★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90 > 788.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
秋の民主党代表選まで、小沢氏の政治力をそぐためのネガティブキャンペーンが続く。(岩上安身 on Twitter)
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/788.html
投稿者 蔦 日時 2010 年 7 月 18 日 11:13:08: TYIQ1FZsKVr1w
 

2010年07月15日

「起訴相当」ではなく、「不起訴不当」というところがミソ。これをどう評価するか、郷原さんに話を聞きました。
RT @47news 小沢氏に「不起訴不当」 収支報告書虚偽記入事件
posted at 21:40:23

続き。前回の検察審査会の結論は「起訴相当」だった。「起訴相当」が検察審査会で二度続くと、「強制起訴」となる。
しかし、今回は「不起訴不当」。
郷原さんいわく、「これで検察による強制起訴はなくなった。検察が不起訴処分にしておしまいでしょう。妥当といえば、妥当な結論ですが」
posted at 21:48:56

続き。今回の議決を出したのは第一検察審査会で、平成19年分の容疑。
前回、「起訴相当」の容疑を出した第五審査会は、16年、17年分の容疑について。
郷原氏「前の第五検察審査会の結論に比べ、今回は少しまともでした」。
posted at 22:47:43

続き。郷原氏「今回は不動産の購入の不記載の問題。検審の結論は『法の不備』。
現行法上、会計責任者に責任があり、代表者の責任が問われない。
なので、法の不備について論じる必要があるというのはわかるが、それは全政治家が対象となる話。
小沢一郎だけ、対象にするというのはもともと無理な話」
posted at 23:06:48

続き。第五審査会の二回目の議決は、引き伸ばされて、秋以降の見通し。民主党の代表選に重なる。
結局、検察は、強制起訴も好ましくないので、不起訴にする可能性が高いと思われるが、
その間ずっと小沢氏に対する「容疑者扱い」の「報道」が続く。
「報道」というよりも政治力をそぐためのネガキャン。
posted at 23:16:09

http://twilog.org/iwakamiyasumi/date-100717

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(投稿者コメント)

岩上氏はしばらく前に、小沢批判を憑かれたように書き立てる新聞はまるで憑き紙、と言っていましたが、
この憑き紙・憑きテレビどもの狂った報道に小沢氏本人はもちろんのこと、小沢派の議員や小沢支持者は一体いつまで耐えなければならないのか。
先ほど投稿した産経新聞の記事も、小沢氏の関係する複数の団体に比較的多額な寄付をしていた会社を取り上げ
(とはいっても、十二年間の長きの間にに2286万円)、すべて憶測によって、「小沢はワイロを貰ったに違いない」と印象づける悪質な記事です。

またも小沢氏に鉄砲を撃ってきた産経新聞!「献金2000万円超 胆沢ダム受注工作の疑いも 山崎建設、西松事件と時期合致」
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/775.html

この調子では、小沢さんが民主党代表になろうが首相になろうが、議員辞職に追い込むまで、彼らはネガキャンを続ける気ではないでしょうか?

第五審査会の二回目の議決について、岩上氏は「検察は、強制起訴も好ましくないので、不起訴にする可能性が高いと思われる」と言っていますが、
仮に強制起訴になってしまったとしても、小沢支持者は今のまま支持を続ければよい、と思います。

27年間も獄中にあったにも関わらず、大統領になったネルソン・マンデラ氏のような人もいます。
釈放されたのが71歳で、大統領就任は75歳、80歳まで南アフリカ大統領をつとめました。
そうしたことが可能になったのも、民衆の強い支持があったからではないでしょうか。

いま日本で起きていることは、反小沢の憑き紙・憑きテレビ・官僚・アメリカと小沢支持者との戦争のようなものだと思います。
マスメディアが持っているのは大量破壊兵器(笑)で、我々は竹槍しか持っていないかも知れません。
だが、ともかく、あきらめないことが肝心だと思います。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月18日 11:48:55: JiuafC5wMQ
大量破壊兵器と竹槍ですか,旨く表現しましたね,勝てないわけです。唾で矢を矧ぐといいます,先端につばをつけてごまかしましょうか?

02. 2010年7月18日 12:05:27: yPMT31v04Q
民主党新聞を作っては?

聖教新聞や赤旗のようなヨイショ新聞ではなく

大手新聞と同等の民主自身にも批判記事を書くような日本の新聞のこれからのお手本

そんな中立な新聞を作ってはと思います。

そんな新聞ができたら年間購読をしたい。


03. 2010年7月18日 13:01:04: yY8uM30kxQ
必要もないのに新聞を購読し、NHKの報道は偏向してると言いながら、はがき1枚ですぐできる契約解除もしていない。

9月の代表選に期待するぞというけれど、年額2千円=月額167円のサポーターにさえなってないのでは、選挙権もない。

小沢さん頑張れって山ほど聞くけど、陸山会には千円の寄付もしていない。 

小沢政権ができた後も、そしてその後も継続が必要だとして
平野貞夫さん達がたちあげた日本一新会さんのメルマガは
毎号読むがカンパせず・・

 


04. 2010年7月18日 13:17:55: 2yvKCHjVwI
占籤の話で恐縮です。
選挙前に易を立てましたところ菅政権は沢水困の卦、交は六三。
これはどうしようもない凶です。

選挙後に小沢氏について易を立てましたところ同じく沢水困の卦でしたが、交は九五でした。
同じ沢水困の卦には私自身も驚きましたが、交を見て得心したのでした。
小沢氏は時間をかけて困苦しながら自分の理想を亨していただきたい。それがやがて兌(ヲロコビ)に繋がる道となりましょう。


05. 2010年7月18日 13:28:12: r0jzDX797k
山のように著作を買って宣伝して献金している。

06. 2010年7月18日 14:59:28: 2YZHiYVt2I
>>02
プレス民主というしょぼい新聞はあるんですが、
代表が何をした、とか、大臣がどこ行った、とか、
写真入りで報告するのがメインのファンクラブの会報のようなもの。
赤旗日曜版のような新聞でいいから、早急に必要だと思いますね。
徹底してネガティブキャンペーンをやられているのに、
小沢擁護キャンペーンを続ける紙媒体が無いのは痛すぎる。

>>04
沢水困・ 苦難の時、八方塞の時

キーワード・不足、水涸れ、欠乏、不自由、赤字、困苦、困難、手の施しようがない、信用薄い、水難、隠忍久しくして開運

解説&運勢・
 困の卦は文字通り、困る、困窮する、窮迫するという卦です。困という字は口=かこいの中にある木で、伸びようとして四方を妨げられ、伸び悩み苦しむ状態を示しています。 
 卦象を見ましても、池に穴があき、水が流れ始め、干上がってしまい涸れた状態にあることを表しています。塞いでも塞いでも底から水が漏れてしまうように、物心共に困窮する辛い時なのです。なんとかこの苦しみから逃れようと言葉に訴えても、全て言い訳弁解にしか聞いてもらえず、全く信用されず、益々事態は悪くなります。なのでこの時はひたすら隠忍沈黙し、静かに耐えるしかないのです。 
 四大難卦の一番苦しい卦なのですから、残念ながら最早手の施しようのない程最悪の時。しかし、大人吉にして咎なしとありますから、大器といわれる人物は艱難辛苦を得ることでむしろその実力を加えていくものです。

という説明をみつけましたが、菅氏にも小沢氏にも当てはまっているような。
交六三、九五は、わかりませんでした。


07. 2010年7月18日 16:38:40: yY8uM30kxQ
05さん。
おそれいりました。

06さん。
駅前や街中に無料配布ポストでも 置きましょうよ。

卦はわかりました。 交もご解説あれ。


08. 2010年7月18日 17:13:01: 2yvKCHjVwI
易とは変化の書です。
単なる予言として使うなら占いの域を越えません。聞いて終わりであります。
悩む人にとって大事なのは、
ではどうするのか、という次なる足の出し方であります。
その時、占易は歩む先の杖となってくれるでしょう。
どっかの集団のように悪いことに使ってはいけませんね。

09. 2010年7月18日 17:32:36: lFtrGPhedw
2〜3日前に小沢環境大臣がマンションを買っていた大臣規範に触れると報じてたがその際、小沢氏は小沢氏はと連発。
環境大臣だの環境相とは一切言わず小沢氏は小沢氏はと連呼してた。
マンション購入で小沢氏=小沢一郎と印象付けたかったのと代表戦に向けて鳩山派への牽制かなとも思う。

10. 2010年7月18日 17:55:16: 8xe9RQ2CiE
09さん
そこまでやるとは恐れ入りますね。誤解でもウソでも小沢一郎の印象を悪くするためには、何でもやりますか。テレビでも背後に小沢系とかのテロップをつけっ放して報道していたテレビ局があったそうですな。笑います。笑いごとではないですが。

報道の中立を掲げるNHKはコメンテーターによる露骨な攻撃はしないときでも「うその供述」「うその記載」という文言を必要以上に入れてきますね。うその報道は訂正しませんが、悪知恵は十分ですね。

何とかしなければなりませんが、当方はマスコミの信奉者にはいくつか例をあげて鼻で笑ってやるようにしております。


11. 2010年7月18日 22:10:41: CQKOajRim6
読売新聞

鳩山前首相と小沢一郎・民主党前幹事長の「政治とカネ」の問題が決着したと思うか聞いたところ、「そうは思わない」が全体で鳩山氏83%、小沢氏90%にのぼった。「そうは思わない」とした人の投票先(比例選)は自民党やみんなの党が多かった。

 第6回調査は、1000人のモニターを対象に投票日後の12〜14日に行った。第6回調査の回答率は89%。

     ―――――――――――――――――――――――――

相変わらずのゴミ売りの記事ですが計算が合わないでっち上げです。菅直人の援護射撃でしょう。小沢さんの「政治と金」が決着できていないと思っている人は90パーセントでその人達の多くは比例で自民党やみ党に入れたって???
じゃあ民主党に入れた人はどこにいるんですか?1700万票は誰が入れたの?
もっとうまくやればいいのに、ここまででっち上げが下手だとゴミ売りはもう断末魔じゃないの?


12. 2010年7月18日 22:46:54: 4R1a5DRasc
与党も野党もマスコミもホントロクなやついませんが、八丈島での釣り
どうかゆっくり楽しんできて下さい。

13. 2010年7月18日 23:47:55: afIx9pM6PM
まったく、いまさらながらどこの国の新聞社だよ!って感じですね。
西松事件で我が国の報道機関の異常さに気付かされた人は少なくないと思いますが、
異常さに気付かない者も極めて多数いるのも事実。
「正義」はこのまま反撃できずに尻すぼみで終わってしまうのでしょうか?

14. 2010年7月19日 00:08:47: 2X1gB1HWj6
ゴミウリの老害ナベツネはゴミ新聞1面の4分の1は必ず小沢の悪口を書けと
命令し忠実なボンクラ共は1年近く実施した。
創価グループのTBSは、女コメンテーターに小沢の話題をやる時は、カメラ目線
で睨みつけ眉間にシワを寄せることという通達を忠実に実施させている。
更年期トリオ長峰、三雲、毎日記者福本容子、売れない女優渡辺某、他多数。
ひるおびの福本は小沢の話題になると聞かれもしないのに横からでしゃばって割り込んできて唾をたらしながら鬼の形相でわめいている。上司は岸井。

メタボの星浩、後藤謙治、エセ文化人気取りの古舘、テリー、太田、河上他多数。
痴呆アデランス渡辺肛門、ハゲ生方他多数、小沢総理誕生の際はまとめて処分して下さい。マンギョンボン号に貼り付けてピョンヤンに強制送還しろ!


15. 2010年7月19日 02:25:30: spZhbf5dTo
硫黄島の戦いのように
地下陣地に潜って、粘り強く戦うしかない。

相手が自滅すれば、竹槍でも勝てる。


16. 2010年7月19日 06:08:02: qfNKW03MTY
>>01
たとえ竹槍でも偏向報道の担い手を個別殲滅できる能力があるということが重要では?
いままでは善良なジャーナリストだけが闇勢力に葬られてやられっぱなしだったが
偏向報道に加担するリスクを思い知らされれば、もともと志が低くて偏向報道の尖兵になっているような連中は一撃で腰砕けになるはず

17. 2010年7月19日 07:56:18: ZsUNOgGnko
中国で人気過熱!  蓮舫大臣の知られざる中国留学生時代 「日本的希拉里」(日本のヒラリー)と大賛辞/近藤 大介
現代ビジネス7月19日(月) 7時 5分配信

 いまを遡ること15年、1995年の秋。北京の北西の郊外に位置する北京大学の広大なキャンパス内の西門近くに、一等味のいい韓国料理屋があった。当時、留学生だった私は、毎晩のようにそこに入り浸っていた。

 もう一人、その店によくやってくる日本からの留学生がいた。その頃出始めたばかりの、ひと瓶30元(約400円)の「万里の長城ワイン」を豪快に開けては、焼き肉を平らげる女性だった。約300人いた日本人留学生の中で、マスコミ出身者は、私と彼女しかいなかったから、自然に親しくなって、ワイン片手に、よく放談に華を咲かせたものだ。

私 :なぜ、北京くんだりまで来たの? 

彼女:私ね、日本生まれの日本育ちだけど、父が台湾人なの。それなのに、中国語がまるでできない。それを情けなく思って、とにかく中国へ行って集中的に中国語を勉強しようと決意したの。

私 :テレビの仕事は休んでいるの? 

彼女:私は不器用な性格なのか、何かを本気で始めようと思ったら、他のことをスバッと捨ててリセットするの。だからテレビの仕事は全部辞めて来た。

私 :中国人はどう? 

彼女:単刀直入なところが好き。互いにホンネをぶつけ合って議論するのって、私、嫌いじゃないから。でもまだ自分の本当の気持ちが、中国語でうまく表現できないのが歯がゆい。

 一年後の1996年秋、私は一足先に帰国し、彼女は、すでに中国語が相当上達していたにもかかわらず、「まだ勉強し足りない」と言って残った。最後に酌み交わしたのも、安っぽい「万里の長城ワイン」だった。そして彼女は翌年、帰国し、その後は、また別な人生を歩み始めた――。

 この女性こそ、いまを時めく蓮舫大臣(42歳)である。

 あれから15年の時を経て、私は今回の参議院選挙を、遠く北京の地から見守っていたが、こちらではまさに「蓮舫一色」だった。

 中国国営新華社通信は、「華裔部長蓮舫人気旺有望成為首位女首相」(華僑の末裔である蓮舫大臣の人気は旺盛 女性初の首相が有望視)と題して、次のように開票速報を流した。

 他にもこちらの新聞やテレビの見出しでは、「日本的希拉里」(日本のヒラリー)、「日本政界明星」(日本政界のスター)、「12万人の日本国籍取得済み`中国人`が応援」などなど、まさに「破格の扱い」である。

 鳳凰テレビのニュースに至っては、蓮舫大臣の「キャンギャル時代の水着姿」のお宝映像まで出してきて、「この可憐な少女が、いまや予算カッターとして、日本の政界で凄みを利かせているのです」と解説していた。

 選挙結果は、民主党が大敗を喫したはずなのに、北京で見ていると、蓮舫が圧勝して菅直人政権は勢いづいたかのような錯覚を覚えてしまうのである。


*** 日中外交の切り札になる ***
 なぜ中国は、かくも「蓮舫、蓮舫」なのか。中国の二人のマスコミ幹部に聞いてみた。

「最大の理由は、彼女が『我が同胞』だからです。しかも北京大学で、2年間も勉強している。これも中国人としては誇りです」(通信社論説委員)

「もちろん、華僑ということが断然大きい。加えて、中国人からすると、日本の政治家に対するイメージは、ネクラで威張っている老獪な男性というものです。しかし蓮舫大臣は、そうしたイメージとは、まさに対極にいる存在なので、新鮮で興味深いのです」
(テレビ局ディレクター)

 やはり中国においては、「華僑は強し」なのである。

 私は以前、このコラムで、伊藤忠商事出身の丹羽宇一郎氏を初の民間中国大使に抜擢したことは、民主党外交最大のヒットであると書いた。

 蓮舫大臣は対中国外交に関して担当外かもしれないが、今後、何らかの形で噛ませることができれば、同様にかなりの「効果」を発揮するはずだ。少なくとも、蓮舫大臣が訪中することになれば、一時の福原愛ちゃんのようなフィーバーが、中国国内で巻き起こることは間違いないからだ。

 その折には、蓮舫大臣には、ぜひあの懐かしい「万里の長城ワイン」を痛飲してほしい。いまや北京っ子に人気のカベルネ・ソーヴィニオンは、味も洗練され、一本700元(約1万円)に値上がりしましたが。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100719-00000001-gendaibiz-pol


18. 2010年7月19日 08:12:58: xFZBo7J2Sc
菅・枝野・前原が「しばらく静かに・・」と云っているが、小沢氏も
そろそろ公の場に出るべきでしょうね。
参院選大敗の今「政権交代のマニフェスト実現こそが国民と民主党の
約束である。実現に向けて頑張ろう!」って云えば動きは変わります。
樽床国対委員長も云っているけど「政治とカネ」問題は司法の場に任
せておけば良いんですよ。メディアのバッシングと国民の願いと賭け
なきゃ沈んじゃうでしょう。

19. 2010年7月19日 09:42:57: ifVsaghziQ
「人間は自分に都合の悪い人を悪い人だと言う》。箴言です。いわれなき「大疑惑」キャンペーンによる小澤さんへの攻撃は、「何一つ悪くなく全く無実であつた」にも関わらず一切の接明にも耳をかさず「どうも怪しい》「説明は信用できない」「市民目線では人相から見ても悪いことしたに違いない」として、先入観でデマに洗脳された地元住民らが,他県から来ていた婦女子を含む10数人を鉈。刃物。棍棒などで一人残らずなぶりり殺しにした有名な関東大震災後千葉県下であつた虐殺事件と軌を一にしています。「この虐殺事件は冤罪事件を防ぐためにも法務省は司法修習生に記憶さすべきです。日弁連や司法関係者はなぜ口をぬぐい知らぬ顔をするのか?」ニューズウイークによると日本人ぐらい政治スキャンダルに踊らされる国民は世界中に無いと言う。だから、いいように情報操作されて、小澤さんを「悪人だ」と思い込まされるのです。検察審査会の審査は小澤さんを政治的に抹殺する謀略に使われています。先日大新聞に「小澤の息の根を止めろ。まだ検察審査会の審査がある」との論文が掲載されました。全くひどい話です。

20. 2010年7月19日 10:01:20: ZsUNOgGnko
【環球異見】参院選・民主党大敗
2010.7.19 08:40

 11日の参院選で民主党は大敗し、連立与党は過半数割れに追い込まれた。鳩山由紀夫前首相辞任で上向いた民主党の支持率は、菅直人首相が選挙戦で消費税増税に言及し失速、同党には政権交代を掲げて昨夏の衆院選で勝利したときの勢いはない。海外の有力紙も、選挙戦略の未熟さを敗因とする分析や、連立相手の組み替えで政権基盤を整え、経済再建策に取り組むべし−との論調を打ち出している。

                   ◇

 ▼ウォールストリート・ジャーナル(米国)


政策転換か、はたまた短命か

 12日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは社説で、民主党大敗の主な要因に菅首相の消費税増税案を挙げ、連立相手の組み替えや政策転換などから、民主党が敗北で「何を学ぶかが、間もなくわかるだろう」と指摘した。

 「(ロバに似た動物の)ラバの2度目のキックから学習できることはない」

 社説ではこの、「痛い目にあったら、その時点で何かを学べ」との意味を持つ米国のことわざを引用し、民主党が今回の参院選の敗北から教訓を学ぶことの重要性を強調、その教訓の中身について考察した。

 まず、菅首相が唐突に提案した消費税の増税案に関し、「日本の有権者が何年も前から、これ以上ないほど明白に反対していた」とし、それにもかかわらず増税を提案した菅政権を「有権者は厳しくいさめ、参院の過半数を剥奪(はくだつ)した」と解説した。

また、民主党大敗の背景には、他党との連立がもたらした政策面での“迷走”もあったと指摘。特に、社民党との関係が米軍普天間飛行場問題で民主党を「決まりの悪い(主張の)撤回に追い込んだ」とした。国民新党との連携は、郵政民営化に「逆行を生じさせた」と分析している。

 それだけに連立の組み替え論議などといった、選挙後の「政治的な内省期間」は「悪いことではない」と指摘しつつ、「減税と小さな政府」を支持する「みんなの党」との連携を模索し、当初の経済再建に専念する方が得策としている。

 いずれにせよ、菅政権には「政策の方向性の転換」が不可欠で、それなしには「多くの前任者のように、短命で非力な首相の道を歩むことになる」と警鐘を鳴らす。政権交代後の民主党についても「有権者の声と同様、ここまでは期待はずれだ」と断じている。(ワシントン 犬塚陽介)

                   ◇

 ▼フィナンシャル・タイムズ(英国)


菅首相は自分の政策にこだわれ

 英紙フィナンシャル・タイムズは13日付の社説で、「民主党は有権者からひじ鉄をくらった」とし、1カ月前に就任した菅首相にすべての責めを負わすわけにはいかないが、消費税増税論議をめぐる選挙戦は稚拙だったと分析した。

 ギリシャ財政危機を教訓に欧州では今、財政再建が急務となっている。英国の場合、保守党のオズボーン財務相が、来年から日本の消費税に当たる付加価値税を現行の17・5%から20%に引き上げることを柱とする緊急予算案を発表した。

 5月に行われた総選挙の前は付加価値税の増税をおくびにも出さず、歳出削減の緊急性を強調。選挙後は連立を組む自由民主党を巻き込み、財政赤字の全責任を前労働党政権に押しつける狡猾(こうかつ)さを見せた。

 菅首相は財政赤字削減のため消費税を5%から10%に引き上げる可能性を示唆し、超党派の論議を呼びかけたが、社説は「その発言からは低所得者層を考慮に入れていなかったことが読み取れる」と指摘した。

 日本では民主党が昨夏の総選挙で大勝し、より開かれた民主主義と脱・官僚依存への期待が膨らんだ。しかし参院選敗北で期待が一気にしぼみ、日本は、政治を冷笑するいつか来た道に逆戻りする恐れがある−と社説は警鐘を鳴らす。

 野党・自民党は今後、参院で過半数を失った与党を衆院解散・総選挙に追い込むため、国会で最大限の抵抗を展開する見通しだ。

 こうした中で社説は「菅首相には民主党内と有権者の支持を集める潜在能力がある」となお一定の評価を示し、「首相は国会での論戦以上に有権者に対し、いかに自らの政策にこだわる覚悟なのかを直接説かなければならない。こうした手法が日本の政治に真の革命をもたらすだろう」と提言している。(ロンドン 木村正人)

 ▼東亜日報(韓国)


熾烈な権力闘争が始まる

 8月に日韓併合100年を迎えるため、韓国では両国間の外交懸案について前向きな姿勢を見せる民主党への期待感が強い。このため参院選にも高い関心を示し、日韓関係を重視する民主党主導の連立与党が過半数を割ったことに懸念を示すメディアが少なくない。

 13日付の韓国紙、東亜日報は参院選について1ページを割いて特集、「衝撃の民主」と題して、今後の民主党代表選や外交政策などを展望している。

 9月の党代表選については「小沢一郎前幹事長グループの攻勢がもう始まった」とし、「9月には菅首相と小沢前幹事長が熾烈(しれつ)な権力闘争を繰り広げるとみられる。菅首相が再選に失敗すれば、在任100余日という歴史的に短命な首相となる」と伝えている。

 それだけに夏の日韓併合100年に関しては、「日韓関係を一歩前進させるような」具体的な取り組みへの期待感を示す一方、「政治生命が危うくなっている菅首相が外交でどれだけのことをできるのかは疑問だ」と悲観的にみている。

 今回の参院選の敗因とされる消費税については、「消費税=日本・政権の“墓”を再確認」と題して、消費税の導入や引き上げを掲げて退陣に追い込まれた過去の政権を取り上げている。

 その上で、「財政健全化策が急務な日本としては、民主党の敗北で、消費税引き上げ論に急ブレーキがかかるとみられる」と分析している。

 米軍普天間飛行場の問題に関しては「また迷路の中へ?」との見出しで、「権力闘争をしている小沢前幹事長グループが、菅首相の解決策に手を貸すはずもない」と解決には否定的な見方だ。(ソウル 水沼啓子)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100719/stt1007190841004-n1.htm


21. 2010年7月19日 11:41:43: Fcuc2kWBt1
 そう、「あきらめないことが肝心」です。竹槍でも38式歩兵銃でもいい。日本人は、普天間を守れ。郵貯を守れ。零細・中小企業を守れ。国民の生活を守れ。売国奴勢力の執拗なネガティブ・キャンペーンにだまされるな。

22. 2010年7月19日 12:56:10: iDKlvTZti6
この国は、戦後では無く戦中であることを自覚すべき、まず独立を如何に勝ち取るか。
政治家どもは、個人的利益と引き換えに国民を奴隷にしている。

23. 2010年7月19日 14:22:43: QRwtaMjRwy
敗戦後はGHQの許可がないと新聞社は発行できなかったので
今頃になって植民地新聞だと思い知った。
植民地マスコミ
アメリカ様に逆らうと、どうなるかの見せしめかね

24. 2010年7月19日 18:55:56: fI8AlyJmKo
口蹄疫を始めてとするネット上のデマがまた増えてきたと思ったらそういうことですか。

25. 2010年7月19日 22:25:41: 6LuzGto1bc
政権交代に期待したものが、恐れるのは与党民主党内の分裂である。反小沢とは、戦後権力体制の守旧派であるマスコミの造語である。与党のものは、このことを肝にめいじなければ、彼らのおもうつぼだ。ここは一致団結を望む。反小沢とかいう党の混乱をまねくような行動は自らの政治生命をちぢめることは間違いない。国民は馬鹿でない。与党の分裂をねらうマスメデアは、いまでは国民の敵であるといっても過言ではないのだから。

26. 2010年7月19日 22:30:31: Q8C6ctZkvw
テレ朝よ。報ステの世論調査はまったくふざけている。小沢が代表選に立つべきか。たけしのTVタックルの質問で小沢は好きですか。だって。洗脳が目的か。

27. 2010年7月19日 22:52:24: n9mRaXspWI
テレ朝、報ステはまるでノルマをこなすように、毎日々小沢氏の政治力をそぐためのネガティブキャンペーンを続けているね

「イイカゲン モウ ウンザリダ!」


28. 2010年7月20日 06:16:45: bFhPu3bzkI
正義感の一片も持たない、「マスコミと金」を逃げて通る報道陣は
勿論わが国の最大の病根である。

しかし
民主党議員よ。良く考えて欲しい。
菅や前原や7奉行では、「農村の票」は永遠に取れないョ。

小沢氏がいたから全国から支持を得て政権与党になったのに、
前原、枝野、岡田等は何を勘違いしているのか。
今回、一人区は完敗ではないか。菅や前原では農村から信用されな
いんだよ。

民主党から小沢氏を追いだしたら民主党は終わりだという事を
気がつかないのが不思議。はっきり言えること、小沢氏がいない
民主党は消滅だネ。菅が続投だって・・?

民主党議員ョ。良く考えよ。これでは知能程度が疑われるョ。
恥ずかしいかぎりだ。ホウレン草かレンホウか知らないが、ナンだ
あれは。


29. 2010年7月20日 07:05:15: 6i9UrJsHdU
つーか、小沢ネガキャンを裏で画策してるのは、自民系じゃなくて
オリジナル民主党なんじゃないんですかね。

オリジナル民主はマスコミともパイプが太いし。前原派の行動から見ると、
一見民主に不利な小沢ネガキャンを自分から仕掛ける可能性はあるのでは。

外側よりも内側からの攻撃を考えるべきで。小沢氏は身内にちょっと甘い。


30. 2010年7月20日 07:50:04: DmCC9k6hHM
 公称、200万部(実数ははるかに少ない)糞新聞の産経は経営が厳しいはずだが、新社屋や新工場建設など設備投資に熱心だ。果して、その原資は何処から入るのか?

31. 2010年7月20日 08:04:57: 6i9UrJsHdU
個人的にはマスコミはスルーすべきだと思いますが、小沢ネガキャンを
どうしても潰したければ、まず自民よりも民主内部を疑うべきかと。

前原氏は裏工作には優れた手腕を発揮するみたいだし、機密費を握っている
のも前原陣営。
特に、現時点でもっとも小沢ネガキャンをする動機があるのは民主の
現執行部ですよ。


32. 2010年7月20日 11:34:32: g1yPGrnklI
代表選までに「起訴相当」を出せない限り、検察の敗北となる。
代表選で勝ち、新内閣成立と同時に「指揮権発動」もしくは検察解体人事を断行する。
もしくは、仮に「起訴相当」とでても「推定無罪原則」での新政権で検察と真っ向勝負。
これはこれで司法とはなんぞや、という世論形勢になればそれもよし。
しかし、政府が検察と勝負、なんて元からおかしな話である。

これを阻止するためには、代表戦での小沢落としを実現しなければならないのだが
代表戦はあくまで党内選挙であり、風任せの「選挙」とはわけが違う。
「外野」は口出しできないから、マスゴミや反小沢グループは必死となる。
マスゴミキャンペーンで動揺する程度の民主党議員ならば、民主政権は終わる。

この「どっちらけ」ムードを打破するために何が必要なのか、関係者はよくよく考えて欲しいものである。

しかし「嘘つき菅」が居なくなれば、新たな連立や政界再編も意外と簡単そうである。
この際「大掃除」に着手してもらいたいものである。

「鳩山内閣」もそうであった。「官内閣」もそうであった。
反小沢、おこちゃま内閣の「お手並みは意見」は二回もチャンスを与えたのに
「信用不信」「レッドカード」で国民はしらけている。
「お手並み拝見」の三度目のチャンスは与える必要はない。


33. 2010年7月20日 22:40:55: dFQfn0xMh2
アメリカの飼い犬でいる事の快感が捨てられないのだろう。
本人達はアメリカ(アングロサクソン世界)に頼って生きて生きたい
と思っているのだろうが、内実はアメリカはロックフェラー帝国。
つまりは、ロックフェラーとその野望を阻止しようとする勢力(欧州
など諸多国)との戦いなんだよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK90掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧