★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 299.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
拡散希望!『ホールボディカウンターで内部被曝は計測できない』という衝撃の事実。
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/299.html
投稿者 南の島のチョッパー 日時 2011 年 6 月 24 日 01:00:28: a31ICjyB9jsaI
 

最近になってようやく「内部被曝」という言葉を報道にもチラホラ聞くようになってきた。

だがチェルノブイリ以降・・・いや、ヒロシマ・ナガサキ以来の永いあいだ、内部被曝は「無いもの」として黙殺されてきた事実を、皆さんはご存知だろうか。

もちろんそれは、原発を強力に推進する目的のためだ。
不都合な要素はすべて排除し、本来は科学的・客観的であるべき疫学や統計上の数字も、「無かったこと」とする。
それは”彼ら”の常套手段である。

ヒロシマ・ナガサキの調査は米の原爆傷害調査委員会(ABCC:Atomic Bomb Casualty Commission)によって独占され、軍の情報、つまり決して表に出されない機密事項として米国に持ち去られた。
そこでどのような加工つまり捏造が行われたか、知る術はない。
にも拘らず、ここでの調査研究結果が、以後、放射線影響の尺度基本データとして利用されることとなったのだ。

チェルノブイリの際には、国際放射線防護委員会(ICRP:International Commission on Radiological Protection)がその役を担った。
長くなるので詳細は別投稿にて述べたいと思うが、ICRPは純然たる原発推進団体であり、米をバックとした強力な隠蔽体質によって、数々の放射能汚染事故に対する裏工作を行ってきたことで有名な組織である。

事実、ICRPの評価ではチェルノブイリの犠牲者は「急性放射線障害による4000人のみ」としており、欧州放射線リスク委員会:ECRRが評価する「100万人」という規模とは3桁も数字が違うのだ。
これを皆さんはどのように受け止めるだろうか。

なおこのECRRの2010勧告、今回のフクシマ事故を受けた我々が学び取るべきところは非常に大きいと考える。
何故ならばこの研究は、チェルノブイリの検証を「最新の科学に基づき・客観的に・最多の研究を統合して」モデル化したものだからである。
これもここでは枚挙に暇がなくなりそうなので、別記事に譲る。


さて話が逸れたが「内部被曝の測定」。
東電はじめ報道では、すぐ「ホールボディカウンター(WBC)で」という話になるが、この意味するところを果たしてどれだけの諸兄がご存知だろうか。

国内に数十台しかないというWBC。
さぞや素晴らしい最先端機器だろうなんて思っている方は、報道の誘導に見事にハマっている。
チェルノブイリの時代からあった古い機械である、測定原理は今もほとんど変わらない。つまり、スマートフォンの現代から見た、ほぼ黒電話か公衆電話並みのものなのである。
測定といっても、計測できるのはγ線だけ。
外部放射線を遮蔽した装置にニンゲンを寝かせ、体内から飛んできたγ線の数を数えてるだけ、というなんともお粗末なシロモノなのである。


よって、内部被曝で非常に重大な障害をおこすα線・β線は測定ほぼ不可能。
そこに現れる数値は、実際の被曝の数十分の一以下、ことによっては数桁低い値ととなる可能性がある。

それじゃどうやってαβ線を含む人体の総被曝量を計るのかと聞かれたら・・・・
その答えは・・・残酷だが、「ありません。諦めてください。」なのである。

本当に信じがたいことなのだが。というより、現場で働く方々には酷すぎてお伝えするのも忍びないが、内部被曝測定は、長年否定され続けたことも裏目に出て、機械や手法の開発などほとんどなされていないのが現状。

とにかく、原子力に関してはわからないことだらけ。出来ないことだらけ。ないない尽くしのオンパレード・・・・


だが、絶望ばかりを与えたくは無い、
わたくしなりに提言してみたいことはある。

実効線量をいま正確に計算できないまでも、αβ線被曝を受けた事実を、証拠として残すことは実は可能だ。
体内に取り込まれた放射性物質も、生体半減期に応じて少しずつ体外に排泄されてゆく。主には排泄物だろう。母乳も有用と思われる。腐敗しても元素は測定可能だ。

それを少量ずつ、検体として保存しておくのだ。
放射能の半減期が短いものでも、元素自体は消滅しないからいつかは測定できる日が来るだろう。
プルトニウムなら半減期も十分すぎるほど永い。
尿と便を密封容器に少量ずつ、1週間に1回でもいい。継続して採取すればいつかきっと役に立つ。

特に東電の現場関係者、そしてお子さんの検体は、たいへん重要になってくるように予想する。

この提言は、出来ればどんどん拡散してほしい!!
個人の行動だけでなく、地域単位、学校単位での取り組みがあればなお力強い。
いまのフクシマ、そして周辺の住民は、「人体実験だ」などど密かにささやかれるが、良くも悪くも確かに世界的な注目を浴びている。
いつまでも受け身でいては利用されるだけだ。逆手をとって立ち向かわなければ。

いつか訴訟になったとき、負けないためにも始めてほしい。
そして決して、東電・IAEA・ICRPといった原発推進団体に渡してはならない。
ECRRのような、まっとうな研究者が取り上げてくれるまで、ひっそり隠しておこう。


もう日付が変わってしまったが、6月23日。沖縄では「慰霊の日」であった。
この島ではいまだ戦争は終わっていない。
戦後世代である自分だが、うちなんちゅでもない自分だが、悲劇はもうあってはならない。そのことだけは固く誓う。
我々は、3度目のヒバクにしてようやく目を醒ますことができるのだろうか・・・試練である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月24日 01:10:58: nAaI07W4vE
南の島のチョッパー様

いい記事です。ありがとうございます。
排泄物を検体として保存をするにあたって、私は特に衛生面が気になります。
具体的な保存方法も提言できると、なお良いと思います。

いい案をお持ちの方がおりましたら、是非コメント欄に書き込みを、お願い致します。


02. 2011年6月24日 01:17:29: WhkpqyEyw6
髪の毛なんてどうでしょう。

http://www.nagaoclinic.or.jp/doctorblog/nagao/2011/06/post-1610.html


03. 2011年6月24日 02:17:30: Pj82T22SRI
>『ホールボディカウンターで内部被曝は計測できない』

正確に言えば、内部被曝の一部(γ線核種)しか計測できないし、被曝時期を他の方法で知っておかないと正確な積算実効線量の推定ができない

被曝集団に対する、より適正な推定量を得るには、疫学的なデータも用い、複数の測定手法に基づくデータを使うことが望ましいということだな

http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/189.html


04. 2011年6月24日 03:38:06: EbYhz07urA
拡散とか言ってるヤツにロクなヤツはいねぇ。
ウンコ保存とか。

05. 2011年6月24日 04:17:41: zHJSsUE8oI
>ウンコ保存とか。>04

わかりやすいことだけに食いつく奴にロクなやつはいねぇ。


06. 2011年6月24日 05:12:34: YPKcD3ii02
和田秀樹(医者)さんのブログ.........


2011-06-24 00:32:07
自己満足の人殺し県知事
テーマ:徒然記

暑い

本日は大学で講義だったが、講義のない時間に部屋にいるだけで汗だくになってしまうゼミも講義もスーパーヴィジョンも暑い要するに、節電のための冷房を相当緩めているのだが、贅沢言うなと言われそうだが、暑いものは暑い原発のある町の首長に土下座すれば稼働してくれるのなら土下座したい気分だった要するに仕事の疲れが全然違うのである福井の西川とかいう知事ががんとして原発の再稼働を認めないというしかし、福井もフェーン現象などが起こり、夏は暑い地域だ

何度も問題にするが、福島のようなところでさえ、原発の被害による死者やがんや奇形などは確率的な問題で、おそらく99%の人はなんともないだろう。実際、広島で被爆して耳が吹っ飛んだような人でさえ、がんにもならず90近くまで生きた人がいる。広島県や広島市の平均寿命が短いという話も聞かない

ただ、がんになったり(もちろん日本人の3人に一人はがんで死ぬし、将来はそれが二人に一人になるから、よそと比べてがんが多いかどうかで話をしないと意味はない)、奇形が生じることはあるだろう。ただ、それはおそらく100人に一人くらいのレベルのはずだ。


この人は本当に医者なのだろうか?


07. 最大多数の最大幸福 2011年6月24日 06:53:53: d1qFhv8SE.fbw : tnH4RPFZDU
>奇形が生じることはあるだろう。
>ただ、それはおそらく100人に一人くらいのレベルのはずだ。

 100人に1人が奇形って、かなりヤバい値だと思うのですが??

 和田秀樹って、事態の過小評価も甚だしい人ですね。


08. 2011年6月24日 08:23:11: Ba5FgPCp7w
06さん
その人は 医者では無くて 人間の皮を被った悪魔です!

この投稿は 参考になります。有難う。


09. 2011年6月24日 08:49:19: AUVRrrl1iA
和田秀樹さんは、精神科医
東大医学部出身の為、それが一応彼の売り。だから受験成功法見たいなHOWTO本を出している。
だから、最近の東大バッシングが気に入らない。商売に差しさわりが有るから。
結局彼は、今まで弱者の味方を装って本も出版してしてきたが、基本的に
自分を売り込む為の行動に過ぎない。
森永なんとか言うTVで判りやすい経済で売ってる輩も同じ、弱者擁護で金もうけしている奴、彼も東大出。
和田さんは、自分のブログで、香山リカ(精神科医)の方がTVに出ている事を
正直に嫉妬している。
なんか、底の浅い連中が闊歩している世の中で有る。

10. 2011年6月24日 08:53:26: CC8ETEUB8Q
和田秀樹って、あのお受験屋の和田秀樹か?第二の山下にもなれんカスだから無視
ですな。第二の池○といったところだ。

11. 2011年6月24日 09:16:28: CC8ETEUB8Q
09さんに出遅れたか。「商売に差しさわり」「香山リカに嫉妬」ああ、なるほど(笑)。

12. 2011年6月24日 12:32:18: YC4vJtaYHU
政府東電発表が、プルトニウム、ストロンチウムの検出測定に熱心ではなく、ヨウ素セシウムに集中しているのは、外部被曝だけで誤魔化してしまいたいと言う汚い魂胆があるからです。

13. 2011年6月25日 20:40:02: Hka1vpGvN6
だから? という記事。

この記事を書いた者は、
おそらくホールボディカウンターの普及を阻害したい者なのであろう。

原発事故における放射性物質によって放出された核種は既に研究が大きく進んでいて
また食品が体内でどのような内部被爆を引き起こさせるか もまた研究が進んでいる。
よってγ線を測定しもってセシウム137を測定できれば
そこから他の核種を推定する事も 今は可能となっている。

つまり ホールボディカウンターによって細かい検査結果は出なくても
現状で自分達が どれだけ被爆しているかの簡易検査を目的とし
そこから他の内部被爆の状況も推察する という事ならば
充分に達成させる事も可能である。

その他のプルトニウム、ストロンチウムなどの細かい核種の内部被爆の検査は
新しい技術の進捗を待たなければならないが
現状は そのような悠長な事態では無い。

今の日本の 極めて大きな社会不安は
ひとえに そのような簡易検査ですらできない環境にこそ起因している。

ある程度の簡易検査しかできない、であろうとも
内部被爆を測定可能な機器は 其処にしかない以上
即時に使う為に全国の地方自治体へ導入を求めていく、というのは当然の事である。

にも関わらず
ホールボディカウンター普及を阻害したい不可思議な者達の詭弁と詐術の記事が何故に在るのか?w
後は 言わずもがな であろう。



14. 2011年6月27日 22:03:02: CFbh67Gebs
原発全廃男です、今日の小出先生のお話によると、ホールボディーカウンターでストロンチウムは分からない、ストロンチウムは排泄物から分析するしかないとのことでした。

15. 2011年6月28日 20:23:28: YZMNgy4pqI
チョッパーさんは、単に、内部被曝を計測できない事実を言っているだけだと思います。

なお、以下の動画の2:18:30あたりでも、沢田名誉教授がそのことを述べておられます。

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/895.html

チョッパーさんが言いたいのは、以下の動画(二本松講演)で、例のY先生が、ホールボディカウンターがあれば、わかります、計れますといって安心させようとしている節があるからじゃないでしょうか。そんな、簡単なもんじゃないと言いたいのだと思います。

http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/771.html


該当部分抜粋

・・・それほど微量であっても、感度がいいから計ろうと思うと計れるんです。これが放射性物質の特徴です。計れる。だから皆さんがこうやってマイクロシーベルトやミリシーベルトで計った値で議論ができるわけです。ここは極めて重要な点で、計ることができる。音も臭いも何もしない計れる。・・・わかって行動すれば恐くはありません。・・・これはホールボディカウンター、皆さんが入るとすぐにわかります。そのピークがどこにでるかということで皆様方の体の組成の元素の放射性物質を知ることができます。・・・


16. 南の島のチョッパー 2011年6月28日 21:40:56: a31ICjyB9jsaI : bzDKEqRuo6
皆さんコメントありがとうございます。
WBCがまったく無駄というわけではないです、プラス、排泄物検査も必要と思うのです。
だいたい15さんのご意見の通りです。
ありがとうございます!

17. 2011年7月23日 17:57:47: epWREpLqrM
◆初めまして内部被ばくを知るにはホールボデイカウンターで解ると 書いてあり新潟県の癌センター千葉の放射線医学研究所、その他が あると書いてありましたので

私は、新潟のがんセンターに行きましてそこに有りましたが上からの指示で診てはいけな いんだと、やりたいけど出来ないんだ

◆おかあさん方からも電話が有るんだがと言われました

その方が言うには◆せっかく選挙で入れたのになと言っていました

◆(これだけでどこのことを言っているのかピンときました)

◆喉が痛いと言っている大人や子どもまでも

、実際にホールボデイっカウンターが有るのに、診てはいけないと言うのはどういうことでしょうか、

看護師さんに話したところ、

(では何のために、その機械が有るのでしょうか)と言っていました

◆東京、関東、関西200キロ、300キロ離れている人たちが

◆内部被 ばくをしていたらパニックが起きるからでしょうか

◆なぜすぐに診て はいけないと言うのでしょうか、後になって、癌になっても因果関係はないと言い張るのでしょうか

◆日本中の人たちのことを子どもたちの事、どう思っているんでしようか

◆一度電話してみて下さい、◆ないとか◆壊れているとか◆貸し出し中とか、言って、関東は大丈夫ですからと、言って断りますから
新潟県新潟市 義範  090−1058−9738


18. 2011年9月14日 15:24:47: N1WD3XaNMo
南の島のチョッパー様

この記事は福島県民すべてに拡散して欲しい記事です。
問題発言をした山下俊一教授は未だに福島県の放射線放射線健康管理リスクアドバイザーと県民健康管理調査検討委員会に在籍していますが、彼らが発表した浪江町の子供たちのWBCの測定結果を元に、ICRPなどと組んで70歳になるまでの累計内部被曝量を3ミリシーベルトとし、健康に影響が及ぶ数値ではないと発表しました。
飯館では大量のプルトニウム核種が見つかっているそうです。彼らが何故解任されないのか不思議ですし、安全ではないのに安全性を強調するのは犯罪です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧