★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96 > 140.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
こらー!検察! そして 菅の売国内閣め! (西村眞悟HP):西村眞悟氏の事件の担当検事も前田恒彦容疑者だった。
http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/140.html
投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2010 年 9 月 26 日 16:22:49: d1qFhv8SE.fbw
 

 検察は、しばらく静かにしていていただきたい。

*******************************

こらー!検察! そして 菅の売国内閣め! (西村眞悟HP)
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=552

昨日二十四日午後二時過ぎ、東京に向かう新幹線の中で、携帯電話がなった。そして、那覇地検が、尖閣領海に侵入して海上保安庁巡視船に体当たりした「中国漁船」の船長を処分保留で釈放したと知らされた。
 二時間前に新幹線に乗車した新大阪駅の改札口には、カメラの砲列が陣取っていた。最高検の事情聴取に出頭する大阪地検の幹部検事を待ち構えて撮影するためである。ご承知の通り、大阪地検では、特捜部の検事が証拠隠滅を図った疑惑で最高検に逮捕されている。
 この逮捕された前田某という検事は、自分の功名の為に証拠の日付を改ざんして事件をでっち上げたという。
 検察が事件をでっちあげるということは、無実の者を逮捕して牢屋に入れるということであり、断じて許すことのできない「人間の屑」のする所業である。
 この検事は、この度無罪となった厚生労働省の村木局長を逮捕起訴する際に、証拠を改ざんしたのだった。
 さらに、まさにこの検事が、平成十九年二月に、私が無罪(大阪地方裁判所、検察は控訴断念)をいただいた事件の捜査主任であったと二十三日に報道で知った。
 
 そして、私の身に降りかかったあの事件の大騒ぎになった成り行きを振り返り思いだすと、あの事件も国会議員の首を取るというこの主任の功名心を満足させるために強引に立件したと腑に落ちたのである。
 なるほどなー、私を悪者にするためにマスコミに流されたあの偽の情報の数々は、この野郎がわざと流したのか、と得心した。

 そのおかげで、新幹線車中では、わが身に襲いかかった大阪地検特捜部の卑劣さが思い出され、腹が煮えくりかえっていた。
 そこに、中国漁船船長の処分保留釈放の知らせである。
 周りに人がいなければ、「こらー!検察!」と大声で叫んでいただろう。
 
 そこで、要点を基本に戻ってコメントしておきたい。
1、この船長の処分保留釈放は、刑事司法の手続きの流れを政治的判断によって捻じ曲げたものである。
 誰の政治的判断か。
それは、菅内閣の、総理大臣、外務大臣そして官房長官である。
2、では、このような場合、法治国家なら如何にすべきか。
それは、まず第一に、検察は刑事司法の手続きを粛々と続けること。これが一番大切な原則である。
 その上で、菅内閣が政治的判断でその流れを止めねばならないと判断したのならば、はっきりと明確に、検事総長に対して法務大臣の指揮権を発動してそれを停止すること。つまり、司法の手続きを止めるには、その政治的判断の所在を明確にしなければならない。そうでなければ、検察の恣意を許すこととなり、法治国家でなくなるからである。
3、以上の明確な手続きをしない、この度のような船長釈放は、明らかに「検察の自殺」であり検察による「法治秩序の放棄」である。内閣と検察による「法治国家の破壊」と言ってよい。

 いささか感情的に言ってみたい。
 検察は、日本国民に対しては、あることないことでっちあげて罪を作り、中国共産党に対しては法治国家を自ら放棄してひれ伏したのだ。何と卑屈な恥ずべき組織か。
 毅然とした検察はどこに行ったのか!

 そこで、次に、この度の釈放に至った「政治的判断」が適切か否かを検討する。これが適切ならば、以上の手続きの欠陥を指摘するに止める。
 しかし、この政治的判断も間違っておれば、これこそ、まことの菅内閣の亡国的大失態だ。即刻総辞職ものだ。
1、そもそも尖閣に関して仕掛けられている事態の本質は何か。
 それは、我が国の領土と地下資源を奪うためのテロである。
2、では、このようなテロに対処する原則は何か。 
 それは、粛々として対抗措置を実施することである。
 この度のことで言えば、逮捕、拘留、起訴、裁判そして刑の執行である。
 しかし、菅内閣は、検察をして船長を釈放せしめ、この対抗措置を放棄したのである。
3、テロに対する対抗措置を放棄すれば何が起こるか。
 それは、世界のテロを見れば明らかである。
 つまり、テロを起こす側は、以後、何のリスク・危険を覚悟することなく、散歩でもするように気軽に、テロを継続し拡大することができることになる。
4、よって、明日、尖閣に百隻の中国漁船が現れて領海に侵入し、さらに中国人が魚釣島に上陸して住みつこうとする事態が起こりうる。
 そして、我が国はそれに対抗する手段をこの度放棄したのである!

 以上の通り、中国との関係修復を逃げ口上に使って菅総理は中国共産党の圧力に屈服したが、明日にでもわかる、関係は修復しない。
 以後中国共産党は、尖閣諸島に対するテロを強化しエスカレートさせ、沖縄本島まで露骨に中国の物だと言い始めるだろう。
 つまり、菅内閣は、我が国を中国に売り渡す道を開いたのだ。これこそ、言葉の真の意味の売国奴内閣である。

 ああ、国、まさに危うし。
 誇りある日本国民、自覚されたい。
 西郷南洲翁の霊を呼び、救国の心胆を練るのみ。
 「正道を踏み国を以て斃るるの精神なくば、外国交際は全かるべからず。彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に従順するときは、軽侮を招き、好親却って破れ、終に彼の制を受けるに至らん」(西郷南洲遺訓より)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年9月26日 20:28:08: DhtGT4Wu4U
大阪といえばこれも…大坪とか前田とかだったりして

阿修羅検索 枚方市副市長 小堀隆恒
http://www.google.com/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=site%3Awww.asyura2.com&q=%8F%AC%96x%97%B2%8DP&btnG=google%88%A2%8FC%97%85

http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/170.html

何度も申し向けても、聞く耳を持ちませんでした。挙げ句、二度と枚方に住めないようにしてやる、おまえら家族も町を歩けないようにしてやるなどと怒号し、机をたたき付けたり、パイプいすを蹴飛ばしたりし続けました。拘置所の看守が、近所から苦情が出ていると取り調べの最中にクレームを述べに来たり、多数の取り調べを目の当たりにしている看守が私に間違いを犯すなよと、自殺の心配をしなければならないほど過酷な取り調べが続いたのです。
その上、排尿障害でカテーテルを挿入され、その挿入に問題があったがため出血がひどく、まともな手当てもされないまま、おむつをはかされ、出血が止まらない状況で取り調べを受けたのです。その屈辱は一生消えることはないでしょう。
私は、法治国家の日本の現実かと、恐ろしくなりました。
勾留中、私には、弁護士以外とは面会できないという措置が講じられていました。保釈後、マスコミが、私が罪を認めたであるとか、1,000万円受け取ったなどと虚偽の報道を競うようにしていたことを知り、愕然としました。特捜部からリークされた虚偽の事実をそのまま平然と報道するマスコミの姿は、それまで私が持っていたマスコミ像とは全く違っていました。権力と闘う正義感に燃えるマスコミ像というのは、単なる幻想であることを思い知りました。
事件について何も知らず、マスコミからの情報にだけ接する一般人の考えは、当然誤った方向に導かれます。私が勾留中、私の家族には、松岡農林水産大臣のように自殺されてはどうですかと書かれた匿名の手紙が届きました。
あのとき、私の家族に何かあったとしても、マスコミは責任を認めなかったでしょう。これが報道の自由を標榜するマスコミの実態なのかと、むなしくなりました。…

引用終了

取り調べ検事の名前をだせ!


02. 2010年9月26日 20:35:35: Y0TWQBRSAw
この期に及んで西村眞悟にも槍玉に挙げられるとは情けなや。
西村なんてのは弁護士というより検事のマインドに酷似するような男なのに
そんな男にさえ人間の屑と言われてしまう前田恒彦と検察の失態。
これ以上の皮肉があるものか。

03. 2010年9月27日 07:04:03: tQCXIH0zP6

検察が事件をでっちあげるということは、無実の者を逮捕して牢屋に入れるということであり、断じて許すことのできない「人間の屑」のする所業である。
そうです。・・・検察は人間のクズ。
鈴木宗男の受託収賄側にウソの「供述書」を強要し、脅し、宗男さんを牢屋にぶちこんだのですよ。村木厚子さんは証拠固めもしないで、いきなり逮捕ですから。証拠不足で「ウソの証拠」を作ったのです。元検察のバカな評論家は、前田検事の悪を矮小化するが、検察が犯罪集団だ。彼等は何もしないで、事務の仕事させればいい。冤罪つくらなくていい。過去に、無罪につながるあやしい事件少なくない。何も菅家さん事件、村木厚子さんだけではないのです。戦後の謎の事件はGHQが共産党つぶしでの陰謀だという。まあ、日米同盟の仲良しだから、そんなことないと菅内閣はおもうでしょうが。
 そんなわけで、犯罪集団は「検察全体」ですから、みんな牢屋にいれましょう。牢屋は満杯?。じゃ、検察の建物を鉄格子で囲えばいい。改善なんか無理ですから、別の組織作りましょう。政治や政局で「政治家ハンター」はやめる。政権との共謀やめる。記者クラブ解放。事件は証拠固めてから、公平にマスコミに発表する。もちろん可視化法案必要、オープンに取り調べる。新組織の初代総長は江川昭子氏を任命する。よし、これで質のよい人材が集まってくる。日本改革です。

04. 2010年9月27日 12:00:01: J0o6rialnc
「疑わしきは罰せず」って何処の国の事?

日本は「疑わしく無ければ疑いを作れ!証拠を作れ!こいつは我々検察にに都合が悪い人物だから何が何でもあげろ!潰せ!」ですよね。
とりあえず特捜と検察審査会は潰さないとダメですよ。
そして取調べの全面可視化、これしかないでしょう。
日本がこれほど自由の無い恐ろしい国と思っていませんでした。
昔の特高は国民皆が知っていましたが、今は国民庭から無いようにこんな事をやっていたんですね。
まるで違う世界のよう。
もし自分がこんな世界に迷い込んでしまったらと思うとゾッとします。
こんな国を作ってきた自民党にはもう何が何でも戻りたくないですし、あの忌まわしい世界に戻そうとしている菅政権も許せません。

打倒菅政権!
打倒検察、マスコミの横暴!


05. 2010年9月27日 12:03:18: J0o6rialnc
04です   変換違いです。

誤    今は国民庭から無いように

正    今は国民に分らないように


06. 2010年9月27日 16:14:06: lZuXHssisE
このろくでもない糞検事の前田恒彦は、創価学会員とみて間違いない。
当然、個人の犯行ではなく創価学会から指示を受けて反創価のターゲットを狙い撃ちしていたのだ。
(西村眞悟氏、石井一氏、小沢一郎氏、他)

07. 2010年9月27日 18:20:45: iUqPWksjJ6

>06さんに賛成、私もそうだと思っています。


08. 2010年9月28日 02:34:05: og4vKqSk06
菅、仙谷の共産主義者がなぜ、中国共産党からたたかれてるんだ?(笑)
共産主義にもいろいろあるのか?
ところで、前原、岡田って共産主義者だったっけ?
独裁者か?これで一致するのか?

でも、ここらへんがぼたんのかけちがいだったようだな?


09. 2010年10月15日 14:35:57: BHQ1cHGbd6
こいつら皆、市中引き回しか国外追放だ。日本を破壊する気だ。ガンバレ西村眞吾

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK96掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧