★阿修羅♪ > 戦争b3 > 157.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アメリカのパナマ侵攻で見える「対テロ戦争」の欺瞞
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/157.html
投稿者 姉葉大作 日時 2010 年 2 月 19 日 14:50:12: 1eq0f123HFFf2
 


パパブッシュがCIA長官時代に撮影したノリエガとパパブッシュ。ちなみにビンラディンもサダム・フセインも元々は、CIAと一緒に働いていたのw

----------------------------------------------------------------
補足コメント
これから起こす湾岸戦争を遂行するための予備戦争&国軍を崩壊させてパナマ利権を獲得するためのものだった米軍のパナマ侵攻(1989年12月に侵略)を今から振り返るといろいろなモノが見えてくる。とはいってもアメリカが国策としている戦争ビジネスは、20年経った今でも全く同じ「テクニック」を駆使して戦争でさまざまな利益を得るやり方は、Made in USAと言える。
ちなみに21世紀初頭のパナマの麻薬流通量はノリエガ時代の2倍に増加ている...........タリバン政権崩壊後のアフガンと同じなのw

2

3

4
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月19日 15:20:22
とっても勉強になりました。
過去にこういう事があったなんて全然知りませんでした。
ありがとうございます。

02. 2010年2月19日 15:37:33
アメリカのメディアは、イラン戦争でもまったく同じ報道をした。
やっぱり戦争はアメリカの公共事業なんだろう。

03. 2010年2月19日 15:39:50
↑イラク戦争の間違いm(--)m

04. 2010年2月19日 19:53:39
>パナマ侵攻(1989年12月に侵略)

ベルリンの壁が崩れたのが1989年11月9日でした。今に続くわけですね。


05. 2010年2月20日 12:17:39
よーく分かりました。アメリカ軍産複合体の遣り方は恐ろしい。
日本も騙され撒くっている。
あの頃ブッシュ・パパが天皇の横でぶっ倒れたのを覚えてる。

06. 2010年2月20日 18:30:28
>05
しかも、宮沢喜一にゲロをぶっ掛けました。
で、米国で散々コメディアンがパパ・ブッシュのそのシーンを再演しました。
宮沢さんは親切に介抱したのに…。

7. 2016年7月24日 14:05:21 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9036]
2016年7月24日(日)
パナマが89年米侵攻の調査委発足
国連支援 犠牲者特定・人権侵害解明へ

 米軍が1989年12月、圧倒的な兵力と最新鋭の武器を投入して強行した中米パナマへの侵攻について、同国の学者ら5人をメンバーとする「真相調査委員会」が19日、国連の支援を受けて正式に発足しました。バレラ大統領の命令によるもので、犠牲者の特定や人権侵害の有無など真相を解明します。パナマ運河地帯の支配継続を企図した米国の身勝手な侵攻動機の不当性が改めて暴かれる可能性もあります。(桑野白馬)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-24/2016072401_04_1.jpg
 89年12月20日、米軍は2万6000人の軍隊を動員して、当時人口240万人のパナマに攻め込みました。この軍事作戦で500〜5000人のパナマ人が亡くなったとされていますが、正確な記録は残っていません。

 現地からの報道によると、パナマのイサベル・サインマロ副大統領・外相は今月19日、「真実が明るみに出ない限り和解はない」と述べ、米国に対してパナマ侵攻に関連する非公開文書の公開を求めました。

 委員会を取り仕切るサンタマリアラアンティグア大学のフアン・プアネルス学長は「犯罪や人権侵害の実態を暴き、このようなことが二度と起きないように勧告を出す」として、犠牲者に関する情報を寄せるよう国内外の人たちに呼び掛けました。

 委員会の構成と目的について政府に意見も述べてきた「被害者の家族と友の会」のトリニダード・アヨラ代表は20日、委員会の設置を求めてきた長年にわたる「一つのたたかい」の帰結だと歓迎。「これから痛ましい、別のたたかいがはじまる」「望み続けてきた正義が実現されたと感じている」とコメントしました。

 委員会は、今年の12月20日に第1回の報告書を公表する予定です。
米軍によるパナマ侵攻とは

 1989年12月20日、米国のブッシュ政権は「独裁者ノリエガ将軍の逮捕、パナマ運河保全や米市民の生命を守るため」という口実でパナマへの侵攻を開始しました。

 しかし、侵攻の真の目的は、パナマ国軍を解体し、運河地帯の支配を継続するため米軍駐留を永続化することにありました。そのことは、その後の多くの証言で明らかになっています。実際、米国の支援で作られた新政権のもとで、パナマ国軍は解体されました。

 パナマ侵攻について当時の国際社会は厳しく非難。89年末の国連総会は「国際法の著しい違反」と断罪し、米軍の即時介入停止、撤退を要求する決議を圧倒的多数で可決しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-24/2016072401_04_1.html


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧