★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92 > 713.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の政治を乗っ取ろうと狙う創価学会の野望の暴露
http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/713.html
投稿者 あおによし 日時 2010 年 8 月 20 日 12:43:41: OmoqeDDYlHsE6
 

民主党が小沢と菅の間の権力闘争に明け暮れしている間隙を狙い、自民党が選挙で勝った勢いに乗り復活しようとしているのに歩調を合わせて、総体革命という日本乗っ取りをたくらむ創価学会が、政治権力を手に入れるべく動いている。
今の日本の政界は民主党の代表選挙のことに熱中しているが、国家の存亡に関してもっと重要なことがあるのを忘れていないかと心配である。そんな時にタイムリーと言うべきか、大事なことを忘れている国民を目覚めさせる役割を持って、重要な情報が登場した。創価学会が再び妄動しようとしている今、日本の政治を乗っ取ろうとしている創価学会にとって最も困る情報が、電子メディアの上に記録されたことは、非常に貴重だ。

(貼りつけ)
★阿修羅♪ > カルト7 > 635.html  

Re: 創価学会が最も恐れて抹殺したつもりのウルトラC文書
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/635.html

投稿者 紫式部 日時 2010 年 8 月 16 日 11:59:48: Niwshg2a/T6vk

(回答先: カルト教団の創価学会が妄動を再開 投稿者 怪傑ゼロ 日時 2010 年 8 月 15 日 11:00:10)

創価学会は電通と組んで日本のマスコミを好きなように支配し、広告を出さないという強迫手段を使って新聞や雑誌を脅かすことで、反創価学会や公明党批判の記事や本についての記事が、出ないように工作していることはよく知られている。数えきれないくらいあるのだ。
古本で探してもブックオフにもないのは、創価学会員を動員して買い集めて燃やしたという話だし、アマゾンでもなくて一時は定価の十五倍の値がついたと新しいタイプの出版妨害のやり方
http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/341.html

投稿者 ラムセス 日時 2008 年 4 月 02 日 16:13:05: wc49qrd.DWqeY
出版妨害というと、本を出すのを妨害する工作であるが、出てしまった本は買占めや買取などで読者が読めないようにすることは、手口として良く知られていることだ。ところがそれがベストセラーになった本だったので、目的をうまく達することが出来なかったらしい。その本は「小泉純一郎と日本の病理」で確かにベストセラーだった。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%97%85%E7%90%86-Koizumis-Zombie-Politics-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4334933688/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1207019518&sr=1-1
ところが紹介や書評がでないようにして、本を抹殺しようとしたが、その作戦が余りにもパーフェクトだったので、却って不信感を抱いて調べたら、妨害工作があったということが分かったと著者が書いている記事があった。ベストセラーになった本が、書評や紹介が全くなかったというのは、理解が困難だといえる不思議な現象だと思う。こんなことが今時の日本で起きることがありうるだろうか。
この本が創価学会にとって困ることが満載されているので、抹殺されたことはウエブ情報で幾らでも知られて居て分かる。
<貼りつけ>
2009/11/09 22:35

私は藤原さんが書いた『小泉純一郎と日本の病理』を買って読んだことがあるので、再び取り出して207ページ から214ページまでを読み直して、創価学会についてこんなに凄い分析をしていたのかと驚きました。改めてじっくりと読み直したことで、創価学会の危険な 野望と恐ろしい企みが良く分かり、思わずぞっとしました。創価学会がこの本を買い集めて恨みを込めて燃してしまったという理由が納得できました。私は本を スキャン出来ませんが、誰かできる人が記事をスキャンして、このカルトのサイトで読めるようにして下さったらと思います。
2009/11/10 08:25

藤原肇さんの『さらば暴政』の後書きに、『小泉純一郎と日本の病理』葉新聞や雑誌に書評や紹介がゼロという記 録を生み、恐らくこれは日本新記録だと思う、と書いてあったことからすると、これだけズバリと創価学会の持つ危険性について指摘したので、きっと創価学会 が圧力をかけて妨害したのだという気がする。藤原弘達先生に続いて二人目に同じ藤原の家系の藤原肇先生が出版妨害を受けたのは、富士宮に本拠を持っていた 創価学会による、日本のシンボルである富士山への挑発だったのかもしれない。富士山が爆発して創価学会を溶岩で埋めてしまえば良い。南無妙法蓮華経アーメン。
2009/11/10 09:36

創価学会はご臨終寸前だ
2009/11/10 15:07http://www.asyura2.com/07/cult5/msg/206.html
このように組織に都合の悪い情報を抹殺して、情報操作をしている創価学会は、思想や報道の自由を破壊して憲法違反をしている。紙の本は出版妨害や燃やしてしまえば無くなるので、ヒトラーや池田大作はその手を使って批判を封じ込めて来た。だが今はibookやKindleがあるために、情報を消すことは不可能だ。
『小泉純一郎と日本の病理』が書店や古本屋から消えても、情報は生きているのだから、復活させて読めるようにしたらいいだけではないか。そこでこの本から創価学会に関係したところをスキャンしたら、大変な情報が読者のために蘇ったのでありそれを発表すれば、阿修羅が創価学会に買収されない限り読めるはずである。
『小泉純一郎と日本の病理』の第六章からの抜粋
<貼りつけ>
公明党―創価学会という「劇薬」を飲んだ小泉

小泉改革がペテンなのは、小泉内閣が公明党New Komeitoによって支えられていることにも起因する。公明党の裏側(支持母体)に創価学会Soka Gakkaiがあるのは周知のことだから、改革は創価学会に操られることとなる。
創価学会は、フランスではカルト教団cultに指定されている。
「宗教の仮面をかぶった全体主義」ということで、社会に有害な組織だとされているのである。1996年末、パリの行政裁判所が下した判決は、「創価学会は、雑誌、本、アクセサリー 、集会などの営利活動を利用して、収入の大半を、収益率50%のビジネスを行っており、その活動は公権力への浸透を目指す」というものだった。
しかも、本来の仏教の戒律commandment of Buddhismは、経済行為を厳禁している。そのため、仏教者の生活は、喜捨にもとづき、必要以上の富を得ることはできない。しかし、日本の仏教は鎖国 national isolationの影響もあってか、国内で独自の俗的発展を遂げてしまい、そのまま創価学会が引き継いでしまった。世界のどこに、営利事業 commercial businessを行う仏教があるのか?
 宗教religionは、人間の内面と聖なる領域を扱う活動だが、カルトは、世俗権力と結ぶ政治性の強い排他的な教団である。しかも、盲目的な忠誠を求め、批判精神を奪い、社会の価値観に敵対することが多い。それゆえ、フランスには、苦労して政教分離politico-religious separationを実現してきた歴史がある。
では、フランスでは、どんな基準でカルトの査定をするのだろうか? それは、以下の3点である。
@反社会的な教義と行動
A公共秩序の撹乱と破壊
B多くの裁判沙汰を起こす体質
 文明の歴史を宗教との関連から振り返れば、近代社会modern societyを特徴づけるのは「政教分離」の原則である。つまり、俗secularと聖sacredの分離を確立することが近代の始まりであった。これが明確にされて始めて、「信教の自由」freedom of religionが保障される。
 だから、日本国憲法our Constitutionの第20条は、政教分離に関して、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」と規定している。しかも、第89条において、「公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益もしくは維持のため、または公の支配に属さない慈善、教育もしくは博愛の事業に対し、これを支出またはその利用に供してはならない」と規定している。
 それにもかかわらず、日本では、憲法の規定がないがしろにされ、宗教団体は、宗教法人としての非課税tax-freeの特権を活用し、蓄財 accumulation of wealthに励んでいる。また、1995年秋の国会での質疑応答によれば、創価学会は10兆円という巨大な資産を持っており、不動産の資産評価は9兆円にものぼるという。スイスの銀行口座には、大預金huge depositが眠っているらしい。
このように見てくると、小泉純一郎と池(いけ)田(だ)大(だい)作(さく)の組み合わせが、日本を独裁dictatorshipと全体主義totalitarianismへと導くのは歴然としている。
にもかかわらず、自民党は、延命のために、この「劇薬」dangerous drugを飲み込んでしまった。劇薬は、最初のうちは効き目effectがある。しかし、いずれは本体を蝕み、乗っ取ってしまうだろう。学会が進める「総体革命」が、「改革」に取って代わる可能性がある。

「総体革命」の威力と忍びよる全体主義

創価学会が公明党をつくって政界に進出した時、大(おお)宅(や)壮(そう)一(いち)(1900-1970)は、「ファシズムの体質がある」と指摘した。また田中角栄は、当時の池田大作を名指しで、「法(ほ)華(け)経(きよう)を唱えるヒトラーだ」と言い切り、公明党を操る創価学会の体質を喝(かつ)破(ぱ)find outした。
現に池田大作は、1972年の社長会の席上で、「今の世の中は個人主義と自由主義だが、本当は、全体主義がいちばん理想の形態だ」と発言している。そして、その頃から「天下取り」rule over the whole of Japanを目指す創価学会の活動が始まったのである。
こうして、池田の野望と独善により、創価学会は信仰を逸脱してカルト性を強め、今では日(にち)蓮(れん)正(しよう)宗(しゆう)からも破門(1990)され、池田教に成り果てている。そして、「天下取り」という妄執に取り付かれ、「総体革命」の道に踏み込んでしまった。
「総体革命」は「天下取り」のための布石milestoneである。今や創価学会は、官庁や有力組織の内部に浸透し、拠点baseをつくり、幹部会員をネットワーク化し、“いざ鎌倉”the time of uprisingの時に備えている。
「総体革命」の最優先ターゲットfirst priority targetは、法務省と外務省であり、検事prosecutorになった会員は、すでに100人に達している。在外公館職員の4分の1は学会員であり、自民党員の3分の1も命綱を握られている。その下に、社会の下層を構成する伝統集団traditional groupsが位置し、芸能界や自衛隊にも隠れ会員invisible memberがいて、組織力はあらゆる業界に広がっているのだ。
これら代表的な集団には、次のようなものがある。
「大鳳会」外交官の学会員グループ
「旭日グループ」弁護士と検事の学会員グループ
「草峰グループ」理容師の学会員グループ
「白樺グループ」看護婦の学会員グループ
「白雲会」調理士の学会員グループ
「金城会」ボディーガードの学会員グループ
「鉄人会」建設と大工関係の学会員グループ
「牙城会」警備関係の学会員グループ
「ブロンズ会」国家試験合格の学会員グループ
こうした組織力organizingと機動性mobilityの高さは、今や自民党を圧倒しており、絶対服従(Ikeda is the law.)の堅固な統一機構を誇っており、「天下取り」の命令を待ち構えている。
評論家の藤(ふじ)原(わら)弘(ひろ)達(たつ)(1921-1999)が書いた『創価学会を斬る』(日新報道1969)には、次のような記述がある。

〈公明党が社会党と連立政権を組むとか、野党連合の中に入ると言うようなことは、まずありえないと私は考える。その意味において、自民党と連立政権を組んだとき、ちょうどナチス・ヒトラーが出たときの形と非常によく似て、自民党という政党の中にある右翼ファシズム的要素、公明党の中における宗教的ファナティックな要素、この両者の間に微妙な癒着関係ができ、保守独裁体制を安定化する機能を果たしながら、同時にこれをファッショ的な傾向にもっていく起爆的な役割として、働く可能性も非常に多く持っている。そうなったときには日本の議会政治、民主政治もまさにアウトになる。そうなってからでは遅い、ということを私は現在の段階においてあえて言う〉

この藤原の予言predictionは、ほぼ的中したと言わざるを得ない。
歴史を鑑にして現在の状況を見れば、従来は「突撃隊」を中心に動いた大衆運動mass movementが、エリートによる「親衛隊」を主役にしたものへと転化している。エリートは、主に法務省と外務省を中心に構成され、特に際立っているのが法務官僚への支配力だろう。高検検事のうちで15名が学会員だという。そして、検察が汚職議員を監視watchingする“威力”の前で、利権で汚れた自民党の族議員LDP members working for the special interestsは怯えているという。そして、それが、自民党LDPが公明党New Komeitoに追従suck aroundする理由とも聞く。
検察の国家権力を使った暴虐行為については、「ムネオ事件」(2002)で逮捕された佐(さ)藤(とう)優(まさる)・元外務省ロシア情報分析官が、著書『国家の罠』(新潮社 2005)の中で暴露している。それによると、検察官は「これは国策捜査なんだ。あなたが捕まった理由は簡単。あなたと鈴木宗男を繋げる事件を作るため、国策捜査は時代のけじめをつけるために必要なんです。時代を転換するために、何か象徴的な事件を作り出してそれを断罪する」と佐藤に語っている。
とすれば、もし学会が検察権力を握った時、何が起こるかは言うまでもあるまい。

間違いなく日本のデモクラシー は壊れる

小泉改革の政治手法は、すべてを白か黒かで分ける「二分法」two-category systemである。ここには、改革派か反対派しか存在しない。つまり、「敵か味方か」with or againstだけである。
これは、池田大作の考え方とまったく同じである。池田に側近として長らく仕えた原(はら)島(しま)嵩(たかし)・元創価学会教学部長は、「創価学会は常に敵をつくらなければ、結束を維持できない組織です」という指摘をしている。つまり、小泉も池田も「魔女狩り」witch-huntをするということである。
しかも、このような現代版の「魔女狩り」は、IT技術が発達した情報化時代では、複雑怪奇な様相を見せている。つまり、個人情報 personal dataが国際的な利権になり、多重債務で行方不明になった人の戸籍がサラ金業者loan-sharkを通じて市場に流れ、日本人の国籍が国外で売買されている。それによって、日本人に成りすました人物が地方議員の中にもかなりいると言われているのだ。
また、ヤフーBBの450万人個人情報流出事件は、宮(みや)本(もと)顕(けん)治(じ)共産党委員長電話盗聴事件の主犯で創価学会の全国副男子部長だった竹(たけ)岡(おか)誠(せい)治(じ)容疑者が、関与していた。
『月刊・現代』(2005年7月号)で、「宗教に権力が屈するとき」と題して、ジャーナリストの魚(うお)住(ずみ)明(あきら)と前参議院議員の平(ひら)野(の)貞(さだ)夫(お)が対談している。この中で、平野は、次のような恐ろしい指摘をしている。

〈平野 いまの自公政権の構造は、自民党内の柔軟な保守層を政権中枢から外した小泉首相と、ともすれば、一気にファシズムに傾きかねない公明党との結合体となっています。これが議会を機能させないような働きをしているんです。自民・公明が合意してしまえば、多数を握っているわけだから、もう民主党に議論させないでしょう。これでは本来、国民の要請を受けて国会議員が果たすべきチェック機能が働きませんよ。
 それから日歯連から橋本派へ渡った迂回献金の問題について、本来だったら公明党が一番、政治倫理の確立を言うべきでしょう。それなのに、橋本元首相の証人喚問もしようとしない。「これで打ち切り」となったら一切議論しない。
 魚住 結局、自公政権になってから、議会が機能しなくなっているのですね。
 平野 まさに、それこそ間題なんです。私がもっとも心配するのは、公明党がいままでの動きを反省せずに、この路線を突っ走り、近い将来、彼らと安倍晋三が組んだ政権ができることです。
 公明党は田中角栄以来、竹下派‐小渕派‐橋本派というラインとの関係が深いことはよく知られています。しかし、じつは創価学会は戸田城聖会長の時代から、岸信介と関係が深かったんです。岸さんが亡くなったときには聖教新聞が一面トップで大きく報じ、追悼記事を組んだほどです。
岸の政治的DNAを引き継ぐ安倍さんと、ある意味で戸田城聖の遺言を忠実に守っている池田大作体制下の創価学会が、もう一度結びつく可能性は決して低くありません。私はそれを懸念しています。安倍さんには、いま国内の一部の勢力が振り付けをしようとしている。そこに学会まで乗ってきたら、間違いなく日本のデモクラシー は壊れます〉


コメント


01. K24 2010年8月16日 16:02:48: RUW.8Yy8eqVmQ: l0g7TJYSBw
>創価学会は常に敵をつくらなければ、結束を維持できない組織です

このような体質を持つ創価学会が総体革命により日本を制圧し名実共に日本の支配階層となったとして、
宗教の名の下に国内の敵(あらゆる批判勢力、反対勢力)を一掃する大弾圧を行ったとしてしも、それで創価学会の支配する日本が安泰かと言えばそうはならないでしょう。
創価学会の支配する日本は内部崩壊する可能性が出てきます。

この内部崩壊を回避するためには『外部の敵』を必要とすることになります。
それが内部に向けば国民同士が互いに監視しあう密告者会となり、さらにはスターリンのような恐怖政治となる。

それが外部に向けば外国を『仏敵』として扇動することになります。
これは昔の『鬼畜米英』が装いも新たに再登場してくることを意味します。

さて、このようなカルト国家日本が将来的にどこの国を『仏敵』とするかは誰にも分からない。
そしてこの『仏敵』に対していかなる『仏罰』を与えるのかも誰にも分からない。

カルト国家がどのようなものかを知りえる一つの教材、

それは戦時中の大日本帝国とそのものにあるといえます。

02. 2010年8月17日 12:51:04: sX4qbYDmU2
>創価学会は常に敵をつくらなければ、結束を維持できない組織です

まさに、ガメリカと同じ思考だな!!

03. 2010年8月17日 18:00:53: SvIFUGaGmg
ソンテジャクって生きてるの?

04. 2010年8月17日 23:47:50: 7TKrTxFKzs
 
【国権の最高機関がこれでは全てが茶番劇になるのではないか】
 http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/502.html
 

05. 2010年8月18日 15:50:10: MfI41E9R06
オウム事件の背後にも、森首相から小泉やその他のゴミ首相の誕生まで、最近の日本を狂わせた背後には創価学会がいたのは間違いない。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:StHMTJ9WuPkJ:d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20061025+%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%81%E7%B7%8F%E4%BD%93%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%80%81%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B8%80%E9%83%8E%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%97%85%E7%90%86&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
恐ろしいことだ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月20日 13:01:32: 9Zszb79fCw
カルト集団の創価学会が民団=韓国と手を組んで日本を牛耳ろうとしているのは事実ですね。
だから池田大作は韓国に対して、外国人地方参政権を確約しているわけです。

まずは地方政治を乗っ取り、ゆくゆくは国政をということでしょう。

カルト教の集団=公明党を粉砕し、政教分離を徹底させることが日本政治の健全化のために必要です。


02. 2010年8月20日 13:48:57: 6ttrDQVfJw
陰謀論をあえて考えるとすれば、朝鮮半島人は日本人の滅亡を考えるはず。

で、個人なりにひとつの結論として考えたのが、厚生労働省(旧厚生省)と、それに関わった大臣や官僚達がどうなっているか。

菅直人氏は厚生大臣だったし、後がまに小泉氏が就任している。
そして小泉氏とともに現宮内庁長官の氏も居ました。
で、羽毛田氏が厚生省を辞任後、宮内庁副長官というポストについて、まるで何かを監視するような気配です。

過去の阿修羅掲示板では、愛子様は試験管ベビーの可能性というコメントがありましたが、どうも皇太子殿下は無精子者だったので、天皇陛下の精子を使って愛子様が産まれたと言う噂話を薬品メーカーの方の家族の話を聞きました。
だから小泉氏が女性天皇についてあれこれ発言をしていたのでしょう。

民主党の石井紘基議員、もしかしたら政治資金など探っているうちに、この問題に突き当たって、「日本がひっくり返る」と言ったのかも知れないと考えました。

最近では昨年だったか厚生労働省役人が刺殺されたのも変ですし、日本だけワクチン騒動で「接種しましょう」と国家主導で動くのもおかしすぎる。

なので、厚生労働省内部には、日本人を根底から遺伝子的にダメージを与え、人口削減を目指して移民計画を実行しようとする陰謀者のスパイが相当数紛れ込んでいるとすれば・・・

スパイや洗脳された日本人が官僚組織内部や政界に根深くスパイとしていたとしたら!?
そう思うと、自民党がダメとか民主党は売国奴だとか、陰謀者にとってはまるっきり方向違いの罵倒合戦で本当の危機を隠す事が出来て大笑いしているかも知れません。

そんな危険な思想を信者に勘ぐられないように洗脳し、都合良く動かす事の出来る反日感情むき出しの組織といえば、もう書くまでもないでしょう。

これは個人的に思った事を述べただけなので、個人で調査した訳では無い事を言っておきます。


03. 2010年8月20日 13:52:26: GbV8vIw7LY
小沢、菅を対立させて政局を煽るマスコミ
のバックに創価学会ありで、おそらく阿修羅コメント欄の親小沢派の
狂信者に見せかけた者が大勢いるのだろう。

菅政権になってこの板ばかりでなくヤフーの政治欄が
急に親小沢ばかりになり薄気味悪く感じていた。
学会の選挙同様、ネットからじわりと蝕まれてゆくような
不安がある。
既に学会批判を表立って口に出来ない雰囲気が世の隅々まで浸透している。


04. 2010年8月20日 13:53:22: 6ttrDQVfJw
コメント02の訂正です。

NG>そして小泉氏とともに現宮内庁長官の氏も居ました。
訂正>そして小泉氏とともに現宮内庁長官の羽毛田氏も居ました。

上記のように羽毛田氏の文字が抜け落ちていました。
申し訳ございませんでした。


05. 2010年8月20日 14:03:42: vzklU7Fw2M
それは、破滅への道でしょう。
政教分離に反しますから。

06. 2010年8月20日 14:24:40: FSyPN1ESQM
民主党は、公明党と組みたくなかったら、参議院選挙で何がなんでも単独過半数をとらなくてはなりませんでした。
やはり、小沢一郎氏の主張は正しかったです。

07. 2010年8月20日 15:04:37: HlwakAuqPc
宗教課税。
財務で巻き上げられた大金や不正な収入が創価学会の”力”になってます。
裏社会のマネーロンダリングに利用されているという指摘もあり、
1%でもいいから課税することが急務です。

08. 2010年8月20日 15:47:17: FSyPN1ESQM
07氏に賛成です。
そしてその議論を盛り上げるためには国税が査察に入って、次々と宗教法人の脱税が見つかることが必要でしたが、この情勢ではムズカシイでしょう。

09. 2010年8月20日 16:07:46: P5EoBf8LJ1
>>02
> なので、厚生労働省内部には、日本人を根底から遺伝子的にダメージを与え、人口削減を目指して移民計画を実行しようとする陰謀者のスパイが相当数紛れ込んでいるとすれば・・・

> スパイや洗脳された日本人が官僚組織内部や政界に根深くスパイとしていたとしたら!?
> そう思うと、自民党がダメとか民主党は売国奴だとか、陰謀者にとってはまるっきり方向違いの罵倒合戦で本当の危機を隠す事が出来て大笑いしているかも知れません。
> そんな危険な思想を信者に勘ぐられないように洗脳し、都合良く動かす事の出来る反日感情むき出しの組織といえば、もう書くまでもないでしょう。

そりゃ、アメリカそのものだろうな。
奴らが朝鮮人の外見(日本人と区別が付き難い)と、その反日感情を利用して走狗にしている可能性は極めて高い。
在日朝鮮人だけで構成された対日工作部隊の存在も噂されている。

かつてのマッカーサーの第三国人発言も結局は「俺たちとの関係を派手にみせびらかすな、バレるだろ」という事なのだろう。アメリカの後ろ盾がなければ圧倒的少数でしかない在日朝鮮人があれほど調子に乗れまい。

だいたい「原住民」を駆逐しての移民(奴隷)政策にしたって、欧米列強がハイチやスリランカやマリアナ諸島やハワイで散々やってきた事の二番煎じでしかない。


10. 2010年8月21日 23:47:54: xtlWVCU5v6
>在日朝鮮人だけで構成された対日工作部隊の存在も噂されている。

多くの右翼団体に潜り込んで、売国右翼化しているようですね?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK92掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧