるだけでしょう。
いくら大手企業とて、バカ幹部ばかりになれば、再生は
外から大量に幹部を入れるしかありません。


24. 2010年3月26日 17:35:46
法務相人事
http://www.e-hoki.com/affairs/360.html?hb=1
谷川恒太:最高検検事
大鶴基成:東京地検次席検事
なんだか、行ったり来たりの人事だ
所詮彼らも公務員、彼らの得意なでっち上げ記事をつくりあげて(盗撮、痴漢、酩酊など) B層週間雑誌に掲げてみたいもんだな
 
 

25. 2010年3月26日 17:39:05
「マッチ ポンプ」ということだな

26. 2010年3月26日 20:36:35
「鳩山システム」は自民党棚橋議員が発案した新語だが、これには深い意味がある。http://xcls.net
自民党に都合のよい解釈だけではない。三井環さんや村木女史を無視または否定する鳩山政権の裏側を直視して巾のある見方が必要ではないか?

27. 2010年3月26日 21:35:11
皆さんの仰るとおり、検察は既得権益が国民の総意を汲んで誕生した民主党政権にけしかけた凶暴な番犬であり、犬察と言うべきものであることは、いまや疑いようもありません。

さらに忌々しいことは、裁判所も既得権益層と同じ理論で動くということです。
  ⇒http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910051250/1.php

検察は司法権を行使することを認可された一行政機関に過ぎず、行政権を代表する内閣の下層に位置するべき代物ですが、裁判所は司法権を代表する組織です。
表立って動けない司法権力の中に巣食う既得権益層が、行政権の代表者たる鳩山内閣と、立法権の代表者たる国会の最大派閥である民主党に対し、裏で検察と手を組んで攻撃を仕掛けているのではないのでしょうか。

イトマン事件は三井住友銀行疑獄事件と呼ぶべき事件だった。三井住友には何らお咎めはなく、イトマンは吸収され事は果てた。今回もまた、第二の三井住友銀行疑獄事件と呼ぶべき郵政疑獄が裁かれずに終わりそうだ。

そのくせ、些細なことで民主攻撃を極める司法権力関係者こそ、売国奴であると思います。「些細なこと」というと反論もあろうが、小沢幹事長の不起訴とは推定無罪と言うことである。これを「些細なこと」というにやぶさかではない。
郵便不正事件に絡んむ石井議員の嫌疑は全くのガセで、小泉元草履虫側の謀略だったことがバレてしまったではないか。

自国の子供たちのために予算を組む政党が、ナゼ攻撃されるのか、誰が攻撃させているのか、明らかではないでしょうか。
攻撃に晒されている今こそ、小鳩菅トロイカ民主をトロイからといって見捨ててはいけない。今年一年は、黙って応援していくべきではないでしょうか。

車は急に止まれない。政治も急に変われない。

長文御免



28. 2010年3月26日 22:05:01
26さん。「鳩山システム」という自民党棚橋議員が発案した新語については、ちょっと異論があります。

司法関係者が憲法75条の規定を知らぬはずがない。
にもかかわらず、検察は動く気配を見せた。
増すゴミがそれを煽った。
だから、『検察を放火犯と指摘』するのであり、我々は『納得!』するのであります。

検察は放火魔、マスコミは扇風機、火が消えてきたら、世論調査でまた放火のし直しをすればよい。
消化(裁判の結審)寸前の火事場の焼け跡などに世間の注目は集まらないから、火をつけた者勝ち。

可燃物が全て燃えつくしたら、さあ、またどこに放火しようかと考える。
記事も売れるし、ネタにも困らない。しかも検察には感謝されっぱなしで、増すゴミと犬察はべたべたの蜜月カップル。

放火の結果、大山鳴動して鼠一匹であっても、増すゴミが黙秘権を行使してくれるから、犬察も安心。こういうときだけはあっさり黙秘権の行使を認めて、ゴーモンはんかしない。可視化法案が赦せないから放火しているのにね。

という次第です。

>三井環さんや村木女史を無視または否定する鳩山政権の裏側を直視して巾のある見方が必要ではないか?
とのコメントには思いを同じくしております。仰るとおりです。


29. 2010年3月27日 00:25:45
郷原の言っていることに、ろくなものが無い。唯一あるのは、小沢は信用ができない、ぐらいだ。

30. 2010年3月27日 01:05:40
「真実」を世論をに伝える方法として、既存メディアに勝る伝達方法は?

身辺の口コミによる地道な解説からネットでの確認を促す方法は手間がかかるが有効かつ確実だ。

既存メディアに洗脳されている国民は「その方向からの伝達」によって信じているのでその経路を逆行して「目を覚まして戴く」必要がある。

この数年で米国にみるメディアの変革は日本にも当然くることは周知の事実。
しかし、選挙は7月である。針は止まってくれない。

「真実の国民」は既存メディアに負ける事は許されない。


31. 2010年3月27日 07:04:05
郷原こそ、古巣の検察の火を放った放火犯だろう。
そのうちに民主党にも放火するように思えてならない。
とにかく相手によってコロコロ意見を変える変なヤメ検だ。
この頃は郷原は検察の工作員にさえ見えてくる。

32. 2010年3月27日 10:52:13
すばらしい意見です。
郷原さんもよく言ってくれました。
首相も記者会見オープンにしました。
のこるは検察の権力の阻止。
菅家さんのような事件をつくらせない。
冤罪事件。こんな言葉はない社会にして欲しい。
可視化法案 最低でも早く作って欲しい。



33. 2010年3月27日 15:05:24
確かに「検察は放火犯」は言いえて妙と思います。
そしてマスコミはその火にホースで水ならぬ油を撒き散らし。
肛門などの反小澤一派は民主党内部より自民党やみんなの党、改革クラブなどと民主党のっとりの結託準備に余念がなく、好きあらばとこれでもかこれでもかと攻撃の手をゆるめません。
小澤氏は政権をとる前に「これは国策操作だ」と言いましたが、検察は本来内閣の中にあるものであり、政権をとった今「検察は公明正大だ」と言わざるをえなかったのだと思います。
しかし検察は今内閣からは大きくはずれ、独自の機関のように内閣という飼い主の言う事を聞かずむしろ内閣に襲い掛かる”野犬(痴犬)”となってしまったのではないのか。
もともと野犬だったかもしれません。
自民党の餌は美味しくてなついていたか反対に自民党が野犬に擦り寄って、野犬の子分になっていたのか?
兎に角特捜や検察を民主党は第一番に改革して欲しい所です。
そうすればマスコミも改革は進むでしょう。


34. 2010年3月27日 18:21:17
ニッポンギャング[ケンサツ]

35. 2010年4月03日 00:49:19: YFCfS
「だがその焼かれている本体は、今般、民主的な選挙によって我が国に初めて出来た民主政府であり、これが倒れるようでは、誰がやっても大火事に焼かれることになる。
(中略)
そこに放火犯がいるのに、焼かれた人の責任は重い と言う。
焼かれた人は国民の代表者、曰く、代議士であり、それは国民が焼かれているのと同義であるのに、放火犯の罪を問わず、焼かれた人の責任を言う。」
 
 引用終わり
上記の引用文が胸に突き刺さり痛い。
そういうことだったのだ。
この一月の石川さん逮捕以来、必死に声援していたけれど、法務大臣は全く動かず、どこか虚しい気持ちに陥っていたのは、政権奪取した民主党を応援していた私たちそのものも焼かれていたからだ。
 そうか、廃墟からもう一度考えていくしかない。灰になって、消えていくことは暮らしそのもの、人生そのものを失うことだから。
民主党ではなく、まず、もう一度、一人一人の信じられる政治家を支持しよう。
小沢一郎、田中康夫、鈴木宗男。そして郷原信郎さんの正当な発言を支えに。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧