★阿修羅♪ > 原発・フッ素11 > 783.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
吐き気を催す御用学者!! 雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠=@〔飄(つむじ風)〕
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/783.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2011 年 5 月 26 日 23:51:26: GqNtjW4//076U
 

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/05/post_a649.html 
2011-05-26

吐き気を催す御用学者!! 

随分古い動画だが・・・・
原動画は、瞬殺されている!
反面教材として、敢えて、掲載!!
気分の悪くなる方はご注意!!

 『もしも、小出先生が居なかったら・・・・』と、動画制作者が嘆じているが、頷ける。


 この生意気で、小生意気に御用学者は誰だ?

6f2fd753


 大橋弘忠東大教授? 知らん。 調べた。


《「研究開発専門部会の構成員について」 を見ると、専門委員の筆頭に大橋教授が出ている。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2008/siryo36/siryo36-2.pdf

一応、全員の名前を転記しておこう。

大橋 弘忠  東京大学大学院工学系研究科 教授
小泉 英明  (株)日立製作所 役員待遇フェロー
澤 明  (社)日本電機工業会 原子力政策委員長
武田 邦彦  中部大学総合工学研究所副所長 教授
知野 恵子  読売新聞編集局解説部 次長
中西 友子  東京大学大学院農学生命科学研究科 教授
前田 裕子  東京医科歯科大学知的財産本部技術移転センター長 特任准教授
宮崎 久美子  東京工業大学大学院イノベーションマネージメント研究科 教授
武藤 栄  電気事業連合会 原子力開発対策委員会総合部会長
山名 元  京都大学原子炉実験所 教授
山中 伸介  大阪大学工学研究科 教授》


 原子力委員会の専門委員らしい。その中に、武田邦彦教授の名もある。


 元サイトには書き起こしはあるので参照されたい。今日は時間がないのでこれまで・・・。


雲隠れした「プルトニウムは飲んでも安心」の大橋弘忠
http://youtu.be/6byKIUiuBcg
http://www.youtube.com/watch?v=6byKIUiuBcg&feature=youtu.be

投稿者 飄平 日時 2011-05-26 20:37

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 亀ちゃんファン 2011年5月26日 23:56:30: GqNtjW4//076U : Az5uYowIJc
画像リンクミスでした

この生意気で、小生意気に御用学者は誰だ?
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/4550.jpg


02. 2011年5月27日 00:09:12: FmB0JlnSpg
この大橋と言うゴミ・カスは、真剣に話している人の話に対して、

何でニヤニヤにたにた気味が悪いにやけた表情をするのだろう?

誰かこいつの住所を知りませんか。

大橋自身が飲んでも大丈夫とはっきり言っているのだから、

この際、学者として自らの体で証明してもらおうではありませんか。

健康促進になる飲んでも安全・大丈夫なプルトニウムを宅配で送ってやりたい。

大橋の子供、妻、両親に飲ませてあげたい。


03. 2011年5月27日 00:13:28: ZnI43bNMyw
武藤 栄  電気事業連合会 原子力開発対策委員会総合部会長


この人って現在の東電の副社長かw

原子力村の人間達は、全員刑務所送りにしろ


04. 2011年5月27日 00:14:32: jXpel1RLBk
本当に小出先生は、これまで散々イヤな思いをしながらも貫いてきてこられてたんですね。(涙)

人を小馬鹿にし、原発を推進してきた大橋という人にも是非責任を取ってもらおう。


05. 2011年5月27日 00:20:47: 7EAJIdHu5g
プルトニウム、悪魔の放射性物質。
多分、御用学者たちは、無理やり言わせられているのでしょう?

06. 2011年5月27日 00:29:02: HYHUspnQ6g
 統計的に有意かどうかという古典的な統計理論では、プルトニウム吸入による肺がん市は証明できない。なぜなら、広島・長崎の原爆のときに被爆者が何gのプルトニウムやウランを吸い込んだのかというデータがないから。多数の人のプルトニウムによる内部被爆量を測定しておけば、古典的な統計理論で有意性を証明できるわけだが、プルトニウムを吸入するような状況ではウランやその他の核種も吸い込んでいるわけで、それらの複合被爆量についてのデータなど存在しない(相乗効果も未知の世界)。がんの原因となる物質を特定できないので、古典的な統計理論では証明できない。だからといって、プルトニウムを飲んでも吸っても安全なのか、ということにはならない。チェルノブイリや過去の原子力発電所の事故のときに多数の人が、その後癌や白血病で死んでいるのは事実だ。この事実を、統計的に有意であることが証明できないとして否定するのは、統計学の間違った使い方であり、もっというと統計学の権威を悪用して反論を圧殺する、御用学者による統計学の政治的利用なのだ。この東大の御用学者は、統計学の検定理論を振り回して、反原発の意見を圧殺しようとしているだけだ。チェルノブイリ周辺で何人もの人が、白血病やがんで死んでいることは事実であって、原因となる物質と病気との関連性を証し立てるような統計学の検定理論を持ち出す場面ではない。そもそも、原因となる物質は特定できないが、チェルノブイリ事故の前と後では癌の罹患率が数倍も違う。古典的統計理論の範囲内でも、何らかの被爆が原因で癌の罹患率の有意な上昇が認められると主張できる。しかし、原発推進派は、被爆物質の特定ができないから証明になってないというだろう。したがって、統計学を政治的に利用する御用学者のいうことなど信じてはいけない―証明されてないからといって安全だということにはならないし、原子力を推進してよいということにはならない。大きな危険性があるなら予防原則に基づいて原子炉はすべて廃止すべき。東大のこの御用学者は、インディアンよりも遥かに劣る知性しかない。予防原則を大事にするインディアンの方が人間として数倍優れているし、判断力も上。隕石が落ちてくる確率と過去に何回もあった原子炉事故の確率は数億倍違うだろう。同じに考えるのもおかしい。要するに、東大の原子力関係の教授どもは、原子力村の住民なのであって、まともな思考などできなくなっている―カルト教団のスポークスマンのようなものだ。東大は、原子力工学科のせいで、評判を落とした。さっさと原子力工学科を廃止にして、学生募集を停止すべき。
 一般人で英語が読めるものは、アメリカ科学アカデミーによるチェルノブイリの報告書を読むべきだ。非常に勉強になる。この本読んで、プルトニウムを食べても安全だなんて絶対に言えないだろう。この御用学者は、そんなにいうなら、自分でプルトニウムを数十グラム食べてみるべき。また、プルトニウムを燃やしてエアロゾル状態にして肺に吸い込んでみるべき。

 Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) [ペーパーバック]
Alexey V. Yablokov (編集), Vassily B. Nesterenko (編集), Alexey V. Nesterenko (編集), Janette D. Sherman-Nevinger (編集) 、2008年

 深いところで社会の変革をもたらすものは、いつも時代でも勇気をもって立ち上がる少数者である。小出先生のような人がいたからこそ、今回の原発の事故の意味がよくわかり、国民が原子力の危険性をより深く認識できたのだ。京都大学はいますぐ彼を教授にして、憲法違反であるような長年にわたる昇格差別と抑圧を謝罪すべきだ。思想・信条によって人間を差別するのは、憲法違反。京都大学は恥を知れ。


07. 2011年5月27日 00:35:41: 4cdbbeRrbA
なぜ、まだしゃーしゃーと
東大で国民の税金で生活できるの?
その神経の図太さに驚く。
学生もこんな連中をよく野放しに
してるよ。単位がほしいなかね。
学生も御用学者予備軍なのか。

08. 2011年5月27日 00:41:15: r1wGw2y0OU
大橋にプルトニウムを飲んでもらって自ら実証してもらおうか。

09. 2011年5月27日 00:43:58: HYHUspnQ6g
 だいたい、東大の原子力の御用学者たちは、東電に買収されて癒着し、毎回の接待によだれを垂らしながら、「原発は安全で発電単価も安い」という結論ありきの作文をずーっと捏造してきて、研究者人生に何の意味もなかったな。学問的真理を追究できる立場にありながら、研究を放棄し、最初から結論が決まっているレポートを生産する人生だったんだなんて、まったくもってお笑い草だ(バカかお前ら!小出先生のように真理を追究した人生の方が数億倍意味がある。)。さっさと大学を辞めて、罪滅ぼしのために福島へボランティアに逝けよ。どのツラさげて、大学で授業しているんだ。エセ科学者なのに、講義しているのがちゃんちゃんらおかしい。いまでも大学では原子力は安全だ、発電単価は安いなどというウソの電波をカルトの狂信者のように垂れ流しているのか。東大は、授業させないように講義担当からこれらの狂信者を外せ―そうなじゃないと学費払って、狂信的な電波を聞かされる学生が気の毒だ。

10. 2011年5月27日 00:57:15: FmB0JlnSpg
いけしゃーしゃーと講義やる大橋も大橋だが、
受講する学生も学生だ。
馬鹿の巣窟。

とにかく大橋にプルトニウム飲んでもらおうや。
有言実行、大橋と妻、子供、両親一族の体で証明してもらおう。

福島で被爆している人たちと同じようにな。


11. 2011年5月27日 00:59:33: FmB0JlnSpg
万が一大橋に、人としての最低限度の良心があるならば、
福島の現状を知見して、いたたまれなくて自殺していることだろう。


12. 2011年5月27日 01:23:40: QiD7e8R01Y
次世代エネルギーとして高温ガス炉というのがあるらしい。ガスだし、良さそうだ。
と思って調べたら、なぜか原子力学会の公開論文に高温ガス炉による水素製造
http://www.aesj.or.jp/publication/TAESJ2008/No.3/7_3_242-256.pdf
てのがあった。
「大橋弘史」うーん、どこかで聞いたことあるぞ。
あ、プルサーマル公開討論会で小出先生や市民を愚弄していたのは
「大橋弘忠」先生でした。
関係ないね。と思って画像検索。


あわわ


13. 2011年5月27日 01:35:45: kmRrTQnpHg
プルトニウムは吸い込んで、肺胞にとどまるとまずい、

関東では人の往来が多い、汚染地域からの人も多く行き交う、

靴についた、放射性物質は、交通機関と共に、東京へと集まる、

粉塵は舞い上がり、吸い込む、核物質は、汚染地から、交通機関と共に拡散してゆく、

東京では、人ごみ、電車の中等ではマスク等で、プルトニュウム等の、吸入を防ぐべきだろう、
過去ソビエト他のメガトン級、大気圏核実験でもプルトニウム飛散しておったようだが、肺に入ると、後で人によっては影響が出るかもしれない。


14. 2011年5月27日 01:42:51: Pj82T22SRI
大橋の間違いは、水蒸気爆発や格納容器の破損はあり得ないと言っている部分だな。
あと彼は、プルトニウムをテロリストが貯水池に投げ込んでも誰も死なないと言っているが、これは量やプルトニウムの状態(固体なら小出も認めているように沈澱して水道には流れてこないから大丈夫)に依存するから、議論の余地がある。

また小出が喫煙者がプルトニウムをエアロゾル状態で吸入したら0.11μグラム(肺ガン線量?)でも肺がんで死ぬと言ったのに対して、
その統計学的に有意な証拠がないことを問い詰めて明らかにしているのだから、この点では科学的には、彼の方が妥当に見える。


15. 2011年5月27日 02:55:38: Pj82T22SRI
>>06 チェルノブイリ周辺で何人もの人が、白血病やがんで死んでいることは事実であって、原因となる物質と病気との関連性を証し立てるような統計学の検定理論を持ち出す場面ではない。そもそも、原因となる物質は特定できないが、チェルノブイリ事故の前と後では癌の罹患率が数倍も違う。古典的統計理論の範囲内でも、何らかの被爆が原因で癌の罹患率の有意な上昇が認められると主張できる

関連性が実証できなければ、
あくまでも、被曝が原因である可能性があるとしか言えない
他にも、医療検査の向上や、他の疾患の減少など、様々な要因が考えられるからだ


一方、小出は、例えばPu0.11ugで癌で死ぬと断言している
これは科学者の取るべき態度ではない、ただの政治活動家ということだ

まあ、態度に関しては大橋も科学者というより、体制側の政治活動家と言えるから
どっちもどっちだな



16. 2011年5月27日 03:18:01: 8z5SMZx1ig
>どっちもどっちだな

本気かよ。



17. 2011年5月27日 03:21:55: DQFwp0NVJA
ここは、昔の中国ではありません。皆さんの気持ちはよくわかりますが、一族皆というのはいただけません。
ところで、大橋さん「本当に」飲んでいただけませんか?
「本当に」思いっきり吸い込んでいただけませんか?
テレビでみなの前で実証すればどれだけ、多くの人が安心するでしょうか。
大人の男でしょ。責任感というものはありますよね。

18. 2011年5月27日 03:34:45: QiD7e8R01Y
これまでのご活躍をまとめてみました。
2005年12月25日佐賀でプルサーマル公開討論会
推進派・大橋弘忠
「(プルサーマルの安全性と)地震なんか全然関係のない話し」
「格納容器が破損するというようなことは、物理的に考えられない。」
「理解しようという気あるんですか?」


2007年7月16日中越沖地震が柏崎刈羽原子力発電所を襲う。
(最後の警告!)
2007年8月8日
総合資源エネルギー調査会原子力・安全・保安部会の下に「中越沖地震における原子力施設に関する調査・対策委員会」が設置される。
http://p.tl/Lesr
○委員長 班目春樹

○原子力防災委員会 宮健三(「(地震は)歴史的な実験」発言
http://p.tl/mF12
○運営管理・設備健全性評価WG(主査)関村直人

○中越沖地震における原子力施設に関する自衛消防及び情報連絡・提供に関するWG(主査)大橋弘忠

2009年サッカーとエネルギーの関係を語る。
大橋弘忠×中西哲生
http://p.tl/8iTK


2010年7月8日安全工学シンポジウム
http://p.tl/mI1P
「原子力発電所の地震安全」オーガナイザ・大橋弘忠
座長・大橋弘忠「原子力発電所の設計と評価における地震安全の論理」大橋弘忠http://p.tl/NRI6

2010年12月14日(社)日本原子力学会地震安全シンポジウム
http://p.tl/eq0M

テーマ「地震国日本の底力 地震時の原子力発電所の安全を支える」

大橋弘忠
「地震時の原子力発電所の安全確保の考え方」
閉会の挨拶・大橋弘忠


2011年3月11日 東日本大震災、東京電力福島第一発電所事故。

格納容器が壊れる


19. 2011年5月27日 06:42:40: ZnI43bNMyw
御用学者大橋弘忠の腹黒さがよくわかる動画だった。
簡単に言うと大橋弘忠みたいのを人間のクズと呼ぶべきだな。

20. 2011年5月27日 07:44:08: EX17FAtHfc
毎年50億もの研究費名目で金が渡されたら、御用学者でも何でもいいからなっちゃうだろう。
その上、原子力関連機関の人事権まで掌握できるとしたら、本当たまらないよね。

東大教授(御用学者)、ご発言シリーズ

「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」 大橋弘忠氏
平成17年12月25日「プルサーマル公開討論会(佐賀県)
http://www.youtube.com/watch?v=VNYfVlrkWPc
http://www.youtube.com/watch?v=6byKIUiuBcg&feature=related

1/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=L4Wh4Rofqb8&feature=related

1/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏(1)(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=2WVTSIZNiVs&feature=related

2/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=VcqfkVa2Iq8&feature=related

2/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏(2) (京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=xLmVYl5TKk8&feature=related

3/3【原発討論】推進派vs反対派 小出裕章氏(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=M16zKFOEigw&feature=related

3/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏(3) (京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=hL1Jgdfsx7Q&feature=related

4/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏 (4) (京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=FFxJvU1Kf1s&feature=related

5/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏 (5)(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=BMOGQl4CyM0&feature=related

6/7【原発問題】推進派vs反対派  小出裕章氏(6) (京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=hNSb2n-jBm0

7/7【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏 (7)(京大助教)
http://www.youtube.com/watch?v=Ho26hU3KVnM&feature=related


21. 2011年5月27日 08:02:43: tngau3H3mM
この議題の真偽は別にしたとしても
学者としての素質が全く感じられない。

仮にもし自分が格納容器が壊れないことを研究したとして
他の研究者が「いやそんなことない」という論文を挙げてきたなら
自分の研究のためにも、それを細かく分析するために詳しく知りたいし
ましてや小馬鹿にしたような返しなどできないだろう。

そもそも研究を生業とすることは
他の人の意見を上記の映像のように否定する人には向かないと感じる。
それを楽しめる感覚すら必要だろう(小馬鹿にするのとは違う)。
人とは違った見方が出来なければ、違った意見を受け止められなければ
新しいものを生み出すことはできない。

また違う意見があるからこそ、その分野は発展する。
お互いの違った意見は次の研究への一番最短な入口にもなりうるのではないか。

ましてや自然的条件、人的条件により
その影響が多様化されるならなおさら
研究の結果を簡単に言い切ることは出来ないし
そのリスクを軽んじることは、研究者としていかがなものか?
多様化される分、危険性を重んじる意見のないほうが不自然だろう。

もし、私が原子力に一生を捧げている学者なら
今福島第一にまず行きたいと思うだろう。
これからも原子力を推進したいにしろ、廃止したいにしろ
このような現場を見られることはないから
想定の実験内での、机上の空論でしかなかったことが
目の前にあるなら、見なければと思う。
自分の研究分野にさらなる課題ができるだろう。
加えて国から頼まれ、国民の命に関わるジャッチをしてきたなら
税金で研究させてもらっている分
より責任を感じて、
安全になるために、危険性をより知るために
必要な情報を得るため現場に行くだろう。

しかし現場に研究者が集まっているという話は聞かない。
TVで話しているのは多く見かけたが。

いかなる場合においても、研究者には探究心と謙虚さが必要だ。
それは偉くなっても、年をとっても変わらない。
研究者を生業とするということは
一生学ぶということに他ならないからだ。


22. 2011年5月27日 08:04:45: FmB0JlnSpg
人間誰しも金は欲しい。
いい生活がしたい。
しかし、原子力発電は国民全体の命と健康に関わる重大な事柄だ。
国民の命と健康を売って、大橋は金を恵んでもらっていた。
こういう輩を、真の国賊・売国奴・守銭奴と言う。
ユーチューブは。未来永劫残る。
大橋の住所、子供、孫の名前を晒して、
国民殺しに加担した見せしめに、職場、地域、学校でいじめられろ。

23. 2011年5月27日 08:10:10: Z3UGYS8CsA
>>06さんが言う
Chernろーどobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) [ペーパーバック]
Alexey V. Yablokov (編集), Vassily B. Nesterenko (編集), Alexey V. Nesterenko (編集), Janette D. Sherman-Nevinger (編集) 、2008年
は、無料でダウンロードできます。
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0B-Ikqg4T4F30OWJmYjgwYWQtZmFiOC00NmM5LWI3NzYtMzVkODA2MmRmMmI1&hl=en&invite=CNPPgbQN&authkey=CLXh9bkN

24. 2011年5月27日 09:38:36: 4cdbbeRrbA

一般参加者が一生懸命調べてきた質問に対して壇上からあざ笑う態度の東大大橋教授

http://www.youtube.com/watch?v=_jqNbUVisT4&feature=player_embedded

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/842.html
プルサーマル公開討論会より:
平成17年12月25日
「プルトニウムとか他の元素がチェルノブイリより更に放出されるという想定をしています。

これは、捏造ともいえる解析で技術的には発生しないシナリオです。」

「融点がちょっと変わったから危険になりますよ、怖いですよというような話は技術的には

何の根拠もありません。」
「全部壊れて、全部出て、全部が環境に放出されるとなればどんな結果でも出せます。

それは、大隕石が落ちてきたらどうなるかという、そういう起きもしない確率について

やっているわけですね。皆さんは原子炉で事故が起きたら大変だと思っているかも
しれませんけど、専門家になればなるほど、そんな格納容器が壊れるなんて思えないんですね。」

「水蒸気爆発は起きない。」

「もう1つはプルトニウムの毒性です。プルトニウムの毒性というのは非常に誇張されて
とらえられています。プルトニウムの毒性は、そのプルトニウムの健康被害を扱う専門家の方は
社会的毒性というふうに呼んでいます。実際にはなんにも怖いことはありません。仮に大げさな
話をして、プルトニウムをテロリストが取っていって貯水池に投げ込んだと。そこから水道が
供給されていると。じゃあ何万人が死ぬかというと、そんなことはありません。1人も
死なないというふうに言われています。プルトニウムは水にも溶けませんし、仮に体内に
水として飲んで入ってもすぐに排出されてしまいますから、その小出さんが言っているような事が
起きるのは、全く仮想的にプルトニウムのツブツブを1個1個取り出して、皆さんの肺を
切開手術して、肺の奥深くの出てこない所に1つずつ埋め込んでいったらそれぐらい死にますよと、
全く起きもしないような仮想について言っているわけです。そんな事をやっていったら皆さん
自動車にも乗れないし、電車にも乗れない、何が起こるか分からないですよという話と
全く同じです。」

「そのプルトニウムで肺がんになって亡くなった方っていうのは歴史上いるんですか。

そういう疫学的所見はあるんですか?」

「反対派慎重派の方が言っておられるのは、もうその10年も前に検討して溶融温度が
少し下がるとか、制御棒の効きがプルトニウムだとちょっと悪くなるとか、もうみんな
考慮に入れた上で国は報告書を出して九州電力は安全審査の解析書を作って、国がさらに
安全審査をしたという結果の中に入っていることをごちゃごちゃ言っておられます。
で、それはもう全部かたがついちゃってますから、今日、慎重派の方が言っておられたのは
みなさんご存じのように、エネルギー政策としておかしいじゃないかとか、地震が起きたら
どうするんだとか、再処理工場で青森とか岩手のことを考えてみろとか、プルサーマルの
安全と全然かけ離れてることばかりです。そんならそういう専門家を呼んできて議論する。
どうして関係あるんですか。プルサーマルの安全とは関係がないですよ。」

「せっかく説明してもですね、いやかみ合わない、わからないと、いつまで言っても

そうじゃないですか。理解しようと言う気があるんでしょうか。」

まだ東大にご在籍されている大橋弘忠教授
http://www.q.t.u-tokyo.ac.jp/lab/ohashi.html



 


25. 2011年5月27日 10:44:33: a0MkBmIKmw
多くの人にとって、東大教授様と言えば気高い雲の上のような存在と見なされてきた。
しかし今回の出来事で、カネと権力と名声の前に人間としての良心などどこかに忘れてしまった学者というものの実態があからさまになった。
今世の中で一番信用できないのは、政治家、役人、そして学者。
表面「名士」ぶっているだけに、ヤクザよりタチが悪い。
まずは、この大橋とか言う野郎を公開処刑の場に引きずり出すことだ。

26. 2011年5月27日 11:03:12: zxRwWYtUnA
この大橋とはどんな学者なのか、上に張り付けてくれているウエブ・アドレスで彼の専門を見てみた。システム量子工学が専門だそうだ。すべてコンピューターで情報を解析する。一体このような男がなぜ専門家として原発にかかわっていたのだろう?

原発はアナログの世界だ。建屋も燃料棒もそれを入れる核納器も人間が作る。当然壊れることもある。大橋はこういうモノづくりの現場を一切知らないで理屈(理論と呼べない)だけを振り回し、愚かさの限りを尽くした。

こうしてみるとよくわかる。原発推進を唱える連中は素人玄人(自称・専門家)含めて実際の現場を知らない。小出さんはじめ反対派は自ら危険を冒して現場に入っている。その差がこんなにも明らかに出た。

大橋は学者を気取っているが、学者というより常識もない。録画で小出氏がプルトニウムを吸い込むと危険だと言うのに対して、「プルトニウムがどうやって気体になるのか」と嘲笑っているが、肺には気体以外のものも吸い込まれる。粉塵がそうだしアスベストがそうだ。当然プルトニウムの微粒子も吸引される。

また、プルトニウムの害についての疫学的調査がないから証拠がないと言ってる人もいるようだが、これは過去あらゆる公害裁判で加害者側の言い逃れに使われてきた台詞である。しかもプルトニウムは自然界にない元素だ。調査資料はこれから福島の多くの人々が試料になってできるのだろう。なんという不幸だろう。水俣病の時も有機水銀が原因ではないと御用学者共が偉そうに言っていたが、彼らは現在は醜い御用学者として公害史に名を留めた。危険かもしれないことは避けるという生物としてあたりまえのことさえ認めない。大橋も日本の原発の歴史に醜い名を残すことは決定的である。これから大橋はどの面下げて生きるのであろうか。


27. 2011年5月27日 11:43:55: rPbhpqhimI
大橋=原発利権に踊った人間の屑だな!

あの人を馬鹿にした態度を見れば良く分かる!

嗚呼! 頭狂大学!

明治政府が、国際金融マフィアの手先の中核的人材を養成するために作った
官学の中心に位置するのが頭狂大学だ!

こいつらが、日本民族を破滅に追い込む国賊・売国勢力なのだ!


28. 2011年5月27日 11:55:54: Et1vhJ5rpg
こういうテアイはインターネットコオロギと同じような環境で育てられたのでしょうね。
他者への思いやりが皆無。
恥意識が皆無。
ものごとを多面的に観る力がない。
自分が一番利口で偉いと思っている。
悪いことは他者のせいにする。
自分より弱いものは食いつぶすが、
自分より強いものには平身低頭。
思考力がないから、ほんとうは馬鹿そのもの。

まあ、東大と霞ヶ関はインターネットコオロギだらけ…。


29. 恵也 2011年5月27日 13:16:34: cdRlA.6W79UEw : 0v81pSUBqg
>>06 プルトニウム吸入による肺がん市は証明できない。

アメリカでは秘密裏にプルトニウムの人体実験もやってるので、ダイタイの毒性は
判ってると思うよ。
患者自身が知らなければ、御用学者にはどんな実験だって簡単に出来る。

ーーーー引用開始ーーーー
サンフランシスコの病院で「胃がんで余命半年」と診断され、広島、長崎への原爆
投下直前の45年5月、本人に無断で、大量のプルトニウムを注入された。4日後、
胃の3分の2と肝臓を切除する大手術を受け、患部は研究材料として持ち去られた。

しかし、スティーブンスさんは66年1月まで生き、79歳で亡くなった。遺体は火葬され
たが、75年、その遺灰は残存放射能を調べるためシカゴにあるアルゴンヌ国立研究
所に送られた。

核戦争勃発(ぼっぱつ)を想定した実験も明らかになった。ロサンゼルス・タイムズは、
50年代から72年ごろまで、被ばく兵士の継戦能力を調べる目的で、シンシナティ大
の研究者が治療費を払えないがん患者80人余に大量の放射線を浴びせる実験を
行ったと報じた。

当時、25レム(250mSv)以上の照射は骨髄に危険と考えられたが、一部の患者
にはこの10倍も照射された。
米国防総省への実験報告にはこう記されているという。「実験で8人の死期が早まっ
た可能性がある」「200レムまでの被ばく線量であれば継戦能力はかなり維持できる」
「1994年2月1日(朝日新聞)」
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/plutonium_experiment.html

>> 原子力工学科を廃止にして、学生募集を停止すべき。
今ここは廃止されて、御用学者は東京大学大学院工学系研究科に集まってます。
東京大学は糞の集まりだが、京都大学はその点、本物のエリートの集団だよ。

>>15 一方、小出は、例えばPu0.11ugで癌で死ぬと断言している
>>  これは科学者の取るべき態度ではない、

この数字は事実でしょう。
アメリカではプルトニウムを飲ませて人体実験までしてたんだし、動物実験で致死量
の推定も出来るはずだし、この発癌致死量0.11㎍は確定値でしょう。


30. 2011年5月27日 13:43:46: HYHUspnQ6g
>15 Pj82T22SRI

 加害者側が統計学を政治的に使う典型的な事例だ。原因となる物質と病気との直接的かつ単純な因果関係が証明できなければ、関連性を認めないのは詐欺に等しい。世の中には様々な因果性が存在するのに、ただ一つの直接的かつ単純な因果性しか認めないのは頭が悪いのだ。直接原因となる物質が特定できなくても確率論的に因果関係があると推定される、ということで様々な因果性を認め、巨大なリスクを社会が抱え込まないようにするのが正しい科学的態度なのだ。この体制側の言説を吐くやつのいうことが通れば、米軍がイラクで劣化ウラン弾を使ってウランのエアロゾルを吸い込んでイラクの子供達で大きな健康被害が出ていることも否定できる。もはや、詭弁を弄しているに過ぎず、こういう単純な因果関係しか認めない裁判官も断罪されるべきなのだ。
 リスクの意味も分からないアホがこの板に来るのではない。万が一のことが起きたとき社会全体が滅んでしまうようなものはリスクとは呼べないことも言っておこう。社会全体が滅んでリスクを計算する主体がいなくなれば、リスク計算に意味はないんだよ。統計学を政治的に使うやつらはこうやって、予防原則を統計学の誤用でつぶしてきたんだ。


31. 2011年5月27日 14:23:04: 7y3MLk3UxQ
このあと大橋先生は、東京大学で先生を続けていくのでしょうか。
末代までの、名折れ?
恥さらし。

32. 2011年5月27日 16:50:59: gxssn3GgMc
日本には正義は無いのでしょうか?今回の東電や原発の事では色々暴露されていますが これに関わった人達を裁判に持って行く事は出来ないのでしょうか?
普通であれば法が裁いてくれるのでしょうけど、法を司っている政府や検察、警察が汚染されていて
日本はもう無法地帯の様です。
このままでは、自分の子供達に何と言っていいか分かりません。
これが世の中と言う物だと言うにはあまりに酷すぎて恥ずかしい思いです。
子供達に道徳や世の摂理を教える立場のしかも上の位にいる人達がこんなんでは。。
どうしたら、このむちゃくちゃな人達を裁く事が出来るのでしょうか?

33. 2011年5月27日 16:52:11: BeP0w8oaMU
来春も高偏差値の高校生は、東大をめざして受験するのでしょうか。

34. 2011年5月27日 16:54:25: PJjWy04p4A
大橋以下全ての委員ら「安全」を吹聴してきたのだから、福島原発に自ら移住してそこに留まり続けるとよい。他者や素人の国民多くを欺き犠牲にし続けてテメエらの欲得や出世目指してきたこれら御仁たちは、御用学者としての恥かしめをしっかりと受けながら、応分の責任を取るのが真っ当な筋のはずだ。

35. あんぱんまん 2011年5月27日 17:11:22: G/CEjlLJRku82 : gXJYXhPWKI
先ほど東大工学部研究科システム創成学科に直接電話してみましたが、研究室に誰も不在とのことでつないで頂けず。折り返しの電話番号と名前を伝えておきましたがさて架かってくるのでしょうか。

●格納容器は壊れない
●水蒸気爆発はしない
●プルトニウムは体に入ってもすぐに排出する
このような発言をした責任を今後どう取られるのか、又福島原発に原発推進派としての責任を背負って今後、行かれる予定があるのか...この返事を下さいと受付の女性に伝えました。

ただの子持ちの主婦ですがこの方の小出先生を鼻で笑う姿勢が許せません。謙虚でありませんね。
このような人物が国立大学にいるという絶望感で一杯です。


36. 2011年5月27日 17:13:21: KjwaFAFoyI

こんな過疎掲示板でプルトくんの毒性は大した事ないなんて工作してるのは
民主党からお金をもらっている国賊DQN。

じゃあ、お前の子供に飲ませてみろ。
はい。論破。

安全ですよwwなんてデータなんぞ、いくらでも捏造できるだろ。追証してから
他人に語れ・オマエ自身がモルモットになって、証明してみろ。
はい。論破。


37. 2011年5月27日 17:54:19: vtaXSg5Mqs
 これまでの自らの言辞を振り返ってみて、学者の良識に恥じなければ以前の主張を続けることだ。学説を曲げることはないし、自らの発言の正しさを実証する絶好の機会だ。公開の場で自分の学説を堂々と述べてプルトニュウムを飲むことだ。
 そうではない。自らの命が惜しいから福島第一原発の現場へ行かない、というのなら潔く引退することだ。それが学者としてのせめてもの良識というものだろう。僅かばかりのカネ(いや実は電力連合会や東電からもらった研究費や講演会の謝金は大金かも知れないが)に目が眩んで国民をミスリードするのは学者が最も戒めるべきことだ。原子力委員会やその他の原子力ムラで疾しい言辞を弄してきた学者は学会を去ることだ。

38. 2011年5月27日 18:09:57: XgV3ItcwRk
食べないに越したことないが、プルトニュームは食べてもあまり害はないらしいですよ。吸い込むと大変危険なんだって。多分こういう逃げ道だったんでしょうね。

39. 2011年5月27日 18:11:33: XgV3ItcwRk
あ、もちろん吸い込む量を食べるということですよ。(飲み込むというのかな)

40. 2011年5月27日 19:12:49: GiU1JHu2Xk
東大って原発が爆発したとき窓締め切ってガタガタ震えてたんだろ
プルトニウムが飛んでくると思ったんじゃないか?w

41. 2011年5月27日 19:14:10: BDZ2zZ1IPc
でも、例えば、胃潰瘍とか痔の人とかは傷口から入っていく可能性もあるんだよね?プルト君も傷口からも危険だって認めていました。

42. 2011年5月27日 19:17:24: PaaDQZJ8IA
「劣化ウランは安全」と20mmCIWS、航空機銃弾にと、イラクにユーゴスラビアに、そして世界の各演習場にぶちまけてきたアメリカ。やばくなったら同盟国(ただし盟主は黄金)をも半壊させる。今まで述べてきたことは実は大放便(大便を放つ)だったのだ。同じく南部陽一郎一味を思い出す。

43. 2011年5月27日 19:27:14: 2NNmv2v1i2
>14、15さん

どっちもどっちですか?

原発の近くで、住民がプルトニウムの影響を受けるとしたら、事故で空中に飛散して吸い込む場合の可能性以外にありませんから、食べる話は関係ありませんよ!

大橋氏は、話をすり替えているので、確信犯。

小出氏は、事故の場合、普通のウラン燃料だけよりも、プルトニウムの方がより
危険が多いことを言って、プルサーマルの問題点を指摘して、住民にそれでも受け入れるのかと教えているので、公正です。

その地域の住民が、どちらを選んだのかはしりませんが。

報われることなく行脚する魂がこの日本にもあったことが、救いです。 


44. 2011年5月27日 19:46:41: mHUz6OZ33o
なべて日本人は素質としては確かに優秀なのかもしれない。だが、現実は受験秀才が殆どなのであり、彼らは人の道や哲学を教えられない学ばないから、たとえトーダイ出たとしても、本質的には「バカ」なままなのだ。結局は杓子定規な「官僚」的道歩むのが王道とされている日本だから、たとえ知識はあっても結局は知恵がなく思考もできない人物になり下がってしまう。考えてもみよ、本当にトーダイ卒の官僚や学者が優秀で真っ当に舵取りしていたとすれば、日本のこの20年間の経済や社会の停滞などあり得るか?日本がこれほど混沌とし、今や奈落の底に突き進み続ける国家などになり下がるか?所詮、受験秀才上がりの官僚の技量とはこの程度なのだ。だが、この程度の手合いらを疑うこともせず、逆にいつまでも騙されたり丸め込まれたりし続ける多くの国民も今こそ自身を反省し、「もうバカは卒業する」という硬い意志を持ち、思考する民にならねば、日本は永劫、悪徳役人プラス政治屋利権屋の八百長ペテンイカサマのヤクザ国家を卒業できない。

45. 2011年5月27日 20:09:41: HYHUspnQ6g
 東大がやっていることは、センター試験を全国の高校生に受けさせ、くだらない点取り競争の結果として自分達が階層秩序の頂点に位置していることを嫌がらせのように示し、反論・反抗する気をなくさせることなんですな。小学生から大人になるまで大多数の人にクイズのような勉強ができないという劣等感を植え付けることで、自分達が社会を支配し、既得権益の中でウハウハしていることを正当化するんですな。だから、自分達の権益のために社会全体を犠牲にすることなんて痛くも痒くもないわけで、自らの権威づけのためにありとあらゆるものを利用し、暴力的に既得権益を維持・再生産する東京大学工学部は、社会全体にとって害悪をなしていますな。
 次の革命政党が政権ととったら、東大工学部は学生募集を停止するしかないよう予算を大幅に削減してもらいたい。原子力推進などという間違った国策を推進してしまったのは、まことに頭が悪かった。難しい算数の演習問題が解けたところで、大きな判断を間違うようではなんのために勉強してきたのか分からない。まったくもって経済産業省も間違った国策を過去何十年にもわたって推進してきて、まことにクルクルパーだった。そもそも東大卒の役人達において、著しく判断力が低いのは生まれつきなのであって、判断力が低いからこそ単純な得点競争の世界で頑張ってしまうわけだ。害悪を社会にまき散らかす東大工学部に存在意義はない。
 たとえば、野菜を洗ってから測定しろ、土壌汚染は15cm掘ってから測定しろ、大気中の放射線量は地上5mとか20mとかで測定しろ、などという通達は、小学生でも分かる動機に基づいており、頭が悪いとしかいいようがない。子どもが机に何か隠しているのがバレバレであるのと同じように、そんなアホな通達を出して、何を隠したいのかバレバレですよ。実態よりも放射能のレベルを小さくみせたいんでしょ。まったくもって頭が悪い国家公務員というのはアメリカみたいに政権が変わったら、全員クビになるよう法改正すべきですわ。日本弁護士会はそういう法案を準備して欲しい。

46. 2011年5月27日 20:22:15: tngau3H3mM
私は学者ではないし、理系でもないのだが
一度仕事でインドにて行われた理系の大きな学会に出席したことがある。

創作系で日本の大学の世界しか知らなかった私には驚きの連続であった。
70を過ぎているであろう学者が30代の学者に教えを請う姿。
去年の学会で分からなかったところを1年がかりで質問に行く学生…
日本の学生達の一人でも多くが、こんな世界があると知ったなら
大学生活はもっと輝かしいものなるだろうと感動した。

中でも心打たれたのは、
インドの学生達の学ぶことへの意欲、貪欲さ、謙虚さであった。
私は学者ではないと話すのだが、
「友人が日本の●●大で学んでおり、是非自分も日本に行きたいと思っている」
と伝えてくる。大抵は論文を読み師事したい教授がいるとのことだったが
その根底には学ぶことに対する喜びと共に、自分が学ぶことによって
インドの国自体が良くなると考えているようだった。
中には学会に来る旅費にお金を使ってしまい、友人宅に泊まり床で前の日論文を
読んできたという学生もいた。

一方私の宿泊したホテルに
日本の偉いであろう大学の教授、講師、助教、学生の方々もおられたのだが
初日挨拶を日本語でしてみたところ「どこの大学からですか」
と聞かれたので学者ではない旨を伝えると、
私が挨拶しても次の日から全員会釈だけで声に出す挨拶がなくなった。
会場への移動のバスの車内で(そのグループ以外日本人は私しかいないのだが)
聞こえるように、どんな偉い先生に師事したなど日本語で大声で話す。
残念なことに?私の生業では一切の理解も、得もない話だ。
毎日学会に顔を出す中で、日本に憧れるインド人の目の輝きと
毎日のように繰り返される一部日本人の自慢話(?)の狭間で
私はなんだかやるせない気持ちになった。

後、日を重ねるうち、日本の学者の方の中でも素晴らしい方はおられた。
素人の私が単純に疑問に感じたことにも分かりやすく答えてくださった。
お節介かとは思ったが、夢を語るインド人の学生さんに
その学者さんを紹介したりできたことが、自己満足ではあるが救いとなった。

もう1つの救いは韓国の学者のご一行とお話しさせて頂いたときのことだ。
最初得体の知れない日本人の私と話すなといった方もいたのだが
一人の学者さんの一言で、私はその方達と今もご縁がある。
「今過去の歴史はいい、今彼女と私達が学び、分かち合い良い時間を
過ごせればそれでいいではないか、これが学会の良いところだよ」と。
今回の震災の後も真っ先に心配のメールをくれたのも彼だった。

「学びには沢山の可能性がある、それが色んなことを乗り越えさせてくれる」
それを知っている人生はなんて幸せなのだと生まれて初めて感じた。
日本の学びの場はどこも物質的なものにおいても、治安的なものにおいても
大変恵まれている。
インドでは毎日、銃をもった護衛の方々が会場を警護していた。
道では雨水をすくい水を飲む少女の姿もあった。

まず原発推進に名を連ねた、恵まれた環境に甘え、
学ぶことの喜びを失った方々に申し上げたい。
これから国際的に厳しい立場におかれるであろう日本の若者たちにとって
教育がより必要になる、国を変えてゆく、本物の教育が彼らの希望になる。
まだ学者であり教育者だという自覚、プライドをお持ちなら
せめて今出されている子供達に対する
年間20ミリシーベルトの規制を無くして頂きたい。
地位も名誉もあるというなら、文科省に話すことなど、すぐ出来ることであろう。

また現在教育に携わる全ての教育者の方々、
保護者だけでなく
あなた方が自ら立ち上がることが
いずれ子供達の教育の大きな希望になる。
それは日本だけではない、日本に憧れを抱く海外の子供たちに対してもだ。
彼らが居なくなれば、あなたたちの仕事もなくなるのだ
そこに危機感を持って欲しい。

どうか日本の将来に光を。



47. 2011年5月27日 21:12:29: 4cdbbeRrbA
原発事故後の日本は、これまでの日本と変わらなければならないと思います。
まず、そのはじめの一歩として、今回の原発事故の要因となった人々にきちんと
責任を取らせることです。社会的な地位を得ている人は、同時に社会的責任も
あるのです。公人は一般人とは違い、公言する内容に責任を持たなければなりません。
大橋氏は人間として、学者として、きちんとけじめをつけさせなければなりません。

48. 2011年5月27日 21:22:06: xqONiMctto
>吐き気を催す御用学者!!

NHK見るときは、洗面器でも用意するんだな 


49. やっしゅう 2011年5月27日 21:22:12: jjxcN666.SoZ6 : 9eMX1Y47sM
日本の学者は基本的には、文科省になんか言える人なんていませんし、もし言ったとしても、思いっきり反論されるか、シカトされて、後は科研費がもらえないことになってしまうだけ。でも、人なら自分できちんと考えてみれば分かることがあって、それを言うか言わないかで人としての品性が問われると思うのですがねえ。プルトニウムの件でも、科学的根拠って言う馬鹿がいましたが、死んだら何が原因かはっきりしないと言うし、死ぬと思っている人は試すわけもないから、科学的というなら、大橋が食べて安全なことを示さないといけない。放射線が出ていることを考えていない知能の低い人が、大橋の意見を科学的に正しいとか言っていて、こういう輩がいるから日本からは原発がなくならない。こういう輩達は(当然、大橋等の御用聞き(学者とは到底思えない)たちや、東電、官僚、自民党・公明党関係者、民主関係者も)、この事故の被害者が出たときに、その家族達から、報復されても仕方ないのではないかと思う。被害者家族の方がきっと多くなるに違いないし、一対一でも、きっと淘汰できるのではと思います。自分も子供達に何かあったら当然行動を起こすつもりです。旧ソ連の人たちのように、泣き寝入りはしません。忘れてはならないのは、原発があったからこの事故になっているという根本的事実です。それを、管達のせいのようにすり替えるのは完全なお門違い。嘘をつく彼らにも責任はあるが、逃げないのは、自分で考えていない人か、命以外の大切な何かにこだわっている人か、この事故の重大さが分からない人。本当に分かってたら、逃げてから考えると思いますので、もう逃げているでしょう。最初の頃に、逃げ損ねたから、もう一緒と思っている人たちも、当然被害者と思うでしょうから、被害者側の方が多いに決まっていると思います。まあ、今後が見物というか、日本人は基本的に飼い慣らされていますから、大丈夫と思う人が多いでしょうか。どちらでしょう?

50. 2011年5月27日 21:27:31: 4cdbbeRrbA
ヨーロッパの試算通り将来40万人以上の犠牲者が出たときに
この映像を涙を流しながら見る人が大勢いるかもしれません。
愛する人を亡くし、最愛の子供を亡くし、余命を宣告された自分が。
どうして、なぜ、あのときに、あんなことが許してしまったのか。
それを繰り返さないためにも、間違った人間を許してはならないのです。

一般参加者が一生懸命調べてきた質問に対して壇上からあざ笑う態度の東大大橋教授

http://www.youtube.com/watch?v=_jqNbUVisT4&feature=player_embedded


51. 2011年5月27日 22:05:05: 5mkkDZX7AM
 理科系の優秀な高校生は医学部へ行きます。東大工学部(理科一類)など底辺の国公立大学といいとこ勝負。
 難関札幌医科大学には高田純先生がおいでです。高田教授は放射線防護学の世界的な権威です。
 高田純先生がおっしゃるには今回の東京電力福島第一発電所の核事象について単なる故障であるとご高見を披瀝なさってます。
http://www.youtube.com/watch?v=B5KeT0JBq-w
日本の耐震技術は世界最高でこれからますます注目を集めるとのことです。

 


52. 2011年5月27日 22:12:03: 8xzos8RV8Y
大橋。失笑したな。。。。。
お前の顔は忘れない。

もう怖くて日本には居ないと思うが、てめぇあったらただじゃすまないと思え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


53. 2011年5月27日 22:26:30: 2ccd4IVZZ2
>東大教授(御用学者)、ご発言シリーズ

>。ヨ格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」 大橋弘忠氏

教育レベルが世界の恥さらし。

認知症の方が多い大学ですね。


54. 2011年5月27日 22:31:10: NPlZX5kocI
イヤー、東大終わってるわ。
こんな人間を教授にするとは・・
大学自体の気が狂っているとしか思えない。

泣いて辞任した、小出先生のけんか相手の
小佐古教授はまだましなほうだね。

御用学者ばかりとは
東京大学全体の気が狂っているのか。
中にまともな教授は果たしているのか?

彼らのお給料はすべて国税?
一応今は独立行政法人、だっけ。
それにしてもひどい。


55. 2011年5月27日 23:07:09: 78IL90wTo6
 2007年の討論会での大橋氏の「原発神話」発言は、2011年3月11日の「大震災」で全て否定された。さて、今後どう生きる?

56. 摘発求む 2011年5月27日 23:08:20: HcdrHTAXm5kNk : UwMTRXuop2
東大がこんな魂腐りきった学者雇ってると、今、必死に受験勉強している高校生たちに申し訳が立たない。とっとと辞表出しなさい。

57. 2011年5月27日 23:17:42: 0ELWgeDpZw
どなたか英語にてこの国のトップの大学教授がメディアにて発表したこのすばらしい持論を海外に発信していただけないでしょうか?このような大学の権威は落ちてしまうべきです。

58. 2011年5月27日 23:20:17: FpVPO6YryM
学歴は 何のためにあるのかな?と考えてしまった。
人間が腐ってるかどうかは 命を大事にしてるかどうかで決まる。
小出先生を 心から信頼し応援します。

59. 2011年5月27日 23:40:17: wPc7bWlce6
大橋って58なんだな。
30過ぎの糞ガキに見える。

60. 2011年5月27日 23:43:34: Xdg6HFkvpQ
昔、東大に「東京湾埋立計画」というのがあってね。
要は日本中の人間のクズ(ニート等)を集めて東京湾に埋めて土地に変えてしまおう
という計画だ。
こういった計画が結構真剣に研究されていた。
一応インサイダー情報。

61. 2011年5月27日 23:52:02: ca0F6kRYm6
CMに5〜10歳くらいの子供たちが出てきて「この子たちの10年後の未来はどうなっているか?」みたいなナレーションが流れた。何のCMだったか忘れたが、勿論明るい内容のものだ。でも咄嗟に「死んでるさ」と口に出てしまった。

>33さん 東大を来年も受験する高校生は恐らく多いでしょうが、その時に東京大学が残っていればの話でしょうね。高濃度に汚染されたり、関東に大地震が来て崩壊すればお終いですから。尤も今の時点でも、もう「東京の大学を受験しない」と決めている人たちは多いみたいですよ。


62. 2011年5月27日 23:52:26: pHRwMJx5LR
 23様の書かれている通り、現役で教えていらっしゃいます。メルアドも公開されております。

63. 2011年5月28日 00:04:29: ca0F6kRYm6
>60 お前みたいのがまさしく人間のクズっていうんだよ。とっとと率先して東京湾に埋められてしまえ。
まあ、お前みたいなのが「東大教授」だの社会的なレッテルに一番弱くて、東大の大先生の言う事なら何でもホイホイ信じるんだろうな。
それとどうもお前の価値観から言ったら「東大教授」は人間のクズじゃなさそうだが、私はこんな御用学者こそその名にふさわしいと思うがね。

64. 2011年5月28日 00:19:00: TsedXS4Plk
世界に類を見ない惨事になったね。100%メルトダウンしたことがないので
炉心外で大量の発熱を出しているだろう。証拠に白煙(おそらく水が沸騰している)がずうと上がっている。事故収拾作業を早くしろよ。アルバは循環させる方法しか持ってない。放射能の大部分は外部にあるので海水と地下水はずうと汚染を
流出し続ける。またメルトダウンした核燃料は臨界もしくは亜臨界で放射能を出し続けている。メルトダウンがわかった後に単に水を掛けるのは汚染を広げるだけ!! 一つは5度Cくらいの冷却水をメルトダウンした箇所にピンポイントに沸騰しない最低限の加水をしろ。それと耐火煉瓦がいるかもしれないが外界と遮断を計れ!!封じ込めが一番大切!!放射能の専門家が日本にもいるのなら解決策を出せ!アルバは措置しかしませんよ。ついでに株を買いましょう。


65. 2011年5月28日 00:43:22: lgPowLcCfU
アメさんでは、原発事故が起こるたびに、隠蔽され、御用学者が活躍し、メディアも片棒かつぎ、一部の少数派メディアが暴くみたいなことを繰り返しているらしいよ。あのスリー・・・でもね。お手本どおりのことをやっただけでしょう。アメの過酷な人体実験の経過を知っているから、うすら笑いできるのでしょうね。医者でもないのに、飲んでも大丈夫という資格は無い。土俵違い。ですが今後、日本人が恥の文化を心底に持ち続けているのなら、しばらーくして、百年もたった頃(日本がまだあれば)評価がくだるでしょう。結果オーライとならないのが、恥の文化ですし。(許しのある罪の文化とは違いますから。)

66. 2011年5月28日 01:56:18: dWuwnQ2Qic
あらためてグラフでみると、声もでない、日本の基準値。

http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html


67. 2011年5月28日 02:38:44: 4cdbbeRrbA

>57

御用学者が偉そうに国際会議や学会に出られないように、英語字幕付きで、日本のテレビなどの発言をYouTubeに掲載しておくべきだろう。福島の人体実験などでその分野の国際的権威などにならせてはならない。国内では、大学の権威や肩書きなどで誤魔化せても、海外では通用しない。


68. 2011年5月28日 04:02:58: DCHDReL3A2
東大が悪いといっても、どうしようもない
東大を作ってきたのは日本人ですし、

事実、優秀な高校生はほとんど東大を志望し、東大に進学する。
教師も両親も親戚も友人も、それが当然と思うでしょう。
いかに、御用学者がいっぱいいる東大でも、誰も東大への進学拒否したりしない
そんな人いません。

東大蹴って、地元をよくするために、地元の国公立私立の・・大学とかに進学する日本人なんて皆無でしょ。
その日本人の精神を変えない限り、どうしようもない

東大とは、
権威に弱い日本人、
権威が大好きな日本人
の精神の象徴みたいなもんでしょう。

まあ水戸黄門の印籠を見ただけでひれ伏し崇拝する爬虫類のようなのが日本人精神なんですから。


69. 2011年5月28日 04:29:17: Mbq1gtOX4k
>46様

全身全霊をもって賛同します。


70. 2011年5月28日 04:35:26: 0ELWgeDpZw
>>68
税金で成り立っている国立大を国民が批判して何が悪いのでしょうか?
東大を作ってきたのは一部の日本人であり、それを日本人が作ったから批判するなというのでは、マスコミ批判、役人批判もできなくなりますよ。

71. 2011年5月28日 04:41:30: DCHDReL3A2
>>70
批判するな、などといってませんよ。
現状を言ってるだけ。
そして、どうやったら、変えられるかのかわからないから問うているだけ。
邪悪なのは東大だけでなく、大手マスコミ、政府・国会議員、経団連、など日本社会がおかしくなっている根源があるのではないっすか?
一体どこがおかしいのかと言ってるの。
1つとして権威に弱sぎるのをどうにかしないとなあ、っていってるんよ。



72. 2011年5月28日 05:14:48: AJw6EKWJFg
46の方のご意見、コメントに感動しました。

全く、その通りです。


73. トホホ 2011年5月28日 06:54:44: sVkBtdYT8Jb2A : 2njVzk1fMX
柏崎刈羽原発を巨大地震が襲った4年前のことを思い出します。直線距離で20キロ弱に居住。外国人留学生が大半の当地の○○大学の外国人留学生は地震情報と避難指示もなく、異国で不安な日々をおくっておりました。柏崎刈羽原発の被災は地球最後の日を連想させる巨大なものでした。幸い、破局には至りませんでしたが、世界最大の
柏崎刈羽原発がフクシマ化していたら?と今もゾーットします。当時、この○○大の教授の中には、地震時には、東京に逃げ、地震が治まってから帰○○大学したのがおりました。あろうことに、ヘルメット姿で帰ってきたとのことです。その間、外国人留学の保護の責任を放棄。・・・・。今回の3・11時は東南アジアに即刻避難していました。福島原発から200キロ県内の当地では、外国人留学生がオロオロする状態。そんな中、自分だけ外国に逃げるおえらい大学教授。ケッシテ、マサカノ時には頼りにできない御仁だということを知りました。
どこのおえらい大学教授もこの手の類とはおもいたくもありませんが。
インターネットで小出先生の姿を拝見するたびに、「希望」を見出しております。
大学なんて「地獄八景亡者の戯れ」の世界かとばかり嘆いていましたが、小出先生を知りホッとしております。
浜の真砂が尽きても、世に「悪徳御用学者とその盲従者」は決して尽きないかと思うと「トホホ」ですね。

74. 2011年5月28日 07:58:11: E8KUuwG8CE
この期に及んでは、御用提灯持ち寄生虫学者や役人らに原発から出る放射性物質を心行くまで味わせてやればよい。どれほど小理屈や嘘をならべても、「絶対安全」など実際は机上の空論だったことが証明されたわけだ。これは、人間の浅知恵、思い上がりの結果ということだ。その旗振りをしてきたこれらションベン学者らには最後のご奉公に、福島原発へ行き、そこで生活し続けてもらうことが適当である。彼らの大好きなアトムパワーでその頭脳は奇形脳へと進化するだろうよ。

75. 2011年5月28日 09:19:36: QDOXlxmHrs
東大はレベルが落ちたが、東大神話?でむしろ害が増大している。
東大は解体すべし。

76. 2011年5月28日 09:40:50: pWrRb9Ekfw
大橋弘忠よ、プルトニウムが飲んでも安全なら飲んでもらおうじゃないか。

衆人環視のなかでイッキ飲みしてみろ。

プルト君は友達なんだろ?

コイツこそ曲学阿世のサンプルだ。


77. 2011年5月28日 09:53:54: 78IL90wTo6
 広島と長崎の原爆投下は戦争だが、今回の福島原発爆発事故は戦争ではなく、平和時に愚かな拝金主義社の手抜き工事が原因で起こった。日本は3度目の被曝をする訳だが、多くの国民が、社会問題に対する意識が低く、「お上の言うことには口出ししない」という、人任せな態度から起こったこと。
 国内だけなら誤摩化せても、一歩海外に出ると、日本の常識は世界の非常識となる場合が多い。
 菅直人は「例え支持率が1%になっても首相は辞めない」と発言したが、こんな情けないことを就任当初に言うリーダーは世界にいない。恥ずかしくてサミットには行けないはずだが、アホ菅はノコノコ出かけてへらへら笑っていた。



78. 2011年5月28日 10:05:15: k9OhKnAMKg
汚い金を貰うと冷静公平な判断ができなくなると言う好例だな。

又は汚い金を貰ってる集団に身を置くと、洗脳されてしまう例でもある

途中で気がついても金と保身の為に口を噤んでいるだろうな。


79. 2011年5月28日 11:16:15: FmB0JlnSpg
東電からいくらもらい続けているのか知らんが、
金を手に入れるためならば、国民を殺してもなんとも思わないごろつき、悪鬼。
世の中にここまですさまじい男がいたものだな。
学生、妻、子供、両親、親戚に、このビデオを見せろ。
このビデオをテレビで放送しろ。
近所職場で白眼視され、こいつら家族は日本に住んでいられないだろう。

80. 2011年5月28日 12:00:30: Fel1vjDodc

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/704.html
内部被曝は、外部被曝の10倍-世迷言だらけ (小出裕章助教授)

より、小出裕章の発言

「私は先程東京で1時間吸入したら20マイクロシーベルトになった。それはいわゆる内部被爆です。それを吸入したその場所の外部被爆線量は1時間当たり2マイクロシーベルトでした。つまり内部被爆は外部被爆より10倍多い訳です」

⇒@国連科学委員会報告による1人当たりの1年間に受ける世界平均の自然放射線量の内訳は次の通りである。

内部線量
空気中のラドンなどの吸入から1.2ミリシーベルト
食物などから0.3ミリシーベルト

外部線量
大地から0.5ミリシーベルト
宇宙線から0.4ミリシーベルト

Aチェルノブイリ原発事故が発生した翌日に、チェルノブイリ周辺の空中では、1時間に平均して10m㏜(ミリシーベルト)の放射線量が測定されたことから、住民に避難命令が出されている。発電所を中心とした、30キロ圏内から避難した住民が受けた放射線の量は、平均して33m㏜(ミリシーベルト)。内訳としては、外部被爆が20m㏜(ミリシーベルト)、内部被爆が13m㏜(ミリシーベルト)と評価されている。

@・Aのように、はっきりとしたデータがある。
したがって、「私は先程東京で1時間吸入したら20マイクロシーベルトになった。それはいわゆる内部被爆です。それを吸入したその場所の外部被爆線量は1時間当たり2マイクロシーベルトでした。つまり内部被爆は外部被爆より10倍多い訳です」などということは、起こりえるはずががないのである。

そもそも「外部被爆線量は1時間当たり2マイクロシーベルトでした。」というのが非常に怪しい。
小出裕章が東京のどこで計測したかは知らないが、私が4/2から今日まで、東京で自分の放射線測定機で計測したら「0.08〜0.19μ㏜/h(マイクロシーベルト/時)だ。

こんなヤツをまだ信用している人の気が知れない。


81. 2011年5月28日 12:01:06: wfwyKX6rhI
ここの「小出マンセー」はアホやな。相変わらずサヨク虫か。

小出がしっかりしとけば、佐賀で原発できんかったのに。
説得力ないから、反原発沈滞しちまった。

その責任取ってくれ〜。

サヨクのアホも原発に関わるな!お前らがいると脱原発できんわ!


82. 2011年5月28日 12:13:10: qbqtGelq6g
放射能汚染が海産物にも影響し始めているなか高濃度の放射性物質を含んだ食品を食べても問題ないと言い続けた御用学者や役人、枝野らの政府高官、それを流し続けたメディア関係者、原因を作った東電経営陣にははっきりと責任をとってもらう必要がある。
ついてはこれらの人たちを集めて正しく計測して放射能に汚染された食品で毎日3食、食事をしてもらう。それをテレビ局が生中継で放送する。もちろん食品の代金は彼らに支払ってもらう。
問題ないといい続けたわけだから自分の身をもってそれを証明してもらい、その状況をテレビで国民が見ることで本当に問題がないのか国民の判断材料にすればよい。


83. 2011年5月28日 12:20:37: sUN2vKoOG6
このような人が出世する、特権階級に都合の良い人が優遇される、特権階級は海外に資産があるから何時でもにげだせる。

84. 2011年5月28日 13:34:05: p9B89YgNYw
小出はNHKラジオに出てるよ、
裏御用学者ってところかな?

85. 2011年5月28日 14:03:19: Mbq1gtOX4k
くそどもが這い出してきたな。
アクセスが多いと必ず出てくる奴らだ・・・。

86. 2011年5月28日 14:04:29: Mbq1gtOX4k
クソならまだ肥料になる。
クソに対して失礼だったな。

87. 2011年5月28日 14:05:33: Ordqbwim0o
この動画を見て、小出さんがプルトニウムが危険だと発言した中で嘲笑が起こり、その中でも危険性を伝えようとしていた姿に感動し、これまでこの問題に無関心だったことで、原発推進派を助けてしまっていた自分が恥ずかしいと思った。
自分も何らかの形で立ち上がりたいと思っている。

88. 2011年5月28日 14:41:09: Gsus4KLExk
思うに、最近の大学は理科系の学者が大きな顔を
している。文系が発言できない社会なのかも知れない。

89. 2011年5月28日 14:46:44: 5mle4KqBfI
「大橋 弘忠 東京大学大学院工学系研究科 詐欺師」。

御用学者などと呼ばないほうがいい。

今後こういう奴が出てきたら「詐欺師」と呼べばいいんです。

この呼び方のほうがカス学者には効果があります。

「詐欺師」「詐欺師」の「東大工学詐欺師」!


90. 2011年5月28日 15:31:59: zpO4c864W2
大橋 弘忠という男、ここまでいくと出てきて謝罪して済むレベルの御用っぷりではないね。


91. 2011年5月28日 15:34:01: ZT5qzSmPKg
【ゴミ】は、早く探し燃やして削除しましょう。

92. 2011年5月28日 16:49:03: FmB0JlnSpg
計画停電のとき、東電の経営陣の住所が掲載されたが、
誰かこいつの住所知りませんか。
健康増進のため、プルト君入りの福島原発の土を宅急便で送ってやりたい。
ごっくん、ごっくん飲んで、庭に巻いて、健康増進していただきたい。

被爆者のの苦しみをほんの一瞬でも頭に思い浮かべられる人間ならば、
「プルトニウムは飲んでも大丈夫、安全です。」なんていえないだろうよ。
決してニヤニヤヘラヘラニヤケタ顔で、小出先生に話せない。


93. 2011年5月28日 17:07:59: N9J69vV5mo
科学に対する無批判な信仰が日本人の悪い癖。 

科学は物理的に有益もしくは有害な現象を引き起こすが、

人間社会を動かしているのは、現実の政治システムと情念。

人間社会にとって科学は危険で甘美な道具に過ぎない。

その科学を扱う科学者はただ道具の扱いを知っているだけのタダの人。

彼らに良心とか人間性を要求するのは、おかど違い。

簡単に権力やお金や肩書きにころぶ。

同じことは、経済学者にも歴史学者にも言えるのだけど。

そのことをよく理解しないと。

大橋さんはただの人。
小出さんには拍手!!!



94. 2011年5月28日 17:11:58: FmB0JlnSpg
>大橋さんはただの人。

バカ言うのも大概にしろ。
「プルトニウムを飲んでも安全だ。」なんて、
専門家なら口が裂けてもいえないことだ。

それを平然と公然の場でニヤニヤしながらはいた。
大橋は人間ではない、夜叉面悪鬼の亡霊だ。
こいつの親の顔が見たいもんだ。
日本人に憎しみを持った在日かもな。


95. 2011年5月28日 17:30:34: Gsus4KLExk
東大教授にもいろいろいるようだが、この大橋と言う人
病気ではないかと思う。
目線が上から下へ向いている。
気の毒な人だ。
塾から東大へ猛勉強したせいなんだろう。

96. 2011年5月28日 17:37:51: NPvaW400Qc
もうむかむかする。効果あるかどうかわからんが、みんなで東大工学部に抗議のメールをしよう。
kouhou@pr.t.u-tokyo.ac.jp

97. 2011年5月28日 17:39:04: aQY6pXt3lQ
80様

4/2〜の東京の空間線量率は場所にもよりますが、貴兄の測定の0.08〜0.18μは妥当なと思われます。

但し、今回の事故で東京の空間線量率のピークは3/15で、この一日は桁違い。
低めの値が出る東京都の新宿の定点(公式モニタリングポスト)でも、0.88μが検出されています。
(文科省のHPから3/15のデータをたぐっていただければ)

城東地区の地表1mくらいの測定結果は、概ね、公式モニタリングポストの2〜3倍(場所によりさらに高くでる)になるので、小出氏の計測(東京東部で測定)の2μは十分妥当な数字です。

ただし、この突出したピークは都内では3/15の一日です。

各地のピーク時間の推移から逆算すると、3/15午前9時前後に、福島第一で原因不明ですが、超大量放出があったことは間違いないようです(福島第一のモニタリングポストのピークも参照)。
不思議なことに、3/12の1号の水素爆発、3/14の3号の水素(?)爆発時の放出よりも桁外れに大きな放出で、それも長時間ダラダラではなく、ある程度鋭いピークをもって放出されていたのですが、どの事象と結びつくのか、私には分かりません、3/15は2号の爆発(朝6時頃)、4号の火災といった事象が公表されていますが、これと15日9時頃の爆発的な放射能の放出の関係は不明で、なにか事故を隠しているのではないかとも思われる不自然な現象です。

余談ですが、3/14の3号の爆発も、原発敷地内のモニタリングポストの値、あるいは、例えば茨城県各地のモニタリングポストの値の変動を見る限りは、即発臨界があったかどうかは個人的には疑問です。特に、爆発的な威力を持つ核爆発だったとすると、プールが残っていることも解せませんし、もっと激しい放射能放出のピークが14日にあったのではないかと思われます。

本題に戻り、内部被曝の計算は、その日の空中の塵の線量率(ベクレル/m3など)に、核種毎の定数(法令で定められている値)をかけて算出するため、ダストが汚れていると内部被曝は外部被曝よりも格段に高くなります。小出氏以外にも、千葉の公的な医療機関の内部被曝見積もりがありましたが(古い毎日新聞の記事)、事故後1月の関東での内部被曝量は外部被曝の7倍程度の見積もりで(これも塵の汚染状況による)、特にダストの汚染が酷かった3/15の状況からすると、小出氏の外部の10倍という算出も妥当と見ざるを得ません。

空中の塵の放射線量についても、文科省のHPに都道府県別日別の値が出ているので、ご参照のほどを。

なお、空中の塵については、東京に関していえば3月中旬の値が突出して悪く、3月下旬以降は大きく値が減少しており、現時点では、福島第一からの放射能の新規超大量放出がなければ、空中のダストからの内部被曝値は3/15時点に比べて激減している模様。

事故直後の3/15時点での小出氏の値は正しいと見なせます。
事故早期の段階できちんと塵の分析までされていたので、内部被曝の見積もりができたということ。

事故早期は、傾向として(まだ放射能のプルーンが地面に落ちていないので)呼吸からの内部被曝も深刻で、外部被曝<内部被曝が正しそう。

その後、例えば東京の今日までの累積線量という意味では、数ヶ月経過後の現時点では外部被曝>内部被曝ということで、これも間違いないと思われます。

3/15といえばまだモニタリングも混乱していた時期、その時期に、小出氏が空間線量のみならず、きちんとダストサンプリングまでしたことはきちんと評価されるべきと思いますし、他の様々な計測と矛盾があるとも思われませんので、小出氏の計測も、また、東京都のモニタリングポストも、それぞれの計測方法の中で正しい値を出していると考えることが妥当と私は判断しております。


98. 2011年5月28日 18:55:24: DCHDReL3A2
>「プルトニウムは飲んでも大丈夫、安全です。」

こんあこという人がこの世にいるとはね。
どうやって責任とるんだろうね。
こんな教授を我々の税金で雇っているなんて、おかしいね。
インチキ詐欺師は、即刻クビにして逮捕すべきだ。
そして、テレビで記者会見で、土下座させて謝罪させるべき。
まあ、マスコミもテレビ局もグルで仲間の詐欺師だから、無理かな。


99. 2011年5月28日 18:55:42: pHRwMJx5LR
24さんのコメントの終わりのところに個人のメールアドレスがあるよ。

100. 2011年5月28日 20:21:59: B9uNYK1cTQ

>80

>こんなヤツをまだ信用している人の気が知れない。<


だれも、知ってくれとたのんでへんがな。ムリすな。
はよ、ふとんしけ。


101. 2011年5月28日 20:52:34: NPlZX5kocI
96さま。
私もさっき同じことを考えていました。
ここにいる100人が、広報部に3回メールしたとしても
300通の抗議になります。

菅と同じく一刻も早く解任してもらわないと
国税が無駄になります!

それには、この動画も広めないと。
公職にあるものは自己の発言に責任を持つべきです。

病人だとしてもです。本当に許せない。


102. 2011年5月28日 21:20:22: aOXQj2UUjk
一番の問題は、こんなゴミ御用学者が我々国民の血税で賄われていることだ。
文科省、東大学長にこの動画を叩きつけてやりたいものだ。
このゴミ御用学者、国民を舐めすぎと思うぜ!

103. 2011年5月28日 21:44:50: qXf90Muuko
大橋弘忠、プルトニウム飲んで国民を安心させてみろや。

104. 2011年5月28日 21:55:52: 4cdbbeRrbA

この国を変えて行くには、まず社会的地位にある人間にきちんと責任を取らせること。
社会的地位にあるということは、その言動に社会的な責任を伴う。これは大橋のような
学者から官僚、東電という企業まで、きちんとけじめをつけて責任を取らせることだ。
適当な口から出任せの発言やウソは許されないということを社会できちんと徹底する。
大橋のような学者や東電のようないい加減な学者や企業が社会的に許されて来た日本の
甘えの構造こそが今回の事故の背景になっている。残念ながらマスコミにそうしたことを
正す本来の機能が失われている日本では、国民一人一人が抗議して、その都度正しい方向へ
修正していくしかない。これまでこのような学者を野放しにしてきたことを一人一人が
反省して、改めてこそ、今後の日本を築いて行く第一歩だと思う。

 


105. 2011年5月28日 22:10:09: e6SdEWw9lQ
>>80 >>97
すみません興味深い内容ですが、ちょっと確認させて下さい。
>>80
> 「私は先程東京で 1 時間吸入したら 20 マイクロシーベルトになった …
「先程」というのはいつのことでしょうか?
ソースをたどると、政府・東京電力統合対策室 合同記者会見が行われた 05/21 かな?
>>97
> 城東地区の地表1mくらいの測定結果は、概ね、公式モニタリングポストの2〜3倍(場所によりさらに高くでる)になるので、小> 出氏の計測(東京東部で測定)の2μは十分妥当な数字です。
何の2〜3倍で、2μSv/h が妥当な数字となるんですか?

# >>80 氏の 0.08 〜 0.18μSv/h の2〜3倍  ---> 0.16 〜 0.54μSv/h
# >>97 氏の 3/15、新宿の定点値 0.88μSv/h の2〜3倍 ---> 1.76 〜 2.64μSv/h


106. 2011年5月28日 22:12:36: Get9aY0xRA
「プルトニウム入りの水を飲んでも死なない」発言に噛み付く皆様へ
大橋さんの隣にすわっている小出さんが大橋さんの発言の直後に「プルトニウムの毒性は気体になったもの(エアロゾル状のもの)を吸い込んで肺に沈着したときに出るのです」と言って返しているのを見てませんね。
っていうか動画すらちゃんと見てませんね。
あてずっぽの応援は有害ですので止めてください。

107. 2011年5月28日 22:13:48: 4cdbbeRrbA

本来の日本では、このような学者をいちいち糾弾せずとも、日本人本来の美意識、
職人気質、美徳感などで、責任を追及されるまでもなく、自ら辞職したりして、
責任を取ったものだった。恥の文化があり、生き恥をさらすことは、死ぬよりも
苦しいものだった。ところが最近では、この大橋のように、しゃーしゃーと税金で
生活を続け、一言の謝罪もない。礼儀知らずであり、無礼きわまりない。こうした
日本人のモラルの低下がすべての根底にあるような気がする。日本人本来の美徳感を
正すことが求められている。この大橋という学者はあまりにも醜い。御用学者の顔は
そういう意味において醜い顔ばかりだ。

 


108. 2011年5月28日 22:27:27: FmB0JlnSpg
>>106

だったらお前飲んでみろよ。
誤嚥して気管から肺に流してみろや。


109. 2011年5月28日 22:27:37: sUN2vKoOG6
例えば、収容者を抹殺してして、死体を跡形もなく焼却してしまえば、証拠も証人もいない。
証拠がないからその収容所で虐殺事件は無かった。
そういう事を堂々と本に書いた人物が居ました。
大橋某という人もその類の人でしょう、本人に悪意がなくても、悪意のある人に良いように使われる。

110. 2011年5月28日 22:43:42: sUN2vKoOG6
世の中には、放射線と放射能、外部被爆と内部被曝、急性放射線障害と晩発性放射線障害、α線β線γ線、何かの意図で悪意を持ってそれらをごっちゃにしてけむにまく学者が居るようですね。
この国では専門家でなくても一寸学習するだけで理解できる人が多いですから、彼らの悪事はすぐに露見します。

111. 2011年5月28日 23:46:55: 6lGMerL88E
小出助教に感謝。
大橋に反吐。

112. 2011年5月29日 00:19:29: SbaK23r2UU
松本准教授ちゃん、DNAが守ってくれるんでっしゃろ!? 鮮烈デビューは花々しかったぞよ!! 世も末よのぉ。

113. 2011年5月29日 00:41:46: aQY6pXt3lQ
>>105

97です。説明が足りていませんので補足します。

まず、小出助教の測定は3/15でした。

こちらの資料にはダスト分しか出ていないのですが:
http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/home/11.3.25tokyomienaikumo.pdf
ダストの吸引時刻が11:14〜12:14とのこと。場所は台東区。
空間線量率もこの時間帯前後に測られたものと思われます。

他の地点の計時変化からみても、東京の場合、3/15の空間線量率のピーク時間帯にあたっていたようです。

さて、私が2〜3倍と申し上げたのは、同日同時刻、すなわち3/15の新宿(モニタリングポスト)に比べてのことです。
まず、2〜3倍の根拠ですが、一つは放射能汚染分布が一様でないこと。もう一つは、新宿のモニタリングポストが地上10数メートルで測っていることから、地上のアルファ線、ベータ線はほぼ拾えないことと、民間測定チームの場合、概ね空中1m(地面の汚れを見る場合、ほぼ地表でも測ることあり)、この差が出ます。
傾向として、足立、葛飾、台東あたりの民間計測値は、新宿の数倍増し(今月に入って、線量率がほぼ横ばいになっていることから、5月のデータで比較してもこの傾向は見て取ることができます)、2〜5倍位の幅でばらつきがあります。このことから、新宿の同日のモニタリングポストの値から数倍の範囲内であれば、台東区での測定ならば、妥当な値と判定できるというのが、私の見解です。

3/15の基準となる新宿のモニタリングポストの値ですが、文科省のページで一応見ることができます。ただし、3/15までは時間毎ではなく、日の最高、最低で示されているのですが・・・
文科省のページによると、過去最高値5/15 0.496μSvとありますが、生データを見てみると・・
http://113.35.73.180/report/201112w.html
3/15 10:00-11:00に0.160〜0.809μSv、 一時間平均で0.496μSvと出ています。

計測のタイミングの問題があると思いますが、0.809μ×3≒2、一時間平均値でも 0.496×4≒2
十分に測定方法などによる変動の範囲内と見ております。

空間線量率についての妥当性の検証は以上です。

105様、こんな感じでよろしいでしょうか。

なお、内部被曝についてですが、
前掲のレポートによると、呼吸による内部被曝210μSvとなっていますが、これは24時間分と思われるので、1時間で210/24で約10、さらに小出助教はガス状のものはダストサンプルにのらないので、ざっくり2倍、で20μSv、と言われたのかと推定されますが、仮にダスト分だけしかなかったとしても、10μSv確定、ということで。なお、3/15はまだ原子炉停止からそれ程日が経っていないため、短寿命の希ガスがかなり含まれており、その分もざっくり計算されていると思われます。

内部被曝の場合は、体内に取り込まれたものが、どう影響するかを、国の定める数値にしたがって、ベクレル(放射能の強さ)からシーベルト(放射能が人間に与える影響の評価値)に変換するため、空間線量率に一致しません。ダスト上の放射能が多い時期は、外部線量<(呼吸による)内部線量となり・・3月中旬、ダストがほぼ落ちて地面に放射能が広がると(4月以降)外部線量>(呼吸による)内部線量となります。蛇足ですが、4月以降の場合は汚染された土埃の吸入は、内部被曝上よろしくないということになります。

内部被曝の場合、放射能が体に取り込まれて、平均してどれくらい体内に滞留するか、物質の半減期と、代謝による半減期を考慮し、さらに、内部被曝の危険性を加味しての変換係数が定められている(はず)です。そもそもシーベルトは物理的な放射線の強さというよりも、放射線の人体への影響を示す単位(放射線の物理的な強さの単位はグレイ)ですので、内部被曝だと外部被曝よりも高く評価されるため、線量計の数字よりも大きくなることがあるのに矛盾はありません。
外部被曝時のベクレル→シーベルト換算係数と内部被曝時のベクレル→シーベルト換算は係数が異なるということ。


都の降下物(雨、ちり)データは
http://113.35.73.180/monitoring/f-past_data.html
で公開されていますが、肝心の3/15はまだ未計測。
千葉のデータなどから類推する他ありませんが、1時間分析値としては小出データは信用して大丈夫だと思います。


なお、今中助教による飯館村の3月下旬の現地調査報告もありますので、よろしければ御覧下さい。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/iitatereport11-4-4.pdf
比較的早い時期に、ある程度の核種分析まで行われています。文科省などの航空機調査に随分先立つ測定結果で、後から出た航空機調査と同傾向であり、信頼性は高いと思われます。
国の報告と脱原発側の報告が同じ傾向を示しているということで、どちらかの情報も(当然誤差の範囲があるので完全一致はしませんが)信頼してよいと思われます。

数値に対する安全か危険かの判断については、国と脱原発側で温度差がありますが、計測値自体は十分信頼できる値であると判断いたします。今回の小出助教、今中助教の調査は、科学的な値として、非常に重要なものだと思いますよ。それを政治的にどう判断されるかは、また別の問題と思います。

3/15〜16、3/20〜24の値は、突出して酷いため、4月以降の値との同レベルにはなりません。関東の場合、3/15は空気(ちり)、3/20〜24は雨の汚染が酷く、3/20〜24に降った雨にもたらされた放射性物質が地面にたまって、3/21以降、空間線量率が東京のモニタリングポストで0.04μSv/時程度だったものが、0.07μSv/時と高止まりしていることになっていると推測できます。また、塵の汚染度が3/15当時に比べ劇的に下がっているため、現在はガイガーカウンターの値よりも(呼吸からの)内部被曝値は相当少なくなっていると見込まれます。

小出氏を批判する側の論として、ガイガーカウンターの値よりも多く被曝するはずはない、といった議論がなされますが、ちりの放射能が多ければ、カウンター値よりも増えるし、ほとんど地面からの被曝の場合は、空間線量よりも相当低くなるという仕組みを理解して戴きたく思います。

但し、内部被曝は一切考慮する必要がないという立場の方は、小出助教の内部被曝計算は無視してください。

また、3/2x以降の累積線量が示されることがありますが、本来は3/11以降、せめて、3/15以降の累積線量を評価しないと、かなりの過小評価値と考えられます。各地の空間線量率、ちりの線量率の推移状況を確認して戴ければと思います。

多くの自治体が事故初期のデータを示していないと思いますが、最悪、ふくいちのモニタリングポストの推移を確認して戴ければ、事故全体の放射能放出パターンはわかると考えます。


114. 2011年5月29日 01:10:28: DCHDReL3A2
大橋という東大教授は、何の罪悪感もないでしょう。

そもそも、

東京大学そのものが、日本政府の国策御用大学なのですから、
大橋先生はその東京大学の設立の目的、東京大学の理念をしっかり果たしています。大橋先生は東京大学の誇りであり、優秀な貢献者です。

むしろ、原発を推進しない東大の先生は、すぐ様クビになるか、出世出来ません。
それは、京都大学もそうだし、その他全ての大学も同じでしょう。

逆らったら、科研費も研究費も支給されなくなったり、潰されます。
京大の小出先生は一切出世出来ません。

大橋先生は、日本国家のいうとおりに、その業務を果たしているのです。
東京大学あっての大橋先生です。

その点を考えずに、大橋先生だけを責めても無駄です。
東大は国民の税金によって成り立っています。
日本国民は大橋先生だけではなく、そのバックの文科省を批判すべきです。


115. 2011年5月29日 01:12:28: ylHlRwvSqU
小出さんも大橋さんも、日本人だし、国立大学の教員である。小出さんのように
権力に組せずご自分の信念を貫く人もいれば、大橋さんのように権力に取り込まれ
御用学者的立場の人もいる。
 御用学者と呼ばれても、それが自分の信念に準じているなら、自分自身にウソがないなら、それは考え立場の違いであって、人間的に責められるべき筋合いではなかろう。
 ただこの録画から察せられるのは、この大橋という人はセミナーに参加している
反対派の人たちを、見下しているように見える。
 明からさまに自分は優秀な知識人であり、聴衆はおろかで、ろくな知識もないのだから、専門家である自分の考え従えばよいと。
 その話しぶりからは、誠実性や謙虚さなどをまったく感じられない、ことある度「原子力に関わる者として、今回の事故を止める事ができなくて申し訳ない」と述べている小出氏とは雲泥の差である。
 最高学府でこのような方の教えを、受けねばならない学生こそいい迷惑である。
 

116. 2011年5月29日 01:33:44: DCHDReL3A2
日本国民全体の意志で税金で成り立っている御用大学東大を潰せばいいのです。
でも、そういうことをいう政治家はいないでしょう。
利権にならないことは、何もしないのが政治家でしょう


117. 2011年5月29日 01:36:56: FmB0JlnSpg
>小出さんも大橋さんも、日本人だし、国立大学の教員である。

日本人を放射能被爆で滅ぼそうとたくらんでいる大橋は、
在日朝鮮人か帰化人ではなかろうか???

そうでなければ、いくら金儲けのためとはいえ、
公の場でここまでめちゃくちゃなことを言って、原発推進はしなかっただろう。

今回の福島原発メルトダウンは、内心拍手喝采、
ほくそ笑んでいるのではなかろうか。

誰か大橋の出自調べてくれんかな。


118. 2011年5月29日 01:59:54: sUN2vKoOG6
東大や京大には、宇沢弘文先生や故湯川秀樹先生のような立派な先生が大勢おられる、一部の原子力村の関係者に変なのが多いだけでしょう、彼らは経産省守旧派や非論理的核武装派のダミーの電事連に半ば買収されているのでしょう。

119. 2011年5月29日 02:07:28: e6SdEWw9lQ
>>113
質問した >>105 です。丁寧なご回答ありがとうございます。
前質問してから自分でもあちこち調べてきました。
ここに戻ってご回答見て一層よく分かりました。
感謝いたします。

120. 2011年5月29日 03:07:19: Mbq1gtOX4k
>114様

確かに現実はそのとおりであります。
ただし、建前、絵に描いた餅程度のものでありますが、憲法上「学問の自由」という規定があります。

http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/06-11/061120gakumonnojiyuu.htm

こういったものは、おそらくは歴代自民党政府、その仕上げとしての小泉・竹中路線の「産学連携」キャンペーンの中で、ボコボコにされてきたんではないかと推測するのでありますが、この辺の「最低ライン」を守らなくなったことと今回の件は密接に関連しているように思われます。


121. 2011年5月29日 03:37:14: pKgIxavS3k
東大を潰すのも結構だが、プルトニウムを缶ジュースにしたがるぐらいの連中だから
当然核ミサイルも持っているだろう。(携帯式のも開発済みだったりして)
下手に東大に攻め込んだりしたら撃ちこまれるぞ?

122. 2011年5月29日 04:57:51: 0ELWgeDpZw
>>114,115
何故、簡単に立場があると許せるのだろうか?
立場など社会人であれば誰でもある。
ではどんな発言、捏造をしても立場があるから許されることになる。
何故、簡単に人の立場になって何でも許すことができるのか、私には理解できない。
国立大学の教授という地位で公の場で発表したことに間違いがあれば、糾弾されてしかるべきだ。

123. 2011年5月29日 05:17:09: Mbq1gtOX4k
そう考えると、あの、「安田講堂事件」とはなんだったのか?

124. 2011年5月29日 06:09:39: Mbq1gtOX4k
やはり、産業界の意向を強く受けた保守政権の元で、

学問の自由、大学の自治は、形骸とされてきた。

金を集められる奴=犬のような学者がのさばるようになった。

となると、やはり根源は「御用学者」ではなく、「政権」でもなく

やはり「産業界」ということになる。

こういうことを言うと、必ず出てくる反論が

「国際競争力は?」という問いかけである。

今はこれ以上何も思いつかない。


125. 2011年5月29日 06:48:45: oz33FCcPgo
この大橋弘忠という野郎は、原子力専攻じゃないだろう。
原子力専門家の小出先生に対して態度がでかいんだよ。
 http://www.sys.t.u-tokyo.ac.jp/staff/oha.html

Eメールアドレスはこちら。
 ohashi @ sys.t.u-tokyo.ac.jp

逃げるんじゃねぇ、プルトニウム飲め、とみんなでメールを出そう。


126. 2011年5月29日 06:52:35: DCHDReL3A2
>>120
「学問の自由」って素晴らしい考えですね。
いまや、国立大学は、人事権も予算も文科省政府に完全に握られているようですよね。まあ私立大学もほぼ同じでしょうけどね。

その手法の1つが、COEっていうやつでしょ。
数百という国公私立地方大学の予算を削減し、一部の政治力のあるトップ20大学の一部研究者だけに何10億円を分配したんでしょ。。

それでどんなすごい成果がでたのかなあ。
理系はともかく、文系は、有名外国人教授を高謝金で招いて、講演会とシンポジウムばかりやってたような記憶です。地方の大学の予算を削ってイベントばかり。
大学の政治力とは御用大学・御用研究者だけが得する仕組みでしょう

昔の瀧川事件?あったけど、今の京大はどうなっているのでしょうかね。
京大原子炉研究所は、今中さんと小出さんが定年でやめたら、残りの数百いる研究者で反原発の研究者はゼロだそうですね。
小出さんが現在クビになってないのも、湯川さんの頃の学問の自由のおかげなのでしょうね。

昔、京大が、台湾の李登輝総統の母校京大訪問を拒否しましたね。京大は李登輝を、門から中に入らせなかったのです。ひどいです。中国政府に配慮して。
あれを見て、自由の京大のイメージは100%完全に消えてしまいましたね
学問の自由なんて京大にはもはや死語ですよね。
(ちなみに、李登輝のもう1つの母校コーネル大学では李登輝は自由に入って講演しました)
京大は、おそらく今後はもっともっとひどくなりますよね。



127. 2011年5月29日 08:41:29: fCZ83cf8p2
東工大の澤田氏は震災直後に赤ネクタイで度肝を抜き、今度は1,2,3号
オールメルトダウンの発表直後に芸能人も顔負けの幅広白ブチメガネで世間の
注目を一手に集めた。高田順次みたいな捏ねくったヘアスタイルにあごひげ
という遊び人風のいでたちと並んで学会はおろか、芸能界も降参という素晴らしい
ファッシオンセンスで複合災害におののく日本国民に奇異の究極とも言える新風
を巻き起こしてくれた。ここに、 日本奇人変人史に残るべきその航跡を叩くと共に精神科の早めの受診を勧めるものである。

128. 2011年5月29日 09:29:45: SEKJqKRefU
もとより科学者に善悪の概念はないだろう。
大量破壊兵器を開発してきたのは当の科学者であり、トップレベルの技術者だったわけで、彼らはスポンサーの要求する成果を出していくことを常に念頭に置いている。
大橋先生には、少なくとも国という最高レベルのスポンサーが付いたことになる。
これは学者、科学者としてトップレベルということを意味している。
人間性がどうだとか、道徳観がどうだとかは関係ないし、まったく次元が異なるところである。
とにかく原子力政策は国策である。たとえ戦争であろう一旦国策となれば国民は従うのが当然なのだ。科学者もしかり。
戦前の科学や医学のテキストには「須らく科学技術は国防に資する」と書かれてあったときく。かっての731部隊の医学者連中もその範疇だろう。

原発促進事業という国策に追随する学者がいて当たり前、当然そこに人的被害や犠牲が出ても当たり前の非常な論理が介在するわけで、そこから見れば、大橋先生のような東大教授という気概と権威主義の権現のような姿を見せられると、日本人の多くはなるほどと納得させられるのではあるまいか。
無理からぬはなしである。

当然のことであるが、先生にはプルトニウムを自ら飲むぐらいの熱意はいまでもあるものと察せられる。


129. 2011年5月29日 09:44:09: Bgvm5Fkurg
試験管の中のことは大いに専門家同士でやってもらえばよい。しかし試験管を出て社会の中で市民の生活と密接に関わるようになった巨大技術が実践利用される場合には科学的論拠の整合性に加えて、その新技術によって利便を享受する社会がどれだけ法的、道徳的あるいは市民コンセンサスが円熟して、巨大技術を支える社会基盤および意識が底上げし積み上げられているのかが最重要になってくる。そうしたものの礎石は民主、自主、公開といった3つの哲学意識に拠って成り立たねばならない。福島原発以前は原発事故に関しては日本は幸甚にも巨大技術の惨禍に遭遇しなかった。そのことは巨大技術を支える3つの社会的哲学の円熟度が果たしてそうした巨大技術を容認するに足る社会だったのかどうか不明のままにきていた。しかし、フクイチ事故によってそのパンドラの箱は開かれ日本社会という総体として原子力という巨人を支えられる水準に達したかどうかいわゆる原発踏み絵が見えざる手によって行われた。結果いま我々の目前で起きていることが踏み絵の証明する社会水準である。ここからは私見であるが残念ながらこうした今の日本は3つの社会的哲学に照らして原発という社会的巨大技術は受け入れるには未熟すぎると言わざる終えない。

130. 2011年5月29日 09:56:11: FmB0JlnSpg
日本国民の生命と財産を第一に考える原子力工学の学者ならば、
原子力発電所の現場に頻繁に行って、
自分の目で設計、施工、運営を見た上で、理論を構築しただろう。
大橋は、東電・政府からの金をもらいたい。これしか頭にない乞食。
だから最初から、原子力推進ありき、結論は決まっており、
反対するものに対して誹謗中傷を繰り返し続けてきた東電・政府の使いっぱ。
傲慢、非常識、無礼な態度は、バックに政府・東電がいるからだ。
このビデオを連日テレビで放送し、週刊誌、新聞で追求されれば、
小心者の大白紙生きていけないだろう。
こんな奴は学者でも、研究者でもなんでもない。
ただのたかり屋だ。
こんな連中によって、わたくしたちが、子供たちが殺され、
日本が衰退していくなんて、到底許されることではない。

131. 2011年5月29日 10:34:45: Get9aY0xRA
「プルトニウムを飲む」に固執する一部の皆様へ

プルトニウムの急性毒性による半数致死量は、経口摂取で32g、吸入摂取で13mg
長期的に見た場合は経口摂取で1150mg、吸入摂取で0.26mg
つまり、飲むのと吸い込むのとで、1000倍以上の開きがあるわけよ
ウラン型原爆だった広島よりも、プルトニウム型原爆だった長崎のほうが遥かに健康被害が大きかった。ということはあんまり聞かないわけで。

「プルトニウムを『飲む』」に固執し挑発に乗ることはかえって相手の思うツボだと思いますよ。

普通にありふれる(という最悪の事態になってしまった)放射性ヨウ素・セシウム・ストロンチウム等による被曝の健康への悪影響を看過してしまったり、政産官学報+米が一体となった原発村(=原爆村?)とは一体何なのかという本質を見誤ることになり兼ねない。

特に、大橋氏からは原発村で「学」が果たしている役割について考える良い材料であるので、その点について考察を深めることが大事だと思う次第。


132. 2011年5月29日 11:12:30: Get9aY0xRA
蛇足

「プルトニウムを飲む」に引っかかったのがジャーナリスト上杉さん
「脱原発=太陽光発電」に突き進んでいるのが事業家・孫さん
どっちの議論も科学的根拠に大穴が開いていると私は思うが、ネットを中心とした発言力が強大なもんだから、にわか脱原発自然エネルギー派の連中がだーーっと流されてしまっているように思う


133. 2011年5月29日 11:18:46: FmB0JlnSpg
プルトニウムは計測していない。
既にたらふく吸っているかも名。

★3月12日から15日のより精度の高い放射性物質移流拡散シミュレーション
http://minkara.carview.co.jp/userid/441462/blog/22342148/

★放射性物質降下量
http://blog-imgs-47.fc2.com/k/i/n/kinokokumi/20110528050407c7e.jpg


134. 2011年5月29日 11:27:27: Get9aY0xRA
プルトニウムは放射性ヨウ素・セシウムよりずっと重たいので
>>133氏が示してくれたようには飛びません
4月に現地入りして調査した科学者有志もプルトニウムが含まれるかどうかのサンプルとして、福島第一原発敷地直近の土を持って行きました(ETV「ネットワークで作る放射能汚染地図」(NHK)参照のこと)

135. 2011年5月29日 12:06:49: Mbq1gtOX4k
131様

>特に、大橋氏からは原発村で「学」が果たしている役割について考える良い材料であるので、その点について考察を深めることが大事だと思う次第。


まこと、貴兄の論述のとおりと得心するも、さりとて、政府広報により事態が正確に伝達せしめられぬ本状況にあり、雨露すら恐れる日々を託つ身なれば、斯様な人でなしにその本懐を遂げさせんと、揶揄・嘲弄することで憂さを晴らさんと願うところは同情の余地あらんと思うものなり。


136. 2011年5月29日 12:29:36: FmB0JlnSpg
134

微粒子になれば、塵、粉塵と一緒に拡散する。

これから事実が明らかになるだろう。


137. 2011年5月29日 12:33:22: aQY6pXt3lQ
>>134
アメリカでプルトニウム、ウランの値が有意に増えているという観測データからすると、日本国内に飛散していないということには無理があると思います。
二次資料ですが、参考URL
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html
原典は米国環境保護局の計測値データベース。

アメリカで検出された量は極微量です。しかし3月以降に有意に増えているため、福島以外にプルトニウム、ウランの放出源を求めるのが困難といった状況であり、微量とはいえ、4月末にアメリカまで拡散していることに衝撃を受けました。

>>133氏の図はヨウ素131の降下量で、ベクレルで言えば確かにプルトニウムはそこまでは飛ばないということは正しい見識だと考えます。しかしながら国内に関していえば、計測していない(あるいは公開していない)ため、実態が全く分かりません。アメリカでの分析値よりも高濃度であることはほぼ確実と思いますが、どこまで汚染されているかが重要な問題です。

土を分析する際も、ガンマ線のスペクトル分析だけでは、余程の超高濃度汚染でない限り、ウラン、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムといったα崩壊核種は検出できないでしょう。学者氏がどの核種を対象に調査されているか分かりかねるのですが、きちんと調べない限り、安全とは言えないと考えるべきではないでしょうか。

あと、測定時にどの単位まで測るか(計測限界をどこにするか)、どの水準以下は「不検出(ND)」とするのか、この情報も大切です。日本の東京の水道水汚染状況は、汚染がひどかった時期の発表は、暫定基準値以下は故意に「不検出」(その後、改められました)扱いとされていた例もあります。


138. 2011年5月29日 12:36:10: FmB0JlnSpg
★プルトニウムの体内摂取の経路と排出

[編集]プルトニウムを嚥下し消化管に入った場合、そのおよそ0.05%程度が吸収され、残りは排泄される[16]。吸収された微量のプルトニウムは骨と肝臓にほぼ半々の割合で蓄積され、体外へは排出されにくい。生物学的半減期はウランやラジウムと比べても非常に長く、骨と肝臓でそれぞれ20年と50年である。放射線による有害さは核種や同位体によらずラジウム等の全てのアルファ線を出す放射線物質と同じである。

最も有害な取り込み経路は、空気中に粒子状になったプルトニウムの吸入である。気道から吸入された微粒子は、大部分が気道の粘液によって食道へ送り出されるが、残り(4分の1程度)が肺に沈着する。沈着した粒子は肺に留まるか、胸のリンパ節に取り込まれるか、あるいは血管を経由して骨と肝臓に沈着する[12][13]。そのため、他のα線・β線放射物質による内部被曝と同様に、IARCより発癌性があると (Type1) 勧告されている。また、動物実験では発癌性が認められているが、人においてはプルトニウムが原因で発癌したと科学的に判断された例はまだない[10]。アルファ線を放射するために、国際放射線防護委員会が定める線量係数 (Sv/Bq) では239プルトニウムの経口摂取で2.5×10-7、吸入摂取で1.2×10-4と定められ、131ヨウ素(経口摂取:2.2×10-8)や137セシウム(経口摂取:1.3×10-8)よりも1Bq当たりの人への影響が大きいと想定されている[17](一般には、アルファ線はベータ線よりも20倍の影響度がある)。


139. 2011年5月29日 12:37:29: FmB0JlnSpg
★プルトニウムの拡散と毒性

プルトニウムについて2点質問があります。

1.「プルトニウムは質量数が重いので、周辺には拡散しにくい」という説を見かけたのですが
これは本当ですか? 蒸気でプルトニウムが漂っていたら、普通の気体と同じように拡散し
黄砂や煤煙などの拡散しにくい物質とは、オーダーが違うように思うのですが、どうでしょうか?

2。「プルトニウム239は半減期が約2万4000年と長いので、放射線を出す能力は逆比例で弱いから安全」というのは本当ですか?にわかには信じがたいのですが・・・

投稿日時 - 2011-03-26 21:04:38

連想キーワード:逆比例煤煙質量数プルトニウム黄砂.通報する.QNo.6622901

bougainvillea

暇なときに回答ください
...お気に入り投稿0メールで紹介ブックマーク
はてな.ヤフー.Bussurl.livedoor.del.icio.us..質問者が選んだベストアンサー.1.ほとんどあてになりません。質量数が大きい(重い)ことが拡散しにくいことにはなりません。金属中を拡散する話ではないでしょう。
これを言うなら密度でしょうが、それならいくらか言い分はあるとは思いますが。
確かに金属プルトニウムは、密度が19.8[g/cm^3]ほどで物質の中では大きな密度を持っています。しかし、これは金属としてであって、プルトニウムが必ず金属として存在するわけではありません。化合物になれば、それほど大きい密度を持つものはないでしょう。
また、密度が効果的に作用するような大きな粒で飛散するわけではありません。
仮に密度がいくらか大きくても、微粒子になればその効果はなくなってきます。その微粒子が単独で存在するとも限りません。ミストやダストの微粒子にのっかれば、本来の密度の差などなくなってしまいます。
というわけで、誰が言ったか知らないが、あまり信用しない方がよさそうです。

2.「放射線を出す能力は逆比例で弱い」というのはその通りだが、だからといって安全とは言えない。外部被ばくはともかくとして、内部被ばくでは、生物学的半減期も数十年から100年程度(,ネットで検索しても出所が不明のものが多くばらつきがあるが、他の物質と比べてと長いという点は一致しているようだ)と長いので、危険性はそれだけ増す。
また、放射線とは別に毒性があるとされているので、「安全」というのは「にわかには信じがたい」ですね。


140. 2011年5月29日 12:56:52: 2NNmv2v1i2
>131、132、134さん

私も、俄か脱原発ですが、そうなったのは、フクイチがちっとも終息せず、自分で調べ始めたからです。間もなく、小出氏の存在にも行きつきました。その中で、自分の考えも纏まっていったのです。「決死隊」などという古い亡霊を頼らなければ
ならないモノは、文明的ではないと。(私たちは千年まえの人間より進歩しているとは言えない。)

5月の初めには、大橋氏との討論の動画に行きついていました。今公開されているのとは違い、「プルトニウム」の話は出てきませんでしたが、やはり非常に不快なものでした。

みんな、必ずしも、「プルトニウム『飲む』」にこだわっているわけではないと思います。権力の横車というものの「実況」を得て驚嘆し、個人の無力さを悔しく思っているのです。

今の論戦は、右と左ではなく、「神の見えざる手」派(市場原理優先)と、「見える神の手」派(自然災害の驚異)にあると思います。

また、国防のためにプルトニウムが必要と言っても、今のままでは自爆です。

自然があっての国土、市民あっての経済ですから、政治家も経済人も賢くあって欲しいと願います。(今の時期に、関西経済連合会が、その新会長に関西電力会長を就任させたのは、無策と言えるでしょう)


141. 2011年5月29日 13:04:27: Get9aY0xRA
>>135
そうですね。気持ちはわかりますが、でも感情論では危ういのです。

大橋氏の科学っぽい(科学的とは言いませんよ〜)説明のうち、今の現実に照らし合わせた場合の最大の弱点は、それこそ日本の軽水炉型原発が地震と津波で壊れてメルトダウンし、放射能を外にばら撒く可能性を「考えなくてもいいくらいの物」として机上の計算で無視しようとしたことにあります。
机上の計算で「大丈夫!」として稼働している原発=日本の他の原発全部なんですよ。

なんで「プルトニウムを飲む」に引っ張られるかな〜


142. 2011年5月29日 13:40:41: Get9aY0xRA
>>139
半減期が短いから安全、長いから危険とは単純に行かないのです
短いということはそれだけ頻繁に放射線を出すということで、逆に長いということは、ポツポツとゆっくりしたペースで放射線を出す。ということです

たった今大量にばら蒔かれてしまっている放射性ヨウ素・セシウム・ストロンチウム等(放射性ヨウ素は半減期が短すぎるため今さらな感もありますが)の危険性に目を向けて欲しいと思います。


143. 2011年5月29日 14:59:33: aQY6pXt3lQ
>>139
皆さんコメントの通り、目で見えるマクロ量のプルトニウムならば確かに比重の関係でそれほど遠くには飛ばないでしょうが、非常に細かい微粒子になった場合、あるいはホコリにプルトニウム化合物がついたような状態(たとえて言えば、羽毛に毒が滲みた状態)でしたら、元の比重に関わらず、相当遠方まで飛散する、あとは、程度問題(より軽いものよりは多少近くに落ちやすい)と考えておいた方がいいと思います。というか、微量ながら既に太平洋を渡ってしまっていますし、地上で核実験を行っていた時、日本にプルトニウムが降下していることからも、比重が高いから飛ばないというのは、実態に合った説明ではないでしょう。

プルトニウムが仮に燃料ペレットの形、すなわち二酸化プルトニウムという化合物の形で飛散したとすれば、この物質は非常に水に溶けにくいことから、経口摂取ではあまり体に取り込まれないので、(あくまでも比較的ですが)安全、非常に深刻な問題は、微粒子の状態で呼吸から取り込むと、肺の奥に溜まってしまう(これは塵肺、アスベストなどの問題と同様)、そして、水に溶けにくいことから、一度肺の奥に入ると吸収もされず、ほとんどそこにとどまってしまい、α線を出し続ける。そしてα線は体内では殆ど飛ばない(組織を貫通しない)代わりに、至近距離の細胞に大きなダメージを与える。そのため、肺癌になる、ということで、吸入はリスクが非常に高いとされています。
大橋氏は(私はこの説明を聞いてあきれると共に非常に腹が立ちましたが)、皆さんの肺の細胞の中に一粒ずつプルトニウムを埋め込めば危険です、みたいなことを宣っておりますが、実際には、ちりとして漂っている空気を吸入したら、大橋氏のいうような外科手術をしなくても、肺に沈着してしまいます。大橋氏は吸引の危険性を知りつつも、あえて飲食の場合の安全性(ただし吸入に比べて)に意図的に誘導しておりました。

なお、飲食が比較的安全というのは、プルトニウムがあくまでも二酸化プルトニウムという化合物の形で飛散したらという仮定の元です。実際には、プルトニウムには水溶性の化合物もある様ですので、水溶性の化合物の状態で飲食した場合の危険性リスクについては、吸収されないと断定される根拠が私には理解できません。

また、プルトニウム(239)の半減期ですが、2万4000年は、人間の目で見れば長いのですが、ウラン(235、238)の数億年、数十億年に比べ、十分短く、無視できない強さのα線を出します。結局は被曝線量次第ですので監視(モニタリング)は必要です。

ただ、昨今のふくいちの敷地周辺の汚染状況などを見ると、現時点で最も警戒すべきものはセシウム137、セシウム134、ストロンチウム90でしょう。大規模な再臨界が起こらない限りはヨウ素131(半減期約8日)は今後は無視しうる量に減衰していくはずです。事故後約80日くらい経っているので、当初のだいたい1000分の1くらいに計算上はヨウ素131は減っているはずです。

なお、現在ほぼノーマークのストロンチウム90ですが、摂取するとカルシウムと同様のふるまいをするため、骨に蓄積され、長期間とどまります。また、ストロンチウム90はβ線を出すので、α線よりはましですが、γ線ほどは遠くまで飛べないので、相当強烈に細胞にダメージを与えます。従って、骨、骨髄を痛め、骨肉腫、白血病のリスクを高めます。
ウラン、プルトニウムの核分裂生成物のなかでも、セシウム、ストロンチウムの比率は高いことからみても、比較的半減期の長いこれらの物質のリスクが現状では最悪と見ておくことが適当だと思います。


144. 2011年5月29日 15:36:37: N9J69vV5mo
「専門家」の論文や意見が、政治決定のだしに使われる。
 
「専門家」のほとんどは、ただの人なのに、世間の扱いが「学者様」なので、

勘違いして外道に落ちてる者が多いのは事実。

それが原子力ムラで暴露された。

これを機会に「専門家の意見」に水戸黄門の印籠のように平伏する構図、

何とかならんかなあ…

科学や学問をしている「専門家」は食っていくために、

犬のように雇われてるんだよ。

企業の社畜と何も変わらないよ。

自分が頭がいいと思っている分、さらに性質が悪い。

本来は小出さんのような人しか「専門家」の呼称は使うべきでないのだが、

この国は大掃除が必要だな。


145. 2011年5月29日 16:21:41: c3MGH08xSU
兎に角、空き缶を引き摺り下ろし、正確な原発情報確保が急務だ。
 仮に、危険な状態とするなら、早急に対策を講じなければならない。
 危険か否か?二転三転する東電情報では、情報隠蔽?と疑われても致し方ない。 ましてや、総理の椅子にしがみつく能のない、空き缶では、日本国民が翻弄させられる。
 然し、それが狙いかも?
 官邸に、ダメリカ放射能専門隊なる日本統治機関を招きいれているようでは、空き缶は、既に終わっている。
 福島原発事故?捏造?何れにしろ、収束は、何時になるのやら、延々と続くであろう福島原発報道!
 本日の主役5号機、冷却装置電源停止、予備電源で復旧、でした。
 明日は、4号機?1号機?ハタマタ、3号機?セシュム、ストロン検出?近くで人工地震水爆破裂させていたら、そりゃ〜でるでしょう。
 正確な情報確保、それには、空き缶を引き摺り下ろす事が急務だ。
 立派なご意見、コメントも何故か虚しく思う、勿体無い話。(拝)

146. 2011年5月29日 16:31:27: QCowLjJJOk
雲隠れと言っても、大学に居るのでは
マスコミなどに出ないだけで嵐が過ぎ去るのを待っているだけ

147. 2011年5月29日 16:43:18: yIsZh3Lkng
>25. 2011年5月27日 10:44:33: a0MkBmIKmw さん
>まずは、この大橋とか言う野郎を公開処刑の場に引きずり出すことだ。

それより先ず、プルトニュームジュースを公開の場で飲んで身をもって証明してもらいたいですね〜、もちろん家族も一緒にですよ。
ただ処刑してしまうのはもったいないです。
私は知りたいです、本当にプルトニュームは飲んでも大丈夫なほど安全かどうかを。
そんな事、身をもって証明してくれる人は他にはいないと思いますし。
大橋先生とその家族は貴重な人材です。
でも差し上げる方が、怖いですけど・・・・。
プルトニュームだけでなくセシウム、ストロンチュームなどのいろいろな放射能でも試してみてもらいたいのですがね。

大橋先生!
是非是非よろしくお願い申し上げます。


148. 2011年5月29日 18:01:07: TWp14bWQFY

君、君、大橋本人がプルトニュームを鯨飲するは快事なれど、その妻子らにまで責めを負わせるのはやめたまえ。大橋君へのたつての我等乃要望が冗談のようになってしまうじゃないか。


149. 2011年5月29日 18:09:12: FmB0JlnSpg
大橋は哀れな奴、わずかな金で学者としての良心を売った守銭奴。
両親からどんな育て方をされて大人になったのだろう。
親の顔が見てみたいものだ。

【深刻化する放射能汚染 内部被ばくは測定できる。】

本日は、深刻化する放射能汚染に伴う内部被ばくに関し解説する。

資料1=内部被ばくのイメージ


内部被ばくは、空気中に浮遊する放射性物質を鼻から吸入したり、汚染された食物を口から摂取することにより体内に放射性物質が取り込まれることにより起こる。
他にも皮膚や傷口から取り込まれるようなケースもある。
このようにして取り込まれた放射性物質は、リンパ循環や血液循環によって色々な臓器を経由し特定の臓器に沈着され、そこからα線γ線β線を放出し全身を被ばくさせる。
事故でプルーム(放射能雲)が発生したような場合、むやみに屋外に出ると放射性物質を含んだ降下物(フォールアウト)を被る恐れがあり、政府では是まで災害対策本部の指示に従うよう明記して来たが今般の大事故では、放射性物質の降下は隠蔽され、多くの国民が放射性物質をもろに被ることとなった。

体内に取り込まれた放射性物質が何であり、その放射能量がどれくらいか、内部被ばく線量がどれくらいかは、ホールボデイカウンタにより対外から測定することで推定する。
測定には透過力が高いγ線を使い、このγ線のエネルギーをホールボデイカウンタが備えるスペクトロメータで測定することによって放射性物質を特定する。
そして体内にある放射性物質が特定されれば、その放射性物質がα線を放出するものか、β線を放出するものかが特定できる。
従って、放射性物質と放射線量が分かれば(何からどれくらい出ているかが分かれば)、体内被ばく量が分かることになる。

資料2=核種と体内の集積部位及びその影響


体内に取り込まれた放射性物質は血液またはリンパ液とともに体内を移動する。
体内の臓器や組織はそれぞれ特定の種類の放射性物質を沈着させやすい性質を持っている。
そのため、血液やリンパ液中の放射性物質のあるものは各々特定の臓器や組織に集まる。
例えば、ヨウ素(I131)は甲状腺に、ストロンチウム(90Sr)は骨に集まることが知られている。
放射性物質からの放射線は沈着臓器・組織とその周辺の臓器・組織を照射し、内部被ばくが発生する。
(出典:ATOMICA)

放射性物質のうち、特定の臓器・組織に沈着するものは身体の一部に被ばくをもたらすが、トリチウム、カリウム(40K)、セシウム(137Cs)などは身体全体に分布するので全身が放射線の照射を受ける(全身均等被ばく)。
なお137Csの物理的半減期は30.07年であるが、生物学的半減期は144日である。これはCsが比較的代謝の早い元素であることに起因する。
しかしながら食物や吸入で継続的に放射性物質が体内に入れば、詰まるところ継続的に体内被ばくが発生することになることは云うまでもない。
代表的放射性核種の90Srと137Csについては、日本分析センターにおいて既に十分なデータ蓄積が存在している。
そのうち137Csについて資料3に示す。

資料3=日常食中のセシウム137の濃度


また1986年に起きたチェルノブイリ原発事故に関しベラルーシでの甲状腺がんの発病推移を右上図に掲載しておく。
ひとつだけ確実に云えることは、放射性物質はDNAに関する毒であり、決して政府が云うことを鵜呑みにしてはならない。
自らホールボデイカウンタ等による測定要求を行なうべきである。
現在の政府は憲法13条に違背しており全く信頼できない。
皆さんのご意見もお待ちする。


150. 2011年5月29日 18:11:36: FmB0JlnSpg
みなさん、文部科学省管轄期間のデータを見てください。
そして考えてください。

★内部被爆に関する線量換算係数
文部科学省の委託事業として、公益財団法人原子力安全研究協会の公表データ

http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html


151. 2011年5月29日 18:28:30: 4f5YstNQ3E
うそつきにだまされるな。殺されるぞ。原発抹殺の声が高まってるよ。

「30年以内にM8級の東海地震発生の可能性87%」を根拠に浜岡原発の全面停止を菅首相が要請し、中部電力が受諾。あなたの考えは─。
停止の必要なし (15004 votes, 9%)
停止決定に満足  (19157 votes, 11%)
他の原発も停止すべき (142157 votes, 81%)
http://jp.reuters.com/

ロイターの調査では、圧倒的に、全原発廃止になってるよ。いまもやってる。

このままじゃ、人殺し御用学者、経団連、自民党官僚政治に殺されてしまうよ。
菅直人も、原発を止めようとしない。
菅直人も隠蔽をやめようとしない。
人殺し、うそつき政治屋、金儲けだけの経団連、金儲けと権力指向の自民党官僚政治=菅直人政治に殺されてしまうよ。

つぶせ原発。


152. 2011年5月29日 20:14:50: 1uMMBPF4eM
大橋弘忠
頭はいいのかもしれないけれど
ハートのない
人間としては片輪だな
こんな人間たちが幅を利かしている内は
世のなか善くならない

153. 2011年5月29日 21:06:50: TsedXS4Plk
有機水銀を一キログラム摂取しても無害である。しかし10年後には水俣病に約半数がなります。また20年後には90%の方が水俣病の症状を呈します。
ある種のプルトニウムは無害かもしれませんが消化器官の表面はアルファー線で強力な障害を受けます。またプルトニウムの娘核種によっては重篤な障害を起こします。とりわけプルトを本当に食った人はいない。後遺症も調べてないので安全とは誰もいえない。御用学者の誰かが調子に乗って仲間内で話したのがいつの間にか真実と思いこんだ。天皇、在日とすぐに信じ込むB層に御用学者がいたとは。お笑いだね!!

154. 2011年5月29日 21:46:23: QvG6WrNktc
食ってる途中に「肺に入った!ゲホゲホ」となる可能性も想定外か。

推進派はバカばっか。


155. 2011年5月29日 22:54:24: GWh1GHSN1Y
プルトニウムは空を飛ぶそうです。

http://www.minusionwater.com/plutonium.htm


156. 2011年5月29日 22:54:37: FmB0JlnSpg
狐目は、まったく信用無し、地に落ちすぎた。
ただの更年期のヒステリー親父。
金のにおいに目を真っ赤にして、ぎらぎらぎどぎどさせたキツネ目。

@国会を安保闘争を上回る50万人、100万人のデモ隊で包囲しろ。
そのくせ嘘島は一度も小沢支援デモには参加したことがない。
A決死隊を組んで原子炉の炉心を覆うと決意した。
その後、一度も決死隊を結成しているのか何も言わない。

B原発危機は去った、、絶対安全と霊能力で予知した。
福島原発の進展については何もコメントしないでスルー。

C放射能をがぶがぶ飲み、福島の野菜、米、肉、牛乳、魚を食べると決意した。
具体的にどのように注文して食べているのか一言もコメントない。

D福島産の農産物を食べる運動をすると決意した。
その後、何一つどのような組織を作り、運動を展開しているかなにもない。

E原発近くの子供も家に戻って暖かい布団で休んでくれ。
・・・

F福島に住み毎日再考されるまで見届けると決意した。
弟子を常駐させているだけ。

G原発関係者は、裁判にかけ処刑しろ。
裁判を起こしたのか。

H100ミリシーベルトでも健康に何も影響がない、安全、大丈夫だ。
キツネ男、今後何年間も現地に常駐した上で言え。

霊能力者は、大言壮語だけで何一つ実行しない張ったり屋。
過去の発言は、都合が悪ければノーコメント、スルー。
ひとかけらでも人間としての良心・尊厳があるなら謝罪しろ。

さすが、商品先物業者主催の株式講演会や
巨額の脱税事件を起こした投資顧問会社の株式講演会にでるわけだ。
金のためならなりふり構わぬ暴虐無人。

「商売繁盛金持って来い」


157. 2011年5月29日 23:01:14: oz33FCcPgo
原子力というのはリトマス試験紙のようなものだね。

正直で誠実な人間か、それとも金や名誉のために悪魔に魂を売り渡す人間か、
はっきりわかる。

前者の例が小出先生、後者がこいつだ。


158. 2011年5月29日 23:09:12: oz33FCcPgo
こいつをはじめ東大の御用学者の多くが、原発は安全だ、
格納容器は絶対壊れないとウソを言いつづけて来た。

それを信じた国民は多大な損害を被っている。

原発CMに出演した芸能人が槍玉にあがっているが、
専門家である御用学者の責任はその比ではない。

東大総長は国民に謝罪し、ウソつき御用学者全員を
解任、追放すべきである。


159. 2011年5月30日 00:04:08: FmB0JlnSpg
155氏、貴重な情報の提供を感謝いたします。

以下転載


左端が前述の炭素の原子核で、その右となりがプルトニウムの原子核です。
右側が黄砂の砂粒です。
原子核に比べれば黄砂の一粒一粒は圧倒的に大きな粒です。
この絵は原子核を誇張して描いています。本当は原子核は小さすぎて目に見えません。
この黄色い粒、原子核より圧倒的に大きな粒が、空を飛んで中国からやって来るのです。
下図は3号炉の爆発の瞬間です。
大量の細かい粒子が黒雲となって舞い上がりました。
そのひとつひとつの粒にプルトニウムやウランが付着しています。

3号炉の爆発  2011.03.14
プルトニウムが付着した煙の粒がふわふわと漂い続ける
放射性物質が付着した黒い粒は風に乗り、いつまでも空中に漂って世界を何周もします。
落ちるのは雨粒に遭遇したときだけです。そのときは黒い雨となって降ります。
「プルトニウムは重いから飛ばない」、「福島の敷地内に落ちた」
などという話がどれほどバカげているか分かりますね。
こんな連中が、プルトニウムはすぐに落ちる、大きな地震は来ない、大きな津波は来ない、電源は落ちない、と言って原子力を推進してきました。
そして驚いたことに、まだやるぞ、と言っています。

バカです。


160. 2011年5月30日 05:52:34: EGaQ73B5yp
【人体実験】 福島県民200万人全員をモルモットに 被爆の影響を数十年間追跡


1 名前:名無しさん@涙目です。(青森県) 2011/05/29(日) 21:04:01.55 ID:8OzBtBLT0● 2BP(9)

東日本大震災:福島、全県民被ばく調査 数十年単位で追跡
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110528ddm012040127000c.html

東京電力福島第1原発事故を受けて福島県は27日、
約202万人の全県民を対象に被ばく線量調査を実施することを決めた。
3月11日以降の行動から線量を予測し、線量が高かった県民を対象に
数十年単位の追跡健康調査を行う。
県民の不安に応え健康管理をすると共に、データを放射線医療に役立てる。

県災害対策本部で開かれた有識者の検討委員会で決めた。
福島県立医大や国の関係機関と協力。聞き取りや郵送による問診表で県民の行動を確認し、
地域・時期ごとの線量に照合して個人の線量を推定する。
数値や健康への評価は、本人に伝える。6月末にも線量の高い地域で数百〜数千人規模で始める。

線量が高い県民に対しては血液や尿、内部被ばくなどの詳細検査を継続的に実施する方針。
検討委員会座長の山下俊一・長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授は
「調査は健康管理プログラムの一環。
記憶が薄れないうちに3月11日以降の行動を確認しておいてほしい」と呼び掛けた。【種市房子】

動画
http://www.youtube.com/watch?v=PBgBhID3sFQ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


161. 2011年5月30日 14:34:09: GsM3YRBLMQ
数年前、中国が大量に「鉛」を買い占めていた。何が原因だったのだろう?
大橋何某は「学位剥奪」でいいんじゃない?自動的に全てを失う。

162. 2011年5月30日 16:27:10: ZrMDpsyito
みんなが言っているので言うまでもないのだが、
私もひとこと言っておきたい。
糞ト−ダイの大橋の大糞野郎と。
お上と財界の御用聞きで、自分がいい思いするなら、
人は死んでもかまわないという学者崩れだろう。
戦前なら軍部お抱えの人体実験屋の231部隊の医者
のような存在になったやつだろう。
彼の悪名を知人全員に告げてやるぞ。

163. 2011年5月31日 02:35:11: oz33FCcPgo
そもそも東大ではとうの昔に原子力工学科はなくなった。

チェルノブイリの後、学生が原子力を敬遠するようになってシステム量子工学科と
改名せざるを得なかった。戒名と言ったほうがいいかも知れない。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E5%B7%A5%E5%AD%A6

東大生もバカじゃないから、全く将来性のない分野は専攻しない。
(原発を全廃しても廃棄物の問題は半永久的に残るので、
 専門家が育たないと困るんだけれどね。尻拭いは誰もしたがらない)

3/11までは喉元過ぎれば何とやらで、原発ルネッサンスなどと騒いでいたが、
斜陽産業であることは誰が見ても明らか。

福島がとどめの一撃になるだろう。

システム量子工学科には関村直人、大橋弘忠、といった御用学者がいる。
一見、原子力ではないような研究内容だが、これは隠れ蓑。
裏では原発業界から大金をもらって研究を続けているのだろう。
スポンサーのために必死で安全デマを飛ばすわけだ。
 http://www.q.t.u-tokyo.ac.jp/lab/index.html


御用学者、御用文化人についてはここがまとまっている。
 http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/13.html

稲恭宏、副島隆彦、田母神俊雄がトンデモ系に分類されているのが笑える。


164. 2011年8月09日 08:19:23: 0R7Uqr7uPM
匿名で抗議したら、なんと職場に本人から脅迫まがいの電話がかかってきました。

165. トンビ母 2011年8月29日 05:37:06: XisPaE0AGd7sI : BqFM77MtyU
この大橋弘忠さんとJAXAの山下さんだけは消えてもらいたい。
小出先生や児玉先生が居てくださるから、日本も未だ絶望ではないって思えます。

166. ultraPb 2011年12月03日 00:53:54: tercjLutXSaXY : cmkDgwX9vM
初めて拝見しました。
福島原発の現場へ来て頂き、大橋先生から直接言葉が聞きたいです。
早く東大を退職してください、お願いいたします。
風評被害で迷惑です。

167. 2014年8月28日 21:12:40 : JbjRNIKokk
引き立て役の小出も同罪だろ。
この公開討論会がプルサーマル推進の口実になったのは紛れもない事実だ。
(ちゃんと反対派と話し合ったという口実)

168. 2014年8月29日 10:29:54 : lCR5Qf0f6g
上のコメントにもあった様に、東大は国の税金の援助で成り立っている為か政府御用学者ばかりである。この国を悪くしているのも東大出のお金に弱い、権力欲と支配欲の犠牲になっている。特に東電の様な大企業から個人的に資金援助して貰っている学者は、100%御用学者だ。この大橋という教授には自分が言った事を実践してもらいたい。どんな顔して生活しているのか、金の為なら何でもありか、人間として学者としての誇りは無いのか

169. マッハの市 2014年8月29日 12:33:54 : af80H28qOi92. : Zu0tqNwVo2
 裁判にて、東電は原発被災で自殺された方を「個体」といった。人をさして、なんと云うことを。国も電力会社も人をこの様にしかみていない、爆発のリスクなぞは平気で稼働に向うわけだ。

 だが、この 「個体」 なる言葉は,犬畜生にも劣るお前たち

          大橋弘忠など御用学者
          東京電力の役員
          安倍晋三 内閣総理大臣
          その他原子力村の輩

 にこそ当てはまる。こんな「 固体 」はいらん。こんな物体は第一原発遮水壁作業の氷にまぜて使うしか置き場は無い。


170. 2014年8月29日 15:21:05 : XyFdn7gMzw
記事の名簿で、武藤栄ってのは電事連としか書いてないけど正体は東電の副社長だよー。
原発が商売道具のモロ利害当事者だよー。
こんなやつ入れてる国の委員会なんて、政府の名をかたったマフィアの悪巧み相談会だよー。

171. 2014年8月29日 17:09:39 : mh7oMpqIzM
知野 恵子  読売新聞編集局解説部 次長

意外にマスコミは読売だけなのな
朝日の従軍慰安婦煽りと読売の原発推進煽り


172. 2014年8月29日 18:50:59 : Qz87sJNvtQ
>>167
馬鹿は糞して寝なさい。

173. 2014年8月29日 21:42:04 : tp4knzerco
少しぐらいなら飲んでも大丈夫ですよ。1g程度なら異変すらないし。

174. 2014年8月30日 00:06:55 : f0KnSqwbhQ
数稼ぎネタ切れ掘り起こし投稿

誰がやってるんだろうな(笑)


175. 2014年8月30日 12:20:47 : AgumpIiQVY
戦後吉田茂が東大総長に対し「曲学阿世」と批判した。

今は{曲学阿政」の時代に成り下がった。

日本には三権分立も学の独立も、従って主権在民も存在しない。

三等国以下。


176. 2014年8月30日 15:33:04 : mMmaQSzZ0s
大橋と小出の原子力村のプロレスを本気にする馬鹿

[32削除理由]:アラシ
177. 2014年8月30日 17:18:54 : mMmaQSzZ0s
原発事故でこご御用学者交代

大橋引退、小出登場

[32削除理由]:アラシ

178. 2014年8月30日 19:49:26 : J7GrEIf0n6
原子力推進派の議員や学者や東電の経営者は北欧みたいに原発の半径500m以内に家族ともども宿舎を作ってそこに住んでもらうのがよろしいかと。
そしてそこで日々【今日は安全だった】と過去形で宣言してもらいましょう。
つまり国会議事堂ももう古いので原発の隣に新築しましょう。議員宿舎も当然そこの近くに不便でしょうから移設しましょう。
多分原子力の安全に関して意識が変わるはず。
ついでにミンスの直ちに影響はないと言ったあのボケの家族も当然シンガポールから呼び寄せそこに住まわせましょう。それからムンバイにいるもと会長も余命いくばくもないのだから責任払いでよいもどしましょう。
本当に日本はどうなってんの?
悪い奴らが多すぎ。

179. 2014年8月31日 07:13:33 : f2bDRcpoc2
176. 2014年8月30日 15:33:04 : mMmaQSzZ0s
大橋と小出の原子力村のプロレスを本気にする馬鹿


[32削除理由]:アラシ

削除理由はアラシじゃなくて小出氏批判だろ


180. 2014年8月31日 22:18:12 : 3L4lXg3Kfs
全部を読んだわけではないのですが
>>21 >>46 のコメントは久しぶりに読みごたえがあって感銘を受けました。
ともすれば罵詈雑言の応酬になりがちの阿修羅のサイトでこういう発言に触れるのは一服の清涼剤です。市井のの?インテリゲンチュアにも良識的な人がおられることに一縷の希望。

181. 母系社会 2014年9月01日 18:47:05 : Xfgr7Fh//h.LU : 5nD3CnCS5I
>>14さん

>また小出が喫煙者がプルトニウムをエアロゾル状態で吸入したら0.11μ
>グラム(肺ガン線量?)でも肺がんで死ぬと言ったのに対して、その
>統計学的に有意な証拠がないことを問い詰めて明らかにしているのだから、
>この点では科学的には、彼の方が妥当に見える。

「統計学的に有意な差がない」とは、単に「統計学的に有意な差がない」
という意味に過ぎず、実際に「無い」という意味ではありません。

たとえば、ある事象について、0〜20歳まで調べたら、統計学的に有意
な差が見いだせない場合でも、15〜20歳まで調べたら有意な差が見い
だせる場合もあるのです。

だから、「統計学的に有意な差がない」とは、単に「統計学的に有意な差が
見いだせなかった」という意味に過ぎず、実際に「無い」という意味では
ありません。

★これは、統計学を考えだした学者が、統計学を学んだ学生が、こうした
間違いをしていることに気付き、それ以来、統計学の講義では、こうした
間違いをしないように、何度も強調して教えるようになったので、統計学
では常識なのだそうですが・・・

★なぜか、日本の学者や官僚には、こうした統計学の基礎的な知識も知らない人
が多いそうです。

だから、「統計学的に有意な差がない」とは、単に「統計学的に有意な差が
見いだせなかった」という意味に過ぎず、実際に「無い」という意味では
ないのです。


182. 2014年9月02日 04:11:12 : CA618w9P0c
事故前はプルトニウムは危険と大騒ぎしていたくせに、事故後はセシウムに気をつけろとふざけた発言をしている小出。

183. 母系社会 2014年9月03日 13:02:50 : Xfgr7Fh//h.LU : WRCO19z6v2
>>182さん

>事故前はプルトニウムは危険と大騒ぎしていたくせに、事故後はセシウム
>に気をつけろとふざけた発言をしている小出。

小出氏は、事故前も事故後も、プルトニウムやセシウムは危険と言って
ましたよ。変わっていません。

182さんは、誰か別の人と記憶違いしています。

と言うか、そもそも、182さんは事故前の小出氏については、あの有名な
ビデオを見たぐらいで、小出氏が事故前の反原発活動で、どんなことを言って
いたか、ほとんど知らないでしょう(笑)


184. けろりん[201] gq@C64LogvE 2016年1月26日 22:25:32 : WT71dMTeHc : uy6XKbBC6EU[270]

お上中央集権タイプ
●生き方を変えてでも、冷や飯は食いたく無い
例/東大・大橋プルト君、SMAP・木村、

反骨合議共生タイプ
●冷や飯を食ってでも、生き方は変えたく無い
例/京大七人衆・小出、反原発芸人・マコ、

____________
善・悪というよりも・・・、
どっちが好きかどうか、だけだ。

現状、日本の実質的支配層がアメリカなら、
沖縄まで出向いて星条旗を振り回すネトウヨは、
中華にヤラれて冷や飯を食いたく無い・・・。
強ぉ〜い強ぉ〜いリーダーに貼り付いてりゃ
いずれ、オイシイ目に巡り会える・・。
・・・それが、動機だ。

そう、観察すればスッキリ判るだろ?
ところがブレるヤツ、裏切るヤツの末路は
そうなるとは・・限らないのが世の常。

それも、好き付きだ。




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧