★阿修羅♪ > 戦争b5 > 288.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ファルージャと、「広島の40倍」というキャッチーなフレーズ
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/288.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 7 月 07 日 15:35:09: 6nR1V99SGL7yY
 

(回答先: ファルージャ:欧州放射線リスク委員会のバスビー教授の現地調査 投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 7 月 06 日 03:43:44)

ファルージャと、「広島の40倍」というキャッチーなフレーズ
http://nofrills.seesaa.net/article/155649531.html

そうですね。この「広島の40倍」という言葉は、どういう意味で使っているのか曖昧ですね。
バスビー教授の調査チームは、現地での聞き取り調査が主目的だと思います。
一定の規模の大きさの聞き取り調査としては、おそらくは、初めてのものだと思います。

シーア派主導政権・米軍との緊張関係の下、一定の規模の大きさの
聞き取り調査ができたことが第一の意義であり、その数値データこそが重要です。

「広島の40倍」という言葉は、不明瞭であり、
かえって混乱させる要因にすらなりかねないと思います。

ただ、48分のフルのインタビューの全体を理解できれば、
おそらくは言及しているのでしょうが、
アラビア語での内容なので、私には到底理解不能です。

おそらくは、ある事象に限定して、
○○ということに関しては、広島の40倍である、
ということなのではないかなぁと推測しています。
(例えば、小児白血病の発生率では、とか)

繰り返しますが、ファルージャ現地での調査がようやくできたことと
その数値データこそが重要なのだと思っています。

ファルージャでの“異常”については、
スカイ・ニュース、ガーディアン、BBCなどが、ファルージャ総合病院を訪れ、
そこでのショッキングな映像や、ファルージャ総合病院の医師の証言を紹介してきました。

であればこそ、ファルージャ現地での実態の調査こそが必要だったのです。

それがなかなか実現しなかったことは、現地での治安の問題と、
シーア派主導政権・米軍にとっては、気の進まないことだったから
なのではないかと推測しています。

現に、バスビー教授の調査チームに対しても有象無象の“妨害”があったようです。

スカイ・ニュース、ガーディアン、BBCなどが次々と取り上げるので、
無視し続けることが困難になり、
WHOまでが現地調査を決定したことにより、
やっと事態が動き出したということなのだと私は解釈しています。
更には、イラクで劣化ウラン弾に関する国際会議が提案されていることで、
一歩一歩事態が進展してきていると思っています。

そもそも広島に投下された原爆では主にガンマ線による外部被曝が問題なのに対して、
劣化ウラン弾では、アルファ線による内部被曝が問題です。

つまり、放射線の量が問題というわけではなく、
放射線の種類や外部被曝なのか内部被曝なのかということこそが問題です。

念のために書いておきますが、ファルージャをはじめイラクの多くの地域で、
ガンや小児白血病、先天性欠損等々が問題になっていますが、
その原因は、劣化ウラン弾“だけ”であるなどとは思っていません。

化学物質、飲料水、栄養失調やストレスによる免疫力低下、自然放射線、等々、
いくらでも原因はあります。

ただ、<劣化ウラン弾の微粒子のアルファ線による内部被曝>
これが、強力な破壊力を有しているのは、科学的事実であり、客観的事実です。

劣化ウラン弾“だけ”が原因であるというのは誤りですが、
劣化ウラン弾は原因ではないというのもまた誤りです。

<参照>
ファルージャの子供達の悲劇:Tragedy of Children in Fallujah / イラクでガン症状が急増
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/iraq/2009/10/post-5e20.html

「人は放射線になぜ弱いか:少しの放射線は心配無用」 / 死の灰の内部被曝確認
http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2005/02/post.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月07日 17:06:01: FqDvXxU8vI
日本人の過剰自粛の典型例。
昭和天皇の死に際して、何ら法令に因らず歌舞音曲が自粛されたのと同じ。
そも、アメリカのど田舎では未だに「広島の被害」と言ってすら「何のこった?大きな爆弾で焼け死ぬ事?」と返事が来るのが精精なのに、そんな世界の現状を前に過剰にセンシティブ且つ意味不明な、何たる「戦前の共産主義インテリ」っぽい「予め用意された失敗」に生真面目に突き進む様子である事か。
勿論、世界は日本だけではないので、相変わらず極東の僻地ぶっている内に、世界で自体が進めば又「世界の黒澤」がフィードバックした様な現状も起こるのであろうが。
どうせ他人事であると気の長い事だ。

02. 2010年7月08日 01:23:11: 8OjGscdZJ6
妹之山商店街様

ご紹介ありがとうございます。このページのURLを拙稿末尾にそえさせていただきます。

2004年のあのひどい攻撃から6年近くを経てようやく、ファルージャの現地調査ができたということ、意味のあるデータが取れたことこそがニュースだと私も思います。

> 劣化ウラン弾“だけ”が原因であるというのは誤りですが、
> 劣化ウラン弾は原因ではないというのもまた誤りです。

この点についても完全に同意します。DUに関しては、以前(特に「湾岸戦争症候群」関連)はMoDのマウスピースのようだったBBCも、今回のジョン・シンプソンのファルージャ報告ではかなり含みのある表現を使うようになっていましたね。

いずれにせよ、単に情報として文字で書かれた訳稿に比べて不正確になりがちな同時通訳の言葉をそのまま(別途検討を加えずに)再度用いることは、今回のものに限らず、避けるべきではないかと思います。(自分で聞き取れる言語の同時通訳の言葉を、自分で確認できるのなら問題ないと思いますが……。)

今回の例でいえば、「何が何の40倍なのか」といったことに関して、発話者(この場合はバズビー教授とアラビア語の同時通訳者)ではなく、発話者の発言を確認できない者同士の「論戦」になる可能性もあります。そして、もしそのような「論戦」になれば、それはかなりの部分で「時間の無駄」ですので。

nofrills拝


03. 2010年7月12日 18:29:36: FqDvXxU8vI
調査結果の被害が40倍。
何の不思議があろうか。
単に微細な検討をするのは、放射能礼賛・原発万歳!の利権に奉仕する為の屁理屈。
金で人命を売ると、今に自分や肉親も売られるだろう!と警告して置く。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b5掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧