★阿修羅♪ > 戦争b5 > 274.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ファルージャ:欧州放射線リスク委員会のバスビー教授の現地調査
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/274.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 7 月 06 日 03:43:44: 6nR1V99SGL7yY
 

ファルージャ:広島より酷い
http://www.youtube.com/watch?v=i4RL3-5qS8U

欧州放射線リスク委員会のバスビー教授は、
ファルージャ現地での調査の結果、
広島に投下された放射線の40倍と述べています。

http://www.youtube.com/watch?v=VAp7vlExcCM

"Falluja Worse Than Hiroshima "
http://arabwomanblues.blogspot.com/2010/07/falluja-worse-than-hiroshima.html
ファルージャの高レベルと低レベルの放射性地域の751家族4500人を調査。
それを他のアラブ三か国(クウェート、エジプト、ヨルダン)の非放射性地域と比較。

1)小児白血病は2004年以前と比較して40倍
 ヨルダンと比較しで38倍
 乳癌は2004年比で10倍
 リンパ性のガンは2004年比で10倍

2)乳児死亡率の大幅な上昇
 ファルージャの乳児死亡率は1000人中80人
 クウェートでは1000人中9人
 エジプトでは1000人中19人

3)細胞レベルの構造変化
 男児のX染色体の欠如
 ファルージャでは2003年には女児1000人に対し男児1050人の比率であった。
 2005年には女児1000人に対し男児350人の比率。

Press release: Genetic damage and health in Fallujah Iraq worse than Hiroshima
http://www.brusselstribunal.org/Fallujah020710.htm
2005年には女児1000人に対し男児850人の比率  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月06日 20:10:26: FqDvXxU8vI
非道いよー!
こんな事があってはならない。
原発を無くさないと、DU弾も無くならない。
核リサイクルの一環。
人殺し発電所は人殺し兵器を生んで遺伝子レベルでの人殺しを延々続ける。
小さい子供ほど被害が大きいなんて、最も非人道的悪行の極み。

02. 2010年7月10日 16:12:08: Ft9QdeHpLk
なんて酷いデマだ。異常過ぎる。

03. 2010年7月10日 16:51:36: kMDnyzvzyg
嘘ニュースで原発反対まで持って行くのは無理でしょw

04. 2010年7月10日 18:05:39: FqDvXxU8vI
日本の原発には独特の裏事情があり、其れは末端労働者の被爆を隠蔽するヤクザの存在だ。
監視室に踏ん反り返り、胸につけたガイガー・バッチも「0」表示の侭の上級職員だけでは原発を運営出来ない。
当初は被爆被害を存在しない!と強弁する事で地元の青年を雇う事も出来たが、病院に行っても決して正しい診断は出ず「家系の所為」にされて癌を患って若くして死ぬ。
無論、ヤクザは病院に入浸り、札びらで医師の顔を張るか、個人的に脅しをかけるか。
それじゃ、若者は都会へ出るばかりで、代わって雇われ始めたのが外国人労働者であり、主に東南アジアの、特にフィリピン等が多い。
外国人被爆労働者に関して国会質問もされて居るが、結局「追跡調査等は行って居りません」が答弁だったな。
人身売買で問題化したフィリッピーナの裏では、フィリッピーノはこんな使い捨て方だったんだよ。
言う迄も無いが、此れはヤクザの「担当業務」。
そして、其の末端がこんな所に迄も顔を出す。
ヤクザが政治に関わる時に使う名称が右翼だが、ネット右翼もやはり其の系譜は引いて居る訳だ。
欧州放射線リスク委員会やアルジャジーラを「>デマ」「>嘘」と言い切れる低知能振りの裏側は其れ。

05. 2010年7月11日 03:28:45: FNLZ2zKmCo
「広島に投下された放射線の40倍」って具体的に「何が」40倍なんだろう?
1.一次放射線の放射線量?
2.放射性物質(放射能を持つ物質)の総量?
3.地域住民の放射線被爆量?

1)はありえないな。核兵器を使ってないからな。
2)は現実的じゃないな。対人戦闘で劣化ウラン弾は使わないからな。
3)も無理だろうな。1)と2)のどっちでもない放射線被爆って何?

「欧州放射線リスク委員会」って確かイスラエル軍がガザ地区で使用した貫通爆弾を劣化ウラン製とかデマを飛ばしてなかったっけ?
※イスラエル軍が使用した貫通爆弾GBU39は鋼鉄製


06. 2010年7月11日 04:13:23: FNLZ2zKmCo
自己レス>>2。ヒは現実的じゃないな。対人戦闘で劣化ウラン弾は使わないからな。

ごめん、適当な事書いた。
よく考えたら「劣化ウラン」ってほとんど放射線が出ないんだった。

本当、何が広島の40倍なんだろう?


07. 2010年7月12日 18:27:16: FqDvXxU8vI
劣化ウランを抱いて毎晩寝ればいいのに。
さぞかし健康にいいだろう。
それから、インチキな事を書き込め。
まず、手前自身での実証が先。
被害が40倍に出て居る理由は、内部被爆と劣化ウラン残留量の大きさ、また原爆は一瞬の内に即死した人が多く、当然死者に後遺症は存在しない。
更に、劣化ウランは放射能面を切り離して考えて尚、重金属として有毒。
重金属と言うだけで既に催奇形性も発癌性も備えている。

08. 2010年7月13日 00:45:20: FNLZ2zKmCo
>劣化ウランを抱いて毎晩寝ればいいのに。
>さぞかし健康にいいだろう。
>それから、インチキな事を書き込め。
>まず、手前自身での実証が先。

なんでそう無闇に喧嘩腰なんだ?
下記のURLはIAEAのサイトだが中を読めばこう書いてある。

http://www.iaea.org/NewsCenter/Features/DU/faq_depleted_uranium.shtml

>DU does not add significantly to the normal background radiation that people encounter ever day. It is weakly radioactive.

劣化ウランの放射線と我々が日常的に受けているバックグラウンド放射線に大きな違いはない。
IAEA(国際原子力機関)がインチキだとでも?

>更に、劣化ウランは放射能面を切り離して考えて尚、重金属として有毒。


劣化ウランが重金属であること、有毒であることを否定した覚えは無いが?
放射性の話と、そもそも対人戦闘で劣化ウラン弾は使わないと言う話しかしていないが?

>重金属と言うだけで既に催奇形性も発癌性も備えている。

ほう!
それは初耳だ!!
鉄に催奇形性や発癌性があるとは知らなかった!!!
これからは鉄分は取らないようにしようw
鉄が重金属だって知らなかっただろ?


09. 2010年7月13日 00:59:32: FNLZ2zKmCo
>被害が40倍に出て居る理由は、

よく読め。
投稿者 妹之山商店街氏はこう書いている。

>欧州放射線リスク委員会のバスビー教授は、
>ファルージャ現地での調査の結果、
>広島に投下された放射線の40倍と述べています。

被害ではなく、「放射線が」広島に投下された原爆の40倍って書いてあるだろう?
あんまり適当な事、書くなよ。


10. 2010年7月13日 01:30:30: FNLZ2zKmCo
因みに平成20年度現在、被爆者手帳を持っている人の数は235,569人
半数は長崎での被爆者としても、10万人以上
しかも戦後65年を経過して、亡くなられた方も多い。

ファルージャでの被害がその40倍だというなら、最低でも400万人以上ってことになる。
ファルージャ市の人口は28万5千人、市域全体でも42万6千人弱
凄いな、劣化ウラン弾
存在しない人間にまで被害を及ぼすとはw


11. 妹之山商店街 2010年7月13日 07:17:00: 6nR1V99SGL7yY: VG5mOSqREw
>>09
>>08

>被害ではなく、「放射線が」広島に投下された原爆の40倍って書いてあるだろう?

書いていません。

「放射線が」ではなく、

「放射線の」です。

「広島に投下された放射線の40倍」というのは、“述語”部分です。

この“述語”部分に対する“主語”部分が不明瞭です。

一体、“何が”「広島に投下された放射線の40倍」であるのかは、不明瞭です。


“ファルージャに投下された「放射線が」広島に投下された原爆の40倍”
などとは書いていませんし、そんなことはありえないだろうと思います。
バスビー教授がそんなことを言っているとは思えませんが、
もしバスビー教授がそう言っているのなら、明白な誤謬だと思います。


>劣化ウランの放射線と我々が日常的に受けている
>バックグラウンド放射線に大きな違いはない。

劣化ウラン弾で問題なのは、外部被曝ではなく、

<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>です。

したがって外部からの自然放射線と比較することに意味はありません。

つまり、単純に放射線の“量”が問題なのではなく、
<アルファ線による内部被曝>が問題なのです。


この投稿の翌日に投稿した、この投稿へのレスをお読み下さい。

ファルージャと、「広島の40倍」というキャッチーなフレーズ
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/288.html


12. 2010年7月13日 17:55:35: FqDvXxU8vI
日本のネット右翼が劣化ウラン弾も右翼利権の一部であると見て、擁護姿勢に徹している世界の非常識は既に世に知られている。
しかも、鉄が重金属?!
奇想天外の「とんでも科学」にも程がある。
馬鹿過ぎて話にならない。
「水兵リーベ僕の船」以前の問題。
詰まり、義務教育以下。
でも「ゆとり」って元素表も義務教育で習わなかったのかな?
全く、中山成彬みたいな馬鹿右翼が牛耳った自民党教育改悪は!!!

13. 2010年7月13日 20:46:23: FqDvXxU8vI
結局、キャッチーなフレーズ「広島の40倍」を嫌う心理自体が、そもそも中曽根康弘の利権構造で今尚血税から「利潤」を生み続け関係者を潤し続ける原子力機構の、心理戦(?)から生じたもの。
ま、其れもかなり粗雑なんだけど。
鉄なんて安定した金属を重金属だから危険とか、非常に他人を馬鹿にしていて、例えば砒素も毒物だが極々微量なら人体に必要だから海藻がミネラルを含んで体にいい、として日本人は食べ続けて来た。
そんな庶民の知恵を嘲る姿勢が最初の「自然界に放射能が存在するから放射能は安全です」。
日本原子力気候のキャッチーなフレーズの一つでとても有名だ。
でも、じゃ、何故広島と長崎の原爆で人が亡くなったの?と純真な子供に問われて編み出したインチキが「放射能と放射線の飽く迄も言語上の違い」と「核と原子力の飽く迄も言語上の違い」。
物理学的に意味がある違いではない。
しかしキャッチーなフレーズは以降「放射線は自然界に存在するから安全です」と言いつつ、原発で測られるのは放射線になる、と言う鉄壁のインチキ振り。
正直言って、きもい!
この上無く気持ち悪い!
しかもネット右翼が使うと余計に邪悪さや馬鹿さ加減が際立つ!
でも、こんな馬鹿な手が(中途半端にせよ)通じるのは日本国内だけ!
だから日本の非常識が世界の常識で、世界の常識が日本の非常識になる。
肝心の時に仲間内で足の引っ張り合いをする様、利権側から仕組まれれば従順に其れに従う御馬鹿な反核運動の分裂と言い、世界から見れば摩訶不思議のアリス・ワンダーランド!

14. 2010年7月13日 23:39:23: FNLZ2zKmCo
>しかも、鉄が重金属?!
>奇想天外の「とんでも科学」にも程がある。

この反応は想定外だったw
都合の悪い事は無視するか、「そんなつもりで書いたのでは無い!!」とか言い出すんだろうと思っていたんだがw
って言うか、ググレ、調べろ。
下記は「鉄 重金属」でグーグル検索した結果の上位2つ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E9%87%91%E5%B1%9E

>重金属(じゅうきんぞく、英語:heavy metals)とは、比重が4〜5以上の金属元素のことである。
>一般的には鉄以上の比重を持つ金属の総称。

鉄の比重は、7.85
「鉄以上」には「鉄」が含まれる。

http://sci.la.coocan.jp/fchem/log/rika/7005.html

>重金属の「重」は「重い」という意味です。つまり密度(比重)が大きい金属のことです。
>普通、密度が4〜5g/cm^3以上の金属を重金属といい、それ以下の金属を軽金属といいます。
>しかし、この境界はあいまいで、チタンの密度は4.5g/cm^3ですが、軽金属にいれることがあります。
>重金属:鉄、クロム、コバルト、銅、金、スズ、鉛、ビスマス、亜鉛、カドミウム、水銀など。

重金属のトップに鉄と書いてあるな。

>馬鹿過ぎて話にならない。
>。ヨ水兵リーベ僕の船」以前の問題。
>詰まり、義務教育以下。
>でも「ゆとり」って元素表も義務教育で習わなかったのかな?

ブーメラン♪ブーメラン♪


15. 2010年7月14日 00:19:22: FNLZ2zKmCo
>>妹之山商店街氏

>書いていません。「放射線が」ではなく、「放射線の」です。

失礼、強調するために分かりやすく書こうとしたのですが、不正確でしたね。

>一体、“何が”「広島に投下された放射線の40倍」であるのかは、不明瞭です。

それには全面的に同意します。
私自身がO6で「本当、何が広島の40倍なんだろう?」とコメントしているとおりです。

>バスビー教授がそんなことを言っているとは思えませんが、

この欧州放射線リスク委員会とバスビー教授ってかなり胡散臭いですよ?
下記は某サイト(「荒し」が沸きそうなのでURLの紹介はしません)の受け売りですが、

バスビー教授について

>Wikiでは、
>"Busby was also the National Speaker on Science and Technology for the Green Party of England and Wales " とあり、緑の党の手羽先です。
>"Mads Fredrik Gilbert is a Norwegian doctor, solidarity worker and a member of the socialist party Red. He is a specialist in anesthesiology " 極左政党所属の麻酔医となっています。
>出自は放射線の専門家ではないようです。

欧州放射線リスク委員会について

>the European Committee on Radiation Risk (ECRR)ってのは、"a self-styled organisation with no formal links to official bodies.”だそうで。
>つまり「私的に設立された団体」で「公的機関とはなんの関係もない」ということだ。

>でもって
>The methodology proposed by ECRR for estimating radiation risks from internal emitters is arbitrary and does not have a sound scientific basis.
>。ヨECRRの放射線リスク検証方法は独善的で健全な科学的根拠に基づかない」

>Furthermore, there are many misrepresentations of ICRP, misunderstandings, inconsistencies and unsubstantiated claims in the ECRR report.
>。ヨさらに、国際放射線防護委員会(?)の報告を不正確に伝え、誤解し、矛盾があり、証拠のない主張をおこなっている」

>とイギリスの公的機関から言われている程度の団体ですわよ。

>http://www.hpa.org.uk/webw/HPAweb&HPAwebStandard/HPAweb_C/1195733710621?p=1158945066127

あまり信頼がおける様には見えませんね?
ついでに言うと、以前DIME(カーボン外殻及びタングステン芯)と言う爆弾を、「核兵器に分類される。」とTVのインタビューで公言した、ノルウェー人医師マッズ・ギルバート氏も欧州放射線リスク委員会の人でした。
劣化ウランさえ使っていない爆弾が核兵器w

>この投稿の翌日に投稿した、この投稿へのレスをお読み下さい。
>ただ、<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>
>これが、強力な破壊力を有しているのは、科学的事実であり、客観的事実です。

拝読致しました。
ひとつお伺いしたいのですが、下記の「事実」はどの様にして確認出来ますか?
参照先URLのプロフィールを拝見すると、妹之山商店街氏ご本人のご様子ですので根拠にはなりえません。
先にお断りしておきますが、私は事実と断定してしまって良いものか疑問に思っているのみで、可能性を否定している訳ではありません。


16. 2010年7月14日 00:40:17: FNLZ2zKmCo
>>妹之山商店街氏

追記

私の興味の主体は「欧州放射線リスク委員会とバスビー教授」の証言の信頼性です。

15)のコメント欄にも書いたとおり、かなり胡散臭い団体ですし、なにより対人戦闘に徹甲弾は使いません。(劣化ウラン弾は徹甲弾の一種)
何故なら、対人戦闘なら榴弾の方が効果的である上に、榴弾よりも徹甲弾の方が高価だからです。
しかも市街戦で劣化ウラン弾を使えば、自国の兵士も被爆します。
常識的に考えて、効率が悪く、高くつき、なおかつ人的リスクも拡大する兵器をわざわざ使用するとは考えがたい。

せっかくレスを頂いたので申しますが、うかつに信じ込むのはかなり危険ではないかと存じます。
先ず真偽を確かめられた方が宜しいのではないでしょうか?


17. 2010年7月14日 00:47:10: FNLZ2zKmCo
訂正

>自国の兵士も被爆します。(誤)

自国の兵士も重金属の毒性や(有害な水準であるか否かは不明だが)内部被爆にさらされる危険があります。


18. 妹之山商店街 2010年7月14日 03:19:12: 6nR1V99SGL7yY: dybro9ZGmg
>>15
>>16

>ひとつお伺いしたいのですが、下記の「事実」はどの様にして確認出来ますか?

「下記の「事実」」が何を指しているのか理解できませんので、
お答えのしようがありません。

ファルージャでの劣化ウラン弾の使用については、

(1)・ファルージャで劣化ウラン弾を“大量”に使用したとは主張していない
 ・ファルージャで劣化ウラン弾を“全く”使用していないとも主張していない

つまり、ファルージャで劣化ウラン弾は“ある程度”使用された。

(2)劣化ウラン弾“だけ”が症状の原因だとは主張していない。

多くの推測し得る原因の中の“一つ”の候補にすぎない。

(1)と(2)の間には論理的矛盾はありません。

つまり、ファルージャで劣化ウラン弾が“ある程度”使用されているのなら、
それも推測し得る“一つ”の原因である。

全く何もおかしな話ではないと思いますが。

原因の候補はいくらでもあります。
例えば、下記のBBCのレポートでは、
大量の瓦礫を川に投棄し、住民がその川の水を
飲料水として使用していたと報告しています。

ファルージャの子供達の悲劇
http://www.youtube.com/watch?v=_VBdn4QNbcI

ダイオキシンなどの化学物質も有力な原因の候補だと思います。

イラク全土で汚染が報告されています。
Iraq littered with high levels of nuclear and dioxin contamination, study finds
http://www.guardian.co.uk/world/2010/jan/22/iraq-nuclear-contaminated-sites

そして米軍もイラク全土で大量の劣化ウラン弾を使用したことを認めています。
(量については公表しているのかどうか分かりませんが)

ついでに、アメリカ自身も劣化ウラン弾の危険性について述べています。

<米大使館のHPより>
劣化ウランに関するよく尋ねられる質問
http://tokyo.usembassy.gov/j/p/tpj-j20031006d1.html
他の重金属と同様、劣化ウランは、潜在的に有毒である。
劣化ウランを飲み込んだり、吸い込んだりした場合、
量が多ければ、化学的毒性の故に有害である。
高濃度の場合には、腎臓障害を引き起こす可能性がある。
世界保健機関(WHO)によると、放射能毒性が肺がんを引き起こすのは、
極めて多量の劣化ウランの粉じんを吸入した場合である。

劣化ウラン弾が装甲車両に命中すると、
吸入される可能性のある劣化ウランの微粒子を含むエアゾールが形成される。
汚染物質の大半は、被弾した車両内部にとどまる。
しかし、粉じんの一部は空中に散り、風で拡散したり、雨で地面にたい積する。

考えられる被ばくの主な経路は、劣化ウラン弾が硬い標的に命中する際に生じる劣化ウランの粉じんを吸い込むことである。
吸入することで、肺やその他の器官が被ばくする可能性はある。
劣化ウランの影響を受けた地域の住民が被ばくする経路は、
最初に地面にたい積していた劣化ウランの粒子が、
風や人間の活動により再び空中に舞い上がったものを吸入することが考えられる。

バスビー教授の調査報告が公表されました。
Cancer, Infant Mortality and Birth Sex-Ratio in Fallujah, Iraq 2005?2009
http://www.mdpi.com/1660-4601/7/7/2828/

ここには、「広島の40倍」などの記述はありません。
劣化ウラン弾が原因だとも主張していません。
劣化ウラン弾が原因の一つだとも主張していません。

今回の聞き取り調査の結果を淡々と報告しています。

この調査報告の内容に、一体どういう疑いを持つのか理解できません。


19. 2010年7月14日 09:37:17: B07B5uUwkU
欧州放射線リスク委員会って胡散くさいなw 所詮はイギリス政府からトンデモ団体認定されているだけの事はある。あとバスビー教授はちゃんとした学術誌に論文を乗せようとしない(検証されたくない)っていう似非科学者だし、お話にならないかと。

20. 2010年7月14日 17:56:20: FqDvXxU8vI
日本の馬鹿右翼に着ける薬無し。
余りに低脳で、物事が合理的に考えられない。
バスビー教授はネット右翼のイメージ操作に左右されない。
大体、其れは既に開催された昨年のイラクDU被害の会議矢、近く開催される次の会議で明らか。
国連の議場で、バスビー教授の信用度とネット右翼の信用度と、全く勝負にならない。
現実世界での、教授の実績の方が明らかに重い。
自己中を拗らせてネット右翼の影響力を過大評価し過ぎ。
昨年衆院選の自民敗因も其れ。
後、馬鹿過ぎて鉄が重金属とか、「以上以下」の語の評価を数学と一般常識に於いて混同してる。
鉄は比較的重いが、安定した物質で、人体ではヘモグロビンにも含まれ、地球上では温血動物の血が酸化鉄の色に因り赤い。
何れにせよ、一つの点だけを針小棒大に解釈して、勝手に独りで決めた俺様ルール上の規定に因り『一つ違えば全部が誤り』と決め付けるのがネット右翼阿呆さ加減の特徴の一つ。
全く非合理であって、装ったインチキ科学性が其れで全部剥げ落ちる。
冷静さが存在しないんだよね…、この世の全てが口喧嘩で決まり、この場での勝負が全てに影響すると信じて已まない。
是々非々って事がそもそも理解出来ないのがネット右翼の低知能さを証明する。

21. 2010年7月14日 18:01:13: FqDvXxU8vI
後、ネット右翼の世界観に存在する「被害者」像は、中国当局に対するチベット人とウイグル人だけ。
(但し、仮にファルージャにウイグル人被爆者が居ても、其れは都合よく無視する。)
理由は、米国の狗として其れが必要な態度であるから。
DU弾を肯定的に捉えたい理由も同じ。
DU弾原材料の原発利権も絡むが、基本的に米国の狗としての活動実績。
ちんけな小者だけど!

22. 2010年7月14日 23:37:36: FNLZ2zKmCo
>妹之山商店街氏

>。ヨ下記の「事実」」が何を指しているのか理解できませんので、
>お答えのしようがありません。

>この投稿の翌日に投稿した、この投稿へのレスをお読み下さい。
>ただ、<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>
>これが、強力な破壊力を有しているのは、科学的「事実」であり、客観的「事実」です。

「上記」の事実です。
断定しておられますので、証拠資料をお持ちなのかと思い伺いました。
参照先のURLも拝読致しましたが、プロフィールを拝見すると、妹之山商店街氏ご本人のご様子です。
根拠となりえないのは、お分かりかと存じます。

>ファルージャで劣化ウラン弾が“ある程度”使用されているのなら、
それも推測し得る“一つ”の原因である。
>全く何もおかしな話ではないと思いますが。

お断りしておきますが、私は「欧州放射線リスク委員会のバスビー教授の現地調査」の信頼性を問題にしているのであって、ファルージャでの(本当にあったと仮定した場合の)健康被害を問題にしていません。
信憑性が疑わしい現地調査を元に健康被害を論じる事に価値が見出せないからです。

ただし、その推測にはかなり無理があります。
何度も書いている通り、対人戦闘に徹甲弾(劣化ウラン弾は徹甲弾の一種です)は使いません。

>イラク全土で大量の劣化ウラン弾を使用したことを認めています。

ええ、イラク陸軍は国家規模からすると、かなり強力な機甲戦力を保有していました。
当然、大量の徹甲弾が使用されたことでしょう。
そして、ファルージャでは機甲部隊との戦闘は行われておりません。
ファルージャ掃討作戦は、対人戦闘です。
ですから、“ある程度”使用されていないだろうと推測出来る訳です。

>この調査報告の内容に、一体どういう疑いを持つのか理解できません。

?私、調査報告の内容に言及しましたか?
いや、確かに疑っていますが。
何故、疑っているのかは後述いたしますが、本来私の指摘は、妹之山商店街氏の「バスビー教授がそんなことを言っているとは思えませんが」という評価に対して「バスビー教授はかなり胡散臭いですよ?あまり信用しすぎない方が良いんじゃありませんか?」と言うバスビー教授自身の信頼性を疑うものです。
調査報告の内容に言及するものではありませんでした。

以下は、「何故調査報告の内容を疑うのか?」への回答です。
そもそも私ならバスビー教授でなかったとしても、第三者による検証がなされていない調査報告なら判断を留保します。
ましてやバスビー教授の場合、ウィキペディアを信じるなら「アカデミックな媒体での論文発表ではなく自費出版という形で研究成果を世に出している」との事
つまり常日頃から学術的な検証を受けていない訳です。
これだけでも、一般的な調査報告よりも信頼性は薄いと考えます。

そして所属している欧州放射線リスク委員会への公的機関からの評価が「私的に設立された団体であり公的機関とは無関係」
「欧州放射線リスク委員会の放射線リスク検証方法は独善的で健全な科学的根拠に基づかない」
「国際放射線防護委員会(?)の報告を不正確に伝え、誤解し、矛盾があり、証拠のない主張をおこなっている」と言うもの。
さらには同僚たるノルウェー人医師マッズ・ギルバート氏は、DIME(カーボン外殻及びタングステン芯)と言う爆弾を、「核兵器に分類される。」とTVのインタビューでデマを飛ばしていました。
そこに来てバスビー教授ご本人がTVで「広島の40倍」ですからね。
ウィキペディアを信じるなら、バスビー教授は英国緑の党のNational Speakerだそうです。
調査報告に政治的な意図を感じるのは不自然でしょうか?
私はバスビー教授の調査報告には、意図的な健康被害の誇張が含まれている可能性を疑います。

何度も言いますが、信頼性に乏しい人物が書いた、第三者の検証を受けていない調査報告を元に議論することは、私には不毛に思えます。


23. 2010年7月14日 23:55:46: FNLZ2zKmCo
>妹之山商店街氏

追記

先の「証拠資料」についてですが、もし可能であれば、世界保健機関(WHO)の「放射能毒性が肺がんを引き起こすのは、極めて多量の劣化ウランの粉じんを吸入した場合である。」以外でお願いします。
参照先URLを拝見する限り、妹之山商店街氏のご意見は少量の劣化ウランでも体内被曝すれば危険と言うものでした。

>。ヨ少しの放射線は心配無用」というテーゼに対して、ある限定性に於いては、理解できます。
>低レベル放射線が、<人体の約60兆個の細胞に、ランダムに、
>つまり同じ箇所に連続して放射し続けるのでなければ>、という限定性です。
>。ヨ低レベル放射線ではあるけれども、心配無用とは言えない」
>いや、それどころか、かなり危険である。
>というのが、現在の私の考えです。

勿論、「ファルージャでは多数の人が『極めて多量の劣化ウランの粉じんを吸入した』」「それだけ多量の劣化ウラン弾がファルージャで使われた。」と想定しておられるなら、話は別ですが。


24. 2010年7月15日 01:11:04: FNLZ2zKmCo
>FqDvXxU8vI
>後、馬鹿過ぎて鉄が重金属とか、「以上以下」の語の評価を数学と一般常識に於いて混同してる。

ふ〜ん、数学ねぇw

>http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/ikou/007.pdf
>移行期間中の『小学校算数』の〔用語・記号〕について
> 『第4学年』 和 差 積 商 整数 数直線 小数点 和 差 積 商 『以上 以下』 未満. 分母 分子 帯分数 真分数 仮分数

『小学校算数』『第4学年』『以上 以下』
ま、お前にとっては数学なんだろうさw

「鉄 重金属」でグーグル検索した結果の上位2つ

>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E9%87%91%E5%B1%9E
>重金属(じゅうきんぞく、英語:heavy metals)とは、比重が4〜5以上の金属元素のことである。

『鉄』の比重は7.85ですがw

>http://sci.la.coocan.jp/fchem/log/rika/7005.html
>密度が4〜5g/cm^3以上の金属を重金属
>重金属:『鉄』、クロム、コバルト、銅、金、スズ、鉛、ビスマス、亜鉛、カドミウム、水銀など。

はっきり『鉄』と書いてあるな。

>鉄は比較的重いが、安定した物質で、人体ではヘモグロビンにも含まれ、地球上では温血動物の血が酸化鉄の色に因り赤い。

で?
それが何?
重金属が安定していないって誰が決めたの?

>http://www.weblio.jp/content/%E9%87%8D%E9%87%91%E5%B1%9E
>重金属とは - 環境用語 Weblio辞書
>ふつう比重四以上のものをいう。白金・金・水銀・銀・鉛・銅・『鉄』・クロム・マンガン・コバルト・ニッケルなど。
>軽金属に対する語。
>比重4以上の金属(約60種)の総称。
>重金属類は,一般に体内に蓄積する傾向があり,程度の差はありますが有害なものが多くなっています。

残念だったねぇ。
比重4以上の金属の総称だから、比重7.85の鉄は余裕で含まれるねぇ。
『有害なものが多いの』であって、『>重金属と言うだけで既に催奇形性も発癌性も備えている。』訳じゃあ無いんだよw

>一つの点だけを針小棒大に解釈して、

ブーメラン♪ブーメラン♪

>しかも、鉄が重金属?!
>奇想天外の「とんでも科学」にも程がある。
>馬鹿過ぎて話にならない。
>水兵リーベ僕の船」以前の問題。
>詰まり、義務教育以下。
>でも「ゆとり」って元素表も義務教育で習わなかったのかな?


>勝手に独りで決めた俺様ルール上の規定に因り『一つ違えば全部が誤り』と決め付けるのがネット右翼阿呆さ加減の特徴の一つ。

泣きが入りましたw

人が「バスビー教授の現地調査」に意見を述べたら、関係の無い奴がいきなり「手前」「インチキな事を書き込め。」と噛み付いてきて、間違いを指摘されると逆切れして「とんでも科学」「馬鹿すぎて話にならない」と意味の無い罵倒、さらに証拠付きの反論で追い詰められて、遂に話題をそらし始めましたw
もう少し頑張れよ粘着君w


25. 2010年7月15日 01:22:58: pp0EWQcIBU
鉄の毒性

健康な人が通常の食事によって鉄の過剰症を起こすことはほとんどありませんが、治療用の鉄剤などを過剰に摂取すると、便秘、胃腸障害、鉄沈着、亜鉛の吸収阻害などが起こる可能性があります(1)(3)(6)。また、幼児では、鉄剤やサプリメントの誤飲により急性鉄中毒を起こすことがあり(1)、この場合、重度の臓器障害や死を招くおそれがあります(6)。鉄は過剰摂取によって毒性が認められるため、食事摂取基準でも上限量が設けられています(1)。 

(C型慢性肝炎と鉄制限食)
近年、瀉血療法と合わせて食事中の鉄を7-8mg/日以下に抑えた鉄制限食を摂取することにより、C型慢性肝炎の改善が見られるとの報告があります(9)。更に、C型慢性肝炎患者13名(男性5名、女性8名、平均年齢66±6歳)を対象として鉄量6mg/日以下、エネルギー30kcal/kg/日、たんぱく質1.1〜1.2kg/kg/日、脂肪比率20%の鉄制限食を3ヶ月間摂取させたところ、指導開始前と比較して、ALTやAST、フェリチン値、総コレステロール値が低下したとの報告もあります(10)。なお、鉄制限食とは鉄量の多い食品を絶対に食べてはいけないということではなく、量や頻度、組み合わせを工夫し、多種類の食品を摂取するように心がける必要があります。

=====================================
鉄中毒

鉄を含む錠剤は、貧血の治療に広く用いられています。鉄は多くのビタミン補助サプリメントにも含まれています。特に乳幼児は、こうした錠剤を取りすぎると鉄中毒を起こします。成人用の家庭用総合ビタミン剤の多くは鉄分を含んでいるため、鉄の摂取過剰は頻繁に起こっています。しかし鉄分を含むビタミン剤を過剰に摂取しても、特に小児用のチュアブル錠の場合は、重い中毒を引き起こす量には至りません。ただし純粋な鉄のサプリメントの取りすぎは、重大な鉄中毒を起こすことがあります

深刻な中毒はまれです。初めは胃や消化管に刺激を感じます。数時間以内に、細胞内の化学反応が阻害され、鉄は毒性を現します。数日以内には肝臓が障害を受けます。回復の数週間後に、胃、消化管、肝臓に刺激による瘢痕が生じます。

症状

鉄による重い中毒症状の多くは、過剰摂取後6時間以内に発症します。鉄中毒の症状は4段階で進行します。第1期(摂取後6時間以内)には、嘔吐、下痢、腹痛、眠気、意識消失、けいれんなどの症状が起こります。胃から出血することもあります。中毒が特に重い場合は呼吸や脈拍が速くなり、低血圧が起こります。第2期(摂取後8〜24時間)では症状は改善されたようにみえます。第3期(摂取後6〜48時間)には重度の低血圧(ショック)、出血、黄疸、肝不全、けいれん、錯乱、昏睡が生じ、血糖値が下がります。第4期(摂取後2〜6週間)では、胃や腸に瘢痕による狭窄が起こり閉塞します。胃や腸の瘢痕は、激しい腹痛や嘔吐の原因となります。後に肝臓に重度の瘢痕(肝硬変(脂肪肝、肝硬変、その他の関連疾患: 肝硬変を参照))が起こることもあります。

診断と治療

鉄中毒は、経過や症状と血液中の鉄の濃度によって診断されます。大量の錠剤を飲んだ場合は、胃や腸のX線写真に写ることがあります。

鉄中毒の症状がある場合や、血液中の鉄の濃度が高い場合は入院が必要です。胃の中に残るすべての鉄を除去するために、胃洗浄が必要になります。胃洗浄や嘔吐をしても大量の鉄が胃に残ることがあります。口からか胃に挿入した管を通じて特殊な塩分の水溶液を入れて胃や腸の内容物を洗い流すこともありますが(全腸洗浄)、効果は明らかではありません。血液中の鉄分と結合するデフェロキサミンを注射することもあります。


26. 2010年7月15日 01:28:27: pp0EWQcIBU
白金の毒性

白金の急性毒性は、主として白金化合物の種類に依存する。溶解性の白金
化合物は、不溶性のものよりもずっと毒性が強い。例えば、ラットに対する
経口毒性[LD50(50%致死量)の数値]は次の順で低下する。
ヘキサクロロ白金(W)酸ナトリウム・Na2[PtCl6](25〜50mg/kg)>ヘキサ
クロロ白金(W)酸アンモニウム・(NH4)2[PtCl6](195〜200mg/kg)>四塩化白
金(W)・PtCl4(240mg/kg)>硫酸第二白金(W)・Pt(SO4)2・4H20(1,010mg/
kg)>二塩化白金(U)PtCl2(>2,000mg/kg)>二酸化白金(IV)・PtO2(>8,000
mg/kg)。後の二化合物のLD50は算定されていない
白子の(albino)ウサギの皮膚試験においては、二酸化白金(IV)・PtO2、二
塩化白金・PtCl2(U)、テトラクロロ白金(U)酸カリウム・K2[PtCl4]ジアミ
ンジニトロ白金(U)・[Pt(NO2)2(NH3)2]ビス(ペンタン−2−ジオン)白金
(U)・Pt(C5H7O2)2、トランスージアミンジクロロ白金(U)・trans-[Pt2
(NH3)2]は非刺激物質に分類された。へキサクロロ白金(W)酸アンモニウム
・(NH4)2[PtCl6]テトラクロロ白金(U)酸アンモニウム・(NH4)2[PtCl4]ヘ
キサクロロ白金(W)酸ナトリウム・Na2[PtCl6]ヘキサヒドロキソ白金(W)
酸ナトリウム・Na2[Pt(OH)6]テトラシアノ白金(U)酸カリウム・K2[Pt
(CN)4]テトラアンミン白金(U)塩化物・[Pt(NH3)4]Cl2、シスージアミンジ
クロロ白金(W)・cis-[PtCl2(NH3)2]は刺激物質のように見えるが、その程
度は様々である。
眼の刺激試験においては、試験された白金化含物のすべては刺激作用を示
した。トランスージアミンジクロロ白金(U)・trans-[PtCl2(NH3)2]および
テトロクロロ白金(U)酸アンモニウム・(NH4)2[PtCl4]では腐食性を有する
ことが判明した。
 モルモットおよびラットにおいて、塩化白金錯体類の静脈注射後に激しい
呼吸困難が観察されたが、これはおそらく非アレルギー性のヒスタミンの放
出によるものであろう。この非特定的なヒスタミン放出は、動物とヒトの双
方におけるアレルギー感作の診断の説明を複雑化させている。
 硫酸白金(W)・Pt(SO4)2の週3回、4週問の皮下および静脈内注射後では、
皮膚試験(モルモットおよびラット)、被動性転嫁(passive trans:P-K反
応)、footpadテスト(マウス)による測定では、アレルギー状態の誘発はなか
った。白金−卵白複合物の投与による実験動物の感作も成功しなかった。
メスの冠毛つきリスター系ラット(female hooded Lister rats)に対するテト
ラクロロ白金酸アンモニウムの遊離塩・(NH4)2〔PtCl4〕による感作が、腹膜
内、筋肉内、皮下、気管内、footpadルート経由により、百日咳菌アジュバ
ンド*と共に試みられたが、直接的皮膚試験・受身皮膚アナフィラキシー
(PCA)テスト・RAST*で示されたように、その結果は失敗であった。しか
し、白金−タンパク質を用いた場合にはPCAテストでは陽性の結果が報告
されている。
 カニクイザル(Macaca fasicularis)に村する200μg/m3のヘキサクロロ白金
(W)酸ナトリウム・Na2[PtCl6]の4時間/日、隔週での12週問の鼻部のみ
による吸入暴露では、対照動物と比較して著しく大きな肺の欠損(deficits)が
観察された。また、ヘキサクロロ白金(W)酸アンモニウム・(NH4)2[PtCl6]
の暴露では、オゾンとの共存暴露においてのみ、重大な皮膚過敏症と肺の過
剰反応性を発生させた。
オスのSprague−Dawley系ラットを用いた経口投与試験では、塩化白金(W)
・PtCl4塩類(飲料水中に182mg/l)および硫酸白金(W)・Pt(SO4)2・4H20
(248mg/1)は4週間の観察期問中では正常な体重増加への影響はなかった。
しかし、3倍の白金濃度の場合には、体重増加率は飼料と水の20%消費減
少と平行し、最初の1週問の期問中のみ約20%減少した。
 生殖、胎児毒性、催奇形性に吋する白金の、影響について入手し得る実験
データはごく限られている。硫酸白金(W)・Pt(SO4)2(200mgPt/kg)は、スイ
スICR系マウスの仔獣の体重を、分娩後8〜45日の間減少させた。妊娠12
日目にヘキサクロロ白金(W)酸ナトリウム・Na2[PtCl6](20mgPt/kg)に暴露
された母獣より生まれた仔獣への主な影響は活動の減少であった。固体の白
金の針金や薄片は生物学的には不活性と見なされており、ラットおよびウサ
ギの子宮内への移植後の悪影響は、おそらくその異物の物理的存在によるの
であろう。
妊娠18日のラットへの191PtCl4の静脈内投与(25μキュリー/動物)では、
限定された範囲内での胎盤関門の通過が認められた。
数種類の白金化合物は多数の細菌システムにおいて変異原性が見出されて
いる。比較研究において、シスプラチンは他のテストされた白金塩類よりも
強い変異原性をしばしば示した。哺乳類細胞(チャイニーズハムスター卵
巣細胞-HCFF-システム)によるin vitro(試験管内)研究においては、シス
ージアミンジクロロ白金(U)・cis−[PtCl2(NH3)2]、トリクロロアンミン白金
(U)酸カリウム・K[PtCl3(NH3)]、トリアミン白金(U)塩化物・[Pt(NH3)3Cl]
Clの変異原性活性の比は、100:9:0.3であった。テトラクロロ白金(U)
酸カリウム・K2[PtCl4]、トランスージアミンジクロロ白金(U)・trans[PtCl2
(NH3)2]の変異原性は限界すれすれ(marginal)であったが、一方、テトラア
ミン白金(U)塩化物・[Pt(NH3)4]Cl2は変異原性を示さなかった。また、テ
トラクロロ白金(H)酸カリウム・K2[PtCl4]およびテトラアミン白金(U)塩
化物・[Pt(NH3)4]Cl2は、ショウジョウバエ(melano gaster種)の性関連の劣性
致死テスト、マウスの小核テスト、チャイニーズハムスター骨髄テストにお
いて変異原性は観察されなかった。
シスプラチン以外は、白金および白金化合物の発がん性の実験的データは
入手できない。シスプラチンについては、動物に対する発がん作用の十分な
証拠が存在する。しかし、シスプラチンとその類似物質はその他の白金化合
物と比較するとむしろ例外的である。これは、それらの抗腫瘍作用について
のユニークなメカニズムを反映している。グアニンの特定位置におけるシス
異性体によってのみ形成されるDNAのストランド(鎖)内の橋かけ結合がこ
の抗腫瘍作用の理由とされている。がん細胞内におけるDNA合成は脆弱化
され、一方、正常細胞においてはシスプラチンによるグアニンの損傷は、合
成以前に修復されるように見える。


27. 妹之山商店街 2010年7月15日 02:38:44: 6nR1V99SGL7yY: 9w7W96vMFs
>>22
>>23

<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>
これが、強力な破壊力を有しているのは、科学的「事実」であり、客観的「事実」です。

というのはその質量のことです。

アルファ線は、陽子2個と中性子2個の質量4、つまりヘリウムの原子核です。
ベータ線は、電子です。陽子は、電子の1833倍。その4倍とは7332倍。
アルファ線はベータ線の7322倍の質量を持ちます。
アルファ線はその質量の為に通過力は極端に弱いです。
紙一枚あれば遮断できます。
空気中をわずか数センチしか進めません。
空気中の他の分子と衝突し、そのエネルギーを使い果たすからです。
人体中ではわずか1ミリも進めません。
体内の水分子や他の高分子と衝突し、そのエネルギーを使い果たすからです。
通過力が弱いとは、危険がないのではなく、その反対に、
ミクロン単位のごく狭い範囲にその高エネルギーを使い果たすという意味で強力なのです。

事実、体内ではナノメートルの単位で周囲の細胞やそのDNAを損傷し続けます。

何をより信じ、何をより信じないかは、個人の自由ですので、
致し方ないことだと思います。

“こんな胡散臭い奴の言うことなんか信じられねぇ”というのは個人の自由です。

私も全く同様に、
『米軍は理論的にはこんなことはしない』と言われても、
“何言ってんだこいつ、米軍がそんな理性的な軍隊かよ!”と思いますから。


ファルージャで米軍が大量の劣化ウラン弾を使用したと主張している人は
いないと思いますし、
全く使用していないと主張している人もいないでしょう。

ファルージャで米軍が劣化ウラン弾をどのくらいの量使用したかは、
米軍にしか分からないでしょう。

従って、一定量使用した、いや、そんなことはないと言い合っても、
意味がありません。

まあ、これだけ使用したと米軍が公式発表したとしても、
私は、はい、そうですかとはそのままには鵜呑みにはしないでしょう。
最低限これだけは使用したということだと解釈するでしょう。

>第三者による検証がなされていない調査報告

ファルージャが一体、この数年どういう状況に置かれていたのかという、
リアルな現実世界がすっぽり抜けた形式論ですね。

ファルージャの人々は完全に米軍の封鎖下に置かれていたのです。

統治者である米軍こそが調査する義務があったのではないですか。

ファルージャ現地での調査は、今回やっと行われたのです。

まあ、何をより信じ、何をより信じないかは、個人の自由なので、
仕方ないとは思いますが。

ファルージャ現地の凄惨な現実とは、別世界の“絶対安全地帯”から、
私も、貴方も、好き勝手なことをほざいているわけです。

イラク全土で各種症状の増加が報告されており、
多くの痛ましい悲鳴が上がっています。

“見えているものも見えない”“聞こえているものも聞こえない”

まあいいでしょう。

WHOが調査を行い、
イラクで劣化ウラン弾の国際会議が開かれるそうですので、
数値データは今後も出てくるでしょう。

それをも信じないというのも貴方の自由です。

WHO がファルージャで新生児欠損症の調査を開始
http://teanotwar.seesaa.net/article/145342189.html

劣化ウラン弾問題で国際会議
http://megalodon.jp/2010-0705-1019-21/www3.nhk.or.jp/news/html/20100705/k10015534971000.html


28. 2010年7月15日 23:13:51: FqDvXxU8vI
ネット右翼は現実社会に生きている訳ではなく、飽く迄も自己の小銭稼ぎの為に他人の被害を踏み付ける汚い汚れ仕事を請け負ってる、一番底辺のヤクザ者なので。
どうせ、動燃とか原子力機構とか、イメージ改善の為に最近名前が変わった新しいのとか、其の為の奉仕活動と信じて逆効果のイメージ戦略に走ってる。
「放射線は自然界にも存在して無害です」「原子力は(核と違って)安全です」とインチキでキャッチーなコピーを更に薄っぺらくする、上記のようなネット活動。
だから、バスビー教授の「広島の40倍」と言う発言をそのまま通すべきだったのに。
細かい数字と放射能の種類で38倍とか41倍とか出てて其れを均したり四捨五入で40倍とした所で、何が悪かろうか。
当事者の広島の被爆者ならそんな事に一々目くじら立てたりしない。
実は、ファルージャの内部被爆から日本の原爆訴訟も内部被爆を算定する様に改革運動が始まって、一定の成果を見たからね。
変に(恐らく其れまたネット右翼の一派であろう言論に対し)遠慮するから、馬鹿なネット右翼が粘着の好機と捕らえて仕舞う。
所詮、この粘着自体、例えばこの場合桃之山商店街さんの時間を盗るのがそも狙い。
ネット右翼の遣り口は決まって居て、相手になってくれると思えばとことん他人の時間を奪おうとする。
其れによる疲弊を狙う訳だ。
ヤクザ者はそんな。

29. 2010年7月16日 00:30:25: pp0EWQcIBU
ググると、FqDvXxU8vI って
出鱈目を書いてほうぼうのコメント欄で指摘を受けてるのがよくわかった。



30. 2010年7月16日 01:11:00: FNLZ2zKmCo
>妹之山商店街氏

妹之山商店街氏はご自身と異なる意見の持ち主と冷静な対話が出来ない方の様です。
対話の相手を「“見えているものも見えない”“聞こえているものも聞こえない”」と侮辱し「それをも信じないというのも貴方の自由です。」と決め付けをする。
これでは実りある対話にはなりえないでしょう。

よって今回、妹之山商店街氏の議論の問題点を指摘した後は、この対話を打ち切ります。
以降、妹之山商店街氏のレスに私が反応することはありません。

>ただ、<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>
>これが、強力な破壊力を有しているのは、科学的事実であり、客観的事実です。
>劣化ウラン弾“だけ”が原因であるというのは誤りですが、
>劣化ウラン弾は原因ではないというのもまた誤りです。

>というのはその質量のことです。
>事実、体内ではナノメートルの単位で周囲の細胞やそのDNAを損傷し続けます。

これは感心しません。
ファルージャでの健康被害に劣化ウラン弾が原因の一部であるとする主張の根拠になっていません。
むしろ「妹之山商店街氏はミスリード(mislead)を狙ったのだ。」と、批判されても仕方の無いものです。

今回の妹之山商店街氏の解説を聞き、私はかつてベストセラーとなったトンデモ本「買ってはいけない」を思い出しました。

「某社のアルコール飲料に含まれる食品添加物をマウスに一定期間投与したところ、マウスに健康被害が生じた。」
「だから某社のアルコール飲料を買ってはいけない。」
と言うものです。
・・・マウスに与えた食品添加物の量と期間を人間に換算すると、某社のアルコール飲料を毎日、数万本ずつ数年間にわたって継続して摂取し続ける必要があるのですが。
添加物以前に死にますw

つまり故意に情報を伏せてミスリードを狙っているわけです。

>世界保健機関(WHO)によると、放射能毒性が肺がんを引き起こすのは、
>。リ極めて多量の劣化ウランの粉じんを吸入』した場合である。

上記は妹之山商店街氏ご自身が、このコメント欄で引用されたものですが、残念な事に「ファルージャと、「広島の40倍」というキャッチーなフレーズ」においては触れられていません。

どんな毒物でも極々微量なら健康被害はもたらしません。
「劣化ウラン弾は原因ではないというのもまた誤りです。」と劣化ウランが原因のひとつであると断定される以上、どの程度の量を吸入したら劣化ウランが健康被害が引き起こすのか、そして実際にファルージャの住民は健康被害を引き起こすだけの劣化ウランを吸入したのか?
それを語るべきところを誤魔化しておられる。
それとも劣化ウランは一分子でも体内に入れば健康被害を引き起こすとでも主張されるのでしょうか?

>。ネこんな胡散臭い奴の言うことなんか信じられねぇ
>。ネ何言ってんだこいつ、米軍がそんな理性的な軍隊かよ!”と思いますから。

どうやら妹之山商店街氏は「どっちもどっち」と言う事になさりたい様です。
しかも、私に向かって語りかけているというよりも寧ろ、このコメント欄の読者に対してそういう印象を持って貰いたい様です。

では実際に「どっちもどっち」なのでしょうか?

私が欧州放射線リスク委員会とバスビー教授を「信頼するに値しない。」と判断したことには一定の根拠があります。
それは英国の公共機関による「欧州放射線リスク委員会」に対する酷評であり、バスビー教授が常日頃から自身の発表に学術的な検証を受けていないからであり、同僚のマッズギルバート医師がTVのインタビューでデマを飛ばしていたからであり、さらにバスビー教授自身が「広島の40倍」なる胡散臭い発言をしている(らしい)と言う事です。
では妹之山商店街氏の「米軍はファルージャで劣化ウラン弾を(健康被害の一因になる程度には)使った。」と言う主張はどうでしょうか?
なんの根拠もありません。
ただ「米軍がそんな理性的な軍隊かよ!」と言う負の感情の発露があるのみです。

何故、対人戦闘に効果的な榴弾を持っているのに、対人戦闘に不向きな劣化ウラン弾を使わなければならないのでしょうか?
「効果の薄い兵器を使う事で、敵に反撃の機会を与えることになる。自分たちが命の危険に晒されることになる。」と分かっていながらです。
米軍の軍人はチンパンジー並みの知性しか持っていないとでも言うのでしょうか?

根拠のある推測と、状況を無視した負の感情の発露、果たして同列に扱えるものなのでしょうか?

>>第三者による検証がなされていない調査報告

>ファルージャが一体、この数年どういう状況に置かれていたのかという、
>リアルな現実世界がすっぽり抜けた形式論ですね。

判断の材料が少ない段階で(少ないだけでなく胡散臭い)、性急に結論を求めないことが「リアルな現実世界がすっぽり抜けた形式論」ですか。
恐れ入ります。

>ファルージャの人々は完全に米軍の封鎖下に置かれていたのです。

当たり前ですね。
危険地域なら当然でしょう。

>統治者である米軍こそが調査する義務があったのではないですか。

何か批判に曝される度に、批判された側が自身で身の潔白を証立て無いといけない訳ですか?
では、私もこの掲示板でネット右翼とレッテルを張られている様ですから、個人情報を公開するなりして、自分がネット右翼でないと証明しなければならないのでしょうか?

>ファルージャ現地での調査は、今回やっと行われたのです。

ご自分で、「WHOが調査を行い、イラクで劣化ウラン弾の国際会議が開かれるそうですので、数値データは今後も出てくるでしょう。」と書いておられますね。
何故、それを待たないのですか?
何故、信頼性に乏しい情報のみで早急に結論を出したがるのでしょうか?

>。ネ見えているものも見えない”“聞こえているものも聞こえない”

これはどういう意味で書いておられるのか判断が付きかねます。
興味の対象が違う事を批判しているのか、それともバスビー教授の調査報告の信頼性への評価を違う事を批判しているのか?

>まあいいでしょう。

良いも悪いも、何故私が妹之山商店街氏と同じ価値観を持たなければならないのでしょうか?
思想の自由も認められない、恐怖政治の国でもあるまいし。

>それをも信じないというのも貴方の自由です。

このコメント欄を読む人向けの印象操作でしょうか?
私は、別に米国を擁護する意図はありませんので、「そうかやっぱり毒性があったんだ。」で納得して終わりです。
むしろ反米感情をお持ちのご様子の、妹之山商店街氏こそ大丈夫でしょうか?
もしもWHOの調査結果が劣化ウランによる健康被害を否定するものであったなら、「米国に圧力によって調査結果が捻じ曲げられたに決まっている。証拠が提示出来ないのは、米国が隠蔽しているからだ。」と言った陰謀論に走られたりはしませんか?
まあ「信じないというのも貴方の自由です。」が。


31. 2010年7月16日 01:30:29: FNLZ2zKmCo
>FqDvXxU8vI
>所詮、この粘着自体、例えばこの場合桃之山商店街さんの時間を盗るのがそも狙い。

泣きが入ったと思ったら、今度は救援要請かw
「助けて〜、僕一人じゃかなわないの〜」ってかw
桃之山商店街氏も迷惑だと思うぞ?
つか、粘着君って呼ばれたのがよっぽど堪えたみたいだなw

鉄への拘りはどうした、粘着君?

>重金属と言うだけで既に催奇形性も発癌性も備えている。

鉄が重金属だって知らなかっただろ?

>しかも、鉄が重金属?!
>奇想天外の「とんでも科学」にも程がある。
>馬鹿過ぎて話にならない。
>水兵リーベ僕の船」以前の問題。
>詰まり、義務教育以下。
>でも「ゆとり」って元素表も義務教育で習わなかったのかな?

>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E9%87%91%E5%B1%9E
>重金属(じゅうきんぞく、英語:heavy metals)とは、比重が4〜5以上の金属元素のことである。

『鉄』の比重は7.85ですがw

>http://sci.la.coocan.jp/fchem/log/rika/7005.html
>密度が4〜5g/cm^3以上の金属を重金属
>重金属:『鉄』、クロム、コバルト、銅、金、スズ、鉛、ビスマス、亜鉛、カドミウム、水銀など。

はっきり『鉄』と書いてあるな。

>http://www.weblio.jp/content/%E9%87%8D%E9%87%91%E5%B1%9E
>重金属とは - 環境用語 Weblio辞書
>ふつう比重四以上のものをいう。白金・金・水銀・銀・鉛・銅・『鉄』・クロム・マンガン・コバルト・ニッケルなど。
>軽金属に対する語。
>比重4以上の金属(約60種)の総称。
>重金属類は,一般に体内に蓄積する傾向があり,程度の差はありますが有害なものが多くなっています。

残念だったねぇ。
比重4以上の金属の総称だから、比重7.85の鉄は余裕で含まれるねぇ。
『有害なものが多いの』であって、『>重金属と言うだけで既に催奇形性も発癌性も備えている。』訳じゃあ無いんだよw

ブーメラン♪ブーメラン♪


32. 2010年7月16日 01:40:57: FNLZ2zKmCo
追記

一箇所「妹之山商店街氏」PNを間違えてしまいました。
よく確かめずにコピー&ペーストをしていました。
失礼致しました。
お詫びして訂正いたします。

桃之山商店街氏も迷惑だと思うぞ?(誤)
妹之山商店街氏も迷惑だと思うぞ?(正)


33. 妹之山商店街 2010年7月16日 03:43:05: 6nR1V99SGL7yY: NkHTDxv462
>>30

>まあ「信じないというのも貴方の自由です。」が。

貴方は、私にこの言葉を投げかけています。

しかし、私が貴方にこの言葉を投げかけるのは「決め付け」だそうです。

面白い人ですね。
自分は使うが、私が使うのは「決め付け」ですか。

面白いですね。

自己中というやつですね。

>ファルージャでの健康被害に劣化ウラン弾が原因の一部であるとする
>主張の根拠になっていません。

何故根拠になっていないのかという<根拠>を提示せず。
「根拠になっていない」という結論“だけ”を書いています。

根拠になっていない、何故なら根拠になっていないからだ。

無内容ですね。

>どの程度の量を吸入したら劣化ウランが健康被害が引き起こすのか、
>そして実際にファルージャの住民は健康被害を引き起こすだけの
>劣化ウランを吸入したのか?
>それを語るべきところを誤魔化しておられる。

どの程度の量を吸収したら劣化ウランが健康被害が引き起こすのか
そのような“人体実験”は行われていませんので、
まだ誰もそのような科学的データを提示していないと思いますが。


>劣化ウランを吸入したのか?
>それを語るべきところを誤魔化しておられる。

「誤魔化す」もなにも、
「どの程度の量劣化ウランを吸入したのか」なんて、
誰もそんなデータを提示しようにも提示していません。

「語るべきところ」というのなら、
貴方が語ればいいだけの話です。

ファルージャ住民の吸収した劣化ウランの量は、
たった○○だけであると。

貴方が「それを語るべきところ」と“本気で”考えているのなら、
それこそ貴方が“語るべき”なんですが、“語れ”はしません。
私への批判の<根拠>として「語るべきところ」と言っておきながら、
自分では、“語れ”はしません。

こういうのを“批判の為の批判”といいます。

>一定の根拠があります

その「一定の根拠」とは、

>。ヨ広島の40倍」なる胡散臭い発言をしている(らしい)と言う事です

だそうです。

何故胡散臭いと言い得るか、
それは胡散臭い発言をしている(らしい)からデアル。

だそうです。

こんな“らしい”ということを平気で、根拠デアルと提示し得るというのが
貴方の論理構造です。

>私は、別に米国を擁護する意図はありませんので、
>。ヨそうかやっぱり毒性があったんだ。」で納得して終わりです。

貴方はそれで「納得して終わり」なんですね。
ところで、イラク各地で悲鳴を上げ続けている人達は、、、、


34. 2010年7月16日 17:42:26: FqDvXxU8vI
一々火病って慌てなくとも、皆が皆「ネット右翼は無駄に長い文章で他人の時間を奪おうとする」「ネット右翼が粘着する事は逆張りが真実だから『広島の40倍』バスビー発言は正しい」と解ってるよ。
此処迄粘着さえしなければ、或いは「広島の40倍」発言は先走り?と思ってた人も居たか知れないけど。
本質は『キャッチーなフレーズ』の「放射線は自然界に存在して体にいい」「核は危険でも原子力は安全です」より、実は「広島の40倍」の方が余程硬い発言。
で、其の事を指摘したからって、誰も「“FqDvXxU8vI”は天才!神!」とは思ってくれなくて、理由はありふれた事だから書いても感想は「ああ、まあそーだろうな」「俺もそう思う」。
ありふれた事にした主犯は、紛う事無きネット右翼自身であって、前以て散々自公政権末期に類似の先行事例を嫌と言う程撒き散らしたからだ。
恨むなら手前の先輩だか同僚だか己自身の所業だかを恨むべきだ。
せめてそういう自己の客観視ってものを学ぶべき。

35. 2010年7月16日 21:02:00: 7auz8U6Gm2
>妹之山商店街さん

根拠をしめしていないのはあなたです。
ここまでのコメントはすべて読みましたが、あなたの対応は不誠実です。

あなたはファルージャでの病気の一因は劣化ウランだと断定する。
しかし根拠をしめさない。
あろうことか根拠をしめしていない根拠をしめしていないと人を愚弄する。

@劣化ウランは強力な破壊力を有している。
       ↓↓
A劣化ウランを○○だけ吸引すると病気になる。
       ↓↓
Bファルージャでは劣化ウラン弾が使用された。
       ↓↓
C病気になった住民の一部は○○以上の劣化ウランを吸引した。
       ↓↓
D劣化ウランが病気の一因になっている。

あなたはA〜Cの根拠を提示していない。
@からDにいきなり飛躍している。
Bに関しては説明を試みて失敗し、逆に論破されている。
そして人体実験が行われていないので、科学的なデータはないと開き直る。
ならばなぜ病気の一因になったと断定するのか。
挙証責任・説明責任はあなたにある。


36. 妹之山商店街 2010年7月17日 04:29:25: 6nR1V99SGL7yY: FfS5La7EOQ
>>35

>根拠をしめしていないのはあなたです。

>>27で根拠は示しています。

それが根拠にならないと主張するなら、
何故、根拠にならないかを主張すればいいだけの話です。

FNLZ2zKmCo氏は、「根拠になっていません」とだけ書いて、
何故、根拠たりえないのかは全く書いていません。

その内容を納得できないかは別問題です。

私は根拠を提示し、FNLZ2zKmCo氏は何故、根拠たりえないかを書いていない。

私に提示を求め、私は提示したにもかかわわず、
何故、根拠たりえないかを書かずに、「根拠になっていません」とだけ書く
FNLZ2zKmCo氏が「不誠実」だと言うのなら理解できますが、

(納得できるかどうかは別として)
根拠を提示している私の方が「不誠実」ですか?

全く理解できません。

>あろうことか根拠をしめしていない根拠をしめしていないと人を愚弄する。

で、FNLZ2zKmCo氏は根拠を示しているんですか?

それは、どこですか?

>Bファルージャでは劣化ウラン弾が使用された。
>Bに関しては説明を試みて失敗し、逆に論破されている。

一体、どこで、どのように論破されているのでしょうか?

FNLZ2zKmCo氏は、ファルージャで劣化ウランが使用されたということを
否定してはいないと思いますが。

それとも、貴方は、“ファルージャでは劣化ウランは使用されていない”と
主張するのでしょうか?

“ファルージャでは劣化ウランは使用されていない”と主張するなら、
そのソースを提示して下さい。

>人体実験が行われていないので、科学的なデータはないと開き直る。

ファルージャで今回、“やっと”聞き取り調査が行われたばかりです。
聞き取り調査ですら、今回“やっと”行われたのに、
詳細な臨床データなどあるはずがありません。

あるはずがないものを、あるはずがないと書いたら、

「開き直り」ですか?

全く理解できませんね。

ファルージャでは、“まだ”詳細な臨床データが存在しないと、
ファルージャで“限定”して述べているだけです。

米軍は世界中で劣化ウラン弾を使用しており、
米軍もそれを認めています。

湾岸戦争、ボスニア、コソボ等々で、
詳細な臨床データが採取され、公表されています。

体内で、ナノメートル単位で周囲の細胞やそのDNAを損傷し続けているという
詳細な臨床データはいくつも公表されています。

多くの科学者グループが、詳細な臨床データと共に、公表しています。

ただ、逆の立場の科学者グループからも、違う臨床データも公表されています。

つまり、まだどの意見も科学的に普遍的真実であるとはされていません。

劣化ウラン弾が原因の一つであるということが、科学的真実とはされていません。

同時に、劣化ウラン弾が原因の一つではないということもまた科学的真実とは
されていません。

・<科学的真理追及>と、
・<現実世界で具体的にどう対処するか>は別問題です。

昨日、米議会で、ベトナムの枯葉剤被害者が訴えました。

枯れ葉剤被害者 米議会で訴え
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100716/k10015785391000.html

アメリカは枯葉剤被害の責任を認めていませんが、
過去10年間で総額300億円の支援を行っています。

ベトナム戦争終結後35年経っていますが、
科学的に証明されてはいません。

劣化ウラン弾についても、数十年経っても、
“科学的”には、証明されないかもしれません。

アメリカは、公式にその責任を認めたら、
天文学的な賠償責任を負います。
既に天文学的負債を負い、経済危機に喘ぐアメリカ政府が、
劣化ウラン弾の責任を公式に認めることはまずないでしょう。

「埋もれた警鐘」旧ユーゴ劣化ウラン弾被災地をゆく
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/yugoslavia/2005/08/post_ccae.html

旧ユーゴのたった四か所の地域の土壌を浄化処理するだけでも、
膨大な労力を要しても尚、まだその途上です。

公式にその責任を認めると、被害者への賠償だけではなく、
膨大な地域の洗浄まで義務を負うわけですから、
決して認めないでしょうね。

ただ、かつては、劣化ウラン弾を使用していた国の中にも、
劣化ウラン弾の使用を止めた国は多く存在します。
劣化ウラン弾の使用を止めたからといって、
その危険性を認めたというわけではありません。

認めなくてもいいから、使用を止めればいいのにと思っていますが、
いくつかの国はまだ使用し続けています。

“科学的決着”とは別に、
“疑わしい”ものを“敢て”使用するのは止めればいいだけだと
思うんですけどね、、、

数十年後に、“科学的決着”がついて、

劣化ウラン弾は、症状の原因ではなかった、

そうなったら、それでいいではないですか。

逆に、数十年後に、劣化ウラン弾が原因の一つであったと証明されたら、、、

数十万人、数百万人もの苦しみ続ける人々は、、、、


37. 2010年7月17日 19:36:50: FqDvXxU8vI
ネット右翼の意図は明白であり、米軍需産業のDU弾製造に於いて日本の原発から出た劣化ウランも用いられる事実から、最近の選挙でも最大限票田として力を発揮した原子力利権の為に、嘘と言い掛りでバスビー教授や「広島の40倍(の被害)」発言、引いては投稿者の信用失墜を謀りたい。
其の心根の浅ましさよ。
きっと、日本の広島長崎の戦没者も、内部被爆の概念が原爆訴訟にフィードバックし「繋がって」今を生きる被爆者達も許すまい。
その他諸々のネット右翼活動と同じ、手前の小金稼ぎの為なら、どんなに他人が数多く苦しもうが、はたまた自殺しようが、其れは踏み付けにして構わないと考えてる。
自己中の浅ましさ、おぞましさの極み。
ぶっちゃけ、鉄が重金属で自分は摂取しないとか言い出したのはネット右翼自身の戯言であり、比較的宇宙で後期に出来た(から既に青色偏移に入りつつある)地球の最大鉱物は鉄である事から鉄を重金属に含めない方が明らかに便利であると思う考えは変わらないが、しかし全く本筋とは違う話なんだよ。
其れにも粘着を続けるネット右翼の「遣り口」に他人が手馴れてるのに、其の自覚が無い。
とことん、右翼は自身の客観視が出来ない。

38. 2010年7月18日 01:51:30: pp0EWQcIBU
これは科学の問題で右翼も左翼もないのに。

39. 2010年7月18日 18:05:47: FqDvXxU8vI
そんなちゃちい誤魔化し方をしたいなら、せめて上記コメント欄の長ったらしいネット右翼粘着を消し去ってから書き込むべき。
何故なら、それらがネット右翼粘着の典型である事を認識する人々の記憶や、今尚ネット上に残る膨大な量のネット右翼粘着自体は、消し去ろうにも消し去る事が不可能だからだ。
だから「恨むなら自身や同僚のネット右翼粘着を恨め」と書いたのに。
特にイラク人質事件の自作自演説・自己責任論以降、ネット右翼の粘着は氾濫した洪水の様な有様だった。
其れが麻生元総理の甥が遣ってるニコ動の、麻生やらせ人気で自民が下野して以降些か下火になっていたが、参院選前後でまた大量に涌いてる。
でも、三橋とか言う自己中コスプレがきもいネット右翼候補も落ちたけどな。
大体、この放射能関連で右翼と左翼を同列に並べるなんて無理があり過ぎるんだよ。
そもそも右翼の凌ぎに関わる時の別名であるヤクザが、原発の被爆労働者斡旋とか、外国人被爆労働者人身売買とか、原発付近の病院で放射能由来との診断書を欠かせない為に医者へ凄んだり建築業関連の利権を斡旋したり、とか中小企業の銀行貸し渋りの際も自称保守派政治家に地銀へ顔繋ぎするとか、全部一手に引き受けて来て居て、全くネット右翼が目の敵にする中核派も核マルも何でも、左翼側は全く掠めもしないじゃんか。
全くノータッチだろ。
ま、其れは原因と言えば右翼の強欲さとかも関係するけど、そもそも原発利権自体中曽根康弘の靖国原理主義系だから。
今件に関して左右の対立の構図とは言い難い。
精々、反核運動に公安が左翼の一部を二重スパイとして利用した程度?
そんなちんけな話だね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧