★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83 > 272.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
まだまだ新聞情報に頼っている人が多いようです。びっくりしました! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/272.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 3 月 27 日 22:06:59: qr553ZDJ.dzsc
 

http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-840.html
2010-03-27 17:13

【転載開始】


まだまだ新聞情報に頼っている人が多いようです。びっくりしました!
昨日は地元東京12区選出で小沢チルドレンの青木愛さんの「西ヶ原地区後援会設立総会」に行って来た。西ヶ原地区の人口は約15000人。北区全体では33万人なのでたった5%未満の地区なのです。それでも40人くらいの人たちが集まりました。見たところその多くは零細な会社の経営者が多かったようです。民主党の政策に共鳴して集まっていると言うより、いざと言うときには会社の便宜を図ってもらうために支持しているという感じで少し前なら自民党を応援していたような人が多いように感じました。

東京12区は以前には公明党の代表であった大田あきひろ氏が議席を持っていてその対抗馬として参議院議員の議席を捨てて立候補されたのです。当初、大物が投入されると言われていたのですが蓋を開けたら青木愛さんということで正直大丈夫かなと思っていたのですが見事に大田氏を落選させてくれたのでした。私のブログの記事などコピーした資料を4部もって行きまして。秘書の方は議員ご本人にもお渡ししました。ご本人を始め、秘書の方にもパソコンやインターネットが得意な人がおらず、更新もできない状態が続いているということでした。私のホームページで公開している「パソコン初心者を卒業するためのいくつかのポイント」をプリントしたものをお貸ししました。

ビールが回るにつれていろんな人がスピーチをしたのですが、まだまだ新聞・テレビの情報に振り回されている人が多いと感じました。青木愛さんはCD一枚とCDシングル6枚をリリースしたミュージシャンでもあるのです。YouTubeとかにアップすることをお薦めしました。


最近、天木直人氏への決別宣言(BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)(http://www.asyura2.com/10/senkyo83/msg/107.html)が阿修羅に投稿された。まるでそれを見たかのように植草一秀さんが次のように書かれている。


民主党が現執行部体制で参院選を大勝する方策より
鳩山政権の行動が手ぬるく見えるのは、この三つの敵があまりにも巨大だからである。政権の基盤が盤石になる前に全面戦争を始めたのでは、足元をすくわれる。
主権者国民はここで、慎重に熟慮しなければならない。
日本政治刷新のスピードが遅いから、現段階で鳩山政権に三行半を突き付けるのか。
それとも、まずは参議院選挙で鳩山政権を勝利させて、日本政治刷新を実行し得る強固な政権基盤を付与して、2013年までの衆院の任期3年間という時間を付与するのか。
私は、日本政治刷新のために、鳩山政権に安定政権基盤を付与するべきだと思う。参院選で安定基盤を確保できれば、鳩山政権は大ナタを振るうことができる。

@官僚天下りの根絶を実現する
A企業団体献金全面禁止を実現する
B対米隷属から脱却する。

この三つを確実に実行してもらわなければならない。

 確固たる政権基盤を付与したのに鳩山政権が行動しないなら、そのときは鳩山政権に退場してもらうよりほかはない。
鳩山政権が参院選を乗り越えるには、鳩山政権が参院選に向けて上記3点を公約として明確に掲げることが不可欠である。明確な公約として提示すれば、主権者国民の理解を得られるだろう。


ついに記者会見がオープン化された。子供手当てや高校授業料無料化が実施されれば確実に景気を刺激することになると思う。そうなればもはや難癖など付けようがなくなるだろう。今でさえ新聞などは危機的な状況にあるわけだが、それらの危機は加速度的に深まることが予想される。まさに自業自得というものだ。

上の阿修羅の記事へのコメントの中で次のコメントがなかなか冴えている。

15. 2010年3月25日 14:30:10
戦後50年間自民党とアメリカがつくってきた日本の構造を、わずか半年で簡単に変えられるわけないだろ。まともに考えればだれでもわかることだ。
それを、まだ決着がついてない問題をあれこれ揚げ足とって、鳩山政権と決別、などと大見得きって、かくなんて、よほどの馬鹿としかいいようがない。
あるいは、わかっていて故意に民主党潰しのマスゴミと連携しているとしかいいようがない。間違いなくどちらかでしょ。
天木氏が、馬鹿かマスゴミ(検察・官僚)の軍門に下ったか、どちらか。
参議院選挙も近くなってきたし、金もらって売国勢力に協力しているんだろ。
もし沖縄問題を解決したいなら、5月までは鳩山を応援して励ますべきだ。
それをせずに、勝手にご託述べているのは、生方と同じ本質とレベルってことだ。

俺も、天木氏とは決別します。
もともと、既存メディアの情報をもとに書いている記事ばかりだしね。
お粗末としかいいようがない。

青木愛さんなんと天木直人さんをご存知ありませんでした。驚きでした。


【転載終了】  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月27日 23:43:30
確かに無責任で適当なことばかり書いている新聞記事を読んで
一喜一憂(最近は憂のほうばっかだが)するのはつまらんな。
俺は新聞なんてここ数年自分のお金を出して、購読したことなんて
一度もないが、60過ぎた俺の親父は新聞が大好きで、一日に何部も
購入して(もちろん、一部ずつ違う会社のをだが)読んどるよ。
新聞を始めとするマスコミの影響はいまだ強大だよ。
ネットだって、特に政治関係のニュースは、マスコミ関係から
流れてくるものばっかだしな。

02. 2010年3月28日 08:35:39
新聞ばかりではなくネットも政治カテゴリーになると、声の大きいほうへの世論誘導作りはされている。阿修羅での、ここ数日植草氏へのネガティブ記事は、いくつか目に付いたことがその証左だな。3月の年度末でこれなんだから、選挙戦一月前になればもっと誘導工作は起こるだろう。そういえば、ラジオはサンケイの配信記事を流している局は多いよ。

投稿記事のあるような現場の地味なニュースのほうが、かなり説得力はありそうだね。


03. 2010年3月28日 09:24:34
新聞情報に頼る事と、信じる事は別だと思います。私はもう15年位新聞を購読していませんが、その前は3種類の新聞を一度に購読していました。なぜ3種類かというと、せめて3種類位あると同じニュースでも微妙に表現が違っていて変なところが見えてくるからです。どの新聞にも自分が疑問に思う事が書いてなければ何かが隠されていると思います。ラジオのニュースでも、朝から同じニュースを何度も何度も流していると、どうしてこれがこんなに重要なのかと、思ってしまいます。ですから、どんなメディアからの情報であっても、頭から鵜呑みにしないで、書かれている事の余計な部分と足りない部分を探してみるといいと思います。

04. 2010年3月28日 09:38:02
>03様の意見はそれこそ、20年前に言えた事ですね。
誰だって、怪しい情報を鵜呑みにしようなんて思っていません。

でも、テレビCMだってそうだけど、繰り返し同じ情報を繰り返されれば、所詮、人間なので、新聞テレビメディアの言う通りかなと思ってしまいます。

今あるべきは、例えば、鳩山なら、鳩山の書いたもの、鳩山が言った事を直接見て、つまりソースのある情報が大事で、新聞の様にソースもない情報はテレビの様に編集 加工された情報は見ない、聞かない事が大事です。
しっかり、情報元を確認できるネット情報、自由闊達な意見が存在するネット情報こそをよりどころとする時代になったきたとと思います。

もはや、新聞、テレビの偏向したニュースは、公害です。


05. 2010年3月28日 10:44:52
>04様 03です。あなたがおっしゃることは全く同意です。しかし、加工されていない情報を手に入れる事ができない人が、まだ日本にはたくさんいると思います。情報を得る方法が新聞とテレビしかない人が多くいます。
長年の習慣を変えるのが大変な人も多いと思います。
「繰り返し同じ情報を繰り返されれば・・・の言う通りかなと思ってしまいます」とあなたもおっしゃっていますが、私は、これと戦う力と、どこにでも溢れている嘘を見分ける力があればいいのではと思っています。
私は新聞もテレビも持っていませんが、だからと言って偏向した情報から全く遮断されている訳ではありません。人間社会の中で生きていますから。


06. 2010年3月28日 10:54:55
既存大マスコミが総ネガキャン反政府偏向報道機関化した今の日本にこそ国営の政府広報テレビ局が必要かな。

07. 2010年3月29日 10:32:46
どうしても、昭和30年代迄の層は新聞情報に信頼を置いている様であり、
また、ネットは「情報の入手手段」ではなく、買い物のためのツールであり、情報と言っても、せいせいスポーツの結果や芸能情報ぐらい。
これは、現実社会における「自分の位置づけ」を反映している。
昭和30年代つまり、50代以上の層の多くは、「このまま『逃げきり』ができうる層」であり、
彼らにとってみれば、極端な社会変革は望むべくもなく、実際には社会が変化してしまった現実も認めたくない。
あくまでも現状の肯定がベストであり、好む情報も「そういう趣旨」の情報である。
新聞情報が、新聞社自身が「このまま逃げ切りたい、このままを維持したい側」であるので、同じ仲間なので一番安心できる。
ところが、昭和50年代、30代以下になると、どう考えても「逃げきりなんてできない」「このままだと先が無い」層だから、何か考えなければいけない。
必要な情報は「現状を変えてゆこう」とする情報であり、現状肯定の新聞情報は役にたたない。

「世代間格差」が見事に反映してしている。ただ、感情的に「逃げきりできそう層」を批判しても、
世代間対立だけを煽るだけで、いたずらにエネルギーを消費してしまうだけ。
ポイントは、「逃げきりできそう層」の背後で、彼らに「小銭」を握らせ、
悠々自適を決め込んでいる連中やさらに私腹を肥やそうとしている連中、
高級公務員、御用学者・評論家、既存メディア、大手企業、新自由主義信奉者(ワタミの社長など)、そして従来型の国会議員、地方議員などが、
「逃げきりでき層」たちの「政治的無関心」をいいことに、この国の仕組みを「いかに自分たちに都合よく作り上げてきたのか」、その結果がどういう状態になっているのか、そこをさらけ出す事、だと思う。


08. 2010年3月31日 00:58:28
天木氏と植草氏の最近の対談。
http://www.768.jp/topicv.php?t=1&i=413

短気は損気。
優先順位の問題でもある。

既得権益保守派は、なにふり構わず執拗・陰湿陰険・姑息で卑劣。
今は土台工事中だが、こいつらが蝿や蚊の如くうるさい。
骨組み建つまで、国民も粘って蝿や蚊を叩き落としながら見守るべき。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK83掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧