★阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 655.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
プルトニウムは微粉末1、2個で肺ガンを起こす。4月には東京で1日当たり10個もの「ホットパーティクル」を肺の中に吸い込み
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/655.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2011 年 6 月 12 日 20:26:34: KqrEdYmDwf7cM
 

19:55 tokaiama (東海アマ管理人)

プルトニウムは毒性が非常に強く微粉末1、2個程度が肺の中に取り込まれるだけで肺ガンを起こす。4月には、アメリカ・シアトルの人々が1日当たり5個、東京の人々が1日当たり10個もの「ホットパーティクル」を肺の中に吸い込んでしまっている。http://p.tl/6om7↓ページ全文引用


【注目動画】原子力専門家ガンダーセン氏の告発 〜政府・官僚は直ちにプルトニウム測定値を公表すべし〜


2011年06月12日 | Weblog



(転載開始)


◆福島第1原発:ごく微量のプルトニウム検出 事故で放出か

毎日新聞 2011年6月5日 23時21分


東京電力福島第1原発の正門から約1.7キロの福島県大熊町内の土壌に、今回の原発事故で放出されたとみられる放射性物質のプルトニウムがごく微量含まれていることが5日、山本政儀金沢大教授の分析で分かった。


プルトニウムは文部科学省の調査でも、原発敷地外でごく微量検出されているが、過去の大気圏内核実験によるものとされており、事故の影響とみられる検出は初めて。


山本教授によると、この地点のプルトニウムの濃度自体が、過去の核実験の影響で検出される国内の平均的なレベルよりかなり低く、「人体への影響は心配ない」としている。


山本教授によると、土壌は原発周辺20キロ圏内の警戒区域が設定される4月22日より前に、北海道大の研究者らが採取。

プルトニウムの3種類の同位体の比率から、核実験ではなく今回の事故が原因と考えられるという。


(転載終了)


「人体への影響は心配ない」


先日(6/5)、福島第1原発から約1.7キロに位置する福島県大熊町内の土壌より、今回の原発事故によるものと考えられるプルトニウムが検出されたとの報道がなされた。

検出されたプルトニウムの濃度が低いということで、もはや”決まり文句”となった「人体への影響は心配ない」とのコメントが添えられているが、果たして本当であろうか?


政府・官僚(文科省)が事故発生後、かなり経ってからようやく公表するようになった各都道府県における放射性物質の数値情報については、基本的に「ヨウ素131」「セシウム134」「セシウム137」のみがその対象となっている。

しかしながら、本来であれば、ヨウ素やセシウム以外にも原発事故により飛散していると考えられる他の多数の放射性物質についても、政府・官僚(文科省)はこれをちゃんと測定をして公表すべきであろう。


このような指摘は、本来、「”国家権力”の番人」としてのマスゴミが指摘するべきなのであろうが、本ブログにて繰り返しコメントしてきたように、そのマスゴミ連中が揃いも揃って政府・官僚・経団連らとツルんでいるのだからどうしようもない。

今回の福島第1原発事故において、東電や保安院が隠蔽してきた放射性物質の真の数値情報が明るみになる度に、大手マスゴミはこぞってこれを糾弾する姿勢の報道をおこなっているが、「ジャーナリズム」の原点に立てば、そもそもマスゴミ各社は公表される数値情報を”鵜呑み”するのではなく、これに対して疑いの目を持って、独自にてこれを測定すべきであろう。

そして東電や保安院が公表している情報に疑義があるならば、これを徹底的に糾弾し追及すべきであろう。


「何故、一般市民団体や個人が自腹にてガイガーカウンターを購入して、独自にて放射線量を測定しなければならないのか?」

大手マスゴミ各社はその意味をよくよく考えるべきであり、我々国民もそもそもマスゴミが「”国家権力”の番人」としての役割を果たしていないことに疑問を抱くべきである。

もっと言えば、マスゴミさえしっかりしていれば、小生のような「小市民ブロガー」などハッキリ言って”不要の存在”である。

































随分と前置きが長くなってしまったが、本日はアメリカの原子力専門家アーニー・ガンダーセン氏が、6月7日のCNNに出演した際の動画を紹介したいと思う。



この動画をご覧頂ければわかるように、今回の福島原発事故により飛散したプルトニウムが、太平洋を渡って、はるか遠くアメリカ大陸にまで到達しているのである。

一般に、「プルトニウムは、重さが鉛の二倍で飛散距離が短い」とされているが、この動画をみれば、それが”軽率”な判断であることに気がつくであろう。

即ち、プルトニウムは大腸菌と同じくらいの大きさのごく小さな粒子「ホットパーティクル」(hot particle)となって、かなりの距離まで飛散するのである。




肺の中に取り込まれたプルトニウム粒子(ホットパーティクル)


この「ホットパーティクル」が恐ろしいのは、その毒性が非常に強く、微粉末1、2個程度が肺の中に取り込まれるだけで肺ガンを起こす点である。

驚くべきことに、4月には、アメリカ・シアトルの人々が1日当たり5個、東京の人々が1日当たり10個もの「ホットパーティクル」を肺の中に吸い込んでしまっているとのことである。


「ホットパーティクル」がアメリカ大陸にまで飛散しているとなると、それが日本国内中に広く飛散していることは言わずもがなであろう。

それが土壌に浸透、農作物に付着し、大気中の微粒子となって、我々は「内部被爆」の危険性に晒されているのである。



このことは非常に重大な問題であり、重く受け止めるべきことであろう。

と同時に、事故発生直後よりプルトニウムの大量飛散の事実を知りながら、これを隠匿して多くの国民を「プルトニウム被曝」させた東電・政府(党執行部)・官僚(保安院)・安全委員会の面々は、「殺人罪」に等しい行為をおこなったと断じてよいであろう。

このまま、ただで済ませる訳にはいかないとの思いを強く感じる次第である。


尚、同動画内にて、ガンダーセン氏が今回の福島原発事故対応の遅れについて、政府・官僚・原発企業(経団連)と電力会社らが”原発利権”を死守せんと結託していることが最大の問題と切り捨てているが、まったくもってその通りであろう。

この動画の内容は、放送大手のCNNにて放送されたニュース・報道番組であるため、多くのアメリカ国民が普通にこの放送を視聴していることであろう。


一方の日本はどうであろうか?

ここ数日はどの新聞・テレビも”政局”騒動に明け暮れ、この動画のように、”事の真相”を注視する報道内容など皆無である。

今更嘆いてもどうしようもないことであるが、政府・官僚とマスゴミが結託することを許してきた我々国民にもその責任の一旦はあるであろう。


大手マスゴミを非難・糾弾するのは簡単であるが、長年に渡ってその大手新聞を購読することによりこれを買い支え、同報道内容を鵜呑みにしてきた己の”馬鹿さ加減”を今こそ我々国民も反省・猛省すべきであろう。


兎にも角にも、政府・官僚はプルトニウムの測定を広範囲にて継続的に実施し、これを国民に公表すべきである。

我々国民は、政府・官僚による、これ以上の”棄民政策”を断じて許してはならない。




http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/413.html#c24

24. 2011年6月07日 18:33:47: Afha1yh6Vs

ガンダーセン氏には、シアトルで空間線量を測っている友人の学者がいる。

その友人の話として次のようなことを語っている。

人は1日の10㎥の空気を肺に取り込む。空気モニターリングのフィルターに10㎥の空気当たり10個のホット・パーティクルが検出される。ホット・パーティクルとは、核燃料のウランに核分裂生成物が溶け合って出来た微粒子だ。

状況は、我々が想定するより、遥かに悪いのではないだろうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月12日 21:38:09: ynSQvzTlvk
3号機の爆発後、3月16日に横浜市で空が煙ったようになって騒ぎになったが、

あれは、放射性プルームだったんじゃないか。

3号機はプルサーマルやってたから、そのプルトニウムかもしれない。


02. 2011年6月12日 22:03:26: JgyS3UTymo
いちにち10個。
東京の人殆ど死にますよ。
酷い。

03. 2011年6月12日 22:16:47: aZvIsJgt8M
いつ頃、発癌するのだろうか。

04. 2011年6月12日 22:22:19: EGaQ73B5yp
もう被曝被災地だけに限定して
「放射能汚染たばこ」専売特区をつくって
タダ同然で、汚染タバコの葉でつくったシガレットを売ればいいよね。

プルトニウムで内部被曝した肺に
タバコの煙を入れれば、ピンピンコロリで逝けそうです。(笑)


05. 2011年6月12日 22:44:24: pW4jdlZYk6

>マスゴミ各社は公表される数値情報を”鵜呑み”するのではなく、
>これに対して疑いの目を持って、独自にてこれを測定すべきであろう。

マスコミ各社は社内規定で原発から50キロより近くに入れないと聞いたことがありますが、本当でしょうか?


06. 2011年6月12日 23:07:03: HYHUspnQ6g
05さん 本当ですよ。
首都圏に住めば、これから癌で何十万人も死ぬでしょう。
首都圏の大気中・土壌中のプルトニウムの量を早急に測るべきです。
それによってどれくらいの人数が癌になるかおおよそ予測できます。
―トンデルモデルとかあるので―

07. 2011年6月12日 23:11:07: NGYzYLpMb2
しかし花粉よりもちいさいプルトニウムは一体何処まで飛ぶのか

08. 2011年6月12日 23:34:50: EGaQ73B5yp
>>07

アメリカで問題になっているのは、爆発粉砕で超微細に砕け散った
プルトニウムのナノ規模の微小粒子(ナノ・パーティクル)が
フクシマから米国に降りそそいでいる、という話のようです。

爆発粉砕によるナノ粒子、となれば、日本のバカ専門家どもが
喧伝していたような「プルトニウムは重いから飛ばない」という
デマ風評は、事実上、意味がないわけです。

劣化ウラン弾の場合も、比較的に放射能が低いウラン238などの
いわゆる「劣化ウラン」を材料に用いた砲弾が、爆発して
ウランのナノパーティクルになって環境中に浮遊し、
それを吸い込んだ住民などが内部被曝して深刻な影響がでているわけです。

ナノ粒子には、それよりも大きな粒子では考えられなかった
生体内挙動をするので、ナノ粒子だということだけで、毒性が強まります。

再処理工場とか実験室で汚染事故がおきてプルトニウム粒子を吸い込んだ
状況よりもはるかに深刻な影響を、爆発飛散したプルトニウムのナノ粒子は
不特定多数の大衆に及ぼすことになるわけです。 

米国では、フクシマ事故の直後から、これを「ダーティーボムによる
放射能テロリズム」と捉えて警戒していました。 たとえ日本政府や東電に
そういう悪辣な意図がないとしても、起きた事実はそうしたテロリズムと
同質なので、放射能テロ対策の行動指針で備えるように、という警報が
メールで飛び交いました。


09. 2011年6月12日 23:55:37: ry6Cae2AzA
東京の線量が低いわけだ。都民1200万人が、毎日、放射性物質を体内に吸収し

て、外部線量の低下に貢献していたという訳だ。関東圏を含めて、希望者全員に、

無料で内部被ばく測定を行えるよう、国に強く要望したい。


10. 2011年6月13日 00:57:24: h6cbKB908I
シアトルで1日5個、東京で10個なら、日本はどこでも5〜10個と
みておくべきだな。

禁煙してたけど、またタバコ吸おう。

MOX燃料を承認した佐藤県知事がいたな、伏死魔殿?、腐苦死魔嫌?だっけ。
こんなクソのおかげで、ひどいめにあうとは。


11. 2011年6月13日 01:34:21: rE9aSWOfHb
タバコの葉は、輸入が多いんでしたっけ。
まあ、気休めですが
私もGO SMOKING。

プルサーマルは、事故が起きたら通常の原発事故の5倍の地域が住めなくなるそうです。

引用→『チェルノブイリ通信』
http://www.cher9.to/tusin_60_05.html

また、プルトニウムについても、ぼちぼち具体的な情報が出てくることを望みます。



12. 2011年6月13日 09:32:06: ysMOfYXApo
原発事故以来よく西日本、関西へ逃げろという声がありますが関東と比べてどの程度の差があるのでしょうか。関西でもこれから先放射能が微量であっても蓄積されれば安全ではないと思います。特に子供にとってはえいきょうがあるのではないかと心配です。皆さんの意見をお願いします。

13. 2011年6月13日 09:46:38: gjDYAFUmHs
東京から子どもを疎開さす必要が有るようなら早く政府は費用負担して疎開をさすべきです。

15. 2011年6月13日 12:43:29: Et1vhJ5rpg
今までは標高の高い山々に守られていた地域も、
夏になれば、上昇気流(5キロ〜15キロ)が発生しますから、
日本全土はプルトニウム・ナノ粒子に覆われることになります。
5年、10年と、どれくらいの人々が死んでいくのでしょうか?
地獄絵です。

16. 2011年6月13日 15:57:56: e6SdEWw9lQ
山本教授の “この地点のプルトニウムの濃度自体が、過去の核実験の影響で検出される国内の平均的なレベルよりかなり低く”
とはつまり、核実験の影響の方がかなり大きいということか。

核実験の影響なら東京よりシアトルの方が大きいのではないか。ニューメキシコ州やネバダ州からも近い。
ガンダーセン氏の “4月には、アメリカ・シアトルの人々が1日当たり5個、東京の人々が1日当たり10個もの「ホットパーティクル」を肺の中に吸い込んでしまっている。”
とは、計らずも整合性のない結果となっているようだな。いっそう系統だった真摯な測定を望みたいものだ。


17. 2011年6月13日 19:55:13: quMHcgGMxo

「人工放射性降下物の経年変化」にあるとおり、米ソなどの核実験により1960年代の東京でのセシウム137の最大値は約800,000mBq/uであり、1985年以降2003年までの最大値約10mBq/uの実に約80,000倍である。

チェルノブイリ原発事故の時でも東京でのセシウム137の最大値は約100,000mBq/u強であったが、1985年以降2003年までの最大値約10mBq/uの約10,000倍である。ただし、1年あまりで約100mBq/uまで減少している。

つまり、チェルノブイリ原発事故の時よりも、米ソなどの核実験による1960年代のほうが、東京でのセシウム137は約8倍多かったことになる。

原爆実験は瞬間の話ではない。1950年代・1960年代の米ソなどの核実験、1970年代の中国の核実験とずっと続いていた。

それでも1960年代の東京近郊で幼少時代を過ごして、現在も健康に過ごしている人は大勢いる。

「福島ではプルトニウムは極微量と言われてるがそれでもアメリカで検出したとなると」それより規模の大きい米ソなどの核実験により、1960年代の東京でのプルトニウム239は、今回の福島原発事故よりも多かったはずである。

それでも1960年代の東京近郊で幼少時代を過ごして、現在も健康に過ごしている人は大勢いる。


18. 2011年6月13日 19:56:58: quMHcgGMxo

17.に参考URLを追加

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/trd11042823060023-n1.htm  


19. 2011年6月13日 20:19:31: ZYMUVqyOzM

まあ東京人が多数居なくなったら。失業者や派遣社員には福音だな。

トンキンは、たいした能力もないのに給料もらいすぎだろ。

官僚・原子力村・東電社員が沢山居なくなるのを期待してます。

プルトン、がんばれwwwwwwww


20. 2011年6月13日 20:19:49: EGaQ73B5yp
>>17>>18
quMHcgGMxo は嘘島隆彦「被曝安全教」教祖を妄信する
嘘島餓鬼悶道場カルトの狂信者ですので要注意。

この工作員は、日々、IDを変えながら、典拠も出せないような
むやみに長ったらしく無内容なインチキ被曝安全マントラを
延々とコピペする病気にかかっています。

きょうの信者の「お勤め」は、たとえばこれね。(笑)
           ↓
------------------------------------------------------------
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/609.html#c94

94. 2011年6月13日 19:23:27: quMHcgGMxo

*環境の放射能汚染 

(以下、典拠もない無意味な長駄文につき省略w)
------------------------------------------------------------


21. 2011年6月13日 22:13:29: TWF50pZ9uw
大橋教授のおかげで、プルトニウムは食べても安全という風評が広まっています。

教訓のため、是非食べて死んでみてください。


22. 2011年6月14日 00:50:06: IWRxOjotbE
プルトニウムはスプーン二杯で1億人が被爆、
400gで人類絶滅できるそうだ。
三号機の爆発でいったい何グラム、何キロ出たのやら。

23. 2011年6月14日 03:04:05: En9Xs0y6Do
>>18

なんで4月からの累計なんだよ。
おかしいだろ。

3月18日(ここからってのもおかしいけど)から、5月5日までの東京の累計は
ヨウ素131だけで84940Bq/uだぞ。
放射線監理区域並だろうが。

2号機が爆発した時点からの累計を出すべきだろ。
限られた期間を切り出して「これぐらい」ってやるのは詐欺なんだよ。



24. 2011年6月14日 11:57:33: oD9ovC51oE
>12
今の状況が続けば西の方もいずれ汚染されると思う。でも、その前に福島周辺次いで首都圏で何らかの影響が出るだろうからそれから逃げることを考えても遅くはない。


25. 2011年6月15日 13:30:53: EGaQ73B5yp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Date: Tuesday, June 14, 2011, 10:08 AM


A new report from independent scientists in Japan found
a much greater release of "hot particles" from the Fukushima
power plant than originally estimated. These particles include
radioactive isotopes of cesium, strontium, uranium, plutonium,
cobalt-60 and many others.

The average person in Tokyo is thought to have inhaled 10
"hot particles" per day, throughout the month of April 2011.

Video:

http://www.forbiddenknowledgetv.com/page/4081.html


The inhabitants of Fukushima were estimated to have inhaled
30-40 times more than that amount or up to 400 hot particles
per day, every day that month.

In Seattle, Washington USA it is estimated that the average
person absorbed 5 "hot particles" per day during the month
of April 2011. These invisible atomic particles can become
lodged in your lungs, intestines, bone or muscle.

It only takes ONE of these particles to give you cancer.

A Geiger counter CANNOT measure whether someone has
ingested a hot particle but we know they're here because the
air filters have measured them.

Video:

http://www.forbiddenknowledgetv.com/page/4081.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


26. 2011年10月03日 16:20:42: sgolhP60mA
「微量」で数値を示さないことが、安全でない証拠。
「微量」禁止法を作りたい。

27. 2011年10月03日 16:37:23: sgolhP60mA
>17 現在も健康に過ごしている人は大勢いる

肺がんで亡くなった人も大勢いるが、その人がプルトニウムの影響を受けていないと言い切れるか。
ヘビースモーカーだったとしても、プルトニウムがなければ患者にならなかったかも知れない。証拠がないだけ。
そして、病気に個人差があると言うのも常識。


28. 2011年10月05日 22:44:41: gx7dVGZ6VU
>>03. 2011年6月12日 22:16:47: aZvIsJgt8M
いつ頃、発癌するのだろうか。

DNA異常でも細胞は3年は生きるから、それ以降では?


30. アベノモックス[130] g0GDeINtg4KDYoNOg1g 2016年1月06日 01:19:33 : odKA1WBcNs : PjSq3h_n26E[1]

推進派の「核実験の方が酷かった」は事故前との比較。

チェルノブイリより酷い存立危機事態が東京の数百km先で起きたのに、核実験当時より汚染値が低いわけがない。

>プルトニウムは毒性が非常に強く微粉末1、2個程度が肺の中に取り込まれるだけで肺ガンを起こす。4月には、アメリカ・シアトルの人々が1日当たり5個、東京の人々が1日当たり10個もの「ホットパーティクル」を肺の中に吸い込んでしまっている

これが現実で、しかも4月より3月の方が多く吸い込んでいます。


以下引用

http://blogs.yahoo.co.jp/ganho31/5472991.html

原発推進派がよく使うトンデモネタの一つ。

「昔の汚染はもっと酷かった」

彼らが言う「昔」とは、核実験が盛んに行われていた1960年代を指している。
そして、その時代の数値をを持ち出して

「東京の汚染は現在の1万倍だった…」と、のたまうのだ。

その1万倍の計算は間違いではない。

しかし、それは数ある核実験のうちで、
日本に一番影響を与えた(→日本に一番放射性物質を降らせた)
ときの短期間を取り出して、比較したものである。

さらに、いつとくらべて1万倍かと言えば
それは福島の事故前の値と比較して…という話なのである。

では、事故が起こった後はどうなのかというと
それは「昔はもっと酷かった」というときの汚染の××〜×××倍である。

原発推進派の連中は、「昔はもっと酷かった」んだから
福島の原発事故の影響なんて大したことないさ…と言いたかったのであろうが
とんだやぶ蛇である。


31. アベノモックス[132] g0GDeINtg4KDYoNOg1g 2016年1月07日 00:51:21 : 91GVJpgpLY : KbLzfBCge48[1]

冷戦期の核実験との比較で追記します。

セシウムになりますが、「関東では、2011年の3月に、過去に降下した全ての量に匹敵する分が一気に降った」ということで、主に3.15と3.21のブルームによるものとみられます。

4月の段階で日々10個のプルトニウムのホットパーティクル吸入とすると、3.15と3.21、及び3月総計の吸い込みでは相当の数になることは間違いありません。

内部被曝の8割は吸い込みによるものですから、3月の時点で内部被曝の大半を被っていた可能性もあります。


以下引用


http://radiationprotection.tumblr.com/post/24352463464/核実験時代とafter311の比較についてのメモ
6月 04, 2012
核実験時代とAfter311の比較についてのメモ

また、気象研のデータが公開される数ヶ月前に、東大の押川教授が推定による分かりやすい[図] (http://twitpic.com/4wy6hm) を示されていました。関東では、2011年の3月に、過去に降下した全ての量に匹敵する分が一気に降ったことがうかがえます(一方で西日本では過去の核実験による降下量の方が多いと思われます)。


32. 2016年3月11日 09:57:35 : ZudypLj8kM : 9hpqKsg1kS8[5]
これで東京やシアトルだけでなく世界中のほとんどの人が肺ガンを患い死滅しますね。地球の成り立ち以来、放射線は宇宙から降り注ぎ、その影響を受けて放射能を帯びた微細物質のその中で、人類だけでは無く、全ての生物が生きながらえて来ています。原子爆弾や水素爆弾の実験も半端で無い回数実施されているのです。中国の核実験の放射能灰は偏西風に乗って過去何十年にもわたって日本に降り注いでいます。日本人は世界の中でも肺ガン罹患率はずば抜けて高いのでしょうか。事故当時福島に居た人の肺ガン罹患は目立って多いのでしょうか。広島で幼少期を過ごした人の肺ガン罹患率はどうでしょう。科学的な調査も無くムードが支配するこの世界で、何の根拠も無い1ミリシーベルトで福島の人達は家にも帰れず避難生活を余儀無くされています。風評を垂れ流す人達は、面白おかしく騒ぐことができれば、他人のことなど知ったこっちゃ無いのでしょう。原発推進派とか原発反対派と言う非科学的なステレオタイプの議論こそ現在の日本の癌となっているような気がします。

33. VIPから来てません[1] VklQgqmC55eIgsSC3IK5gvE 2016年4月03日 05:33:44 : SvVhUMpasA : Kl5UHLpOcUA[1]
今年は戦後日本始まって以来の人口減だよね

プルトニウムの影響、確実に来てますね。


34. 2016年11月23日 14:31:35 : JPQbTHTGJg : 7PRLc7YJOWc[1]
ホットパーティクルは通常鼻の粘膜で捕縛され
鼻水として飲み込まれるその多くは食べ物と一緒に排泄される
鼻の粘膜で捕獲できなかったホットパーティクルははいに吸い込まれる
それらの大部分は黄砂などの砂と同様にはいの鞭毛によって
同じように食堂に到達しその他の食物と同様に排泄される

雲が悪い場合 肺胞に到達する その場合は肺がんになる



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧