★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 650.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
健康や命より国が優先したもの 小出裕章(そもそも総研)  小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/650.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 19 日 03:43:17: igsppGRN/E9PQ
 

健康や命より国が優先したもの 小出裕章(そもそも総研)
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/18/tv-asahi-aug18/
2011年8月18日 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

2011年8月18日(木)、テレビ朝日モーニングバード「そもそも総研」に小出裕章氏がVTR出演されました。コメント蘭にてしんちゃんさまより頂いた書き起こしの情報をそのまま掲載させていただきました。ありがとうございました。

テーマは、「そもそも政府は放射能を甘く見てるんじゃないの?」・・政府の対応についてですが、小出氏の他に、京都大学原子炉実験所の今中哲二氏がチェルノブイリについて、 日本大学生物資源科学部の小澤祥司氏が福島の除染の現状と今後について語られています。

==以下、小出氏インタビュー部分の書き起こしです=====

  *「3.11 放射能汚染 政府の対応は?」

玉川「この原発事故、それから放射能汚染に関して、政府の対応はどうだったとみられていますか?」

小出「彼らはこんな事故が起きるとは露ほどにも思っていなかった。だから、どのような対応がとれるか本気で考えたこともないし、(事故が)起きてしまった状態ですばやく動くこともできないし、なんとか事故が小さくあって欲しいと強くたぶん願ったということで、一つ一つの作業が後手後手になったということだと思います。」

玉川「先生はメルトダウンの可能性として考えた時に、その先にまぁ原子炉の爆発ということも考えられたと以前伺いましたけれども・・」

小出「そうです。 3月12日の段階でそれを疑いました。」

玉川「ということはですね、炉心溶融の可能性を政府の中の専門家もわかっていたのだとすれば、最悪の場合として、原子炉の爆発もたぶん頭の中にはあったはずですよね?」

小出「ええ、専門家の頭の中にはあったと思います。」

玉川「ということは、爆発すればですね、その 3kmとか20kmとかで済まない被害になりますねよね?」

小出「そうです。」

玉川「頭の中にあるんだとすれば、なぜ 極端な話を言えば、福島県全員の避難とかそういうふうなところまでいかなかったのか ということが私には理解できないんですけれども?」

小出「私にも理解できません。防災ということの原則というのは、悪いシナリオ悪いシナリオを描いて住民を守る、そして事態がそれほど悪くなかったのであれば、良かったなと思う・・そういうのが防災の原則だと私は思うのですけれども。少なくとも今回の事故の場合はそうではなかったのですね。楽観的な見通し楽観的な見通しを取って、対策をなるべく少なくしたいというもとでやってきてしまったのです。」

 *激白 「国の対応のせいで被ばくは拡大した」

玉川「避難させないことによって、しなくてもいい被ばくをした人が福島の中にいっぱいいるということになるんじゃないですか?」

小出「もちろんです。ですから日本の国というのは、チェルノブイリの事故が起きた以降にひょっとして事故が起きるかもしれないし、起きた場合にはどういう放射能がどのように広がっていくのか、時々刻々と計算して、住民の被ばく量を評価して、事故の対策をとるとということを原則にしていました。そのためにSPEEDIと呼ばれている計算コードを作ろうとして、たぶん100億円を超えるお金をそれに費やしたと思いますし、20年を超える時間を費やしてやってきていたのですね。

ですから、今回の事故が起きてからも、SPEEDIを開発してきた人たちは、多分もう徹夜に近い状態でその計算を繰り返して、どちら側に放射能が流れていっているということをやっていたのだと私は思います。

ところがそのことを日本の政府はすべて秘密にしてしまったのですね。

半月ほど経ってその計算結果を出してきましたけれども、その計算結果を見る限りでは、南西方向と北西方向に放射能の雲が流れて、流れた時にヨウ素という放射能をですね、吸いこんでしまって、子どもを含めて大変な被ばくを実はしていたと後でわかったわけです。

本当はそれが初めにわかれば、ヨード剤というものをせめて子どもに飲ませて子どもの甲状腺の被ばくというのを少なくするということをできたはずなのですが、残念ながら日本の政府というのはむしろ隠してしまって、子どもたちの被ばくを放置してしまったということになりました。」

 *疑問 「国が健康や命より優先したものとは?」

玉川「少なくとも健康が目的であって、そのために基準を作ったのですね?」

小出「そうです。そうです。」

玉川「ところが、今、基準を上げたっていうところは、健康よりも別のものを優先しているとしか感じられないんですけれども。」

小出「もちろん そうです。」

玉川「これは何ですか?」

小出「それを認める以外に国家の崩壊を止められないからです。

これまで日本の国が作ってきた法律を本当に厳密に守ろうとするなら、福島県全域に匹敵するぐらいの土地を放射線管理区域にして、人々をそこから追い出さなければいけない、無人にしなければいけない。

目で見たら何でもありません。平和な自然のように見えるかもしれないけれども、放射線が目で見えないために、そこで暮らす危険を抱え込んでしまう。そのために放棄しなければいけない・・それはもう信じることができないほどの広大な面積だということなんですね。

それは・・日本の国家から見れば、たぶん受け入れられない。だからもうこうなってしまえば、住民を被ばくさせるしかないという、そういう選択を国家がしたんだと私は思います。」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月19日 04:07:57: wsn3xpINZ2
福島全域に匹敵する土地を放射線管理区域にして無人地帯化する。
>不可能 

関東、東北の汚染された食料を流通させない。
>不可能、作ってしまった商品は規制をすりぬけて流通します。

食品や水の基準値を欧州並みに戻す。
>海外の食料を大規模に輸入しない限り不可能、首都圏の食糧供給が壊滅。

汚染された東日本の農業を守る事は、国民の未来を奪う行為です。
政府は西日本への農家の移住政策を大々的に推し進めるべき。


02. 2011年8月19日 06:35:48: b7k0hB4p8w

>健康や命より国が優先したもの 小出裕章
>福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝

年端も行かない若者たちを特攻させて生き延びた破廉恥国家
年端も行かない若者たちを特攻させて生き延びた破廉恥国家
年端も行かない若者たちを特攻させて生き延びた破廉恥国家
http://esashib.web.infoseek.co.jp/poor01.htm

年端も行かない若者たちを特攻させて生き延びた破廉恥国家

>健康や命より国が優先したもの 小出裕章

ところが日本はどうだ。
就業者たる「非正規社員」の低賃金が貧困につながっている側面がある。この点が深刻なのだ。働いているのに貧困であるという社会、日本。特に契約社員はほとんどフルタイムで、正規社員と同じような仕事をしているのに関わらず、有期契約であり賃金が6割である。

 働くことがが『脱「貧困」』につながらない日本。
これが日本の特異性である。「どうして日本の若者は反乱しないのか」。
フランス経営大学院の日本視察団のコメントは重たい。


03. 2011年8月19日 06:37:25: G0fkoMjiOQ
放射線管理区域にしたら復興利権が。

04. 2011年8月19日 06:40:40: 0AqDBT955c
8月18日 おはよう日本
NHKニュース

放射線物質 前月の5分の1に
“一時帰宅・解除”多くの課題
問われる“内部被ばく”検査


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月18日 NHKニュース 正午ニュース
福島県知事 地元農産物をPR


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


8月18日 NHKニュース ニュース7
“日本に外国人観光客を”
放射線の影響少ない自然の中で

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


8月18日 NHKニュース ニュース ウオッチ9
秋の味覚 サンマ漁に震災の影


05. 2011年8月19日 06:45:41: 0AqDBT955c

8月18日 NHKニュース ニュース7

福島・宮城牛 出荷停止解除へ


06. 2011年8月19日 06:50:27: 5gqbR3NgEY
私はいい年をして泣くことがあります。

本当に悲しくて悲しくてたまりません。


07. 2011年8月19日 07:09:40: 0AqDBT955c

http://blog.livedoor.jp/jyoushiki43/archives/51789416.html

【神奈川】「放射性物質検出されなかったので燃やした。そっとやりたかった」 箱根町、被災松引き取り夏祭りで燃やす 事前公表せず


1:西独逸φ ★ 2011/08/18(木) 16:24:28.58 ID:???0

京都市の「五山の送り火」での使用が中止された岩手県陸前高田市の松の一部を、神奈川県箱根町の
箱根強羅観光協会が引き取り、16日に主催した「箱根強羅夏まつり」の大文字焼きで燃やしていたことが18日、
分かった。

同協会は「供養のために引き取り、検査で放射性物質は検出されなかったので燃やした。事前に公表すると
被災地や京都に迷惑を掛けると判断し、公表しなかった」と説明している。

同協会によると、燃やしたのはもともと京都で使われる予定だったまきの一部で、表面を削った長さ約30センチの
約50本。

夏まつりでは例年、箱根産の竹を燃やすが、陸前高田市にボランティアに行った夏まつりの関係者が引き取りを
提案し、12日に箱根に届いた。

横浜市の検査機関で測定した結果、放射性物質は検出されなかった。同協会は「供養のためなので、
そっとやりたかった。苦情は来ていない」としている。

ソース
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110818/trd11081814360015-n1.htm


4:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:25:52.06 ID:lKFgXtKWP

これの何がニュースなの??????

6:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:26:24.09 ID:CzfTAEZ+0

事前に検査してなかったならいいのではないか
もっともその信憑性までは分からないが

7:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:26:33.37 ID:9kiiEU6N0

発表もしなければいいのに(´・ω・`)

8:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:26:48.42 ID:sHnpODO40


> 表面を削った

で、この放射性廃棄物はどこにいったの?
その辺に捨てたら法律違反だろ。

21: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 2011/08/18(木) 16:29:17.81 ID:wig1anLn0

>>8
その辺に捨てなくても
法律に沿った施設で加工しないと加工自体が違法

24:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:29:32.38 ID:zk94PdF30

>>8
放射性物質を取り除くために削ったとは書いていない
薪は文字を書くために削ってある

36:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:32:34.01 ID:jdQJOgJm0

>>24
京都の薪は表皮から出た訳で。
どこで表皮削ったの?その皮は何処に捨てたの??って言ってるんだと思うんだが。

82:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:44:18.91 ID:qlsmHt0z0

>>36
陸前高田市に送り返してやりましたw

161:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 17:07:57.72 ID:U2Q4q0PK0

>>36
結局そこだよねぇ
これでもう強羅は汚染されちゃったねぇ

16:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:28:49.96 ID:I35BxKzz0

そら詳細を事後報告なら苦情はまだ来ねぇよwwwww

さて、抗議しまくってくるかな近いし

17:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:28:53.79 ID:HCAYUFW3O


燃やしたらダイオキシンが発生して、そっちが有害でした。

202:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 17:21:47.99 ID:m9Rw8ld50

>>17
ダイオキシンなんて無害だから。

18:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:28:57.94 ID:R5hYgX8U0

これからは大文字といえば箱根だね

19:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:29:14.13 ID:dtvUcqse0

さりげないところがかっこいいな箱根

23: 【関電 88.6 %】 2011/08/18(木) 16:29:23.21 ID:+Af8qgEF0


検出されなかった云々とか言っているが、そもそも放射性物質を
移動させること自体が法律違反なんだぞ。横浜で検査して偶然に
検出されなかったから良いものの、もし基準値以上の数値が出て
たらどうするつもりだったんだ。

37:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:32:44.87 ID:Gqiy4JsG0

>>23
もはや誰も覚えてないか知らん振りしてるな

39:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:33:18.67 ID:Dm5pvStb0

>>23
法律違反なのは、管理区域内のモノだけじゃなかった?
放射線の実験をやってる研究所とか、病院とか、原発の
敷地内とか。管理区域外は、そもそも法律の規定がないから、
違法も糞もないのじゃね?

45:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:34:27.14 ID:2gqthJFC0

>>23
その法律で東電の刑事責任問えるじゃん。やった。

192:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 17:19:03.18 ID:sQ6EYhar0

>>23
全国に放射能瓦礫をばらまこうとしているバ菅を法律違反で訴えてくれ

31:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:31:35.89 ID:6qEIUt+U0

これ決めた奴 アホと違うのか

ちゃんとした検査機関に送ったのか
今 混み合っているんじゃないのかよ
責任追求をしろよ

43: 【東電 90.4 %】 2011/08/18(木) 16:33:53.41 ID:QAx+s6ru0


こうやって、どんどん慣らされて、
その内誰も文句言わなくなり、
知らない間に、原発近くの高濃度汚染された
瓦礫もやってるって落ちだろ。

きっと来る♪きっと来る♪

48:名無しさん@12周年 2011/08/18(木) 16:34:49.42 ID:jdQJOgJm0

>>43
確か山形県が汚染瓦礫の大量引き受け表明してたようなw
果樹王国山形終わるかもね・・・



08. 2011年8月19日 07:46:38: C8oLq1Y2Nj
国家のせいにしてるけど、
小出氏は、大人は汚染野菜を食べて被災地支援すべきだと言っているし、
京都で汚染された木を燃やせばいい、みたいなことも言っている。
小出氏の言っていることは国家と変らない。
「弱い人を守るのが本当の優しさだ」と言わんばかりの、ナルシシズムがある点が違うというくらいか。

大人が被爆すればその地域の汚泥や大気が汚染される。
子供だって被害を受ける。

健康や命よりも経済を優先している小出氏に
国家を非難する資格があるとは思えない。
鏡を見てから言えといいたい。


09. 2011年8月19日 09:01:50: xpqRhr8Lm2
>>これまで日本の国が作ってきた法律を本当に厳密に守ろうとするなら、福島県全域に匹敵するぐらいの土地を放射線管理区域にして、人々をそこから追い出さなければいけない、無人にしなければいけない.

国民を守る使命を理解している為政者は、放射能管理区域を設定し、住人を避難させる方法を取るべきでした。

今回、空き缶内閣は、住人被曝という選択肢を選びました。

さらに、福一から放射能ダダ漏れという選択肢を選んでいます。

この内閣はいったい何しているんでしょう?

国民の安全を守るために活動するはずですが、国民を殺傷する行動を選んでいる。

ゆるせません!


10. 2011年8月19日 09:31:16: iBJGd3R1To
オーストラリアのテレビ番組「シックスティ・ミニッツ」
英語の字幕つき
>Japan using Fukushima people as human Guinnea Pigs
http://www.youtube.com/watch?v=rr2PmjdpLqM
*モルモット発言は加来教授のもの。
アンカーパーソンのヘイズさんは書いています、福島はチェルノブイリになると。
>I don’t know how Japan will recover, and how these refugees will survive. Like Chernobyl, Fukushima could well become a dead zone, where no one will ever be able to return.
http://sixtyminutes.ninemsn.com.au/blog.aspx?blogentryid=837585&showcomments=true

日本の大部分のマスコミと比べると、・・・


11. 2011年8月19日 09:32:21: FpVPO6YryM
自民党内閣以外の時に 「阪神淡路大震災」「東北関東大震災」が…
何故?と 不思議に思ってしまうのですが。
どうしてなのでしょう?

未来を描けない生活に 嫌気がさしています。
06さんの様に パソコンの前で 何度か号泣してしまったことも。


12. 2011年8月19日 09:43:13: Fus4XWD71w
08チャン
もう誰も相手してくれなくなったのね、悪い子チャンは早く家に帰っておとなしくするのよ。

13. 2011年8月19日 09:50:52: iuZAzOOIL2
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-10-12/2007101201_02_0.html

2007年10月12日(金)「しんぶん赤旗」

原潜入港で放射能汚染→原因不明
米圧力で答弁変更
74年日本政府

--------------------------------------------------------------------------------

米文書で判明
 米原子力艦が寄港を繰り返している沖縄県の港湾が放射能で汚染されていた問題で、米政府が日本政府に圧力をかけて「汚染ではない」と国会答弁を変えさせていたことが、国際問題研究者の新原昭治氏が入手した米政府の解禁文書で明らかになりました。米政府の主権侵害と同時に、圧力に簡単に屈した日本政府の姿勢が問われます。

 八日に横浜市で開かれた「ストップ! 原子力空母首都圏シンポジウム」でこの問題を明らかにした新原氏は、「他国の国会答弁を平気で変えさせる。日米同盟というが、対等でも何でもない。本当に従属状態だ」と述べました。

 発端は、一九七四年二月二十五日に参院決算委員会で日本共産党の加藤進議員(当時)が行った質問です。

 加藤氏が沖縄県那覇港とホワイトビーチの海底の泥から放射性物質の一つであるコバルト60の高い数値が検出された問題を追及したのに対し、伊原義徳科学技術庁原子力局次長(当時)は、「(コバルト60の)ある程度の部分は原子力潜水艦からのものであると推定される」と答弁し、米軍による放射能汚染を認めました。

 ところが伊原次長は三日後の二月二十八日、他の議員の質問に、「(コバルト60の異常数値の原因は)まったく不明であるといわざるをえない」と答弁を訂正し、当時、問題となりました。

 この答弁訂正のてん末を報告したのが、今回新原氏が入手した、米国務長官あての外交電報(主題:『原潜による放射能汚染の指摘』、一九七四年二月二十七日付)です。

 これによると、加藤氏の質問の翌日に米大使館政治・軍事担当参事官が外務省の安全保障課長に対し、伊原答弁には「仰天している」と伝え、「今後このような言明が繰り返されない」よう要求しました。外務省関係者はただちに伊原次長に会い、「国会での言明は間違って口にしたものだった」と認めさせています。

 さらに米大使館の参事官は、この問題での説明方法について細かく指示を出し、「自然界に存在するコバルト60も(当初発表した「異常数値」に)含めるよう提案」し、外務省担当者も理解を示したと報告しています。

 ところがコバルト60は自然界に存在しません。米国務長官が同年三月六日に在日米大使館にあてた電報で、「コバルト60は自然界に存在しない」と指摘しました。この経過から、外務省は、科学的に誤った指示であっても無批判に受け入れていたことが示されています。


14. 2011年8月19日 09:54:59: iuZAzOOIL2
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-03/2007090314_01_0.html

2007年9月3日(月)「しんぶん赤旗」

地震そのとき原子力空母は
横須賀 母港化の危険指摘
住民投票の会がシンポ

--------------------------------------------------------------------------------

 神奈川県横須賀市の「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」は二日、同市内でシンポジウムを開きました。各分野の専門家が、現在行われている同空母の配備のための横須賀港の浚渫(しゅんせつ)工事の環境への影響や、大地震が起きた際の同空母の危険性などについて指摘しました。


--------------------------------------------------------------------------------

 横須賀基地内・周辺の海で魚類実態調査を行う県保険医協会公害環境対策部長で医師の野本哲夫氏は、背骨が折れ曲がったハゼなどが多数発見されていることを報告し、「原因は横須賀基地の有害物質で汚染された海底土壌にある。浚渫工事でより深刻な環境汚染を引き起こすのは明らか、工事は中止すべきだ」とのべました。

 三浦半島活断層調査会顧問の蟹江康光氏は、ビデオ報告で同市を含む三浦半島での「直下型大地震の発生率は極めて高い」と指摘。

 大地震が起きて津波発生前の引き潮による原子力空母の座礁や、原子炉を冷却・管理するための海水や電力を供給できなくなる事態についての質問にたいして、元原発機器設計技術者の岡本旦夫氏は「原子力空母は日本の耐震評価を受けていない。大きな影響があるだろう」と発言。日本大学歯学部講師・放射能防護学者の野口邦和氏は「艦内電力による他の冷却機能がどれくらい機能するのだろうか。とても一言で安全だとは言えない」などと解説しました。

 同シンポには二百五十人の市民らが参加しました。



15. 2011年8月19日 10:03:57: PPAJr6WqwQ
省あって国なし。

村社会(原発推進)を守るということだけが優先した判断だ。

トップには実権がなくて形式上の責任だけを取らせる無責任体制であるから、身内の和だけを守る判断が行われる。
身内の和を乱す奴は処分される。

昔の軍隊がそうであったように、今の原発も身内からは絶対止められない。
破滅するまで。


16. 2011年8月19日 10:11:39: iQinVlOl1c
福島人が農業やりたかったら西日本に来ていくらでもヤレ!
土地はいくらでも余っているはずだ。

17. 2011年8月19日 10:40:53: 186Q5NGJb6
小出「彼らはこんな事故が起きるとは露ほどにも思っていなかった。だから、どのような対応がとれるか本気で考えたこともないし、(事故が)起きてしまった状態ですばやく動くこともできないし、なんとか事故が小さくあって欲しいと強くたぶん願ったということで、一つ一つの作業が後手後手になったということだと思います。」

玉川「ところが、今、基準を上げたっていうところは、健康よりも別のものを優先しているとしか感じられないんですけれども。」

小出「それを認める以外に国家の崩壊を止められないからです。

これまで日本の国が作ってきた法律を本当に厳密に守ろうとするなら、福島県全域に匹敵するぐらいの土地を放射線管理区域にして、人々をそこから追い出さなければいけない、無人にしなければいけない。

それはもう信じることができないほどの広大な面積だということなんですね。

それは・・日本の国家から見れば、たぶん受け入れられない。だからもうこうなってしまえば、住民を被ばくさせるしかないという、そういう選択を国家がしたんだと私は思います。」

ソ連はチェルノブイリ事故から5年後に崩壊した。


18. 2011年8月19日 11:41:52: CptwSoSGUo
08さん(釣りですか? それとも印象操作?)

小出さんが「汚染された食品は大人が引き受ける」といって言っているのは、
大人が原子力を推進したり、無関心で推進するものを傍観してきたりした償い
として責任を取りましょうと言っているのです。

自分を含む反原発派に対してすら、「原発を止められなかった責任」を感じて
おり、各地の講演会などで度々口にしています。

小出さんの講演会などを良く見て、いま少し学習されたらいかがでしょうか?



19. 2011年8月19日 12:04:54: 186Q5NGJb6
死にゆく者に、また、将来深刻な健康被害を受ける者に、
放射能汚染地帯から逃げ出すすべが無い者に現実を無理やり知らせるのは、
ある種残酷な行為かもしれない。

TVの専門家と称する輩は自覚して汚れ役をしているのだろうか?
虚言を弄して嘘とうすうす感じられる言説をしているのだろうか?

過酷原発事故が起きた時点で敗北は決まっていたのだから、
できる事はよりマシな最悪ではないと思われる選択を選ぶ
と言う事しかできないのだから。


20. 2011年8月19日 12:32:25: DTK68v7wks
>住民を被ばくさせるしかないという、そういう選択を国家がした

その通りです。国家が体制を維持するために、国民を見殺しにするのは、歴史上珍しいことではない。

>放棄しなければいけない・・それはもう信じることができないほどの広大な面積だということなんですね。

その通りです。国土の少なくとも3分の1は、使い物にならなくなる。

>福島県全域に匹敵するぐらいの土地を放射線管理区域にして、人々をそこから追い出さなければいけない、無人にしなければいけない。

放っておけば、そのうち無人になる。福島県全域程度では済まない。
広大な面積が、無人地帯になるのを、国家は何もせずに待っている。
米国の奴隷国家として、日本は、核の墓場を作ろうとしている。

こうなってしまった以上、核廃棄物処理産業に邁進するしかないと思う。
コソコソ、チンタラやってる方が、汚染は拡がり、被害者は増える。

堂々と、核の墓場を作れ。核物質を閉じ込めろ。いまなら福島県程度の面積で済むかもしれないぞ。グズグズしてると東日本全部が、核の墓場になる。


21. 爺さん 2011年8月19日 12:47:16: pkMRoq8j2xu8g : WQplwtvKLC
>>18
もうこの際ペンネームつきで言わせてもらいましょう。
いい加減政府当局と連携したその言い回しはやめてくれ。
私の年老いた両親と、実の妹と、その甥や姪たちは、小出の言葉を信じて、多分、もう取り返しがつかないほどの体内被曝をしてしまった。
そして今諦めの言葉を口にしている。
周りの知人達の多くも、今になって私の言うことを聞けばよかったと言う。

私が恐れているのは、そういう後悔の念が、多分小出は体内被曝はすでに手遅れだと言い出すだろうから、その時、今まで被曝を避けてきた東の人間や西日本の人たちに対する、無意識のあるいはあからさまな悪意となって、日本全国が汚染まみれになることだ。

よく見てみください、小出はすでにその先手を打っているでしょう。
これでまた、数ヶ月前みたいに炎上かな?

西日本の方々、我々東の人間の希望は西日本です。
東日本の多くは、数世代は住めないか、除染したとしても、そこでの食糧生産には大きな危険がまとわりつき、経済的に許されかつ理解できる人は、その食品は食べないでしょう。
無知の「善意」から、ハハハいい大人の私がそれを本気で善意などと思っているわけもありませんが、たちのわるいあてつけの悪意からペットの世話をしていた方が白血病で亡くなられたといいます。
身近に近親者に白血病がいれば、犬猫のために人間の自分の体を掛けることの意味も違っていたでしょう。価値の階層が歪みまくっている。

2ちゃん群馬版では、ガンに飽きたか糖尿病患者の食事制限に、現在の東での食糧事情を揶揄する者も出てきました。
馬鹿が。特殊な米代替品を食べ、移植があろうがなかろうが人工透析を経た緩慢な死へと向かう者を身近に見れば、そんな揶揄など誰がするでしょう。

西の方々、東の人間の歪んだ悪意に負けず、なるべく健全な環境を守って下さい。
西の食品に頼っている者なら、多分、たとえ福島にいたとしても瓦礫などを西にばら撒こうとは考えますまい。
それも分からない屑などは、瓦礫と一緒に葬り去るのが適している。


22. 2011年8月19日 12:55:34: d8vzIdTd6Q
がれきの問題とか、汚染牛肉の問題とか、わざとやってんだよ。
今回の事故の本質的部分が希釈されるだろ。
レッドへリングなんだよ。

みんな気をつけろ。
やつらはたえずコントロールしようとするからな。
民衆の力も分散されてしまう。


24. 恵也 2011年8月19日 14:56:27: cdRlA.6W79UEw : ysqp1BXfKg
>>08 小出氏は、大人は汚染野菜を食べて被災地支援すべきだと言っているし、

俺もそう思ってるよ。
この今の事態になったら、出来るだけ被ばくの少ない野菜を食べて生き延びらざるをえん。
それともアンタはのまず食わずで生活するのかな?

しかし国民の健康と命を考えたら、今からでも福島市などは無人地帯にすべきだと
思うけど放出放射能が1ヶ月前の5分の1なんて国が発表すると、期待してしまいそうだ。
どんなアヤフヤな噂でもあってもね。


25. 2011年8月19日 22:12:23: oIEWnOYN7M
汚染したものは大人用
汚染されてないものは子供用
そんなメンドクサイ調理を延々と続けられる主婦が
はたしてどのくらいいるのかな?


26. 2011年8月19日 22:30:19: 8pgL4Nusqw
小出先生の個人的な考え方(責任ある大人は食べて福島を支えましょう、のようなお話)をどう思うかは個人の好きずきで、専門家としての意見や解説を信頼するかしないかは客観的に判断できる内容だと思います。

この日のそもそも総研は今までのいいまとめだったし、チェルノブィリと今の福島の汚染度の比較を数字を示してやってくれたので、いろんな人に説明するのに役だちそうです。

シロウトがあーだこーだ、放射能の危険性やら今の政府のいう安全とか規制値のいいかげんさを訴えようとしても、数字があやふやだったり話が前後したりで冷や汗ものなので・・・。


27. 2011年8月19日 22:57:36: eEdDplVwaI
08さん。

「国家のせい」で無く・・・

「東電のせい」でしょう。

訂正の程、お願い申し上げます。

以上


28. ももん爺 2011年8月19日 23:12:19: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
21さん。

あたかも被災者の一人を装っている貴方はなにもの?。

小出さんの発言を、否定的な響で逆用する意図は見え見えですよ。

発言の真意は、どうしても透けて見えてしまうものですよ。

怒りの感情表現に騙されそうになりましたが、作為に気づいて見れば簡単でしたよ。


29. 2011年8月19日 23:25:26: evu3IwDQ3s
小出先生の論調が、福島を見る前とその後で大きく変わってきている。
0.6μSV/hr以上のところは、管理区域で本来、成人で有資格者以外は業務することを認められていない。もちろん生活するのはもってのほか。
ところが、福島では学校のグラウンドですら5〜10μSV/hrはざら。
この土地は汚染されているから農業は続けちゃいけない、住んでもいけないと本来言わなければならないはずだが、同世代だけに情が移ってしまっている。
それも今後加害者になり続ける人々に。
科学は時に冷酷であるべきだが、齢60を過ぎるとそういった判断が鈍ることがある。

30. 2011年8月20日 00:39:24: EyN3zz0NF2
21>>あなたが反論されるべき相手は、小出先生でしょうか?
政府当局と連動しているのは、小出先生でしょうか?
私たちが批判すべき専門家は五万といると思います。

放射能は安全・安心、ニコニコ笑えば被爆も大丈夫と発言された専門家や、プルトニュームは飲んでも安心と主張された大学教授はどうなっているのでしょうか。

確かに、最近になって小出先生の論調にブレを感じることもあります。
ですが、その苦悩や葛藤すらも表現の中に現れています。
21さんのお怒りは分かりますが冷静に。


31. 2011年8月20日 02:27:00: jUdq8AJPgc
小出さんは、福島の農漁業などをつぶさないために、汚染されたものを大人が食べ、子供には食べさせないようにする(20禁、30禁、40禁・・・というように)と言っていました。
ところが、これは、佐藤県政―山下俊一ラインや、その要請を受け入れた政府―文科省などに一面、照応してしまうところがあった。すなわち、彼らは、福島の経済、産業を守らなければならない、ということをもって、子どもの被曝許容量までを20mシーベルトに引き上げ、できるだけ避難区域指定をしないよう奔走し、放射能を心配する親や県民を「利己的」などと白眼視し、避難する者を「勝手」などと言って、県民を県内にとどめることに精力を傾けた。とりわけ犯罪的なのは、「風評被害を避けるため」=県が安全であることを見せるため、始業式を強行して避難していた子どもたちまで強引に引き戻し、子どもの疎開・避難を認めず、自主避難も抑え込もうとしたことである。
福島を守るため・・・という小出さんの善意の主張は、何をおいても子どもたちの疎開・避難を実施したうえで言わなければならなかった。それぬきに、福島を守るため汚染されたものを食べよう、ということは、子どもの命や健康と経済・産業を対立させ、後者を優先する佐藤県政や国を応援する意味も持ってしまう。
しかし、小出さんも、福島に行った後、考えを変えているところもあるようです。
小出さんの果たしてきた大きい役割は充分に評価して、問題点は、それとして論議してゆけばよいことです。


32. 2011年8月20日 02:39:53: qPExNJiQAc
小出さんのよく使う「私は茫然として立ち尽くしてしまうのです・・・。」
日本語ではあまり使わないから外国の言い回しなのかな・・・
放射能と食料の問題を考えると確かに正しい解決法というのは無いような気がする。
福島を閉鎖するのも、放射能を許容するのもどちらが正しいとは決められない。
ただ立ち尽くす事しかできない・・・。

33. 2011年8月20日 06:39:02: AEpSXuDD0g
あまりにもひどいことが起きています。
今まで見たこともないような。
私たちは呆然とし、あるいは、悲しみ、あるいは怒ります。
怒り心頭とはこのことだとばかりに。
ついつい言葉も荒くなり、攻撃的になるかもしれません。

ただ、誰が敵であり、誰が味方なのか、を見失わないようにしたいものです。

誰がこの事態を招き、この事態に至ってなお、嘯いているか。

誰がこの事態を予見し、この事態回避のために人生を賭けたか。


34. 2011年8月20日 11:28:00: t5gzmyyhXY
小出先生を批判するコメントも少し目立つが
小出先生だって、東電が起こした事故の被害者。

若者以外は放射能汚染された食材を食べろというような内容は
小出先生の口からすすんで発言したものではなく、
(福島の農業・林業・水産業・畜産業が滅ぶのを何とか防ぐために)
苦肉の策として出たもの。
もとはといえば、大量に放射性物質を撒き散らした福島第一が一番いけない。


35. 2011年8月20日 11:46:43: nkCB4iJQt2
福島原発の放射能地獄を招いた産。官。学の国賊たちは、何と性懲りもなく泊プルサーマル原発を再稼動させようとしている。日本と日本民族を「核の火」でホロコーストする気かと、問いたい。「安全な原発」などはこの世に存在しない。核兵器も原発も危険性は爆発すれば同じだ。

36. 2011年8月20日 13:23:51: PF7VOrwhXQ
未だ気付かないのか?日本人と日本に居る人間全員が青酸入りのカプセルを飲み込み 後は腹の中で溶けるのを待っているだけ 取り出しは出来ない もう五ヶ月
が過ぎたのだよ 被曝爆状況の進行は葬儀屋の盛況を呼ぶでしょう?

37. 2011年8月20日 13:58:32: 1LYv2poCOA
>>34
>福島の農業・林業・水産業・畜産業が滅ぶのを何とか防ぐために

事故はもう起こってしまったのだから、仕方ない。
気の遠くなるような年月をかけなければ、回復できない場所や、実質、回復不可能な場所の産業を支えようとしても、被害者は増え、汚染は拡散するばかりだと思う。

どこかで一線を引いて、農業・林業・水産業・畜産業はもちろん他のすべての産業は、西日本なり海外なりに移転するのが本当だと思う。

「暫定基準値」なんてものを、いつまでも続けていて良いわけがない。
世界規準並みの基準値に戻して、それを超える場所は、一時もしくは永続的に退避するべきだと思う。

高濃度汚染区域に住む人々を、現状のまま支えれば支えるほど、彼らは、より重度の被曝をしてしまう。

避難指示は、本来、国家がやらなければならないことだけど、もはや期待できないとしたら、自主避難しかないし、避難先の人々は、避難してきた人々を支えることは出来ると思う。

私は、現状維持的に、高濃度汚染区域に住む人々を支えることには賛同できません。
もちろん、東電に責任があるということには、なんら異存はありません。


38. 2011年8月20日 13:59:01: fxGXBqv3no
バカは死ななきゃ分からないということわざがありますがこの期に及んで小出先生の揚げ足を取り小出先生を批判するやつがいると思うと日本人の低脳に絶望を感じざるを得ません。
小出先生のおっしゃつていることはシンプルで人間が制御できない原子力利用は止めましょう、事故が起こって放射能がでたらできる限り放射能を避けましょう、特に子供に影響が大きいので子供は被曝させない努力をしましょう、これだけです。
しかし自分も含め原子力利用を止めることができなかった、その事故の責任を大人でとりましょう。政府は被曝を避けたら国が潰れると考えて国民が被曝しても仕方がないと決めた。これは国の犯罪です。
小出先生はあらゆる質問に的確に答えていただける唯一の方です。つまり原子力研究の第一人者です。原子力の事を一番良く知っておられる人が原子力利用は止めようと言われるのだから素直に止めるのがベストの選択でしょう。しかし原子力でご飯を食べている人も沢山いるしそう簡単には行かないでしょう。バカは死ななきゃ治らない。
しかし、今回の事故で国の棄民政策がはっきりしました。国民の命は国に比べたら紙より軽い日本です。ある総理は人の命は地球より重いと言ったことがありましたが嘘だったのでしょう。戦前の赤紙が現在も発行されています。また東電のいう会社も良い玉です。事故をお越し放射能をまき散らしていながら、積極的対応はせず
いわれてしぶしぶふてくされながらまるでこれは政府の問題かのごとく無責任に会社の生存だけに全社を挙げて努力している。だれかコメントしていたが東電は超法規で守らてており国の上に存在する会社のようだ。そんな会社が日本国内にあるとは今まで知らなかった。
なりすまし日本人の無能菅では小出先生の主張は耳に入らず孫さんの意見は良く聞こえたようだ。広報担当NHKも小出先生は煙たいようだ。

39. 2011年8月20日 14:00:27: JrPYjVYQO2

国民の命より原子力村の利益優先。
大本営は健在で本領発揮していることが原発事故でわかった。

40. 2011年8月20日 14:15:46: a85Uj57irM
08>>

小出先生が言われる 汚染野菜は原発を作ってきた大人が食べるべき という意味は

いままで安全デマを撒き散らして 原発を推進してきた 東電や官僚や原発利権政治家やマスごみ、原発反対裁判で推進派を擁護してきた裁判官たちが汚染野菜を食うべきだと いうことなんだよ。

これだけの事件が起こっても なお推進しようとしているヌエのような連中、そして
この阿修羅でもアブラムシのようにしつこく 意地汚く這いまわっている工作員の連中は 福島の農家のみなさんに おわびを込めて 汚染野菜や汚染米、汚染海産物を
食い続けて死の灰を撒き散らした責任を取れ。


41. 恵也 2011年8月20日 18:03:07: cdRlA.6W79UEw : 8oxBvQPYI6
>>08 小出氏の言っていることは国家と変らない

ずいぶん違うよ。
国家は地図上に10kmとか、20kmとか円を書いて避難させる。
大本営がやった大陸打通作戦で地図にかいて、侵攻作戦したのと同じ。

小出氏はチェルノブイリの強制避難クラス汚染になったから、避難する(800km2)
できれば年に1mSv超えるような汚染なら、避難する(福島県の大きさの面積)

その全員避難が出来なければ、子供だけでもサマーキャンプ避難。
という人間性のある科学的思考が小出氏なんだよ。
その点手直しはあるが、今の国家官僚は単純な画一的宗教的思考。

国家は地震に原発を大丈夫と言ってて、想定外で壊れたと言うけど
小出氏は地震に大丈夫じゃないと言ってました。
ずいぶん違うんじゃないかね???

ーーーー引用開始ーーーー
彼らは耐震設計は万全で地震が来ても大丈夫と言ってきた。実際は今回も壊れた
し、2007年の中越沖地震のときも柏崎刈羽原発でも多数の機器が壊れた。
単なる計算で安全だという結果が出たとしてもダメ。
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/543.html


42. 恵也 2011年8月20日 20:35:30: cdRlA.6W79UEw : MqTJAHUoHo
>>37 現状維持的に、高濃度汚染区域に住む人々を支えることには賛同できません

俺の意見もそうだ。
汚染地帯を食べて支える事は、害毒が全国に飛散してしまう事。
俺としては暫定基準の500Bq/kgじゃなく、輸入禁止に日本がしてる
370Bq/kgの10分の1である37Bq/kgを許容値にしたい。

>>38 原子力の事を一番良く知っておられる人が原子力利用は止めようと言われるのだから

でも東京大学教授の斑目原子力安全委員長と京都大学助教の小出裕章じゃ
ネームバリューが全く違う。

温室栽培をされ、世間をロクに知らずに丸暗記能力と努力で東京大学に入学し
原子力安全委員長まで上り詰めた視野狭窄人間が斑目。

だから大地震を受ければ、内部の無数の配管がどんな打撃を受け、建屋がどんな
被害を受けてるのか、自分の目で本気になって見なかったのじゃないかな。

だから窒素で満たされてるはずだから、水素が発生しても爆発しないなんて断言した。
だいたい大地震で巨大建造物の密閉性が保持できるか、考えてみろ!

机上の空論で断言するのは視野狭窄の証拠だ。
優等生クラスの奴を原子力を安全にする最高責任者にしていたのが日本の悲劇。

知識じゃなく本物の知恵を持ってる人間、スイスのギザン将軍みたいに進路を迷い
農業技術をやり職業軍人になったような方が良い。
迷いのない象牙の塔の王様の斑目なんてお断りだ!

ーーーー引用開始ーーーー
ローザンヌ大学に進学したものの、進路に迷った末にフランスやドイツに農業技術
の研究のために留学した。やがて兵役に就いた事をきっかけに軍の仕事に興味を
持って職業軍人に転じて主として砲兵畑にて活躍、第一次世界大戦の頃には
陸軍中央学校の教官、あるいは軍の作戦司令部の参謀として、近代戦の研究
に励んだ。・・・・・

スイスの自由と独立を守ってきた先人の精神を引き継いであくまでも国を守って
ゆく事を誓ったのである(「リュトリ演説」)。
(wikiより)


43. 2011年8月20日 20:52:39: TRlvpkEP3A
軽い命

汚染地域からの牛乳、納豆、魚も、卵も安くなった。

貧乏人には、少しうれしい。

どうせ、内部被爆して早く死ぬなら、たらふく食って死んだ方がいいかも。

お国のお役人は、きっと、わてらのような貧乏人には安楽死を用意してくれる。

安心です。安全です。心配するのが一番いけません。

小出先生も、あまり真実を追究するとストレスが多くなるから

あきらめの境地って言うのも、しょうがないかも。

じたばたできるのは、中流以上の所得の人。

でも、ほとんどの中流の人は郵政改革で下流以下になってしもうたから。

みなさん、あきらめも必要かも。

苦しまないですみますぞ。


44. 2011年8月20日 22:47:38: GB1y72Cjic
小出さんの意図を逆読みしたら、
国の取った棄民政策の事実が消えるのだろうか?

だまされないように。


45. 2011年8月21日 00:31:49: 5i5K8H4zb2
義援金の未払い分は、ほとぼりが冷めるころには、
ウヤムヤにして…原子力ムラの住人で山分けか。

小出先生の揚げ足取っている輩は、原発利権マフィア
に連なるパシリか。バカが書込みしてるんだろうな!


46. 2011年8月21日 01:31:26: U4eVoSgVRI
放射能を全然気にしない親友。原発を原因にして大事な友達を失いたくないけど、
正直、そんな態度にイライラする。

47. 2011年8月21日 03:11:48: JZ3J0fnQLo
西日本で今も原発が稼動しているし福島で事故が起きただけだろう。
私は昔から危険な原発を止めろ、といってきたがいざ事故が起きると現実が重い。

自民政権から民主になり流れが変わるかと思ったら、もんじゅ再開で原発輸出に。
共産党は反原発より反原爆だったし社民も含めCO2地球温暖化政策に賛成だった。
実際には原発推進=CO2地球温暖化政策と知っていたはずだがやはり原発は国策だった。
今後、どの政党も「脱原発」でも当分は危険な原発が稼動していく。
事故後の汚染された大地や海や被曝の現実を見れば火力発電と省エネで対応し原発
稼動を即時停止だろうがこの流れではない。
最近の小出先生はこんな現実が重く感ているのではないかな。

福一が爆発した当日、たまたま聞いたFM放送で小出先生が、風下を避けて原発から
100キロ以上逃げなさい、と言ったのを覚えている。アナウサーは絶句したが
正しい判断だった。



48. 大出・ケロリン 2011年8月21日 03:32:48: 0nM1Si83W5D5. : OYXZNtmeUE

(夏休み取っている間に、記事が下がっちまった・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
投稿者 /赤かぶ 氏の『ネットで話題の熱血学者がバクロした真実 (日刊ゲンダイ)』記事での・・、 下記が<放射線防護学研究者談センター>の主張だ・・・、

70. 2011年8月19日 20:11:31: 3ddsFWTs0Y
>チェルノブイリ事故のときは急性放射線障害での死亡者はおよそ30人います。今回の地震はマグニチュード9.0、それに続く巨大津波で発電所が大きな影響を受けたわけですが、このときに急性放射線障害で死亡した運転員は1人もいないということです。したがって、線量的に高いものがなかったということは、そこでも見えています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フクイチは、9.0どころか、M6.0で、津波の40分前にパイプの破断で、すでにメルトダウンに向かっていたんだ。現場の作業員の証言だから、<放射線防護学研究者談センター>は、知りもしない推測の大ウソをまき散らせている、ということが、<ここでも見えています>になる・・・。

フクイチで、何人死んでいるかは、神道系サイキッカーの報告に頼らざるを得ない・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年08月17日 /<今にも始まりそうな未曾有の危機を、「survival」する準備は出来ている? >
多くの死者の霊たちと立ち会って、 色々と観えて来ることもありますね。

それで、ひとつ分かったことは、 今年の3月11日以降、「福島原発事故」が起きた後で、 「急性白血病」で亡くなった人が、78人いました。 その人たちの霊は、死んだ後で、色々なことが分かって来て、 “死んでも死にきれない…”という想いが強いようです。 霊体になると、すべてが明け透けに観えてしまう からね。

私は、彼らを送り出そうとしたのですが、“どうしても許せない”と、 自然霊界たちとの共同作業に加わることになってしまいました。 その霊たちが、どのような人たちのもとへ向かうのかは、 想像に難くないとは想われますが… その霊たちが、「急性白血病」になった理由は、 ひとつは、現場作業員であり、 もうひとつは、内部被爆が原因でした。 内部被爆が起きた理由は、 福島原発事故で発生して、空気中に拡散した、 放射線、あるいは、放射性物質であり、 それと、食料品への汚染でしたね。

自分自身のことなので、食料品、飲料品に 気をつけなければならないことは当然ですが、 気をつけたくても気をつけられない人々もいる、 避難したほうがいいと告げても、住み慣れた土地を離れたくない、 という人々もいます。 すべては、自己責任であり、 いま・この時期は、本当に、 「survival」(生き残る、乗り越える) です。

/ by kagari兄さん
http://mihoh.seesaa.net/
(怪しいスピ系なので、スピ嫌いは見るな・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・

急性放射性障害で、フクイチでは、<78人が死んでいる>。
1〜2ヶ月もメルト・ダウンすらも隠ぺいしていた大本営なら、
例え知っていたとしても、当然のことのごとく、隠すだろう・・。
チェルノでな、直接死亡者は30人らしい・・・、フクイチは、約2.5倍以上だ・・。
被害状況からは、そんなものだろう・・・。


それと・・・・、最初は反発のシバイ?打ちながらも・・・、
柏ゲンパツに、ゴ−サイン出した、知事の<高橋はるみ>。
元、経済産業省北海道経済産業局長、だと・・・。
余りにも分りやすい構図に、二の句が出んな?


<放射線防護学研究者談センター>の・・・
奇説・迷説の<ストロンチュームは5cmしか飛ばない>だったっけ?
・・こいつも、論破しておく必要があったな・・・。
コイツら<防護学研究者談〜>は、かの大橋の弟子かな?
日本からオモテに出すと、日本の恥になるんじゃね〜か?


49. 2011年8月21日 03:36:47: jEVSMGRHsc

 ここで改めて指摘しておくべきことは、福島第一原発で起きている事態は、1986年のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なることである。チェルノブイリでは、原子炉に格納容器が設置されておらず、他にも運転員の不手際など複数の要因が重なって、原子炉内の核分裂反応が暴走した。

 チェルノブイリの原子炉は、減速材に水を使用する福島第一原発の軽水炉とは違って黒鉛が使用された黒鉛炉だったため、事故によって黒鉛が高温になり大きな火災が発生した。それにより、格納容器のなかった原子炉から10日間にわたって放射性物質が大量に放出され、上空に舞い上がり、数百キロ遠方でさえ、高レベルに核汚染した。

 黒鉛とはつまり炭素なので、燃えやすい。それでも黒鉛炉を使用したのは、兵器用のプルトニウムの生産に適したことが最大の理由とみられている。北朝鮮も同じ目的からこの黒鉛炉を保持している。

 この黒鉛火災によって噴き出した大量の放射能2エクサベクレル(1×10の18剰ベクレル)により、消火に当たった消防士や原子炉の運転員らの多くが甚大な放射線を受けた。

 合わせて129人が重傷を負い、翌日にはモスクワの専門病院に収容されたが、そのうちの30人が急性放射線障害から致死線量に相当する1〜14シーベルト(1,000〜14,000ミリシーベルト)の線量(レベルA〜B)を全身に受けて、急性放射線症状を示していた。最終的には28人が死亡したが、そのうち放射線が直接の死因だったのは17人だった。

 福島では、津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡はない。また、被災直後の急性放射線障害もない。現場の職員たちもレベルC以下と推察できる。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことがわかる。

 ソ連の事故調査委員会は事故の翌日になって緊急避難基準である250ミリシーベルト(レベルC)として、3キロ離れたプリピャチ市の住民4万5千人を避難させた。また、事故から7〜8日経ってようやく30キロメートル圏内の住民、家畜の避難を開始した。

 今回の福島20キロメートル圏内被災者の場合、水素爆発のあった3月中旬の最大時でさえ、1日あたりの線量はおよそ1ミリシーベルトかそれ以下で、チェルノブイリに比べて段違いに低いものだった。チェルノブイリでは、避難するまでの数日間に最大750ミリシーベルトと測定されている。すなわち1日およそ100ミリシーベルトを受けたのがチェルノブイリ事故なのである。こういった線量のリスクから考えると、この福島の線量はチェルノブイリの線量に比べて、桁が2桁ないし3桁低いのが事実である。

 福島の20キロメートル圏内からの避難者の線量は積算で概してレベルE〜Dであり、核放射線よりも、長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著に大きい。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下する。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する。例えば、最初の1分後に比べ、30時間後には炉心の全放射能はおよそ1万分の1に減衰する。

 福島第一原発の炉心が冷却できなくなり、漏れた水素が原子炉建屋内で爆発したのは、核反応停止24時間以後だったので、その間、分単位の短い半減期の放射能は消滅した。そのため、福島第一原発の原子炉周辺でさえ、チェルノブイリに比べて、放射線強度は圧倒的に低かったのである。こうして福島では急性放射線障害を運転員らは受けなかったのだ。チェルノブイリの敷地内の例では、医師が負傷した人たちを救急的に対処して、その医師は急性死亡には至らなかったものの、急性放射線障害が発生した。急性放射線障害を起こす線量というのは、シーベルトでいくと1〜3シーベルト(1,000〜3,000ミリシーベルト)である。

 線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 放射線防護学研究者談


50. 2011年8月21日 07:51:27: AEpSXuDD0g
>49

福島県内児童らにおける内部被曝の問題について

何か述べてみよ。


51. 2011年8月21日 08:42:22: 8pgL4Nusqw
>46さん
の気持ちがよくわかります。

「5キロ先に大きな穴が開いています。走行に注意してください」という看板を無視するひとはいない。放射能が目に見えず匂いもしないから注意を喚起するのが難しい。

でも穴に落っこちて死にたくなければ、目に見えないものにも気をつけるように21世紀の今日、ネットだスマホだ使いこなせる世代なら、生き抜く上で必要な情報はちゃんと集めたい。

知らなければ幸せ、なのは、それまでと生き方や考え方を変えなくてすむから。知ると今までの生活を変えなければならない。放射能に神経使っての食材選び、子どもの健康考えて移住を訴える夫や妻との議論などなど。変化は人にストレス、慣れないことによる疲労をもたらす。

そんなことをしたくない、放射能なんて気にしない、というひとは多いでしょう。その原因は、国が放射能なんて知らない、危なくないと決め込んだからでしょう。

小出先生のいうように、国が「健康にただちに影響はない」と国民の健康や命を無視。そして事故前と「同じ」国家を継続させることを優先させたもんだから、事故前と変わらぬ生活を続けるひとがいる。

事故で手が一本ちぎれかけてます。血がどくどく出ているのにそれをほったらかしにしてそれまでと同じ生活続けられますか? 治療やリハビリをして延命しないと、すぐに死にます。

国レベルでこんなことされちゃたまらない。


52. 2011年8月21日 09:53:24: TrNZsfMFdo
小出先生のコメントほど私にとって大切なものはありません。
 そして誰よりも国民のことを考えて下さっております。
小出先生を批判する人は原発推進するねずみのような人なのでしょう。
 最近はあんなにやせちゃってそれこそ体を壊さないことを祈っております。
無理せずに私たち国民に正しい唯一のメッセージを届けていただきたい。小出先生のような強い良心を持っている人が今でもいることに感謝しております。


53. 2011年8月21日 11:37:47: ptexOlLeyA
自然界の「生きとし生けるもの」に於いて、放射性物質に対しては安全な量の閾値という物は無い。

人工放射性物質は浴びる事、吸う事、飲む事、食べる事もしてはならない。
感受性の強い胎児、子供、妊産婦は勿論のこと未婚女性にも特段の注意を払わなければならない。

大人は少しばかりの放射能は我慢しなければならないと云う論もあるが、子育て中の親が被曝し発病すれば、その面倒は結果的に子供に降りかかってくるし子供に悲しい思いをさせることになる。

日本国政府は放射性物質が含まれる飲食料の全量買い取り・廃棄と同時に全国民に対して安全な食料を提供しなければならない。

被曝医療費を私費・税金問わず子供達に負わせる事は何としても避けるべき。


54. 2011年8月21日 12:22:09: tJXJJazKUo
1985年の筑波万博を見て日本の衰退を予言した通りに衰退した日本

それは全ての国権を米国まかせにして、政治行政司法を米国命令に従って
行った、自民党 官僚 最高裁判所判事(天下りが最高裁判所の裁判官)の無責任の付けが溜まり堪った現状である。
最後の悪の恥の上塗りを由紀夫と管直盗が行って、完全に日本は沈没開始

そのもっともな現象は単独高騰の円の価格である。
輸出はゼロになる。食料は全部輸入、人間だけ放出して奴隷環境で東南アジアで働く日本人が激増する。65歳以上の老人は考える頭も無い。大陸より。


55. 2011年8月21日 12:44:28: jUdq8AJPgc
31です。

40. 2011年8月20日 14:15:46: a85Uj57irM
08>>
小出先生が言われる 汚染野菜は原発を作ってきた大人が食べるべき という意味は
いままで安全デマを撒き散らして 原発を推進してきた 東電や官僚や原発利権政治家やマスごみ、原発反対裁判で推進派を擁護してきた裁判官たちが汚染野菜を食うべきだと いうことなんだよ。


40さん、違います。
小出さんは、子どもを守らなければならない、福島の人たちの生活も守らなければならない、汚染がこれほど広がっている中で、子供に少しでも汚染のないものを食べさせるために、原発に責任を持つ自分たち大人の世代が、放射能に汚染された食物も引き受けなければならない、といっているのです。原発推進派に食べさせろと言っているわけではありません(彼らに食べさせるのは大賛成ですが)。

そこから、汚染度に応じて20禁(20歳以下は摂取禁止)、30禁などとランクを付け、放射能への危険度の低い高齢の者ほど、線量の高いものを引き受けるという形にするほかはない、と言っているのです。
小出さんの主張、そのものをまず受け取らないでは、小出さんの擁護も何もありません。

私は、放射線への感受性が高く余命がながく(晩発性の生涯にあいやすい)将来のある子どもたちを、大人が犠牲になっても放射線被害から救わなければならない、という小出さんの考えに積極的に賛成です。私も高齢に入りかけているので、そのためなら犠牲を引き受けることにやぶさかではありません。

しかし、小出さんがいうような20禁、30禁、40禁などとして汚染食料を流通させることは、おそらく現実性がないし、かりに実現できたとして、結局、汚染度の高いものが安くなり、貧困層、とりわけ若い失業、半失業者層などが、それを食べることになるし、貧困ビジネスも生むことになる、といった批判がありました。
 そう思います。

今、福島の佐藤県政―山下俊一などは、子どもの疎開・避難を認めると、福島が危険だという風評被害を受ける、という理由で、子どもを筆頭に福島の住民が県外にでることを押しとどめようと躍起になっています。福島県政は、福島の産業・農漁業などを守ることと、子供の生命、健康とを対立させているのです。
 子どもたちは、夏になっても、窓も開けられず、プールでも遊べず、いくつまで生きられるのか、子供産めるのか、など、日々不安を募らせる中で生活しています。

 このような福島の状況では、「食べて支える」ことが、特別の意味――県の経済のため、安全を演出する目的で、子供たちに被曝を強いる意味を持ちます。
 「食べて支える」ことが、こうした意味を持たないようにするには、まず、子供たちの疎開・避難を実現することです。その次に、大人たちがどうすればよいのか、考え、対策をとってゆくべきでしょう(子供の避難を早く実施できれば、それだけ早く、次のことにも取り組めます)。

 小出さんが、大人が犠牲を負っても子どもを守らなければならないという意図はまったく正当なものと思います。ただ、これを具体的な施策にするときに誤ると、「大人が犠牲を引き受ける」面だけが独り歩きしたり、原発推進派に利用されることにもなります。
現在の状況では、まず、子どもの疎開・避難実の現を前提にすることで、「原発推進派、佐藤県政に利用されるのではなく、「大人が犠牲を引き受ける」ことを意味を積極的に考えてゆくことができるものと思います。

いずれにしても、利権がらみの原発推進派は、「隠ぺい」が生命ですが、それと闘う側にとっては、隠ぺいは必要ありません(敵です)。これは、小出さんの見解についてであれ、何であれ、同じです。
17さんが指摘している小出さんの「諦観」の面も、小出さんの積極的な影響力が大きいだけに、やはり大きい意味を持ちます。その評価は多面的にならざるを得ません。
小出さんの見解であれ、だれの見解であれ、できるだけ全体を明らかにして、あらゆる面を受け止め、考えてゆくことで、原発推進派とたたかう側は(見せかけの声の大きさではなく)本当の意味で強靭になってゆくはずです。


  


56. 2011年8月21日 13:43:36: OYXZNtmeUE

>49. 2011年8月21日 03:36:47: jEVSMGRHsc の<放射線防護学研究者談センター>よ。
>兵器用のプルトニウムの生産に適したことが最大の理由とみられている。北朝鮮も同じ目的からこの黒鉛炉を保持している。

ならば・・・、黒鉛炉どころか、一基に年間500億もの税金突っ込みながら、
何一つカタチににもならん・・MOXと兵器用の・・

プルトニウム専用生産システムの、もんじゅ、ふげん、常陽、もイランだろ?

他のゲンパツと同じように・・、
即刻、廃炉にせんかい・・。
即時廃炉だ・・。でないと、日本は終わるゾ。


放射能を無害化する、理屈や論理の発見、
あるいは、除染の画期的手法の発見・・等々が、
ホントの<科学の進歩>というものだ。

ゲンパツ発電などそれからだ。1000年早いわ。


57. 2011年8月21日 22:33:40: z5uQPVPWWg
>>43
>汚染地域からの牛乳、納豆、魚も、卵も安くなった。

貧乏人には、少しうれしい。

どうせ、内部被爆して早く死ぬなら、たらふく食って死んだ方がいいかも。

お国のお役人は、きっと、わてらのような貧乏人には安楽死を用意してくれる。

安心です。安全です。心配するのが一番いけません。
  ↑

仮に苦しみのない安楽死が訪れるのであれば、自分も安い食品とともに放射性物質を体に取り込むことを厭わないかもしれません。
火事に例えて誰かが言ったそうです。
火傷するのが外部被曝で、火そのものを飲み込むことが内部被曝であると。

原爆ブラブラ病と言われる倦怠感に苛まれ就職しても長続きできない被爆者の話をよく聞きました。安楽死ではないのです。できるだけ被曝を避ける生き方を追求するのが自分と家族を守るせめてもの務めだと考えます。

偉い人がどう言おうと、利己主義と非難されようと、最後の一線は自分で判断するのみです。

原子力ムラが、責任をとって食べてくれるという、現実にはありえない決断をした場合、それは止めてほしいと反対します。そのことで罪悪感をもつのはまっぴらですから。
国や東電、原発推進派たちは子ども達を見殺しにする事に罪悪感はないのかと、不思議でなりません。


58. 2011年8月22日 00:08:22: AQe055CgcE
>38 戦前の赤紙が現在も発行されています。

その通りだ。ただ、戦前と違うのは、その赤紙が見えない様に張られている
事だ。福島だけではない。西日本も汚染されている。高知や宮崎でも新米から
セシウムが検出された。「千葉や静岡は不検出」報道は、このサイトで情報
交換しているみんなであれば大本営発表の一部だと分かっているとは思う。
つまり、現在発行されている赤紙は、国民全員対象。老若男女問わず、という事。

小出先生の言う通り、国は主権者である国民を被ばくさせる事を選んだ。それ以外に国の崩壊を止められないから。
確かにそうだった。誰かコメントしている。チェルノブイリ過酷事故の5年後、
ソ連は崩壊した。

真実を知れば、県単位でなくおそらく経済的余裕のある人間は続々とこの国を出て行くだろう。
絶対に公表しないこと…それが、真実だよ。

国がやらないから立ち上がった東京都民達が自腹で調査して、
都内の凄まじい汚染度を公開している。
チェルノブイリで言えば強制避難区域に相当する地区も存在する。
いわゆる管理区域はそこらじゅうに広がっている。

http://www.radiationdefense.jp/investigation/metropolitan



59. 2011年8月22日 01:05:36: br1tnubUos
この国を出ても、やっていけるだけの若さと、やる気と能力がある人は出て行ったらいい。私も出て行きたいが、年齢的にも、もう無理だ。他の国がどれほどマシかはわからないが、ここよりマシな場所もどこかにあるだろう。

60. 2011年8月22日 05:08:14: CJRhwAIuD2
>>57
>国や東電、原発推進派たちは子ども達を見殺しにする事に罪悪感はないのかと、不思議でなりません。

心情的に考えると理解不能(不思議)になります。単純に考えればいいのです。
カルトやオウム真理教と同じ法則なのです。

国や東電、原発推進派という人達は、国体という神を祀り「我われは神によって国家統治権が与えられているのだ」と信じ込んでいるカルト集団なのです。我われが法律だ、国民はそれに従え、と。(それを上手く利用したのが米国です)
彼らの仕組みは国体という国の体制を継続させる為に、必死で原理原則を守ろうとしているのです。
が、しかし厄介なことに、そのカルトが国家だということです。

山下教授と神谷教授が福島県立医大に就任、そしてストレステスト後は原発再可動。
このままでは数十年後、日本という国は無くなっているのではないだろうか・・・


61. 2011年8月23日 05:34:09: ZYolJB4AGs
原発なんか嫌いだ。なんであんなもの存在するんだろう?
そう思っていた子ども時代。利権という言葉も知らず、皆あんなものは嫌いなんだと信じていた。
だが中毒のように欲しがる人がいる。変な人だなぁと思っていた。
こっちがマイノリティ扱いされる考え方だとは全く気づかなかった。
それでも初志貫徹、3.11の前も後もまったくブレることなく原発は嫌いだ。


利権の概念については今もよく分からない。

 仕事する → お金になる → 衣食住を賄う

というのが基本で資産運用だの他のルートのお金の流れなど、教えてもらっても曖昧なイメージにしかならない。
人命をチェスや将棋のコマのように動かす立場でもない。

サイエンスの証明する数式は現実的で好きだが、経済はそれよりも架空の産物のようで重要視しすぎるのも変と感じる。
生命を軽く扱う「経済教」って宗教にハマっている人、いつのまにかすごく多くて気持ち悪い。


62. 2011年8月24日 11:51:09: z5uQPVPWWg
>>60
コメントありがとうございます。

>彼らの仕組みは国体という国の体制を継続させる為に、必死で原理原則を守ろうとしているのです。
が、しかし厄介なことに、そのカルトが国家だということです。

比喩にとどまらず、真相ではないかと得心しました。
そうすると、その教義は何なのか。
下々の自分さえとりこんでしまっているものではないか
あるいは金縛りにあっているもの・・

そこから脱出したいから、色々考えてみます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧