★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 365.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
全国民に小沢氏冤罪の知られざる真実伝達を (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/365.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2010 年 7 月 26 日 10:05:36: qr553ZDJ.dzsc
 

 画像 植草一秀の『知られざる真実』より

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-d688.html
2010年7月26日 (月) 04:05

 全国民に小沢氏冤罪の知られざる真実伝達を 


 9月民主党代表選に向けて、メディアは再び小沢一郎氏攻撃を激化させる。
 

 理由は、主権者国民勢力が日本政治の実権を再奪取する可能性があるからだ。

 
 日本政治の支配権を確保し続けてきた勢力は「米官業のトライアングル」である。
 

 米官業のトライアングルが手先として用いてきた勢力が利権政治屋(政)と御用メディア(電)であり、米官業政電の五者が悪徳ペンタゴンを形成し、日本政治を支配してきた。

 
 昨年8月30日の総選挙を通じて、日本の主権者国民が歴史上初めて権力の奪取に成功した。日本史上初めて主権者国民政権を樹立した。この偉業を実現させた最大の功労者が小沢一郎氏であった。
 

 悪徳ペンタゴンは小沢一郎氏を最強の敵対人物と認定し、小沢氏が民主党代表に就任した2006年4月以降、徹底的な攻撃を継続してきた。
 

 しかし、激しい攻撃も決定打にはならず、小沢氏は生存を続け、ついに昨年9月の革命政権樹立を成就させた。
 

 悪徳ペンタゴンの攻撃は熾烈を極め、目的のためには手段を選ばぬ暴挙が繰り返されてきた。その具体例が三三事変(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-cee1.html)、一一五事変(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-007a.html)、四二七事変(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-163e.html)である。
 

 鳩山首相は普天間問題の処理を誤り、6月2日に辞意を表明した。しかし、辞意表明演説で、内閣総辞職の責任を小沢一郎氏に転嫁したために、政権転覆クーデターが発生した。対米隷属勢力が、機に乗じて権力を不正に奪取してしまったのである。この時点で、第一次主権者国民政権は終焉した。
 

 三三事変、一一五事変、四二七事変などで、小沢一郎氏は不正で不当な攻撃を受けているが、内容を詳細に調べると、問題にされていることに「犯罪性」を確認できる点はまったく存在しないことが分かる。
 

 この点は、まともな判断力のある人間であれば、誰でも確認できることであるが、メディアはこの重要事実を一切報道しない。
 

 小沢氏に関連して取り上げられている「政治とカネ」の問題は、
@2004年10月に購入した不動産の登記が2005年1月にずれたため、収支報告書に2005年の取得として報告したことが、「記載のずれ」にあたるのではないかと問題にされていること、
A不動産取得に際して小沢氏が短期の資金繰りを実行したことを収支報告書に記載しなかったことが「虚偽記載」にあたるのではないかとされていること、
の2点である。
 

 @ついては、2005年の取得として報告したことが逆に正しいとの指摘(http://civilopinions.main.jp/2010/07/72207.html)がある。少なくとも犯罪性は皆無である。
 

 Aについて、陸山会に代わり、小沢氏が銀行借り入れをして、その返済がなされたことが収支報告書に記載されており、事実の隠ぺいはない。
 

 一時的な資金繰りの記載がないことが問題とされているが、資金繰りについては記載しなくてよいとの慣例が存在していたのであり、犯罪性を問うことは不可能に近い。
 

 メディア等が執拗に追及するのは、一時的な資金繰りに用いた資金が不正な資金ではないかとの疑惑であるが、「根拠の乏しい疑惑」をもとに「犯罪性」を法的に問うことは憲法違反の次元での完全な誤りである。
 

 検察審査会がこのような根拠不明の憶測に基づく疑惑で「不起訴不当」などの議決をしたのであるなら、検察審査会そのものが憲法違反であると言わざるを得ない。


人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/rank1510-0.html


 検察は、小沢氏が立て替えた資金が不正なものであるとの憶測に基づいて強制捜査を実施したが、この捜査そのものも憶測に基づく「見こみ捜査」であり、憲法の基本的人権尊重義務に違反する違法捜査である。
 
 検察当局は違法捜査を繰り返して関連資料を精査したが、何一つ犯罪性のある事案を立証できなかった。その結果、小沢一郎氏の「シロ」が確定したのである。
 

 日本のマスメディアが、集団で人権侵害の憶測報道を展開し続ける姿は異常である。つまり、本稿の冒頭で指摘した、悪徳ペンタゴンが小沢一郎氏を危険人物と認定し、小沢氏を政治的に抹殺するために謀略を展開し続けているとの仮説はますますその信ぴょう性を高めているのだ。
 

 鳩山前首相は悪徳ペンタゴンの策謀に嵌ってしまったのだと言わざるを得ない。鳩山前首相の不適切な発言が6.2クーデターを発生させる原因を創出した。
 

 悪徳ペンタゴンは思惑通りに菅政権樹立に成功し、小沢排除を強行した。
 

 しかし、日本の主権者国民は主権者国民政権から対米隷属政権への政権変質を見逃さなかった。対米隷属派に寝返った菅直人首相の政権に鉄槌を下す判断を固めたのだ。これは、菅直人首相が消費税問題で自爆しなくても、表面化したはずである。
 

 そこに、菅直人首相の消費税大増税公約が飛び出した。菅首相は消費税大増税公約でさらに菅政権支持率が高まると真面目に想定したのだと思われる。このような洞察力を完全に喪失したトップに日本が誘導されるなら、日本丸の座礁は保証されたようなものだ。不幸を最小にするには、まず、船長が辞表を提出する(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-6593.html)ことが求められる。
 

 悪徳ペンタゴンの計算は狂ってしまった。この延長上で9月民主党代表選が実施されるなら、瞬間的に奪還した日本政治支配権が再び日本の主権者国民に奪還されてしまう。主権者国民が権力再奪取に成功すれば、第二次主権者国民政権が発足することになる。
 

 この意味で、9月民主党代表選は最重要の重みを持つことになった。
 

 悪徳ペンタゴンが総力を注ぐのは、当然、小沢一郎氏攻撃になる。
 

 マスゴミは偽黄門の渡部恒三氏を多用する。したがって、ネットの草の根からは「渡部恒三は悪代菅と癒着する偽黄門」(http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-261d.html)という「知られざる真実」を日本の津々浦々まで流布しなければならない。
 

 同時に、小沢氏関連の「政治とカネ」問題の内容を、すべての主権者国民に伝えなければならない。ほとんどの国民は、このような馬鹿げた話で小沢氏が誹謗中傷され続けている「知られざる真実」をまったく知らないはずだ。
 
 これまでの日本政治の仕組みに巨大な問題が存在しているのだ。
@政党助成金
A官房機密費
B企業献金
 これが、日本の政治とカネ問題の三大「悪の根源」だ。
 

 問題の解決方法は、これらの制度を抜本的に変えることだ。
 

 政党助成金と官房機密費については、資金使途を1円単位で完全公開することが必要なのだ。企業献金については、全面禁止を法制化する。
 

 この制度変更で、すべてが見違えるように変わる。
 

 それでも違反する人間は出るだろう。その対処として、厳しい刑事罰を設定し、厳格に摘発することが求められる。
 

 客観公正の立場に立って現実を見るとき、小沢一郎氏が攻撃を受ける正当な理由は何一つ存在しない。憶測やイメージで特定個人を攻撃することは、間違いである。この間違いは正されなければならない。
 

 メディアで小沢一郎氏攻撃を熱心に行う人物を全員ピックアップして、ネットで掲示する必要もある。
 

 小沢一郎氏叩きは、悪徳ペンタゴンの対主権者国民攻撃の象徴であることを主権者国民全員が認識しなければならない。


──────────────────────────────

人気ブログランキングへ
http://blog.with2.net/rank1510-0.html


売国者たちの末路
著者:副島 隆彦,植草 一秀
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396613342/nifty05-nif125427-22/ref=nosim 


知られざる真実―勾留地にて―
著者:植草 一秀
販売元:イプシロン出版企画
楽天市場で詳細を確認する
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%96%E3%82%8B%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E5%8B%BE%E7%95%99%E5%9C%B0%E3%81%AB%E3%81%A6-%E6%A4%8D%E8%8D%89%E4%B8%80%E7%A7%80-9784903145280/item/4481882/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月26日 11:50:45: FSyPN1ESQM
「憶測やイメージで特定個人を攻撃することは、間違いである」
そのとおりです。
検察の武器は「証拠と法」です。ちゃんとした検察がほしいです。

02. 2010年7月26日 12:41:10: Iv7bxnX4jI
検察審査会が証拠に基づいて「起訴相当」と議決したのだから、小沢は極めてクロに近いということだ。

一方、植草は、証拠も見ずに無罪だとわめいている。

要は、証拠をもとに複数人が討議して議決した結果と、証拠も見ないで無罪とわめいているアホとどちらの主張が信用できるのかということだ。

それにしても、証拠も見ずに断定するとは、植草はかなりひどい人間だ。
まあ、これまでの犯罪歴を見ればわかることだが‥。



03. 2010年7月26日 12:43:36: EVoY3AsLCq
>>02
証拠が無いから検察は起訴しなかったんですよ

04. 2010年7月26日 13:07:42: Iv7bxnX4jI
>>03さん

いつの世も検察は政治権力になびくものです。

自民の金丸のときもそうだったでしょ。

そういう検察の不正をチェックするために検察審査会はあるわけです。

そして証拠・証言に基づいて複数人が議決して決定したわけですから、この結果には相当な重みがあります。

一方植草は、証拠を見もせずに無実と断定しているわけです。
人間性が疑われる言動ですよね。



05. 2010年7月26日 13:28:14: SSCEFonzhs
>>04さん

いつの世も日本の検察はアメリカ権力になびくものです。

自民の田中角栄 、金丸、橋本、鈴木宗男のときもそうだったでしょ。

そういう検察の不正をチェックするために植草教授はあるわけです。

そして証拠・証言に基づかずに複数人が議決して決定したわけですから、この結果はまた結局、不起訴になります。

一方植草は、証拠を精査して無実と断定しているわけです。
人間性が学者らしい言動ですよね。


06. 2010年7月26日 13:55:08: GMxnJtbwXU
>検察審査会が証拠に基づいて「起訴相当」と議決したのだから
証拠ってどんな証拠だよ。俺も議決書見たけど、「市民感情として許し難し」って法的根拠も何も示されてないんだけどさ。それと申し立て人は何で匿名なんだよ。日本は本当に法治国家かよ。

07. 2010年7月26日 14:00:41: JlGkl3BsTY
>三三事変、一一五事変、四二七事変


もう完全に狂ってる。


08. 2010年7月26日 14:00:56: vD9WYa3O82
02さん

何か証拠があったのですか?
示してくれませんかね。
この植草さんの投稿ですぐ現れる既得権益側の方でしょうかね。


09. 2010年7月26日 14:29:51: d8foabS19k
>02と04
いくら馬鹿な理屈を言っても真実を知っている人達の集まるここでは効き目がないから無駄な努力です。自分達のシマでお互いで言いあっていた方が良いのではないですか。

10. 2010年7月26日 15:00:53: 50yDmK78do
>02,04

検察審査会のことをしっかり勉強してから

ここへ来たほうがよい


君にはここのレベルは無理だな


11. 2010年7月26日 15:11:59: JlGkl3BsTY
>>02
>>04
植草は自分が「証拠」で痛い目にあっているので、
あらゆる「証拠」や「証明」が大嫌い。

証拠の世界よりも、夢の世界への飛翔を選んだ人なのです。


12. 2010年7月26日 16:26:21: k0fMKijEWk

理屈の上でも「05年収支報告書の方の記載の方が正しい。」に同意します。
04年10月29日の取引は、小沢氏個人がお金を支払っており、陸山会収支報告書に記載しようがない。
05年1月7日登記が済んだ後、確認書をとり交わし、陸山会が小沢氏お金を支払っている。陸山会はここで初めて収支報告書に記載できる。

検察は、苦し紛れに、虚偽記載としてきたが、虚偽記載でないことは明白。

とにかく言いがかりで、秘書3人を起訴したことになる。
虚偽記載がないのなら、検察審査会の議決は無効ではないか。

検察が処分されるべきだ。


13. 2010年7月26日 16:58:19: lZuXHssisE
検察上層部は小沢氏起訴に否定的、現場の東京地検特捜部と東京地裁検察審査会が
刑事事件としてではなく、政治目的で小沢氏起訴を強行しようとしている。

東京地検特捜部と東京地裁検察審査会の背後にいる政治勢力は誰なのか?

元厚労省局長村木さんの冤罪事件→石井一氏を陥れるのが目的。
国民新党に対し期日前投票分の不正集計を行った可能性が濃厚→亀井静香氏の影響力排除が目的。
小沢氏周辺に対する違法捜査→小沢氏の影響力排除が目的。

石井一、亀井静香、小沢一郎、3氏の天敵と言えば?そう、カルト創価学会です。
>>02、04の正体は?そう、カルト創価学会の工作員です。    
                              以上。


14. 2010年7月26日 17:16:40: QIiCyeAPZI
>>05さん
>一方植草は、証拠を精査して無実と断定しているわけです。

ウソをつかないでください。
検察審査会に提出された証拠・証言は非公開です。
出席者以外は見ることはできません。

つまり、植草は証拠や証言を検討せずに無罪と断言しているわけです。
植草の人としてのひどさを表しています。
犯罪歴を見れば、どんな人間かはわかりますけどね。


15. 2010年7月26日 17:21:48: QIiCyeAPZI
>>06
>>08

証拠・証言は非公開なので、検察審査会の出席者以外は見ることができません。
だから、部外者が無罪とか有罪とかを断言できるわけがないのです。
証拠や証言を見ていないのだから。

にもかかわらず、植草は証拠や証言を検討せずに無罪だと断言している。
植草の人間性のひどさがここに表われています。


16. 2010年7月26日 17:25:02: QIiCyeAPZI
>>11
>植草は自分が「証拠」で痛い目にあっているので、
あらゆる「証拠」や「証明」が大嫌い。

なるほど、そういうことですか。
だから植草は、証拠に基づいた科学的な証明を憎んでいるわけですね。
納得しました。


17. 2010年7月26日 18:26:15: ZsUNOgGnko
植草は今でも手鏡を持ち歩いているのかな?
最近の書き込みは過激になってますね・・・。
持ち歩いていたら逮捕される恐れが高いですね。

18. 2010年7月26日 20:10:30: FSyPN1ESQM
公開されている検察審査会の議決書にある「直接証拠」は、「供述」だけです。
この供述に科学的根拠を与えるとしたら、「可視化」です。
可視化されていない供述に科学的証明はできません。

ちなみに郷原信郎氏は7月16日のツイッターで

第1検審の不起訴不当は検察が再度不起訴にして終わり。
第5検審の方は、補助弁護士が辞任、7月末で審査員が全員替わるので、前回のような誤った法解釈による起訴相当が出る可能性は極めて低い。万が一第5検審で再度起訴相当が出て強制起訴されても、無罪の可能性が極めて高く、有罪だとしても、起訴相当とされているのは「期ズレ」だけなので、量刑は少額の罰金だと思います。

と、見立てています。つまり「黒に極めて近い」のではなく「白に極めて近い」ということです。


19. 2010年7月26日 21:08:39: QIiCyeAPZI
議決書で言及していない証拠も多々あるでしょう。

知っているだけでも収支報告書があります。


>可視化されていない供述に科学的証明はできません。

それはあなた個人の主観ですね。
裁判では信頼性のある供述は証拠として採用されます。

証言にしても証拠にしても、検察審査会に提出されたものを我々部外者が知ることは不可能です。

ゆえに、議決対して正当な反論はできないし、まして証拠も見ずに無罪と断定するなどできるわけがないのです。

ところが植草は無罪と断言している。
証拠を把握していないのに。

植草は何という卑劣な人間でしょう。
植草の言うことは信用できません。



20. 2010年7月26日 21:27:27: ZsUNOgGnko
小沢氏元秘書側、聴取拒否の意向 収支報告書虚偽記入事件

 小沢一郎民主党前幹事長が代表の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件で、元秘書の衆院議員石川知裕(37)、池田光智(32)両被告=いずれも政治資金規正法違反罪で起訴=の弁護人は26日、小沢氏に対する東京第1検察審査会の「不起訴不当」議決を受けた東京地検特捜部の聴取要請を拒否する意向を固めた。

 同じく要請を受けた小沢氏本人は今後、代理人と相談した上で応諾するかどうかを決めるとみられる。元公設第1秘書大久保隆規被告(49)は既に拒否する意向を伝えている。

 石川被告本人は当初、応じる意向を示していたが、弁護人は「刑事被告人の立場であり、聴取に応じる法的義務もない」として拒否する構えで、代わりに上申書の提出が可能かどうか模索している。

2010/07/26 【共同通信】


21. 2010年7月26日 21:44:43: FSyPN1ESQM
19氏、「信頼性」は「科学的」ではありません。
供述が証拠となるのは、「あたりまえ」です。証拠採用した書類だからです。ちなみに「証言」も証拠になります。
言葉の示すところをきちんと把握しましょう。

22. 2010年7月26日 22:53:58: hqPicBB9EU
こんな茶番劇で時間を先延ばしせず、さっさと石川議員の公判を始めてほしい。それで検察に本当に正義があるのか植草氏の懸念が本物になるのかはっきりする。
今の状態では、検察がなぜ、「19年5月に小沢氏へ4億円を一括返済した」と主張しているのか、それすら分からない。収支報告書では分割して返したことになっている。

23. 2010年7月27日 12:02:27: 0v81pSUBqg
>>04 証拠・証言に基づいて複数人が議決して決定したわけですから

検察審査会が採用した証拠も証言も公開されてません。
補助弁護士がどんな指導を審査委員にしたのか、検察官を呼び出して
どんな証言を得たのかさえまったく判らない、密室の協議じゃ怪しい。

まあ素人の審査委員を、専門家である弁護士や検察官が思想の誘導
をしたものだろう。小沢一郎は冤罪だよ。

ーーーー引用開始ーーーー
要するに、いろいろ書いてあるけれども、土地の取得の時期が2カ月ずれていた。
土地の代金の支払いの時期が2カ月ズレていた。それだけです。それはまったく私
も、予想だにしなかったことです。

確かに、石川氏の起訴事実の中に、虚偽記入として支出がズレていたということ
も含まれていたと思います。しかし、まさか、支出の時期が、土地代金の取得時
期がズレたのに伴って、代金の支払いの事実が2カ月ほどずれていた、たまたま
それが年度をまたいだということが、虚偽記入でとらえられるとはまったく思ってい
なかったし、それが、国会議員を起訴に値する事実だとは私には到底思えません。
http://www.asyura2.com/10/senkyo85/msg/490.html


24. 2010年7月27日 15:08:42: GhA73ALjnM
>>19
検審会の決定は裁判による判決ではない。
従って植草氏が無罪と断定しても何ら問題はない。
「推定無罪」の人間を有罪と断定する方が社会常識から逸脱している。
証拠を見たかどうかの問題ではない。

25. 2010年7月27日 17:47:44: dFQfn0xMh2
>>13
菅なら分かるが、小沢はない。
小沢は太いパイプを昔から持ってた。それに、学会は角栄の地元で誕生したしな。

26. 2010年7月27日 18:04:25: SSCEFonzhs
>>14

ウソをつかないでください。
検察審査会に提出された有罪を証明する証拠・証言などありません。
出席者含めて、誰一人として、有罪を証明する証拠・証拠は見ることはできません。

つまり、検察審査会は、証拠や証言を検討せずに推定有罪と断言しているわけです。
検察審査会の人としてのひどさを表しています。
在特会の行動を見れば、どんな人間かはわかりますけどね。


27. 2010年7月28日 10:01:45: aGwB9cfpDY
02>>04>>

お前ら本当にバカだな。

「推定無罪」という言葉を調べてから書き込みして来い。
植草さんいつも真実を教えていただきありがとうございます。
これからも頑張って下さいね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧