★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 623.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫のテレビ朝日「TVタックル」発言要旨
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/623.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2011 年 5 月 24 日 00:15:46: XrXUVCoFJUfoI
 

5/23(月)テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル〜原発事故でどう変わる!?エネルギー政策を徹底検証!!」
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/


日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫の発言要旨(番組内の発言から一部)


◆福島第一原発が津波以外にも地震の揺れによっても被害を受けているかもしれない、それはまだ検証されていないのではないですか?

「それはないようですよ。この間からデータが出てきている。初めの1時間くらいはちゃんと冷えているというデータは出てきてますから、それは大丈夫です」

◆福島の事故が起こる前までは、こういう重大事故は絶対に起こりえないという見解をずっと述べていらっしゃったと思うんです。しかしそれが起きてしまったということについてはどうお考えですか?

「原子力発電というものを作るものに対しては、安全設備自身は全部計画どおりちゃんと動いてくれています。ところが、原子力発電と地球との関係ですね、それからもう一つは8時間経って来なかったというから、社会的な約束との関係に今回は問題があったと思います」

(「それはヘリクツって言うんだ」との声に)「いや、お待ち下さい。というのは、世界の原子力の安全を作るルールというのは全部同じなんですよ。ですから、地球に対してどのようにやっていかなくちゃいけないかということを世界に対して発信する。それから8時間ということも、無限に停電でてきたら、燃料プールだって全部溶けますよね? ですからどれくらいのところまで電気の停電の時間を見ておくか。それでもダメだったら、今度はあるものとして日本海から電気の線を引っ張ってきなさいと、そういったようなルールを新しく今から国際的に作っていく」

◆今までそれを全部統括して大丈夫だという判断は誰がしてたんですか?

「それは日本政府ですよ。世界のルールでもってこれでいいだろうと考えて・・・」

◆2007年7月、新潟中越沖地震で、柏崎刈羽原発事故で重大な事故が起きていた。あのときに、津波も含めて対策をする絶好の機会だった。そこは反省してもらわないと困ります。

「地震の方について言いますと、強度的、構造的なものは、柏崎刈羽は事故寸前だなんてそんなことはありません。きれいに止まって、みんな安定冷却までいたしました。(「クレーンが壊れた」との発言に)クレーンぐらい壊れたって原子炉の安全性にぜんぜん関係ないじゃないですか。(「それはやっぱり重大事故ですよ」との発言に)そんなものいいですよ。工場なんかはもう機械から何から何まで波を打ったような感じで、そんなことを重大事故だと言ってたら世の中全部重大事故ですよ(笑)」

◆その原子炉直下で起きた地震って初めてですよね?

「それにも耐えた。それにも原子力発電所は耐えて安全に止まって、柏崎刈羽の場合は止まったです」

◆そこで本当に学んでいたら、今回の事故はあったんですか?

「地震屋さんというのは、強度のことばっかりですよ。そのとき、津波のことをおっしゃった先生は一人もおりませんよ」

◆炉心溶融にならずに済んだ方法はあったんですか?

「8時間以内に電気が来ていたら、ならなくて済んだでしょうね」

◆炉心が溶融状態ですよね、これを止める方法はどうやるんですか?

「スリーマイル島のときには強制冷却、ぐるぐる水を強烈に回しまして、発熱以上に熱を取ってやればだんだん固体になりますよね。これはお分かりになりますね。そういう方法を講じれば、放射能というのは気体とか液体ですから、出なくなって、きれいな状態で固体にして冷却してやればできます、これが一つ」

「だけど、これはまだ推測なんですよ。誰も行って見てないんですよ。ですからもうわれわれ原子力屋はですね、原子炉のそばまで行っていったいどうなっているかというのをですね、敵の姿をね、また戦争中と言われるかもしれんが(笑)それを見てやらなくちゃいけない」

◆敵の姿を見れば、方法はあるんですか?

「方角というのは何とか立てます」

「もう一つはチェルノブイリです。(中略)そういうふうな方法と二つあるとすれば、その中間の方法もありうると。その中間の方法というのは、ある程度まで水で冷やしておいて、そして固体に、楽になったときに固めると。発熱の量というのはある程度どんどんと、これは10年のオーダーですけどね、下がってきますからね。
(「えっ10年かかるんですか?」との声に)10年で一桁くらい下がると。無くならないんですよ、放射能の熱というのは。(黙って見てるってことですか?)それでよければそのように見てらっしゃったら(笑)。溶融している炉心の状態をつかんでから、それをつかむのには、3か月から5、6か月かかるでしょう、今からやってもな。そうするには、どうするかといったら、そこへ入るんですよ。
(ビートたけし「先生がまず行こう」と発言)行って見なくちゃならない。だってね、液体だってこんなきれいな液体なのか、味噌汁の状態なのか、ドロドロになってゼンザイになっているのか。(中略)どんなものか、私自身も知りません。
(「誰かが特攻隊になって?」との声に)いいえ、それをやっていいっていうんだったらね、もう水を全部止めてしまうことですよ。そうしたらどうなるか、自然に蒸発していって一番最後炉心の底抜けてボトンと落っこちたところがまだ水に入っている。だからそういうことだってやる方法は、やれというならありますよと。そのためには政府の方の考え方をしっかり決めといてくれれば」

◆でも、その場合のリスクはどうなるんですか? ボトンと落ちたときに。

「だから、それは政府の方で決定してくれれば」

◆そうじゃなくて、リスクはどうなるんですか、専門家に聞きたいんです。

「だから、いまおっしゃってられるのは、やる方法があるかと言うから、そういうふうなドラスティックな方法もあると申し上げてるんで、ドラスティックな方法でないようにするんだったら、そういう方法もいろんなことが考えられます」

(それに対する声「さっきからお話をこう聞いていると、微妙になんか答えが出てこない・・・」)

「原子力発電につきましては、私自身はいまだに一番いいものだと思っております、エネルギーとしては。ですけど、いまの状態でですね、これをもっとやれとか、そういうふうな言える状況にはありませんから、まず皆さんがたがいろいろお考えになっていらっしゃることをやっていかれればいい。そうしてその結果、産業の構造がどのように変わっていくか、そういったところも見られて、また将来いろいろと動きがあるのであろうというふうに思っておりますよ」


石川迪夫[イシカワミチオ]のプロフィール
香川県高松市生まれ。東京大学工学部機械工学科卒。1957年日本原子力研究所入所。1963年に日本で初めての発電に成功した動力試験炉「JPDR」の建設、運転に従事し、米国SPERT計画に参加後、反応度事故に関する実験計画「NSRR」を立案、実施した。同東海研究所副所長を経て、1991年4月、北海道大学工学部教授に。退任後、原子力安全基盤機構技術顧問などを務め、2005年4月、日本原子力技術協会理事長に就任。1973年〜2004年まで、科学技術庁(現文部科学省)の原子力安全顧問や経済産業省原子力安全・保安院の原子力発電安全顧問のほか、IAEA(国際原子力機関)の各種委員会日本代表委員などを歴任。主な著書に「原子炉解体」(講談社)、「原子炉の暴走」(日刊工業新聞社)などがある。


【関連記事】
日本原子力技術協会最高顧問・石川迪夫の「朝まで生テレビ」発言主旨(「福島の燃料棒は全部溶け落ちている!」)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/200.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月24日 00:28:38: 6t3Z2XpZpc
よくこんなことをテレビで言えるものだ。この大事故で自分達には責任がないと言っている。

クレーンが壊れても原子炉の安全に関係ない。何だこれは、クレーンが壊れるということは原子炉につながる配管も通信設備も制御棒を出し入れする設備も全部壊れるということに等しい。”技術”のかけらもわかっていない。

人間を辞めてもらう以外ない。


02. 2011年5月24日 00:31:53: 3VHXz5W866
それ以外での石川迪夫の発言

●福島原発事故を太平洋戦争の硫黄島をたとえに引き出して、「応援(電源)が来なかったから負けた(事故った)」

●「福島第一原発周辺3〜4キロ圏外の方は帰ってもらっても大丈夫です」


03. 2011年5月24日 00:40:39: AA0fccdEX6
この手の原発推進派の大御所の発言をきくにつけ、学者というより、やくざが話しているのではないか?という印象を持つのは、私だけか?論理も整合性もない。やくざなビートたけしのほうが、よっぽど論理的に聞こえる怖さ。

04. 2011年5月24日 00:44:07: eTXYUMtMC2
この番組観てたけど、とにかくこの国の原子力行政には失望した、というよりこの国の将来にも絶望した。石川迪夫とかいうこんないい加減なやつがリーダーシップ取ってんだから。いまさらになって責任のなすり付けやってんだから全く腹が立つ!

05. 2011年5月24日 00:53:42: 3VHXz5W866
テレビ朝日にはぜひ今後もこの方を珍重していただきたい。
それによって、原子力村の論理がシロウトにもよく理解できるから。


石川迪夫「炉心全部溶けてる」朝まで生テレビ(文字おこし):ざまあみやがれい!
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65725845.html


06. 2011年5月24日 01:02:40: tEuMUcieh
本投稿上部の写真の顔だけで、悪人と確信し言いそうなことも
直感できたのは私だけだろうか。

07. あっしら 2011年5月24日 01:26:34: Mo7ApAlflbQ6s : onVdTZ00nI

『◆福島第一原発が津波以外にも地震の揺れによっても被害を受けているかもしれない、それはまだ検証されていないのではないですか?

「それはないようですよ。この間からデータが出てきている。初めの1時間くらいはちゃんと冷えているというデータは出てきてますから、それは大丈夫です」』

おいおい、1号機が冷却されていたとしても、津波前の14時52分から15時までの8分間だけだぞ。
他の冷却装置が動いていたというのなら具体的な名称を出して説明しろい。

原発は地震には耐えたというのが石川さんの自慢らしいが、この期に及んでのウソ八百はあまりの醜態だ。

今日の国会で示された(東電が15日に発表)1号機原子炉の水位変化をみれば、1号機が地震でどうなったか一目瞭然だぜ。


08. 2011年5月24日 01:27:12: PgGEzDs2v2
■こんな キチガイが 

 原発 牛耳ってるのか?


09. 2011年5月24日 02:09:40: 3VHXz5W866
YouTubeで石川迪夫センセーの発言を確認できます

★朝まで生テレビで注目発言★

石川迪夫「ぼくはほとんどがもう全部溶けていると思う」

http://www.youtube.com/watch?v=WzamxGyvXXc


10. 松本義久 2011年5月24日 05:25:27: Ibr//rQvkL5/2 : rvTfiDA42E
石川迪夫
何を隠そう、昔の発言反原発団体に「高レベル廃棄物は最終的に海に捨てます」と発言、あわてて撤回した実績を持つ
まあ、海に放射性物質を垂れ流しても何んとも思わない方です

11. 2011年5月24日 06:39:35: LOl6D5VUYI
好き勝って放題しゃべりまくる、見ていて胸くそ悪くなってきた。こんな奴が原子力協会の最高顧問だって、この業界はどうなっているんだ。だいたいこんな最低なくるっているとしか思えない奴をTVにだすなんて、TV朝日の真意がわからない。

12. 2011年5月24日 09:33:27: TW1LktrsnU
観ていてむかっ腹が立ちました。現実に起きている、放射能問題を直視せずに
原発は本来安全と言い張る自己中心的プロパガンダ。でも逆にこの先生をもっと
もっとメディアに出演させましょう。
この先生のニヤケタ顔での講釈を聞いている視聴者は、時間の経過とともに憤慨します。原発廃炉運動、自然エネルギーへの転換運動、政、官、民の原発癒着。
電源補助金麻痺の原発誘致市町村に大きな影響を与えてくれる、言わば原発救世主、ご本尊様的な人物かもしれませんね。
先生がご活躍すればするほど、国民感情は反原発に向かいます。
先生の御利益を祈って福島でがんばります。

13. 2011年5月24日 09:35:48: HYHUspnQ6g
こんなヤクザみたいなチンピラが、原子力村の村長とは。。開いた口がふさがらない。原子力村自体を解体し、二度と活動ができないように、原子力工学科の教授達はすべてクビにすべき。学科自体を消滅させてしまえば、クビにできる。全国の国公立大は、原子力工学科を廃止せよ!

14. 2011年5月24日 10:56:19: M6uP32nwSA
阿川佐和子が執拗に石川から政権批判の言葉を引き出そうとしていたね。このオバサマは相変わらず民主党がお気に召さないようだ。

15. 2011年5月24日 11:13:09: htpZVU6W5k
私もこのテレビを見て、憤りを感じた。
このような人が原子力の顧問と言うのが信じられない。逆に言えば、日本の原子力に携わっている人は信用できない。
この人は頭がおかしいのではないか?今回の震災で放射性物質が飛散しているのは確かである。それを原子力は安全だとは言えない。いくら、自動的に原子炉が停止したといえ、結果的に津波であれ、放射性物質が飛散して国民が危険にさらされているのは事実である。そんなに問題ないというのであれば、自分の家族や自分自身で10キロ圏内にでも一生住み続けたら良いと思う。
 このようなまともではない人がトップにいること自体が日本の原子力の安全性が信じられない大きな原因と思われる。

16. 2011年5月24日 11:26:48: dioADvCn6s
こいつは中曽根と同じ核武装推進派の匂いがする。
プルトニウムを手に入れる為なら何だってする。
核廃棄物は海に棄てる、少々の国民の犠牲は仕方がない。
「原子力が一番いいエネルギーだと思います」
なぜか?プルトニウムが出来るから!
問題を指摘されると権威で押す癖がついている。
整合性の無い屁理屈でもヤクザのように押し通す、テレビ用に作り笑いはするが軍国主義者の顔が見え隠れする。
こんな奴に睨まれたたら東大の原子力の学者はひとたまりもない。
一生冷や飯くわされるの誰だって感じ取るはず。
タケシも原発推進、核武装派のちょうちん持ちだし、話が確信に触れ始めると茶化してごまかす。


17. 2011年5月24日 11:40:39: RkqVoA6qJQ
朝日新聞社と民主党政権の演出でこれで2回目。
B層あいての金儲け。出汁にされているバカ面を見てわらいました。
世論操作の1つ。
このCM会社くず。

18. 2011年5月24日 12:12:43: 6t3Z2XpZpc
この石川なる爺さんが言っていたこと
「世界の誰もが予測していない」これは大嘘。

私個人でも何十年も前から何度も何度もこのような事故の可能性に言及していた人がおりその内容も知っている。地震や津波によりメルトダウンが起こることも警告していた。そのような警告を全て無視というより圧殺し原子力発電を推し進めていたこと、これはとんでもない大犯罪と断定する。


19. 石油を作る藻 2011年5月24日 12:15:37: UtnFwYU6ujZ.U : Vc4IGQiJyQ
何が一番腹が立ったかといえば、原発の事故で犠牲になっている住民、もしくは、作業員の気持ちを考えず、何で笑っていられたか。

地球、宇宙レベルでの想定はもはや想定出来ないわけで、危険なエネルギーを排除していき、自然エネルギーの開発に力を入れていくのが最もいいと石川さんの話を聞いてさらに思いました。

日本が一発沈没するようなことだってありうるかも知れない、神のみぞ知る。そうなったら、地球全体が犠牲になる・・・・・。

原発反対!!


20. 2011年5月24日 12:28:31: c8z5bo9erE
こんな当事者意識の低い無責任なジィさんが原子力技術協会のトップなんて日本の原子力業界は心底腐ってるんだね・・。いまだに詳しい事故状況は分かってないといいながら、原発から5KM以上離れてるエリアはもう家に帰っても大丈夫だろうなんてことを平気でぬかしている。本当に安全ならば孫を含め自分の親族一同を原発のそばに住まわせて証明してくれっつーの!!(怒)

21. 2011年5月24日 12:38:13: xNUMwt5VBA
ウランは原爆に利用され大きな過ちをおかした。今度は原発に利用し大きな過ちを起こした。すべて科学者の研究によるものだ。その内容を知らないものは科学者の言葉を信じる以外にない。科学者たるものもっと責任を持って言葉を発してもらいたい。原子力協会の最高顧問が責任持たなくて誰が責任持つ。         想定外は必ず起こることを念頭に危険なものはいくら便利でも使わないようにしないと人類は滅びる。

22. 2011年5月24日 12:53:25: oz33FCcPgo
誰かこいつに首輪と鎖をつけて、3号機横の排気塔にくくりつけろや。

放射能をたっぷり浴びながら、自分のやってきた「成果」を
じっくりと見ていただこう。


23. 2011年5月24日 13:07:29: P1Zbl44E0c
社会的約束が果たされなかったとあるが要はヒューマンエラーであり、結局は人災であったというオチでしかない。

神の仕業だと言っていた与謝野氏の発言はものの見事に外れていた。


24. 2011年5月24日 14:45:16: u7pYWxZ8ps
また見てしまった!
いつだったか、偶然TVタックルを見たとき、話していたのがこのじいさん。
ぞっとするほど不気味な印象が、しばらく脳裏から離れなかった。

人の話に分け入る、分け入る!
実ににこやかな顔&優しい語り口調の裏には、相手を絞め殺さんほどの気迫を隠し持っている。
反論を受けたときの、相手を睨みつける険しい表情を、意図してなのか、絶妙なカメラワークで時折ブラウン管に映し出される。

なんなんだこの人は、・・・「原発やくざ」ですね。

下手に反論すると、裏で手を回されて「消されて」しまいそうな恐怖を感じて、他の出演者を心配しながら、番組を最後まで見てしまった。

話していることはめちゃくちゃでボロを出す。

彼を黙らせることができるのは誰なんだ!
今後も、TVタックルに注目!


25. mainau 2011年5月24日 14:51:24: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
石川迪夫は、原子炉のところに行って、ぜひ炉心の熔融の程度を確認してきていただきたい。
期待します。ご自分で確かめに行ってください。ぜひぜひそのドラスティックな方法を実践してきてください。
今まで極悪道だけでしたね。人生の最後にくらい、国民のために何かして下さい。
炉心の状態を直接見てきて報告してください。
ただ即死する可能性もありますが、それはあなたの宿命でしょう。

26. 2011年5月24日 14:52:25: G5lAvBgcn2
>ですからもうわれわれ原子力屋はですね、
>原子炉のそばまで行っていったいどうなっているかというのをですね、
>敵の姿をね、

行ってもらおう。石川君。
原子炉内がどーなってるのか
行って報告してくれ。
キミにはその責任があるんじゃないかい。


27. 2011年5月24日 15:12:30: IV8vpzxuiI
このての爺が日本の経済界、官僚やあらゆるトップに多く、このての輩が優秀な若者を潰した。日本は老害。太平洋戦争間際の日本を彷彿とさせる。議論になってなく自己中で詭弁を弄しているだけ。日本人の体質は変わっていなかったんだ。
戦争で多くの若者が戦死した。今度は放射能であと20年か、30年でこの爺たちのせいで日本が滅びるんだね。

28. 2011年5月24日 15:26:47: pNbIrgczWA
石川迪夫は、精神異常者若しくはテロリストだ。
オウム真理教のように、危険な思想を展開し取り巻きを洗脳し組織を固めているに違いない。
危険人物は直ちに隔離しなければ、一般人が巻き添えに遭うだろう

29. 2011年5月24日 15:30:01: ojnHSYWcpI
この高慢ちき爺さん何とかしてほしい。気分も悪くなるし、こんな爺さんが最高権力者じゃ、福島原発を持つ住民は泣くだけでしょう。最終的に日本国を滅ぼす張本人。


30. 2011年5月24日 15:37:01: mFF6DOCj9g
「福島第一原発周辺3〜4キロ圏外の方は帰ってもらっても大丈夫です」
って言ってましたねぇ!
自分で行って生活すれば(笑)

もうすでに80近しの死期が近い人間の言うことは信じられない!
今後10年後、20年後の「言ったことに対する」
責任なんて取らない、取れない人間は自己保身で何でも言う!

お偉い先生なんで政府要人にも意見してるんでしょうが
そんなに大したことないんだったら
20キロ付近で枝野や岡田はなぜあんなに
防護服を着込んでたんでしょうかねぇ(笑)

この石川も菅政権同様
捏造、隠蔽、偽造でしょうね!


31. 2011年5月24日 16:48:03: 8qkp570kfE
バラエテイ番組で、深刻な、人命に関わる事をやらないで欲しい。今はこんな硬派?な、番組だけど、ノストラダムスを喧々諤々やってた過去が。後々このおっさんの発言も、ただのバラエテイですから~ってオチか

32. 2011年5月24日 17:01:23: QsYULuCss6
否定的なコメントばかりで場が違うかもしれませんが、あえて、マジレス。

私は、この番組を見ていて、石川氏の主張は、基本的に冷静で論理的
だと思いました。

資源がなく狭い国土に過密な人口をもつ日本にとって、高密度エネルギを
取得する手段としての原発は当時の判断として必要悪だったのだと思います。
(日本中が何らかの形で恩恵を受けたのでは?だから今があるのでは?)
原子力政策については、番組では触れられてませんでしたが、核廃棄物の
最終処分方法を未決定のまま、原発を作り始めてしまったことが最大の
問題だと思います。

原発を作ってしまい、その恩恵を享受してしまった今、次世代にむけて
できる事の一つとして、運転中の原発を止めたくらいでは、今までしてきた
「問題先送り」と変わらないと思います。
チェルノブイリと比較される今回の事故ですが、非常に危険な核種は原発
敷地内に留まっている可能性が非常に高い福島の場合は、闇雲に○○ベクレ
ルとか、△△シーベルトとか数値で踊らされるのではなく、その核種とその
健康影響ふくめて、冷静に対応を検討し、世界に発信していくことが必要
だと考えます。

「速く収束したいなら、炉心さらに溶かしてドボン」とかは、もう少し
整理して(たとえば、原子炉の下に大きな穴を掘って、地下300mに発電所
ごと落として、そのまま埋めるとか?)発言すべきドラスティックな
内容過ぎたと思いますが、私自身も、最終的な落とし所としては、
数キロ圏より外は、自宅に戻れるような規準や検証を行うことが、
日本全体として最も負担が少ない形だと考えます。
(原発敷地、および数キロ圏については、封鎖しかないと思ってますが)
★数字については、今後の状況や調査によって変わると思いますが、むやみに
 広い範囲である必要はないと考えます

「原発と地球の前提の祖語」についての発言などは、突っ込みどころ満載
ではあるものの、「外界と一切独立して生活することなどもはや不可能」
な今、石川氏の今回の一連の事故の分析や、今後の対応方針などについて
私は評価します


33. 2011年5月24日 19:04:47: IuL7OZ5IMk

論理的には筋が通っているが倫理的には間違っているマッドサイエンティスト。

こういう科学者が政府の走狗となり幅を利かしたから今の事態をもたらした。

8時間以内に電気が来たらメルトダウンは起こらなかったという。

なぜマニュアルに電源を確保する方法を書かせなかったのか。多系統の外部電源を備えなかったのか。

菅のように、清水や武藤のような無能なトップが指揮することを考えていなかったのか。

8時間以内に外部電力を引っ張って来れたらメルトダウンは防げた。

その努力もしようとした形跡がない。 電力会社なのに。 何日もたってからでは遅い。 

あまりにも事故の損害が大きすぎる。  原発を続ける限り再び事故は起こる。

想定外の原因によって。  想定内ではテロによって。

事故を避けるには原発はやめるべきだ。


34. 2011年5月24日 22:16:21: zxRwWYtUnA
>32さん

あなたの認識は甘いと思う。

まず、福島原発は1970年代から稼働している最古の原発だと思うが、当時原子力以外にエネルギーの選択肢がなかったというのは事実ではない。火力も水力もあった。選択肢がないというのは「神話」であると、高木仁三郎氏は言い続けていたことだ。原発は国際政治の思惑のもとに推進されたものである。

それにセシウム、ヨード以外の危険核種は原発敷地内に留まっている根拠はない。ETV特集で研究者が福島各地を車で走り回って計測していたが、その結果を集計していた協力者の研究者たちは、量に差はあるが検出される核種はどの地点でも共通であることが今回の原発事故の特徴であると述べていた。

フランス大使館は3月15日にすでに、10数時間以内に東京にまで強い放射線が届く危険が大きいゆえに外出を控えるよう、日本にいる自国民に警告を発していたと言う。それくらい放射線とは威力があるものだ。
福島県の会津地方以外は危険にさらされている。まともな学者は認めている。石川はまともではないし、彼はそもそも機械屋ではないのか。原子力の専門家ではなく、原発建設に経験があるというだけなのではないか。機械工学科卒とはそうことだろう。
原発建設に携わっているうちに、ヤクザのような押しの強さを買われただけではないかと思う。こんな男の言うことに耳を貸すよりも、小出氏や高木氏の原子力の専門家がどう言っているか、彼らの本を読んでみるべきだ。


35. 2011年5月24日 22:36:25: zpO4c864W2
>資源がなく狭い国土に過密な人口をもつ日本にとって、高密度エネルギを
取得する手段としての原発は当時の判断として必要悪だったのだと思います。

まるっきり逆でしょ。
資源がなく狭い国土に過密な人口をもつ日本に原発はそもそも作れないはず。
しかも地震大国ときた。


36. oyaoya 2011年5月24日 23:59:16: ZeJblTNf8lMLY : WlnJpG2hNM
何をほざこうとも『だから大惨事になっても良い』って理由にはならん。

はぁ〜昔はコンなんで通用してたんですね。

#まともじゃないね。

ネットで晒されるリスクは計算出来ないんでしょう。

当該汚染被災地の遺族の前でいえるもんなら言ってみろ。

まさに自民党時代の時限爆弾炸裂ってとこか。


37. 2011年5月25日 00:07:23: JPTTmqDnTI
>>17
B層って、何ですか?

38. 2011年5月25日 00:18:33: K15h0EjFjQ
本当に呆れた

こんな人が日本の原発の親なんて・・・開いた口がふさがらない

柏崎刈羽原子力発電所の地震による火災なんかも原子炉は止まっているから

一方、武田先生は震度5の地震で壊れる原発は危ないと言っている

さらに住民のことは考えていないとも言っている

なんで半笑いで語れるのか?

ボンクラ政府に、人事、原子力技術協会、原子力安全委員会の斑目といい

責任のたらいまわし。

こいつらに税金から給料が払われていることが許せない

もう税金は払いたくない


39. 2011年5月25日 00:34:06: lL9CaJUaeU
>34さん
賛同します.原発を設置して安心したのか分かりませんが,
そのため太陽光,地熱,風力その他の電力機器開発を怠ってきた
(見ようとしなかった)結果と思います.

原発は安全と言いながらも現在の状況を見て『味噌汁なのかぜんざい
なのか・・・』なんて言い出す神経が分かりません.

石川なんたらも屑と思いますが,飯田なんとかについては,
飯舘村を,飯舘村の人々を悪夢に追いやったということで忘れられなく
なりました.飯田哲也...飯舘を通夜に追いやったもの・・・
「いいだて・つや」です.
飯舘村の報道を見るたびに思い出してムカッとしてます.
悪名を歴史に残してしまったね.


40. 2011年5月25日 00:34:18: URqrkR7r6N
素直にごめんなさいの一言も言えんのか。無駄に年ばっかりとってからに

41. 2011年5月25日 00:56:24: 7JI47zph7M
>>18>>32のコメントに追加したいことがあるので、私もマジレスします。
石川迪夫という人は、原子力のことを調べればかならず突き当たる原子力ムラの「村長」格の人物だけど、あのTVタックルのなかでひとつだけ、きっぱりとウソ(に限りなく近いこと)を言っている。ここの発言だ。

>◆そこで本当に学んでいたら、今回の事故はあったんですか?
>「地震屋さんというのは、強度のことばっかりですよ。そのとき、津波のことをおっしゃった先生は一人もおりませんよ」

たしかに津波について地震学会内部でやりとりされていた議論も研究も不足していたことはまちがいない。貞観津波の研究はごく最近になって明らかになったことが多い。(だからあんなに津波で死者が出てしまった。避難所に指定されていた所のはるか上まで津波が来るなんて、プロの地震屋にとっては、屈辱以外なにものでもなかろう。)

ところが、地震屋でなく原子力屋の中で、津波が来たらどうなるか、ちゃんと研究していたグループが存在していた。そしてその予測はおおむね正しかった。ところが彼らは、原子力産業や原子力行政に対する発言権があまりなかったので、現実世界を変えたり危機を回避する力をもてなかった。
石川迪夫は現役をはなれて久しいので、こういうマイナーなグループのことに目が行き届かなかったか、ボケて忘れてしまったか、あるいは、(TVの共演者が原子力のシロウトなのをいいことに)意図的にはぐらかそうとしたのだろう。
証拠となる研究レポートはPDFファイルで公開されているから、読みたい人はダウンロードしてみてください。このレポートの第3章「津波PSAの試解析」は、福島第一原発事故で実際に起きたことを事前にほとんど言い当てている。このレポートは原子力版の『昭和16年夏の敗戦』だな。

http://www.jnes.go.jp/content/000117490.pdf
平成21年度 地震に係る確率論的安全評価手法の改良=BWRの事故シーケンスの試解析=
平成22年12月 独立行政法人 原子力安全基盤機構


原子力ムラはどこもかしこも腐っているようにみえて、ところどころ健全な部分もある。有名なのは京大の熊取6人衆だけど、この原子力安全基盤機構(JNES)の事業活動年報を5年分読んでいくと、日本の原子力研究の安全確保技術が少しずつだけども進歩してきていたことが、じわっと分かる。(ただしこっちのほうはアドビフラッシュをインストールしないと読めません。それと、分量がとてつもなく長いです。)
原発をすぐに全廃したい人も、時間をかけて減らしたい人も、面白くない研究かもしれないが、そんな人たちこそ、いま原子力ムラでなにをやっているか、そのトレンドくらいはつかんでおいたほうがよい。

事業活動年報 平成17年度の事業活動
http://www.jnes.go.jp/kouhou/acob/acob2005/book1/index.html

事業活動年報 平成18年度の事業活動
http://www.jnes.go.jp/kouhou/acob/acob2006/book1/index.html

事業活動年報 平成19年度の事業活動
http://www.jnes.go.jp/kouhou/acob/acob2007/book1/index.html

事業活動年報 平成20年度の事業活動
http://www.jnes.go.jp/kouhou/acob/acob2008/book1/index.html

事業活動年報 平成21年度の事業活動
http://www.jnes.go.jp/kouhou/acob/acob2009/book1/index.html


42. 2011年5月25日 01:05:10: U8dMPDGAEQ
あらら、石川迪夫センセーのテレビ朝日「朝まで生テレビ」の発言が、
YouTubeでフランスでも紹介されている? ま、再生回数が少ないからいいっかw

Fukushima.flv
http://www.youtube.com/watch?v=3tmZil3Uyqc


43. 2011年5月25日 01:39:55: EGaQ73B5yp
石原迪夫は日本の敗戦を核武装で盛り返そうという執念で原発立国を
進めてきた死にぞこないの亡者だぜ。

しかもこいつは「ぜんぶ津波が悪いのよ」とうそぶいてきた札付きの詐欺師(笑)
       ↓

-----------------------------------------------
外部電源、地震の揺れでショートし故障 津波がなければ耐えれたとはなんだったのか・・・・

1 :名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/05/24(火) 20:43:34.67 ID:3mjsmhNx0● ?2BP(4)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、原子炉を冷却するための外部電源が失われたのは、
送電線の設備が地震の揺れによって壊れたり、ショートが起きたりしたことが主な原因であることが
東京電力が国に提出した報告書で明らかになりました。

東京電力福島第一原子力発電所では、3月11日の地震発生直後に外部電源が失われ、
復旧には10日以上かかるなど原子炉の冷却が滞りました。東京電力は、外部電源が失われた原因についての
報告書を経済産業省の原子力安全・保安院に提出し24日に公表しました。

それによりますと、福島第一原発に非常用の電気を送る6系統の送電線のうち、4系統では揺れのため電線が鉄塔に触れてショートが起き、
残りの2系統ではスイッチなどの設備が壊れたということです。この影響で送電線の安全装置が働き、
送電できなくなったということです。このうち、5号機と6号機に電気を送る敷地内の送電線の鉄塔の一つは倒壊していたことも分かり、
東京電力は大規模に崩落した近くの盛り土がなだれ込んだのが原因だとしています。

さらに非常用の電源を供給する新福島変電所では、ケーブルが切れたり変圧器にひびが入ったりする、
さまざまな被害が出て復旧に時間がかかりました。東京電力は、これらの設備は地震の揺れに対して余裕をもった設計をしていたと説明していますが、
なぜ壊れたのか揺れのデータを基に調べることにしており、電力各社も同じような非常用の設備の耐震性を検証し直すことが求められています。

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110524/k10013086201000.html

------------------------------------------------------------


44. 2011年5月25日 03:37:15: Gbp9ypzJMI
「いまの状態でですね、これをもっとやれとか、そういうふうな言える状況にはありませんから、まず皆さんがたがいろいろお考えになっていらっしゃることをやっていかれればいい。そうしてその結果、産業の構造がどのように変わっていくか、そういったところも見られて、また将来いろいろと動きがあるのであろうというふうに思っておりますよ」

翻訳:
何も分からん素人どもがうるさいからホトボリが冷めるまで放置しよう。
代替エネルギーとか、やりたきゃやってごらん。
電気が足りなくて今にまた原発に戻るに決まってる。

こんな人叩いてもしょうがないよ。もう亡霊だもの。懲りるはずがない。時間の無駄。
今まで原子力に依存して来たことは事実なんだから、適当に勲章でもやって退場してもらえばいい。
それより若手を。


45. 2011年5月25日 04:09:51: gOR3mFCrCo

>>01
>人間を辞めてもらう以外ない。

そもそも人間ではないのでは?

>>15
>この人は頭がおかしいのではないか?

そもそも人ではないのでは?

>>28
>石川迪夫は、精神異常者若しくはテロリストだ。

石川迪夫は、そもそも人間なのか?


46. 2011年5月25日 04:18:25: hpOmPUrCyI
石原迪夫を筆頭に原子力推進してきた御用学者に特徴的なのは、科学的データを検証せず、非科学的な主観的意見を述べ続けることだ。要するに平気で嘘をつく体質なのだ。
小出さんや後藤さん、田中さんたちは得られたデータを基に慎重に言葉を選びながら自らの科学的見地に基づき冷静に発言される。
震災の悲惨な現実に呆然とする中で、さらに暗澹たる気持ちになるのは、自然の猛威に対する人間の無力感などではなく、これまで原発を推進してきた者たちの、隠蔽、嘘つき体質のどす黒い巨大な仕組みの存在が、現実の放射能の恐怖を倍増させることだ。
日本の再生は、嘘で固められた原子力行政に関わった、経済産業省、政治家、御用学者、東電、メーカー、ゼネコン、マスコミ、これまでの悪行を厳しく断罪しなければ始まらない。

47. 2011年5月25日 06:22:23: rNfSI5ABd6
マスコミにこの間登場され、原発事故についてコメントされていた東大、阪大などの先生方、事故現場に出かけて、自らの発言について検証されてはいかがですか。最近は身を隠しておられますが・・・・

48. 2011年5月25日 08:11:13: KjwaFAFoyI

高濃度被爆してるんで今更逃げても遅いから、3km以内に帰ってOKです。

ってことだろ。


49. 2011年5月25日 08:38:29: DtCsI6Tk6E
石川迪夫って爺は汚らしいから燃やしてしまえば。
そのほうが国民にとって良いと思う。
この爺を燃やしてしまおう。

50. 2011年5月25日 10:20:48: p9B89YgNYw
技術者だね、
言ってることはそれなりに信用できると思う、
管や枝野よりはずっと立派

51. 2011年5月25日 10:33:45: feSd6Nl7Xk
「速く収束したいなら、冷却止めて炉心さらに溶かしてドボン」

この発言はビックリでしたね〜。
こんなトンデモな考えが通るなら、作業員の皆さんが危険な作業する必要ないですよね?
それに、今までの作業もムダって事になりません?

威圧的な態度はまるでヤクザ。納得できる答え一切ナシ。何なんでしょ、このジジィは。

アッと言う間に放送終了で、咽の奥に引っ掛かった魚の骨が取れない感じです。

原発周辺に移住して、存分に原子炉内の調査をして頂きたいです。


52. 2011年5月25日 10:53:05: JC1hBAoYGw
>>43
>石川迪夫は日本の敗戦を核武装で盛り返そうという執念で原発立国を進めてきた死にぞこないの亡者だぜ。

戦前戦中派のじいさんばあさんには、アメリカに踏みつけられた軍事占領された経験をいまだ引きずっている者が多い。アメリカに見下されないために原子力の開発を進めた世代が事実として存在した。これは好き嫌いを抜きに、この国がたどった歴史の1ページだ。そうかりかりしなさんな。
(関係ない話だけど、祖母に『福島第一原発から飛びちった放射能がアメリカ本土まで届いてしまったようです』と雑談したときのことを思い出した。このばあさまから返ってきた答えに俺はびびったぞ。『あら、お返しよ。アメリカは2発日本に原爆を落としたでしょう。日本から少しくらい放射能をアメリカに降らせたって、当然よ。』と切り返してくれた。)

NHKニュースのオリジナルソースは原子力安全・保安院の「東京電力からの福島第一原子力発電所内外の電気設備に係る被害原因等の報告に対する評価結果について」
http://www.meti.go.jp/press/2011/05/20110524001/20110524001-3.pdf
だが、NHKのまとめかたで本当に適切なのだろうか。ちょっと疑問。


53. 2011年5月25日 11:25:55: HCBR3y0Lkg
TVタックルの発言は石川迪夫個人の考えではなくて、日本の原発に携わる上層部の考えだと認識した方がいい。こんな大事故をおこしておきながら何が何でも原子力発電を推進していくんだという気合のようなものを感じて、気色の悪い不気味さを感じたとともに嫌悪感につつまれた。専門用語を交えながら鋭い指摘があると飛躍したたとえ話を持ち出し、他の出演者を屁理屈でのらりくらりと交わしていく様は、まるでカルト宗教の解釈本を読んでいるようだ。石川迪夫は原発の推進派の代表者で、今まで散々その恩恵を受けてきて、ただ屁理屈がうまいから推進派の代表として送り込まれてきたのだ。話をまともに聞いてはいけない。私は原子力の専門家ではないから話を聞いていてざっくりとしか理解していないが、簡単に言うとできるだけ低コストで原発を再稼動させたいようだと感じた。それは浜岡原発に12メートルの防潮堤を造ろうとしていることからも理解できる。福島では14メートルの津波がきたのだから少なくとも14メートルが最低ラインで、安全を考えたら20メートルの防潮堤を造ってもいいのではないかと感じたところからだ。原発は推進するが金はできだけ掛けない。我々の生命と健康はマネーで売り買いされている。そう感じた。

54. 2011年5月25日 11:42:19: jnv8XMkrD6
TVタックル見てて石川という老人の笑いながらのコメント。本当に腹が煮えくり
返った。口から先に生まれて、何か勘違いし生きて来て気が付いたら醜い老人。
まぁ先がないから言いたいこと言わせたら良いよ。
どうせ誰も真面に聞いてないから。

55. 2011年5月25日 11:47:22: us8RKQB5Ws
石川氏が北大で教授をしていた時にこの人の研究室にいましたが
この人の言動を見て原子力関連へ進むのを避けました

TVでも片鱗が出てましたが、相手を威圧して自分のしたいように相手を動かす
私も「約束だぞ」と睨み付けられて無理だ、と主張したことを押し付けられました

原子力関連の研究者はこの人(一応業界では最高権威)に反論したら
干されるのをわかっているので、この人に反論するのは人生掛けるようなものです
北大で、実際に気に障った助教授が別の研究室に飛ばされましたり
その助教授と共同研究していた助手を生徒指導から外すという事態がありました

このような唯我独尊で自らを省みることができない横暴極まりない人がいる限り
技術的な問題をクリアしても管理・運営に問題が出ることが確実なので
原子力を専攻しながらも私は原子力推進には反対です


56. 2011年5月25日 11:49:32: 8qkp570kfE
このおっさんの暴言妄言寝言戯言与太話....は、説明とか解説とか何とか、相手に理解を求めるものではなく、ただひたすら、耄碌し干からびたか腐ったかしたそのオツムをフル回転させて、相手を煙に巻こうと躍起になってるとしか思えん。こんなんでも逮捕されたり命狙われたりしない日本はいい国だ...

57. 2011年5月25日 12:01:10: dioADvCn6s
アメリカから原子力発電の技術を輸入出来たと言う事=核武装容認をアメリカから取り付けた(アメリカも希望している)インド、パキスタンしかり、その後断念した国も数カ国(台湾、韓国など)
日本は被爆国であった為、核爆弾を製造するに至っていないが(たぶん)製造技術は持っている。
科学技術の発展、夢のエネルギー、色々と美辞麗句を並べ国民を欺きプルトニウムの生産とロケット開発に予算をつぎ込んできました。
その両方の副産物が電気であったり気象や通信衛生として国民にもたらされた。
表向きの目的を持った者と影の目的を持った者、両者がいてこの木地蛾意爺さんのような輩が影の目的を持った者には都合が良かった。
小出氏のように電気を作る為にこんな危険な物を作るのか!
止めたほうが良い!
こうならない様に石川のような人間に地位と権限を与えたんだと思う。

58. 2011年5月25日 15:12:21: em3zTcRyEI
32です。部分引用および、統合での長文マルチレスご容赦

>TVタックルの発言は石川迪夫個人の考えではなくて、日本の原発に携わる上層部の考えだと認識した方がいい
>論理的には筋が通っているが倫理的には間違っているマッドサイエンティスト。
おっしゃる通り。ただし、われわれはこの結論を過去選択してしまっているのも
また事実として受け止める必要があると考えています

>火力も水力もあった。選択肢がないというのは「神話」である
不勉強なため、ご紹介頂いた先生の発言など存じ上げてないので、適切な
コメントではないかもしれませんが、「どれだけのスパンで考えるか?」の
前提を合わせる必要があると思っています。

今年の夏の電力は足りるのか?というようなスパンであれば、原発なんて即刻
止めるべきだと思います。一方、我々の孫の世代を視野に入れるのであれば、
貴重な化石燃料をお湯を沸かして電気をつくるようなことにいつまでも使って
いいのか?も疑問です。

だから、再生可能エネルギ。なのでしょうけど、エネルギ密度や現状の変換効率
を考えた場合日本の狭さがネックになるのでは?と危惧しています
(もちろん、だから、原発・・・という過去の判断が間違っていたことも認識
しているつもりです)

>資源がなく狭い国土に過密な人口をもつ日本に原発はそもそも作れないはず。

ご指摘の通り。
チェルノブイリの時は、偏西風に乗って地球何周目の到来?と確認できたほど
放射能の影響は大きいことは経験済み。
高度成長当時は「安全にコントロールできる」と信じて?、原発を作ってしまった。
しかも、最終処分地の候補すら公にできない状況だったのに。
この事実が過去我々が選択してきてしまった残念な事実かと。
(一環して反対してきた方には本当に残念なことかと思います)

>太陽光,地熱,風力その他の電力機器開発を怠ってきた
(見ようとしなかった)結果と思います.

当時は技術的にも費用対効果を見いだせなかった。さらに、CO2や化石燃料など
の環境変化まで我々が見越せなかったのかと。

原発のリスクを再認識できた今、もはや原発に費用対効果は望めません。
(というか、そもそも最終処分地が決まってないのに、発電コストを算出
 できるハズがなかった)

太陽光の変換効率やバイオ関連の技術の進歩、化石燃料の高騰、Co2問題
市場ニーズの変化なども考慮すると、再生可能エネルギを推進できる環境が
整いつつあると思っています

>代替エネルギーとか、やりたきゃやってごらん。
>電気が足りなくて今にまた原発に戻るに決まってる。

原発に戻らないためにも、再生可能エネルギが実用化できるまでの間、
我々が覚悟をする必要があると思っています。
・エネルギに過度に頼らないライフスタイル、価値観への見直し
・エネルギをフルに使って競争してくる新興国への対応
・新しいライフスタイルの中で世界に提供できる日本の価値の見極め
・これらを実現するための、コスト負担の覚悟

私は正直、この負担に耐えられるか?自信がありません

>津波のことをおっしゃった先生は一人もおりませんよ

この発言は、石川氏の誤魔化し以外の何物でもないと思っています。
自らも失敗したと認識しているかと

>高濃度被爆してるんで今更逃げても遅いから、3km以内に帰ってOKです。

3Kはまだ何とも言えないものの、ここは食いつきたい訳ではなく、私なりの理解を。

注意すべき放射能は、外部被ばくと内部被ばく。
外部被ばくは、短時間に高濃度の放射線を浴びることによる、細胞破壊されてしまう問題。
これは、現場で頑張っていただいているFUKUSHIMAの皆様に最善の注意をしていただくべき問題。原発の近くに立ち寄らなければまず問題ないかと

一方、私たちが注意すべきは内部被ばく。
食べ物などと一緒に体内に入ることにより、放射性物質の近くの細胞が継続的に
放射線を浴びることによる、DNA損傷による異常細胞による影響。
放射性核種により、特定組織に留まる化学特性を持つ同位体と、細胞代謝のサイクルとともに体外に出されやすい同位体があります。さらに、でる放射線も、α線、γ線などで
細胞への危険度がことなります。また、細胞に攻撃をかける放射線量が細胞の許容範囲内かどうか?が重要。

で、内部被ばくで危険なのは、「単一組織に留まり、α線を出すもの」がより
危険になります。
この性質から、チェルノブイリで、ヨウ素によるガンは5000例以上確認できているが、
セシウムによる例は確認されてないという、御用学者?の方が紹介している事例にも
一致すると思っています。
ただし、一方で、「どんなに弱い放射線でも、浴びた量だけリスクが高まる」という
学説もあるようですので、影響の解釈はまだ議論の余地があると考えます。
(私自身は、細胞やDNAに許容量があると考えています。許容量以下であれば問題ない
 という考え方を信じています。薬とかなんでも濃度がポイントですから)

どなたかも紹介していただいていたETV特集にあったように、チェルノブイリと違って
福島の場合、揮発性の核種が中心にベントから放出されている物が多いと考えれれるため、甲状腺にたまりやすいヨウ素は要注意ですが、プルトニウムなど特定の組織に留まり
α崩壊する少量で大変危険な核種は原子炉内に留まっている可能性が高いと考えます。

とはいえ、燃料溶融が確認された今、番組での石川氏の発言にあったように、
水蒸気に付着した核種が外に出てしまっていることは確かで、この核種の拡散影響
については、揮発性の物程遠くに飛ばないものの、被覆管で燃料が守られているハズ
だった、事故当初の状況とはことなり、危険であることは確かかと。
ただし、水蒸気に付着する重い元素の影響は、キロ圏に留まるのでは?との憶測から
「数キロ圏より外は、自宅に戻れるかも?」との発言につながっていたと考えます

ただし、海や、原発敷地内に漏れてしまっている冷却水には、非常に危険な核種が
混ざっていることは確実だと思いますので、原発近くは隔離が必要と考えます
(近くは除染も困難なのではと思っています)

>低コストで原発を再稼動させたいようだと感じた
とはいえ、もはや、原発にコスト効果は見いだせないと考えます

>原子力を専攻しながらも私は原子力推進には反対です
私はず〜っと悩んでいます。着手前ならもちろん反対。
止めても、動かし続けても、次世代にゴミは残る。処分地も決まってない。
できてしまった原発はしゃぶりつくして、その間原発の恩恵を利用して
再生可能エネルギをより推進させるべきか・・・
それとも粛々と、廃炉作業を行うべきか・・・

石川氏の態度や発言は、人として疑問視する部分は私も思います。
一方、ある意味整合性のとれた過去の日本の論理に対して、
どう修正すべきか。私自身結論はでてません。


59. 2011年5月25日 15:25:50: EpS08hW4KY
「32です。部分引用および、統合での長文マルチレスご容赦」

↑58. でも長文、アナタは結局何が言いたいの??
読んでて理解できません!!


「私自身結論はでてません。」と自分で言うくらいなら、結論出てからにして!


60. 2011年5月25日 22:11:49: PdlTNrHhR6
http://www.youtube.com/watch?v=-RRpGSZYQxQ#t=6m19s
自民党執行部が小出先生をモノ扱い。
「何であんなのを呼んだんだ」


自民の原発村体質変わらず。
しかしマスゴミに騙されて支持率上昇。

ひどい国だ。

それと日本人の多くが石川迪夫みたいな推進派だったんだから、東北の野菜が売れないはずないんだが。
推進派で食ってないやついるだろ。
責任持って食えよ。

関連
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/696.html
京大原子炉・小出「国会報告、自民党から文句も」5月24日、毎日放送ラジオ、たねまきジャーナル



[削除理由]:2重投稿
61. 2011年5月26日 01:08:24: uMNIqSsnxM
っていうか。。。
日本ってもうだめなの?
脱出しかないのか?

62. 2011年5月26日 10:21:43: dioADvCn6s
58さん
「太陽光の変換効率やバイオ関連の技術の進歩、化石燃料の高騰、Co2問題
市場ニーズの変化なども考慮すると、再生可能エネルギを推進できる環境が
整いつつあると思っています」

どこが?どう?
複雑な水利権、漁業権、国定公園法等々無数に規制や縛りが掛かっており
それらはほとんど変わらず、環境が整いつつあると思っているなら認識不足と言うか世間知らずです。
孫氏が行政監視委員会で指摘されたように
「風力発電の認可をもらう最大の障害が原子力安全保安院だそうで、なぜ風力に原子力が?」と発言されておりました。
既得権益だらけ、規制だらけ、何も出来ない仕組みになっています。
巷に知恵や技術は溢れかえっていますよ、しかし何も出来ない仕組みになっています。
現在ある風力発電だってただのポーズです。
総理大臣が思いつきで発送電の分離などと言っていますが、それと同じくらい認識の甘さを感じます。


63. 2011年5月26日 12:00:43: yqoDn88KzE
映画「羊達の沈黙」でアンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士が頭に
過ぎりました。あんな男が野放しになっているかと思ったらゾッとします。 
核爆弾のスイッチを持たせたら躊躇せず確実に押すでしょう。
長期に亘った自民党政権時代に起用されたキチガイを当時の任命者は責任を持って
監修、監禁するべきです。原発銀座である福井県の敦賀市にはこの手のキチガイ
からしたたるドロドロの血を舐めまくりブクブクに太ってゆく一握りの吸血軍団
がいますよ。自分たち用の避難用シェルターもすでに準備済みとかで。

64. 2011年5月26日 16:19:22: izP47dhXzo
こいつにこそ小出先生が参議院行政監視委員会で最後に示されたガンジーの七つの社会的大罪の「人間性なき科学」という言葉の意味を噛み締めてほしい。

65. 2011年5月26日 16:55:49: 0i1fzPxfkw
 5月23日のTVタックルには失望しました(まあここ最近、この番組には失望続きですが)。
 石川迪夫(いしかわ みちお、日本原子力技術協会・最高顧問)なる人物の言質を聞いていると、いわゆる日本の専門家と言われる人たちのマインドを改めて見せられたような気がして、暗然としてしまうのです。まあこの人については、すでにいろいろ言われているようなので、今さらどうこう詮議するまでもないのでしょうが、しかし理系の専門家のマインドが、今だにこうであるとすれば、やはり日本の未来は暗澹としたものにならざるを得ないというか、またしても同じ失敗をやらかすのだろうという気がするのです。
 これから話そうと思うのは石川氏個人のことではなく、そこから見えてくる今どきの日本の病巣のようなものです。

 この人が番組のはじめにやってのけたことと言うのは、素人に絶対応えようのない質問を繰り出して反論を押さえ込み、話の主導権を握ろうとする使い古された討論の常套手段でした。
 その質問内容というのは、「1号機の水素爆発から3号機の爆発までに、タイムラグが生じたのはなぜか?」というもので、もちろんその場にいるパネリストの誰も答えることが出来ない。で、その上で丁寧に素人にも分かるような説明を加えるのかといえば、それはしない(そこに入っていくと、立論上自分にとってヤバイ中味があるからです)。続けて熱心に話し出したことととは、今回の原発事故がひとえに想定外の巨大津波による全電源喪失によるのであって、「原発」の耐震設計の問題ではないということなのでした。パネリストたちが最初に主導権をとられて、何となく唖然としている間に言いたいことを言う。
 要はこの質問を繰り出した意図というのは、いきなり相手の口封じ、平たく言えば「素人は黙ってろ」ということなのでした。そのあたりを比較的早くに見抜いたのは例の勝谷氏でしたが、他の政治家諸氏その他はわりとまっとうな意見を言っているにもかかわらず、何となく自身無げに見える。最初の先制パンチが効いているのです。私はなぜこの最初の先制パンチに対して、「そんなものに答える必要はない!」と切って捨てるような応答をする人がいないのかと不思議でしょうがない。素人だからこそ「答えないのが当りまえ」「一知半解の知識であれこれ答えるのは、返ってそこにいる専門家、つまりあなた石川氏本人に対して失礼でしょう」ということになる。
 しかしその後の進行は、まさしく専門家が素人に教えてやる式の典型的な「上から目線」で、なかば冷笑的な視線さえ浮かべている。

 この視線をいつぞやどこかで観たことがあったなと思っていたら、思い出したのがP・セラーズ主演、S・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」という古い映画でした。
 コチコチの反共空軍司令官が、独断でソ連への先制核攻撃の指令を出す。いろいろな経緯があって大半の戦略爆撃機が引き上げるなか、一機だけが戻って来ずにソ連領内に侵入する。これまたいろいろな経緯があってアメリカ大統領がソ連首相に詫びたりするのですが、アメリカの非常事態統合作戦本部のようなところにいる大統領科学顧問のストレンジ博士(P・セラーズ)が、「アメリカが先に核爆弾を爆発させたら、いくら先方に謝っても世界は終わりだ」と言う。眼を向く大統領(これもP・セラーズ)に対して、その科学者が言うには「ソ連の核防衛体制というのは、究極の弱者のシステムである。ソ連では敵方の核爆弾が自国で破裂すれば、全自動的に反撃システムが作動するようになっている。要は世界は終わりです」と言い放つその時の冷笑的なものの言い方、思わずハイルヒットラーの敬礼が出てしまうその身振り(おそらく元ナチという設定でしょう)、これとの著しい相似が印象に残ったのです。

 この映画自体はキューブリック特有のブラックユーモアに彩られていて、P・セラーズの怪演とともに映画史に残る傑作(1964年公開)だったと思うのですが、今回の石川氏は現実の学者、しかも日本原子力技術協会・最高顧問という肩書つきで、まさしく日本の原子力開発をその黎明期から推し進めてきた人なのです。自身が話しているあいだ中笑顔を絶やさない、この人の時に皮肉な冷笑味を帯びた笑顔に、不気味な気分の悪さを感じた視聴者は多かったのではないか?
 その気持ち悪さはどこから来るのか?それはストレンジ博士と同様のマインド、つまり「現下の状況から自分自身は、いかなる意味でもすべて『免責されている』」という立場でものを語っている、という態度から来ているのだと思う。

 この場合の『免責されている』とは何を意味するのか?ストレンジ博士の場合でいえば、彼は元ナチスつまり「世界破滅願望」の立場からものを言っているわけで、「どうせ滅びる世の中」であれば生者に対してどれだけ冷笑的であっても許される。それと同様の振るまいかたで、かつての日本人を壟断したのが、例えば武藤章とか辻政信のような旧日本軍人たちでした。「生きながらの死者」に我が身をなぞらえることによって、彼らは娑婆のすべての事象から『免責されている』、つまり上官に対しても民間人に対しても、何をしても構わないという立場で振るまえたのです。
 ではこの石川氏は何を以って、自分はこのたびの「フクシマ」からすべて『免責されている』としているのか?タックルでの発言を見るかぎり、「すべては想定外の巨大津波による全電源停止が原因で、原発そのものの耐震設計は問題なかったし、津波に関して警告した学者はこれまで誰もいなかった」ということのようです。この素人が聞いてもすぐ疑問を抱かざるを得ない言説については、すでにさまざま反論が出され、タックルでも多少の意見が出されたものの、本人はまったく聞き入れる耳はないようですね。
 早い話、地震と津波と水素爆発という、それぞれの局面での原子炉の破壊状況は、まだほとんど分析されてない。それと全電源停止が水素爆発という破局的展開につながったのは間違いないとして、全電源停止という事態について原子炉設計者はそもそも免責なのか?全電源停止は津波と関係なく、テロでも飛行機衝突でも起こり得たはずなのですが、この人はそれを説明してない。そもそも原子炉設計という概念範囲そのものが、この人の頭の中では都合よく膨らんだり縮んだりしているのです。これはとても科学的思考態度ということは出来ません。

 とするなら、この人の発言の底意は自ずから明らかになってしまう。要は「周辺住民も日本も潰れてよいから、とにかく原子炉開発は続けたい」ということなのです。これって、かつての帝国陸軍が「日本国土も日本人も全部滅びて構わないから、とにかく国体だけは護持したい」と言い放ったマインドと構造的に一緒でしょう。両者とも「後始末を引き受ける気がない」という点において。
 惹き起こした事態に対してはいっさい免責の立場を取りながら(その言説のどこからも「物事を引き受ける」という構えは、感じられません)、自身の主張だけは無理無体に押し通す、これって何だか児戯めいた「痴態」としか言いようがないのですが、本人はそのたいそうな肩書き(かつての軍人が勲章好きだったように)とともに、自身は特別に選ばれたエリートと信じて疑わないようです。エリートとは(もしそんなものが、今どきの日本にあるのだとすれば)、それは「あえて他責的な物事を、自分の事として引き受けること」を、特別に選ばれて信任された人のことだと思うのですが、もちろんこの人には、そうした想念はここから先もないでしょう。
 
 であれば、それでもすべての事象から「免責されて在る」という立場を取り続けるかぎり、この人には「マッド・サイエンティスト」の烙印を押さざるを得ないのではないか、ということになって来るのです。恐ろしいのは、こうしたマインドを持った人物が、今だ平成の世にボス風を吹かせているらしい、という日本の現実なのでしょう。

― つづく ―


66. 2011年5月26日 19:58:46: dioADvCn6s
この国の政治家、役人、エリートの共通のメンタリティーは国民を愚民視し、統治する。
それ以外の意識は持っていない。
今回の様な非常時に於いてはなお更、愚民が騒がぬよう腐心する習性をもっている。
自分たちの非を絶対に認めてはいけない。
統治基盤の緩みにつながるからである。
真の民主国家ではない。

67. 2011年5月27日 03:20:36: gOR3mFCrCo

>>65

おっしゃる通り。
国民(大衆)には迷惑すぎますが・・・。


68. 腐った日本脱出 2011年5月28日 00:54:43: Nq2ETCu26XAUI : lyzoJRTmIA
よくこんな奴をテレビに出して、好き放題言わせるもんだ!三宅久之がまともなら、
田島あたりに言ってたような剣幕で「馬鹿な事言うんじゃありません、あんたが原発から4、5キロ行って住んでみたらいいじゃないか、適当なことばかり言うんじゃありませんよ・・」とならないところが、どいつもこいつも腐ってる。

69. 2011年6月12日 18:27:13: pufQrOKRSg
田原に言わせると石川は「真面目な推進派」ということだ。似た者同士、魂が響きあうのだろう。その田原が言う。「僕は推進派でもないし反対派でもない中立的立場だから公平にものを言える」自分が言ってきたことをすぐに忘れる人々。

70. 2011年6月13日 18:33:10: 07Czad8dVI
石川迪夫氏の話を聞いていて腹立たしさを覚えました。開き直っていたように感じたのは私だけでしょうか?,原発は段階的に全廃すべきです、これからも絶対安全だとは言えないし、例え安全に運転出来たとしても、大量に出る原発のごみが現在も行くあてもなく六ケ所村にあり、いずれ廃炉になった時の瓦礫はどうするかも決めないまま官僚や自治体ゼネコンなどが利権に群がっているのが,実態ではないでしょうか、省エネに努めると共に新エネルギーで発電することに力を入れることが大事だと思います。 

71. 2011年7月27日 18:36:55: 2eoY6YVrs6
日本の原発の技術レベルは、中国の高速鉄道の技術と同じぐらい程度が低いと言われてもしかたがない。
特に安全性技術。絶対大丈夫、安全だ、問題ない、と言い張るところも酷似している。
石川氏はその後他のテレビにも出て、長時間の全交流電源喪失を考慮する必要がないという国の指針に対し、日本の技術は車や家電をみても分かるとおり、高度な水準にあり、全電源喪失など考えられなかった。やむをえない判断であったという趣旨の発言をしていた。
車や家電は民間会社が事故を起こして競争に落ちこぼることがないように、死にもの狂いで安全性技術と信頼を獲得したのだ。傲慢な原発技術者(全部ではないが)とは違う。


72. db 2011年8月03日 05:13:31: cU.4gWdOaQVXM : JyXy6NdsVw
原発の根本的な原因は、こんな基地外おっさんがいたからと 日本中に知らしめたことは成功とも言える。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧