★阿修羅♪ > 経世済民74 > 319.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
赤字削減をまとめられない米国の断末魔(高橋乗宣の日本経済一歩先の真相)
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/319.html
投稿者 研 日時 2011 年 11 月 29 日 11:24:02: QQsoRQKh9n.nA
 

(回答先: 米国財政、間違った赤字削減方法     英フィナンシャル・タイムズ 投稿者 愚民党 日時 2011 年 11 月 26 日 05:35:56)

 2011年11月25日 http://gendai.net/articles/view/syakai/133904 【高橋乗宣の日本経済一歩先の真相】には、「 国防予算カットで存在感失う」として次のように述べている。
”--米議会の財政赤字削減協議が決裂した。オバマ大統領と民主党は富裕層向けに1兆ドル(約77兆円)規模の増税策を打ち出したのに対し、共和党が容認できるとしたのが3000億ドル。両党の隔たりは大きく、妥協を探る段階にも至らなかったらしい。---
---このまま交渉が決裂した場合、連邦予算を強制的にカットするトリガー条項が発動される。----
共和党が増税案で歩み寄らない限り、強制的な予算カットに踏み込むと強調している。----
トリガー条項には総額5000億ドルの国防費削減が含まれているという-----
米国の存在感は、巨大な軍事力によるところが大きい。日本が米国と足並みをそろえるのも、安全保障を考えてのこと。米国の後ろ盾を頼りにしている。軍事関連の支出がごっそりと削られると、米国の発言力は大幅に低下する恐れが濃厚だ。------
ニューヨーク市場の使い勝手の良さだけで基軸通貨を続けられているドルも、日に日に信認を失っている。いよいよ米国の時代は終わりだ。”

しかし、基軸通貨ドルはもとより弱くなっているが、有事に強いだけが取り柄だったわけではない。したがって、国防予算の削減が実施されれば聖域がなくなり、むしろ財政の健全化によりドルは復活するのではないか。もともと米国は過剰な軍事力をもっている。世界的に、まだまだ軍事的な拮抗力はない。予算の削減はそれをやや縮小するだけだ。今後世界的に防衛関連支出が減れば、エネルギー関連を始めとして有効なインフラの研究・開発と整備が進められるのではないか。数値的には当面生産額が減るかもしれないが、質的には将来の拡大を秘めたものになっていくのではなかろうか。構造改革への免れない一歩になる可能性ではなかろうか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月29日 12:12:16: DBTD2oPWa2
ドルは復活しません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧