★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91 > 399.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原口一博・直撃インタビュー 「みなさんは本当の小沢さんを知らないんです」(週刊現代永田町ディープスロート)
http://www.asyura2.com/10/senkyo91/msg/399.html
投稿者 SOBA 日時 2010 年 7 月 26 日 21:31:03: LVbi13XrOLj/s
 

実はTwitterで、@28SOBAへの質問Tが来ました。以下の記事についての「この辺の事情わかります?」の質問です。
僕自身興味を持ったので調べてみました。週刊現代永田町ディープスロートの『原口一博・直撃インタビュー 「みなさんは本当の小沢さんを知らないんです」』の記事がかなり参考になります。記事紹介に当たり、阿修羅をサイト検索した所なかったので、少し古い記事ですが採録しておきます。

「1年半に1回、人間不信」=原口総務相が小沢氏を分析【朝日】
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201007260081.html
2010年7月26日19時6分

 「1年半に1回ぐらい、自分のチームを信じられなくなることがある」。原口一博総務相が26日、都内で開かれた長島昭久防衛政務官のセミナーで講演し、民主党の小沢一郎前幹事長を冷静に分析してみせる場面があった。

 原口氏は小沢氏について「心理学的に言うとトラウマか何かを持っている」と指摘し、「改革は自分のチームを信じられる人間にしか(できない)」と突き放した。ただ、「もしそれ(人間不信)が出なければ、こんなにすごい人物はいない」とも語った。

 原口氏は小沢氏に担がれる形で9月の党代表選に出馬する可能性も取りざたされているが、セミナーでは「(小沢氏を)ずっと許し難しと思っていた。だから、今、親小沢と言われるのは何でかなと思っている」と、中立的立場を強調した。 

[時事通信社]
 
 
 
週刊現代永田町ディープスロート
2010年02月24日(水) 週刊現代
原口一博・直撃インタビュー 「みなさんは本当の小沢さんを知らないんです」
民主党はこれでいいんですか
聞き手:長谷川幸洋(東京新聞論説委員)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/247

原口一博
1959年生まれ。総務大臣。テレビでもおなじみの論客である

― 鳩山内閣の不支持率が支持率を上回りました。

原口 強い危機意識を持って臨むべき状況であると思っています。私たち民主党政権には、いくつもの抜本的な制度改革をしなければならないというミッションがあります。
たとえば、行政改革を行うことでHATKZ(ハットカズ)(H=ひも付き補助金、A=天下り、T=特別会計、K=官製談合、Z=随意契約)をなくそうとしていますが、それには霞が関の長い間の慣習と闘わなくてはならない。そのため、ものすごく大きな力を必要とします。その大きな力の源泉となるのが「国民の支持」です。
したがって、もしもこのペースで支持率が落ちていくと、大胆な変革ができなくなってしまう恐れがあります。

― 支持率下落の原因をどう分析していますか。

原口 マニフェストを実行するための財源をしっかりと示すに至らなかったからだと考えます。もちろん、私が触れられない件も原因としては小さくないでしょう。

― 小沢一郎幹事長の土地取引をめぐる事件ですね。

原口 政治資金規正法を所管する大臣として、これに関わる個別の案件にはコメントできないので、"私が触れてはならない件"です。

― 政治とカネの問題をどう解決していきますか。

原口 ですから、個別案件については言えませんが、まず、政治資金規正法と公職選挙法は時代に合っていないので改正しなければなりません。よく言われるとおり、いずれもザル法であるが故に、解釈によってどこで抵触してしまうことになるかわからないとも言われます。ということは、法自体が政界への参入障壁になってしまいますね。
これではいけない。すべての人が自由に政治家として民主的な活動ができるように、誰が読んでも一つの解釈しかないという法律にしなければなりません。
また、不透明なカネを生む温床となってきた企業・団体献金を禁止します。個人献金に移行するためには税制改正も含めた改革をしなければなりません。
そして公開性。政治家、政党の収支はすべてオープンにします。

― ところで、原口大臣は次の総理大臣候補とも言われていますね。

原口 そういう評価をいただくのは、ありがたいことです。


「親分」ではなく「親」です

― 原口大臣は小沢幹事長の秘蔵っ子で、幹事長を「親分」と呼んでいるとの噂もある。本当ですか?

原口 「親分」なんて呼んだこと、一度もありませんよ。大間違いです。そもそも民主党はそういう上下関係で人を締め付ける組織ではありません。小沢さんは、私の政治家としての生みの親なんです。「親」と「親分」では、まったく違う。


― 「生みの親」とはどういうことですか。

原口 私は1996年の総選挙に、小沢一郎党首率いる新進党から出馬して初当選したんです。そして、その後、小沢党首の補佐役も務めていました。ところがその親が、ある日突然、我が家である新進党をぶち壊して出て行ってしまう。
そしてその後、小沢さんは自由党時代に自自連立、自自公連立を組むわけです。それ以来、ずーっと私は反小沢です。そんな連立はとんでもない野合だ、政治的に死んでほしいとさえ思っていました。

― 死んでほしいとは、なかなか激しいですね。

原口 もちろん、あくまでも政治的に、ですよ。なにしろ、'97年の年末にハウステンボスで子どもと遊んでいたら「殿ご乱心で党を潰すと言っている。大至急上京しろ」という緊急連絡が来た。大あわてで東京に戻ったんですが、時すでに遅く、党は潰れていました。
『ホームレス中学生』の父親がある日、「解散!」と言って家族がバラバラになりますが、まったくそれと同じ状況でした。

― ひどい親ですね。

原口 それでもある日、和解のときが訪れます。小沢さんは、自民党との連立はおかしいと反省し、やはり二大政党制を目指そうと総括したんです。そして、民主党との合併を決断するわけです。ですから今は、死んでほしいという思いはなくなりました。

― 原口大臣にそう思わせる、小沢幹事長の魅力とはどんな部分ですか。

原口 チャーミングな人ですよ、小沢さんは。以前から言っているんですが、暗い菅(直人・副総理兼財務相)さんが小沢さんで、小沢さんを明るくすると菅さんになる(笑)。お二人からは、一緒にするなと怒られましたが、実はよく似ているんですよ。どちらも大きな変革をしようという思いが共通なんです。

― 小沢幹事長がチャーミング?

原口 ナイーブで、義理堅くて、他人を大切にしようという思いの強い人ですよ。こういう本来の姿を見せればいいと思うのですが、どうしても政治の衣を被って、相手を突き放してしまう。たとえば、かつて私が政治的に死んでほしいと思っていた当時の小沢さんは、警戒音というか、「自分に近づくな」という"気"を出しているように感じました。

― 一種のオーラですね。

原口 そう、「近づくなオーラ」です。しかし、自分と自分のチームを信じる人でなければ変革者にはなれません。辛くなったら周りの人を切るというのが変革者であるはずがない。
でも、小沢さんは変わりましたよ。現在の小沢さんからは警戒音を感じることはありません。よく笑うようにもなりました。人を包み込むような、本来の優しい面が出てきたように思います。急にニコニコされて戸惑っている人もいるみたいですが(笑)。

― でも、小沢チルドレンには言論の自由がないようにも聞こえてきますが。

原口 そんなことありません。リーダーの役目は人材を100%活かすことです。若手には優秀な人材がたくさんいる。彼らには政策、国会論戦、議員立法も自由にやらせていますよ。

― 議員立法は党から厳しく制限されているんじゃないですか。

原口 そんなことありません。私に言ってくれれば、自由にできるんです。もちろん党には一言断りますが、大臣がOKすればできるんです。


― 国会で説明している総理や大臣でさえ、実は最終決定に関わっていなくて、舞台裏ですべてを決めているのは小沢幹事長なのではないか。二重権力構造になっているという批判が根強いですが?

原口 それは一人の存在を過大評価しています。私は学生時代、演劇の演出をやっていたのですが、自分の言葉で話せない人を舞台に上げることはできなかった。同じように、自分で決定に関わった人でなければ、答弁などできませんよ。
私たち民主党政権の大臣たちは、ほとんどノーペーパーで答弁しています。何も決められないお飾りの大臣などいません。 なにかとてつもなく大きな権力があって、それが小沢さんだというのは、いかにも古い自民党型の体質に当てはめた見方です。この民主党は私たちがつくってきた党なんです。
新進党がなくなってバラバラになったとき、前原(誠司・国交相)さん、枝野(幸男・行政刷新担当相)さん、そして私のような、歯を食いしばって二大政党制を目指した仲間たちが新しい民主党をつくった。私たちこそがオリジナル民主党であって、そこに「改心」した小沢さんが後から入ってきてパワーアップしたんです(笑)。


枝野入閣は吉か凶か

― 反小沢の姿勢が鮮明な枝野氏が行政刷新担当相に起用されましたが、これで党と内閣にまた不協和音の火種ができたという受け止め方もあるようです。この人事をどう見ますか。

原口 最高の人事ですね。枝野さんは、親友中の親友だし、枝野さんと一緒に民主党を作ってきたという自負がある。彼が入らない内閣は、真の民主党内閣じゃないと思っていたくらいですから、本当に嬉しい。でもせっかくの人事が、小沢さんとの関係で報じられるのは気の毒です。とにかく頑張ってほしい。

― 小沢幹事長は枝野さんの入閣をよく認めましたね。

原口 小沢さんが認めるとか認めないとかじゃなくて、党内で最も能力があって、民主党をゼロから支えてきた人間を起用するのは当然ですよ。

― 世論調査によれば7割の国民が小沢氏に幹事長辞任を求めていますが、この政局、そして民主党の今後をどう展望しますか。

原口 私たちのリーダーは常に撃墜されてきました。顕著な例が菅さんです。'04年に年金未納問題で党代表を辞任されましたが、本当に申し訳ないことをしました。
というのも当時、私たちは年金の制度改革を最重要課題としていました。それなのにトップが年金未納だったのでは話にならないと思ってしまったのですが、後に、未納は行政側の不手際だったとわかる。菅さんは辞める必要などなかったわけです。
これは大きな教訓となりました。真実は時間が経たなければわからない。一致団結して変革しなければいけないのに、いちいち私たちが揺れていては変革など実現できないのだということを学習したのです。
今後、気をつけなければならないのは、政権をとったことによって民主党がピラミッド型にならないようにすることです。ピラミッド型のヒエラルキーを形成すると、新しい人が入ってこられなくなってしまいます。
とにかく民主党はフラットで風通しのいい組織でなければなりません。

― それにしても、原口大臣のように間近で見る小沢像と、世間が受け止めている小沢像には、相当の違いがありそうですね。

原口 かなり違うと思いますね。でも、私もあまり近づきすぎないようにしているんです。カリスマに魅入られるのは恐いことですから(笑)。


■ 永田町ディープスロート 最新記事 >>「永田町ディープスロート」記事一覧へ
* 血みどろ党内抗争へ 「菅退陣」小沢の考え (2010.07.26)
* 「衆参のねじれ」こそ政策論争を通じ「ちゃんとした政治家」を育てるチャンス (2010.07.25)
* 他党に食指を動かす小沢一郎前幹事長の「大連立構想」 (2010.07.22)
* 7.11参院選座談会第2弾「長妻昭、渡辺喜美を直撃!菅政権はどうなる」 (2010.07.16)
* 7.11参院選座談会第1弾 「なぜ菅政権はかくも失墜したのか」 (2010.07.14)


■関連記事 powered by newziaコネクト
* 鳩山さん、それでも総理ですか (2010.03.23)
* 福島みずほ「小沢さんって、スゴイんです」 (2010.03.30)
* 生方さん、小沢さんにまさか懐柔されたのではないでしょうね (2010.04.07)
* ポスト鳩山 (2010.04.19)
* 「反小沢」の七奉行さま、3月決起も腰砕けですか (2010.03.02)
 
 
 
28SOBA←Twitter(ツイッター)

クリックで⇒あのジェラルド・カーティスの正体はCIAへの情報提供者だった!そのカーティスが菅首相を操ろうとしている。
あ

クリックで⇒なぜ、小沢氏は検察に目の敵にされ執拗に検察に攻撃されるのか、その理由はこれ。
-2"あ"

クリックで⇒菅民主党政権のマニフェストにはあきれた。「2009年 マニフェスト」にあった「可視化」の文言を消しました。
あ

ラブソングその他
バナーは、8・30勝利 7・11
↓植草さんのココログへ、  モルダウ(我が祖国)↓
8・30勝利記念バナー

↓クリックで【本家】と【遊撃板】の愛、そして生きる 主権者は私たちですBBS。
主権者は私たち国民レジスタンスバナー 主権者は私たち国民レジスタンスバナー

↓植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成呼びかけエントリー(関連
主権者は私たち国民レジスタンスバナー
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月26日 21:46:27: fHc9KbX32I
枝野さんの大親友である原口さんの話ですか・・・ちょっとねえ・・・
あまりこの人にも期待できません。

02. 2010年7月26日 21:49:37: 0hVORNLAOs
何という軽い奴だ。
こんなことで、米国や英国や朝鮮半島とどうやって渡り合っていくのか?

民主党は今や与党になってこの国のかじ取りをしていかなければいけないのに、この認識の甘さは救いようがない。
米国は8月にもイランに戦争しかけるかもしれないのにこの馬鹿は何を言ってるんだ?


03. 2010年7月26日 22:12:32: 4IKgC5s4kI
落選恐怖症でテレビボケしたパナソニック原口。
パナソニック野田、パナソニック前原、パナソニック高市などなど、本当にいい仲間だ事。

04. 2010年7月26日 22:15:56: GsenwUULAY
このお方、TVタックルたけし組の面目躍如といったところでしょう。
やはり松下政経塾の血は争えないのではないでしょうか。

早めに皆に正体を現したのは不幸中の幸いですね。心やさしきサポーターも
これで次期は原口でなどとは二度と言わなくなるでしょう。


05. 2010年7月26日 22:17:54: FSyPN1ESQM
ふーん。なるほど。2月時点での、原口氏からみた、小沢氏、枝野氏、原口氏、前原氏、菅氏との距離間が出ていて、おもしろかったです。投稿者さま、ありがとうございます。
(現在の心境は、だいぶ変化してるかもしれませんね)

06. 2010年7月26日 22:30:42: 5f4oZZpSbk
この記事が正しい記事だとしたら・・原口氏にもあまり期待はできなさそうですね。枝野が大親友で幹事長の人選は正しいと言っていますもんね。この認識をもつ人に政権を任せるわけにはいかないね。やはり松下政経塾出身者にはロクな人間がいないのかなあ・・残念だ。

07. 2010年7月26日 22:46:58: P7fJDuyjKg
マスゴミに言質を取られないための、非常に気を使った(しかしそれでいて雄弁な)語り口が印象的ですね。

口ぶりでは中立的でソフトな言い回しをしながら、実務では容赦なく敵に切り込んでいきます。一方では反小沢の枝野や前原を持ち上げながら、彼は同時期に行政評価機能強化検討会で検察の裏金調査を指示しています。マスコミ受けする語りをしながら、クロスオーナーシップ規制に手を出そうとしています。また、菅直人が消費税増税発言をした際は真っ向から反対しました。なかなかのタヌキですよ(もちろんいい意味で)。

ま、地デジ化やソフトバンクの禿に甘いのは気になるところですが、そこら辺はお手並み拝見、といったところで。


08. 2010年7月26日 23:01:26: 0hVORNLAOs
与党の幹事長と言うのはこの国を左右するかじ取りをしなくてはいけないのに、あんな口先だけの覚悟も何もない枝野なんかに出来る訳ないだろうが。

仙石はどうにかならんもんか?

空き缶は最後くらい「仙石、前原、枝野、現場更迭」くらいの仕事しろや。


09. 2010年7月26日 23:04:15: yZ9xgOlnRg
ウ〜ン!!原口さんも首相の器ではないね。
自民党はアメリカのポチ公だし、民主党は中国・朝鮮の売国党だし
国民新党の亀井さんを応援しようかな!!
郵政の問題もあるが、今は中国人・チョン公が日本を間接的に支配してきている方が問題だと思うよ。この問題を早く処理しないと将来日本は中国に植民地化される危機が来るでしょう!!
北海道にニトリの子会社が中国人の裕福層に別荘を販売している。現在は17棟?
だが将来は1000棟だそうだ。
長崎県の離島・対馬は韓国人が土地を買い占めているそうです。
10年後は隣の人は中国人!!と言う時代が来るのかも

10. 2010年7月26日 23:08:28: 5ewtnZ4geY
なんだかトラウマを抱いているのは、原口氏自身のことのように思える。 新進党を壊したのは小沢一人の所為と言うことか。 でも今の内閣は小沢離れした民主党オリジナルって言いたいわけか。 去年の八月の選挙での勝利も、小沢氏の功績だとは認めたくないのだろう。 二月の記事だというから、今はまた違っているのかかもしれないが、枝野氏のご親友ではあまり評価できない。 政治家の発言としては軽すぎるように思う。 多分後悔していることだろうが、一度口にしてしまっては取り返しが出来ないことを銘記しないといけない。 テレビに出ていたから、おしゃべりの癖がついているのだろう。 N.T 

11. 2010年7月26日 23:08:45: GHzsq1HqN6
原口を信用したら、寝首かかれるよ。彼まだ佐賀では小選挙区も危ないですよ。

総理候補だったら悠々としておられなければ、総理候補といえないぞ。

比例頼みの総理、情けないよ。

私の心情「一回裏切る人間は、二度裏切る。」


12. 2010年7月27日 01:50:36: RFIWwPsPxs
原口さんは大阪の橋下知事とも意見が合うらしく危ないところもある。

13. 2010年7月27日 02:12:34: EJj3Xw6yF2
>実はよく似ているんですよ。どちらも大きな変革をしようという思いが共通なんです。(小沢さんと菅)

間違ってましたね。今頃、人間不信に陥っているのでしょうか?


14. 2010年7月27日 09:12:58: ROzUCQFW7s
原口氏は、まだまだ言動に若さがある。

もっと、したたかになるように修行が必要だ。

鳩山兄と同じで、口が軽過ぎる。

すぐに潰される人材では、総理大臣は、務まらない。



15. 2010年7月27日 11:58:52: J0o6rialnc
やっぱり原口氏は代表選には出て欲しくない。

>枝野さんは、親友中の親友、枝野さんと一緒に民主党を作ってきたという
>自負がある。彼が入らない内閣は、真の民主党内閣じゃないと思っていた
>くらいですから、本当に嬉しい。

>新進党がなくなってバラバラになったとき、前原(誠司・国交相)さん、
>枝野(幸男・行政刷新担当相)さん、そして私のような、歯を食いしばって
>二大政党制を目指した仲間たちが新しい民主党をつくった。
>私たちこそがオリジナル民主党であって、そこに「改心」した小沢さんが後
>から入ってきてパワーアップしたんです

「改心」した小沢さんが後から入ってきてパワーアップしたんです。と言っている点だけでも、原口は総理にしたくは無い。
やっぱり自分達がオリジナルの民主党だという思いばかりが見え見えで、「後から入って来た小沢氏氏」と言う考えだから、民主党が政権をとる為に小沢氏を利用するだけ利用して、もう用済みと言う原口氏の考えが見え見えだ。
小沢氏がいたからこそ今回の政権交代ができたと言う謙虚な思いはそこには微塵も感じられない。
ただ、今小沢氏の人気が絶大だから、それを無くしては民主党は立ち行かないと今回の菅政権の様子を見て原口氏は感じ、小沢氏をもう一度利用しようとする魂胆が丸見え。
鳩山政権の頃から小沢氏と連絡を蜜にとっているというから、小沢氏側になったかのかと勘違いし始めていたが、何のことは無い、鳩山政権の時は小沢氏が幹事長だったから、ゴマ擦っていただけじゃないか。

やっぱり原口氏も菅一味から脱皮できてはいない。
総理候補には願い下げだ。


16. 2010年7月27日 14:02:10: J0o6rialnc
15です
追伸
原口氏はそういう意味(14で書いた)で菅氏より確信犯の悪大ズルかも。
菅が小ズルい男なら、原口は大ズル。
大ズル、大鶴?、
その大鶴ってのには私はアレルギー反応を起こすんだよね。
ヤダ!やっぱり原口氏は!
代表選には出さないで下さい、小沢さん!
おねが〜い、おねが〜いよ〜♪

17. 2010年7月27日 17:07:40: fHc9KbX32I
15さん
全くそのとうりですね。


18. 2010年7月27日 17:18:59: fGLN1b0dUo
原口は自分の立場を明確にすべきだ。小沢氏が幹事長の時には小沢氏側・空き缶政権になった途端、空き缶側とその時その時でくるくると自分の立場を変えるな。
空き缶と小沢氏とでは全く違うだろうが。いくら政権与党の立場で大臣だからといってもあまりにも自分さえよければ主義の人間だ。まさしく松下政経塾出身の人間がやることだ。原口よ、このままいくとおまえも中曽根元総理のように風見鶏の原口と呼ばれることになるぞ。

19. 2010年7月27日 18:00:41: ZsUNOgGnko
小沢氏、4度目の事情聴取へ 不起訴不当議決で再捜査 

 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、小沢一郎民主党前幹事長の代理人は27日、東京第1検察審査会の「不起訴不当」議決で再捜査を求められた東京地検特捜部に対し、事情聴取に応じる意向を伝えたことが27日、関係者への取材で分かった。聴取は4度目となる。

 2007年分報告書の虚偽記入容疑を審査した第1検察審査会は8日付の議決で、これまでの3回の聴取について「追及不足という印象」と指摘。特捜部は「必要な捜査は終わった」として小沢氏を不起訴にする公算だが、議決を尊重し、再聴取を要請していた。

 小沢氏は2月の不起訴処分の前に2回、04〜05年分報告書の虚偽記入容疑を審査している第5検察審査会が4月に「起訴相当」議決を出した後に1回、それぞれ聴取を受け、関与をすべて否定している。

 特捜部は政治資金規正法違反の罪で起訴した衆院議員石川知裕被告(37)ら元秘書3人にも任意聴取を要請したが、3人はいずれも拒否する意向。

2010/07/27 17:12 【共同通信】


20. 2010年7月27日 19:17:17: PL6hVjY7RA
原口はだめ。オリジナル民主党などどうもいい、俺達が作った政党なんてどうでもいい、原口さんよ、政治家は国民の為が第一じゃないの、お前たちのナルシズムの為にあるんじゃないよ、地デジのCMがやたらと多くなってきているが、原口さんよあんた達は税金で給料貰っているが、金がない人はどうすればいいの、民主党の閣僚、執行部なんて世間知らずが、これからも露呈していくはず、地デジよりクロスオナーシップやってみろよ出来もしないで小沢さんのことなどおこがましい、官房機密費の話をみんなの前で話してみろよ、枝野にも期待していたが原口もがっかり。

21. 2010年7月27日 20:42:21: dFQfn0xMh2
瀬戸内寂聴と小沢は非常に仲が良い(小沢は仏教主義)
以前、TVで2人の対談やってたのを見て、こりゃ相当懇意にしてるなと感じた
熊野へ行ったのも、熊野には空海が眠っているからだろう。

22. 2010年7月27日 21:11:02: ZsUNOgGnko
小沢氏、特捜部の4度目の聴取要請を応諾
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200727032.html

23. 2010年7月27日 21:59:12: ZsUNOgGnko
原口総務相「小沢一郎使わずして誰を使う」

 原口総務相は27日夜、都内で記者団に、9月の民主党代表選への自らの出馬の可能性について、「私は、閣僚だから言う立場にない」と述べた。


 小沢一郎前幹事長を支持するグループの一部からは、菅首相の対抗馬として原口氏に代表選への出馬を求める声が出ているが、原口氏としては当面、中立的な立場をとる考えを示したものとみられる。

 一方、原口氏は、「自民党より圧倒的に弱い組織でやっているのに、小沢一郎という大なた、構想力を使わずして誰を使うんだ」と指摘し、今後、小沢氏の要職への起用が必要になるとの考えを示した。

 また、「(小沢氏が)新進党を(解党し)壊したのは許し難いと思った。(小沢氏は)時々味方が信頼できなくなるのか、1年半に1回くらい大きな出来事が起こる。トラウマ(心の傷)なんだろうか」と語った。

(2010年7月27日20時54分 読売新聞)


24. 2010年7月27日 22:07:42: 0hdRHbvQ6o
控えめというか優等生的というか八方美人的なコメントの数々ですが、何度か読み返してみて、やはり期待できる政治家だと思います。
このコメントなんか極めつけ↓↓↓頑張っていただきたい。
>>まず、政治資金規正法と公職選挙法は時代に合っていないので改正しなければなりません。よく言われるとおり、いずれもザル法であるが故に、解釈によってどこで抵触してしまうことになるかわからないとも言われます。
>>また、不透明なカネを生む温床となってきた企業・団体献金を禁止します。

それと、、、
>>なにしろ、'97年の年末にハウステンボスで子どもと遊んでいたら「殿ご乱心で党を潰すと言っている。大至急上京しろ」という緊急連絡が来た。大あわてで東京に戻ったんですが、時すでに遅く、党は潰れていました。

こらこら。自分の党が危機だというのにハウステンボスはよくないぞ。せめてディズニーランドにすべき。
新進党解党の顛末については、90年代の証言〜小沢一郎政権奪取論(朝日新聞社刊)の「新進党解党と公明党問題」を読むとあらすじを把握できます。原口さんは読んでないのかな?差し上げましょうか?
平野貞男氏の著書にもやはり公明党との絡みが挙げられてます(わが友・小沢一郎、幻冬社刊)。更には、今をトキメク野中クソジジーの暗躍について触れてますね。


25. 2010年7月27日 22:32:36: EfscEI3NIV
原口さんは、大臣になってなにか成果をあげたのかな。
すいません、しらないんですけど。
日本の今の窮状の、一番の原因はマスコミにあると思ってしまうのですが、
それはつまり原口さんの決意一つで、マスコミは今のようなひどい
報道やら番組制作はできなくなると思うんですが、
そういう期待が去年はたくさんあったんですが、どうなりましたか。
会見をオープンにして、ツイッターでつぶやくくらい?

それとも最初から裏で話がついていて、口ではかっこいいこと言っていても
ちゃんと既得権益は守ることになっているのな。

大臣になってもう1年も経つわけですが、目に見える成果はあったんでしたか?
ある意味小沢氏が不遇をかこっているのも原口さんの計算かな。


26. 2010年7月27日 22:50:44: M2oVAsrCak
放送法改正案が廃案になってしまったのは何とも、残念。
原口大臣には、それだけでいいから頑張ってほしい。

27. 2010年7月27日 22:51:25: 0hdRHbvQ6o
24ですが、補足します。
原口さんには期待しますが、総理大臣には10年早いと思うので、次の党首選には担がれないよーにくれぐれもお願いします。

ところで原口総務大臣の成果というと↓この数字
>>○予算の使いきりをやめた。総務省だけで1,000億円あまった。
1,000億というと、六本木ヒルズのオクションが1,000軒も買える途方も無い金額!
評価してあげねばバチが当たる。
出展:http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/490.html


28. 2010年7月27日 23:06:05: OIc7JOM5OQ
みなさん、気を付けてくださいな。
阿修羅洗脳班が、原口大臣を追い落とすための巧妙な工作が始まっているかもしれませんよ。最近は見分けがつきにくいですから。
原口大臣は、いろいろと頑張って対抗していたことを、忘れるべからず。
それに長島氏のセミナーでしょ。
誰が来ているのかわからないが、めったなことは言えませんから。
言っちゃうと危ないし。

29. 2010年7月27日 23:08:43: jBqqcNShwU
私は原口大臣を信用出来ない。
何かと言えば「三宅先生、金先生」と機嫌取り。
小沢氏がどんなに批難されても自分さえ嫌われなければいいのだ。
心理学を専攻したと言っているが、結局、政界をうまく泳いでいくための力学(評論家達に同調)を利用しているだけ。
原口が小沢氏を分析するなんておこがましい。


30. 2010年7月27日 23:58:12: fGLN1b0dUo
>原口が小沢氏を分析するなんておこがましい。
>29さん、まったくその通りです。原口なんてついこの間までTVタックルに出てて名前を売ってましたよね。TVで顔を売るより、実績で評価されなきゃ。
原口と小沢氏では雲泥の差があります。
我々国民が嘆願書を出すなり何なりしなければ小沢氏自身は立ってくれないのでしょうか。
小沢氏以外の誰が立っても国民はもはや納得しないと思いますよ。

31. 2010年7月28日 07:06:16: 4iCmrqWa6Y
普天間で閣僚署名していたが、この発言聞いて原口ってこんな奴っだったんだと納得、要するに小沢さんはもう消えてほしいと思ってる菅や仙石、枝野と同じ穴の狢、検察とタッグくんでいるのが丸見え、千葉大臣の留任も内閣も執行部もやはり自民党のような方向で行くほうが、わが世の春を謳歌出来て大臣の椅子と将来の勲章が貰えNHKからの特別インタビューを受けたいんでしょう、国民のことなどさらさら考えていません、わかったようなことを言っているが自分の保身だけ、原口も落選願います、なにが地デジじゃい、馬鹿な国民を飼いならす一員だったとは原口さん佐賀で落選運動展開スタート。

32. 2010年7月28日 08:57:31: J0o6rialnc
>28. 2010年7月27日 23:06:05: OIc7JOM5OQ さん
 
>阿修羅洗脳班が、原口大臣を追い落とすための巧妙な工作が始まっている
>かもしれませんよ。
>長島氏のセミナーでしょ。

だとしても

>新進党がなくなってバラバラになったとき、前原(誠司・国交相)さん、
>枝野(幸男・行政刷新担当相)さん、そして私のような、歯を食いしばって
>二大政党制を目指した仲間たちが新しい民主党をつくった。
>私たちこそがオリジナル民主党であって、そこに「改心」した小沢さんが後
>から入ってきてパワーアップしたんです

これを言っている以上あなたの原口氏への思いは、私には買いかぶりとしか思えないけど。
まぁあなたが信じるのは勝手だけど、自分だけにしといてや〜。
あなたの買いかぶりの思いは、他の人にはできれば刷り込んで欲しくは無いんだがね〜。
私には頼むしかないんだけど、頼むよ。


33. 2010年7月28日 10:18:12: aMDP9oJ8LY
原口氏が本当は善悪どちらの側の人間か、見極めるのにはもう少し時間がかかりそうだ。確かに枝野を必要以上に持ち上げる発言はショックだったが。

あと週刊現代。この雑誌に対しては私は強い憎悪を感じる。
国民の生活が第一を掲げた小沢鳩山体制をよってたかって潰したメディアの一つだ。
当時は見出しだけでも気分が悪くなる言葉が並び、小沢鳩山両氏に対する人格攻撃のオンパレードであった。凄まじいオーラが週刊現代から感じた。
今では菅叩きもやっているらしいが、それでも小沢鳩山の時とは明らかにトーンが落ちていると感じるのは私だけか。

こんな雑誌、即刻廃刊希望だが、自民信者やネトウヨ・B層が買いまくるだろうからな〜


34. 2010年7月28日 13:21:10: kCKYoSA5Jk
小沢さんが人間不信になるのも当然だ
国民のための政治を願う小沢さんと、自分の利益を最優先するような人間とは
合うはずが無い(今まで離れていった人間、裏切った人間をみれば納得できる
はずだ)
それでも小沢さんは自分の信念を崩さずに国民のため頑張っている

原口がどうの、オリジナル民主党がどうのなんて糞くらいだ
小沢さんについてこないような人間は離党するか
この次の選挙ではすべて落選させるべきだ(国会に必要ない人間だ)


35. 2010年7月28日 16:29:55: J0o6rialnc
>09. 2010年7月26日 23:04:15: yZ9xgOlnRg さん
>自民党はアメリカのポチ公だし、民主党は中国・朝鮮の売国党だし
>国民新党の亀井さんを応援しようかな!!

国民新党も悪いとは言わないけど、結局あんな少数党じゃ今政権党にはなり得ないだろ?
今は何処に政権をとらせるかの問題で、あんたが何処を支持したって構わないけど、そんな事が大問題じゃないだろ。

>今は中国人・チョン公が日本を間接的に支配してきている方が問題だと思うよ。
>この問題を早く処理しないと将来日本は中国に植民地化される危機が来る
>でしょう!!
>北海道にニトリの子会社が中国人の裕福層に別荘を販売している。
>現在は17棟?だが将来は1000棟だそうだ。
>長崎県の離島・対馬は韓国人が土地を買い占めているそうです。
>10年後は隣の人は中国人!!と言う時代が来るのかも

だからどうだって言うの?
TVで見たけど確かに今中国人が日本の土地を結構買っている。
しかし中国人は皆がみな日本をとても好きだと言っているし、将来は日本に永住したいと言っている。
中国は社会主義で自分の土地を持てないし、国の政策によって何時自分のお金も価値がなくなるかわからず不安だから日本に土地を買って将来は日本で住みたい考える人が多いそうです。
アメリカ人は有色人種には長い事公園の水さえも白人と同じ蛇口からは飲ませない、黒人には同じレストランで食事さえもさせず、子供の通う学校もバスでさえも区別してきた歴史が有る。
アメリカは日本には二発の原爆、ベトナムには枯葉剤をつかっている。
日本人もベトナム人もアジア人の有色人種だ。
アメリカ人は自分達が世界で一番優れた国でアメリカ人が一番優れた人種だと思っている。
TVで今でもそういうアメリカ人の奢った物言いをよく聞くことがある。
中国人なら日本人と顔も似て同化しやすいし、若し中国人が日本に多く住むようになれば中国政府は若し日本が侵略される事があれば、中国人が多くすむ日本を守る事になるのではないか。
アメリカは基地を65年も置いているが、日本を守る為とは言っていない。
むしろ中東とかの戦争、朝鮮半島の戦争に日本を巻き込む危険があるだけだ。
中国は第二次世界大戦後日本に戦後保障を求めていない。
アメリカは65年も実質的には占領し、搾取し続けてきたではないか。
だからと言ってこんなに小さな日本が単独で意地を張っていけるわけも無い。
どこかに追随しなければならないのなら、私は日本はやはり先ずはアジアの一員としての立場を明確にしつつ、たとえ日本に住む中国人がもっと増えるとしても、中国人と同化していくとしても、仕方が無い事と思う。
中国人なら仲良くやっていけると思う。
日本が江戸時代のようにいつまでも純粋な日本人の血統を守っていけないとしても。
アメリカ人はアメリカでも何処でも現地人を排除して、自分達の世界を広げてきた、日本人をも支配したいだけだ。
だが中国人はそれとは違うと思う、日本に一緒に住む事を望んでいる。


36. 2010年7月28日 17:11:33: ZsUNOgGnko
小沢を上げたり下げたり…ゴマすり原口、代表選への打算

 「小沢氏はトラウマを持っている」。民主党の小沢一郎前幹事長周辺から9月の党代表選で出馬待望論が浮上している原口一博総務相が、独自の「小沢分析」をブチ上げた。新進党を解党した「壊し屋」小沢氏の政治行動を念頭に置いた批判発言だが、一方で「すごい人物」とも持ち上げてみせた。党代表選を強く意識しての発言なのは間違いないが、そのウラに潜む深謀遠慮とは−。

 「小沢氏はときどき、自分のチームを信じられなくなることがある。これは1年半に1回ぐらい来る。僕は心理学が専門だが、小沢氏はトラウマ(心的外傷)か何かを持っている」

 26日、都内の講演で原口氏はこう小沢氏の政治行動を評した。

 「信じられなくなること」とは、小沢氏が突発的に言い出した新進党解党騒動を指しており、原口氏は「政権交代すると言いながら新進党をぶっつぶした。許し難いとずっと思っていた」と小沢氏批判もブチあげた。

 1996年、小沢氏が党首だった新進党から衆院議員に初当選した原口氏。小沢氏を「生みの親」と公言しているが、この解党騒ぎ以降、一気に関係が冷え込んだ。

 ところが、小沢氏が民主党代表に就任してから、再び距離が近くなったとされる。民主党筋の1人は「原口氏は小沢氏のことを親愛を込めてオヤジなどと呼んでいた」と打ち明けるが、鳩山内閣時代には総務相でありながら、小沢氏のいる幹事長室にわざわざ足を運ぶ姿も目撃されている。

 その際、原口氏は「総務省の政策の進め方についてアドバイスをもらった。さすが幹事長はすごい!」と語り、民主党の松本剛明、細野豪志両衆院議員と並んで、剛腕幹事長への「ゴマすり三人衆」と揶揄されることも。

 これらが小沢氏に近いと見られるゆえんで、6月の党代表選で小沢氏陣営が一時、原口氏擁立を模索したこともあった。

 最終的に原口氏は出馬要請を断ったが、菅直人首相が再選を目指す9月の党代表選でも出馬待望論はくすぶっている。

 ただ、原口氏はあくまで中立的な立場を強調する。講演で「親小沢といわれると『なんでかな』と思う」とうそぶいてみせれば、「(小沢氏の)大ナタがときどき間違って僕らの仲間にも来るから、ちゃんとブロックしておこうかなと思う」と明言。27日の閣議後会見では自らの党代表選出馬について、「コメントすべき立場にない」としながらも、「代表選はしっかり行われるべきだ」として複数候補による選挙が望ましいとの考えを示した。

 これについて民主党関係者は「党代表選に出馬にするのに、『政治とカネ』の問題をひきずる小沢氏に近すぎるのも党代表選へのマイナスになるし、かといって距離を置きすぎても集票が見込めなくなるという打算が働いているのでは…」と推測する。

 実際、小沢氏を「トラウマ」と断じたかと思えば、その一方で、「構想力をみると、こんなにすごい人物はいない。パラダイムを変える力を持った人は誰であろうと力を得るべきだ」と、今後の民主党に小沢氏の存在は欠かせないとの認識も示しているのだ。

 権謀術数や嫉妬が渦巻く政界を生き抜く絶妙なバランス感覚をみせつけたとも言えそうな原口氏だが、焦点の党代表選への出馬はあるのか。

■原口 一博(はらぐち・かずひろ) 1959年7月2日生まれの51歳。東大卒。松下政経塾を経て1987年、佐賀県議に初当選。1996年10月の衆院議員総選挙で新進党公認候補として国政初当選。2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣で総務相に就任し、今年6月に誕生した菅直人内閣でも総務相に再任された。佐賀1区。衆院当選5回。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100727/plt1007271624006-n2.htm


37. 2010年7月28日 18:32:27: wyj4ucWHU6
haraguchi mo maebara-to onaji desu.

38. 2010年7月29日 07:15:48: mPIqFegdZA
09. 2010年7月26日 23:04:15: yZ9xgOlnRg
ウ〜ン!!原口さんも首相の器ではないね。 ( その通りです。前から解っていたことです。。。)

39. 2010年7月29日 07:38:29: mPIqFegdZA
オリジナル民主党の面々は小沢氏を利用しているだけ ! !
代表選は小沢氏本人に出て欲しいけど、支持者の想いを解っておられるのかな?? 原口は駄目!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK91掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧