★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98 > 298.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
会計処理の妥当性より、その処理の背後に犯罪性がない事を説明すべきかと…
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/298.html
投稿者 smac 日時 2010 年 10 月 27 日 18:05:35: dVqzW59EefGnc
 

(回答先: 『陸山会事件も、捏造だった。東京地検特捜部も解体だ!』 投稿者 素直にまっすぐに物事が見れる者 日時 2010 年 10 月 27 日 13:34:02)

 東京地検特捜部が2004年3月に大久保氏を逮捕し、陸山会の会計帳簿いっさいがっさいを押収して、徹底的に調べた結果、判明した疑惑は、以下に挙げる一点のみでした。

【以下、判明した疑惑】
 2005年に陸山会が取得したとされる土地の代金は、取引記録によると、2004年10月に支払われており、その支払日当日、陸山会は、それに相当する資金を保有していなかったことが、帳簿から判明した。
【以上、判明した疑惑】

 そこで検察は、こう考えました。
 「資金が不足していたのに支払いが出来たのは、ゼネコンからの裏献金があったからに違いない。」
 「裏献金は帳簿に記載できないから、陸山会は小澤氏と共謀して、土地を翌年に買ったことにし、代金支払いも翌年だったこととする、虚偽の収支報告書を作成した。」

 なるほど、このように整理してみると上の検察ストーリーは「あり得る話」に聞こえます。

 しかし、小澤氏名義で金融機関に申し込んだ4億円の融資が2004年中におりていたのですから、年合算の会計報告書である、政治資金報告書上は「2004年の購入および支払い」としても、帳尻は合います。

 逆に、政治資金収支報告書で「2004年の購入および支払い」としても、陸山会が小澤氏から4億円を借入した(帳簿上の)日付と、土地代金が支払われた日付では、後者が先になりますから、最初に挙げた「疑惑」は解消されません。

 つまり、土地代金支払い日以前の、出所不明な資金を隠蔽するため、「2005年に購入し、代金を支払った」とする「虚偽?」を収支報告書に記載しても、何ら疑惑隠蔽の役には立たないのです。

 検察(および検審)ストーリーでは、「土地購入期日を2005年とした収支報告書に整合させるため、売り主に申し入れ、作為的に登記遅延した」…となっていますが、そもそも不明資金隠蔽が目的なら、購入年を翌年にずらしたところで、なんの意味がありません。
 ずらすのであれば、小澤氏から4億円借入した期日を土地代金支払い日前にずらせば、それで済む事なのです。

 したがって「不明資金を隠蔽するため、登記を意図的に翌年へずらした」という検察(および検審)ストーリーは、荒唐無稽だということになります。
 登記遅延が「農地法」の縛りによるものか否か?…という命題は、「それが不明資金隠蔽の工作ではない」ことが明らかである以上、何の意味も持ちません。

 このように、荒唐無稽な検察ストーリーは、最初から破綻していましたが、疑惑発覚直後、いわゆる「出所不明資金」の出所が判明したことにより、ますます辻褄の合わない、無惨なストーリーへと変化していきます。

 まず石川氏が「土地代金支払いの原資は、小澤氏の自己資金でした」と供述し、検察が小澤氏に確認したところ、それが事実であると判明しました。

 「不明資金」が「小澤氏の自己資金」であるなら、それを隠蔽する理由はありません。
 だいたい、最初は「帳簿上、陸山会に資金がなかったはず」だったからこそ出てきた疑惑だったのです。
 これを継続的に疑惑とさせるためには「小澤氏個人にも資金がなかったはず」という事を照明しなければなりません。
 しかし小澤氏は「自己資金」の内訳まで公表し、「不法な金は一切受け取っていない」と明言しました。
 そして検察は、それを疑うに足りる根拠を何ら示すことができなかったのです。

 本来なら事件は、この時点で解決となります。
 検察が「出所不明資金」として疑惑表明した、土地購入原資の出所が判明し、そこにヤミ献金等の犯罪性がないと分かれば、捜査を続ける意味もありません。

 ところが検察は、自らのメンツのためか、闇の権力からの指令によるものか、どちらか分かりませんが、とにかく捜査を継続させるために、無茶苦茶な罪状を持ち出しました。いわく…、

 「土地購入資金が、ヤマしいものでないことは分かった。しかし、支払日前に、小澤氏から陸山会へ4億円もの巨額資金が移動しているのに、それを収支報告書に『借入金』として記載しなかった事は、政治資金規正法に対する明確な違反である。」
 と言うものです。

 つまり、「なんとか『形式犯』にだけは問いたい」というわけですね。
 その後、石川氏と池田氏が逮捕され、大久保氏を含めて「起訴」となりましたが、その罪状は「政治資金規正法違反(虚偽記載)」でしかなく、これは検察自らが「形式犯」であることを自白したに等しい起訴状になってしまいました。

 形式犯に「動機」や「犯意」が存在するはずもありませんから、当然「共謀」は成立しません。
 ところが検察は、この「形式犯罪」に、むりやり「動機」をこじつけました。すなわち…、

 「陸山会は2004年10月に、小澤氏からの自己資金4億円借入の事実を隠蔽するため、該当土地取得の期日を2005年と偽り、その代金支払い期日も2005年であるとする虚偽の収支報告書を作成、提出した」
 というわけです。

 繰り返しになりますが、陸山会が小澤氏からの借入金を隠蔽しなければならない理由はありません。
 なぜなら、小澤氏からの借入は、闇献金受領と違って「合法」だからです。
 だいたい、「借入金」が隠蔽されることで、一番被害を受けるのは貸し主の小澤氏だろ!…っちゅうのにね。
 また、陸山会は2004年の政治資金収支報告書で「借入金;小澤一郎;4億円」を、ちゃんと記載しています。
 借入の期日が、土地代金支払い日の前であるか後であるかは、この際まったく関係ありません。
 借入した事実が報告書に記載されている以上、これを「隠蔽しようとした」という動機は、到底、認定のしようがないのです。

 陸山会としての「収入」の期日が問題になるのは、その「収入」が「出所不明資金(闇献金受領を暗示)」だった場合に限られます。
 そして、小澤氏からの「借入」の期日が、土地代金支払い日の後であったという問題は、「課目の振り分け」や「資金繰り」名目で、どうにでも整合させることが可能なものです。

 まったく単純な話で、陸山会の帳簿上、土地代金支払い日以前に「借入金による収入」が記載されていなければ、たとえ小澤氏が石川氏に4億円を手渡していたところで、それは「借入金」じゃありませんし、
 石川氏が不動産業者に土地代金を振り込んだとしても、陸山会の帳簿に「購入代金の支出」が記載されていなければ、それは小澤氏個人の取引とみなされ、陸山会は無関係ということになります。

 これは、「(土地代金支払いを)小澤氏個人の取引として扱うことが正当か、陸山会の取引として扱うことが正当か?」という問題じゃないのです。
 そんなことは、政治資金規正法によって「どちらにすべきか」規定されているものでもありません。
 任意である「課目振り分け」や「資金繰り名目」に、犯罪事実隠蔽の背景が無いのであれば、それは正当な会計処理だという、単純かつ明確な理由により「虚偽記載は存在しない」と断定することができるわけです。

 土地本登記の期日も同じことで、本登記が翌年のなった理由は何であれ、「翌年にずらすことで隠蔽しようとした犯罪事実もしくは犯罪疑惑」が存在しない以上、登記期日は売り主と買い主の合意で、任意に設定できるものですから、実際に本登記された2005年1月が、正しい「取得日」となります。
 陸山会の政治資金報告書には「2005年1月;資産_土地取得」となっていますので、ここでも「虚偽記載」はありません。

 石川氏らを起訴した後の検察ストーリーは「虚偽記載という犯罪を隠蔽しようとして、虚偽記載した」という「因果同列」の自己矛盾を露呈し、まったく支離滅裂な状態になっています。

 「闇献金受領という犯罪を隠蔽しようとして、虚偽記載をした」という、整合性のとれた当初のストーリーが「見込み違い」だったと判明した後になっても、往生際悪く「小澤叩き」を続けようとしたことの無理が、このような形で露呈したわけですね。

 一方の小澤氏側は「不法な金は一切受領していない」の一点張りですが、改めて、この事件の経緯を振り返るならば、それこそが検察側にとって一番の「弱点」であると感じられます。
 任意決定が認められる「課目振り分け」や「資金繰り名目」「土地登記期日」、もしくは「小澤氏を介在させた所有権の移転経緯」等を楯にして、会計処理の妥当性を主張するよりも、「会計処理の背後に犯罪疑惑が存在しない以上、故意の虚偽記載が成立する訳などない」と主張して、立件の妥当性に異議を唱える方が、一般市民にも理解し易く、受け入れられ易いのではないかと思います。

 私もずっと「小澤氏を介在させた所有権移転の経緯」を説明し、陸山会による会計処理の妥当性を主張してきた者ですが、このセクションの説明は、ある程度、専門的な知識が必要となるため、A層やC層(素直にまっすぐに物事が見れる者さんや壇公善さん、Black Maleさんら)には理解できても、B層、D層からは「屁理屈で誤摩化そうとしている」ように受け止められかねません。

 ひょっとしたら、会計処理についてあれこれ説明することは、検察(および検審)の無理筋ストーリーに付き合わされ、泥試合に巻き込まれていることになるのかも知れませんね。
 私たちも、そろそろ新展開に順応して、B層、D層向けに、新しい戦略および理論武装を用意しなければならない…と感じています。
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月27日 18:55:44: 0huCCn4zOU
犯罪性が無かったから結果的に不起訴になったんだろ。
検察に説明した以上のことをどうやって説明するんだよ。

02. 素直にまっすぐに物事が見れる者 2010年10月28日 16:19:16: AcVFBDjmH/WSM : 7wJO9weVyQ

投稿者です。

すばらしいフォローをありがとうございます。
10月26日に、この投稿の内容を、弘中弁護士事務所に、電話してから、FAXしたのですが、その後反応がありません。(前回もFAXしました。)
このような、現実が、私には不可解でならないのですよ。
何故、皆さんは、私の論説を『実行しようとしない』のでしょうか?

私は、その悩みを、今年の2月から、ずーと、抱えたままです。
ムネオ氏の二の舞いになるぞ!THE JOURNALも、郷原氏も、平野氏も、マスコミと一緒じゃないか。『衝撃暴露版』
http://www.asyura2.com/10/senkyo94/msg/526.html
投稿者 素直にまっすぐに物事が見れる者 日時 2010 年 9 月 09 日 21:35:01

そこで、お願いがあります。
『陸山会事件も、捏造だった。東京地検特捜部も解体だ!』の情報を拡散して、弘中弁護士に伝えられることが出来れば、必ずや、『日本に正義を取り戻せる』と確信しますので、後をお願いできないでしょうか?

私は、もうこれ以上の『ネタ』もありませんし、上記『衝撃暴露版』のように、味方のハズの人間達までも、敵にまわして、たった1人で戦い続けることに疲れ果てましたので、そろそろ、『素直に、負けを認めようかな』と思い始めている今日この頃です。


03. 2010年10月29日 04:38:46: TBWUqEWCzw
そんなFAXや電話している人、山ほどいると思いますよ。
おそらく弁護士事務所は迷惑に思っているはずです。

04. smac 2010年10月29日 06:03:02: dVqzW59EefGnc : VGm6hiWXZg
>>02

>このような、現実が、私には不可解でならないのですよ。

 素直にまっすぐに物事が見れる者さんの考察は、法廷戦術的に有意義かも知れませんが、政治的謀略に対抗する戦術としては不足があるのだと思います。

 要は「相手の土俵では戦わない」ことが肝要でしょう。

 石川氏ら側の言い分としては、
 「報告書に瑕疵があるのなら修正するが、その瑕疵に犯罪性が無い以上、罪に問うことは出来ないはず」
 「裁判所は、報告書に瑕疵があったか否かを審議する以前の問題として、検察に対し、犯罪性の有無を確認すべきである」
 「その上で、何らかの具体的な犯罪が背後に存在するという強い懸念が、客観的証拠から合理的に発生すると認められるならば、こちらも会計処理の妥当性について争う用意がある」
 「しかし、それが示されない段階で、陸山会の会計処理に瑕疵があったか否かの解釈論争をしても無意味であるし、法に定められた範囲を越え『他人の財布に手を突っ込む』かのような議論は、徒に世間の好奇心を刺激し、当方に不当な被害をもたらす虞れがある」
 …ということじゃないでしょうか?

 相手から攻められた部分に関してのみ反撃すれば良く、相手が具体的な攻撃材料を出してくる前から、全部の手の内を見せる必要もないでしょう。
 攻撃前であるのに、すべての事実をあからさまに開示した場合、その事実がこの件についての「完全無罪」を証明できるものであっても、別の件でまた新たな不正の疑惑をこじつける材料になってしまう危険性もあります。
 判決が無罪であっても、「まだまだ『真っ白』ではない」とする次なる攻撃のネタを、進んで提供する必要はありません。
 石川氏側の弁護団は、おそらくそのような考えで貴方の提案を採用しないのではないでしょうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK98掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧