★阿修羅♪ > 日本の事件30 > 679.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
すごいなこの手口……。これは騙されてもしかたないレベルでは。ここまで進化してるのか。/竹内謙礼 母親がオレオレ詐欺の被害
http://www.asyura2.com/11/nihon30/msg/679.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2012 年 12 月 29 日 16:45:32: KqrEdYmDwf7cM
 

(回答先: 振り込め詐欺被害、最悪の315億円 :今年、現金受け取り型増加 投稿者 あっしら 日時 2012 年 12 月 27 日 04:52:27)

http://kenrei1.blog50.fc2.com/blog-entry-32.html

母親がオレオレ詐欺の被害者になりました。
こんにちは。いろはの竹内です。

さて、先日12月25日なんですが、うちの母が、

「オレオレ詐欺」の被害にあいました。

被害にあった本人の許可ももらったので、

被害状況を完全公開させていただきますが、


「200万円」きっちり持っていかれました。


本当は、こんなお恥ずかしい親族の話は、

そのまま闇に葬り去りたいところがあるんですが、

詐欺の全貌を聞いたところ、


「これは、できるだけ多くの人が知るべき情報じゃないか」


と、判断したこともあり、

思い切ってブログに書かせて頂くことにしました。

本来であれば、このブログは、

ビジネスの役に立つ話をするべきものなのですが、

ある意味、みなさんの資産を詐欺から守るのも、

このブログの役目だと思ったので、

2012年最後のブログとして書かせて頂きます。

「うちの親は、絶対に大丈夫だよ」

そう思った人もいると思いますが、

そう思った人ほど、このブログを読んでもらいたいと思います。


うちの母親は、ごく普通の70歳のおばあさんで、

特に物忘れが多いとか、ボケているわけでもありません。

むしろ、物事には慎重な方ですし、

過去にもオレオレ詐欺の電話が2回ほどかかってきいても、

すぐに察して、無視して電話を切っています。

だから、僕自身も「うちの親は大丈夫だ」と、ずっと思っていました。


でも、今思えば、最大のミスがここにあったと思います。


もし、この正月に実家に帰って、

年老いた両親に会う予定の人がいれば、

ぜひ、この詐欺にあった被害者である、

うちの母の話をしてもらえればと思います。

(コピーして持っていっても構いません)

そして、この事実をできる限り多くの人に伝えて、

うちの母親のような、悲しい思いをする人を、

できるだけ減らせることが、

少しでも多くの人に発言する立場のある、

私の役目ではないかと思った次第です。


ぜひ、ご一読していただければと思います。


=================


25日・午後3時。

実家に1本の電話が入る。


「あ、お母さん、俺だけど」

「どうしたの?」

「電車の中に鞄忘れちゃってさ」

「あら! それは大変!」

「だから今、取引先の携帯借りて電話しているんだよ」

※この時点で、自分の息子(私の兄)と疑う前に

「鞄を忘れた」というエピソードに意識が向いてしまう。

しかも、かかってきた電話が取引先からの電話で「非通知」という事情にも、納得してしまう。


「で、俺、今、携帯ないからさ。もし、忘れ物の連絡が家にかかってきたら、対応してくれない?」

「はいはい、わかりました」


※ここで電話は切れる。
そして、10分後、今度は東京駅の拾得物担当から母に電話が入る。


「えー、東京駅の拾得物担当のものですけども」

「はいはい」

「先ほど、鞄が東京駅で見つかりました」

「それは良かった!」

「で、一応、私の手元に免許証があります。まずは本人のものかどうか確認するために、名前と住所を確認させてください」

「わかりました」

「では、まず息子さんのお名前は?」

「竹内●●です」(兄の名前)

「住所は?」

「●●●です」

「一応、名刺もありますので、会社名も聞かせてください」

「はい。●●会社に勤めています」

「わかりました。これは確かにあなたの息子さんのものですね。
では、本人と連絡が取れましたら、東京駅の拾得物の引き取り所まで取りに来るよう伝えてください」

※この時点で、すべて兄の情報を詐欺の相手に母親が伝えることになる。

そして、さらに10分後。

再び兄の名前を語る者から連絡が入る。

「もしもし、駅から連絡あった?」

「あったあった。今、あったよ。東京駅から」

「おー、良かった! 助かったよ。ありがとう! 今から取りに行くよ」

※また、電話が切れる。

そして、さらに10分後。

再びニセ兄から電話が実家に入る。


「お母さん……やばいことになったよ」

「どうしたの?」

「鞄の中を確認したらさ、取引先に渡す予定だった小切手だけが抜き取られているんだよ」

「ええぇ!」

「まずいなぁ……今月中に振り込まなきゃいけないお金なんだよ」

「あらぁら!」

「俺のお金を引き出したいんだけど、ほら、さっき鞄を電車の中に忘れた時に、財布も入っていたから、
銀行の口座、全部ストップしちゃったからお金引き出せないんだよ」


「それは困ったわね」

「これがバレたら、俺、会社でちょっとヤバい立場になるんだよ」

「わ、わ、どうしましょう」

「母さん、本当に申し訳ないんだけど……1日だけお金貸してくれるかな?」

「ええ、少しだけならいいわよ」

「少しだけって、どのくらい?」

「どのくらいって、急に言われても……」

「100万円とか、200万円とか、無理?」

「んー、そのくらならなんとか」

「分かった。じゃあ相談してみるから、ちょっと待ってて」

※一度電話が切れて、5分後再びかかってくる。

「母さん、本当にごめん! じゃあ、200万円頼むよ。明日、銀行の口座が動かせるようになったら、すぐ返すからさ」

「わかったわ」

「じゃあ、すぐに取りに行くからさ。用意しておいて」


※そして、また10分後、電話が再びかかってくる。


「ごめん! 急に会議が入って抜け出せなくなった。会社の後輩が取りに行くから、そいつに渡してくれる?」

「わかったわ」

「ただ、小切手をなくしたことは会社で内緒だからさ。後輩は『書類をください』っていうから、そいつに『書類です』といって、封筒にお金を入れて渡してくれよ」

「うん、わかった」

※そして、待ち合わせの近所のスーパーに行くと、サラリーマン風の20代の男が待っている。

「後輩の●●です。はじめまして。書類を受け取りにきました」

「はい、これ」

「確かに受け取りました。では」

※そして、男はテクテクと歩いて駅に向かって消えていった……。

と、こんな感じで、200万円が「あっ」という間に持っていかれました。


その後、兄から連絡がないことがおかしいと思った母は、

兄の携帯に「お金は受け取りましたか?」というメールを入れると、

兄が「なんのこと?」ということで事件が発覚。

その後、警察に届けを出して、

竹内家の実家は葬式のように暗い年末を迎えるようになりました……。

最初に断っておきますが、

私の実家はごくごく普通の家庭で、

決して裕福なほうではありません。

当然、200万円は大金です。


おそらく、母親が万が一のためにコツコツ貯めたお金で、

老後の「いざ」という時のために、とっていた虎の子の貯金だと思います。

それが、自分の息子を守ろうとした善意を利用されて、

まんまと騙されたわけですから、

おそらく、そのショックは計り知れないものがあります。


しかも、この年末です。


「孫にお年玉もあげられない」


そう言って、母はずっと泣きじゃくってました。

さぞかし、悔しかったと思います。


特に、こんな詐欺の手口に自分が引っかかってしまったことに、

そうとう、情けなくなってしまったんだと思います。


で、ここでちょっと冷静に事件を振り返ってみたいと思いますが……。

まず、私が母親と警察から手口を初めて聞いた時、

率直な感想としては「すげぇ」の一言でした。

本当によくできている「仕掛け」だと思いました。

ちょっと文章で書いてしまうと、

安っぽいベタな詐欺商法としか伝わらないのが悔しいんですが、

最初の電話の内容から、最後のお金の受け取りまでの流れは、

すべて辻褄があっているし、

ストーリーとしては、非常によくできていると思いました。

まさに「臨場感」抜群の演出です。

オレオレ詐欺にあった被害者の家族が言う言葉ではありませんが、


人から金を騙し取る仕掛けが、よく研究されています。

おそらく、この一連の流れを完成させるために、

たくさんの失敗をして、たくさんの仲間が捕まり、

それでも、懲りずに試行錯誤を繰り返して、

それで行き着いた、いわば「究極のオレオレ詐欺」であることは、

やはりここで認めざるを得ません。


それともうひとつ。

10分おきに電話がかかってくるところも巧妙だと思いました。

相手に「おかしい」と考えさせる隙を与えません。

ずっと緊張感を保たせるために、

たえずストーリーを転がせるのは、

1回や2回の練習では、演技をし続けるのは難しいと思います。

つまり。

ここが一番、私の認識の甘かったところなんですが、

「オレオレ詐欺」をやっている奴らは、

バカじゃないっていうことです。

いかに、確実に相手から金をだまし取るかということを突き詰めて、

さらに、時代にあわせて、

次から次へと「騙し方」というビジネスモデルを進化させていくというのは、

決して頭の悪い人たちではできない芸当だと思いました。

「オレオレ詐欺なんてやる奴はバカだ」


と、今まで事件の概要だけを捕らえて、感情だけで決めつけていましたが、

その甘い考えが、逆に「私はこんなバカに騙されない」という隙を作ってしまい、

結果、そこをつつかれた……というのが、

おそらく、今回の一番の敗因のような気がします。

本当に考えれば、考えるほど、腹が立つぐらい、

この詐欺システムはよくできています。

例えば、最後の「書類」といってお金を受け取るシーンも、冷静に考えれば凄いですよね。


だって、ここは一番捕まる可能性が高い危険なポジションなんですが、

もし、仮にここで捕まったとしても、そいつはおそらく、

「僕は知らない人に頼まれて、書類を受け取るようにと言われただけです」


という言い訳ができるので、

見事にトカゲのしっぽ切りができるようになります。

(本当に、そこらへんに歩いている奴を1万円ぐらいで雇った可能性もあるし)

あと、これは警察から聞いたんですが、

どうやらオレオレ詐欺の集団は、地元の卒業アルバムとか見ながら電話をかけているそうなんですね。

『昭和30年〜50年』ぐらいに生まれた『男性』に的を絞って、電話をかけまくれば、

少なくとも「“オレ”と名乗って不自然じゃない相手」の家に対して

「年老いた親」が電話に出る確率が高いわけですからね。

がむしゃらに、あてずっぽうに電話をかけていたら、

いつまでたっても「騙しやすい相手」にたどり着くことができません。

でも、リストを絞り込めば、最少人数で、効率よくテレアポができるわけですから、

このオレオレ詐欺のリーダー格の人は「顧客リスト」の重要性を

非常によく理解している人だと思います。

さらに、こんな最悪なビジネスモデルをやっている「スタッフ」に対して、

高いモチベーションを維持させている仕組みも凄いと思いました。


おそらく、どうしようもないクズ人間ばかり集めているのにも関わらず、

そいつらを教育させて、警察に捕まるリスクまで背負わせて、

それでも、このような非社会的なビジネスをやらせ続けられる、

このマインドコントロールの方法は、ある程度、社会人経験のある人でなければ、

構築できないとも思いました。

まぁ、この「人を騙してお金を奪う」という詐欺のビジネスは、

スリル感もあるので、それが病みつきになっているところもあると思いますし、

あと、簡単に100万、200万が手に入ってしまう“うまさ”を覚えてしまうと、

なかなか人間、その犯罪のようなビジネスを辞めることができないんですけどね……。

で、これはネットに出ていた情報なんですが、

母親に対して、マメに連絡を取っている家のほうが

オレオレ詐欺にひっかかりやすいそうです。

なぜならば、家に電話がかかってきても不自然じゃないし、

そういう家のほうが家族の結束が堅いので、

逆にすぐに情報信じてしまって、引っかかりやすいらしいんですね。


あと、オレオレ詐欺の被害にあった8割ぐらいの人が、


「自分は引っかからないと思っていた」

という自信のあった人たちらしいです。


ここからは、かなり独自の推測になってしまうんですが、

僕はたぶん、このオレオレ詐欺は、「しっかりした人」ほど、

引っかかりやすいのかなぁと思いました。

「しっかりしている人」は、逆にこういう作られたストーリーに、

乗せやすいんだと思います。

逆に「しっかりしていない人」は、予定調和で動けないから、

やっぱり、どこかで、この作られたストーリーから

はみ出してしまって、詐欺から逃れられるんだと思います。

だから、私は今までオレオレ詐欺の被害者のイメージは、


・孤独な老人
・ひっかかりやすいボケた人
そう思っていましたが、

実際に被害者の家族になって分かったのは、

・家族の絆が強い
・しっかりした人

というのが、実際のオレオレ詐欺の被害者像であり、

僕の描いていたイメージと大きく違ったところだったりします。


と、こんな感じで、ほぼ職業病に近いんですが、

コンサルタント視点で、今回のオレオレ詐欺を振り返ってみました。

今回の事件を教訓に、我々が防御策としてやるべきことは、

オレオレ詐欺に対して、認識を大きく変えることです。


彼らは、「プロ」の詐欺師なんです。

警察に捕まるリスクを背負っているわけですから、

相当の覚悟で、このオレオレ詐欺をやっていると思います。

むしろ、僕らが「商売」をやっている感覚よりも、

もっともっと命をかけて、もっともっと真剣にやっている可能性もあるから、

逆を考えれば、こんなプロの手にかかってしまったら、

素人のおばあさんなんか、一発で騙されるわけです。

おそらく、この振り込め詐欺が、

今もなお、社会からなくならないのは、

警察に捕まる確率がそれなりに低くて、

それでいて、確実に金が取れる詐欺だから、

世の中から消滅しないんだと思います。

被害者も、それなりに「しっかりした人」の可能性が高いので、

それを考えたら、プライドもあって、

被害届けも出していない可能性もありますよね。

そう考えると、世の中のもっとたくさんの人が、

この「オレオレ詐欺」に引っかかっていることが考えられます。

「いやいや、竹内さんのお母さんが、ちょっとオマヌケなだけなんだよ」

おそらく、そう思っている人もいると思います。

事実、私もテレビでオレオレ詐欺の被害にあった人のニュースを見て、


「わー、バカな人もいるもんだ」

と思っていました。

でも、実際に今回、自分の母親が被害にあって、

自分がその一連の詐欺の流れを聞いて、


「こりゃ、ひっかかるよ」

と思ったところがあります。

もちろん、自分の母親だから贔屓目に見ているところはあると思いますが、

それでも、同じような手口で、

引っかかってしまう人が後をたたない現状を考えれば、

やはり、多くの人が、オレオレ詐欺に対して、

「あいつらは、プロの詐欺集団である」

という、認識を持たなければ、

いつまでたっても、この被害はなくならないんだと思います。


だから、みなさんも実家に帰ったら、

ぜひ、このエピソードを両親に伝えてください。

「こんなバカな詐欺に引っかかっちゃう人がいてさ」

っていう、笑い話でも構いません。


正月、実家でそのような話をして、少しでも、その人の記憶に残って、

被害が少なくなることが、

唯一の、今の悲しみにくれる母親の心の救いにはなると思います。


最後に。

もし、最悪、自分の母親が被害にあった場合、

家族は「心のケア」だけはしっかりしてあげてください。

60歳になってから、「人に騙された」というのは、

相当な、自信喪失になります。


悲しいし、悔しいし、恥ずかしいし、

夜も眠れない思いをすることになります。

だから、そういう被害にあった人の心の傷を、

家族でフォローしていくことも、

やはり必要なんだと、改めて被害者になって気づきました。

どちらにせよ、これ以上、被害が拡大しないことを祈るばかりです。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月30日 15:45:35 : 3nTXkp9TvA
お気の毒様です。
クリスマスに御老人から金銭を騙し取るだなんて本当に許せない連中です!
警察にもっと頑張って頂くとか、
法律を改正して、詐欺罪を今よりずっと重くすべきとか思いますが、
やはり各家庭毎に対応策を練るしか無いのでしょうね?
例えば必ず「俺」「私」の後に名前を続けて電話を掛けるとか、
「お金」に関するキーワードを含んだ会話後にはすかさず確認の電話を掛けさせるとか、
そんな「癖」を皆で付け合うとか?

それにしても詐欺グループも騙し取った金で忘年会やら新年会を開くのでしょうか?
豪華な店で祝杯を上げ、
「来年はもっと頑張るぜーっ」
とか、

…………………………「死んでしまえっ!!!」


02. 2012年12月30日 20:57:53 : KNO8pmdzDs
何故自分の息子の声とか喋り方に疑問をおたなかったのでしょうか?
私も詐欺の電話を受けた事がありますが、一瞬にして息子じゃないとわかりましたよ。
自分だけは大丈夫だなどと思ってはいませんが、いくらストーリー「がすげぇ」でもおかしいと気づかない方がおかしいです。
70歳と言えばまだまだそんなお歳とも思えませんのに・・。

03. 2012年12月30日 20:59:14 : KNO8pmdzDs
すみません。

×疑問をおたなかったのでしょうか?
○疑問を持たなかったのでしょうか?


04. 2012年12月30日 23:06:11 : TSHINKLeXk

>01

先日、なんとかブタと云う前首相もグループを集めて宴会をひらき「バンザーイ」と叫んでいたそうです。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
05. 2012年12月31日 20:41:52 : fSjLPjqp3w
02よ、うるせえ!くず!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
06. 2013年1月01日 21:46:37 : no31X615y2
本当に本人かどうかを確かめる質問を用心深くしてみてキチンと答えようとしないならば詐欺でしょうが、先ずはこちらにそうした落ち着きが必要ですね。
詐欺師はとにかく注意深く考える時間を与えずに話をどんどん進めようとしますから、どんな時でも先ず落ち着いて冷静に本人かどうかの確認の為の質問を2〜3してみる方が良いでしょう。

07. 2013年1月03日 16:58:16 : BnZEbGDBC6
ほらほら

共謀罪

が成立していたら防げたかもしれない今回の事件。
マルチ商法やら無許可で街宣やってるアカ馬鹿共の猛反対で
成立できなかったが為に起きてしまった事件でした。


08. 2013年1月04日 07:21:12 : AiChp2veWo
ATMって何にも便利と思えない。止めたほうがいい。おれおれ詐欺なんて重大犯罪。強姦や殺人と同じくらいに重罪にすべき。

09. 2014年4月10日 10:47:59 : aRaMblMbh2
作文だろ
上手くできてるぜ。

騙されたね。みんな。


10. 2014年4月10日 16:30:03 : 38574RKROc
お宅のお母上、電話は携帯電話にすべきです。そして自分の付き合い範囲の人の電話番号を登録しておきます。そうすれば誰から掛かってきたかがわかります。それ以外の人では掛かってきたとき名前ではなく、電話番号が表示されます。電話番号表示ならまず怪しいと緊張しますからね。当家では固定電話はなくすべて携帯電話です。変な電話の撃退対策です。お陰で皆無です。掛かってきたときは着信拒否にすかさずします。高齢者の皆さんは固定電話は無くして携帯電話に変更すべきです。

11. 2014年4月11日 18:46:57 : Atyw20tnCE
息子の声くらいわからんか?
普段よほど疎遠なんかな。ダサ、。

12. 2014年4月13日 02:10:15 : cYazEjxtWk
これを読んで騙された人を馬鹿にしてる人は気を付けた方が良い。
将来、騙される人はそういう人。

13. 反イルミナティー主義 2014年4月20日 16:45:57 : c/WVv5CaliQ7M : KqJxltKOcs
オレオレ詐欺の黒幕は一般的はヤクザ組織が関与している
と言われるが、本当の黒幕はその背後位に幽霊のごとく
立ちはだかるキチガイカルト統一と創価それにど腐れ官僚と
のドラ息子連中、蛆民党の代議士のドラ息子連中、
それにCIAユダ金連中で間違いない。
世はオレオレ体育会系みたいなジャイアンタイプより
一件人畜無害な出来杉タイプのような真面目系
エリートのような人間こそ疑えという事だ。
現実にいじめの黒幕ややオレオレ詐欺の黒幕はこう言う奴らが多い。
ジャイアンのような単純で体育会系のヤクザな人間なんぞ
簡単に金で釣れるからと考えているからだ。その出来杉の
ような際たる人種こそユダヤ人なのだ。

14. 反イルミナティー主義 2014年4月20日 16:48:22 : c/WVv5CaliQ7M : KqJxltKOcs
訂正
誤:世はオレオレ体育会系みたいなジャイアンタイプより
正:要はオレオレ体育会系みたいなジャイアンタイプより
                        失礼。

15. 2014年8月10日 21:25:01 : STMivheqxw
息子の声で本物か偽物かわかるだろうと考えておられるお方。自分はひっかからなかった、ひっかかる方が愚かなのだと思っていたら、次は騙される可能性がありますよ。

私は電話の声で息子ではないとはわかりませんでした。家事に手を取られている忙しい時間に電話があったので、また折り返し電話するからと返事した途端に相手が何か慌てだした雰囲気になり、そこで気が付きました。

普通、人は案外自分の思い込みだけで生きてるもんです。騙された方が愚かと言うことはありません。何度も何度も呆れた作り話に引っかかる人もいるようですが、まあそういうケースは例外として、大体は子供に対する過剰な善意と気遣いから騙されてしまうわけですから、対策としては、もう大人になったわが子にはクールな目を持ち一歩離れて自分の人生をこそ大事にしようと日頃心がけること、かもしれません。


16. 2015年10月10日 00:44:06 : M6P7nhoK5E
オレの代りに取りに行くから
このセリフはお約束、ここで怪しまないとダメよんw

そもそも、息子が自分の口座にカネがあって補填するにしろ何にしろ、一番に会社に相談すべきことであり、母親がコソコソ関与しようとするのはおかしい

まあいいじゃん
騙されたにしろ、払えるだけの経済的余裕があるのだから
このアホな母親が実在するのならの話しだがw


17. 2015年10月10日 18:05:37 : LTaIUcEIko
本日13時前、某ショッピングセンターのゆうちょATMで、前面カメラから完全に顔が隠れる帽子をかぶり
マスクをした30歳くらいの女がATMに通帳を入れ暗証番号を入力し金を出そうと、時間にして15分ほど
暗証番号をイロイロ変えた感じで何度も入力していたが、結局金を出せずに帰っていった。
番号入力を5回も間違えたら、警察に自動通報されるようにして、もよりの警官が職務質問に駆けつけるようにしないと、犯罪者が蔓延るよ。

18. 2015年12月23日 21:10:37 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[270]
Domestic | 2015年 12月 23日 20:22 JST

7900万円詐欺被害、高齢男性

 佐賀県警は23日、9月から11月にかけて、県内に住む70代の男性が金融庁職員を名乗る男らに現金計7900万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として調べている。

 県警によると、9月ごろ、男性に証券会社社員を名乗る男から「名義を貸してほしい」と不正な投資を持ちかける電話があった。男性は断ったが、その後、金融庁職員を名乗る男から「不正のことは知っている。弁護士に財産を預ければ差し押さえられずに済む」と連絡があった。

 男性は複数回に分け、金融庁職員の代理人として佐賀市内に現れた男に現金を手渡したが、相手の電話がつながらなくなり、被害に気付いたという。


⁅共同通信⁆

http://jp.reuters.com/article/idJP2015122301001393


19. 2016年6月15日 22:00:48 : FjFsbYfpWk : CfDICePJrNM[2]
恥ずかしがらずに手口を公表していくのも詐欺集団を追い詰める手段かもしれませんね。
詐欺集団が進化しているなら被害者も進化しなければいつまで経っても餌食のままです。

20. 2016年6月23日 21:47:07 : ara5yOAz7k : 2SbilennIu0[1]
この手の詐欺で言えること。
まず、お金をなくしても、使い込みがばれても 
「今直ぐに何とかしろとか言われない」
今回のように、お金を抜き取られたら、「まずは会社に報告しろ」というべき。
そのあとから(数日後)対応。

21. 2016年7月16日 21:18:42 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[838]
オレオレ詐欺は実在するのだろうが
作り話の可能性もある
銀行がオレオレ詐欺対策として10万しか送金させないようにするためだ

銀行が預金の引き出しを嫌がるのは、オレオレ詐欺とは無関係に
世界中で報告されている
じゃあ日本の銀行がオレオレ対策だと言ってるのはウソじゃないか

銀行の狙いは2つ考えられる
BISからの指令で世界で不景気を作り出すためだ
市中に流通する金が減るとデフレ&不景気になる
もう一つ考えられるのは、新BIS規制によって
自己資本比率の悪い銀行は潰されるからだ


22. 2017年1月10日 21:20:34 : Yp3aSbFV1o : vR47YdkDsL8[1]
固定電話なら留守番電話にしておくのと、ナンバーディスプレイにしておく
知らない番号には出ないということも可能 
考える時間が取れるので一応防止にはなるかも....絶対ではないが...

23. 2017年1月13日 22:53:50 : unA9hWYW1I : ZvrK62aHhUQ[252]
●だが冷静に考えれば、明らかに盲点がある!!

@なぜ、駅の遺失物係が、落とし主の息子でなく、わざわざ母親に連絡してくるのか? しかもなぜこの時点で、既に母親の電話番号を、係りの駅員が知っていたのか?

A例えどんな理由があろうと、大切なカネを息子以外の他人には、絶対に渡せないとキッパリ断れなかったのか? 息子にあらためて電話し直せば、直ぐに真偽がばれたはずだが?


24. 2017防人[9] MjAxN5ZokGw 2017年1月22日 13:38:59 : nBrcXfYipc : rJXd2ZCkanY[12]
江戸時代の川柳にも「母親はもったいないがだましやすい」とかいうのがありますね。
平成では「母親は気をつけないとだまされる」ですかね。

25. 2017年2月11日 16:18:43 : VyaIWFTXoo : qBZiPsKqLrE[1]
実は今日、弁護士事務所から内容証明付きの郵便が届いたんだ
父は税理士をやってたんだけど、5年前に死去した
郵便の内容は、父が請け負った仕事にミスがあり、会社が損失を被ったから1300万円の損害賠償を請求するというものだった
消費税計算過誤と書いてあった
多分これもオレオレ詐欺の亜種だと思うけど、本当に嫌な世の中になったね

26. 第一[1] keaI6g 2017年6月16日 17:49:32 : YDv69IBiWk : kAfmosvMeEQ[1]
プロの詐欺集団というより、犯罪組織と言ったほうが正しいと思います。
わたしは国際犯罪組織に騙され百万円以上を盗まれました。
「こんな最悪なビジネスモデルをやっている「スタッフ」に対して、」と、文章に出てきますが、ビジネスではありません、犯罪行為です、盗人です。スタッフではありません、犯罪者です。

ただし、英語では、犯罪組織に騙されて犯罪助長を行ってしまう人達のことをMuleと言います、意味はラバです。ロバではなくてラバ、馬とロバの愛の子ですね。どういうことかとうと、Muleはもと被害者であるケースも多いです。騙された人が、さらにその組織に深く関わりを持たされ(本人は気づいていな場合もおおい)、自身の個人銀行口座を利用され、マネロンをさせられるケースなどが典型的な例です。誰も捕まることのないことがほとんどである詐欺事件、でもたとえつかまったとしても、こうして足がかりを少しでも残してしまうMuleのみがつかまり犯罪組織の人間は隠れて絶対につかまりません。犯罪組織が国際犯罪組織でいくつもの国々にまたがり、親玉組織がアフリカの無法地帯のような国にある場合は尚更です。(わたしの場合はそうでした)

警察は治外法権があるため、国をまたがって犯罪を追跡することはできません。国際詐欺集団はこれを利用して活動します。また、資金の流れは日本であるかわかりませんがWestern UnionやMoney Gramなどといった誰でも誰にでもどこにでも送金できて追跡が不可能な方法を利用します。そして、一旦送ったお金は瞬時に世界中の犯罪組織のネットワークにばら撒かれ、追跡を全く不可能にしてしまいます。

オレオレ詐欺も英語でいうと、Emergency / Grandparent詐欺と呼ばれて国外にも存在します。このお母様のケースに出てきた、後輩を装った人物が、Muleだったのかそれとも犯罪組織の一人だったのかはわかりませんが、どちらの可能性もありますね。

国際詐欺集団でもそうですが、彼らの多くは大学教育までうけている高学歴です。
文章で、彼らは馬鹿じゃない、と言っておられますが、馬鹿じゃないどころか平均的な人に比べ、かなり知能が高いとされています。そして彼らは人に共感したり同情したりする心を持ち合わせない、いってみればSociopath(社会病質者)です。彼らの多くは、捕まるということさえなければ自得のために人殺しもなにもいとわない人達です。おそらくそのような組織の上の方では黒社会(やくざ)とつながっていると思います。

日本の詐欺集団はわかりませんが、国際詐欺集団の大手はテロリスト絡みです。騙して盗んだお金はテロ資金として集められる場合もあります。とうぜん、個人私欲のためにやっている犯罪者(個人か比較的小さい犯罪組織)もいます。

メディアの扱いにも問題があります。詐欺にあうのは「寂しい孤独な人、馬鹿な人、騙されやすい人」だと彼らは描きます。そうすることで、記事に物語性をつけて売れるようにしているためです。実際は被害者に典型的な性格や学歴やプロフィールというのは存在しません、あえて言うなら性格の悪い人ならひっかからない、ということでしょうか?だって、人助けをしようと思わない人はそもそも助けないのでひっかかりませんから。


27. 第一[2] keaI6g 2017年6月16日 17:58:32 : YDv69IBiWk : kAfmosvMeEQ[2]
上のコメントで、「だが冷静に考えれば、明らかに盲点がある!!」とコメントした人がいますが、当然、全てのものには盲点があり、犯罪はそこをついてきます。

当然、こういう犯罪は全て成立するわけではなく、成功率はわかりませんが、失敗の方が多いはずです。タイミングや条件や状況がうまく(というか、被害者にとっては悪く)重なり犯罪者にとっては成功に導かれるわけです。そのタイミングとは、例えば離婚したての人が運悪く言い寄られたり、夫となくした人が運悪く(犯罪者にとっては運よく)言い寄られたり、などです。そのようなタイミングがなければその人は恐らくひっかかっていなかったというタイミングに運悪く(しつこいですが、犯罪者にとっては運よく)重なった場合に、人は詐欺にあってしまいます。

わたしは大丈夫、盲点を見抜ける、という自信のある人こそあるタイミングで見事に騙されます。そして悔しいことに、犯罪者はそれをよく知っているのです。


28. 第一[3] keaI6g 2017年6月16日 18:04:41 : YDv69IBiWk : kAfmosvMeEQ[3]
「オレオレ詐欺は実在するのだろうが作り話の可能性もある
銀行がオレオレ詐欺対策として10万しか送金させないようにするためだ」というコメントが上にありますが、むしろ銀行を使って行う犯罪金の送金(マネロン)は足がつくのでそうではないありとあわゆる方法で送金や現金渡しが行われます。

世の中には銀行送金に頼らない送金方法が多くあります。
ビットコインなどもそのような犯罪金の送金に使われることが大です。

よって、オレオレ詐欺と銀行の陰謀(?)はその陰謀が本当だったとしても(そうは思いませんが)無関係だと思います


29. 第一[4] keaI6g 2017年6月16日 18:19:46 : YDv69IBiWk : kAfmosvMeEQ[4]
「何故自分の息子の声とか喋り方に疑問をもたなかったのでしょうか?」とコメントされている人がいますが、わたしはオレオレ詐欺ではないですが別な詐欺に会いました。詐欺に会っている間中、ずっと自分の中では「何かがおかしい」と思い続けていました。相手(詐欺師)に「わたしを騙そうとしているんでしょ」と問い詰めたこともありますが、やはりお金を送ってしまいました。騙されたと気づいた後では、騙され続けていた間は(数日ですが)何か悪い魔法に取りつかれていたような感覚だった、としか今になっては言えないでね。

オレオレ詐欺の場合は違うと思いますが、ある詐欺の手法では被害者が回りの人とコンタクトを取らないように仕向けます。そうすることによって判断力を狂わせます。今思えば、というか被害にあっているときも、「ありえない!」という状況を作られていましたから。

相手はプロの犯罪組織です。人の弱みにつけ込むことで生計をたて、巨額を稼いできました。当然、一度こういう目にあった今では被害者相談を行ったりもしてますし、詐欺の手口を知り尽くしたので騙されることはありませんが、それでも犯罪は人の一歩先(または10歩先)を行きます。消してなくなりません。進化するだけです。

人が疑問を持てるのは、過去にあった例を考えたときだけです。オレオレ詐欺をこうしてメディアやネットやテレビで知った人はひっかからないでしょう。ひっかかるのはそのような犯罪が存在することを知らない人達です。なのでオレオレ詐欺は今日も姿形を変えて他の詐欺に進化しています。その詐欺報告を後で知って、それが有名になるだけの話です。人々がまだ知らずにいる間に急成長し、知られ始めると稼ぎもほどほどになり、そして次の手法に代わっていきます。

世の中全員がその詐欺方法を認知し、疑いを持てるようになる頃には、詐欺は既に知らない別な方法に姿を変えているってことですね。


30. 2017年7月05日 19:37:14 : OyKHQqteHc : 3WsSlOu6bIQ[1]
最後は本人に手渡しする。

31. 2017年8月19日 11:25:16 : qOIqYOLS3w : kTqm_xfd2Kg[69]
>>7
あれれぇ〜?
あれってテロ対策じゃなかったんですかぁ〜?

32. りんりんらーん[1] guiC8YLogvGC54FbgvE 2017年11月04日 12:32:29 : yq8ewUmiqc : oQyrUaOYxMc[1]
コンサルしてる割には詐欺師に驚き過ぎ。

法人間取引ではもっと巧妙な詐欺に溢れている。
本物弁護士が懲役覚悟で仕掛けててくることも。
あまり仕事が出来ないコンサルなのだろうとは思うが、
詐欺にあわないように。


33. 酔うちゃん[1] kIyCpIK_guGC8Q 2018年2月28日 17:38:02 : y60jC7w2vY : kcis73mlFu4[1]
すごいなこの手口…。
何故だまされてしまうのだろう。200%防げたはずの案件です。まず”俺だけど”で始まるわけですが、話の設定ではこの女性には息子が二人いるようですけど、普段から二人とも”俺だけど”と切り出しているのならこの母親は声とかで誰かを判断していることになると思うのですがまずここで何か違うと気がつかないのでしょうか。そして次重要ポイントです。えせの息子さんはかばんを車内に忘れてしまい、ケータイもないから取引先から電話していると告げます。かばんを車内にわすれてしまうことはままあることですが、そこで皆さんどういう行動をとるでしょうか。とにもかくにも忘れ物の係りの所へいき事情を話してかばんの捜索をしてもらうでしょう。そしてこの場合見つかる可能性も高いですしケータイすらなく身動きが取れない状態なわけですから多少時間がかかるとしてもその場で待ち、発見されたらすぐに取りに向かいますということで現場へ行きかばんを確保したのち改めて取引先へ向かうのではないでしょうか。(少なくとも自分ならそうします)でもこのえせの息子さんはケータイもないのに何故か実家に連絡がいくような段取りをつけ丸腰でのこのこ取引先へ向かい、そこでわざわざ電話を借りて実家に連絡しているのです。どう考えても???ですよね。しかしこの女性はここで何ら疑問を抱かず相手を撤退させられるタイミングを失ってしまっています。その後息子と母親の間で東京駅でみつかった、今から取に行くというやり取りがあり、そこから十分後にえせの息子さんは母親に本題を切り出すことになります。さてここでも考えてみて下さい。母親から東京駅でみつかったことを聞いてからわずか十分で東京駅まで行きかばんを受け取ってくるというのは不自然です。息子さん東京駅で待機してたんか、てな話しですよね。そしてここでもこの女性は何ら疑問を抱かずスルーしています、そしいよいよ最重要ポイントです。えせの息子さんは母親に、かばんの中に入っていた小切手を取られてしまい、自分の預金でなんとかしたいがカードをストップしちゃってどうにもならない、このままだとまずいことになると告げます。ここでも疑問です。息子さんはケータイもなかったのにいつカードを止めたんでしょうね?そしてなにより会社の小切手を失くしてしまったという状況下で息子さんんの取るべき行動は言うまでもなく自腹を切ってでも小切手の穴埋めをすることではなく会社にトラブルが発生した旨状況を報告、謝罪し、会社の判断を待つことです。ですからこの母親は、息子さんに”会社の大事な小切手を失くしてしまったのだから正直に話してお詫びしなさい”ということを言うべきなんです。ところがこの女性は全くそういう対応をしておらず、えせの息子さんの口車に乗っかってお金のほうに意識がいってしまっているのです。恐らくこの母親は日頃から息子を猫かわいがりしていて、今回の話でもこのままでは息子が会社を首になっちゃうかも、と、か警察ざたになっちゃうかも、とか、そんなことばかりが脳裏をよぎっていたのでしょうね。いずれにしてもここでこの女性が正しい対応をしていればここでゲームオーバーだったはずです。つまりこの女性にもう少し知性があれば、全く騙されないですんだはずの事件です。騙されてしまった人も少し自分の取った行動を省みてほしいという言う意味を込めてコメントしました。最後にこうい人たちがいる限り振込め詐欺ってなくならないんだろうな。

34. 2018年6月13日 13:33:12 : y60jC7w2vY : kcis73mlFu4[3]
飛びます

35. 2019年1月18日 01:24:57 : R8Y5oPIImU : 9QjZY5hgiRM[1] 報告
人を騙し成功しようがそれは一時的なもので、
騙された人の怨みというものは名前顔知らないのは関係がなく
必ず騙した本人に届きます。
犯人は必ず病気や事故で苦しむ事になります。
それは死んでも終わりません。地獄という苦しみが待っています。
これを犯人が読んでいるならば今からすぐに止める事です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 日本の事件30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 日本の事件30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧