★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 401.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<シリーズ 原発の深層>第2部 米戦略のもとでB/プルトニウムの支配(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/401.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 12 日 09:52:20: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: <シリーズ 原発の深層>第2部 米戦略のもとでA/不正直な大統領演説(しんぶん赤旗) 投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 12 日 09:50:37)

<シリーズ 原発の深層>第2部 米戦略のもとでB/プルトニウムの支配
「しんぶん赤旗」 2011.10.01 日刊紙 1面 


 アイゼンハワー政権下の米国は、急激な核軍拡の時代でした。ピーク時には、1日28個の核兵器が生産されています。

 核兵器の大量生産を可能にしたのが、核燃料であるウランの獲得、そして、ウラン燃焼後に生じる核兵器の原料=プルトニウムの独占的な管理でした。

  “二つの目的”

 1954年8月13日の国家安全保障会議(NSC)で決定された戦略文書(NSC5431/1)は、ベルギーとの原子力協定を特別に重視していました。

 米原子力委員会のストローズ委員長は、同協定は「ベルギー領コンゴからの核分裂性物質(ウラン)を獲得するため」であり、その関連で「ベルギーの動力炉建設を請け負った」と述べ、こう続けています。米国が「平和のための原子力」政策の一環として他国への提供を表明した濃縮ウラン(100`)は「大した量ではない」(同日付のNSC議事録)。

 他国への「平和目的」での核物質や原発技術の提供と引き換えに、軍事・非軍事双方に使える膨大な核物質を獲得する−これが「53年12月8日の大統領演説(アトムズ・フォー・ピース)の二つの重要な目的の一つ」(ストローズ委員長)だというのです。

 もう一つの目的は何か。それは、「外国に提供した核物質の回復・再獲得」(同委員長)です。

 「再処理によって生じる副産物=プルトニウムは兵器用の物質として重要である。それゆえに、米国が再処理を行い、プルトニウムを得るために、副産物の返却を規定しなければならない」

 他国がプルトニウムを兵器用に転用するのを防ぐ一方、米国はプルトニウムを自由に使おうというのです。

 実際、米国が想定している核燃料サイクルは、原子力発電と兵器開発が一体のものになっています。これにより、「核物質生産のコストが削減された」(原子力委員会)としています。

 核物質の支配−これこそが「アトムズ・フォー・ピース」政策の目的だったのでは、と疑わざるを得ません。

  他国には制限

 この方針に基づき、54年に制定された米原子力法では電力会社の原発参入を認める条件として、政府が核物質の管理を規制する条項が設けられました。

 日本を含む他国との協定でも、燃焼したウランからプルトニウムを分離する再処理を厳しく制限しました。また、輸出した濃縮ウランは「国家安全保障上」の理由から米国がいつでも引き揚げることができるようにし、現行の日米原子力協定でもこの仕組みが維持されています。

(つづく)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. mainau 2011年10月13日 01:50:51: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
ふーん、それほどまでにプルトニウムは重要な核兵器の原材料なのか。
長崎に投下されたものがプルトニウム製原爆だったな。
やれやれ、プルトニウムの悪夢だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧