★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 872.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発 連休明けの生活 (1)  原発 の これまで    [ 武田邦彦 (中部大学) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/872.html
投稿者 純一 日時 2011 年 4 月 26 日 11:26:00: MazZZFZM0AbbM
 

http://takedanet.com/2011/04/post_4959.html

(平成23年4月26日 午前9時)

3月12日に事故を起こした福島原発も、ようやく一段落の状態になりました。


ここでは「連休開けからの生活」について全体的に見渡してみたいと思います。これまで通りこのブログでは、私は家庭のお父さんとして、「あまり厳密ではなく、慌てん坊で抜けているところがあるけれど、家族の安全を第一に考える愛情には自信がある」というスタンスでまとめて行きます。


また、将来を予想するには、過去のことを整理するのが大切なので、項目毎に「過去」と「将来」をおおよそペアーにして話を進めます。


今のところ、{原発→放射線→被ばく→生活の注意→残された問題点など}の順序で進み、最後にメールでお答えできなかった具体的なご質問に答えたいと思っています.


・・・・・・・・・


福島原発は3月12日に事故を起こしてから、科学的には「予想通りに進んで」います。「予想通り」ということは、意外なことがほとんどなかったので、考えやすいことを意味しています。


私のブログの予想がよく「当たる」と言われるのですが、それは「予知能力があった」のではなく、原発の状態が「普通に進んだ」ので、結果的に当たったように見えたということです。


まず簡単にこれまでの経緯を振り返ってみたいと思います。


・・・・・・


3月11日に大震災が起こり、福島原発が壊れました。


不幸中の幸いで、地震直後にはまだ電気は使えたので、核爆発を押さえるための制御棒を差し込むことはできました。それで核反応は止まりました.


しかし、多くの機器が破壊され、電源系が失われ、原子炉を冷却することができなくなりました。


原子炉は二種類の熱が出ます。


一つがウラン235が核分裂する時の熱、もう一つが核分裂でできた元素が、さらに壊れていくときの熱(崩壊熱)です。


核分裂が進んでいるときには、崩壊熱は目立たないのですが、核分裂が止まると、今度は崩壊熱が目立ち、それで温度が上がってきます。


それでも、核分裂に比べれば崩壊熱は小さいので、冷却ポンプさえ動いていれば冷やすのは簡単なのですが、福島原発の場合、冷却ポンプが止まってしまったので全く冷やすことができなくなりました。


日本の原発は原子炉が水につかっています。だから冷却できずに温度が上がると、水が蒸発して蒸気になり水面が下がってきます。


水面が下がってくると、露出した燃料棒と水が反応して水素が発生します。水素は気体ですから原子炉の圧力を上げます。そうすると原子炉が爆発する怖れがでるので、水素や水蒸気を外側と逃してやらなければなりません。


水素は原子炉圧力容器から、格納容器へ、さらに建物へ移動し、建物の中の酸素と反応して爆発しました。1号機〜4号機まで壊れ方は少しずつ違いますが、わたくしたちにとっては福島原発は、


「水が循環しなくなり、蒸発して燃料棒が露出し、燃料棒と水が反応して水素ができ、その水素が外に漏れて水素爆発をした」


ということを理解しておけば、今後もわたくしたちの安全を保つ上で十分な知識です


・・・・・・・・・


今回の事件は最悪でしたが、水素爆発はかえって不幸中の幸いでした。もしも東電が「世間から厳しく言われるから、少しでも放射性物質を出さないように」と思って頑張ると、ついに原子炉が破裂して、もっと悲惨なことになった可能性があるからです。


3月15日頃には、すでに大量の放射性物質が空気中に飛散し、さらに1号機〜4号機まですべて破壊されるという状態になったので、この状態で原子炉の事故としては明らかに“レベル7”でした。


しかし、“レベル6”であるか“レベル7”であるかが重要なのではありません。いずれにしても人類史上、最悪か、最悪に近い事故が起ったのです。


今から言っても仕方ありませんが、最初の爆発でレベル7に近いところまで行くことは判っていたのですから、すぐ対策をとるべきでした。


まず住民の避難、それから原発から発生する放射性物質の量と風向き、それに自衛隊・消防隊・気象庁等あらゆる関係機関を動員し、日本の国力をあげて原発の影響をできるだけ軽く済むように行動に起こすべきだったのです。


しかし外国人が次々と東京を離れた時期、政府は、何らかの理由で発表をおくらせました。そして逆に「大したことはない」ということ繰り返すことによって、付近住民は初期被爆を受け、国家が行動すべきことも遅れました。


起ったことははっきりと意識しておく必要がありますが、このブログでは今更、政府の怠慢を繰り返しても仕方ありませんので、事実として指摘するにとどめます。


・・・・・・・・・


いずれにしても福島原発は一段落しました。


わたくしは3月中旬に、最悪の状態は、その時の250倍から2.5倍程度に低下したとブログに書きました。テレビは「大変だ、大変だ」と言うだけで、どのぐらい大変なのかを言わなかったので、おおよその目安を示しました。


さらに4月に入ると原発は徐々に安定期に向かってきました。そこで、「貯金通帳はまとめておいたほうが良いが、原発が爆発する可能性は20分の1程度に下がった」と書きました。


現在はさらに安定をしてきています。


わたくしが「原発が爆発する可能性」が低下したと判断した理由は、福島原発の大きさにあります。


物理や化学の分野で起こることは、「対象物の大きさによって時間が決まる」という特徴があります。


例えば、小さなコップでは何でも早くすみますが、太平洋のような大きなところでは、同じ事でも随分時間がかかります。物理的なものは、おおよそ大きさのルートに比例して時間がかかります。


地震から数日経って水素爆発が起こったのも福島原発の大きさと関係していて、小さければすぐ起こっていたでしょう。逆に、同じ装置が10日たっても20日たっても何も起こらないということは、原子炉が安定してきたということを示しています。


このように福島原発では、事故発生から、制御棒の挿入、電源系の喪失、水素爆発、その後の冷却作業と原子炉の安定状態への移行と全く順調に来ています。


今後も問題が起こらないではありませんが、福島原発の場合には、比較的、核爆発が起こりにくい構造をしていますので、その可能性は低いと考えられます。


(平成23年4月26日 午前9時 執筆)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月26日 11:32:14: FmB0JlnSpg
一見国民のためを思うようなことを書いているが、
その根底には、一貫して東京電力を擁護する思惑が流れている。
何が連休明けには落ちつくだ。
土は削れば傍線できるだ。
まったく信用できない似非御用学者。

02. 2011年4月26日 12:24:12: SKWQ96qe5U
武田先生らしくないコメントです。
千葉の水道水事件以来、「連休明けに落ち着く」という根拠のないコメントがたびたびでてきて残念です。誰かに言わされているような気がします。

03. 2011年4月26日 12:36:32: evSC25VapI
同上。私もそう思いました。
武田先生のブログ内容はなかなか素晴らしいと今まで思っていましたが、今回の文章には本当にガッカリさせられました。先生はやっぱり原発は日本に必要だと思っていらっしゃるようです。

04. 2011年4月26日 12:47:16: oz33FCcPgo
>いずれにしても福島原発は一段落しました。

一段落なんかしてないよ。

汚染水の水位上昇で浄化や止水の追加対策が迫られると
ニュースも言っているじゃないか。

タンクが満杯になったらどこへ汚染水を貯めるんだ?

かといって注水を止めれば炉心がさらに溶融して
水素、水蒸気爆発の危険が高まる。

安全デマもいい加減にしろ!


05. 2011年4月26日 12:55:46: yeqwIhlDvc
まあいいじゃないですか。そういう意見もあるってことで。
(もう少し安定や順調の根拠に我々でも理解できるものがあればいいとは思いますが、「10日たっても20日たっても何も起こらないから」って・・・?)

こういう意見もあります。
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/394.html
「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」


06. 2011年4月26日 13:32:06: cqRnZH2CUM
制御棒がきちんと入っておらず、
溶けだした燃料が部分的に再臨界が発生していたなどの可能性も
悪いシナリオとしてはあるが
現状での評価としては、彼の解釈は、まあ常識的な線だろう

今後、東電と政府が、どこまで頑張って、漏出を抑え
的確な疎開が実現できるか
国民が悪質な差別や風評被害に乗せられないかで
トータルの損失は変わってくる


07. 2011年4月26日 13:54:12: 4cdbbeRrbA

連休明けに落ち着くという根拠をやっと示したが、とても残念な内容だった。
これまで起こらなかったから起こらないという、信じられない根拠を示した。
そもそも、今回の原発事故はこれまで起こらなかったことの連続だった。
そして現在は、手つかずの状態で何も防ぐ手段がない誰にも何が起きるのか
予想できない状況。それをあたかも自分の予想通りの展開のように語るとは。

御用学者は見分けが付くが、この手の中途半端な学者?は最も危険かもしれない。
気さくな物言いで御用学者を非難しながら人気を得て、ミスリードして行く。
線量の危険性のみを訴えて、内部被曝のことは忘れたころに付け加えて、
外部と内部の合計という結局は線量の数値に関心を引き寄せる。放射性物質の
吸引による危険性に閾値など存在しないことをスキップする。

ミスリードさせて行く役割の者の特徴として、唯一核心の部分を隠す。
それは以下の項目だ。

1 いつ水素・水蒸気爆発による大規模な汚染拡大が起きてもおかしくないこと。
2 周辺の汚染濃度が深刻で作業員が近づけずに手つかずの状態であること。
3 放射性物質(死の灰)と超高濃度汚染水はだだ漏れ状態で止める目処が立っていないこと。

この状況を指して、ようやく一段落の状態になりました、と言えるとは。
難しいことは理解できない主婦層に支持者が多いだけに、かなり危険なタイプの御用学者だと
思います。ミスリードされないように注意した方がいいと思います。最初は空気を読めずに
正義感に燃えてやる気満々だったが、すぐに脅されてミスリードの役割を与えられたのかと。


08. 2011年4月26日 15:14:02: HYHUspnQ6g
>07
その通りだと思います。言い過ぎたので、権力側あるいは大学当局経由で権力側が圧力をかけた結果なのでしょう。御用学者を批判するポーズによって人気を得たけれども、演技の範囲を逸脱して、真に反原発の方にまわったら、権力としては許さないということだと思います。権力が許さないというのは、テレビ局等での出演もすべて禁止するぞ(あるいは社会的に抹殺するぞ)、という脅し等があったのでしょう。

09. 2011年4月26日 15:17:03: SE6UxeS89Q
この武田氏はほぼ信用していましたが、この投稿内容を見ると「むむツ?」という感じです。注意をしなくては。もし何かの圧力に負けたとしたら、嫌ですねー、人間は。

10. 2011年4月26日 16:11:10: FmB0JlnSpg
07氏の言に尽きる。
07氏がずばり核心・真実を抉り取ってくれた。
武田は一番たちが悪い新手の御用学者。
東電の工程表と歩調をいつにしているのがありありとわかる。
「一段落しました。」こいつのプロパガンダとしての役割のことだろ。

できもしない土壌の防染、海水の洗浄、瓦礫の防染・・・を
いとも簡単にできるが如き「国民をたぶらかす風評の流布」。
とんでもない奴だよ、こいつは。


11. 2011年4月26日 16:14:40: FmB0JlnSpg
被爆による放射線症について

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/211ee8c32328626d096fdb506599e848


12. 2011年4月26日 17:42:53: 4cdbbeRrbA

一般の人々にとって、小出先生のお話は現実として認めたくないぐらい怖い内容なのです。
できれば武田先生ぐらいの現実であってほしいとの思いが、目をくらませるのかもしれません。
誰かに「一段落しました」と言って欲しいのです。安心したいのです。そのためには多少なり
現実を歪曲してもかまわないと。。。これが人間の弱さです。人が認識している世界など、
人の心の持ち方次第でいかようにも姿を変えるのです。目に見えないものへの脆弱性です。
それはまさに生きるか死ぬかの境目だと思います。真の知性を働かせるべき時なのです。

目に見えない脅威、実害は数年後という放射能災害の特徴が、これまで人類が遭遇して来た
目に見える脅威とは違うので、人類が蓄積してきた本能的な危険を回避する能力が役に立たない
のです。それを回避できるのは、真の知性とその知性に裏付けされた行動力だけです。

まずは以下の点を自分で書籍やネット、YouTubeで調べてみてください。

1 いつ水素・水蒸気爆発による大規模な汚染拡大が起きてもおかしくないこと。
2 周辺の汚染濃度が深刻で作業員が近づけずに手つかずの状態であること。
3 放射性物質(死の灰)と超高濃度汚染水はだだ漏れ状態で止める目処が立っていないこと。

そして、過去に起きた真実から学びます。

1 チェルノブイリ事故では最大700キロ離れた場所に深刻な汚染地帯が発生した。
http://image01.wiki.livedoor.jp/o/2/ok2222/f7f1aa0a621e08c4.jpg

2 チェルノブイリ事故では3年から5年後に甲状腺ガン、白血病が多発し、現在も後遺症が続いている。
http://www.youtube.com/watch?v=4GcOF4prndE

最後に自分の住んでいる場所と原発の位置関係を確認します。
http://machi.userlocal.jp/kyori/

参考に風向きや拡散傾向なども確認します。
http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra-japan-zoom.html
http://atmc.jp/norway/
http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif

これで「一段落しました」と思える人は思えば良いと思います。
そうでない人は、この国の将来を考えて、冷静に知性を働かせましょう。
まだ汚染されていない地域と将来を担う子供たちを守るべきです。
 
 



13. 2011年4月26日 18:23:04: VKrUqbE6TA
彼の一段落というのは水素や水蒸気による爆発的事象が起こりにくくなったことを指していると思われる。
ここ数ヶ月の間そういうことが起こらなければ彼が正しいのでしょう。

14. nekonotama1 2011年4月26日 18:54:32: tiXg8kA1YOTGA : FsmwW6uY3E
この武田センセイ「いずれにしても福島原発は一段落しました。」などと相変わらず馬鹿なことを書いている。

先の見えない中、現場では必死に原発の暴走を押さえ込もうとしているのにノー天気なものだ。

安全デマの風評被害をこれ以上撒き散らすのはやめてくれ。
不純一君も毒饅頭を喰らったのかね?


15. 2011年4月26日 22:08:40: KuN6LpLALA
 政府、保安院は犯罪者 とハッキリ言ってるが・・?

 危機に対する距離感は小出さんとは違うと思うが・・


16. 2011年4月26日 22:09:41: FKVMEhzyKM
武田先生のブログは母親向け会員制サイト(巨大)でも話題となって
いますが、過日の「大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・」には
非難ごうごう。
もちろん武田先生のいう大人とは為政者たちのことでしょうが、福島在住の
母親たちからは「私たち母親はそんなつもりじゃない」「武田先生は心がない」
と抗議の書き込みがありました。
結果、武田先生に直接メールで抗議した人々が何人もいたようです。
おそらく全国の読者から同様のメールが届いていると推測されます。

武田先生にも「なんとかみんなを安心させてやりたい」との気持ちが
働いているのではないでしょうか?
そのために事実を矮小化したり、極端に楽観視するのは問題ですが。


17. 2011年4月26日 23:37:51: FmB0JlnSpg
12氏の投稿は正鵠を射ている。
12氏が指摘された白血病、甲状腺がん、奇形という悲劇が、数年後には起こることだろう。福島原発近くは、今年、あるいは来年にも起こりうる。

武田の話は、土壌も洗浄できる、野菜も大丈夫、服も換えれば問題なし、そして止めが、「連休明けには一段落つく」。煎じ詰めれば、彼こそが最もたちが悪い「安全風評被害」の加害者だ。一段落つくとはいったいどういうことだ。今現在も毎日日々、この時間も大量の放射能を吐き出していると言うのに。
最近ようやく内部被爆も口に出すようになったが、それさえ極めてど素人レベルの水準だ。

こいつの話をまともに受けるのは勝手だが、数年後泣きを見ても、そのときは知らん存ぜぬ、逃げ回って何も言わないことだろう。

本当に最もたちが悪い東電プロパガンダ。関村、岡本、松本、大阪大のひょろひょろのが、人目手嘘をついていると見破れるだけ害悪は軽い。


18. 2011年4月27日 10:03:30: FpVPO6YryM
この記事には 心底 ガッカリしました。
>一段落した…なんて 本心で言われてますか?
お金と命を天秤に掛けた 発言でしょうか?

19. 2011年4月28日 01:35:38: L2d0TydeIc
なんだ、ここ? アホとゲスばっかし。

確かに武田さんは、原発の現状に対する見方は甘いところはあるが
被曝をできる限り防ぐにはどうしたらいいかについては的確なことを書いている。

面倒だから1つだけやり玉にあげるが

>>17

> 武田の話は、土壌も洗浄できる、野菜も大丈夫、服も換えれば問題なし、

武田さんがそんなこと言ってるか?ちゃんと読んで理解してるのか?

言ってるのは、(汚染がある程度ひどい所は)土壌は洗浄しなくちゃダメ、福島周辺の野菜は(特に子供は)食べちゃダメ(遠方の物は食べても大丈夫)、外出の後は服も変えなくちゃダメ、ってことだろ?

武田さんは終始、子供たちを放射能から守れという立場から発言してるだろうが。
そして福島の親はこうしなさい、東京近辺の親はこうしなさいときめ細かく助言をしているだろうが。
どこをどう読めばそんな解釈になるんだか。

内部被曝のことも初期から書いてる。だからこそ、発表されている大気中の放射線量を、地域によって2倍〜4倍して考えなさいとも言ってるんだよ。
あんたちゃんと読んでないだろう?

>>16さんが書いている福島の母親たちは

明らかに「大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・」
というタイトルしか見ないで騒いでいる。

中身を読めば、そして普通の読解力があるなら、「私たち母親はそんなつもりじゃない」だの「武田先生は心がない」などという反応が出てくるわけがない。

>>17はそういうバカ親と同程度の読解力しかないってこと。


20. 2011年4月30日 23:02:45: FmB0JlnSpg
19の愚か者よ

武田の一連の文章を読め。
ただの一度も東電を批判していない。
それはなぜか、おまえのような愚鈍には気がつかないのだろう。

郡山の小学校で放射能汚染した土壌を剥ぎ取ったが、
廃棄所の候補に上がった地域の住民が反対して捨て場所が未だない状態だ。
小出先生が指摘されたとおり、非現実的であり、むしろ一刻も早く避難させるべきなのだ。それを武田は、いとも簡単に防染できるとほざいているが、具体的ノウハウは一つも言っていない。
彼は原発の総元締め東電側の人間だ。
それくらい見抜けないお前は、低脳児童だ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧