★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 271.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
官房機密費問題追及に、既存メディア側からも心ある「援軍」が続出! [週刊・上杉隆] (ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/271.html
投稿者 純一 日時 2010 年 7 月 24 日 18:51:45: MazZZFZM0AbbM
 

http://diamond.jp/articles/-/8826

【第135回】 2010年7月22日

 日本において、官房機密費問題がこれほどまでに「タブー」であるとは正直、想像の範囲を超えていた。政治側の問題のことを言っているのではない、普通の国ならば当然に、官房機密費の使途をチェックする側のはずのマスコミ、その不作為とごまかしのことを言っているのだ。

 それは、この問題の根深さの象徴であると同時に、優秀だとされた日本の新聞・テレビが、実際は一流でもなんでもなく、三流以下の、さらにその下の最低の「犯罪機関」に成り下がっている証左でもある。


 春から「週刊ポスト」誌上においてキャンペーンを続けている「マスコミ人に渡った官房機密費」の問題は、きわめて大きな反響を呼んでいる。

●「週刊ポスト」誌には、女性からも声援が多数

「週刊ポスト」編集部には、例のないほどの好意的な声が多数寄せられている。しかも、セックスを売り物にした、上品とはいえないこの週刊誌に対して、女性読者からの電話も少なくない。これは創刊以来初のことだという。

 それほどまでに、この問題に対する一般国民の怒りは深いのだろう。だが、記者クラブメディアはまだこの問題の大きさに気づいていない。いや実際は気づいているのかもしれないが、どのように対処していいのか、わからないのかもしれない。

 記者クラブ問題を追及した時のように、筆者である私の存在を無視してしまうような手段はもはや通用しなくなっている。仮に、うまい具合に私を「抹消」できたとしても、それでは済まない事態が進行し始めている。

 この問題に気づいた少なくない良心、とりわけ既存の記者クラブメディアで活躍している人々が声を上げ始めたのだ。

 それは世代交代を伴った「革命」のようなうねりをこの国のメディアに及ぼしている。

 フジテレビの「とくダネ!」にレギュラー出演している岩上安身氏は、「上杉殿、助太刀いたす」というユニークな表現でもって、早い段階から独自取材によってこの問題を追及しているジャーナリストの一人である。

 岩上氏は「週刊大衆」やニッポン放送の番組の中で度々この問題を取り上げているが、何より自らユーストリーム上に設置した「岩上チャンネル」で独自の無料中継を行っているところが大きい。

 一銭にもならない完全なボランティアだが、そのためだけに日本全国を飛び回り、マスコミに渡った機密費問題の取材を始めている。まもなく孫の誕生するフリーのジャーナリストが、生活を賭してまでこの問題を追うのは、これが日本という国家、さらには将来の国民にとって、放置できない重要課題だという認識があるからだという。

●ツイッター、ユーストリーム、BS放送、CS放送、ケーブルTVで広がる包囲網

 評論家の宮崎哲弥氏も、この「マスコミ機密費問題」に敏感に反応したひとりだ。政治問題から距離を置いていたここ数年だが、やはり岩上氏と同様、これこそが日本の民主主義の根幹に関わる問題だとして発言を続けている。

 自らのトーク番組「宮崎哲弥のトーキングヘッズ」(朝日ニュースター)では、ゲストに私を招いて、一時間、自由に話をさせるという冒険を冒し、さらに地上波のレギュラー番組にも、私(上杉)を出演させようと、粘り強い交渉を行っている。もちろん、こうした行為は宮崎氏にとって何一つ得はない。むしろ、現在の仕事をすべて失う可能性のある危険な行為ですらある。

 こうした「冒険家」はまだまだいる。

 ジャーナリストの小西克哉氏は、自身がMCを務める「インサイドアウト」(BS11)に筆者を呼び、毎日新聞の政治部編集委員と生放送での直接対決の場を作った


同じく江川紹子氏も、地上波のいくつかのレギュラー番組の中で「記者クラブ」に触れたり、ラジオ番組の中では、このマスコミ機密費問題を批判したりしている。

 とりわけ、彼女自身のツイッター上で、この問題に関する意見をつぶやき続けていることの影響は小さくない。

 ツイッターといえば同じく水道橋博士も同様だ。立場的にはもっとも既存メディアからの圧力を受ける芸能界に身を置きながら、臆することなく、この問題について語っている。

 作家の室井佑月氏も、彼女自身の連載やメディアの中で繰り返しこの問題について言及し、国民の「洗脳」を解くために、危険ではあるが、まっとうな評論を続けている。

 著名人の中でこのマスコミ機密費問題をもっとも粘り強く追っているのが、ラジオ界のカリスマでもある吉田照美氏だ。

●ラジオもまた心強い味方  7月31日には久米宏氏と生放送

 吉田氏は、自身の番組「吉田照美のソコダイジナ」(文化放送)で、私(上杉)がレギュラー出演している水曜日、この件については私以上に熱く追及している。それだけではない。他の曜日も繰り返しこの件について言及している。さらに趣味の領域を超えた趣味ともいえる絵画の分野でも、「マスコミ官房機密費」をテーマに、「3部作」を仕上げ、次回の個展で発表するほどの熱の入れようである。

 それもこれもメディアを知り抜いているからこそこの問題の重要性に気づき、敢えて「冒険」を冒しているといえよう。

 ラジオといえば、久米宏氏も自身の番組「久米宏のラジオなんですけど」(TBS)でこの問題を取り上げている。しかも、今月末(7月31日)には、私をスタジオに呼んで、生放送しようという試みに挑む。

「いいんですよ、ぼくはね、そのためにこの番組がなくなっても――」
先日、久米氏は放送中にこう言ってのけた。「ニュースステーション」の司会者としてテレビジャーナリズムの一時代を築いた「テレビ界の天才」にこうまで言わせるのはなにか。 

 だが、こうしたビッグネームの発言にも関わらず、テレビ・新聞の「一流メディア」は、この「マスコミ官房機密費」問題についてほとんど完璧に沈黙を貫いている。仮に、海外のメディアだったら、税金の一部が「賄賂」としてそれを追及するはずのマスコミに流れていたとわかったら「大キャンペーン」となっていることは間違いない。だが、記者クラブのある日本では、記事や番組で真正面から取り上げているのは皆無であることが不思議だ。

●大新聞・テレビはごく一部を除き 相変わらずの狸寝入り

 例外は、TBSの「ニュース23 クロス」で、マスコミの問題を微妙に避けながらも、松原耕二キャスターが最初に、そして執拗にこの問題を追及している。また、「東京新聞」の特報部は、5月21日に一度だけ記事にしている。ただし、わずかにこれだけである。いったいなぜマスコミはこの問題を避けるのだろうか。

 いまや、新聞のテレビ番組欄に名前が載っただけで視聴率が跳ね上がり、著書も飛ぶように売れるジャーナリストの池上彰氏もまた、この問題にもっとも理解のあるひとりだ。

 かつて、私が「記者クラブ問題」を追及して孤立している時、自身のFM番組にいち早く呼んで生出演させてくれたのも実は池上氏である。今回も、朝日新聞の自身のコラムで、真正面からこの問題を取り上げた(5月28日)。

〈(マスコミに機密費が渡ったことが)もし事実だとすれば、日本のジャーナリズムにとって深刻なことです。政府から機密費を受け取っていたら、政府の批判はしにくくなるでしょう。(略)こんな重大な問題なのに、朝日新聞を含めて新聞やテレビの追及はほとんどありません。どうしてなのでしょうか〉

 こう書いた上で池上氏は次のように結んでいる。

〈朝日新聞の編集幹部や、朝日新聞出身の評論家、コメンテーター諸氏は、どうなのでしょうか。取材してみる記者はいませんか?〉

 この問題を追及すれば、筆者のように新聞・テレビなどの既存メディアから追放される可能性もあるのだろう。だが、池上氏は少しも恐れていないようだ。以前、私がそうした危険性について指摘すると、池上氏は笑いながらこう応じたのだった。

「僕は少しも構いませんよ、干されたって。だって、NHKでもそうした経験はたくさんしてきましたから――」

 権力とメディアの健全な緊張関係、それを構築することこそ日本の健全な民主主義のための第一歩である。マスコミに渡った官房機密費問題の解明はまさしく、そのために避けて通れない問題である。

 そうした冒険を厭わない人々はここに挙げた以外にもたくさんいる。
日本のマスコミ界における「革命」は、静かに、だが確実に進行しているのだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月24日 19:21:06: L6YwapgP0w
「政治と金」よりも「マスゴミと金」の方がよっぽど、国民にとって
被害が大きいのに・・・ 狸寝入りの腐った日本のマスゴミよ、何とか言えよ。

02. 2010年7月24日 19:34:00: Nz0tLUvKJI
マスコミの方々の良心を信じたい。
日本のために 早く目を覚まして下さい。

03. 2010年7月24日 19:55:48: JiuafC5wMQ
社会の木鐸(ぼくたく)を捨てた大マスコミがどこまで良心があるか,楽しみにしています。
マスコミとカネ,マスコミと女,消えた官房機密費と女,売れるのは間違いない。

04. 2010年7月24日 20:09:42: 7EDNwZmuwr
そうです!!

政治と金はオジジオババも知ってる。

ついでに暴力団は悪い事もね。

「機密費とTV新聞、正義の味方のふりしてる検察」を実は、犯罪者組織とは思ってなーーーい。

だから見させられるし、読まされてるんだな。

結果、その気になって頭がウニ状態!!

朝早くから、したり顔で新聞読んでる奴らを見ると、「まだバカ状態!」と

聞こえないようにつぶやく自分がいるのです。



05. 2010年7月24日 21:23:40: EyogUPdbyw
小泉親子に黄色い声を上げていると馬鹿扱いのおばさん層ですが、そんな御目出度いおばさんばかりではありませんよ。斜めから物を見ることも物事の裏をみることも身につけて生きてきました。長期政権と言って小泉氏を持ち上げていたマスコミ、一切厳しいことを言わずに利権を分け合っているのかと思うほどのよいしょぶり。マスコミが不利なことを言わなければ多くの国民は疑問を持たないのだから長期政権なんてマスコミ次第というところでしょうか。ロッキード事件もみけしの中曽根氏もマスコミが大勲位と持ち上げればそのとおりで、政界に口出しするナベツネ氏もマスコミとの棲み分けを中から問われることもない。アメリカまで行ってプレスリーを恥ずかしげもなく歌う小泉氏を国辱と断罪することもなく国会での無責任な発言(人生いろいろ、戦闘地域がどこだかわからない)も糾弾することなく、アメリカの犬と詰ることもないマスコミ、貴方達が何を憂いてこの国の行く末などともっともらしいことを言っているのか私のようなひねくれたおばさんにも納得できるように説明してほしいものです。こころあるジャーナリストに感謝し、拍手を送る50代の主婦です。

06. 2010年7月24日 21:58:16: dFQfn0xMh2
リベラルの毎日が貰ってるなら、当然政権与党べったりの読売、産経は
貰ってるな(笑)。今度は読売を呼べ

07. 2010年7月24日 22:21:07: RS30jmRkZE
比較的 ラジオの文化・・・・は 早かった。 しかし一時は ラジオもテレビも 新聞も とにかく一般市民の情報源となるべきものは すべて国民を欺いていた、これは 事実だ。 今になって 大竹何とやら や金橋誉のてるみとか 結構 はじめは 今と違う立場を語っていたように思うが・・・マーいっか?

08. 2010年7月24日 22:22:32: mEZSoDieTk
 仕事をほされることを覚悟して、高額の報酬をなくすことを恐れずこの問題を発言し続けているジャーナリストには敬意を表します。私たちもこの問題を草の根で発言していかなければいけないと痛感しています。良心をもったジャーナリストを応援していきましょう。

09. 2010年7月25日 00:01:12: uVYiB2k6A6
この問題についてマスコミが扱うとすれば、従来とは根本的に異なる報道姿勢をとらなければならなくなります。
例えば、自らを「棚に上げて」敵と位置づけた者を口汚く罵るという手法は取れなくなります。
また、「関係者への取材で分かった」報道で、敵とみなしたものを徹底的に貶めたうえで、その効果測定である「世論調査」を繰り返すという手法も取れません。
そうなると、記者クラブマスコミは「報道」が不可能になってしまいます。
いつまで記者クラブマスコミは、こ問題について沈黙を続けるのか知りませんが、永久に触れないで済ますことは不可能だと思います。

マスコミは
国民みんなの
アイマスク


10. 2010年7月25日 00:21:51: y2SPy6IwBg
上杉隆様
応援しています頑張ってください。
また、記者室開放の現状も投稿お願いします。

11. 2010年7月25日 05:20:49: A13TtQ2Nsg
セックスを売り物にした「週刊ポスト」はいまだに買う事が出来ない。
買っても読む場所がないのである。

しっかりした記事を載せればツマラン物を載せなくても読者は付いて来るものである。

早く国民の多くが購読できるよう編集方針を確立して貰いたいものだ。
折角の記事がもったいない。


腐ってしまったマスコミだが最も罪深いのが公正中立であるべきNHKが腐ってしまったことである。


12. 2010年7月25日 06:40:11: DCHDReL3A2
池上さんって信用できるのか?

去年からずっと、民主党、小沢批判、鳩山批判をしていましたよ。

上杉さん、あなたは素晴らしい仕事をされているけど

池上氏については、誤った誘導をしないでくださいね。

マスコミが池上氏を絶賛しているので怪しいし、
私は池上氏をどこか胡散臭いと思います。



13. 2010年7月25日 07:07:32: hhNbxgfK3g
マスコミに良心を求めるのは
魚屋で大根を求めるのと同じ

14. 2010年7月25日 07:12:05: jvpEzkG1H2


・戦争で負けて祖国に帰還した兵士の一部は

 いまだにある事で沈黙を続けている。

 その事を心奥深くしまい込んだまま

 静かに鬼籍にはいった方々も多い。


・いま上杉さんが語っていることはあまりにも根が深い問題を突いている。

 もう、それは「政治家の倫理」とか 「報道する側の正義」を問うレベルではない気がする。

 侵略先で兵士は何をやっていたのか…

 愛する家族と国のために命をかけて戦った。

 しかし、あの事実だけは言えない語れない。

 それを突かれはじめると、ますます沈黙するしか。


_____
蛇足■「美しい日本」は、いま想像以上に醜くひどい日本になっている気がしてならない。

 


15. 2010年7月25日 08:02:05: BDDFeQHT6I
記者クラブによる情報独占体制の長い年月の内に既存の大手メディアは取材能力を失い、今更権力から距離を置いて独自取材の報道などと言っても無理なのだ。
大手メディアで情報を独占した形で権力側の発信する情報を垂れ流す事でしか、情報優位性を維持出来ないので、記者クラブ制度の廃止どころか記者会見のオープン化も絶対に認めない。
民主党政権になっても一部の実力のある政治家だけがオープンな記者会見を実施出来るだけで、ほとんどの閣僚は大手メディアの嫌がらせを恐れて記者会見をオープンに出来ていない。
官房機密費の問題もマスメディアの政権に迎合する姿勢から生まれたものであり、メディアが権力を監視する責任を自覚していれば起こり得ないことなのだ。
大手メディアはこの権力迎合の蟻地獄から抜け出せる可能性はほとんど無いだろう。 新聞テレビの凋落を食い止める術は新聞テレビ側には無い、やがて権力側が新聞テレビを見捨てて既得権益を剥奪し始めることによって大手メディアの否応の無い変革が実現されるだろう。
官房機密費でマスコミが堕落したのではない、堕落したマスコミだから官房機密費で篭絡されたのだ。

16. 2010年7月25日 08:02:52: wkei1pIJ9g
久米さんや池上さん、その他ここに名前が上がっている方々しか信用しないことにします。

17. 2010年7月25日 08:10:29: wkei1pIJ9g
「僕は少しも構いませんよ、干されたって。だって、NHKでもそうした経験はたくさんしてきましたから――」

NHKに苦情を出そう!
http://www.nhk.or.jp/css/?from=tp_af91


18. 2010年7月25日 09:42:54: 6wDinu5GBM
マスコミには失望していたが、こんな人達もいるんだな。
少しは見直したよ。
がんばれ、ジャーナリストたるジャーナリスト達よ!

19. 2010年7月25日 10:40:55: cSzRBQUUZo
今朝のTBSサンデーなんとか、最近は、どんなこと言っているのかなと見てしまって、また一日面白くない日を過すことになった。こいつ等(70の婆の言葉と許されよ)死ぬまでバカのまま暮して行くのだね。大宅とやら親の七光りだけの女、そろそろ七光りなど知らない世代ばかりだよ。ゴルフしていればいいのよ。カメラマン君、君は少しはものの解った者かと思ったけれど、救いようがないね。本業で食べていけないの?髭の毎日新聞ーなんだって?たびたび総理が交代すると海外の目が恥ずかしいから菅の続投をさせなくてはならない。だってさ。海外のせいにすんなよな。官房機密費がまだまだ欲しいよって顔に書いてあるくせに。とにかく盆に会う爺さん婆さんたち(故郷の同級生)に、新聞を取るのを止めようとすすめて来よう。20数名の前で新聞のない生活の清々しさを話して来よう。婆の出来ること一丁目一番地。

20. 2010年7月25日 11:19:47: jBqqcNShwU
先の金工作員訪日で、自民党や元自民党の議員が税金の無駄遣いだと息巻いている。

先日TBSで鈴木宗雄議員が「自民党は機密費から総理経験者にひとり年間二千万円渡していた」と発言している。

確かに今の政府には頼りないところがあるが、無駄に毎年小遣い?を渡していた自民党にそれを非難出来るのか。

選挙後も一番一番と喚き散らしているが、税金の無駄遣いは一番であるのは確かだ。

民主党は公にこのことを議論すべき、そして自民党は「説明責任」を連呼しているのだから、この際自民党の責任として国民に謝罪し自民党の政党助成金から国に返還すべきである。

それをやれば少しは自民党が生まれ変わったと認めてあげてもよいが。


21. 2010年7月25日 12:00:47: Ed7VRLz1JU
金貰って、本当のことが書けなくなっている新聞記者さん、マスゴミのみなさん、裏権力者に魂売って、頭おかしくなって、新聞記者になる意味ないじゃん。おまえら、精神的ホームレスだよ。

22. 2010年7月25日 15:28:27: c9QpLgibiA
>05、19
俺は心あるおばちゃん、ばあちゃんに期待してるよ
口コミでつぶれた会社、山ほどあるんだから

口コミパワーは、男より女の方が断然強いしね


23. 2010年7月25日 15:34:00: yQ8bFJLCLw
>>16さん
「全面的に信用できる」と考えるより「ある程度信用できる」と思った方がいい。

個人的には、上杉さん・江川さん・室井さんはかなり全面的に近く信用出来る。
久米さんもかなり信用出来る。
宮崎哲弥氏や池上彰氏は普段の言動からみるとかなり眉唾だ。何か目的があるのでは?と勘繰ってしまうが、それは今後の行動をウォッチかな。

何れにせよ、森田某みたいに突然寝返るパターンもあるわけだから、冷静に自分の目で判断する必要があると思いますよ。


24. 2010年7月25日 15:50:58: UQ14jF6xcA
池上さんと上杉さんの対談は18000位視聴されてましたね
マスコミ業界の人間も興味津々らしいです
説明責任にかんしてはまた自分達の責任問題に関しては狸寝入りなのですが(w

政治部に関しては汚染状況が酷いみたいですね


25. 2010年7月25日 16:36:03: 4N0n9ouaxk
>仮に、海外のメディアだったら、税金の一部が「賄賂」としてそれを追及するはずのマスコミに流れていたとわかったら「大キャンペーン」となっていることは間違いない。

 この記述は、上杉氏がニューヨークタイムズ時代に培った経験から出ているものでしょう。

 ならば、海外メディアからの外圧は使えないだろうか。

 ニューヨークタイムズに上杉氏がまだ使えるコネがあれば、それでも良いし、アメリカのメディアが元々日本をコントロールする一派につながっていてうまく機能しないようなら、ヨーロッパ中のメディアに情報を流して報道してもらってはどうか。

 海外メディアの東京特派員にお知り合いのいる方、若しくは英語に堪能な方は是非。


26. 2010年7月25日 16:49:09: kbjD6Oqr1Y

日本のマスコミが、3流なのは前からわかっていたはず。

ただの特権持っている大企業のサラリーマンです。

そんな連中に、同根の官僚や政治家を批判する訳ない。

朝日と毎日が、ガス抜きの役割だっただけです。

テレビは、体制内のレジャー産業。

業界の常識です。


27. 2010年7月25日 17:16:09: hKpFlhFZRI
ニュースステーション

もとプロレス実況アナをやめさせ、久米さんに再登場願う。


28. 2010年7月25日 17:48:19: 5slTC4I2LY
上杉。岩上。江川さんたち10余人の、真のジャーナリストが日本に存在するのだと考えただけで勇気が湧いて来るし日本の未来に希望がもてます。官房機密費に関連した問題を今後も追及して下さい。

29. 2010年7月25日 17:50:27: VoHQXX9kmw
池上が信用できるか出来ないかは別にして、官房機密費を貰っていなさそうだと言う時点で、三宅、辛抱、岩見、橋本五郎などよりは数百倍信用できる。

30. 2010年7月25日 19:43:15: jeaWEDKLd2
池上氏かぁ、
以前にも書いたが、最近彼のニュース解説番組をみていると言いにくいのかスタッフからけん制されているのかカメラ目線から違う目線で確認を求めるようなしぐさが時々ありますね。
春ごろの放送内容だと戦後政治の流れを振り返るとかやりながら、長期に貢献した総理のときなどわざわざバックに小泉の写真を大きく出したままとか田中、小沢のラインを悪者のような印象をチラッと入れたり、小泉息子を出してみたりと、編集は池上氏がやるのではないから難しいのかもしれないが、なんか一連の流れを作られてそれに沿って番組を進めているような気がしてならないなぁ。

マスコミといえば、○○が総理だったらみたいな番組。最低!!!
明らかに視聴者を扇動するようなイメージ番組だな。
これに出てくる議員も意図的なものを感じざるを得ない。


31. 2010年7月25日 19:43:20: DNoIvd5Vcs
7月24日、「みのもんたのサタデーズバっと」内において、みのと岩見がしつこく小沢氏の「政治とカネ」攻撃をしたところ、出演中の渡辺周総務副大臣がついに口を開いた!!「そうですね、小沢さんの問題と機密費の問題は徹底的に検証するべきですね、民主党はやりますよ!!」と!
その瞬間、みのと岩見の顔から血の気が引いて蒼ざめた!!!!
おそらく機密費問題は徹底検証を始めることでしょう!!

32. 2010年7月25日 20:31:07: 204Y5iilYk
面白くなってきましたね!! 援護射撃も楽しくなります!! じゃんじゃんやりましょう!!!

33. 2010年7月25日 22:03:51: 4iggf6FGUg
私を「嘘つき」呼ばわりした三宅久之氏に再び質す。
二転三転する「機密費」発言、どれが真実なのですか『週刊ポスト』7/30号
→→→ http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/318.html 

34. 2010年7月25日 22:46:58: DONzdoFnTQ
「警察の裏金」問題で、裏金に関与した経験を持つ警察OBがちらほら名乗りを上げている。(完全に潔白なのは御一人)
この警察幹部OBたちをどうとらえるか、という問題があると思う。
「血税を自分の快楽のために使ったのか。けしからん。お前もほかと同罪だ」と考えるか。「確かに言語道断の犯罪だ。しかし、それを自白することは人間として立派な行為だ。人間は誘惑に弱い存在だから」とするのか。
日本の将来を考えた場合、後者の方がより有効であると思われる。マスコミ関係者から「実は私ももらいました」という勇気ある人が次々出てくることを願う。

35. 2010年7月25日 23:24:58: UCxFEtWpdo
「官房機密費」こそが「政治と金の問題」である。なぜなら、政権与党のみが自由

に使える税金だからである。マスコミは「政治と金の問題」というと小沢氏のこと

に結びつけたネガキャンをするが、その不自然さに気がついている人たちが増えつ

つある。口のまわりにチョコレートを付けた子どもが、「食べていないよ。」と言

っているようなものである。

 また、20数年前「赤旗」は官房機密費の存在を指摘し、その不透明さを指摘し

ていた。当然、一般紙では取り上げられることもなかった時代であった。

しかし、今回、野中氏の暴露発言には反応がとても鈍い。

何か事情があるのだろう。

 マスコミの世界においても若い世代が旧世代のやり方に疑問を感じ会社存続の為

に何をなすべきか考え始めてもらいたい。


36. 2010年7月26日 00:30:04: DmCC9k6hHM
今、マスコミは相撲界の暴力団との癒着を追求しているが、新聞・テレビ界はどうなのか?
自分たちの不正を隠したままで、正義面をするな!

37. 2010年7月26日 00:34:31: 2X1gB1HWj6
週末の下らないワイドショー等を見ていると金元工作員に対する日本政府の対応
がVIP対応だとかで批判ばかりしているが、過去何十年も国民の税金をもらって
ぶくぶく醜く太った奴らがよく言うよ!脱税もしているんだろ!
鳩山の別荘の前でとぐろを巻いてアホ面さらしている記者や金元工作員を乗せたヘリを自社のヘリで追っかけたり、他にやることないのか?
日本に呼んでおきながら目新しい事は何も聞けなかったと騒いでいるが、もし聞いたとしてもおまえらクズマスゴミ何かに言うわけないだろ!

売国度の比較的低いと思っていたTV朝日にも最近機密費をもらえなくなった、本来TBS出演の後藤謙治、岸井、創価臭のする毎日新聞の年増女福本容子らがゲスト出演して気分が悪い。
星浩、古舘らの戦犯は一掃して、久米氏のニュースステーションを復活してほしい。


38. 2010年7月26日 00:36:13: MWIZ80IfhM
重要な事は、今までは余りに孤立する事がわかっていたから、
権力側に迎合していたジャーナリスト(など情報発信者)
であっても、100%黒か白かで判断する必要はないと言う事。

正しい事を言ってる事については支持すればよいのだ。
良心が残っているからこそ、
このままじゃいけないと立ち上がる人も出てきたと言う事じゃないだろうか。

一人じゃ冒険できないが、周りが一緒に立ち上がり始めるなら私も懺悔のつもりで立ち上がろうというほんの少しの良心を支持してあげないと
革命は起きないと思う。

例えば岩上さんの様な真のジャーナリストが核となり周りの良心の呵責があるジャーナリストを鼓舞してゆく形なら私は大歓迎だ。
世の中完全に真っ黒か真っ白と言う事はむしろ少ない。
多少黒くてもこれでは駄目だと心のどこかで思っていた人なら、
立ち上がってくれるだろう。
恐れながらそういう声を出し始めた人にその事についてエールを送る事が
我々一般人の出来る数少ない活動であろう。
ツイッターをやってる人ならフォローしてあげる。
短くてもコメントやメールを書く。
電話する勇気があれば電話して激励する。
多少でもお金に余裕がある人はカンパをする。

裏切られる事もまたあるだろうが、その時はその時。
こちらもすかさず見放せばよいのだ。

今や見放されるのは一瞬だ。菅がその例だろう。
馬脚を現すまでは鳩山さんとどっこいどっこいだったはずだ。

何れにしても全国的に真実を暴く為には現役の一線で活躍する
多少薄汚れた方々の目覚めも受け入れる必要があるのではないだろうか。

勿論それと平行して厳しい監視はしてゆけばいい。


39. 2010年7月26日 00:46:37: 1EM6nVP51E
年金未納より官房機密費脱税のほうがはるかに違法や。
違法のレベルが違う。
菅内閣が追求しないわけがない。

追求しなければお遍路100往復、死ぬまでお遍路をするつもりで腹を括ったか!

年金未納で世間に対しお詫びのお遍路

しかし機密費脱税を見逃して庶民に消費税大増税をするなら菅内閣は瞬殺される。


40. 2010年7月26日 01:11:12: dFQfn0xMh2
お遍路は関東もあるんだよ菅君
今度は、坂東八十八箇所巡りだな(笑)

41. 2010年7月26日 01:49:01: 1Z2PiyktOM
マスコミよ消えてくれ!

あなたたちの最終的なご主人様(白い肌をした)は、自分たちのゴールであるニューワールドオーダーを達成したら、あなたたちの事なんて一掃するんですから。夕食人種なんてキープする予定はないんですから。あなただけではなく、あなたたちの子どもも抹殺されるんですから。

今の人類の覚醒のスピードから言って、そんな事は起こりませんが、そういうご主人さまに仕えてていいんですか?あなたたちプライドってもんはないんですか?人間として恥ずかしくないんですか? 人間としての尊厳よりもお金ですか?


42. 2010年7月26日 01:55:03: ZsUNOgGnko
井上元首相秘書官が語る「対北極秘交渉の舞台裏」 「あと何人出せば…」とミスターZ

 安倍晋三元首相の秘書官として、北朝鮮との交渉にかかわった井上義行氏が、産経新聞のインタビューに応じ、秘密交渉の舞台裏を語った。(阿比留瑠比、尾崎良樹)

 大韓航空機爆破事件の実行犯、金(キム)賢姫(ヒョンヒ)元工作員の来日では、日本政府の目的が見えてこなかった。

 拉致被害者家族に、少しでも心の支えができたとすればよかったという半面、金元工作員は多くの方を殺害した犯人だ。韓国遺族の気持ちなども考えたやり方だったか。VIP用ヘリコプターでの“遊覧”飛行までやる必要があったのか。

 菅直人首相は今回、「拉致の真相究明、被害者の一日も早い救出につながることを期待している」と第三者のような言葉を発した。なぜ「私自身の手で被害者を取り戻す」という言葉が出てこないのか。拉致問題への認識が少し薄いのか。

 拉致問題は生半可なことでは解決はできない。一番必要なのは覚悟だ。

 私は平成15年12月20〜23日と、16年1月17〜20日の2回、極秘訪朝した。目的は14年10月に帰国した拉致被害者5人の家族の帰国であり他の拉致被害者を取り戻すことだった。

安倍官房副長官の秘書官当時に始まった極秘プロジェクトで、メンバーは安倍氏、中山恭子内閣官房参与(拉致問題担当)、谷内正太郎内閣官房副長官補と私の4人。私の訪朝はこのメンバーと小泉純一郎首相など、政府のごく限られた人しか知らなかった。

 ■経費はポケットマネー

 当時、表向きは動きのなかった拉致問題。だが北朝鮮からはさまざまなアプローチがあった。ルートを精査し、最後に一人の人物「ミスターZ」が残った。その人物と会うために訪朝した。経費は中山氏と私のポケットマネー。妻には怒られた(笑)。

 Zとの会談場所は平壌の高麗ホテルの豪華な特別室。大きな液晶テレビがあった。訪朝前にも電話やFAXではやりとりしていたが、驚くほど日本語が流暢(りゅうちょう)で、日本のあらゆる情報を知っていた。朝鮮人民軍と朝鮮労働党の両方に籍がある人物らしく、金正日総書記の秘書官のような立場だったかもしれない。

 年齢は45〜55歳、身長は私と同じ162センチくらい。体形はふっくら。会談中、何げなく部屋の壁にかかっている若いときの金日成国家主席の肖像画を見て驚いた。Zの容姿が肖像画にそっくりだったからだ。

 Zは「自分はトップから日本に対する権限をすべて委任された。高麗ホテルの特別室が使える人間だと言えばわかる」と言った。Zはわれわれの知らないことまで知っていた。日朝間の文書の存在や取り交わされた経緯、日朝平壌宣言の語句の解釈など。少なくとも、金正日氏と直接話ができる人物だったと思う。

 ■幻に終わった仮文書

 最終的には、3項目を仮文書にしようというところに至った。(1)日朝両政府は(14年9月の)平壌宣言を有効と認識し、履行することを再確認する(2)北朝鮮は日本に帰国した拉致被害者5人の家族を日本に帰国させる。5人の拉致被害者については相互理解が不足していたことに、日本として遺憾の意を表する(3)拉致被害者の家族の帰国後、直ちに日朝国交正常化交渉を再開し、他の拉致問題の解決も含め、日朝正常化の実現を図る−というものだ。

 会談は順調で合意の感触があった。子供たちの帰国は「(ジェンキンス家を除き)大丈夫だ」と言っていた。だがZは途中から「少し時間をかけてやりましょう」と言い出し、私は帰国した。

 2回目の訪朝時は、平壌宣言の解釈など国交正常化交渉の中身に踏み込んだものに変わっていた。平壌宣言の経済協力の中に「慰安婦問題も入っている」などと言ってきた。私のレベルを超える内容で、外務省と話すべきだと答えた。

 当時、北朝鮮は公式には「拉致問題は解決済み」としていたが、Zは「拉致とはどこまでの範囲を指すのか」「あと何人出せば解決したことになるのか」と聞いてきた。私は「特定失(しっ)踪(そう)者も入る」と応じ、安倍氏の代理として文書に署名するには至らなかった。

 ■「小沢氏は裏切った」

 Zから日本の政治家の評価も聞いたが、いまだにわからないのが民主党の小沢一郎前幹事長のことだ。(2年に訪朝した)金丸信元自民党副総裁との関係があるので、小沢氏は評価されているのかと思っていたが、「彼はわが国を裏切った」とのことだった。金丸氏と北朝鮮側の何らかの約束を小沢氏が履行しなかったのかどうか…。

 なぜか鳩山由紀夫前首相は非常に評価が高かった。河野洋平前衆院議長、野中広務元官房長官、鈴木宗男元官房副長官も評価されていた。

 その後、Zとの連絡は途切れたが、17年10月に安倍氏が官房長官に就任し、私が政務秘書官に就くと再び「会いたい」と言ってきて、18年9月の安倍内閣発足後は接触が増えた。私はZに拉致被害者の「生存者リスト」提出を求めたが、18年10月の北朝鮮による核実験で交渉は複雑化し、「リスト」は出てこなかった。Zは自分に不利なときには黙り込むが、一度もうそをついたことはなかった。

 ■安倍氏退陣で連絡消滅

 19年7月の参院選後に再交渉することでは合意していたが、自民党が敗北し、安倍氏が退陣表明するとZからの連絡はなくなった。(参院選で勝利していれば)拉致被害者は間違いなく帰ってきた。北朝鮮側は安倍政権が長期政権になると思っていたし、拉致被害者を帰国させれば国交正常化までいくわけだから。

 核やミサイルなどいろんな問題がある中で拉致問題の比重をどう考えるか、時の首相はいつか決断しなければならない。場合によっては、首相辞任も考えなければいけない。被害者全員を帰国させたら、それで辞任してもいいという覚悟を持ってやらないと向こうは動かないだろう。北朝鮮はそれを見ていると思う。

 いのうえ・よしゆき 昭和38年生まれ、47歳。神奈川県出身。高校卒業後、国鉄(当時)に就職し、日大経済学部(通信制)を卒業。旧総理府(現内閣府)に移り、安倍晋三元首相が官房副長官、官房長官、首相に就いた際、それぞれ秘書官として支えた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100726/plc1007260045000-n1.htm


43. 2010年7月26日 02:01:45: dFQfn0xMh2
↑面白い小説だね(笑)

44. 2010年7月26日 02:21:05: U48Arp3AIA

41様

そのとおりです。
マスゴミの糞ども、岸井だの星だの、モンタ、テリーおよびNHKの
解説などは、人間の顔をした恥知らず、バイコクド、悪魔の走狗、
動物以下のダニ、犯罪者以下の国賊、どのように表現しても、
しようがない、ばい菌としか言いようがない。

このようなウイルスが堂々とまかり通るこの国は、もはや、
死んでしまったとしか、言いようがない。

この国には、もはや、「正しい言論機関」は、存在しません。
上杉氏は“マトリックス”の主人公のような存在であって、
1945年以来、飼いならされた「国民」は、
ただの、バカになってしまいました。

バカ「国民」には、もはや、人間の未来はありません。
ブタやウシなどの、家畜の営みがあるだけです。

ささやかに、以下、貼り付けます。

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫) [文庫]
http://www.amazon.co.jp/%E9%96%89%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A8%80%E8%AA%9E%E7%A9%BA%E9%96%93%E2%80%95%E5%8D%A0%E9%A0%98%E8%BB%8D%E3%81%AE%E6%A4%9C%E9%96%B2%E3%81%A8%E6%88%A6%E5%BE%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B1%9F%E8%97%A4-%E6%B7%B3/dp/4167366088

えらそうな顔をした、マスゴミ言論人の正体を暴き、
国賊として追放しない限り、この国に、未来はありません。
バカ国民には、その洞察を期待することはできません。
バカ日本人は、ただの家畜になってしまいました。



45. 2010年7月26日 06:29:15: 6G1US5dZeo
>42さん

また惨刑ですか。
あんな捏造やらなんでも有りのクズ新聞の書く事を真に受けてるんですか?
惨刑なんて、もう読んでる奴なんか見た事もありませんが。


46. 2010年7月26日 06:37:28: dlp5rHUhkk
小泉竹中がやった政治を徹底的に追求すれば如何にマスコミが偏向していたかが証明出来るのです。二度と同じ誤りを繰り返さないために。日本では過去の出来事を正しく検証しないから同じ事が繰り返されるのです。商業新聞ではジャーナリズムとして限界があるのではないか。新聞テレビは国民をだますものであると位置づけたほうがいいのではないか。今新聞の選択に困っています。新聞も統制されているのではないか。みんな同じ論調です。また大きな災難に遭遇することになります。歴史は繰り返します。

47. 2010年7月26日 06:47:45: yTH36QMSBg
悶々とした日々をおくっている善良なるジャーナリストよ、今こそ立ち上がって職務を全うせよ。時代は見ている。

48. 2010年7月26日 08:46:06: p899HLpILs
新聞をボイコットして一度潰さなければジャーナリズムの再生は不可能だ。

49. 2010年7月26日 09:23:48: tJTyrKHj0A
 民主党も機密費をマスコミや評論家にに配っているのか、何故かこの問題を大きくすることを避けているように見える。あるいは彼らは政権が変わろうが関係なく
金をせびっているのだろう。

50. 2010年7月26日 09:40:02: ILSciyBW7c
今日の毎日新聞のwebに奇妙な統計が発表されていた。管内閣の支持率のことだ。支持率40lそこそこなのに管首相が辞めなくてもよいと思っている支持者が80l。また枝野幹事長の続投支持者も70l。この数字マジック、完全に購読者を馬鹿にした数字だ。不自然この上ない。また、今の政権には全く関係のない小沢前幹事長のことについてもアンケートが取られている。しかも不自然なコメントで。明治維新以来の天皇陛下を筆頭とする日本の皇室を頂点とする神道からその僕である官僚と称する国家の事務屋での支配はマスコミの僕化も含めこの国の国民のDNAにすり込まれている。このこと理解し行動を起こさないといつまでたっても変わらない。(他国よりの侵略戦争があれば変わると思うが・・・。)

51. 2010年7月26日 09:59:58: LIPF25cqR6
大手マスコミ・新聞社とその社員は社会の混乱をもたらす軽蔑すべき存在である。顔を見たら唾でも吐きかけてやりたいほどのゲスの部類と考えていいだろう。彼らは信念もなければ誇りも無く、米国の命令であれば喜んで売国記事を書きまくる許されざる存在なのである。
もしあなたが大手テレビ局か大手新聞社の社員の名刺を受け取ったらそこで思い起こすがよい。彼らは売国奴なのだと。まじめそうな顔の裏で彼らは自らの利益のためならこの国と国民を何のためらいも無く裏切るのだ。もし、自分の息子が誤ってマスコミまたは新聞社に就職が決まっているのなら、理由を付けて早めにキャンセルさせた方がよい。自分の息子を売国奴にしないために。もし、仕事で彼らとかかわりができたらその取引はやめたほうがいい。騙されるのおちだ。もしあなたの娘が結婚相手を連れてきて、その忌むべき名刺を受け取ったら直ちにその縁談は破談にしたほうが懸命である。国を売る人間にとって自分の親兄弟の場合はもっと簡単だろう。なにごとにも彼らとはかかわりをもたないことがまさに重要だ。

52. 2010年7月26日 10:45:15: EIlnwCc3Mk
>>40
坂東三十三箇所だよ

53. 2010年7月26日 11:27:52: XGZguU7CkM
大変申し訳ないのだが、この記事に出てくる「『勇気ある』フリージャーナリスト」の人達にことごとく全部、胡散臭さを感じてしまうのはジジイの偏屈か?
電波芸者ならぬ「ネット芸者」「ツイッター芸者」。
マスコミのレベル低下、偏向、は言うまでもないのだが、「これは喰える」と踏んで違う土俵にあがってきたにすぎないヒトたちではないの? 現にNHKでのキャリアの事に変に拘ったり、オウムに足向けて寝られないヒトだったり・・・
「胡散臭さの根拠は?」って・・?。 根拠などなにもない。ただただ今までさんざん騙されてきたシロートの勘にすぎませんよ。
市井のジジイにはこのヒトたち大したことない、とか 頭悪い、とか言うほどの頭脳も知識も権威もないが、ただただそう感ずる、というだけ・・・
官房機密費・特会は「税金ドロボー」「犯罪行為」であり、追及しては貰いたいとは思っているのですよ。

54. 2010年7月26日 12:30:13: GhA73ALjnM
>>53
確かに上杉なんてのも怪しい感じだ。
それほどの使命感持ってるようには思えないし。
メジャーになったら節を曲げるタイプかな。女でもあてがわれて。

資本家のためのマスコミは一度だけじゃなく、永遠に潰れていればいいのです。
広告に頼らない、一般市民の購読料だけで成り立っていけるマスコミこそ、日本にとっていま一番求められているマスコミです。


55. 2010年7月26日 12:33:31: Qz87sJNvtQ
自分たちだけで生きて行けるんなら国民不在でそうしてりゃいいんですよ。
でもこの世の中はそうは問屋はおろさないんです。
いずれ自分らにツケは帰ってくるんです。
まず手始めは新聞屋だろうね。
ついで大企業でテレビ局、最後は官僚どもって連鎖は続くのよ。
その連鎖が怖いからってでたらめやって逃げおおそうったってそりゃ無理なんですよ。
因果歴然って言って、やったことのケツを拭くのはてめえ本人きりっきゃできねえ仕組みなんだからよ。
だから国民をこれ以上舐めたらあかんのよ、やればやるほど泣きをみることになるんだからさあ。

滓メディアどもさんよ。


56. 2010年7月26日 14:13:59: Osp2VlUdK2
>>53
ひねくれすぎ。あいつら、大資本・大マスコミ、霞ヶ関に反してどれだけリスクとってると思ってるんだよ。

すでにある程度メジャーな人たちだったわけだが、表の仕事はことごとく干されてるんだろうが。

一名元祖電波芸者である老害が、最近ネット界に侵入してきてるのが不快だが。


57. 2010年7月26日 14:45:57: PMdrnQmxwE

池上は、当時は政治に関係していない。

子供ニュースの担当者。

金を配る必要ない。

池上は、政治的な人物です。

信用は、できないですよ。


58. 2010年7月26日 16:41:04: VesSYyqohs
http://257.teacup.com/newsda/bbs/t4/18

59. 2010年7月26日 18:16:41: gCo0F3amqU
数項前に投稿している方がいましたが、
今日の毎日新聞のアンケート結果は笑える。
読者を完全に馬鹿していて
「思考力のないお前ら、これを理解しなさい」
と上から押さえつける感じかな。
こんないい加減なことしていると
本当に終わってしまうよこの新聞。

60. 2010年7月26日 19:33:20: O5oWpOi6Us
>>31>>7月24日、「みのもんたのサタデーズバっと」内において、みのと岩見が
 しつこく小沢氏の「政治とカネ」攻撃をしたところ、出演中の渡辺周総務
副大臣がついに口を開いた!!「そうですね、小沢さんの問題と機密費の
問題は徹底的に検証するべきですね、民主党はやりますよ!!」と!

民主党議員も最低、機密費についてこれくらい言わないといけない。
政権与党は腐った記者クラブのマスコミが大権力になっていることに
何とも思わないのか!?   マスコミ改革はどうなっている!


61. 2010年7月26日 19:45:02: NzTjydcfcU
 57氏に同意。先日、NHK東京の社会部担当者と電話にて話をした。NHKの報道における小沢氏への枕言葉「嘘の記載」について、官報の政治資金報告書を見れば一目瞭然、嘘偽りは全くないではないかという当方に、担当者は検察からの発信をそのまま記事にしていると言う。さらに過去にNHK記者が機密費を頂戴した事実を内部調査し、国民に公開して出直すべきだという当方主張に、セクショナリズムを主張する訳ではないが担当部署ではないのでお答えできませんという返答。次はその担当部署とやらに直接文書にて回答を依頼するつもり。東京第5検察審査会事務局にも電話にて問い合わせしたが、全て法により非公開のため、一切答えられないとの返事。あなた方に正義感というものはないのかと尋ねたら一言「あります」と言われた。当方51歳だが、この歳で、こんなバカ権力に税金を払う事に苛立ちを覚える。心ある皆さん、一歩先へ行動を起こそう。

62. 2010年7月26日 21:57:54: 0hVORNLAOs
週刊ポストは買っています。
週刊大衆も買います。
「機密費問題」を取り上げている雑誌は買おうと思っています。
それと対極にあるのが「週刊新潮」と「週刊文春」ですね。
プロパガンダ垂れ流しで読むに値しない。

63. 2010年7月26日 22:10:02: rnHeIJUeWo
>53さん、大変申し訳ないのだが、この記事に出てくる「『勇気ある』フリージャーナリスト」の人達にことごとく全部、胡散臭さを感じてしまうのはジジイの偏屈か?

まあ、そうひがまずに、上杉氏や岩上氏、江川氏らフリーのジャーナリストが頑張っているからこそ、検察捜査の裏側も知られるようになってきたし、官房機密費等のマスコミへのばらまきも見えてきましたね。
大手マスコミが触れない部分を、この人たちは独力で頑張って取材していて、我々に見せてくれています。
ブリーの人たちのなかには、たしかにネットウヨとか、うさんくさい人もいるかもしれませんが、それは事実を報道しているかどうかで判断できますから、私は応援しています。


64. 2010年7月26日 22:33:12: 0hVORNLAOs
官房機密費は貰う側が申告しなかったら「脱税」ですよ。
収入でしょ。
何十年も政治記者だけ摘発されないなんておっかしいでしょ。
こんな脱法行為を行っている者達が偉そうにTVに出て御高説を垂れてる訳です。

脱税をしているのだれば、普通は犯罪者でしょ。
おかしいじゃないか!


65. 2010年7月26日 22:40:01: lKwwtX0J9Y
>57さん>61さん、全く同意です。本当に税金払うのいやになってきますね。

池上さんや久米さんは長らく大手マスメディアに関わっておられた人。敬意を表するというご意見もあるが、ジャーナリストなら当然のこと。今になってようやく重い腰を上げられるのは自分の保身や損得勘定があってのことと勘ぐられてもしょうがない。

本当にこれが大きな問題であると考えるなら、野中発言の段階で狼煙を上げるべき。結局大手マスコミとその取り巻きはその程度の連中。


66. 2010年7月26日 22:41:04: lagFJ2L0A6
四権:
立法・行政・司法・マスコミ


「権力は腐敗する、専制的権力は徹底的に腐敗する」by ジョン・アクトン
(Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely.)


この百年の日本、特にこの至近、いずれも腐敗の極み。


67. 2010年7月26日 22:49:17: 0hVORNLAOs
>>60

小沢さんは官房に関わったことがないんだけど何言ってるの?
悪印象持たせたいの?
政治と金とやらと官房機密費は全く別のものでしょ。
阿修羅の人間が引っ掛かるとでも思っているのか?
この愚か者め。


68. 2010年7月26日 23:09:24: gaFpT5lqfQ
ゴミメディアが行った小沢いじめのかたき討ちは、官房機密費問題でやりまくろう!!
ゴミメディアは、見て見ぬ振りの完全スルーをカモフラージュするために、国民の視線を大相撲野球賭博問題へ誘導する報道ばかり繰り返している。
国民は、団結して、ゴミメディアに徹底抗戦をするべきだ。

69. 2010年7月27日 09:25:32: UQTmO8wN5k
 腐ったマスゴミのことを、誰もが普通にマスコミといえるようになるまで地道な戦いを続けてください。心から応援します。

70. 2010年7月27日 09:45:34: DCHDReL3A2
久米さんは、、昨年か何かTBSの夜のゲストと情報番組の司会をしておられましたが、

まったくの腑抜け状態であったです。

ニュースステーションの時の反骨の面影は、ほとんどありませんでした。

上杉さん、岩上さん、頑張ってください。応援してます。


71. 2010年7月27日 09:50:11: 9fQr9zj2W2
>60「みのもんたのサタデーズバっと」内において、みのと岩見が
 しつこく小沢氏の「政治とカネ」攻撃をしたところ、出演中の渡辺周総務
副大臣がついに口を開いた!!「そうですね、小沢さんの問題と機密費の
問題は徹底的に検証するべきですね、民主党はやりますよ!!」と!

民主党議員も最低、機密費についてこれくらい言わないといけない。
政権与党は腐った記者クラブのマスコミが大権力になっていることに
何とも思わないのか!?   マスコミ改革はどうなっている!


みのの出る番組は最近見ないが、まだ小沢氏攻撃をしているんだ。ほんとにしつこい。みのも官房機密費を受け取ってるんだろうか?民主党の渡辺周総務副大臣も、機密費問題を言いたかったのか知れないが、「民主党も検証しますが、あなた方も一年以上にもわたって小沢氏の政治と金を追求してきたのだから、マスコミと官房機密費問題も一年以上しつこく追求してくださいよ」くらい言えばよいのに。

ほんとに腐ったマスコミが大権力になっているが、政権与党が今叩かれては困るとマスコミに媚びれば、また、腐ったマスコミを手足のように使う与党になってしまう。


72. 2010年7月27日 11:12:16: xW3ddLOlIw
みのもんたは3年前のラジオ番組に安倍シンゾーと対談中身は安倍と自民党の提灯持ち的内容と賛美ばかりそれも参議院選挙が近づいてる時にだ。しかも最後にみのはこのクソ発言「私も自民党の広報担当として頑張りますよ」あきらかに放送法違反だしかもこの番組は歌番組なのに最初の10分はみのが政治の話何の関係があるのだどうせ8月に長々と夏休みだろうなクソみのもんた

73. 2010年7月27日 11:53:05: K3XyKqYa6Y
みのは文化放送の番組で数年前に確かに【私は自民党を応援してるんですよ!だから頑張ってほしい!】って言ってましたよ。

その時に、だから朝ズバで・・・て思いましたから。

なので、反民主共が何を考えてるのか、どんな作戦をやろうとしてるのかを
知るときに朝ズバを見ることにしてます。

へ〜、次はこんなことで民主を攻撃するんだ〜ってわかりますよ!


74. 2010年7月27日 20:22:57: xtlWVCU5v6
ゲンダイとポストの記事が面白いです。
TV・新聞だけが情報源の方にこそ、是非読んでほしい内容です。

75. 2010年7月27日 20:42:27: zSvuVRWqms
みのは、近いうちに残りの人生は犯罪者として生きていくでしょう。
渡辺周議員の発言は、「機密費問題は徹底的に検証する」ことなので、当然去年の政権交代時に盗人河村建夫が持ち逃げした、機密費2億5千万の事も検証対象です。
みのよ!!友人河村建夫と共に塀の中で一生臭い飯でも食ってろ!!

76. 2010年7月28日 23:21:08: G3L4JVzqQM
http://www.choujintairiku.com/aoyama/aoyama4.html
青山氏による官房長官費についての動画です。
少なくとも官房長官費にまつわる闇を知る上で良い動画でしょう。

77. 2010年8月01日 22:46:47: yQ8bFJLCLw
>>74さん

>ゲンダイとポストの記事が面白いです。
「日刊ゲンダイ」と「週刊ポスト」ですよね。
ここに来る人は「週刊現代」と間違わないとは思いますが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧