★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 713.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHKが示す 日本500ベクレル 米国1200ベクレルのトリック
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/713.html
投稿者 Chick 日時 2011 年 10 月 23 日 21:46:08: MTL9HdVknmH.A
 

食品の安心云々という番組で紹介された基準値は、チェルノブイリ事故のあと、各国が輸入食品の規制のために作った基準値です。

緊急時の輸入食品に適用されること、各国で国民が摂取する輸入食品の割合が異なることなどを考慮しないと、直接この値を比較しても意味がありません。

ちなみに、1986以降、米国は国民の輸入食品の摂取割合を10%、日本は35%としてそれぞれ決められており、セシウム134と137の合計で、米国1200ベクレル/kg、日本421ベクレル/kg(最終的にEUの値等を参考に370を採用)と算定されていました。

つまり、100%汚染食品だけを食べたとすると、米国1200ベクレル/kgは120ベクレル/kgにする必要があり、日本の算定値421ベクレル/kgも120ベクレル/kgとなってまったく等しくなることがわかります。両国の基準値が異なるのは、輸入食品の摂取割合に応じて、同じ汚染度の輸入食品を食べたとして、同じ摂取量になるように決まっているだけです。

現在、その時と同じ考えで暫定値を設定すると、もし、輸入食品(35%)が汚染されておらず、国内の食品(65%)が汚染されているとすれば、184ベクレル/kgとしなければならないわけです。輸入食品もそれなりに汚染されている恐れがあるなら、もっと厳しくしなければならないことになります。

NHKは、このような事実を隠し、あたかも500が1200に比べて低いから問題ないのだと見せかけ、ウソをついて国民をだます放送局であるということになります。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月23日 22:03:30: SC4rysdcpY
ありがとうございます。ずっと気になっていました。

02. 2011年10月23日 22:14:55: pEgCpfCxXY
ECRRのバズビーが述べたように、
そもそも原発事故時の基準値なるものが出荷目的であることに
留意すべきです。市民の、子どもの健康目的ではないんです。
政府がいおうが流通業者や農家がいおうが、目的は同じです。
事実こちらをご覧下さい。これが流通業者のあり方のたぶん、典型でした。
http://www.s-osaka.coop/modules/bulletin1/index.php?page=article&storyid=410
たとえば、37ベクレル/kgという自主基準は、それだって子どもの身体にはきつい
値であるにもかかわらず、「生産者との連携・連帯の維持」名目に度外視され、
国の根拠なく決めた高すぎる暫定基準の順守が合意されてしまったのです。
生産者保護か、それとも子どもの保護か、という二者択一に結論はありません。
どちらも無視できませんから。
とまれ、基準値なるものがそういうたちの悪いものであることがわかれば、
問題は、個々の食品汚染度と、体内摂取時の汚染度なわけですから、
計測しながら低い値のものを食べるに越したことはないのですし、
摂取されたセシウムをなるべく排出していく小さな工夫をするのがいいようです。
確認しておくと、基準値なるものはどんな値であっても、健康を保障するものでは
ないんです。

03. 2011年10月23日 23:20:17: pEgCpfCxXY
基準値設定のながれについて、
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/714.html
のコメント01さんがまとめているようです。

04. 2011年10月23日 23:39:00: 03bw0jfJsI
許せないNHK.番組をみて安心してしまうののみならず、正しい知識を持つ人を間違った知識で責めたりすることになってしまい。何重もの被害や対立を生んでしまう。

05. 2011年10月23日 23:52:11: aakvlBAPYg
NHKがただ単に無能なだけなのだろうが、結果として誤った認識をあたかもオーソライズされた放射線界隈の常識であるかのように放送してしまっている現実は無視できないし、迷惑でもある。

現実に「権威」と化しているNHKがこういう体たらくを続けるおかげで何よりも家庭内不和が一向に解決されないばかりか誘発される形になっており、正しく怖がることがなぜか「いけないこと」のように逆に非難されるこの国の現状は、地獄としか言いようがない。


06. 2011年10月24日 00:22:44: E4bT3Bpr2w
1200Bq/kg × 35% = 420Bq/kg ≠ 421Bq/kg

なので、不思議に思い調べてみたら、日本の輸入食品の暫定限度370Bq/kgの決定の経緯は、次のようなものでした。

輸入食品中の放射能の濃度限度 (09-01-04-07) - ATOMICA -
( http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-04-07 )

から引用

―――(引用開始)―――
3.暫定限度について
 種々の仮定を考慮して、輸入食品中の全放射性核種による被ばく線量が線量限度の1/3となる場合の(134Cs+137Cs)の放射能濃度を試算した結果、約421Bq/kgとなる。一方、EC(ヨーロッパ共同体)における暫定限度は、食品中の134Csおよび137Csの放射能濃度が乳幼児食品で370Bq/kg以下、一般食品で600Bq/kg以下、アメリカにおける暫定限度は、食品中の134Csおよび137Csの放射能濃度が370Bq/kg以下である(図1参照)。
 これらを勘案して総合的に判断した結果、輸入食品中の放射能濃度の暫定限度を134Csおよび137Csの濃度として370Bq/kg以下とした(1986年11月)。すべての輸入食品が370Bq/kgであっても、普通の食生活をしていれば1年間に受ける放射線の量は0.04mSv以下である。
―――(引用終了)―――

尚、上記の引用における線量限度は、5mSv/年(1986年時点)です。

日本の暫定限度の決定時におけるアメリカの暫定限度は、食品中の134Csおよび137Csの放射能濃度が370Bq/kg以下である為、Chickさんがおっしゃている

>つまり、100%汚染食品だけを食べたとすると、米国1200ベクレル/kgは120ベクレル/kgにする必要があり、日本の算定値421ベクレル/kgも120ベクレル/kgとなってまったく等しくなることがわかります。

の論拠が自分には理解できません。

Chickさん、宜しければ、この辺りの事情を、ご教示願えないでしょうか。


07. 2011年10月24日 04:06:54: EW1g0zw8tk
EUはECの間違いです。

また、一部を以下のように訂正します。
つまり、100%汚染食品だけを食べたとすると、米国1200ベクレル/kgは120ベクレル/kgにする必要があり、日本の暫定値370ベクレル/kgは130ベクレル/kgとなってほとんど等しくなることがわかります。両国の基準値が異なっても、輸入食品の摂取割合に応じて、同じ汚染度の輸入食品を食べたとして、ほぼ等しくなることがわかります。

(輸入食品以外の汚染度をいからに見積もっているかわかりませんので、概略の見積もりです。)


08. ポチじゃない 2011年10月24日 10:31:02: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
日本の暫定基準500ベクレル/Kは、ほとんど放射線の無い地域でたまたま放射能入りの食料がある場合の摂取基準で、全ての食品に放射能が入っている場合の摂取基準じゃないですね。
もう一つの1mSv/年間の安全基準を満たすためには、ドイツの数ベクレル/Kというのが正しい摂取基準だと思います。
日本国の放射線の専門家は、頭が悪いのか、気が狂っているかのどちらかですね。

もう暫定基準の時期はすぎているので、ドイツ並み基準にしないと、日本は滅びます。
今の子供は、子供を作る能力がなくなります。


09. 2011年10月24日 11:54:57: tzmi4UKous
まるで、昨日のドイツの衛星が落下して人にあたる確率のようですねぇ!
前回3200?分の1!な〜んて報道していたから
世界の人口の3200人分の1の確立だと思っていたら
何のことはない
今回の報道ではちゃんと2000分の1!
2000回の落下があったら当たる確率と言っている(笑)

NHKは国民の思い込みを見込んで
アメリカ1200ベクレルを使った!ってとこでしょう
な〜んだ、日本の500は低いんじゃん!
って国民が思い込むのを見込んでね。
NHKは確信犯でしょう


10. 2011年10月24日 12:17:53: GPMlvaJPRg
NHKはデマの発信源。

11. 2011年10月25日 09:07:17: NoYaqvHSb6
あの数値は世界の暫定規制値みたい
3月に日米欧で決めてますね。

12. 2011年10月25日 12:26:57: KyBLjzxBDw
>NHKは確信犯でしょう

戦前から情報操作は手馴れている

NHKには独自の放送権があるそうな

韓流ドラマの制作と買い入れは子会社経由か

暫定規制値の解釈もどこからか買い入れたのか、単なる国策放送か


13. 2011年10月25日 13:43:16: SGFoCOG3lA
次にNHKの放送があったら、速効でツイッターに流して拡散し、訂正するよう抗議電話をかければよい。というか、youtubeなどで放送日時が確認できるのだったら過去の放送でも抗議してよいと思う。

14. 2011年10月25日 14:02:32: IRKqi78EsA
福島原発事故から2〜3週間経ったごろから、「建設的な将来設計のために、NHKは見てはいけない。」と、インターネット上で見ました。その時は、当たらずとも遠からずぐらいにしか思っていませんでしたが、NHKもここまで来るとは、恐ろしいですね。

15. 2011年10月25日 14:42:39: iPGqtEPCzk
「ふ〜ん、NHKって東京電力の社債とか随分買ってるんだね。国会に提出する財務諸表から見つけました。」

http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/360.html


16. 2011年10月25日 15:05:18: cJzv2uxvLI
まあまあこの記事読んで信じちゃっている人は生協さんがまとめた暫定基準値の根拠をまず読むといいですよ。わかりやすいから。
http://jccu.coop/food-safety/qa/pdf/qa03_03_03.pdf

食品のカテゴリーと摂取量の表をみてみてね。
輸入食品の割合なんて設定されてないっつーの。

表2.食品のカテゴリーと摂取量
摂取量(単位:1 日あたりキログラム

食品のカテゴリー 成人 幼児 乳児
@)飲料水 1.65 1.0 0.71
A)牛乳・乳製品 0.2 0.5 0.6
B)野菜類 0.6(0.4) 0.25(0.17) 0.105(0.07)
C)穀類 0.3 0.11 0.055
D)肉・卵・魚・その他 0.5 0.105 0.05


17. Chick 2011年10月25日 15:57:17: MTL9HdVknmH.A : EW1g0zw8tk
米国がチェルノブイリ事故に対応して1998年に決めた輸入食品の暫定基準1200Bq/kgは、FDAの資料(http://www.fda.gov/Food/FoodSafety/FoodContaminantsAdulteration/ChemicalContaminants/Radionuclides/UCM078341)を読み返したところ、輸入食品の摂取割合10%をさらに3倍して30%とした時の値であることが判りましたので訂正します。
また、「100%汚染食品だけを食べたとすると・・・」以下の部分が判りにくいとの意見を頂きましたので、NHKに対する論点を以下のように再整理しました。


多くの人が、NHKは、日本の基準値500Bq/kgが、米国の基準値1200Bq/kgに比べて十分低いかのように印象付けようとしていると認識している。


1.摂取率の低い輸入食品に対する暫定規制値を国内食品の暫定基準値と比較しており、基本的に誤りである。
2.チェルノブイリ事故に対する輸入食品の暫定基準値は、摂取率35%として370Bq/kgであったから、そのまま輸入食品の摂取率と国内食品の摂取率を逆転させて考えたとして、370×35/65=200Bq/kgでチェルノブイリ事故の際の暫定基準値と同等の扱いになる。(現在の輸入食品の放射性物質濃度が福島事故前の国内食品と同等に汚染されていなければ)
3.米国と比較するなら、事故から7ヵ月余を経過していることからも、米国の国内の基準値170Bq/kgと比較するべきではないか。
4.日本の輸入食品の基準値が370Bq/kgであるから、500Bq/kgはその値をも上回っている。


18. lapi 2011年10月25日 16:57:08: HbdmPsmrIMZvs : MA6DroCm92
NHKのこの放送見ながら、憤りを感じたので、速電話をしました。
各国の放射性物質の基準値は、あくまでも輸入品目であり、国内生産の基準値ではなく、また、その数字はセシウムの値のみではなく、他の放射性核種を含んでの数字なのだ! と。
そして、そのことは、EUのHPを見れば書いてある、と伝え、必ず番組内で訂正をしてほしい旨を伝えて電話を切りました。

けれども、訂正のスーパーすら出なかった><
情けない......国営放送なのに、国民から視聴料をもらっている立場なのに......
本当に許せない!!


19. 2011年10月25日 18:34:37: VoHhS9vMZ2
NHK解約します。

20. 2011年10月25日 19:46:28: c3wUYo2i3g
私も、この番組見てました。
日本と外国の基準を示した表は、少し前に「クローズアップ現代」でも使っていたと思います。
こんなでたらめな番組を、税金と受信料で作ってほしくありません。
清く明るく「担当にお伝えします」というだけの対応なのはわかっているけれど、あしたNHKに電話します。

21. 2011年10月25日 19:54:15: n5q4KAD5SI
16さんへ
http://jccu.coop/food-safety/qa/pdf/qa03_03_03.pdf 読みました。
年間5mSVの内部被ばくを許容して(1年摂取したらこれから30年も被曝する)かつ
「表2の@〜Dのカテゴリーの食品群の半量に、放射性セシウムが存在したとき」
つまり半分は放射線物質が ゼロ として 規制値が妥当としているようです。
ごく短期ならまだしも、生協の基準値を長期にあてはめるのは危険かと思います。

NHKも ずいぶんひどいミス(故意の誘導?)をするものですね。
「正しい情報を伝える」ことができないNHKに存在価値はありません。


22. 2011年10月25日 20:01:41: cJzv2uxvLI
http://www.fda.gov/Food/FoodSafety/FoodContaminantsAdulteration/ChemicalContaminants/Radionuclides/UCM078341

↑これ読んでみましたけど、

@日本もアメリカもターゲットは5mSv/年で一緒、

A86年のFDA基準は輸入制限用で汚染割合100%と仮定、

B98年のFDAガイドラインは国内の消費・流通と輸入に「介入」するレベルを定めるもので、国土がでかいからマーケットに汚染食品ばっかり入ってくるのは考えにくいという想定で汚染割合は10%と仮定し、それに安全係数?3をかけて30%している。また預託線量などの新しい知見を入れ込んで、計算手法からして違う。

という内容だと思うんですが、違いますか?

そして誤解されているようですが、日本の暫定基準は汚染割合100%で計算しています。
なんど読んでも日本の暫定基準をもっと厳しくすべきとは思わないんですが・・・
それから暫定基準はあくまでも暫定基準なんで、平常時の基準と比較しないで介入基準との比較でいいと思いますよ。
日本もこれから暫定基準値を見直していくでしょう。


23. 2011年10月25日 20:19:23: cJzv2uxvLI
21さん、ご指摘ありがとうございます。
輸出入のお話じゃなくて市場での流通割合という意味ですね。
その意味なら生協さんの資料によると日本の市場での汚染割合の想定は50%ですよね。
その前提で一回書き起こしてみると、

FDAの98年ガイドラインが汚染割合30%の想定で 1,200Bq/Kg

日本が汚染割合50%の想定で 500Bq/Kg

Chickさんが最初に書いた計算手法で比較しても、やっぱり日本の基準の方が厳しいことには変わりないんでは?



24. ポチじゃない 2011年10月25日 21:04:49: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
出生率2.0をクリアできる国と、出生率を大きく下回るかつて枢軸国といわれる国では放射線の安全基準も全く違った考え方となります。
日本国は、ドイツの安全基準を採用するべきだと思います。

NHKなどは、各国の出生率の遷移のグラフを良く調べると良い。


25. ポチじゃない 2011年10月25日 22:44:34: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
ビルゲイツが避妊ワクチンに寄付をしたのは、アメリカは出生率を2.0にするのが望ましいと考えている現われである。
アメリカなど核保有国は出生率2.0をターゲットに誘導制御してきたのだろう。
出生率2.0を達成している今、アフリカなどの出生率の多い国々に口出しし、おせっかいしているのである。

一方我が日本、ドイツ、イタリアのかつて枢軸国と言われた国は、出生率は大きく下回る。
これは、何らかの作為が働いたと考えるのが自然であろう。

ドイツ、イタリアは、いち早く脱原発に舵を切った。
そしてドイツは、食品の放射線の安全基準を大人8Bq/Kg、子供4Bq/Kgとしている。
食品の放射線の安全基準を、500Bq/Kgにするのは、日本が滅びてよいと言っていることと同じことである。
日本中に毒入り食べ物を流通させる愚かなことは直に止めるべきだ。
早く、ドイツ並みの基準にしなければならない。
このままだと、子供達の子供を作る能力が失われて、滅びるのを受け入れる選択肢しか残らないであろう。
子供のことを考えると、基準値を甘くしてよいなどという考えには至らないはずだ。


26. 2011年10月25日 22:48:44: FH0i4K3eSI
どうでもいいというと語弊があるが、自分の国の基準を自分できめられないのは、たいそう情けない話ですね。。。

27. 2011年10月26日 00:02:08: AiChp2veWo
公共の電波を使い、有能な人間たちを使いお金を使い、嘘を画策して大々的に信憑性を演出して全国に垂れ流す。人々はそれを見せられ安心したとしても、直接間接を問わず、人々は子供を筆頭にガンなどに犯され、四年後かにそれが顕著となってゆく。放射能は海陸あらゆる場所を被曝させる。大丈夫、と思いこんだら、放射能の影響は少ない、のではない。確実に現実は進行する。UFOでも、日本メディアは必ずお笑いにする。その頭がいかに悪いかと情けなくなる。未確認の飛行物体が上空を勝手に飛行したらとんでもない領空侵犯。まずは国防上の大問題、なのに笑ってる。真剣に論議しない。外国はUFOについては喧々諤々と堂々と市民、学生レベルでもやっている。人間の元は・・・微生物、魚類、両生類、何度も続く奇跡的な変異のもとに人類誕生、と、ダーウインの仮説を教科書や国営TV教育番組でさも確定されたようにやる。戦前は・・・、江戸も明治も大正も非常に想像力溢れ、科学的に神秘に敢然とメスを入れたり、と、見事に自由に医療、科学、冒険、不可思議にも何事にもとりくんでいる。戦後は不可思議はすべてお笑い。先祖霊神霊も不信の人が多く、哲学する気もない。為政、権力者は、原発の危険を全く言わなかった。何かあっても誤魔化し通す腹でいた。恐ろしいことだ。酒飲んで車に乗る人、俺は大丈夫って、いやいやあんたじゃない。もし飲酒で人を殺めることになったらどうするの?。って。あんたじゃないよ。飲酒運転者の車にひかれた子供、大人、老人、犬猫動物全部・・・、家族もいますよって。多分彼等は考えていない。飲酒運転とは、なにか殺人予備軍みたいですよね。こんな飲酒運転者のおかしな精神性の百万倍、いやもっと・・・。が原発推進増設ですよね。先般テレビで・・、寒村漁村に原発が来て、村が潤い、やがて原発拝金奴隷になってしまう、そういう構造になってしまったと番組は言っていた・・・。いい加減日本人民は目覚めないとね。原発反対っていうと、じゃエネルギーどうするってすぐに言う議員がいる。エネルギー源って地熱をはじめいくらでもある。国家の高等判断だみたいなこと言ってるけど、50基も原発がこの小さなわが国にあれば、全部標的になって脅しにいい材料として外国に利用される。子供でも判る・・・。原発やってるんだ、どうだって、まさかいばってるんじゃ無いでしょうね。男だてや勇気の問題ではありませんからね全く。蛇足ですが、国家戦略局?だっかな、やめて欲しいですね。何の戦略?、文字通りの戦争?、そこでなにやってんですかね。普通ほんとの国家戦略指針など表にでませんよね。スパイ防止法もないし、しっかりお願いしたいですねほんとに。

28. 2011年10月26日 01:13:20: vq6OJFc5hA
こんな記事発見しました。

「東京在住者の『爪』からウランが検出 ここ1ヶ月でウランの体内値が高い人が続出」
http://merx.me/archives/13378

東京都内在住者と福島在住者の爪を、ドイツの検査機関に分析を依頼した東京在住の医師が、ご自身のFacebookで語っています。


29. 2011年10月26日 02:15:05: D83r3v8joc
18
そのとおり。核種1グループ、2グループ、3グループとわけるがNHKは1品目だけだな。ほかの板で茶番と書いたが規制がきついとか甘いとかは国内消費者の問題で海外は暫定基準を発表したら途端に全面輸入禁止になる。セシウムだけの食品輸入規制ならアルカイダは合法でアメリカ、ヨーロッパを低エネルギーΒ線核種で全滅できる。風評被害と言ってる関係者への政府からの輸出規制通達は下記。

http://www.maff.go.jp/j/export/e_shoumei/pdf/malaysia_tuuchi.pdf

NHKのアメリカ取材は消費者は日本を想定して食の防衛を言ってたんだね。


30. 2011年10月26日 04:59:32: eNHpyBRiGI
 日本の独裁グループを推測:

 メディアも操る検察国家日本”の象徴は原子力村集団でそこの密かな資金源は電気料金の3%も含む。 含むのは法務省も絡んだ司法も。


31. 2011年10月26日 06:02:13: mpoLMtLyVk
この放送を見て素直に感動できなかった。


ニュースウオッチ9 “涙が止まらなかった”広がる感動 15歳の答辞 「天を恨まず」
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00397/v10150/v0991200000000543571/?list_id=1284948

文部科学省発行の読本の紹介だそうだが、結論は「天を恨まず」らしい。

国営放送たる代表作だと感じる私はひねくれ過ぎているのだろうか?


32. すぅさん 2011年10月26日 07:02:54: ReYbuHchu3v4U : meL0VZqWrW
上述までの記述のほとんどが「無知」なものであることある意味、感動した(笑)

適当に騒いでいる人は適当な発言しかしないという典型例を示しているコメント欄。


33. 2011年10月26日 08:57:58: D83r3v8joc
そうかな?色々勉強になるけど。ただ驚いたのは測定方法の規定の世界統一が無いみたい。ガイドラインでもと思って探したが見つからない。もうちょっとFDAのサイト見てみます。
>>31
ひねくれてるかも。
震災と原発が同時に起こってるがあくまでも震災は日本では1000年に一度の災害、原発は世界であるか無いかの事故になりそう。本格的な核戦争起きたみたいなもんだから。

34. きのくぎ 2011年10月26日 09:15:57: ndU1cLXXUiKSo : Zn4sS3hjmQ
分かりやすい説明ありがとうございます。
食料基準が極めていい加減だということが良く分かります。
いい加減な基準は、いい加減だということを知らしめたうえで、いい加減の中にある論理をもNHKは報道するべきです。
むしろ分かっていて、報道したとするなら、これは犯罪です。

35. 2011年10月26日 10:02:52: ofiZR1fReg
NHKやアサヒなど、既存の日本の商売メデイアは実に悪どい。彼らはこの国の癌であり、兎に角滅亡させるべきだ。客観的事実報道、中立報道を守る真っ当な新たなメデイアを登場させねばならない。嘘や悪党の提灯持ち報道し続けるNHKやアサヒなどは、悪徳権力者らの共犯者だ。かつてのあの大戦から現代まで、彼らのデッチ上げや嘘情報、扇動報道などゆえに、どれほど多くの国民が無益な戦争で殺されたり、人生を犠牲にされてきたかをしっかり知るべきだ。事実上の間接殺人に加担してきた彼らが、責任など取らぬまま今なお存在許されていること自体、犯罪であり、無責任無反省社会日本を象徴している。

36. ポチじゃない 2011年10月26日 11:08:47: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
32 すぅさん>適当に騒いでいる人は適当な発言しかしないという典型例を示しているコメント欄。

NHKの言うことが正しいというなら証明すればよいだけ。
もし間違いがあると言うのなら、それを正せばよいだけ。

NHKがいい加減なこと言っているのに、その反対意見に無責任というのはお門違いですね。

NHKが全ての責任を持つのですかね?
御用学者が適当なことを言っている様にしか見えないのですがね。
あなたの博学をぜひお聞きしたい。>すぅさん


37. 2011年10月26日 11:48:15: gx7dVGZ6VU
>>1 の数字はこんな意味を持っているのか・・

■自給率を考慮した1Kgの食品を食べた場合

アメリカの基準では1200Bqの輸入品が100g+残り900gの国産はゼロベクレル=約120Bq/Kg。

日本では 421Bqを350g+残り650gは国産でゼロベクレル=約120Bq/Kg

(゚ω゚)500Bqとか死ぬぢゃん!


38. 2011年10月26日 14:46:50: ZrMDpsyito
東電守るためなら、
福島にいる国民の被ばくはたいしたことではない。
なんせ福島にいるのは県民であり、
NHK社員こそが真の国民だから。
東電と官僚を守るために、
国民を騙すのががお役目だしね。
東電の御用TV、NHKでした。



39. 2011年10月26日 15:33:35: ofiZR1fReg
体裁つけて、120円値下げだと。笑わすな、NHKよ!そんな姑息な手段で国民を騙し続けても、受信件数など減り続けるだけだ。それよりも、ただちに解散解体すべきだ。これ以上嘘報道、偏向報道で国民を騙し欺き続けるのはやめたらどうか。なお、嘘つき大越などはフクシマに放射能汚染瓦礫の撤去作業にでも行かせたらよい。そうすれば、これまでの傲慢な嘘報道を多少とも悔いるかもしれない。

40. JokerZ 2011年10月26日 16:05:53: FeIzhDqWCHQ1M : jmLapwHqe6
どう観ても、あの番組は、500ベクレルを国民に強要しているだけにしか観れませんでした。やはり、自分の感想は正しい方向で有ったのだと認識しました。やはり、NHKは、国の広報期間でしかなく、、大本営発表でしか無いのです。

41. 2011年10月26日 16:57:23: Rn4eyZEmCM
スメディアを鵜呑みにせず、また、学者についても同様で、
自分でそれらを検証する時代になったようだ。

自分で生データ収拾し検証して判断し即行動する。
マスメディア、学者は参考程度に抑える。

これが出来ない人は、鵜呑みにするしかない。
週刊誌程度の解説記事を鵜呑みにしている馬鹿の多いのにはあきれる。

後は、優れた知り合い、友人、信用できる人に従うという手もある。

テレビや新聞、官僚を批判しても意味がないように感じる。

原発事故に限らず、経済問題、環境問題など実はかなり難しい。
マスコミの連中程度には理解不能だろう。
彼ら自身、何も分かっていないようだ。

嘘を信用して後で後悔しても始まらない。

今回で言えば
原発事故に関し女子供を数日以内に非難させた人が正解である。


42. ももん爺 2011年10月26日 21:20:12: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>>33さん

31さんのいわれているのは{原発さえなければ}・・・{15歳の中学生の答辞にも素直に反応できたのにな}と言う意味だと思います。

自然災害だけでないことを、この少年は言うことができなかった、或いは言うことをとどめられていたのかもしれない、などという想像力は「あなたには」ないのでしょうか?

私は、「天を恨まず」という言葉に含意することを想像せざるを得ません。


43. 2011年10月26日 21:37:37: pEgCpfCxXY
実は、週刊誌や新聞テレビを通じて受け取りうる
メッセージである「安心であるし安全である」
「問題はないのだから民は復興のために買え」
はなお一定程度は浸透している。事実、福島の農産物は福島県内よりも
東京の物産展でよく売れるという報道があるほどだ。
そして、「安心であるし安全である」というメッセージの
魅力、人々が信じたくなる従いたくなる理由はその合理性だ。
何しろ、3.11以前の生活そのままでよいと肯定してくれる。
わざわざ「立ち上がる」事態と事情とを否定してくれる。
街頭に立つ必然を真っ向から打ち消してくれ、目の前のもやもやを
蹴散らす。
今は綱引きだ。いくら安心安全のメッセージが垂れ流されようと
周囲で人が次々に調子を崩していく、芸能人が倒れていく日々が
続けば、誰だって穏やかではいられない。もやもやが頭をもたげる。
いつのひにか、テレビ新聞の報道とネットのブログコメントとのギャップ、
その説得力の違いに、唖然とする日が来る。しかし、その時にはもう手遅れ
である可能性が高い。
しかも、多くの人はテレビ新聞に左右されることなく「自分で動く」ことに
不慣れだ。残酷なようだが、もう手遅れと言うしかないなんらかの事態を
目の当たりにしてようやく、後悔してようやく、
「疎開」という「体内被曝防護の緊急性」を
把握できる人が大多数かもしれない。長いことテレビ新聞の子飼いであった
ことの代償は余りにも大きすぎるものとなるのか。

44. 2011年10月26日 22:11:57: F5FI2GxUhw
今週号(11月4日号)の週刊ポストの
「いまそこにある放射能ホットスポット」という記事がひどすぎる。

放射能汚染の危険性を警告する人々を「カルトやナチスと同じ心理」だと
誹謗中傷し、さらにバナナのようにカリウムの多い食品は
天然の放射線同位体も必然的に多く含まれているので
自然放射線がそもそも高いのだけど、安全だろ、などとシロウト騙しの
詐術を弄し、そこまでいうなら徹底的に馬鹿ヒール役を演じればいいのに、
「福島よりも東京都心のほうがホットスポットで線量が高い場所があるぞ」などと
得意げに吹聴しながら、福島の放射能汚染はさほどではない、と気休めを
宣伝している。

記事のタイトルに騙されてうっかり買ってしまったけど(笑)
みなさん、週刊ポストは立ち読みで済ませて、ぜったいに買うのをやめようね。

アメリカの犬、悪辣でハレンチなインチキ「教育」雑誌で幼児や少年少女を
長年洗脳して痴呆化を進めてきた小学館を、このさいボイコットして
経営破綻に追い込みましょう。 すでにポスト誌の、外注まかせで内容が
ばらばらでお粗末、ページも減ってしまって週刊誌の体裁さえ成していない
くらいの衰弱ぶりをみれば、雑誌広告で設けてきた小学館に死が迫って
いることは明らかでしょう。漫画雑誌におけるトラブルの乱発もその徴候。

衆愚を洗脳しつづける亡国の犬ころ出版社、
小学館には潰れてもらいましょう。

小学館はボイコットだ!


45. 2011年10月26日 22:59:50: chf5K99T2w
アメリカは核実験や湾岸戦争症候群などの国内事情があるからね。

最近の偏向大本営NHKが、そのことに触れて報道したとはとても思えないが。


46. 2011年10月26日 23:02:06: chf5K99T2w
>小学館はボイコットだ!


ここは自民東電びいきで、一時は汚染が核実験当時より遥かに低いとかデマを流してたね。


47. 2011年10月26日 23:27:51: anTF1htJIk
NHK(捏造放送協会)!

49. 2011年10月27日 02:12:34: D83r3v8joc
当時日本は世界の最先端技術を競っていました。相手はイギリス、ドイツ。アメリカは生産力が世界一だが技術の開発はまだまだの状態です。193?年、イギリスと日本は時を同じにして方式の違うミリ波レーダー発信機を発表しました。それから数年後イギリスとドイツは戦争に突入しイギリスの開発力、生産力に限界を感じアメリカからの援助の変わりに最先端技術を移転を決定します。このあたりからアメリカは戦争想定の軍事力強化を図り始めました。1941年真珠湾より太平洋戦争に日米が突入します。ガダルカナルで旗艦戦艦霧島の艦隊がなぞの集中砲撃で轟沈。
ミッドウエイではいち早く空母艦隊を感知され優勢な艦隊がいとも簡単に葬られます。ときを同じにしてシンガポール陥落させ日本陸軍はイギリス捕虜にこの棒切れは何だと尋問します。イギリス兵は苦笑いしながらヤギアンテナだといいましたとさ。今は21世紀インターネットの時代、知識は簡単に手に入ります。それを活用するのは個人です。日本は猿真似はうまいのですが新しく作り出す力、意識は戦前並みの人がやはりいますね。まして大本営はそっくりそのままですから。

50. 2011年10月27日 10:29:28: EJqfugieDw
社員の平均年収1041万円の国営放送が虚偽とは世も末。
北朝鮮のTV等と比べてみれば、良識ぶった確信犯の分で更に下劣。

NHKはこの国に無用の長物。


53. 2011年10月27日 14:09:12: gx7dVGZ6VU
>>48 その現在とは3.10です。福島原発事故以前の値です。 

3.11以降の東京は、63年の300倍は汚染されています。

http://umi238.blog79.fc2.com/blog-entry-75.html
Q1:
エアーフィルターからプルトとウランが検出したそうだがどこを走っていたのか?
(注・α核種というだけでプルトやウランという核種まではわかっていません)

A:
ひとつは千葉市と東京を100日間往復し続けた車。
セシウムと134と137が核実験ピーク時の300倍。
(空気中汚染は730ミリBq/m3、核実験ピーク時が2.4ミリBq/m3)
もうひとつは福島から100キロ圏外で100キロ
走った結果(四台分)ということしか知らない。
それを郵送してくれた人物がここにいないので詳しいことはわからない。


54. 2011年10月27日 17:28:15: Vfnd9ixBGk
48 過去にも汚染があったから,心配するな。
これは,典型的な詭弁だよ。
ガンは昔はかなり,珍しい病気だった。
現在死者の1/3はガンだと言われている。
これは,このような過去の影響かもしれん。
ただし,10000倍の高放射線汚染地区だった
というような大嘘は書くな。
書くなら根拠を示せ。

57. 2011年10月27日 20:54:12: 03bw0jfJsI
48>さん嘘を平然と述べてはいけません。こと人の命と健康にかかえわる問題です、最早犯罪ですよ。間違って覚えてしまったのなら、良い機会ですからここで学んで正確な知識を身につけましょう。福一後の3.18〜19日の東京は、チエルノブイリ時に過去最大の放射能が東京に流れてきた、チエルノブイリ時放射能汚染の約1000倍であった。と小出氏が自ら計測して仰っていた。

58. 2011年10月27日 21:00:05: 6Huq1dxSKc
被爆に関して安全な範囲という値はない。
できるだけ被爆しない方が良い。

特に人口放射性物質による内部被爆は研究途上の分野であり、ヨウ素と甲状腺癌など因果関係を判断するのが安易なものしか危険性は解明されていない。


60. 2011年10月27日 21:55:54: D83r3v8joc
添付の阿修羅板に間違えて書いたので2重投稿になっちゃった><
何を血迷ったか知れないが縦軸の単位がミリベクレル=0.001ベクレル。東京はどこでも10,000ベクレル以上出てる。小学校から出直したら。官僚が血相を変えて安全という訳無いだろう。おそらく60年前の量は現在の台湾、アメリカ、九州、あたりの数値で間違えても現在の東京の100分の一もいかないだろう。

61. 2011年10月27日 22:08:52: D83r3v8joc
60ですがコメント目標は一応
>>55
これだけの科学的知見の差があれば私はあなたをなんにでも洗脳できる自信があります。

64. 2011年10月27日 23:28:53: j8DlsR41DQ
もうね国も日本放送協会も大量殺人犯ですよ。どうしたらいい。

出来ることはなんだ。

【引用開始】

これは3月、福島原発が爆発した直後にドイツのニュース専門チャンネルn-tv オンライン版に掲載された記事です。・・・略・・・福島から遠く離れた横浜でもストロンチウムの検出された今、翻訳してみることにしました。

ここでインタビューに答えているドイツの女医ドルテ・ズィーデントプフさんは同じ時期、ドイツ第一テレビARD局の『遺伝子の中で荒れ狂うチェルノブイリ』 にも登場されていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ソース:Das leise Sterben

n-tv
SPEZIAL

Samstag, 19. März 2011

Das leise SterbenHorrorszenario wartet aufJapan

http://www.n-tv.de/Spezial/Horrorszenario-wartet-auf-Japan-article2887296.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*****

ドルテ・ズィーデントプフさんは20年来チェルノブイリ近郊の汚染地域を訪れ、現地とドイツとで、放射能の被害者達の救援活動を行っています。ズィーデントプフさんは核戦争防止国際医師会議 IPPNWのメンバーでもあります。n-tvとのインタビューでは白ロシアの村の人々の悲しみに満ちた生活とその静かな死について、そして原発事故の起こった福島を待ち受けている将来について語ってくださいました。

n-tv:20年間チェルノブイリの放射能犠牲者をご覧になっていらっしゃる経験から、日本人を待ち受けている将来についてどのようにお考えになりますか?

急性放射線障害に脅かされている原発作業員達の運命については誰しも想像がつくでしょうけれども、低線量被曝に晒される何千人、何万人もの人間にも着目しなければなりません。事故のおぞましい映像や、遅かれ早かれ死に見舞われ、あるいは病に倒れるだろう作業員達の運命にも関わらず、私達はあまりにあっさりと、低量被曝を受けた人々の間に長い年月に渡って広がっていくことになる病気を忘れてしまいます。

n-tv:福島原発周辺地域の放射能汚染に関する具体的な報告はありますか?

残念ながら信頼できる情報はほとんどありません。セシウムが環境に放出されたとらしいというのが私が最近耳にした情報です。そこでセシウムを例にとって説明しましょう。セシウムは生物学的にカリウムと似ており、人間の体は良性のカリウムとセシウムとを区別出来ません。セシウムは呼吸と食物を通して人体に侵入します。セシウムの身体への侵入を防ぐことは出来ません。人間の体に入ったセシウムは独立して細胞に取り付き、細胞のエネルギー源を破壊します。肝臓であろうと膵臓または脳細胞であろうと問題ではありません。セシウムに取り付かれた細胞は、隣接する細胞を同様の状態にした後、死亡します。こうやって不気味な悪循環が始まるのです。生命は細胞から誕生しますが、この場合、細胞は死の出発点となるのです。

n-tv:細胞に取り付いたセシウムの潜伏期間はどれくらいですか?

それはセシウムを取り込んだ人の年齢によります。子供は細胞分裂を絶え間なく行っていますから、より大きな危険にさらされています。成長期にある子供は常にエネルギーを必要とし、常に傷ついた細胞と共存していかなければならないのです。すでに臓器の成長が終わり、細胞分裂の総数が少ない成人は、即座には脅かされません。そう言う訳で、子供の方がずっと早い時期に悪性の疾患に見舞われます。チェルノブイリの経験から早ければ一年後から四年後とわかっています。成人の潜伏期間は20年から25年です。

n-tv:つまりチェルノブイリ事故から25年を経た今、当時いわゆる低線量被曝を受けた人間が発病しているということなのですか?

その通りです。当時の大人は25年間生き延び、今病気になっています。私達はそれを”静かな死”と呼んでいます。当時の子供達はもうとっくに発病しています。そして多くが死んでしまいました。

n-tv:人間の生殖活動にはどのような影響があるのでしょうか?

セシウムは遺伝細胞にも存在します。厄介なのはセシウムが女性の卵巣や卵細胞にも取り付くことです。これらは再生しない細胞なので、生涯傷つくことになります。男性の精子は再生しますが、生殖活動の中で、傷ついた情報が伝達されていきます。そうなるとまったく子供が生まれなくなるか、または生まれても、父親と母親から傷ついた情報を受け継いでいるのです。その結果はとても想像できません。日本の責任者達はとっくに女性や子供を南に移住させていなければなりません。何故彼らがそれを実行しないのか、私には皆目理解が出来ません。将来大量の白血病が出現するでしょう。今回のセシウム雲は日本人にとって大変な惨劇です。しかもその他の放射性核種についてはまだ何もわかっていないのです。

n-tv:ヨウ素とストロンチウムも話題に上っています。

ヨウ素というのは放射性ヨウ素のことで、子供の甲状腺に様々な影響を与えます。子供達は成長途上にありますから、甲状腺は大人よりも多くの放射性ヨウ素を取り込んでしまいます。チェルノブイリの経験から、子供達の甲状腺癌が飛躍的に増加することが予測されます。残念ながら日本の方々は覚悟をしていなければなりません。

n-tv:ストロンチウムは?

ストロンチウムもセシウムに似て、厄介極まりない核種です。人間の体はストロンチウムも区別することが出来ず、食物に含まれていれば吸収してしまいます。ストロンチウムは骨と歯に取り付いて放射を続け、血液(つまり赤血球や白血球、血小板と言った基本細胞)を製造する器官のある骨髄を攻撃します。これらの血液細胞はストロンチウムによって傷つけられます。それも生涯に渡ってです。というのはストロンチウムは一度取り付いた場所を離れることは決してなく、そこで短いベータ線を放射し続けるからです。

n-tv:事故を起こした原子炉の周辺地域がどれくらいの時間で再び清浄になったと言うことが出来るデータは存在しますか?

半減期というのは放射線の半分が消滅する期間を指すだけです。生物環境から放射性核種が完全に消滅する時期を想像するには、それぞれの半減期に10を掛けなければなりません。ストロンチウムとセシウムの場合はだいたい400年ということになります。つまり想像しうるあらゆる生物環境いたるところに低量の放射線が存在すると言うことです。もちろん地下水にも。

n-tv:汚染地域で生きること言うことを、どのように想像したらいいのでしょうか?

生きるですって? 何よりも人々は死んで行くのです。

静かに死んでいきます。

主に癌が原因ですが、あらゆる病気で人々は死んでいきます。ストロンチウムも大きく起因しています。例えばエネルギー交換が不可能となって心筋がやられます。ベラルーシーで行った診察は、子供達が2歳、3歳、4歳にして急性心不全で死んで行くことを証明しています。癌だけではないのです。腎臓不全、肝不全や多くは血液製造障害が原因で人々は死んでいきます。これらは「チェルノブイリ・エイズ」という名称で知られ、生き延びられるチャンスはほとんどありません。
n-tv:事故との共存が社会的に受け入れられることが最終的にあるのでしょうか?

外見上はあります。私はかれこれ20年に渡って定期的にチェルノブイリの周辺地域を訪れていますが、今でも現地の人々は事故のこと、自分達の将来のことについて語るのを嫌います。彼らは身を小さくして、死と共に生きています。死人を出さない家族はありません。若い人々、うんと若い人々が本来は老人にしかありえない病に侵されています。チェルノブイリでは、家を出た途端倒れて死ぬ若者がいます。急性の心不全です。20歳,25歳,30歳での心不全は決して珍しくありません。

n-tv: プルトニウムについてまだ話をしていません。もしも大爆発が起こったら環境に放出される可能性がありますね。

万一原子炉のひとつでも本当に爆発することになったら、私には想像したくもない惨事になるでしょう。プルトニウムはこの世で一番恐ろしい毒物です。福島の原子炉の燃料の半分はプルトニウムを含んでいるという話です。ほんの少量でもプルトニウムが体内に侵入すると肺癌に発展します。これに対して人間の体はまったく無防備です。そしてこれは不治です。何十万という人々が命を落とすことになるかもしれません。

(Peter Poprawa によるインタビュー


65. 2011年10月27日 23:30:07: j8DlsR41DQ
以上は山崎しずこさんのブログより転載です。

68. ポチじゃない 2011年10月28日 00:57:03: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
67. iyaoさん>

チェルノブイリは関係ありません。
あなたは、ほんの少しの放射線でも生殖細胞のDNAを壊さず、日本の出生率に負の影響を全く与えないと証明すれば、よろしいかと思います。


71. ポチじゃない 2011年10月28日 02:53:33: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
原発推進派さん達へ。

子供達を心配するのは、放射線は遺伝子を壊し子孫に悪い影響を与えると心配していることなので、福島原発由来の放射線は、生殖細胞のDNAを壊さず、日本の出生率に負の影響を全く与えないと納得できるように証明すれば、よろしいかと思います。
がんが怖いなどと目の前の心配をしているのではありません。


73. 2011年10月28日 07:29:49: pEgCpfCxXY
ベラルーシに生きるバベンゴ先生の言葉を噛みしめる。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4418113185
親からはじめよう放射能教育, 2011/9/21
By
アマゾネス (東京都) - レビューをすべて見る
(VINEメンバー) (トップ500レビュアー)
レビュー対象商品: 自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集) (単行本)
File 11より
…私たち親はまずこの地で自分たちに負わされた義務を
果たさなければならないのだと最初に理解してください。
 自分は犠牲者である、被害者である、というイメージを
捨ててください。
 そして親切な外国人ボランティアがそのうちやってきて、
ベラルーシ人の問題を解決してくれるだろうといった望みを
持つのもやめてください。
 重要なことはあなた自身にかかっています。…

この文章に著者の強い決意のようなものを感じます。
写真や図版が豊富で、原発関連本でありながら、その種の怖さはありません。
客観的に誠実に、今のベラルーシを伝えているからでしょう。

チェルノブイリ事故知らない子供たち(小高学年〜中高生)にもおすすめです。
原発立地県すべての学校図書館に配布されることを、切に願います。

同じカテゴリーの本「福島原発事故 放射能と栄養」白石久仁雄さん著
は地味な作りですが、26のレシピ収録。



74. 2011年10月28日 08:08:05: D83r3v8joc
でた。核分裂が暴走??原発の原理がわかってない。原発の暴走=臨界=制御棒を抜いた状態=通常運転。チェルノと福島は基本は同じ爆発。3号炉は未知の核爆発といってる米学者もいる。またチェルノから3キロしか離れてない町の話があるがそこで福島の3号炉の音速を超えた衝撃波が発生した爆発があれば誰もがきずくはず。ただし爆発は夜中に起こったがね
だが危ないと不安を煽ることを言うつもりはない。一言で言うと”構えろ!”ということだよ。>72さんが言うことが的を得てる。対岸の火事で無関心でいたが、、、これから来る無残な死が家畜のように訳もわからず死んでいくか、今後の善後策で選挙、土遊び、等々すべてに気をつけることを心がけてほしい。東京からタイ、地方の転勤は大歓迎、新しい価値を作ってくれ。最近のアメリカのチェルノの著者は被曝したら何もしないで死ねといってる。ベラルーシの人は被曝しながら世界ではたいしたことが無いただ民族が一つ無くなるだけといってる。映像はちょっと前に張ったので、、、皆さん構えましょう!経験者の映像は下記
http://www.youtube.com/watch?v=ry_WACFd8Ds&NR=1
忠告してる人は何人もいたのに無関心だった><

75. 2011年10月28日 18:36:37: lHrAG7rVPM
NHKは実態は法律で守られた国営放送でありながら独自に税金同様に受信料徴収
を行い、総務省官僚の面倒を見ることによって、経営の説明責任を持たず。
当然、官僚組織擁護、NHK擁護政権党に偏向報道してしまう事は避けれない。

このいいかげんなのご都合主義な国民の生命・財産などより東電・政府を守るための情報を垂れ流すのも、NHK自体のあまりにも総務省官僚のために存在するような法律に問題があると思います。

1.ヨーロッパの国の多くは受信料徴収システムです。

2.アメリカは公共放送機構が番組を民放に無料で供給する形を取っています。
   (税金から、国民には直接請求はしない)

NHKは公共放送を標榜していますが、現実には法律に基づいて受信料を徴収していますが実態は「国営放送」的存在で総務省官僚・政府のみに説明責任があるだけです。国民の意見は聞きますが返事はしません。

公共放送であれば公平な報道と国民に説明責任の生じる形にすべきです。
アメリカのように税金からの捻出の形にした方が社会的不公平は減ります.

NHKはヨーロッパとアメリカのシステムの自分たちに都合のいい部分のみ採用したシステムであるのは間違いありません。
法的には「受信してる、してないに関係なく受信機」があれば徴収するという
「税金的徴収」でありながら、国民の関与を廃するためにこのようなシステムを
 総務省官僚が将来の天下り先のために作ったシステムなのでしょう。

村上春樹「1Q84]の主人公・天吾の父親がNHK集金人で、かなりリアルにその卑しい仕事内容がよく描かれてます。

けれど、集めたお金の金額が毎年6900億にもなり、たぶん殆どが高額な人件費と総務省天下り企業に消えてる事を殆どの国民は知らされることもなく消えてます。

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/yosan/yosan23/pdf/syushi.pdf
事業収益 6,920億円
事業支出 6,800億円


受信料の徴収についてもかなり偏りがあります。
たとえば、経団連企業本社・事業所・金融機関支店で受信料を払っているところは稀です。なぜか大手ホテル関係は皆無です。
創価会館など主な宗教施設も対象外です。
税務署どうように暴力団事務所・住居・同和団体関係・共産党関係・政治家事務所
の殆ども対象外です。

税金同様に取りやすいところから集め、適当に誤魔化して年6900億です。

民営化させるか、10分の1くらいの予算で国営放送化すべきです。

そうしない限り、永遠に国が滅ぼうとも公平で正しい情報を流さないでしょう。


77. 2011年10月29日 00:27:31: D83r3v8joc
>>76
コメントありがとうございます。この板の知見ですが日本政府の気象庁は60年前から放射能測定をしていたようです。ここでの単位はミリベクレルでした。現在は10ベクレル以下は測定不能だそうです。ミリベクレルとは千分の一の単位で測定限界が10ベクレルならこの単位は無意味で通常使いません。ベクレルとは非常に大きな単位でしかも今回のこの高エネルギー核種では3流機器でも数秒で測定ができます。がその千分の一の量においては精密に時間をかけて測定します。これだけの技術と精度を60年前から持っていてなんで駆使しないんでしょう?ネットでは公表されてないみたいですが真実とはなんの疑問もありえないんです。われわれ戦後教育を受けた人は共産主義、自虐史観、等々色々洗脳を受けた経験がありこれを払拭するのも慣れてるはずです。願わくば色々な情報に接して真実を見つけていきましょう。洗脳とは真実でないことを信じることだと思うので仮に政府がやってるなら戦後の経験上海外からが容易と思われます。

80. ポチじゃない 2011年10月29日 11:26:13: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6
78さん。

iyaoさん向けには、68番のメッセージですが、何か勘違いされているんじゃないですかね。>>68. ポチじゃない 2011年10月28日 00:57:03: PwE4PFXwvXHzE : Fi2jKAzQZ6 >>67. iyaoさん>
>チェルノブイリは関係ありません。
>あなたは、ほんの少しの放射線でも生殖細胞のDNAを壊さず、日本の出生率に負の>影響を全く与えないと証明すれば、よろしいかと思います。


それから、私の63番のメッセージが消されているようですが、どのような理由か教えてください。>管理人さん


82. 2012年3月20日 16:20:42 : F2Qmt61v66
なるほど!そういうことだったんですね。こうやって詳しく教えてくれる方がいると本当に助かります。

83. 2012年4月03日 13:25:02 : SZQ51rL8Oo
NHKは、数日前にも(9時のニュースだったと思う)
4月から国の基準値が変更のニュースの中で、
他国の基準と比較しながら、「如何に日本の基準が外国よりずっと厳しいか」
をアピールしてました。
私自身「おや?」っと思ったのではっきりと記憶してます。

この記事で説明して下さっている「国により輸入食品の摂取割合の設定が異なる」ということならば、定義が異なる数字を比較しても意味がないわけですよね。

NHKは確信犯なのでしょう。恐ろしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧