★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 779.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
事故半年経過後の福島市では外部被曝は内部被曝と同程度以上と思われる
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/779.html
投稿者 浅見真規 日時 2011 年 12 月 01 日 01:08:17: AiP1TYI88G3dI
 

千葉市にある日本分析センターでは大気浮遊塵としての放射性セシウム134と137は2011年11月1日から28日まで不検出で合計でも0.001ベクレル毎立方メートル未満である。
仮に福島市の大気浮遊塵が千葉市にある日本分析センターの百倍存在しても0.1ベクレル毎立方メート未満である。

(日本分析センターHP参照)
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka.pdf
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka_back_2.pdf
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka_back.pdf

成人の一日吸入する空気を20立方メートルとしても、毎日2ベクレルであり、強風で土埃が舞う日の外出にマスクすれば、今後1年間の吸入量は、せいぜい800ベクレルである。
食品と牛乳の合計で毎日100ベクレル摂取するとしても今後1年間の放射性セシウム134と137の合計の経口摂取量は3万7千ベクレル未満である。
要するに粉塵吸入と食品・牛乳の経口摂取を合わせても今後1年間の放射性セシウムの平均的福島市民の体内への取り込みは4万ベクレル未満である。

放射性セシウム134と137の合計4万ベクレルの危険性をICRPの線量係数を基に換算すると年間0.76ミリシーベルトまたはヨウ素131換算で約3万5千ベクレルにすぎない。

ちなみに、放射性セシウム134と137の合計4万ベクレルの危険性をECRR(私は信用しない)の線量係数を基に換算しても年間2.6ミリシーベルトまたはヨウ素131換算で約2万4千ベクレルにすぎない。

福島市の屋外毎時1マイクロシーベルト、屋内毎時0.2マイクロシーベルトの場所で一日に屋外4時間、屋内20時間の生活で被曝する外部被曝は毎日8マイクロシーベルト、年間2.9マイクロシーベルトとなるので外部被曝の方が大きい。

尚、ICRPの線量係数でヨウ素131換算で約3万5千ベクレル、ECRRの線量係数で約3万5千ベクレルは医療用ヨウ素131薬の投与量に比べるとわずかである。
医療用ヨウ素131薬は甲状腺癌治療では最大7.4GBq(74億ベクレル)投与するからである。
*****
[ ICRPもECRRもヨウ素131の実効線量係数を過大評価している ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/652.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月01日 01:28:22: FEC1zKK4NY
日本分析センターは文部科学省の委託を受ける財団法人です。はい。

02. 2011年12月01日 03:35:45: j8DlsR41DQ
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1056.html

キンタマさんも急速に免疫が東京のひとはおちてるといってますが関西も症状が出始めてますよ。


03. 恵也 2011年12月01日 12:14:53: cdRlA.6W79UEw : aWVGBoz7i2
>> 甲状腺癌治療では最大7.4GBq(74億ベクレル)投与するからである

医療用って言うと、甲状腺細胞を正常に直すような印象があるけどこの薬は
正常な甲状腺細胞もガンの甲状腺細胞もまとめて死滅させる薬。
メスで切り取る代わりに、劇薬で焼き殺すようなもの。

そんな副作用が心配されるような劇薬と、体内に入って全身で悪さをする
ヨウ素131を比べるなんて狙いがミエミエだよ。

>> 年間2.6ミリシーベルトまたはヨウ素131換算で約2万4千ベクレルにすぎない。

ヨウ素換算なんて机上の計算でしょう。
生き物というものは急所にダメージを受けると簡単に動けなるし死んでしまう。
それを急所がないような簡単な計算式で、被害が表されるはずがない。

甲状腺にヨウ素が集まるのは甲状腺ホルモンの材料にヨウ素を大量に使うためで
甲状腺に集まった放射線が急所の細胞を破壊すれば、簡単に病気になるよ。
内部被曝の換算値なんてまがい物に過ぎん。要は身体に入れないことだ。


04. 浅見真規 2011年12月01日 13:22:53: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>03
>医療用って言うと、甲状腺細胞を正常に直すような印象があるけどこの薬は
>正常な甲状腺細胞もガンの甲状腺細胞もまとめて死滅させる薬。
>メスで切り取る代わりに、劇薬で焼き殺すようなもの。


たしかに、そのとおりだが、しかし、ともかく、7.4GBq(74億ベクレル)の
ヨウ素131の投与でも、患者は寿命が短くなったり癌の発生率が上がったりしても、
投与後もほとんどの患者は相当程度は生きている。

バセドウ病治療用7mCi(約2億6千万ベクレル)程度ならガン全体の死亡率にも
変化は無い。日本でも手術痕を嫌う若い女性のバセドウ病患者が利用している。

ヨウ素131は甲状腺に集積しやすく甲状腺の被曝は他の臓器の千倍近いが
他の臓器も若干は被曝する。バセドウ病治療用7mCi(約2億6千万ベクレル)程度で
甲状腺以外の臓器も平均で80ミリシーベルト程度は被曝すると考えられる。

内部被曝が外部被曝よりはるかに危険ならありえない話だ。

尚、この話は、下記の主張を念頭において書いたものだったので、それを
明示すべきだったのに、このスレで明示しなかったので誤解を招いたのかも
しれない。

http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/660.html#c148
>チェルノブイリの経験で内部被曝のほうが、数百倍といっていいほどの影響を
>与えることがわかっているのにです。


05. 浅見真規 2011年12月01日 13:24:37: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
本文の訂正

(誤)年間2.9マイクロシーベルト

(正)年間2.9ミリシーベルト


06. 2011年12月01日 16:47:29: fqNmfeq5yE
>03
>内部被曝の換算値なんてまがい物に過ぎん。
>要は身体に入れないことだ。
おっしゃるとおりと思います。>>04
>内部被曝が外部被曝よりはるかに危険ならありえない話だ。

内部被曝の換算の仕方に疑問があると考えるのは止むを得ないでしょう。
何と言っても「人体実験」の途上なのですから。「正しい換算係数」を「解明」死体メンゲレ達は待ち望んでいることでしょう。

問題は、ヒトの生体機能全体を改変して仕舞う物質だ、放射能は、と云う点でしょう。放射能は人間の外的物質である、が、体内に入った時、あるいは入らなくても、大変な影響をおよぼす。

遺伝子断裂によって機能阻害を引き起こして仕舞うだけではなく、
遺伝子の発現の量にまで影響を与えてしまうのだ、ということがしめされている。
遺伝的に継承した塩基配列がたとい書き換えられていなくとも、
遺伝子からの生体の全体機能がやられてしまうこと、これを正しく理解しないと、内部被曝が外部からの放射線照射と同類に羅列的に考えられてしまう問題が生じるだろう。
外部からの照射だけで、遺伝子Usp2が影響低下され、p53やcycDが、低下してしまうなら、
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/628.html

大変なことだ。発ガン抑制に関与する遺伝子群だ。いきなり断裂を引き起こさない程度の低線量影響が、重大な遺伝子発現結果の原因となるであろう。
しつこく言うが、線量数字でシミュレート出来るほど遺伝子発現影響は解明されてない。そこに死神博士達が付けこんでいるのだ。だから内部被曝もさらに回避すべき理由がある。毒の皿舐りは決して推奨してはならんのだ。


07. 浅見真規 2011年12月01日 22:18:42: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>03 >>06

ヨウ素131に換算するなら自分の下記の説に従って、セシウム137の方がヨウ素
131より全身については約42倍危険(セシウム134は約61倍危険)とすべきだったが、
その場合、ヨウ素131についてはヨウ素131薬の添付文書のMIRD法の結果を利用し
放射性セシウムについてICRPの実効線量係数を利用するという方法の混合で
せねばならず、省略してしまった。しかし、これはまずかった。


08. 浅見真規 2011年12月01日 22:53:23: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>07の補足
>ヨウ素131に換算するなら自分の下記の説に従って、


[ ICRPもECRRもヨウ素131の実効線量係数を過大評価している ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/652.html
>ヨウ化ナトリウム・カプセル添付文書(注1)によれば、37MBq投与による
>全身の吸収線量が11.5mGyすなわち11.5mSvなので、数日前からヨウ素摂取制限
>した場合の暫定的実効線量係数を11.5mSv/37MBqとします。
>すなわち、3.1*10^(-10)(Sv/Bq)すなわち0.00000000031(Sv/Bq)とするのです。


09. 浅見真規 2011年12月02日 22:02:31: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
このスレは「事故半年経過後」を前提としてるが、事故直後で、ヨウ素131の
130Mベクレル(1億3千万ベクレル)を約40ミリシーベルトに換算すると批判が出た
だろう。

10. 2011年12月04日 17:11:36: 4eHwpIw3PQ
01さん、03さん、06さんの指摘通りですね。
この投稿者は、被曝を小さく見せるあれこれの小細工をだしては、(このコメントでもそうですが)訂正を繰り返し、みっともない姿をさらしています。

「医療用って言うと、甲状腺細胞を正常に直すような印象があるけどこの薬は
正常な甲状腺細胞もガンの甲状腺細胞もまとめて死滅させる薬。」

 この03さんの指摘は、投稿者の薄汚いイメージ操作の意図の暴いて急所を突いていますね。

 内部被曝は分かっていないことが多い。
 放射線の強さは、距離の二乗に反比例しますが、内部被曝では、それが細胞に密着するのです。
 内部被曝の影響がはっきりわかるということは、上の適切なコメントにもありますが、「200万人の福島県民すべてが被験者です。科学界に記録を打ち立てる大事業になるでしょう」(山下俊一、ドイツの雑誌『デア・シュピーゲル』)という日本のメンゲレ連中には嬉しいことであっても、結果が出た時では、一人ひとりにとっては遅いのです。
 その警告をおこなうのでなく、あれこれの数字の操作で、内部被曝がさほど危険でないようにいう、この投稿者は、一体、何者なのでしょう。


11. 浅見真規 2011年12月06日 08:25:01: AiP1TYI88G3dI : qRntRp2MYc
>>10
>放射線の強さは、距離の二乗に反比例しますが、
>内部被曝では、それが細胞に密着するのです。


実際の体内では「距離の二乗に反比例」はしない。
透過力の低いベータ線やアルファ線は、それよりはるかに短い距離で減衰する。
透過力の高いガンマ線や中性子線はベータ線やアルファ線に比べれば、
実際の体内でも「距離の二乗に反比例」に近いが「距離の二乗に反比例」よりは
減衰する。

しかし、細胞に密着と言っても、原子の半径二個分の距離があるので放射線強度
が無限大にはならない。
もちろん、透過力が非常に弱いアルファ線では、損傷を受ける細胞はほとんど
アルファ核種の隣接する細胞だろう。
ところが、ガンマ線の場合は透過力が高いので、すぐ隣の細胞を損傷させるとは
限らない。
そして、堆積は距離の三乗に比例するので、細胞のすぐ近くに放射性物質が来て
崩壊して放射線を出す確率は低い。細胞付近に放射性物質が存在する確率は
「距離の三乗に反比例」するからだ。

そういうわけでガンマ線の場合は、指摘の論法は無意味だ。

ただし、放射性セシウムは透過力の弱いベータ線も出すので、それについては
すぐ近くの細胞が損傷を受けやすいのは事実だ。

ところが、ICRPの実効線量係数は、それも考慮しているはずだ。

ただし、ほとんどベータ線しか出さず、骨に蓄積しやすいストロンチウムに
ついてはICRPの実効線量係数は過小評価されている疑いがある。

内部被曝で注意すべきはプルトニウムとかウランのようなアルファ核種と
骨に蓄積するストロンチウム90のような核種であって、比較的排出されやすく
アルファ線を出さず、体内にほぼ一様に分布するセシウム134や137の危険度は
ICRPの実効線量係数を参考にすれば良い。


12. 浅見真規 2011年12月08日 01:06:59: AiP1TYI88G3dI : qRntRp2MYc
>>11の訂正
(誤)堆積は距離の三乗に比例
(正)体積は距離の三乗に比例

***
(誤)細胞付近に放射性物質が存在する確率は「距離の三乗に反比例」するからだ。
(正)細胞付近に放射性物質が存在する確率は「距離の三乗に比例」するからだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧