★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 390.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発を国有化せよ[ネイチャーへの投稿]鳩山由紀夫元首相らの事故原因究明活動
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/390.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 12 月 16 日 21:53:52: Mo7ApAlflbQ6s
 


福島第1原発国有化を主張 鳩山氏がネイチャー誌に提言 事故調査の観点から

2011.12.15 00:27

 民主党の鳩山由紀夫元首相と平智之衆院議員が英科学誌ネイチャー(12月15日号)に、東京電力福島第1原発に関し、「事故の情報を収集し、事実を公にするため国有化すべきだ」と主張する提言を発表することが14日分かった。

 鳩山氏らは東電が事故時の手順書をほぼ黒塗りで提出したことを挙げ、「知的財産保護や核物質防護を理由に、資料全部が開示されたのは(震災から)6カ月が経過していた」と情報開示に消極的な姿勢を批判。事故検証や実態解明の観点から国有化を求める。

 事故について楽観的な考察が広がる危険性も指摘し、(1)放射性物質キセノンの検出を受けた再臨界の有無(2)核物質の飛散状況から核爆発をしていた可能性(3)溶解した核燃料により溶け落ちた圧力容器の底の状況−などが未解明であることを問題視する。

 原発事故の収束には最悪のケースのシナリオを想定すべきとした上で、「国有化によって政府は事故調査や災害補償を義務づけられることになる」と強調。幅広い分野の科学者による協議会設立も訴える。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111215/plc11121500320002-n1.htm
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「場合によっては菅元首相も牢屋に」 みんな・渡辺氏
2011.12.16 19:08 [菅前首相]

 みんなの党の渡辺喜美代表は16日の記者会見で、野田佳彦首相が同日、東京電力福島第1原発の原子炉の冷温停止を宣言したことについて「何が冷温停止だと変な気がする。メルトダウンまで起こしている原子炉について当てはまるのか」と疑問を示した。
 その上で「事故の調査は国会の事故調査委員会で徹底して原因究明、責任追及をやるべきだ。菅直人元首相も含めて(証人喚問し、偽証するなど)場合によっては牢屋に入ってもらうところまでやるべきだ」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111216/stt11121619090006-n1.htm
=================================================================================================


福島第一原発を国有化せよ
Information blackout seen in redacted manual

Nature 480, 313-314 (2011年12月15日号)
doi:10.1038/480313a

平智之と鳩山由紀夫は、福島第一原発事故の真相を科学者たちが究明するためには、これを政府の管理下に置くしかないと主張する。

平 智之、鳩山 由紀夫

2011年3月11日の地震と津波に続いて福島第一原子力発電所で発生した事故は、日本と世界の原子力の未来にとって、きわめて重大な出来事である。この深刻な事故に適切に対応するためには、そこで起きたことと今も起こり続けていることを正確に把握する必要がある。

事実関係を明らかにするためには、あらゆる可能性について証拠と反証を収集し、それらを公開しなければならない。これにより初めて、世界の人々は、東京電力が策定した事故収束計画を信頼し、あるいは、それをどのように修正すべきかを判断できるようになる。
なかでも重要なのは、最悪のシナリオが現実のものとなってしまったのかどうかを知ることだ。具体的には、損傷した炉心で持続的核分裂反応が再び始まり(再臨界)、さらなる核分裂生成物と熱損傷が生じた可能性はないのか、地震から数日後に原発で爆発が起きているが、これが核爆発で、破損した燃料棒から放射性金属がまき散らされた可能性はないのか、そして、溶融した燃料が原子炉格納容器の底を突き破り、環境汚染を引き起こすおそれはないのか、という問題である。

3月24日、有志の国会議員が最悪の事態に対応できる計画を策定することを目標とする「Bチーム」(政府の「Aチーム」に対する)を結成した。Bチームは、結成を呼びかけた鳩山由紀夫(元首相)のほか、藤田幸久(財務副大臣)、川内博史(衆議院政治倫理審査会会長)、平智之らをメンバーとする。Bチームが今後発表する報告書で行う勧告は、政府とも、原子力安全・保安院とも、東京電力とも独立の立場からのものとなる。

われわれのこれまでの調査は、カギとなる証拠が不足していることを示している。われわれはいまだに最悪のシナリオが実現してしまったのかどうかを知らない。それを明らかにするためには、福島第一原発を国有化して、独立の立場の科学者が原発に立ち入れるようにしなければならない。
再臨界の可能性

炉心内部で核分裂反応が進行している場合、さらなる核分裂生成物ができ、その熱により冷却・除染システムが損傷されるおそれがある。ある種の同位元素が検出されることが、再臨界が起きたことの証明になる。例えば、塩素の放射性同位体である38Clは、その安定同位体が中性子を吸収したときに生成するもので、半減期は約37分と非常に短い。したがって、38Clの存在は、その時点における核分裂反応を示唆している。

福島第一原発で38Clが検出されたのかどうかについては、報告に混乱がある。3月26日の原子力安全・保安院の報告では、東京電力が2日前に1号機の地下で採取した溜まり水から38Clが検出されたということだった。1号機への海水(塩化ナトリウムを含む)注入はそれ以前より続けられていた。4月1日には、同じ原子力安全・保安院が、東京電力による核種分析に疑問を呈した。放射性ナトリウム(24Na)もまたサンプルに含まれるはずだという。しかし、一部の科学者は、たとえ24Naが検出されなくても、38Clが検出されることがありうると主張している。4月20日、東京電力は以前の報告を撤回し、38Clも24Naも検出されなかったと発表したが、その分析に用いたデータは公表しなかった。われわれBチームは、原子力安全・保安院を通じて東京電力のデータ(ゲルマニウム半導体検出器によるもの)を入手し、再度、分析を行った。その結果、当初の報告に近い濃度(160万ベクレル/ml)の38Clが存在していたという結論に達した。われわれは、原子力安全・保安院と東京電力がこの検出を疑問視したことは根拠を欠くと考える。

もう1つの根拠が、ウランやプルトニウムが核分裂を起こすときに生成される、半減期が9時間のキセノン135(135Xe)である。11月1日、東京電力は2号機で135Xeを検出した。しかし、原子力安全・保安院は、それが微量であることを理由に、この135Xeは停止した原子炉内の燃料が自発的核分裂を起こしたことで生じたものと推定され、持続的核分裂反応によるものとは限らないとした。したがって、再臨界に関する証拠は、いまだ決定的なものではない。

核爆発の可能性

原発で起きた一連の爆発の原因は何かという疑問にも答える必要がある。それらは当初、水素爆発によるもの、すなわち、燃料棒を覆う合金と炉心の水蒸気との間で高温の化学反応が起きた結果であると報告されていた。しかしこれに関しても、未解決のままである。ほかに考えられる可能性は、核爆発か、別の種類のガスの爆発である。

爆発により、どれだけの量の、どのような種類の放射性物質がまき散らされ、どこまで拡散していったのか、そして、3号機のプールに貯蔵されている使用済み核燃料がどのような状態にあるのかを明らかにするためには、核爆発が起きたかどうかがわかっていることが不可欠である。2つの観察事実からは、核爆発がもっともらしいと思われる。1つは、ウランより重い数種類の金属が、原発から数十kmも離れた地点で検出されたこと。もう1つは、3号機の建屋上部の鉄骨がどうやら溶けたためにねじ曲がっていることである。

文部科学省の報告によると、重金属元素キュリウム242(242Cm)が原発から最大3km離れた地点で、プルトニウム238(238Pu)が原発から最大45km離れた地点で検出されている。これらはいずれも猛毒であり、摂取すれば内部被曝を引き起こす。242Cmの半減期(約163日)が短いことと原発周辺の238Puの蓄積が通常よりはるかに多いことから、文部科学省は、これらは過去の大気中核実験の放射性降下物ではなく、福島第一原発から放出されたものと考えられると結論付けた。その場合、破損した使用済み燃料棒が現場周辺に散乱している可能性があり、非常に危険である。

これらの元素は、より軽いセシウムやヨウ素のように放射性プルーム(放射性雲)にのって運ばれることはないため、非常に大きな力で吹き飛ばされたと考えられる。水素爆発に、重金属元素をこれほど遠くまで拡散させる威力があるのかどうかは不明である。また、水素爆発は、鋼鉄を溶かすほどの高温を発生させなかったであろう。東京電力は当初、3号機の爆発により白煙が発生したと発表していたが、再調査により、煙は黒かったことがわかっており、ただの水素爆発ではそのような色にはならないと考えられている。したがって、核爆発であった可能性がある。ほかの爆発性ガスが発生していたかを検討することも、同じくらい重要である。

メルトダウンの可能性

溶融した核燃料が、原子炉格納容器の底のコンクリートをどの程度侵食したかも未確認である。これが重要なのは、東京電力が、炉心を水で満たして放射線を吸収し、核燃料を取り出すことを計画しているからである。格納容器の底のコンクリートにひびが入っている場合、放射性物質が地下水に入ってしまう可能性がある。

政府は最近まで、そのような事態にはなっていないと考えていた。6月7日にIAEAに提出した報告書では、溶融した燃料の大半は原子炉圧力容器の下部で冷却されており、圧力容器に漏れ出した燃料はわずかしかないとされている。

しかし、2週間前、東京電力は、溶融燃料が1号機下のコンクリートの4分の3を侵食したこと、ほか2つの原子炉の基礎も損傷している可能性があることを発表した。しかし、ここでも注意が必要である。炉心内部の核燃料の状態を実際に観察した者はいないのだ。そのため、燃料の流出の程度はいまだはっきりしていない。

福島第一原発を国有化して介入せよ

事故処理の当事者が「現実は違う」と楽観的だとしても、福島第一原発の解決 — 半世紀にわたり放射能汚染を封じ込める方法から炉心や溶融燃料を処分する方法まで — は最悪のシナリオに基づかなければならない。未解明の事実は多いが、やらなければならないとわれわれが考えていることが2つある。

1つは、情報がオープンな形で収集されるために、福島第一原子力発電所を国有化しなければならない。事実は、どんなに困難なものであっても、国民に知らせなければならない。さらに、政府にこの事故の検証と補償を行う義務があることからも、国有化は不可避である。

Bチームは、8月に東京電力に対して原発のマニュアルを請求したが、それを入手するだけでもたいへんな苦労をした。これは、事故の情報がどのように規制されているかを示す一例である。東京電力は当初、委員会にマニュアルを提出することを拒否した。9月にようやく提出したときには、多くの語句(カギとなる温度や実際の手順)が黒く塗りつぶされていた。東京電力は、それらが自社の知的財産であると主張したのである。東京電力が全マニュアルを公表したのは6ヶ月も経過してからであった。Bチームは、東京電力が地震後(津波がくる前)に、緊急炉心冷却システムの一部のスイッチを切ったり入れたりしていた理由を知るためにはマニュアルが重要だと見ていた。緊急システムがいつ破壊されたかを明らかにするためである。

もう1つは、さまざまな分野の科学者が協同して分析にあたれるように、特別な科学評議会を設置しなければならないということだ。これにより、原子力産業界の技術者の一部にみられる致命的な楽観論を打ち破ることができるだろう。たとえ最悪の事態になっていたとしても、このような評議会を通じて、廃炉、除染、放射性廃棄物の地層処分施設の建設に必要な新しい技術を確立することができるだろう。

※この記事は、英文記事の参考訳であり、平議員により編集されたものです。

英語の原文:Nuclear energy: Nationalize the Fukushima Daiichi atomic plant


------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ 塩素38検出問題関連投稿

「再臨界:塩素38検出問題:実は、ナトリウム24も検出されていた?」
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/773.html

※ 3号機爆発関連投稿

○3号機の爆破は推測爆発&その他の可燃性物質爆発で、核爆発とは考えていない。

「福島第一3号機の爆発は核暴走(核爆発)を伴わない「爆ごう」レベルの水素爆発」
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/526.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月16日 22:14:23: lQydFPZ0w4
<<福島第一原発を国有化せよ[ネイチャーへの投稿]鳩山由紀夫元首相

また 鳩山か 

 鳩山の 寝言相手にしてた為 既得権詐欺の 温存

 政治家として 哲学が無い 早く去れ 脱税王


02. 2011年12月16日 22:45:10: CtPt8JdJoU
これは朗報だ。
ようやく国レベルでまともな動きが現れ始めたようだ。
おそらく権力間で激しいせめぎ合いの真っ最中だろう。
鳩山はロシアと通じているし、流れの変化の兆しかもしれない。
どっちへ転ぶかな。

03. 2011年12月16日 23:36:38: 2WAXGSwrMs
東京無能電力にこのまま任せておくと日本はおろかアジアの一部まで滅ぶぞ。

04. 2011年12月16日 23:49:11: yfCgJWHFVk
強制捜査もやらず、安全委員会の御用学者も交代させずに、事故原因究明のために福1を国有化だと? 

それとも本音はこれから廃炉までの費用を国が負担しようという、東電の救済か?

いずれにしてもバカバカしくて話にならん! 鳩は昔から少しおかしかったが、今や完全ボケ老人。


05. 2011年12月17日 00:33:31: cPIJgl1gMc
聞く所によれば鳩山が原発利権を民主党で推進してきたボスの一人だとネットに出てたそうだから方向転換は3極委員会などの仲間が許さんだろう。

ただ、鳩山らメーソンの3極委員会の工作の結果が東日本の住民悲劇だけでなくて現在九州を覗く日本全土に汚染が及んでることがあるんだろうね。必死に日本滅亡工作をしてきた日本グローバリスト共産主義者達は工作の結果が日本全部の悲劇につながろうとしている。西日本各地の汚染は進んでるという話だよ。数年の居住で危ないといわれてるようだね。政府のモニタリング数値は捏造だと噂されてるよ。長いこと数値を信じてきたがね。今は自分で線量を計るからね。

工作員自体及び、その子供達が放射能でおせんされてしまって明日が無い。工作員達は自らの自業自得をどう思うかだね。自分の子供の未来を捨てるなら畜生道だろう。人間のカスだ。日本のグローバリストよ。自分の子供ぐらいは毀損する前に安全な外国に逃がせよ。


06. 2011年12月17日 01:18:07: i1ZE4hySqQ
国有化すりゃいいってもんじゃないが、いまのままじゃダメダ!

日本の”科学者”はウソ野郎・ウソ阿媽がとっても多い。ソレはなんでか。

・・・ツイッターで考えてる科学者がおられるようです・・・
12・15 http://twitter.com/#!/search/kmiura
============


kmiura kmiura
こっちはネイチャーの社説。原発事故に関連して水俣病のことも引用されている。 / “Critical mass : Nature : Nature Publishing Group” htn.to/31x3es


kmiura kmiura
で、ネイチャーの社説だが、全般には日本政府の事故への隠蔽を中心とした対応を批判し、科学者をもっと導入しろ(ただし原子力ムラを除く)そうすればもっとダイレクトに避難・医療支援・汚染スクリーニング、除染ができたはず、とのこと。
kmiura kmiura
英国の大学をでた日本人院生と今日昼飯を食っているときに「日本の理系ってもしかしたら科学哲学とかSTSの単位とっている方が珍しいみたいだ」という話をした。 / “牧野さんの「STSとは?」 - Togetter” htn.to/F12y2x

kmiura kmiura
ネイチャー12月15日号社説の和訳。これは明日の日本政府「冷温停止状態宣言」にあてているんだろな。 / “福島第一原発事故:科学者の声を政府に :: Nature Editorial” htn.to/g6Y7eS

kmiura kmiura
ネイチャーのカバーページに掲載といったら、実に名誉なことであるが、最新号は東電が提出した墨塗りの事故手順書である。この8ヶ月、ウソだのごまかしだの先送りだのに慣れきちゃったワタクシを思う。 pic.twitter.com/L8HJgJi4

====================

【NATURE社説】
福島第一原発事故:科学者の声を政府に

EDITORIAL
Critical Mass

Nature 480, 291 (2011年12月15日号)
doi:10.1038/480291a

日本政府に独立の立場から助言をする科学の声がないことは、以前から問題になっていた。現在、日本の政治的リーダーたちが、福島第一原発事故に関する明確な答えを求めて悪戦苦闘しているのも、その一例にすぎない。

福島第一原子力発電所の事故から9か月以上が経過したが、そこで起きたことについては、根本的な疑問が答えられないまま残っている。これらの疑問に対する答えが与えられないかぎり、日本はもちろん、世界の国々も、何がいけなかったのか、今、何をするべきなのか、今後、同様の事故を防ぐためにはどうすればよいのかを知ることはできない。


オンライン特集
Nature 2011年12月15日号313ページの Comment 欄(投稿者注:「平 智之、鳩山 由紀夫」両氏の「福島第一原発を国有化せよ」の記事のこと。)では、こうした懸念がまとめられている。日本国民にとって気がかりなことの1つは、この論文の執筆者である。執筆者の2人は与党の政治家で、そのうち1人は元首相なのだ。彼らのような立場にあっても、答えを入手できないのだろうか?

福島第一原発を運営していた東京電力は、事故後、大幅に編集された原子炉マニュアルしか公表していなかった。10月末になって、ようやく手を入れていない形で発表されたマニュアルは、東京電力の不測の事態への備えがどれだけ手薄であったかを明らかにした。このような隠蔽行為は、事故発生から今日まで、大物政治家でさえ答えを入手できなかった理由と、彼らが本誌への寄稿という形で公然と問題を提起することを選んだ理由を薄々想像させる。

この状況は、日本が抱えている問題、それも、福島の原発事故以前からあり、日本の歴代政権のすべてが抱えていた問題と、深く関係している。それは、独立の立場から政府に強く助言する科学の声がないという問題だ。今回の事故の場合、そのような声があれば ― 政府が任命する首席科学官からの声にせよ、真に独立の立場にある原子力規制者からの声にせよ ―、住民の避難、医療支援、放射能スクリーニング、除染の実施にあたり、役に立ったかもしれない。また、上述の疑問に対する答えを見つけるのに必要な調査・研究を指揮する助けにもなっただろう。

日本政府は、ここ数十年間、厄介な科学的概念がからむ難しい問題に直面するたびに、その責任を官僚や政治家に押しつけてきた。しかし、こうした担当者の多くは問題をよく理解しておらず、政府がしてはならないことをしてしまった。すなわち、問題を隠蔽して、それが過ぎ去るのを待っていたのだ。その間、政治家たちは答えを手探りし、政府のスポークスマンたちは混乱した発表を行っては、愚かで、無責任で、信用できない人間のように見られてしまった。


Nature 2011年12月15日号
一部売り特別定価1,050円(税込み、送料別途150円)


日本政府はこんな姿勢で、1950年代から1960年代の水俣病問題(海に流された工場廃液中により多数の有機水銀中毒患者が発生)、1990年代の薬害エイズ問題(HIVに汚染された血液製剤の使用により多数のHIV感染者が発生)や、2000年代初頭のBSE問題に対応してきた。福島の原発事故でも同じだった。具体例としては、シミュレーションから放射性物質の拡散が予想されていたにもかかわらず、パニックが広がることを恐れて警報を出さなかったことが挙げられる。これにより、被曝を防げたはずの住民まで、大勢、被曝してしまった。

日本政府は、福島第一原発事故に関する科学的な情報の多くを、経済産業省の原子力安全・保安院と、原子力安全委員会という2つの機関から得ていた。どちらの機関も、原子炉の物理学に関する専門知識は持っていたが、原子力産業とのつながりも持っており、利益相反が生じていた。さらに、除染や健康被害の問題について政府が迅速な決定を行うための実際的かつ機敏な情報源になることもできなかった。政府は、こうした点を認めて、原発のモニタリングと安全規制機能を、環境庁の外局として新たに発足させる原子力安全庁に移管することにしたが、その有効性はまだ証明されていない。政府は、この事故について独自の報告書を作成することも約束したが、その作成方法は透明にはほど遠い。

日本政府は、科学者との間に、もっと太く、恒久的なパイプを持ち、その助言を聞けるようにしなければならない。今回の事故は彼らに、将来の有事の際に迅速かつ果断に行動できるような組織づくりの必要性を痛感させたはずである。

日本はまず、米国や英国などに倣って、科学顧問を置くべきだ。この国は5年前にも科学者を内閣特別顧問に任命し、そのようなシステムを作ったと宣言したことがあった。しかし、科学に関する広範な問題について助言を行う本来の科学顧問とは異なり、その顧問はイノベーションの促進を使命としていた上、その試み自体がわずか2年で終わってしまった(Nature 443, 734–735; 2006参照)。現在、日本政府に科学顧問はいない。日本学術会議に米国科学アカデミーのような影響力ある役割を持たせようとする動きもあるが、変革を起こすには至っていない(Nature 428, 357; 2004参照)。

科学者は、ある状況に関する既知の事実を人々が理解できるように手を貸すことができる。もっと重要なのは、知りえないことの理解を助けることだ。確実なことが言えないときには、科学者は、人々がそれに伴うリスクを理解するのを助けることができる。彼らは、政府がこうした事実を説得力ある明瞭な言葉で市民に説明するのを手伝うことができる。公平で、政治とは無関係の視点から説明を行える科学者は、たとえ状況が変わって当初の評価を覆さざるをえなくなったとしても、その政治的思惑を勘ぐられるおそれは小さい。科学者は、国民には不評だがどうしても必要な決断をせざるをえない政治家を擁護することもできるし、政治的に任命された科学顧問なら、政治家との間に個人的信頼関係を築くこともできる。

日本は、もっとうまくやることができる。日本人は、こんな現状に甘んじていてはならない。」


07. 2011年12月17日 01:40:54: rWmc8odQao
中根桂子氏
「黒塗り原発稼働マニュアルが「Nature誌」の表紙。日本の恥。」
https://twitter.com/#!/Banbi_tubuyaki/status/147711682364448768/photo/1

バックの日の丸が泣いてるよ。まったく。


08. 2011年12月17日 04:18:09: C7EdfNrvEo
再臨界
核爆発

こういう言葉が、鳩山由紀夫のネームバリューで表にでるのはよいことです。
マスコミの記者も、いろいろ書きやすくなる。それで、一般国民も、すこしは恐怖感を持たないと、
世の中変わらないのでは。


09. 2011年12月17日 11:57:07: CGaB34XTl
今全部国有化になんかして東電の尻拭いを国民がされたんじゃたまんないよ。

東電は発電部門だけ生き残らせて送電線は全部国が買い上げて国有化し、その金は全部原発廃炉に向けての資金にし、発電部門には多くの企業を参入させ、東電は生かさず殺さずにして残しておき、その間に今までの経営陣だの幹部の私有財産を全部洗い出し、そういう金で被害者保障をするべきだよ。
それでも足りなければとりあえず血税投入して被害者救済をし、東電には毎月国にその尻拭いした金は返還させる。
このまま東電を国有にするなど許されないよ。

働けど働けど東電の暮らし楽にならざりじっと炉を見る

にしてやらないと気がすまないよ!



10. 2011年12月17日 12:54:37: bb4bHvEHo2

東電の国有化ではなく、まず倒産させろ。全社員をクビにしてから国有化でもなんでもしろ。

役員の財産は没収しろ、今まで役員であった連中の財産も没収しろ。

もう、電力会社のなどの泥棒企業を存続させるのは国民に対する背信行為だ。


11. 2011年12月17日 13:50:07: qP4NKqjNQ2
平・鳩>特別な科学評議会を設置しなければ

Editorial>日本はまず、米国や英国などに倣って、科学顧問を置くべきだ。この国は5年前にも科学者を内閣特別顧問に任命し、そのようなシステムを作ったと宣言したことがあった。しかし、科学に関する広範な問題について助言を行う本来の科学顧問

両者は一致してるようだけど、言うことがちょっと変じゃね?
科学者科学者って、いままでさんざん何言ってきたの?
プルトは飛ばねーだの、検出限界がどーたらこーたら、
メルトダウンありえねーだの
3/21の放射線値上昇は雨降りのせいだの・・・キリがねー!

「科学者」が、ヌケヌケと、人の命が懸ってる時にうそつきまくって、自分の利権をまもろーとしたじゃん!!
他人の命だと思ってんだよな!連中は!

そんな=奴ら=を集めりゃ集めただけアブネーアブネー!


12. 2011年12月17日 17:28:13: VYq5UMkVKM
>>10さん

社員クビにしたら、逃げ得でしょ
東電さんには、ばらまいた放射性物質の回収という大仕事が残っています。
正社員さんには、それぞれの立場、ポジションに応じて、それなりの仕事をしてもらわなければ、下請け孫請けに害が及ぶ。


13. 2011年12月17日 17:46:21: bb4bHvEHo2
>12さんへ

東電の社員なんて昔から威張り腐るだけで仕事なんてしませんよ。

すべて仕事は下請け、孫請け、・・・・・。東電の社員は昔から今まで働いていません。

東電社員は給料泥棒の集まりです。電気代など取り放題ですからね。1日も早く首きりですよ。


14. 2011年12月17日 18:01:24: VYq5UMkVKM
>>13さん

だから、
今度こそしっかりと働いてもらわなければ・・・
放射性物質の回収運搬作業、管理実務。
誰にさせるんですか?


15. 2011年12月17日 18:13:12: bb4bHvEHo2

>14さんへ

あなたは東電社員というものが、どんなに最低の奴らの集まりかご存じないようですね。

東電社員は下請け、孫請けなど 金のために集まってくるゴミクズとしか思っていません。

東電社員など昔からそして未来永劫 労働などしません。

正確にいえば社会のダニです。暴力団となんら変わりがありません。

こんなことを言うと暴力団員に怒られます。「東電のクズ社員と一緒にするな」とね。

放射性物質の回収運搬作業、管理実務。これらは東電の社員でなくてもできることですし

反対に東電社員にはできないでしょう。東電のクズ社員には やる気すらないでしょう。

ずいぶん東電のクズ社員に期待を寄せているようですが、もしやあなたは東電のクズ社員ですか?

私は東電のクズ社員たちをよく知っていますから。経験上間違いないことです。



16. 2011年12月17日 23:50:06 : sgolhP60mA
反対:国有化は、東電としては願ったり叶ったりだ。廃炉費用から逃げられる。
それとも、廃炉費用東電持ち前提での国有化か?
国有化しなければ安全が維持できない筈はない。

第1原発に限らず、原発の国有化に際しては、廃炉費用・燃料処分費用の電力会社負担を明確にすべきだ。さっさと脱原発を決めて、廃炉費用は電力会社持ちのままが良いと、私は思う。


17. 2011年12月18日 09:48:37 : CGaB34XTl
>16. 2011年12月17日 23:50:06 : sgolhP60mA さん
今の、”総括原価方式”のままで「廃炉費用は電力会社持ちのままが良い」と言っても
電力会社はかかった廃炉費用に利益の3パーセントを上乗せして血税からもらえる仕組みになっている。
廃炉費用がかかればかかるほど、又電力会社は金が儲かる仕組みだ。

だからその総括原価方式を廃止しなければ電力会社はどんな事をしても莫大に儲かるようになっている。

普通の会社は燃料にしたって安い時に買ってコストを下げて利益を出そうとするが電力会社は高い時に買った方がその費用に3%を上乗せで血税から保証されているから高い時に買えば高い時に買うほど利益が上がる仕組みだ。

更に資産が多ければお起きほど更に利益が出る仕組みだから、原発をドンドン造って103%を国からもらって資産を増やし更に儲けを国民からむさぼってきた、ってわけ。

この”総括原価方式”を継続していては廃炉の費用がかかればかかるほど電力会社は又肥え太る。


18. 2011年12月18日 12:59:23 : CGaB34XTl
17です。
誤   更に資産が多ければお起きほど

正   更に資産が多ければ多いほど


19. 2011年12月18日 16:44:49 : FHVyh15Kso
福島第一と言わず、東電そのものを国有化すべき。
理由は簡単で、国有化して、
1.人件費を本社勤務社員を中心に最低賃金にして、役員報酬やボーナスも全て廃止する。
2.企業年金も解体し、退職社員の年金も国民年金レベルに引き下げる。
3.現在の東電株主にも相応の負担を求める。
4.国有化して、無駄な広告費用も廃止し、利益が出ても「経営者や株主」に懐に入らず、国庫に入る事になる。
これだけドラスティックな改革は、国有化しかありえない。

それで「東電から人材が出てゆく」というのなら、出て行ってもらえばいい。
そもそも「現場以外」のパソコンいじって役所向けの数字を作ったり、広告代理店との接待が仕事の本社なんて、
タダ働きで十分というか、お前らは福島に行け。


20. 2011年12月19日 13:07:58 : FUviF2HWlS
>>19

19さんの意味での永続的な東電国営化に賛成です。

東電破綻処理と一時国有化、それに続く原発部門を切り捨てての再民営化の喧伝は、東電社員の逃げ得と、外資による火力部門と送配電部門の安値買収とを狙った一部の勢力の作戦です。

長期信用銀行の破綻と新生銀行設立の過程で、どれだけの日本企業が倒産し、国民の税金が外資へ渡ったかを思い出しましょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧