★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 724.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新米からセシウム 主食大丈夫か(東京新聞) 「こちら特報部」  (日々坦々)
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/724.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 22 日 08:42:59: igsppGRN/E9PQ
 

新米からセシウム 主食大丈夫か(東京新聞)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1160.html
東京新聞「こちら特報部」8月20日付 :日々坦々

 新米がおいしい実りの秋はもうすぐだ。

だが、コメどころの東日本は福島原発事故により田んぼの土壌が広範囲に放射性物質で汚染され、茨城県鉾田市の早場米からは微量のセシウムが検出された。コメは主食にもかかわらず、国の暫定規制値は高いままで、肝心の産地表示もあいまいという。安心して購入できないなら今後、買い控えや混乱も起きかねない。消費者が気になる二問を調べた。 (佐藤圭、小倉貞俊)

 秋の収穫が本格化する前に、静岡、千葉、茨城県などでは、早場米のセシウム濃度の検査が行われている。
 国の暫定規制値である一キログラム当たり五〇〇ベクレルを超えた場合は、出荷することができずに廃棄する。福島第一原発がある福島県は「放射線量の高い地域はしっかりした態勢で厳しく検査する」(水田畑作課)と身構える。

 政府も、コメの放射能汚染には神経をとがらせてきた。土壌にあるセシウムが、収穫したコメに移行する濃度は一割とされる。
このため原発事故から約一カ月後の四月八日、コメの濃度が五〇〇ベクレルを超えないようにするため土壌中のセシウム濃度が土一キログラム当たり五〇〇〇ベクレルを超える水田はなかった。

 さらに秋の収穫期には、二段階で検査しようとしている。対象地域は、これまで出荷停止の作物が出た県とその周辺の十七都県。この地域の収穫量は、約四百六十万トン(二〇一〇年)と全国の五割強を占める。対象地域外でも、自主的に検査する動きも出ている。
二段階とは、土壌のセシウム濃度が一キログラム当たり一〇〇〇ベクレル以上か、放射線量が毎時〇・一マイクロシーベルトを超える市町村を対象に、収穫前の「予備検査」を実施。収穫後の「本検査」では、予備検査でコメ一キログラム当たり二〇〇ベクレルを超えた市町村を重点的に調べ、農水省は「市場に流通するお米は安全」とアピールしたい考えだ。
 だが、セシウムの暫定規制値そのものが批判の的になってきた。そこで一つ目の消費者の問いかけは、「毎日食べるコメも、口にすることが少ない和牛なども同じ五〇〇ベクレルでいいのか。コメは高すぎるのでは」−。

 暫定規制値は、国際放射線防護委員会(ICRP)が定める原発事故など緊急時の被ばく基準値の下限(年二〇ミリシーベルト)に基づきはじき出されている。一日の食生活で、コメなど穀類は三百グラム、肉は七十グラム摂取するなどと想定し、年五ミリシーベルトを超えないようになっている。
それぞれの食品の摂取量を考えて暫定規制値を設定しており、国は「健康には影響はない」との立場だ。しかし、この基準でいくと、コメなど穀類だけで、ICRPの平時の一般公衆被ばく限度である年間一ミリシーベルトに達してしまう。
 「原子力資料情報室」(東京)スタッフの渡辺美紀子さんは「暫定規制値自体が高いのに見直されていない」と指摘して話す。「チェルノブイリ事故で旧ソ連は、主食のパンに厳しい基準を設けた。コメの五〇〇ベクレルという基準は高すぎる。きめ細かな対応が必要だ」

 二つ目の問いは、「セシウムを含んだコメが、産地表示の義務付けのない『ブレンド米』として流通する恐れはないのか」というものだ。
 ブレンド米とは、複数のコメを組み合わせて「甘みが足りない」「柔らかすぎる」などの単一銘柄の弱点を補う商品。味や品質の向上に加えて価格も抑えられることから主に外食産業が使用。近年では、ブランド米以上の味を求めて商品化されるケースも増えている。
 日本農林規格(JAS)法では、原料が一種類だけのコメは、パッケージに「単一原料米」と表示し、産地、品種、生産年を記載することが義務付けられている。

 これに対し、ブレンド米の規定は「複数原料米」と表示した上で、「国内産」もしくは輸入原産国名と、その配合割合を示すことだけ。都道府県などの産地や品種、割合の表示を奨励するが、記載については販売者の任意となっている。
 消費者庁は「品質を一定に保つため、入荷したコメの状況に応じてブレンドするのが一般的。品種や割合が変わりやすく、パッケージに表示するのが難しい」と説明。つまり、どこのコメが使われているかは、消費者に分かりづらい仕組みになっている。
 十九日には茨城県産の早場米から微量のセシウムが検出され、コメ農家に風評被害への不安が広がる。「関東で出るならこちらはなおさら。もし検査で規制値を下回ったとしても、そこから先が問題だ」と福島県央部の米穀業者は頭を抱える。
 「セシウムが『ゼロかそれ以外か』を買う際の目安にする消費者は多いはずで、五〇〇ベクレルなんて意味はない。『売れないよりはまし』と、コメをブレンド米や加工食品に回す動きも出るだろう」

 消費者庁には、多くの消費者から「市町村名まで産地を出すべきではないか」との声も寄せられている。同庁食品表示課では「たとえ表示ルールを改正するとしても、時間がかかる。コメの販売者には、なるべく詳しく産地まで表示していただければありがたい」と本音ものぞかせた。
 切りもちやせんべいなど、加工食品の場合はどうか。コメの産地情報を消費者まで伝えることなどを目的とした米トレーサビリティ法では、やはりコメ同様、都道府県などの産地表示は任意となっている。
 新潟県の米菓メーカーは「『原料の産地はどこ』というお客さんからの問い合わせが殺到している」と明かす。このメーカーは原料に東北地方のコメも使っており、「これまでは県名を表示するのがメリットになっていたが、逆にあだになりかねない」と方針転換も検討中だ。

 専門家はどう見ているのか。コメの博士号ともいえる「五ツ星お米マイスター」の資格を持つ東京都目黒区の米穀店主、西島豊造さん(48)は「セシウムを含んだコメを食べてしまうことはあり得る。産地を表示せずに黙ってまぜることは、消費者に対する卑劣なごまかし。コメ産業全体の信頼を失墜させることになる」と警鐘を鳴らす。
 そして「産地表示は都道府県名を義務化し、市町村名まで積極的に記載する必要があるだろう。まずセシウムが出たことをきちんと示して、消費者に選択を委ねるべきだ。コメ産業に関わる全員が意識を共有しなければ、この危機は乗り切れない」と力を込めた。

<デスクメモ> 福島県中通りに住む知人は二つのコメを作ってきた。出荷用と自家用だ。生活の糧の前者は普通に除草剤など農薬を使うが、少量の後者は一切使わない。
少しでも安全なコメを食べたい作り手のエゴと聞き、妙に納得したものだ。だが放射能禍はささやかなエゴをも許さない。心配している顔が浮かぶ。 (呂)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月22日 08:50:05: K6sGXso7js

原発再稼動が日本経済と社会を破壊して行く。

腐り切った財界に良いように転がされている自民党・民主党の時代は終わったということである。
資本に飼育されて来たこういう腐敗政党では
国民の側に立った本質的な政治はもう出来ない。
列島に余震が打ち続き未だに放射能が舞っているのに原発再稼動などという発狂思想は、腐り切った資本に骨の髄まで飼育されていないと出て来ない。

http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm
◆がん患者は100万人単位で増えていく
あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。
最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。
次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するでしょう。
この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。
そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。
福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。
まず日本の方に大変重要なことをお伝えしなければならない。
それは福島第1原発の4基すべてから、いまだに放射性物質が放出されているという事実です。
3月中旬の水素爆発で飛散が終わったと考えていたら間違いです。
確かに9割はあの時の爆発で放出されたかもしれない。
しかし、それで終わりではない。
ですから環境汚染は計り知れないのです。
放出を防ぐには、建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理です。
(米国の原発専門家アーノルド・ガンダーセン氏)

http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/956.html


02. 2011年8月22日 10:20:48: j8DlsR41DQ
戦国時代のような放射能時代が始まりましたね。世界権力米ユダヤの仕打ちは酷いもんだ。それほど日本を破壊したいのか。次はシナと半島と日本との戦争を画策でしょうか。パンでミック、米デフォルトで日本破産、貿易停止と次々手をうてきますよ。民主党首脳がロンドンに何回もいってたのは計画を打ち合わせていた可能性はないか。すべてはたまたま起こることはないだろう。すべてはやらせだ。

厭離穢土 欣求浄土 の旗を前にして進もうではありませんか。


03. 2011年8月23日 00:07:39: 295kIWqzpk
【福島セシウム牛肉出荷再開先延ばし問題】
福島県『検査してないけど、側壁のない牛舎で干し草の汚染が原因』と意味不明な根拠で、出荷停止解除を強く求める!
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/47501552.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧