★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92 > 668.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
信念の人、仙波敏郎 副市長が語る阿久根
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/668.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 8 月 19 日 09:01:48: xbuVR8gI6Txyk
 

http://www.data-max.co.jp/2010/08/_1_54.html

 8月2日、鹿児島県阿久根市の副市長に仙波敏郎氏(61)が就任した。仙波氏は、愛媛県警の警察官として、同県警の裏金問題を告発。一躍、時の人となった人物である。今回NET-IBニュースでは、竹原信一市長への取材に続き、仙波氏への取材を行なった。腐敗した警察組織のなかで孤独な戦いを続けてきた仙波氏にとって、阿久根市の現状はどのように映っているのか。竹原市長との出会い、副市長就任の経緯を含め、インタビューを行なった。


(聞き手・弊社行政班 山下 康太)


 ―今まで仙波さんのことをご存知だった方は、まさか仙波さんが阿久根市の副市長になるとは思われなかったでしょう。竹原市長との出会いは、どういった感じでしたか。

仙波 ご存知の通り、私は警察にいまして。退職してからは、裏金のことで講演活動をしていました。私と同じように、群馬県で講演をやっている元警官がいるんですが、彼は裏金を告発したために、「でっちあげ」で逮捕されたんです。そして、彼は懲戒免職の処分を受けた。その彼の講演の席で、私はとある群馬県の市議会議員さんと知り合いました。その市議会議員さんは、実は竹原さんとブログ仲間で、私のことをブログに書いたそうなんです。それを見た竹原市長が、私の本を読み、私に会いたいとオファーを出してきました。それが、今年の5月です。そのとき、私がたまたま群馬にいたもので、ちょうど竹原さんも東京に来ている、と。それで、会うことになりました。

 ―初めて竹原市長と会ったときの印象はどうでしたか。

 仙波 私は、彼(竹原市長)のことは「アウトロー」とか「独裁者」とか「ワンマン」だとか、ある意味「悪の権化」のように思っていました。そういう報道が多いですから、そう思っている方も多いと思います。「どんな男なんだろう」という興味もありました。
 でも、会った瞬間に、彼はそんな人間ではないとわかりました。私も、42年間警察で飯を食ってますから、ある程度は人を見る力もあると思っています。彼は、初めて会ったときにネクタイをしていたんですが、かなり無作法な締め方をしていたんですよ。だから、僕は注意したんです。彼は、すぐに直しました。市長たるものが、元警官に「ネクタイがなっとらん」と言われたら、普通は反発しますよ。でもね、彼はパッと外して結び直した。こんなことのできる人間は、「悪の権化」ではありません。性格も素直です。それで24時間話しました。彼のやろうとしていることは、もちろん法的にはいろんな問題が生じます。しかし、私には理解できました。

 ―副市長になった経緯についてお聞かせください。

 仙波 初めて会ってから2ヵ月が経った頃、竹原さんから「もう一度会いたい」と言われたんです。「阿久根の市役所に入ってもらいたい」と。そこで、2人で三日三晩話しました。そして、私は、彼がしている行政改革は本物だと確信したわけです。そして、7月17日に阿久根市に来ました。いろんな調査をして、いろんな議員の方にも会って、役場にも市長室にも入って。最後に、市役所の職員の市民に対する態度を見て、これでは駄目だと思いました。職員は「してやってる」という感覚なんですよ。行政は市民へのサービスです。市役所に市民が来られたら「いらっしゃいませ」と言ってもおかしくない。市役所の職員は、もっと感覚を切り替えなければいけない。そういうわけで、私は20日にもう一度市長室に来て、この話を受けます、ということを言って帰ったんです。

 ―非常に短い期間で決められたわけですね。

 仙波 私は、一週間足らずで彼(竹原市長)の人間性と、やりたいことがわかりました。だから、この話を受けることを決めたのです。

 ―仙波さんは竹原市長にどう思われているとお考えですか。

仙波 彼(竹原市長)は、「仙波さんの生き様は誰にも真似できない。これだけ信念を通してきたことは、非常に尊敬に値する」と言っています。しかし、私は何も特別なことをしてきたわけではありません。警官として"当たり前のこと"をしてきただけなんです。他の全ての警官が裏金に手を染めて、年間で何10万、何100万というお金を手にしていても、私だけが偽の領収書を書きませんでした。1円も受け取っていません。

 ―裏金問題について、竹原市長はどのように言っていますか。

仙波 私は当たり前のことをしただけです。竹原市長も、「当たり前のことをするのが(警察のなかで)仙波さんひとりなのか」と言っています。だから、そういうふうに信念を通してきた私に対して、彼なりに評価はしてくれていると思います。

 ―政策面においても、ふたりの間で何か通じるところはありましたか。

仙波 私と竹原市長とでは"やり方"が違います。彼は、目的を遂行するためなら、「これしかない」というふうに考えるわけです。だから、議会を開かない、市長の方針に反する職員は懲戒免職に処する。しかし、この感覚は、民間企業では通用するかもしれませんが、市役所という公務員が働く場では違ってくるのではないかと私は思っています。もちろん、その職員が竹原市長の指示に反したのは事実ですから、いったん係長の職に戻した上で、私の言う基準に従って、それなりの処分に切り替えるつもりです。

 ―仙波さんは、議会の開催と懲戒免職の職員の復職を宣言しているわけですが、そのことについて竹原市長はどのように言っていますか。

仙波 彼(竹原市長)は、「仙波さんにお任せします」、「仙波さんの好きなようにやってください」と言っています。しかし、私と彼とでは"やり方"が違うと言いましたが、目指すところは同じなんです。彼は、「早く結果を出したい」と考えているからこそ、いろいろと厳しいことを言っているんですが、私は、もう少し時間がかかってもいい、他にも方法はあるはずだ、と思うわけです。だから、私は竹原市長とのバトルは辞しません。二人でバトルをして、最終的にどちらが公益かということを判断する。そうやって、これからもいろいろな事柄を進めていこうと思っています。

 ―仙波さんは、竹原市長の補佐として動くのではなく、ふたりが議論を交わすことでより良い行政を作っていこうと考えているわけですね。

仙波 そう捉えていただけると幸いです。私が阿久根市役所に入ることで彼(竹原市長)が今後も信念を貫けるのであれば、ということで私は市役所に入りました。私は彼の生き様が好きですから。ただ、彼は行政のトップとしては素晴らしい価値観を持っていますが、今のままでは誤解を招くことも多い。だからこそ、私がスポークスマンとして、いろいろな方にお会いして、お話ししているんです。

―副市長という役職に就いてくれ、と頼まれたときは、どのように感じましたか。

仙波 私は、私の立場については、アドバイザーでも顧問でも構わないと思っていました。しかし、アドバイザーとして入ってしまえば、市長に意見を言うことはできますが、職員の方々には何ら意見を言うことができません。また、私は60歳を過ぎていますから、一般の職員としては入れません。そういうこともあって、竹原市長は副市長というポジションを用意してくれたわけです。
 ただ、いきなり副市長という役職に就いてしまうと、誤解を受けてしまうのではないか、と思いました。やはり、立場も給料も高いですから。そこで、いろいろな方に相談しました。私なりにも、何か他の入り方はないものかと考えました。それでも、最終的には「これしかない」という結論に行き着いたのです。

 ―竹原市長の「専決」については、どのようにお考えですか。

仙波 実は、私には全国に85人の弁護団がいるんです。彼らにも相談して、いろいろなアドバイスも受けて。それでも、結局は司法(裁判所)の判断を仰ぐしかない。「適切か不適切か」という問題については、誰にでも論じることはできますが、「適法か違法か」という問題については、裁判所にしか論じることはできません。ですから、私は無給で副市長という役職を引き受けたわけです。

 ―無給というのは、最初の約束で決められていたのですか。

仙波 そうです。最初は「専決でゼロ(無給)にしてください」と頼んだんですが、それでは今の規定を考えると寄付という違法行為になる、と彼(竹原市長)が言ったので、ひとまず給料の金額を下げることで話をつけてもらいました。それから、残った金額を供託することにしました。供託金というものは、取りに行かなければ国のものになります。もし、私が仕事をしたことに対して、市民の皆さんが「これなら仙波にも4割カットの給料を払ってもいい」と言ってくれたときには、供託しているお金については考えますが、何の仕事もしていない、何の結果も出していない状態では、私は給料なんて受け取ることはできません。

 ―竹原市長も自らの給料を4割カットしていますが、これについてはどう思っていますか。

仙波 私は、彼(竹原市長)が自らの肉を切り血を流すような人でなければ、ここには来ていなかったと思います。彼の手段は少し強硬すぎる部分もありますが、私は彼が素晴らしいことをしていると考えています。どれだけ、自分が公益のために頑張れるか。大切なことは、公益というものに対して、自分なりのポリシーを持てるかどうか、です。

―副市長として就任した当初は、阿久根の市政に対してどのような印象を持たれていましたか

仙波 私が就任して3日が経った頃には、この阿久根市役所で働く職員の駄目なところがはっきりと見えていました。もちろん、竹原市長の"やり方"が厳しいために、市長と職員との間に乖離(かいり)があるということは否めません。市長と職員との間に、明らかな気持ちの上での差があるわけです。しかし、私には竹原市長の方針も職員の気持ちも理解できました。その上で、職員の方々に対して、かなり厳しいことも言いました。

 ―その「問題点」について、既に何かしらの対応をとったということですか。

仙波 はい。5日には緊急課長会議を開きました。室内で勤務しているわけでもないのにスリッパを履いていること、市長や副市長に対して挨拶もしないこと、8時半からと決められている朝礼をダラダラと始めていること...。これらのことについては、早急に手を打つように言いました。その代わり、例えば有給休暇をとりにくい風潮があるという点については、しっかり仕事をしているのであれば、当然(休暇を)とるべきだと指示しています。

 ―その後、職員たちの様子に変化は見られましたか。

仙波 今では、私が指示したことは全て守られています。実は、市民の方々からも、「仙波さんが来てから(市役所が)ガラッと変わった」、「市長が良くなった」という声をいただいているんです。ただ、私は竹原市長が変わったとは思っていません。彼は、簡単に人の意見に左右されるような、そんな柔(やわ)な男ではありません。よく誤解されるのですが、「仙波さんは、彼が振り上げた手を下ろすために阿久根に来たんだろう」と言う方がいます。彼は、最初から何も振り上げてなどいません。当たり前のことをやっているだけなんですから。彼に会って話をしてみれば、誰にでもわかることだと思います。

 ―竹原市長に会ったこともないような人が、彼の批判をしているわけですね。

仙波 事前抑制というものは、誰にでもできるんですよ。行く前から、会う前から、ああだこうだと意見を言うだけのことならね。ですから、私がやっているのは事後抑制です。実際に彼(竹原市長)に会って、彼のやりたいことを理解した上で、彼と議論を重ねる。そうやって出てきた結果をもとに、市民の皆さんには私が副市長として就任した意義を判断してほしいと思っています。

 ―竹原市長との接点を持つことが必要だ、ということですか。

仙波 そうですね。ですから、懲戒処分の職員も復職させて、議会も開いて、労働組合との接点も設けているんです。ただ、勘違いしないでほしいことがあります。それは、お互いに議論をするのは、あくまで公益のためだということ。自分たちの権利だけ、幸せだけを求めるような議論は、もはや無に等しいのですから。

(つづく)
【文・構成 原薗裕樹】

<プロフィール>
仙波 敏郎(せんば としろう)
1949(昭和24)年2月14日愛媛生まれ。愛媛県立松山東高等学校卒。67年、愛媛県警察官採用試験に満点で合格し、採用後最初の試験でもトップの成績を収める。73年には同期で最も早く巡査部長昇任試験に合格するも、裏金作りに必要として上司から依頼された偽領収書の作成を拒否。以後、定年まで巡査部長の階級に留まることになる。05年、現職の警官としては初めて裏金問題を告発。定年退職後は、裏金問題についての講演活動を行なう。10年7月、阿久根市長・竹原氏の専決によって同市の副市長に選任され、8月2日に就任した。著書に「現職警官『裏金』内部告発」(講談社)がある。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月19日 10:40:46: DmCC9k6hHM
 今の日本に、竹原市長や仙波敏郎氏のようなサムライが居ることに誇りを持ちたい。多くの人々は、旧態依然とした行政組織のやり方を、「仕方がない」「長いものには巻かれろ」と、諦めの境地であるが、昨年の民主党政権誕生で、国民の意識が変ってきたことを、国民はもっと認識すべきである。
 国家が変るには、地方も変化しなければならない。大都会だけが国家を支えるのではなく、地方の人々とともに一緒になって声を出して国を変えるべきです。
 戦後65年間、汗水を垂らしながら築いた日本の豊かな社会を、売国奴の竹中平蔵と小泉純一郎というヤクザが、一気に破壊したのです。この状況から人々が生き残るためには、竹原市長や仙波氏のような、真摯な人間がどんどん活躍の場を拡大して、住民とともに、日本全国で役人や地方の権力者との癒着を断ちきり不正を撤廃していくことが大切です。「チョットくらい、まあ、良いか」の気持ちを棄ててほしいものだ。

02. 2010年8月19日 17:12:37: EB8sHfJ2sQ
全く不潔で汚らわしい犯罪者集団である「小泉竹中一派とその仲間」VS 「竹原・仙波コンビや名古屋の河村市長など」の非妥協的に社会・政治改革を進めるグループを対比すると殆んど全ての為政者・政治家はその間のグレー・ゾーンに位置する。
前二グループのどちらが全うか言うまでもないことだが・・・。

03. 2010年8月20日 09:15:18: 65kEDAk7Fg
小泉竹中の一日も早い逮捕を望む

04. 2010年8月20日 09:28:32: rnHeIJUeWo
投稿者が、どういう意図でこの阿修羅に投稿されたかわからないが、
この数年間の竹原市長の独善・独裁、議会無視、裁判無視、人権無視、報道無視の
市政運営はとても民主主義のルールを無視したもので許されないでしょう。
仙波さんは、竹原市長の独裁体制の隠れ蓑になりそうな気がします。
そのへんのところは有権者である阿久根市民が判断するところですから
リコールが成立するか、しないかで状況は変わりますね、
竹原市長がリコールされたら、ぜひ改めて市長選に出たらいかがでしょう。

05. 2010年8月20日 09:44:25: iVPIi6OunY
>竹原市長や仙波敏郎氏は、日本を浄化する大切な火種です。
河村名古屋市長、矢祭町(福島)・泰阜村(長野)まだ小さな固まりですが、この火が全国に燃え広がる事を願います。
阿久根市は、税収30億円に対し役所の人件費が30億らしいですから、市政を任されて帳簿を見た瞬間に、怒り狂う気持ちは充分に理解できます。
「市長や市議会は何をやってきたんだ」という怒りの気持に成るのは、税を納付する側の人間が見たら、想像以上に腐敗している事が見えたのかもしれませんね?!
自らの報酬を減額し、議会を含むすべての行政職員の報酬削減は、なんら不思議ではありません。一番判り易い責任のとらせ方ではないでしょうか?
竹原市長はじめ、仙波副市長には、日本の為にも頑張って頂きたいと願ってやまない。

06. 2010年8月20日 10:32:40: Qz87sJNvtQ
>>04
戦後日本に民主主義なんかなかったんです。
あったのはただ権力者たちの身勝手のみ。
竹原市長は本当の民主主義を私たち市民の手に・国民の手に取り戻そうと頑張っておられるんです。
いい歳して目ん玉節穴なのか権力の傀儡なのか。
04のような人には北朝鮮がお似合いだぜ、ほーんと。


07. 2010年8月20日 12:16:09: hr26UPttio
04様、唯、マスゴミの情報を鵜呑み?(笑)竹原氏の肉声の答弁、阿久根市に対する想い等を聞いたことありますか?過日のリチャード・コシミズ氏の動画に出演した限りでは、マスゴミが、鵜の目鷹の目で批判している男とは、決して見えなかったが?少し自己主張が強いかな?と。唯、それぐらいの気概が無いと、議会を敵に回したりは、できないのでは。竹原氏は、04様が思い描いている?ような独裁者等には決してみえない。(笑) 民主的ルールとおっしゃいますが?それを隠れ蓑に私利私欲を貪り?しているのでは、議会、ないし、役場職員の一部が(笑)等と、思われましたが。民主主義を論じる以前の問題ですよ。(笑)雇われウヨならいざ知らず。

08. 2010年8月20日 12:19:30: unIeC5BV3o
マスコミ及び官僚が描いた明治以来の国家の支配構図の崩壊
阿修羅の皆さんのお見立てはほとんどの方が当たり(NETさまさま)
敵はマスコミ一本に絞った方がたたきやすい(落ちた犬はたたけ)
分断すれば権力は半減以下になる
諸悪の根源(記者クラブ)
これを完全解体でマスコミは阿鼻叫喚、渡辺恒雄のあの世イキ(あこりゃこりゃ)


09. 2010年8月20日 12:43:20: a5tHxKGdjY
全国の自治体が竹原,仙波さんのようなやり方を模範にしてほしい。当たり前のことを当たり前にやる。この基本が崩れているところに現代の自治体行政の議員や職員の問題があります。目線を大きく下げて謙虚に改革に従うべきです。

10. 2010年8月20日 13:54:25: UTKPlQ5x9Q
竹原市長はまともな市長、名古屋の河村市長とダブル

市民に都合の良いことをしようと行動すれば、議会の議員は騒ぐ

阿久根市民も名古屋市民もしっかり目を覚まして、現状をしっかり確認した方が

良い。


11. 2010年8月20日 14:22:26: u4bMvdSuzk
竹原氏の日記『住民至上主義』に目を通したり、
http://www5.diary.ne.jp/user/521727/

以下のインタビューを聞いていると、

データマックス 独占インタビュー
1無能だから出世 http://www.data-max.co.jp/2010/08/06-takehara01.html
2無責任議員 http://www.data-max.co.jp/2010/08/09-takehara02.html
3乞食社会 http://www.data-max.co.jp/2010/08/10-takehara03.html
4南日本の罪 http://www.data-max.co.jp/2010/08/11-takehara04.html
5裁判所の犯罪 http://www.data-max.co.jp/2010/08/12-takehara05.html
6再生力が導いた http://www.data-max.co.jp/2010/08/16-takehara06.html
7個人主義の国 http://www.data-max.co.jp/2010/08/17-takehara07.html
8個人主義の国2 http://www.data-max.co.jp/2010/08/18-takehara08.html

ある時点で突然、彼の言っていることがとてもよく理解できました。

議会に議論はない。あるのは談合と取引のみ。
議員は市民のためでなく、自分のために議員をやっている。
公務員とは、身分制度。
議員より職員に実権があり、役所に金を残そうとする。
裏で手を握る。公共など全然考えない。それがこの国の真の姿。

がーん。なんだ、身分制度だったんだ。これでやっとわかった。
なんであいつらが、ああいばりくさっているのか。
華族や氏族が消えた後、公務員という身分が民間人の上に置かれたのだな。
ところがそんなことが堂々と語られることはないから、騙されていたね。
公務員試験に受かると、民間人より一段上の公務員という身分になるなんて、
知りませんでしたね。

市政も国政も同じじゃないか。
官僚も市役所の職員も、やることも立場もレベルが違うだけで同じだな。
霞ヶ関が消費税を上げたいのも、自分たちの安楽な生活を崩したくないから
だろう。彼らの真の名前は、寄生虫です。

竹原市長や仙波敏郎氏をサムライと書いている方がいますが、
たしかに彼らには、サムライという言葉が思い浮かびますね。
義を通す、という意味で。


12. 2010年8月20日 17:48:34: rnHeIJUeWo
06さん
戦後日本に民主主義はほんとになかったんですか。
あなたは選挙権ありませんか。
戦前の納税率で選挙権が1%という時代が民主主義の時代だったですか。
盲信も間違いやすいですが、全否定もやはり間違いです。
人間のつくる社会ですから、不完全なもので、そう簡単にはすすみません。
戦争とか大きな犠牲を払って新たに築いてきたものが戦後民主主義です。

当たり前ですが
選挙で選ばれた人が政治をするという間接民主政治は
不十分でも現在の基本的な政治のルールです。
竹原市長も市長でいられるのは、選挙で選ばれたからでしょう。
議会の議員も選挙で選ばれています。
どちらも市民の意思を実現するための間接民主政治の基本です
その片方を否定して、自分だけが正義というのは
民主主義のルールを無視しているというのです。


間接民主主義が我が国の基本的ルールです。
それを補う意味で住民投票やリコール制度があります。
これも民主主義のルールです。
少なくとも議会政治を無視している竹原市長は現時点で独裁者です。
市長はその地域における民主政治の代表者です。
竹原市長が議会を開かなかったことは事実です。
裁判の結論を無視しているのも事実です。
報道規制をしているのも事実です。
私は事実をもとに判断しています。

竹原市長のブログは2年ほど前から読んでいます。
住民至上主義のブログに惹かれたからです。
改革派と思っていました。横峯幼稚園等の新しい試みとか
給食費の負担軽減とか改革を紹介していましたね。
が、民主主義のルールを無視しては、やはりそれは独裁者です。


ただ、それを阿久根市民がよしとするかリコールするかは
阿久根市民にまかされています。
当たり前のことですが地方自治はその住民がきめていくものですから、
また、あなたが竹原市長は改革者と考えて支持することも民主主義です。
私は、現時点では竹原市長は独裁者と考えている、
それだけのことです。

河村市長と竹原市長とはまったく別と考えています。
民主主義のルールを守るか守らないかという点で全く違います。
小泉竹中路線が格差社会を作ってきたという指摘はその通りと考えています。


13. 2010年8月20日 18:38:26: beC0W8AvuA
6 さんと7さんに賛成

412くだくだと訳のわからん事書かんといて、

日本が民主国家だとおもてるの、反論はできるけどあまりにもあほくさいから
止めとく、分らん奴には時間の無駄。

民主主義的な社会があるとすれば、日本は今からが正念場だと私は思っています。

兎に角 小沢さん竹原さん 河村さんみたいな人たちに頑張って欲しい

次の世代のために!!!


14. 2010年8月20日 19:00:24: DCHDReL3A2
とりあえず小沢首相の後継者は、この2人の可能性ありだな。
民主党のバカボンエリート議員がもっていない精神力と鉄の意志をもっている。
小沢さんが首相を務める間に、とりあえず民主党から国政に参加してほしい。
そして国家レベルの人材として成長してほしい。


15. 2010年8月20日 21:43:29: jxoHYLrlqw
いずれにしろ、正当な理由もなく議会を招集しないで「専決処分」を連発する違法状態はよくないです。
どんなに良いことをしていても「違法行為」であれば、その効力を失ってしまいます。
仙波敏郎氏は警察の裏金という、「違法行為」に立ち向かってきた「信念の人」です。
市長を説得して、この「違法状態」は回避してほしいものです。


16. 2010年8月20日 22:53:41: JNt4FPkdeY
15様、正当な理由も無く?正当なという目安は、15様の尺度ゆえの正当?なのでは?ないし、マスゴミの鵜呑み?(笑)正当という意味で言えば、竹原氏の正当性もありかな?と思えましたが?議会が今まで、私利私欲のために開いていた?議会を、視点を阿久根市民のために、という前提で、議会を運営する、というのが、竹原氏の本音?と思いましたが。竹原氏は、意外と、分かりやすい人?言い換えるならば、純粋?(笑)竹原氏の思いは、市会議員としての原点回帰を提唱しているのでは?だとすれば、それも正当そのもの、ではないか?私利私欲に邁進する議員の排除、健全なる民主主義の実践に向け、奮闘している竹原氏を、俺は、支持する!(拝)マスゴミよ、勝手にほざくがいい〜!但し、小沢が総理になったら、おぬしら、覚悟しな!(笑)なんてね〜!?小沢が頓珍管のように、売国奴に成り下がったら、どうしよう?追い腹か?俺はいやだよ!(笑)マジ、小沢は、大丈夫だ、なぜなら、いつでも出来たのに、それすら、しなかった。これ、本物だ!(拝)唯、一言、竹原頑張れ〜!(拝)

17. 2010年8月20日 23:54:37: QmyrjoZuIs
>>12さん
その通りです。
ここにコメントする多くは民主主義が何たるかが判っていませんね。
民主主義には時間がかかるのです。
竹原市長は独裁者です。
河村たかし名古屋市長と一緒にしないで下さい。

18. 2010年8月21日 01:18:01: omUO2VWgJw
>06. 2010年8月20日 10:32:40: Qz87sJNvtQ
君の言ってるような状態からヒットラーが生まれてきたんだよ。
君のような感情で動く大衆を扇動して虐殺を正当化したんだよ。

ヒットラーユーゲントとかの虐殺親衛隊をまわりに作ったりしてね。
君たちが必ず虐殺を行うんだよ。

名古屋の河村市長のように、議会を解散してから賛同してくれる議会を民主主義のルールで作ってから、改革をしていけばいいじゃないか。

今の竹原はだめだ。
危険分子のレッテルを貼られるだけだ
どんな立派なことをやったとしても必ずつぶされる。


19. 2010年8月21日 03:15:42: DCHDReL3A2
ようは法律が誰のためにあるかということだよね。
運用するのは、権力側で、それが悪だと圧倒的に有利だし。
小沢さんや宗男さんなんかの捏造起訴騒動がそれでしょう。

民主主義で、ヒトラーが誕生した。
ドイツでは、法律をきちんと守って、法律にきちんと従って、やっていったら、人類殺人鬼ヒトラーを選んでしまった。

阿久根市が破産し潰れないようにするのが最も大事なのでは?
既存の法律も完璧ではないし。
まあ。阿久根住民ではないから、細かい事情はよくわからんけど。

仙波さんがきたから、市長も少しは、修正するのはないか。


20. 2010年8月21日 03:19:58: sUpHQ8Q75g
竹原市長が目指している方向には大賛成だし個人的には応援しているが
しかしそれでも手段には問題があると言わざるを得ない
これは政治の世界なのだ
どんなに崇高な理想を掲げようとも
やり方を間違えば“独り善がり”の暴走に見えてしまう

主張が正しいかどうかの判断も立場によって逆転する
カルトやテロもそうだ
本人達は良かれと思って行動し他者を傷付ける


21. 2010年8月21日 06:54:16: DCHDReL3A2
やはり民主主義っていうのは、緊急事態に対応できないんだよね。
それもこれも、邪悪な連中が日本全土で権力をとってしまったからだよね。
邪悪な連中は、まず多数派になって、そして邪悪な制度を制定する。
そして、邪悪な制度を正しく使って、邪悪を永久に実行できるってわけ。
善良な人たちは、手も足も出ない状態が長く続き、衰退していく。
ついに阿久根に登場したのは、邪悪な多数派の議員に対抗して、違う邪悪を使って市民のために立ち上がった竹原市長ってことでしょ。
阿久根市は滅びてからでは遅いからね。
ただし、このような前例を残したのは残念ではあるよね。。
次の市長が邪悪になれば邪悪に悪用される可能性もある。
結局、人間は、邪悪に惹かれるんだろうね。


22. 2010年8月21日 07:17:50: kBZVrl9UpI
 
【中国の「間接侵略」に日本人の多くが協力している。シナを中国と言う言い方は民族抹殺思想の用語法】
 
http://www.asyura2.com/0505/asia1/msg/493.html
 

23. 2010年8月21日 09:26:23: E1joLW87kf
06だけんどもさ、みんな民主主義って主義に振り回されて何が正しいか何が間違いかってことにまったく触れていない。
大多数の意見だから正しい、少数派は間違いってレッテル張りのための民主主義。
戦前戦中もそうやって少数反戦家を弾圧した。

メディアが作り出した出鱈目な市長像を基に選挙ってなんなのかな、みっともないっていうよりオゾマシイ。
それのどこが民主主義なんか。
ようも分からんです。


24. 2010年8月21日 10:00:21: D51AYXTZSE
>>16 さん
「正当な理由」というのは「物理的に議会を招集出来ない」、「議会を招集している時間的猶予がない」という状態のことをいうんです。
これら以外の理由で議会を招集しないのは『違法』だと言っているのです。
マスコミがどう騒ごうが関係ありません。

文章の程度からいっても「小学生」位だと思うけど、民主主義や法治国家というのはあなたの家で「父親」や「母親」が、その時の気分で勝手に決めるのとは違うんです。
大人になる前にこの程度のことはしっかり勉強して下さい。


25. 2010年8月21日 11:55:16: wDK2kafklg
日本の未発達(自立した覚醒市民、それを助ける健全なメディアがいない)な民主主義のルールを唱えるだけでは、地方行政、議会の状況は変わらない。仙波氏は、社会の規範を守る警察の内部で正しい事をしたのに、日本の民主主義のルールでは到底警察と戦えるはずはなかったから(警察を監視する外部機関がないから)干され、迫害されたんだ。本来なら、警視総監になってもいいと思う。デタラメ、隠し事、癒着の多い地方行政にも同じような事が言えるんじゃない?副市長が有能な人材である事を祈る。あとは市民の覚醒を待つのみ。

26. 2010年8月21日 13:06:27: TZvi2MVy1g
今朝のニュースを見ていると不思議な光景が見られた・・・リコール推進派の方々が・・・『リコールの署名を取りに来ました』と、個人宅に上がりこんで行く映像です。これちょっと変?じゃないですか???
本来、街頭などで・・・『リコール賛成の方の、署名を集めています』・・・と、すべき運動ではないの???
まるで、リコール推進派が個人の家に署名を集めに行くというのは・・・『回覧板』程度の認識なのでしょうか?

個人の意思(思想信条)に関係なく署名させられるとしたら・・・阿久根に住んだら私は『変人』と見られ村八分になってしまう・・・これ民主主義???


27. 2010年8月21日 19:31:21: E1joLW87kf
リコールの押し売りだぜ。
民主主義もなんもあったもんじゃねえなこの町はさ。
利権守るための体制側の反市長運動、それを歪曲して全国に報道するメディア援護軍団。
ちっとやそっとのこっちゃ市民の為の政治は実現できねえ。
荒治療も必要だわな。

いずれにせよ方法は違っても方向は仙波さん市長同じ。
市民の為の市制をはやく確立していただき、日本に風穴を開けてもらいたい。

民主主義を唱えていちゃ死ぬまで民主主義なんて手に入らねえ。
外国見て見れ、民主主義のためのクーデターなんざ日常茶飯事よ。
子孫の代になっても塗炭の苦しみのままなんざ笑いごとにもならねえ。
民主主義なんて詭弁無視して仙波氏市長がんばってくれー。


28. 2010年8月21日 20:53:13: fZbMWOHaGE
>>27
>民主主義を唱えていちゃ死ぬまで民主主義なんて手に入らねえ。
>外国見て見れ、民主主義のためのクーデターなんざ日常茶飯事よ。
>子孫の代になっても塗炭の苦しみのままなんざ笑いごとにもならねえ。
>民主主義なんて詭弁無視して仙波氏市長がんばってくれー。

民主主義云々言う以前に「法治国家」、『法律』守らないといけません。
これが出来ないと「暴力」から「詐欺」まで、何をやっても許されるということになってしまいます。
勿論、「裏金」も許されることになってしまいます。


29. 2010年8月22日 02:15:26: DCHDReL3A2
>外国見て見れ、民主主義のためのクーデターなんざ日常茶飯事よ。

まったく同感。
日本では、たかがデモする気力もないように権力側に押さえ込まれてしまった


30. 2010年8月22日 07:26:24: WrBl7tYjLY
竹原氏のことをいくら擁護しても、あのような街で法を無視したやり方で自分の主張を通そうとする。
確かに、議会は困った連中が跋扈しているが、選挙で選ばれた人が、自分の意見を法にのっとり戦わせているわけだ。
そういう手続きを踏まない権力者はアウトなだけ。
竹原のような人物を持ち上げることは、必ず犠牲者をだすことになる。
そういう政治は今後も許されない。
個人的には、労組をいじめる態度が気に入らない。労組を構成する人間は庶民・しかも底辺のことを考えてる人間なんだ。やるならトップをやれ、警察官僚、政治官僚、裏社会、宗教組織から始めたらいい。
そしたら、認めてもいい。

31. 2010年8月22日 09:09:27: DCHDReL3A2
>>30
竹原さんは、議会の横暴に市民の声を伝えるために、市民に押されて市長になった。
そして、市民が駄目だしするなら、いつでもリストラやリコールしてください、といってるよ。

竹原さんが法律破っているのなら検察は逮捕したらいいんじゃないかな。
なぜ逮捕しないの?それが不思議。


32. 2010年8月24日 10:03:14: 3p6ZqX5q6c
明確な違反なんてないんだよ。
新聞記者は裁判官か?イメージ操作で社会的抹殺を狙ってるだけ。
もともと政治判断と司法判断は全く別物。
トータルで市民は判断すればいい。

>民主主義云々言う以前に「法治国家」、『法律』守らないといけません。

↑このように机上の一般論を叫ぶ烏合の衆が本質を見抜けず、
無自覚なまま権力に逆に利用されているという構図がなんとも悲しい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧