★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 405.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
横浜マンションから“猛毒”ストロンチウム!迫る放射能汚染の恐怖 (zakzak) 福島市内の2倍以上も検出 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/405.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 12 日 12:10:30: igsppGRN/E9PQ
 

横浜マンションから“猛毒”ストロンチウム!迫る放射能汚染の恐怖
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111012/dms1110121129006-n1.htm
2011.10.12 夕刊フジ


 猛毒の放射性物質、ストロンチウムが横浜市港北区のマンション屋上から検出されたことが12日までに分かった。福島第1原発事故で放出されたものとみられ、専門家は「すでに広く飛散している。どこにでも(ストロンチウムが)あるということをきちんと認識すべき」と警鐘を鳴らしている。

 ストロンチウムは、ウランが核分裂してできる毒性の強い放射性物質で体内に入ると骨などに蓄積する。ガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや白血病を引き起こす恐れがあるとされる。1986年4月に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故でも飛散し、大問題となった。

 一部報道によると、検出されたのは横浜市港北区の築7年の5階建てマンション屋上。溝にたまった堆積物を住民が7月に採取し、同市内の分析機関が検査したところ、1キロあたり195ベクレルのストロンチウムを検出。この報告を受けて横浜市が再検査を始めたという。

 文部科学省が行った調査では福島第1原発から100キロ圏内に留まっていたが、今回は事故現場から約250キロも離れた横浜市内での検出。しかも、4、5月に福島第1原発から至近距離の福島市内の土壌から検出された77ベクレルを2倍以上も上回っている。

 京都大学原子炉実験所の小出裕章・助教は「放射性物質は、雨どいや溝などにたまりやすい特性がある。こうした場所で高い値を検出する傾向がある」と解説する。

 高い数値でも過剰反応しないよう求めた上で、「世界中に放射性物質が飛散している。首都圏にもすでに相当量のストロンチウムが放出されており、どこにいても避けられるものではない。(マスクをしたり水で洗い流したりするなど体内に)取り込まないようにするのが一番の対処法です」と指摘する。“死の灰”から逃れる術は自己防衛しかないようだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月12日 12:54:45: vVfS33QZXw
何か過剰反応だよ!!この子供騙しやろう!

02. 2011年10月12日 13:09:48: uOTb1YXC6s
まったく同感です!指つめろ!

03. 2011年10月12日 15:00:54: sgolhP60mA
>首都圏にもすでに相当量のストロンチウムが放出されており(小出教授)

だから「首都圏でも測定を急ぎましょう」ではないのか?
「銀座を歩く人が全員マスク」 を想像すると、ゾッとする。


04. 2011年10月12日 15:07:48: u3E6Ef3e1Q
出るにしてもちょっと高すぎないか?

小出氏に限らず、反原発の学者たちも、これまでストロンチウムについては、絶対量が少ないのでセシウムに比べればさほど重大ではないように言っていたのだが。

彼らの全員がウソつきか無能だとはちょっと信じがたい。(もしそうだったら、もはや、信じられるものは何もなくなる)

鶴見区の民間検査機関らしいが、その信頼性はどうなのだろう?


05. 2011年10月12日 19:58:46: 295kIWqzpk
【横浜でストロンチウム検出問題】
文部科学省『セシウム出ていれば、ストロンチウム出ても不思議じゃない』 だったら、食品や被曝の基準値になぜストロンチウムを加味しない!?

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48446781.html


06. 2011年10月12日 21:18:46: EF2Owu3KPN
>>02
黒猫の戯言さんのところに検査報告書の写真が載ってる。セシウムの量が半端じゃ
なく多いんだよ。「Cs137比で0.58%のSr90が存在」とあるから、比率はかなり低い。
http://tomynyo.tumblr.com/

07. 2011年10月12日 21:19:47: EF2Owu3KPN
また間違えた↑>>04ね。失礼。

08. 2011年10月12日 21:39:24: FEC1zKK4NY
セシウムが出たら必ず併せてストロンチウムの量も報道すべきところを
いままでなしのつぶてだっただけだ。
出てきて当然の物質を、出てきてびっくりしたり、過剰反応だとか言うほうが
おかしい。
微量であるはずもない、ストロンチウムのセシウム比を気にしている人が多い
のはその幅が数%〜十数%まで広いことをちゃんと知っているからだ。

09. 2011年10月12日 22:05:18: M9TuMDuxLM
横須賀に原子力潜水艦・空母はねーのか?

10. 2011年10月13日 01:03:21: Px8FCO2CKs
放射能については詳しくても、人体への影響の研究が禁じられてきたのなら
(考えたくはないが)「知らない・わからない」のかもしれない。
もちろん意図的に情報の提出量を抑えている可能性もある。
小出助教は言ってることが微妙に疑問なんだが、肩書きのせいかまだ信奉者が多いんだな。
肥田先生などの在野の医師や取材を続けている人、チェルノブイリなどの原発事故や被曝について独自に学んでる人の方が体感も相まって理解しているのかもしれないと思う時がある。

11. 2011年10月13日 01:38:00: u3E6Ef3e1Q
>>06
ありがとうございます。黒猫さんって、物理学者の野尻美保子さんのことのようですね。だったら、信用していいと思います。

>Cs137比で0.58%のSr90が存在

報道では「ストロンチウムが出た!」としか言わないんで、その辺を知りたく思っていました。ただ、その比率が高いのか低いのか、素人にはちょっとわからないので、こちらの「真宗大谷派 常福寺」さんのブログ記事を参照してみました。すると福島での検出比率よりも、ちょっと高いようです。
http://johukuji.nanaoarchive.com/top/?p=1939

> Sr-90 が検出された試料に対して Cs-137 との比を計算したところ、平均値は1/389 で、最大値は 1/17(相馬市)、最小値は 1/6,300(浪江町)であった。

そもそも、いくら「ミニホットスポット」だったとしても、セシウムがこれだけけあるっていうこと自体、大変なことでしょう。もう、何をどう考えていいのか、わからなくなってきました。


12. 2011年10月13日 04:05:44: rWmc8odQao
すとう信彦氏
「しかしながら、このニュース。これは重要な問題だ。いま、調査中。 」
https://twitter.com/#!/SUTO_nobuhiko/status/123978369607024640

調査結果が出たら、発表してください。ブログでも、Twitterでも、ニコ生でも、IWJでも…
がんばって拾うからさ。
どうせ大手メディアには無視されるでしょうから。


13. 2011年10月13日 11:02:04: iFONLsjOA6

横須賀の原子力空母ジョージ・ワシントンや原子力潜水艦が事故を起こした場合は、核爆発するかもしれません。

なぜなら、原発と違って、原子力空母や原子力潜水艦は、燃料交換がしにくいので、数十年間燃料交換を行わなくてすむように高純度の燃料が使われているからで、原発事故以上に深刻な被害をもたらす危険性があります。

ですから、関東大震災とか、今回の地震の巨大余震が東京近辺で起きて、原子力空母や原子力潜水艦が津波で座礁すると、空母の場合なら、船底に原子炉冷却用の海水を取り入れる開口があるので、その部分が塞がったり、壊れれば、原子炉が冷却不能となり、即アウト。

最悪の場合は、水素爆発とかではなく、核兵器が爆発したのと同じ核爆発を起こすのではなかと言われています。

原子力潜水艦なんて小さいから、津波で陸上に打ち上げられて、取り残されたりしたら・・・

アメリカでは、実際に原子力空母が操艦ミスで座礁して、船底の海水を取り入れる開口が壊れたことがあります。

怖いですね。

首都の近くに、原子力空母の母港がある国はないそうです。


3月11日の震災当日、ジョージ・ワシントンは横須賀基地に停泊していたのですが、地震による引き波で、1・83メートル水位が下がったのですが、空母が停泊する埠頭の水深は15mで、空母の喫水(船体が水中に沈む深さ)は12m。その差は3mしかないので、危ないところでした。

もしもっと大きな引き波が来ていたら、艦底が海底について冷却水用の海水を取り込めなくなる可能性があります。

横須賀のある三浦半島には活断層が密集しており、30年以内に6-11%の確率でM7クラスの地震が発生するといわれています。神奈川県安全防災局も、このクラスの地震が発生した場合、横須賀港で引き波で最大4.6m海面が下がり、船底が海底について座礁・転覆する恐れがあると指摘しています。(09年「地震被害想定調査報告書」)

関東大震災(M7.9)では、横須賀港に停泊していた日本海軍の戦艦三笠が、激震で艦底が大破し、浸水。沈没寸前の大きな被害を受けました。

停泊中の原子力空母は原子炉の運転を停止しているため、炉心を冷却するためのポンプなどは外部電力によって動かします。横須賀基地には発電所もありますが、地震や津波により倒壊・故障すれば、福島第一原発と同様、電源喪失の危険性があります。

これに対し、米政府は今年4月18日に日本政府に提出した「米原子力艦船の安全性に関する口上書」のなかで、次のように説明し、電源喪失のためのメルトダウンは起こらないと強調しています。
「米海軍の原子炉は、福島第一原発の原子炉と異なり、電力に依存することなく、原子炉の物理的構造と水自身の特性(比重差によって生じる自然対流)のみによって、炉心を冷却できる崩壊熱除去能力を有している」

米政府は、原子力軍艦は、50年以上、一度たりとも原子炉事故を起こしていないと言いますが・・・

実際には、原子力空母だけ見ても

▽ニミッツ冷却水漏れ(1979)
▽エンタープライズ座礁(83)
▽エンタープライズ、造船所で冷却水漏れ事故を起して作業員9人が汚染(92)
▽エンタープライズ、原子炉火災で放射能漏れ(94)
▽ステニス、座礁して海水の取水口から腹水器に泥が入り込み、原子炉が二基とも緊急停止(99)
▽ジョージ・ワシントン、船内80区画に及ぶ火災(08)―など多くの重大事故を起してきました。


14. 2011年10月13日 11:51:24: XRaix0NcXM
福島の2倍以上って本当か?福島のほうは過少報告じゃないのか。
比較的低いと思って横浜を当局がノーマークにしてたら、リアルな数値が出てきちゃったとか?
まあ横浜横須賀のあたりは核燃料の輸入地点だから核関連の会社もいっぱいあって、
地震のときなんかは特に事故前からずっと放射能要注意地域だったけどさ。

15. 2011年10月13日 11:55:01: jeeOWGGwFw
特に横浜は放射能プルーム直撃の場所。

http://logsoku.com/thread/ninja.2ch.net/newsplus/1300278327/
【神奈川】横浜で空が煙ったような現象、原因や成分は不明 3/16 13:00

>成分を分析していないので分からない」。範囲も不明という。

http://logsoku.com/thread/ninja.2ch.net/newsplus/1300935731/
「地面の黄色い塊はスギ花粉なので安心して」 放射性物質疑う電話が殺到 気象庁・天気相談所 [3/24 11:26]

スギ花粉である、ということは検査したが、放射性物質は検査してないでしょ。
とにかく「放射能」ということはバ菅政権では完全に隠蔽。

いまごろプルトニウム・ストロンチウム、って言い始めてもすでに手遅れでは?


16. 2011年10月13日 12:02:37: rO8NnUeo5U
これだけ原発事故が及ぼしている影響を、なぜ政府は我がこととして考えないのだ。

横浜の市民もまさか自分の住んでいるところがなんて考えてもいなかっただろう、その時でも昼のワイドショーでは一番のニュースが荒川のアザラシだとさ。

日本のような小さな島国は、どこに拡散されてもおかしくは無いのだ、今も原発を推進しようとしている議員や官僚達、国民をバカにするのもいい加減にして欲しいものだ。


17. 2011年10月13日 21:12:41: suc4czKbSA
都道府県で、事故以前から大型水盤を使って放射能物質の月間降下物検査をしています。

セシウムなんかはゲルマニウム半導体で測定できるので、どの都道府県も結果は出ているはずです。

ストロンチウムは日本分析センターに試料を送って測定してもらっている所が多いです。

まあ、例年ならば、3月の月間降下物の結果はすでにどの都道府県もでていると思いますが…

県に3月のストロンチウムの結果は?って聞いたら、日本分析センターに試料は送ったが混んでいてまだ結果がでていないと言われました。

日本分析センターに送らずに自分のとこで測定している所なら、ストロンチウムも結果でているんじゃないのかなあ…



18. 2011年10月13日 21:45:13: iugi9VZb0A

 ストロンチウム90は身体の骨に沈着するので、実行半減期が15年と長いのです。しかも、骨髄被曝の原因にもなるので、危険度も高いのです。ただし、日本には1964年以来、中国の核実験で環境中に大量に放出されたストロンチウムが大量に降り注いでいるにもかかわらず、幸いなことにそれによって劇的にガン患者が増えたということもありません。これによる日本人の内部被曝線量は、レベルD(2〜10ミリシーベルト)でした。
 福島県でのストロンチウムの環境汚染は、セシウムの10分の1以下と想像しますので、線量はより少ないと考えられますが、今後の確実な調査が求められます。

 プルトニウム239は骨格、肝臓に沈着した場合の実行半減期はそれぞれ100年と40年です。

 すなわち、いったん吸収されると、生涯にわたり体内にとどまるので、高線量の内部被曝は危険なのです。

 とくにプルトニウムから発せられるアルファ線は本来、非常に透過性が低い放射線で、紙1枚で遮蔽することができ、また飛んでもせいぜい数センチ程にしか影響を与えない性質なのですが、これを体内に取り込んでしまうと、取り込んだ細胞周辺だけが集中的にアルファ線照射を受け続けることになってしまうため、非常に厄介なのです。

 しかし、今回の福島原発事故では、遠くフェンスの外にまで大量のプルトニウムが飛散している訳ではありませんし、これから状況がどう悪化したとしても、これ以上プルトニウムが放出されることはありません。

 ウランが核分裂した結果生じる生成物はおよそ200種ほどもありますが、半減期が秒単位、分単位と短いものが多く、その多くは水素爆発以前に消滅しています。また、他の物質と反応せず、体内に蓄積されない核種もあります。実は核種の特定という作業はとても時間がかかるもので、測定器のスイッチを入れれば即時に判定できるというものではありません。ですから、あまり詳細な測定をすることは現実的とはいえないのです。

 そこで、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137を主要3核種と呼んで、こういう場合の検査の目安としています。ヨウ素やセシウムは軽く飛び散りやすい上に、水溶性であるために人間の体内に摂取されやすいので、この3つの核種の飛散した量が危険な水準でなければ、他の放射性物質についてはほとんど心配する必要がないのです。

 一部の報道などでは放射性プルトニウムの危険性が強調されていますが、プルトニウムは極めて重い物質であるため、遠くに飛散することはありません。

 福島第一原発でも、発電所の敷地内や破壊された建屋の中であればプルトニウムも検出されるかもしれませんが、私が2011年の4月10日に福島第一原発を調査に行った時点では、フェンスのすぐ外側で測定しても、プルトニウムが放射する強いアルファ線は検出されませんでした。

 また、未曾有の核災害は中国、シルクロード楼蘭遺跡周辺の東トルキスタンにこそあります。これは中国政府による楼蘭核爆発災害です。

 しかもこの悲劇は、世界の目から長年覆い隠されてきました。世界中を調査してきた私の研究でも、これ以上の悲劇はありません。

 被害者である現地の住民たちには、世界中からの支援が全く届いていないのですから。

 毛沢東ら中国共産党政府は、昭和39年(1964年)の10月、東京五輪の真っ最中に、楼蘭遺跡の近くで最初の核実験を行いました。

 プルトニウムの塊が核分裂し、直径180メートルの大火球が砂漠を覆ったのでした。それ以降も、メガトン級の大型核弾頭を含む多数の核が、シルクロードで炸裂しました。しかも、周囲に暮らす先住民族のウイグル人たちに対して何ら安全策を講じることなく、核爆発を隠蔽しながらの強行でした。

 私は2000年に東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)と接する隣国カザフスタン政府からの要請で、国境の町における中国の核実験からの核の灰の降下による健康被害を調査しました。それ以来ずっと、ウイグル人の被害を秘密裏に研究しています。2008年に「中国の核実験」として報告し、翌年、英語とウイグル語による翻訳版を出版し、世界がこの問題を知ることとなりました。

 中国政府は平成8年(1996年)までに、楼蘭遺跡周辺で、延べ46回、総爆発威力およそ22メガトン(1メガトン=100万トン)の核爆発を行っています。この総威力は広島への核攻撃の実に1375発分にも相当します。これにより、作家井上靖らが描いた歴史ロマンの地は核の砂漠と化してしまいました。環境に放出された放射能の総量は実に4000万エクサベクレルであり、これはチェルノブイリ原子炉災害の約2000万倍の数値です。

 その結果、私の核爆発理論から推定した急性死亡者の数は、3発のメガトン級地表核爆発で19万人にも達しています。しかしその推定などは控えめなくらいで、漏えいした機密情報によれば75万人が死亡したとされているのです。

 その死者の中には、核実験で敵役の部隊を演じた人民解放軍の兵士たちの被害も含まれています。いわゆる‘ニュークリア・ソルジャー’ですね。戦時下でもないのに、核弾頭を炸裂させて味方のはずの軍人や民間人を大勢、虐殺していたのです。

 日本のNHKは楼蘭周辺での核実験を知りながら、1980年代に大型企画番組シルクロードの現地取材を行い放送を続け、さらにビデオの販売を続けました。そのため、番組に誘導された日本人、推定27万人が、まだ核爆発が繰り返されていた期間に、現地を観光しています。

 当時、実際に現地で核爆発を目撃した青年もいます。中国西域の観光から帰国した後に「白血病」、「肺がん」、「悪性リンパ腫」を発症したという方やそのご家族から情報が寄せられ始めています。

 1964年から1980年にかけて放射能を帯びた核の黄砂が4000km離れた日本列島の全土に降り、環境中にある放射線が顕著に高まりました。米や野菜などの農作物の他、牛乳が放射能汚染し、食物連鎖により長年の間に日本人の体内中に取り込まれたのです。

 日本人の死体解剖の骨格に含まれる、放射性ストロンチウムの放射能は放射線医学総合研究所で分析され、胎児、幼児、成人から顕著に検出されています。

 文部科学省の研究費を得て私は国民の体内の放射性ストロンチウムの線量評価に関連して平成21年から3年間、研究を続けています。中国から飛来した核の黄砂による内部被曝は、多くの国民で数ミリシーベルトとなりました。この線量値は、2011年の福島20km圏内の住民6万人の放射性ヨウ素による甲状腺線量と同じレベルです。

 核の黄砂により内部被曝した日本人が仮に1億人とすれば、その影響の大きさは、福島のおよそ1700倍も大きいのです。

 私たち日本国民全員は、隣国からの核の黄砂で、昭和の時代から長年にわたり迷惑を被ってきました。平成の今、同レベルの線量であるのにもかかわらずマスコミで福島の恐怖を煽っている人たちは、何ゆえか昭和時代の核汚染には目をつぶり、中国の核実験に沈黙しているのは政治的意図があるものと受け取られても当然でしょう。

 私としては放射線衛生上、世界のどの核災害も客観的科学的に調査をし、線量の絶対値を計測するとともに、それぞれを比較し、相対的な影響の度合いを調べています。

 昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。

 平成23年の民主党政権の大臣の多くの骨格は、他の日本人と同じように中国産のストロンチウムで汚染されています。政権の寿命は短いと誰もが予測するでしょうが、人としての寿命は必ずしも短くはないと私は科学的に判断しています。おそらくどなたも、天寿を全うされることでしょう。

 ただし、シルクロードの現地の人々と、核爆発期間中に現地を観光した日本人たちは、致死リスクを含む影響があることを知らなくてはなりません。

 放射線防護学研究者談


19. 2011年10月13日 22:19:15: 03bw0jfJsI
13. 2011年10月13日 11:02:04: iFONLsjOA6>さま、詳しい米原潜のお話ありがとうございます。以前から、心の隅の心配ごとでした。今回の爆発の放射能汚染いご今までより不安ンが増し、寄港拒否すべきとがんがえる様になりました。米軍は早く日本から出いって欲しい。

20. 2011年10月13日 22:40:48: GDnBhx5plE
18さんよ。あんた、大体何者なんかい?「昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。…」

とか、あんた適当なこと言ってるけど、今の日本人は、禿げてる人(ちなみに俺も)は結構多いし、白血病になる人も結構いるし、ガンになる人も多いやないか!芸能人の死因も最近はガンばっかりやし…奇形児出産だって、増加の一途を辿っているし、あんたの言ってることは、全部逆さまやないか!

福島の原発事故を、中国の核実験と問題のすり替えをするなや!結局どっちも危険やろうが!


21. 2011年10月14日 00:02:20: XRaix0NcXM
>>18
http://map.tools-etc.info/image/radioactivity_fallout_graph.jpg

この時点では茨城が突出しているように見えますが
福島、栃木、群馬等々がそれを軽く上回る汚染を受けたことはご存知でしょう。


22. 2011年10月14日 00:37:38: M32NMIoZvs
 私は相模原市に住む。東北地方にも東京にも行っていない。ずっと地元にいた。
 五月初めに、突然非常に強い頭痛が起こる。汗がにじむほど。そして、高熱が続いた。そして、下痢。頭痛はかつて経験したことがないほどのもの。
 厚木市内の病院に十日間ほど入院した。とにかく頭痛と高熱と下痢が酷くて、立っていられなかった。
 病院で脳の検査をするが、原因不明。髄膜炎が疑われたが、違ったらしい。
 身体のどこかに、炎症があって、そこを抗生物質で叩こうと言うことで、ベッドに寝て静養する。
 四日目くらいで、体力が戻り始める。
 医者は、検査の時にも数人が立ち会った。後で担当も交代があった。
 原因が分からないという。
 そして、退院。生まれて初めての経験。
 15日前後確かにそとにいた。22日前後そとにいた。
 私は、放射能の影響と考えている。

23. 2011年10月14日 00:40:15: dbkjeOb9oM
>福島市内の2倍以上も検出

さすが統一協会韓国自民の機関紙、フジ。

福島の値がおかしいに決まってるだろう。

>>1キロあたり195ベクレルのストロンチウムを検出

通常1キロあたり1〜2ベクレルだとか。

195倍から98倍もの偽カルシウム。


24. 2011年10月14日 03:54:15: JrPYjVYQO2
18.

Your theory sucks!
You are PATHETIC.


25. 2011年10月14日 08:58:43: jeeOWGGwFw
18は「放射線防護学研究者談」の全文コピペです。
個人的な意見ではなし。


26. 2011年10月14日 09:07:01: FzRKnnJNiE
>11さん
>黒猫さんって、物理学者の
>野尻美保子さんのことのようですね。
>だったら、信用していいと思います

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! アブナイ!!!!!!!!!!

アンタ本気で言ってんの????‼
プルトニウムは飛ばないとか言って、SPA!の記事に
モンク付けてたピンポンダッシュ御用オバァでしょ!
KEKの公務員の癖に勤務中に50回もツイートすることのできる職場の!!

野尻エア御用によるデマとSPAのプルトニウム記事への根拠のない中傷
http://togetter.com/li/189026


27. 2011年10月14日 09:15:00: jeeOWGGwFw

>>22

ご存知かと思いますが、報道されない不調異常は関東で多いようです。
http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1303237994/

3月15日は完璧にヤバイ。
ネットを見ていた人の多くが始発の新幹線で西に向かった云々の記事がありました。
http://ameblo.jp/vaccine/entry-10912611510.html

http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1303237994/
横浜のこの日の雲が相模原に来たかどうかは知りませんが、私は3月24日の夕刻に
異様な雲を見ました。<相模原のとなり
いままで見たことがないようなモノでした。
「ヘンな雲だ」というのは2chの書き込みに多い。

しかし、医者が「原因が解らない」と言うのでは、これから放射能起因の不調の場合でも
何か別の病気にされるのでしょうね。
放射能の健康被害なんて、日本のあらかたの医者は知らないのだから判断できなくて当然なのだが・・・。



28. 2011年10月14日 12:27:13: FYcwGYG2sM
18は「放射線防護学研究者談」の全文コピペです。つうのは解るが。

現状、日本人の1/3が癌で死んでるわけだから、中華の核実験の結果、
大量の日本人が殺されているのは確実だな。


29. 2011年10月14日 18:15:37: EF2Owu3KPN
>>26
11さんの勘違いですよ。野尻美保子ではありません。
http://twitter.com/#!/Mihoko_Nojiri/statuses/64498578193776640
http://twitter.com/#!/Mihoko_Nojiri/statuses/64502598987825152
http://twitter.com/#!/Mihoko_Nojiri/status/64498239491158016
上が黒猫さん、下が野尻美保子。Tomynyo氏は野尻と違ってまともなかたです。

30. 2011年10月14日 18:35:11: EF2Owu3KPN
追記
以前からTomynyo氏(黒猫)の記事を見ていますが、自身の居住するマンションで採取
し、自費で検査依頼した当事者のようです。このかたは御自分の娘さん(4才)の尿の
検査も依頼されていますが、「Cs134とCs137に関しては定量下限値以下ながらピーク
が確認」ということで、十分に注意を払ってるかたでこれですから、普通の市民ではさらに影響が出ているのでは。中原区平間公園、港北区日吉台中、大倉山、緑区鴨居中
とくると、一時騒がれた新横浜付近を通った放射能雲(らしき物)を思い出します。

31. 2011年10月14日 18:58:38: d8aVdy5ED6
22 27氏 いろいろためになりました。ありがとう。

 最近 視力が随分落ちたような気がする。
みなさんどうですか?
被爆にも、ぴんからきりまであるのだろう。
 ネットも知らない、情報発信の手だてもない年寄り達の被爆による急変は、体力がないこともあり多くあったのじやないか。
 神奈川だが、東北を思う。政府と東電の責任放棄。火力発電所が四基壊れただけだったら、今頃修理して何でもなく動いていて、ローカルな話題の枠の中に収まっていたろう。
 こんな危険な燃料をつかって何故発電したいのか、わからん。


32. 2011年10月15日 00:20:40: u3E6Ef3e1Q
>>26

私が言いたかったのは、野尻氏のような科学者が言ったのならば、(素人じゃないから)出鱈目や勘違いじゃないだろうという程度の意味です。正直言って、私は野尻氏のことをまだ、あまり知りません。

ネプツニウムの記事は、そういえばネットで見ました。んー・・・原発事故の後、間もなく飯舘村に入った学者はたしか、小出裕章氏の同僚の今中哲二氏のグループだったと聞いていますが、今中氏がそんなことを言ったとか、発表したとかいう話は聞いていないし。それで関心を無くして、それ以上、追いませんでした。

>線量をはかりにくいストロンチウムやプルトニウムがまき散らされたチェルノブイリに比べ、福島の被災地に残るのはほとんどが放射性セシウムで、計測に大きな困難はない。
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/544.html

私のような科学や工学の素人には、結局、「どの先生を信用するか」ということしかないと思うんですが、私は今のところ、小出氏や今中氏の言うことを信用しています。(バスビー氏とかガンダーセン氏のような外国の方は「一部限定的に信用」)

>>29

え、そうなんですか?てっきり・・・ あちこちで「黒猫先生」とか、呼ばれているみたいなので。失礼いたしました。
でも、どちらも黒猫のキャラなんて・・・ややこしすぎです。
こういう専門家の方には、もっと個性的なiconやHNにしてほしいです。(w


33. 2011年10月15日 04:48:19: D83r3v8joc
プルトニウムも福島よりアメリカが多かった。ストロンチウムも横浜のほうが多い。東電は祈祷でもしてるのか。それともイスカンダルから放射能除去装置でももらったのか?

34. 2011年10月15日 05:52:45: 3Sz5bSNGFo
佐倉市ユーカリが丘・5番町ハイツ・3号棟・北側石垣下で0.5msvを検知したという。
・・これってどう?

爆発から半年が経つ。
ホットスポットでの放射能が上昇している。

これからも、あちらこちらで、ミニ原子炉が増え、放射能を垂れ流し続けるのでしょう。

自分の生活範囲内の、危険箇所を押さえた生活が求められそうだ。

行政や管理監督者はうすうす気づきながら・・

寝た子を起こさぬように、ネグレクトを決め込んではいまいか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧