★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105 > 313.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今月中に指定弁護士による「公訴の提起」があるかどうかは疑問
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/313.html
投稿者 otoppi 日時 2011 年 1 月 22 日 17:13:13: cUHXG0u8x2am6
 

今月中に、本当に指定弁護士による小沢氏に対する「公訴の提起」があるかどうかは疑問。

本来なら、小沢氏任意聴取が不可能と分かった1月18日午後の時点で起訴に向けた準備をほぼ終えていると報道されており、多くが今月中、中には今週中の起訴を予想する向きもあった。

しかし、「公訴の提起」の前提となる第2回起訴議決の根拠が新証拠により崩れてしまったとみられ、その証拠の確認の必要もあるので今月中に「公訴の提起」がされるかどうかはかなり疑問である。

指定弁護士が公訴の提起を躊躇せざるを得ないのは、第2回起訴議決の一番重要な根拠が否定される可能性が出てきたからだ。その根拠としている石川議員の供述の信用性(逮捕時と逮捕後の再聴取で供述が同じであることを指摘している)が公判で否定されることが合理的に予見されるようになってきたからだ。

1月15日の時点で、石川議員の再聴取録音の証拠申請がされ、その内容も誘導尋問が分かる内容であると報道されている。この報道により指定弁護士は、公訴の提起と維持の職務を遂行するには、その録音内容を確認する必要があることが分かったはずだ。小沢氏側が、1月18日に正式に聴取要請拒否を伝えてきても、指定弁護士側はやるべきことが残っている状態であり、録音内容の開示要請をしなければならなくなったからだ。

指定弁護士は、1月11日に小沢氏側に任意聴取を要請している。石川議員の録音証拠申請は1月7日の公判前整理手続きで申請されたものだ。小沢氏側弁護団は、指定弁護士が録音証拠申請後に任意聴取要請してきたことで、情報漏れがないことが分かったはず。その後、聴取要請拒否を通告しても指定弁護士が簡単に動けなくなることを予期して、録音証拠申請とその一部内容を報道機関に流したものとみられる。

指定弁護士は、はしごを外されたことを悟ったはず。それでも「公訴の提起と維持」が彼らの職務であるから、公判を維持するつもりでいつかは「公訴の提起」をしなければならない立場であることに変わりはない。ところが、その一番のというか唯一の証拠とする石川供述の信用性がないと分かっていたなら、「公訴の提起」自体が違法となってしまう。

確かに、陸山会事件では検察側も再聴取をした検事ら4人の証人申請をして認められているから、石川供述の信用性が今の時点でないとは言い切れないかもしれない。しかし、弁護側の証拠は、内容に議論の余地のない録音なのだ。2月7日の初公判以降、陸山会事件は冤罪であることが次々に明らかになってくるだろう。

指定弁護士は、「公訴の提起」に躊躇すればするほど不利になり、さらに難しくなってくる。彼らにとっての選択肢は、
1.陸山会公判が2月7日に始まる前できるだけ早く「公訴の提起」をして、公判前整理手続きを始め、陸山会の判決までなんとか引き延ばし、犯罪の証明がないということで裁判所に公訴棄却をしてもらう。
2.弁護側に石川議員の録音証拠の開示要請をして(恐らく小沢氏の不利ににはならないので開示され)、石川供述の信用性について担当検事に任意聴取をしたうえで信用性について判断し(恐らく信用性なしとせざるを得ない)、検察審査会に対して議決の根拠に対する疑義を伝え(恐らく何も反応できないので)、塩漬けにし、忘れたころに辞任する。
3.報道された範囲でも石川供述の信用性に疑義があることは明らかなので、起訴議決の根拠がないことを理由に指定弁護士を辞任する。

この中で弁護士として一番安全なのは2と思われるが、世の中の流れに逆らう勇気がなければ3はできないし、何とか形式だけで逃げようとするなら1ということになるのではないか。

指定弁護士は、顔面蒼白になりながらなんとか逃げ道がないか、なんとか録音証拠の中身が分からないかと動き、あっという間に1週間が過ぎてしまう。その後、世の中強制起訴が当然という政治的な圧力でギリギリでやはり「公訴提起」の職務を実行するしか知恵が働かないだろう。しかし、その道は冤罪非難の嵐を覚悟してもらう必要があろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月22日 18:25:36: 8HikxGtgtU

 1案は 難しいのではないか 

 ズブの素人ならいざ知らず 仮にも弁護士である以上 何ら自分の責務を果たさず

 検察事務局がつくる公訴の書類に ハンコをついて出しました 

 な〜〜んて できない しょ〜〜

 ===

 私なら 体調不良で この作業を辞任するね
 
 おまけに バックにいた仙石も過去の人になっちゃったし 梯子を外された弁護士さん

 真っ青だと思うよ〜〜〜
 


02. 2011年1月22日 18:40:59: f3nr9FaJgs
いずれにせよ、小沢さんを起訴したら、
この指定弁護士は懲戒され、弁護士資格を剥奪されるだろう。
「権力に屈した人間のクズ」として社会的にも抹殺されますよ。

その勇気があれば、どうぞ起訴してくださいな。


03. 2011年1月22日 18:57:58: B6qGlHgGlo
2010年の10月に既に、指定弁護士の未来を予測するコメントが
阿修羅掲示板にあった
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/243.html#c1
生贄の弁護士ってピッタリ当て嵌まって笑えた

この参照先コメントにあるように
論争が起きた場合、使い捨てにされるぞとの悲しい未来予想が当たってしまった。
まぁどの様に転んでも指定弁護士を受けろと指名された時点で
汚れ役を覚悟したかもね

弁護士資格剥奪はまずないよ
汚れ役を押し付けた弁護士会はお仲間をそんな事をしない。
東大や中央大系列の弁護士が汚れなければ何でもありの
裁判所の出入り業者組織と心得よ。


04. 2011年1月22日 19:19:09: X8ZmcRge2Y
最高裁の判例により、
「公訴提起の当時に検察官が現に収集した証拠および
通常要求される捜査を遂行すれば収集し得た証拠を
合理的に総合勘案し、有罪と認められる嫌疑」がなければ
違法公訴となるのである。

合理的証拠がなく公訴すれば
国家賠償責任を負うのは指定弁護士自身ですから
1,の選択肢はリスクが高過ぎ。

2,はたしかに可能性ありだが
問題は「速やかに」の法的解釈だろうねえ。
「直ちに」は即座にの意味だが、「速やかに」は半年位は
その範疇に含まれるのであろうか。ま、二〜三月になっても
強制起訴はできてないであろう。たぶん。
その間、石川、大久保両氏の公判が進んでるだろうし、
マスコミの大好きな「近く強制起訴か?」は無いな。

センズリ猿には困ったもんだが。(笑)


05. 北こぶし 2011年1月22日 19:35:49: ngxJmN6cD1mwI : 8hk0duzcU2
1だと思います。
検察審査会が2回、起訴相当と議決した場合は「無理やり起訴」と法律用語で言われているようですが、検察がすでに不起訴処分としていますから、この不起訴処分を取り消す必要があります。

不起訴処分を取り消す正当な理由がなく公訴提起を無理やりしますから「無理やり起訴」と言うようです。

しかしこの「無理やり起訴」も手続きは同じ仕組みになっていますから、起訴状には被告人の氏名、公訴事実、罪名を記載しなければなりません。

したがって公訴事実は訴因を記載し、できる限り日時、場所及び方法をもって特定しなければならないのですが、検察が何十億円も使って書こうとしても書けないのですから、3人の弁護士程度では書けるわけがないのです。

3人の弁護士は検察審査会の起訴議決のうえに「小沢の態度が悪い」とでも付け加え、罪名「無罪」と「無理やり起訴」をすると思います。


06. 2011年1月22日 20:25:40: BDDFeQHT6I
指定弁護士である限り起訴しなければならない(基礎をしないと言う選択肢は無い)、起訴すれば唯一と言える起訴の根拠であった石川氏の供述が実は石川氏が否認したいた事実が明かになった以上不法な起訴を提起した事で責任の追及を免れそうも無い、と言って指定弁護士を辞任するには就任から時間が経ち過ぎている。
本来採るべき道は唯一つ、検察審査会の議決の前提が崩れた事を理由に検察審査会へ議決を差し戻す様に要請することだろう。
検察審査会法には、この様な事態を想定した条文は無いだろうから指定弁護士は審査会事務局と折衝して差し戻しを行う以外助かる道は無い。
そもそも本件は石川氏など3名の元小沢氏秘書の政治資金報告書記載違反の共犯だか共同正犯だかの容疑であり、石川氏などの公判前整理手続きも終っていない時点で共犯の起訴を決めるなどと言うおかしな手順に起因している。
万一石川氏達が有罪となったとしても数十万円の罰金刑程度が限度だろうから、その共犯だとして、どんな刑罰が考えられるのだろうか。
政治資金報告書の不正記載だとして、その罰則は石川氏達に課せられるのだろう、その後小沢氏にも罰金を課すると言う訳にはいかないだろう、それでは罰金の二重取りだ。
もし小沢氏の共犯が裁判で確定すると小沢氏はどんな刑に服する事になるのか有罪だけど刑罰無しとなるのか、刑罰を課する事が出来ない様な罪は裁判に馴染むのか誰か教えてほしいものだ。

07. 2011年1月22日 20:59:11: S7VWLgfzYU
小沢氏の件で指定弁護士になった時点で
仕事は確実に減ったであろう(笑)

普通なら「できましぇ〜ん!」と拒否するような案件!
が3人は引き受けた。
その時点で出来の悪い弁護士だというレッテルがその筋では貼られた(笑)

仙谷と宇都宮は金を積んだであろうが
弁護士は仕事をしてナンボのもん!であるハズ!
今後は「小沢さんの件で金に目がくらんだボンクラ弁護士」として
弁護士会では笑い物ですよ!

自民党→仙谷ラインでの悪事に加担した弁護士です
皆様、お見知りおきを!


08. 2011年1月22日 23:50:21: a6bulh7TYk
市民からの懲戒請求は出来ないのか!

悪徳弁護士を野放しにはできない。

普段こんな弁護士に依頼する奴はいるのか。

こんなのに頼めば無実でも有罪にされてしまい堪ったものではない。

それにしても民主党の中にも自民党の中にも弁護士だらけだが、こんなにも無能な奴らを合格させるなんて、合格証書をカネで買ってるんじゃないのか。

海外から笑われるぞ!


09. 2011年1月23日 00:37:34: Tiri7jc4EX

指定弁護士を引き受けた弁護士たちは本当に仕事をしているのでしょうか。
最初から仕組まれた事件なのですから、仕組んだ人たちから指示されたとおりに
動いているだけなのでは?

起訴が遅れているのもただの指示待ちで、一番効果的に威力を発揮できる時を
指示する人たちはテレビ、新聞の輩と相談しているのかもしれませんね。
これからの流れもすべて作られたストーリーに従って行動するだけならば、
あの膨大な資料を読む必要もないですし。

新聞、テレビは指定弁護士がどんなに道理にあわないことをいっても非難すること
はないでしょうし、この事件を受けることによってそれなりの見返りが待っていれ
ば引き受けるのも悪くなかったのでしょう。


10. 2011年1月23日 02:24:56: chbWh3gTmA
検察官適格審査会と言うのがありましたね(川内さんも委員)。指定弁護士も、「みなし検察官」なのだから、ここで公訴提起をしない不誠実な検察官であるとして懲戒解雇してしまったら如何。多分、二度と引き受ける弁護士は居ないでしょうから事実上the end。そして、小沢復権をはかり、お得意のうやむやということではどうでしょう。さて、マスゴミは如何なる対応となりましょうか。

11. 2011年1月23日 02:30:59: HPHZDhqCrw
しっかりと書かれた文章だと思います。
まあ、しかし。
指定弁護士諸氏、村木公判の林谷、國井検事のようなざまにはなりませんように。>>04様。鋭いですね。「速やかに」ですか。「拙速」ともいいそうですが(笑)。>>07様。もともと、仕事は減っていたのでは(笑)。
あっ、もちろん、正義感にあふれた優秀な弁護士にとって、
仕事の多寡は問題ではありませんね。

12. 2011年1月23日 09:24:54: c3MGH08xSU
貴奴等は、違法起訴、云々なんて、何とも思ってやしない。
 遮二無二、起訴にし、小沢をネガキャンの渦に巻き込み、3年ほど幽閉すればいいだけ。
 それまでに、前原内閣の布石を?(笑)後に、懲戒請求、違憲何ていっても、売国奴たちは、何とも?という感じだよ。(泣)
 泥棒が泥棒を裁けやし無い。尻尾きりが関の山。大事な事は、いくら小沢が起訴されようが、今までどおり毅然と仕事し、国民がそれを後押しする事、これのみだ。(拝)国民の皆様、小沢を護ろう!(拝)間抜けな処(情かな?)もあり、憎めないところもある。(笑)

13. 2011年1月23日 09:43:31: JnnKI0QRy6
石川議員のICレコーダーの録音部分が報道で流れたのは
ごく一部。
この録音部分が1時間以上あったら、そう想定すると
指定弁護士は、怖くて小沢氏を起訴できない。

大久保秘書の供述調書も裁判から外されたのは、
前田検事が関わったせいもあり、その他にこの録音が
大きく関係したのではないだろうか。


14. 2011年1月23日 10:01:05: mXI6pqZfsg
責任が無いから引き受ける。それが生贄であろうが、売名行為であろうが、そんなの関係ない。目立てばいい。今後の弁護士活動の上で有利に働く・・
こんな無節操な弁護士が巷にうようよといる。
人の不幸に漬け込み、裁判に勝とうが負けようがそんなの関係ない。金儲けです。
それが見合う金かどうかは判断付かぬが、ただ法律という世間の人には難解な文章を読み込んでいるだけの人たち。
世間にとって特殊な技術を持っている人ではない。こんな悪徳弁護士たちが、これはいい金儲けと、割り切っている。その談合こそが東京第二弁護士協会の実態である。

15. 2011年1月23日 11:12:56: BiH9k0qjww
指定弁護士先生の、面子に拘らない、厳正・公正な判断を願う。

不条理のものは、無理が在り、何時かは、綻びる。


16. 2011年1月23日 11:36:48: mp6fw9MOwA
小沢さんの事件は、政界から葬る為に検察が証拠はないが、逮捕すれば秘書の供述を得られると踏んでの捜査着手で有る。
これは指定弁護士も理解しているだろう。
いくら探しても供述以外の起訴相当の証拠は無いのだ。
この検察を陰で操っているグループが世論を動かし、公訴を正当化するとの約束をしているのだろう。
この約束を基に供述だけを基に公訴すれば良い筈だった。
しかし菅政権の世論誘導が失敗し、現状の供述の事象だけでは小沢さんを罪とする根拠にならないと理解し悩んでいるのだ。
そこに小沢さんを共犯として罪に問えない供述さえも、捏造で有るとの疑念が生じているのだ。
菅政権が法律を無視して証人喚問と言い始めたように、指定弁護人は明らかに法律を知らない素人が書く内容での起訴しかない。
その言い訳として、審査会が裁判で判断すべきとした議決を尊重したと言えば良い。
菅政権がこの責任を取って辞任し、弁護人には無能との評価以外の罪が及ばないよう計らうだろう。
その手段が、裁判所による公訴を受けたその日の公訴棄却だろう。
検察審査会の受理と同じ早技は特技であるから。

17. 2011年1月23日 12:08:51: 2tB1NFRjwY
検察は強制捜査をやりたくて、「期ズレ」という架空の容疑をデッチ上げた。
強制捜査をやれば、実体のある容疑をつかめると思って、自信を持って賭けに出た。
ところが何も出てこなかった。
結果不起訴処分にせざるを得なかった。

こうなったら検察審査会をけしかけ、
マスゴミの集団ネガティブキャンペーンで、小沢氏を政界から追放して熱を冷まし、
後足で砂をかけウヤムヤにするしかメンツを保つ方策はない。
違法捜査を誤魔化し、顕在化するのを防ぎ、保身を図らねばならないからだ。
しかし小沢支持者は微動だにしなかった。
結局小沢氏の政治生命を絶つことは不可能であることを証明しただけだった。

それなら今度は「素人の判断」を隠れ蓑に、法的な不備は承知の上で、
とにかく「刑事被告」の汚名だけは被せようと、破れかぶれの起訴議決を行った。
これによって「小沢かりにた」の誕生を抑制すると共に刺を刺し、
総理就任後もその正当性に疑義を投げかけるよすがとする腹積もりであったのだろう。

しかし、一般大衆でも直ちに理解できるような冤罪の証拠を発表され、
起訴などすれば汚名どころか、
迫害を受けた救世主のようなカリスマを与えかねない事態となった。
三方原の合戦のような、芸術的な大どんでん返しである。

もはや単なる「反小沢」の浮かれ者は、矢は尽き刀は折れ満身創痍となり果て、
いまや屈辱的的降伏と、一方的な戦後処理の甘受と、
猛り狂う暴徒による蹂躙しか残されていない。

ところでまた仮に小沢氏の公判中に、容疑そのものが消失するような事態になれば、
検察裁判所含め、司法制度そのものが恥辱に塗れる結果となろう。
これは治安当局にとって、致命的な打撃となりうる。

しかし治安当局が無力化し、治安が維持が難しくなり、
海外政府の謀略なども担当しているであろう暴力団等、反社会的勢力を抑制する力が無くなれば、
最も不利益を被るのは力なき民衆である。

ウィキリークスが、菅内閣が米傀儡であり、
それには韓国政府も関与していることを暴いたが、
これは米韓が日本の総理を決定できる、非正規のシステムが存在することを意味する。
もはやCIA、反日朝鮮人の存在はいかがわしい伝説ではない。
これを防ぐ方策は公に議論されて然るべきである。

このようなバックグラウンドで、今後検察のあり方を議論すべきではないかと考える。


18. 2011年1月23日 12:10:44: 2tB1NFRjwY
訂正
「小沢かりにた」じゃなくて、
「小沢総理」

19. 2011年1月23日 12:36:06: E8BmcvGKOo
>>小沢氏側弁護団は、指定弁護士が録音証拠申請後に任意聴取要請してきたことで、情報漏れがないことが分かったはず。その後、聴取要請拒否を通告しても指定弁護士が簡単に動けなくなることを予期して、録音証拠申請とその一部内容を報道機関に流したものとみられる。
>>

素晴らしいINFOです。

裁判所と検察は指定弁護士に録音証拠申請による 重大な事態の変化を伝えてなかった、と言うことは 今や司法も検察も 逃げに回って、指定弁護士だけが舞台に上がらされたまま 立ち往生しているということですね。

ここは指定弁護士も安易に権力からの後押しは期待せずに、腹をくくって 自分で
公正な判断をするしかないのでは?

第5検審の論旨(もともと論旨なんて全くないが)が胡散霧消してしまった以上
指定弁護士が「無理やり起訴」をするにしても、第5検審の2回目の議決を 一度
差し戻す ということはできないのでしょうか。


20. 2011年1月23日 13:03:34: Eq6aZmTNYc
小沢さんに対していわれない(疑惑」をデツチあげて、追い落とそうと企てている悪党たちを「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力。対米隷属勢力。民主党内の反小沢派ら」を激しく非難したい。スターリン主義か何か知らないが、マフイアのリンチの日本版である検察審査会の審査を悪用した、小沢さんへの(殺処分」週刊新潮2010,9,30号など参照。目的の謀略の闇にメスを入れて、残忍な11人の自称市民を引きずり出してその正体をひん剥き、秘密裡にやつたマフイアのリンチ的審査会は、いつ。どこで。誰が、何を根拠に、どんな事を言つたか・?洗脳し、誘導した検察関係のゲシュタポのような悪辣な極悪人間は誰なのか?。などを国会議員の国政調査権できびしく追及すべきだ。検察審査会の「起訴相当」と言う小沢さんへの2回の議決は、反憲法的であり、人権蹂躙のリンチであり完全に仕組まれた謀略で正当性は無い。と私は断定している。

21. 2011年1月23日 13:41:03: FMdMRKf5Fw
素人か幽霊?が、数回・時間の議論で出した決議に基づく「強制起訴」に、なぜこんなに時間がかかるのかおかしい?弁護士は審査会の決議を訴因として起訴すべき。裁判所が「訴因」として不適切と却下すればそれまでの話ではないのか?
素人・幽霊?の決議を「補充・補強」するのは越権では?

22. 2011年1月23日 13:45:39: 8dKCLC0Lxo
面白いですね。私は3案を支持します。
投稿者様は「世の中の流れに逆らう勇気」と云われますが、梯子を外されたと思った時点で「世の中」が信義則に反したのだから3人も契約を守る必要はない、対価も返す必要は無い、と考えるのではないでしょうか。つまり双方による裏切り。
そもそもこんな、起訴状の書きようがない事件を引受けたことが間違いです。

23. 2011年1月23日 15:08:37: 5Eacq4CzbM

拡散】日本一新の会、ただ今UST放映中です。小沢政権を樹立せよの檄文を読み上

げています。http://www.ustream.tv/channel/jaquie35


24. 2011年1月23日 16:21:59: SPtnMDxJ8A
>>06
佐藤福島県知事は適正な価格で土地の売買を行ったら、「無形の賄賂」(で実質無罪の内容の)「有罪判決」を受けています。

裁判所は通常の商取引でも、簡単に犯罪にすることが出来ます。

この場合もマスコミは事件の詳細は報道せずに「有罪判決」だけを垂れ流し、

 福島県民の生命と財産を守るため危険な原子力発電プルサーマル計画に反対した知事を、地検特捜部と裁判所とマスコミは見事に抹殺することが出来ました。



25. 2011年1月23日 16:28:39: zpO0PoF676
何でも小沢氏が悪いと報じるマスコミのことだから、
きっと今月中に起訴されなかったら、小沢氏のせいで起訴が先送りになったって言い出すんじゃない^^

26. 2011年1月23日 16:45:54: qKU81ebF32
しかし何ですなあ。この欄の格調の高いこと。まったくど素人の私など敬意を表します。いや、ほんと。もしや皆さん弁護士の方々、ただの法学部卒ともおもえませんが。是非、是非、頑張って貴重なご意見投稿願います。菅、岡田、安住君この
阿修羅へきて勉強をしたまえ。 後藤、星、三宅君・・・もんた君、この阿修羅の記事をよく読んで反論したマエ。朝日の政治部とやらももちろんであるがノウ。ああ、忘れた、NHKの大越もだ。

27. 2011年1月23日 16:59:24: wjem63atP6
日本の裁判所が正常に機能していると思わないほうが良いのではないでしょうか。
もし正常に機能しているなら、第五検察審査会の全く異常なスケジュールや全てが隠蔽されたた「起訴決議」なるものが公表されるようなことがあるはずがありません。
この国は残念ながら北朝鮮とさして変らないのです。裁判所は検察の追認機関に堕し、検察は正義の仮面を被った、出世亡者の巣窟なのです。
村木裁判で無罪判決がでたのは村木女史の常人にはない意志の強さと何よりもご亭主が厚生省の現役審議官であったことです。
実際にも検事調書では彼女の上司及び部下は彼女の関与を認める供述をしていると伝えられており、裁判の推移や省内の空気の変化を察知して裁判で被告に有利な証言をしただけです。
裁判官も含め特に役人などは保身と出世しか頭のなかにない連中です。

28. 2011年1月23日 17:28:47: OWMNudjV7U
17さん、

>>ウィキリークスが、菅内閣が米傀儡であり、
それには韓国政府も関与していることを暴いたが、
これは米韓が日本の総理を決定できる、非正規のシステムが存在することを意味する。
もはやCIA、反日朝鮮人の存在はいかがわしい伝説ではない。
これを防ぐ方策は公に議論されて然るべきである。
(ここまで)

とお書きになりましたが、そのアメリカ本国でさえ、大統領を決定する非正規のシステムが存在する、とのことですよ。アメリカ国民がブログコメントに書きまくっているので「いかがわしい伝説」ではないようですよ。

世界を牛耳るジューのデイビッド爺さんは90歳になっても現役で、その女番頭がヒラリーちゃんですよ。ヒラリー・クリントンに魅入られた前原ですよ。

崩壊寸前の米経済は日本のカネだけが頼りなのですよ。沖縄の米軍駐留って言っても、「思いやり予算」でただで兵士を食わしていられるからですよ。

日本人が未来永劫働きアリのように働き続け、戦争好きなアメリカに貢ぎ続ける構図はちっとやソットで変わりそうにありません。「方策を公に論議する」って言ったって、それは1つしかないのですよ。小沢一郎を総理にすることだけです。アメリカとの穢れた腐れ縁を断ち切るためには、言うべきことをはっきり言える政治家でなければなりません。それを「政治と金」の呪文でつぶそうだなんて。70年代とは違うんです。田中角栄のときのように国民を全部騙すことなんかで気やしない。ネットやブロガーたちの活躍で真実は明らかにされつつある。全国民が知るときまでそれほど長くはない。

そのときこそ、☆やゴローは覚悟するときだ。


29. 2011年1月23日 20:46:30: EKNrOFosiU
24番さんにフォローします。

■『国家の犯罪』はなんでも可能です。今後もなにがあるか予測不能です。

24さんの言うとおり楽観は許されないと思っています。

24さんの紹介する福島県の佐藤前知事冤罪追放劇のシナリオはネオコン・行政・司法・マスゴミ連合が作りましたが、主役は民主党のご意見番肛門こと「渡辺恒三一族」です。

ここまで根深く広くネオコンが巣喰っていることを示すよい例ですので、他の投稿に書いたコメントですが再録させていただきます。
(既にご覧済みの方はスルーして下さい)

●渡辺恒三の甥っ子「佐藤雄平」の県知事大出世の陰にCIAあり。

『特捜検察は、知事と福島県民を「抹殺」した(佐藤栄佐久ブログ)』より引用。
http://www.asyura2.com/10/senkyo103/msg/936.html
(投稿者 クマのプーさん 日時 2011 年 1 月 08 日)

プルサーマル原発に反対の立場をとっていた佐藤栄井作前知事が冤罪で追放され後任に佐藤雄平現知事が当選した。この間、二人の関係者の方が不審死している。

この佐藤雄平現知事は誰あろう渡辺恒三の姉の息子、即ち甥っ子である。

上記の投稿士の記事及びコメント士の記事によればプルサーマル原発がらみの問題でCIAにやられたと見ていいようだ。

佐藤栄井作知事失脚の2006年はプルサーマル原発について米国とのパートナーシップの発表があった年であった。

そしてその後福島のプルサーマル原発は渡辺恒三の甥っ子佐藤雄平知事の下で先日稼働を始めた。

−−−−−Wikipediaの「プルサーマル」より引用−−−

2006年には、アメリカが国際原子力パートナーシップを発表し、日本を含む国際協力による高速炉を用いた核燃料サイクルの実施計画が開始された。

(中略)

東京電力 福島第一原子力発電所3号機 2010年(平成22年)9月18日より試運転開始。同年10月26日より、営業運転を開始

−−−−−−−−引用終わり−−−−−

●もうひとつ。渡辺恒三の息子の渡辺恒雄はCIAのエージェント!

阿修羅投稿記事『CIAの陰がちらつく、渡部恒三氏、前原誠司氏こそ諸悪の元凶ではないか』から副島さんの記事を引用させていただきます。

−−−−−−以下引用します−−−−

 マイケル・グリーンが手足として使っている(長島昭久議員の他の)もう一人の男は、小沢一郎から分離、反抗の態度で、すぐに浮ついたこと発言するようになった、民主党の長老の渡部恒三(わたなべこうぞう)議員の息子の、渡部恒雄(わたなべつねお)である。

グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。
彼は、東北大学歯学部を卒業後、ワシントンCDで政治学を研究して、そして、グリーンの忠実な分子として、洗脳されて、今の立場にいる。

やはり渡部恒三氏も親バカ何とかという諺があるように、洗脳された息子のアポに、ひきづられて、「小沢氏追い落とし」の攻撃を仕掛けているのである。

息子の恒雄が、前原誠司や枝野幸男ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐに唆し(そそのかし)て民主党分裂策動を開始する今は、「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに、岡田克也外務大臣までがすぐにひきづられて連れてゆかれる。そうして「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとはお前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが、渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していたと言う。

なお詳しくはここから
http://snsi-j.jp/boyakif/wd201002.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●このように国家レベルから地方レベルまで、角から角までネオコンに浸蝕されている。

このように渡辺恒三はCIA指令「小沢抹殺」の実行の主役の一人であることが明らかになった。

国のレベルでは「小沢追放」の宣伝カー役と従米7奉行の洗脳役をしながら、地方のレベルでも一族で徒党を組んで従米ネオコンエージェント活動を進めている。

それほどに植民地化されているのであり、今後もなにがあってもおかしくない。

この国に正義はどこにもない。


30. 2011年1月23日 21:06:40: 2tB1NFRjwY
「強制起訴が当然」という世論を総力を挙げて作ってしまったので、
審査会側は、いまさら起訴せず済ますのが極めて難しい。
市民の代表(?)とやらが、市民の総論(!?)とされるものに逆らうことになる。
一体どっちが本当の市民だ?となればますます疑惑が深まるというものだ。

一方検察裁判所は起訴などされたらたまったものではない。
両手の指でも足りない様な法律無視の数々を乗り越えない限りは、
有罪を得る可能性がない。また無罪であれば違法捜査の是非を問われる。
そしてその過程と結果は判例としてバッチリ残るので、
永久に禍根を残すことになり、救われ難いほどの非難を受ける。
誰がそのような汚れ役を引き受けるのか。まず不可能。

じゃあ今度は
「実は冤罪だったから起訴はできませんよ」
という世論を作ろうとすれば、
すでに深い疑惑の眼差しにさらされているマスゴミには、
今か今かとウズウズしている群衆の爆発による猛火が押し寄せる。
捏造の当局である検察も当然、さらなるダメージを負う。

その損害、被害は一体何でもって償うのか…
もう誰も無傷では済まなくなってしまった。小沢氏のひとり勝ちである。
百術は一誠に如かず。まさしくこの言葉通りの事が起こったのだ。

結局審査会側の疫病神ぶりが、禍々しいまでに浮き彫りになった。
巻き添えをくったのかどうかは知らないが、検察の威信は地に落ち、
マスゴミは利口ぶって尊大なる火遊びを続けた末、
ガスタンクに引火して炸裂させるが如き大惨事を招く仕儀と相成った。

規定では、審査内容の正当性を担保するのが、審査補助員の助言のみで、
一旦議決されたら、その結果に関して誰も正当性を疑えなくなる。
市民様の判断は絶対だとでも言いたかったのだろうか?違憲なのだが…
この事が今逆に、審査会側を縛り付けているのだから、
もはや喜劇の域に達している。

この事件は陰謀である、ということは皆強く感じているのだから、
こうなったら背後関係を暴露する好機ではないのか?
得体の知れない審査会関係者と、今の審査会法を作ったバナナ野郎の小泉に脅かされたといって、
こいつらにすべて背負わせて逃げればいいさ。それだったらまあ仕方ないじゃないか。
同じ日本人同士だ。許してやるよ。
実際そうなんだろ?。


31. 2011年1月23日 21:25:37: RhpSm5WsuM
石川氏のICレコーダー録音が出た以上、もう絶対に小沢氏を起訴することなんてできない。「もうすぐ強制起訴」どころか、「もうすぐ指定弁護士辞任」であろう。

それなのに何故いつまでも、菅一派やマスコミは「強制起訴されたらどうこう」ばっかり言っているのか。馬鹿じゃなかろうか。


32. 2011年1月23日 22:36:50: OHR5c8agHQ
今、小沢さんの「無理やり起訴」が巷では話題ですが、石川さんって国会議員だよね、立法府の一員ですよね、間違いなく無罪だと思うが、無罪判決でたら検察は解体だろう。通常国会が始まる前に逮捕し、通常国会中に任意とはいえ再聴取し、恫喝、脅迫まがいで調書をとるって、立法府に対する冒涜というか、三権分立を犯していることは間違いないだろう。国会議員全員がこの意識を持たないとおかしな事になる。

33. 2011年1月24日 01:36:29: 7nGTnQinYI
石川議員や大久保秘書が東京地裁にIC録音や手紙など証拠申請し受理されたことがほとんど報道されないのは不自然だ。その事実をネットでできるだけ書き込み拡散していきましょう。村木さんの時はあれだけ報道したのに誰もとりあげないことがマスゴミガグルであることの何よりの証拠になる。

同時に「強制起訴」→「無理やり起訴」への名称変更も普及させましょう。



34. 2011年1月24日 02:12:14: RnKSdiXRLc
>マイケル・グリーンが手足として使っている(長島昭久議員の他の)

>もう一人の男は、小沢一郎から分離、反抗の態度で、すぐに浮ついたこと発言するようになった、民主党の長老の渡部恒三(わたなべこうぞう)議員の息子の、渡部恒雄(わたなべつねお)である。

今度は、菅の悪口を言いだした。でも、2005年の陣営の大麻事件のこと、みんな忘れていないと思う。


35. 2011年1月24日 03:11:34: RnKSdiXRLc
【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(1)】

Q1:そもそも、政治資金団体が土地を保有する必要かあるのか?「土地ころがし」によって、儲けていたのではないか?違和感を感じる。

A1:この土地は秘書の寮のための土地であり、現在、その上に寮が建っている。また、登記上の名義人は個人小澤一郎であるが、陸山会は専用使用権を有しており、「土地ころがし」を行っている訳ではない。(長期使用が見込まれるため、賃貸よりも購入を選択した。一般の個人の場合でも、長期使用の場合は借家よりも持ち家のほうが、トータル・コストが低いとこと同様である。)


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(2)】

Q2.この土地取引において、何故、個人小澤一郎が登場するのか?また、そもそも、小澤一郎と小沢一郎の確認書とは何なのか?

A2.陸山会は民法上の「法人格なき社団」であり、土地取引や登記を行うことができない。従って、小澤一郎が取得と、所有権移転の登記を行う必要がある。その上で、個人小澤一郎と陸山会(代表者小沢一郎)の間で使用権に関わる確認書を締結し、陸山会が排他的使用権を得るという手続きを行った(これは、不動産を保有する他の政治家の場合も同様である)。


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(3)】

Q3.平成16年(2004年)10月5日に手付金を支払い、10月29日に売主に残金全額を支払っているのに、陸山会からの支出は平成17年(2005年)になっている。これは、「期ズレ」であり、政治資金報告書の虚偽記載に当たるのではないか?

A3.登記簿の通り、個人小澤一郎と陸山会による「確認書」締結の前提である「売主から小澤一郎への所有移転手続」が完了する前に越年しており、陸山会からの土地代金の支出が平成17年であったとの記載は事実に即しており、虚偽記載ではない。陸山会の登記簿については、例えば、http://www.olive-x.com/news_ex/newsdisp.php?n=97473
 を参照のこと。

注:世田谷農業委員会事務局(都市農地課)への照会の結果、本件の土地の場合、原所有者の営農者から売主(T社)が取得した時点で「宅地化」するべきであった。しかし、土地を「宅地化」の手続きをしていない状況で個人小澤一郎に売却しようとしたため、区長の専決処分対象ではなく、開催頻度が月1回の農業委員会本会議の審議事項になることが判明。


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(4)】

Q4.平成16年10月29日以降の固定資産税については、小澤側が負担している。売買が平成17年であったならば、これは矛盾ではないか?

A4.固定資産税法によれば、固定資産税の納税義務者は1月1日時点での所有者である。しかし、不動産取引における慣行として「固定資産税調整金」(関東では1月〜12月を基準期間)の支払いが行われており、これは対価(土地代金)に加算されるものである。当初は、平成16年10月29日に所有権移転登記が完了する予定であったため、予定通り、その支払いが行われたと考えられる。


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(5)】

Q5.小澤一郎氏の「タンス預金」が、当初「陸山会に貸した4億円」だったものが、「土地購入資金」に変わったのはなぜか?

A5.農地法第5条の手続の遅延により、残金を売主に支払った平成16年10月29日の時点では、「個人小澤一郎と陸山会の『所有権に関する確認書』締結」の前提となる「売主から個人小澤一郎に対する所有権移転」が完了しなかった。そのため、売主への支払いは「使用者」である陸山会ではなく、「個人小澤一郎」が行うことになったため、「借入金」でななく「土地購入資金」として処理された。


36. 2011年1月24日 03:12:00: RnKSdiXRLc
【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(6)】

Q6.政治資金報告書には4億円の借入の記載は1件しかなく、疑問5の資金については、記載が無い。それなのに、売主に対する支払は平成16年(2004年)10月29日に行われている。これはどうしてか?

A6.当初「個人小澤一郎が陸山会に貸し付ける予定であった4億円」は「個人小澤一郎の土地購入資金+固定資産税調整金+登録免許税の資金」となった。そのため、この4億円について、「借入金」として陸山会政治資金報告書に記載する必要はない。

※従って、土地購入資金4億円の原資は「小沢のタンス預金」であり、これは、自宅
売却金等である。


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(7)】

Q7.何故、4億円があったのに、銀行から4億円の借入を行ったのか?

A7.売主から個人小澤一郎への所有権移転手続き完了後に到来する「土地購入資金+固定資産税調整金+登録免許税」(約4.17億円)の支払に備えた融資枠の確保のためである。衆議員議員の場合、解散になれば「失業者」となり、政治資金団体の与信限度額は原則としてゼロとなる。そのため、融資枠の確保は、政治資金団体にとって死活問題である。なお、4億円の定期預金を提供担保とした場合の融資枠は残高の90%の3.6億円である。これは、土地購入資金+固定資産税調整金の金額にほぼ相当する。


【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(8)】

Q8.検察審査会の2回目の議決の「4億円の不記載」の内容は?

A8.この「4億円の不記載」とは、正確には平成16年中の「個-人小澤一郎からの4億の借入と、個人小澤一郎に対する4億の返却の組」の不記載である。従って、トータルで4億円のズレがあった訳ではない。ここで、この4億円が「小澤資金」または「個人小澤一郎からの預り金」であった場合は、政治資金報告書の対象外である。また、「借入と返済」であれば両建てで記載することになるが、今回の場合は「取引形態の変更」による「借入の取消(赤伝)」が行われたため、記載は不要である。(政治資金法報告書は、キャッシュフロー計算書に類似しており、借入金についてはキャッシュフロー計算書「財務活動のキャッシュフロー」に相当する。)

※そもそも、この被疑事実は、検察が不起訴とした告訴内容を逸脱するものであり、郷原名城大学教授の指摘する通り、違法性が濃厚である。?

【陸山会問題をめぐる、国民の皆様の素朴な疑問について(9)】

Q9.陸山会問題に関する分かりやすい新聞報道は?

A9.下記のゲンダイネットがお勧めである。

http://gendai.net/articles/view/syaka-i/128422?


37. 2011年1月24日 03:12:30: RnKSdiXRLc

大林検事総長「小沢氏を有罪とする証拠はない」 28分より
http://www.youtube.com/watch?v=XXO8Bf60ZPQ&feature=player_embedded

伊藤次長検事は、検察としての結論を、はっきりとこう言い切った。「小沢氏については、捜査の結果、起訴に相当する証拠がなく、不起訴が結論」と。検察が、記者会見でこう述べる。


38. 2011年1月24日 03:15:08: RnKSdiXRLc
○参考資料

http://www.youtube.com/watch?v=vsMfQp3bgtY
http://www.youtube.com/watch?v=fvDJzjfHUfw
http://www.youtube.com/watch?v=DrhpefW0g-U
http://www.youtube.com/watch?v=aYD1cwThfvQ


○農地法に関する手続き

http://www.takebe-law.com/law/others/nouchi.html

○仮登記と本登記の相違点
http://questionbox.jp.msn.com/qa377120.html

○売買予約
http://www.re-words.net/description/0000002386.html

○権利能力なき社団(法人格なき社団)と登記
http://www.legalservice.jp/topics/item_1151.html

○市街化区域の農地又は採草放牧地の転用届出
http://www8.plala.or.jp/nouti-seido/todokede/noti-tenyo-todokede2.htm


○岩上 Ustream
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi

○石川
http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-1083.html

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/post_723.html
 
http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-1084.html


39. 50のおじん 2011年1月24日 03:22:35: bo4eR3JZr3tUg : DFWcmRe2xM
是非とも公訴を提起して貰いたい。

どんな起訴状を書くのか見てみたいからである。

突っ込みどころ満載だろう。

ついでに離党勧告でも党員資格停止でもやって貰おう。

後で吠え面を掻くのを見たいからである。

政治家として歴史に残るのだから本望だろう。


40. 2011年1月24日 09:21:13: uWjQoV7Mlw
>>20さん 追求だけなので、まだ優しい方ですね。

追求もさることながら、関係者全員の名誉毀損、損害賠償、民事裁判提起が必要です。特にマスコミの評論家連中の冤罪助長、謂われ無き誹謗・中傷に対し、相手を被告の座に座らせるのです。

>>39さん 貴殿は小沢さんの敵ですか、味方ですか?。
何人も裁判にかけられると言うことは、大変な気苦労を伴います。
普通は、発狂寸前になるほど、大変なことなのです。
人ごとであるから、気楽に言うのですか?。自分が小沢さんの身になって、考えてください。


41. 2011年1月24日 09:43:27: I4MgwYzLJ6
>>37
そりゃそうですよ。
CIAの無茶な指示で売国奴が動いているわけですから。

42. 2011年1月24日 10:03:48: c3MGH08xSU
相手は、ゾンビだ。公訴棄却?裁判官もグルなのでは、まともな判断なら、いざ知らず、そこんところが甘いかな?法曹界というお化け屋敷をあまり知らないと、奈落の底に落とされる、一度落とされてみたらいい。

43. 2011年1月24日 10:09:10: rh4hMfBnP2

公訴されたら、ぜひ検察審査会疑惑を追及してほしい。戦略として考えてもらいたい。



44. まつたけ 2011年1月24日 12:47:29: Qen9vaaaL.uIk : Tg03DWghT2
どういう幕引きが検察にはベターか。
前田検事にすべての責任を おっかぶせて 無罪を宣言することが もっとも
検察が傷つかない方法である。
 「大久保事件も 石川事件も 前田の調書を信じたために 幹部が誤った判断をしてしまった。小沢氏を含めて 関係者にはご迷惑をかけた。」これだけでおしまい。これで 誤りを率直に認める検察は正義の味方である立場を保持できる。
貧乏くじを引くのは マスコミである。いまさら 検察のリークで報道したとはいえないだろう。自分たちで 取材したことだといわなければならない。小沢側も検察に頭を下げられたら 損害賠償など請求しにくいだろう。それだけではない。小沢総理が実現したら 今度は小沢べったり検察に変身し めでたし めでたしである。ただ 前田検事は変死するかもしれない。朝日 読売 毎日は経営悪化し
記者クラブには入れてもらえない。大きくなるのは 日刊ゲンダイと 週刊ポストだ。エロ新聞 エロ雑誌が 大新聞 大出版社に変身だ。諸行無常。

45. 2011年1月24日 14:18:59: a6bulh7TYk
もし指定弁護士が小沢氏を起訴にしたなら、この弁護士達三人は自分の名前を売りたいがために無実の人間を冤罪にした悪徳弁護士と世間に周知されることだろう。

ネットは怖い!

仕事は暴力団の弁護ぐらいしか依頼はないだろう。

哀れな三人だ。

振り返れば二年余りの郷原氏の発言(起訴議決に関する)が正しかったということか。

マスメディアに懐柔されず、自分の意見を通しぬいた郷原氏に敬服。


46. 2011年1月24日 17:08:17: wjem63atP6
44さん
 建前論と正義を声高に叫ぶ連中が、じつはとんでもない非道徳な破廉恥漢であり、風俗のお姉さんの中に真実や真心があるという物語に似ていませんか?
偽善者どもの仮面を剥げ!
頑張れ、日刊ゲンダイ、週刊ポスト。
消えろ、NHK、朝日、読売、毎日。

47. 2011年1月24日 17:39:42: EszHBBNJY2
小沢派はあまり安心しないほうがいい。

前福島県知事の佐藤氏の件もある。
無形の贈収賄の判決で有罪。(実質無罪だが、検察の面子を考えて有罪判決)
この判決、皆さん意味わかる? 贈収金額が実質ゼロ円だけど、有罪ねって?

裁判所は検察とグル。

http://maiko.cocolog-nifty.com/kuma/2010/02/post-4d57.html

これと同じ感じで小沢氏に有罪(無罪だけど有罪ね)出たらどうする?



48. otoppi 2011年1月24日 18:19:28: cUHXG0u8x2am6 : 9oDyJXSLLo
指定弁護士は、石川議員の録音証拠について1月17日に「あれほどの立場(国会議員)にある人が誘導されたとは思わない。」と反応している。これはまさに不安感の表明。正しくは、「誘導されたかどうかは録音証拠を確認してみなければわからない。」と言うべきだった。

恐らく1月20日に、裁判所が証拠不採用とすることに一縷の望みを託していたのであろう。裁判所は、誘導された可能性があり、供述の任意性に対する疑義があるからこそ録音を証拠採用した。指定弁護士は、これで「誘導されたとは思わない」では済まされなくなってしまった。

指定弁護士は、1月20日のニュースを見て絶句したことだろう。


50. 2011年1月24日 19:39:10: ijthPXrwME
>起訴状を勝手に書いたら、虚偽公文書記載罪だろう。

それを使って起訴したら虚偽公文書作成行使という重罪。

村木事件でいえば前田検事が作成した虚偽公文書で大阪特捜が起訴した共謀共同正犯となり、大阪の地検トップが法廷で故意に偽証したことになる。
大阪検察特捜組織全部が偽証の罪で逮捕投獄されねばならないね。

第五検察審査会起訴議決事件ではどうなるか。
まず審査会起訴議決書を書いた吉田弁護士に虚偽公文書作成罪の濃厚な嫌疑がある。証拠隠滅の恐れが大きいから吉田弁護士を逮捕して取り調べる必要がある。
また検察審査会事務局には吉田弁護士と共謀の重大な嫌疑がかかる。潔白を証明するには検察審査会の開催記録を公開しなければならないね。審査会議事録の提出は個人情報保護法の対象外だから。こちらは証拠を開示せず隠滅すれば即犯罪となる。

さらにこのような虚偽公文書の疑いが強い起訴議決書で起訴すれば、検察官役指定弁護士は虚偽公文書行使の現行犯となり、弁護側から告発されれば法廷で逮捕されても当然。

最高裁が言うように行政法ではなく刑訴法で争えばこれが当然の展開である。


51. 2011年1月24日 19:48:23: mH5J2y5TPk
>47
感じでもの言っちゃいけない。
まず指定が職務に忠実に起訴がすることが第一。
そのための雇われなんだから。



52. 2011年1月24日 20:21:25: c3MGH08xSU
51様に御もっともだが、平気で、47様の判決を言い渡すのが、法曹界お化け屋敷ですよ!法曹界の支援を受けているからこその、政倫審のメンバー差し替え、言い換えれば、小沢系議員メンバー駆除でしょう!必ず来ますよ。それを読んでの小沢サイドなら、いいが、そうでなければ、唯の小田原北条と同じだ。そうそうでない事を祈る、マジ、このところの小沢の発言を鑑みると、?かな。(笑)小沢よ、反撃の機会を見誤るなよ〜!何てね?でしゃばりすぎか?(笑)

53. 2011年1月24日 20:31:15: ijthPXrwME
>小沢よ、反撃の機会を見誤るなよ〜!

仮免だから必ず自爆事故を起こして勝手に消えていくw反撃?必要ないねw


54. 2011年1月24日 21:15:26: 5lSSeKxOHo
あとはCIA、NASAがどうでてくるか。

55. swsk21 2011年1月24日 21:56:34: 3cX4LbR8ZO8uU : FIgNOqwGKk
>47さん
全く逆ですよ。
大林前検事総長、笠間新検事総長、伊藤次席検事共に、「小沢氏には起訴するだけの証拠はなく不起訴」つまり、「起訴するだけの証拠はなく云々」は、検察側の都合による言い回しであって普通の日本語表記をすれば、「小沢氏側には犯罪事実は一切ない」と公表しているのですよ。

従って、判検一体の現状を考察すれば、「小沢氏には起訴する事実はない」と判断し、発表した検察トップ3人の面子を潰すような判決(万一裁判になった場合でも)を裁判所が下すようなことは絶対にありません。

それ以前に、指定弁護士が今の状況(検察が犯罪に結びつく証拠はないとした)で小沢氏を起訴する為の訴状が書けますか?

立証するだけの証拠もなしに提訴したら、たちまち指定弁護士自身窮地に至るのにマスコミがいうように近々(昨年末から言い続けていましたネ→今年中に!今週中(1/22まで)に!)に強制起訴?

指定弁護士による通常の公訴提起は不可能な状態です。

マスコミは、こうも報道していましたね。
「小沢氏が事情聴取の要請を拒否すれば、起訴の準備が終わっている指定弁護士によって直ちに起訴される」と、何度も!執拗に!繰り返し!

マスコミの皆様、なぜ起訴の準備が終わっているのに指定弁護士はいつまでも起訴しないのでしょうか?答えてください!


56. 2011年1月24日 22:20:34: SPtnMDxJ8A
>>47 さま

私もそれを心配しています。

小沢氏の場合は、
「無形の賄賂を隠蔽するための無形の虚偽記載に無形の共謀をした・・・無形の・・・無形の・・・」(実質無罪の)有罪判決とするかも?

マスコミ報道は、「小沢元代表 一審有罪判決」のみ

裁判所としてはかなり無理があるけど、仙谷元法務大臣と江田法務大臣の圧力でもうすぐ新しい法解釈が明らかになる。


57. 2011年1月24日 22:55:35: mU9YLoPZ3Q
大久保秘書の供述調書を取り下げたのは、前田検事の関係もさることながら石川さんが指摘しているように、水谷側と石川が会ったのは、大久保の調書に「石川にいかせた」からというもの。検事は大久保が年上だから、大久保が石川の上司と思ったのだろう。しかし、実は石川が上司。大久保に命令されることは絶対にありえない。明らかに検事の作文だから、取り下げたということだろう。それよりも、小沢さんが無罪になった時の損害賠償はだれに請求、だれが払うのだろうか。

58. 2011年1月24日 23:01:07: ijthPXrwME
>>54

これ以上は日本を核攻撃するぐらいしかできないだろうが、北朝鮮の仕業に偽装しようとしても到底無理だなw
中国もロシアもICBM持ってるから、アジアで仕掛けてもアメリカ本土が滅ぶよw
日本に対してはいまがいっぱいいっぱいだからこれ以上はなにもできんよw>CIA

>>56
>仙谷元法務大臣と江田法務大臣の圧力でもうすぐ新しい法解釈が明らかになる。

現場の経験もない妄想三百代言が法解釈できるかねw
やればどうなるか檻の中で思い知ることになるだけだよw


59. 2011年1月24日 23:07:26: 40nKJGAdaU
何をごたごた言っているのだ。
追求すべきはこの御仁だ。
傳田みのり東京第五検察審査会事務局長
大体、審査会で起訴した当人の正体が明らかになっていない。
それをこの傳田みのりが隠しているのである。
これを隠匿することの是非は、議論されているのであろうか。
いたずらに論点を推移させるのはいかがなものであろうか。
単に、傳田みのりという御仁が、隠匿している事実の
妥当性を法的立場から徹底追求して、議論を深めるべきではないか。
次々と論点を移動して行って、肝心要の追求がおろそかになってはいないだろうか。
審査会のメンバーの交通費・日当等の領収書の提出を徹底的に求めるべきではないのか。
そこを深めて行けば、いずれは審査会を隠れ蓑にした裏金までも到達できるのではないか。
議論の為の議論に流れていっては、単なる烏合の衆になってしまうのではないか。
検察は検察審査会で必ず自らの違法性の証拠を残さざるを得なかったはずだ。
彼等の尻尾をぜひとも掴むのだ。
時間が経てば議論が移って忘却の彼方などというのは、
検察・裁判所が一般大衆に望む最も確実な方法だ。
ぜひとも皆さんのご賢察を望む。



60. 2011年1月24日 23:14:40: cO7jluCzBk
06様

指定弁護士である限り起訴しなければならない(基礎をしないと言う選択肢は無い)

これは、41条の10第1項の読み違いではないですか?
尤も、郷原弁護士もそのようなことを言っていますが、同条2項に「公訴をしないとき」の手続を書いてある以上、公訴をしない場合を予定していると読むしかないと思いますが。
むしろ、刑訴法338条4号を引用している所を見ると、起訴しなければならない、ということの方があり得ない、という妙な法律になっていると思いますが。


61. 2011年1月24日 23:36:10: cO7jluCzBk
47様
佐藤氏の場合は、よんどころない事情があったとは言え、検事の筋書きにそった自供をしていたところに裁判所がつけ込んだので、小沢氏の事例には当てはまらないと思いますが。

起訴をさせないカギは、検察審査会の起訴議決が正当であることを立証しない限り起訴などできるはずもない、ということを国民世論にするところにあると思います。


62. 2011年1月25日 01:15:00: ijthPXrwME
>起訴をさせないカギは、

起訴すりゃしたほうが罪を問われる。
違法な起訴を裁判官が認めりゃ弾劾裁判にかけられる。
できんよ。
刑訴法だけで十分で、カギなど使う必要ない。


63. 2011年1月25日 03:31:11: welv8k1WKo
59さんの言うことももっともですね。

東京第5検察審査会は開催されたという根拠がない。
誰が責任者かわからない。

差し戻しもできないか、
差し戻しされたら困る。

指定弁護士だけが、強制辞任して、幕引きにしないと、検察審査会の総元締めである裁判所もひっくり返る。

でも、検察審査会の総元締めである裁判所もむ逃げられないね。
もともと、無理しすぎだったんだよな。

前田にすべての責任をなすりつける手もあるか?

マスゴミや岡田克也が騒げば騒ぐほど、検察審査会の総元締めである裁判所に、どんどん注目が集まって、よけい逃げられなくなるね。


64. まつたけ 2011年1月25日 07:03:55: Qen9vaaaL.uIk : NtPoMinu5E
前に進めず 後に下がれず。残る手は 前田検事の拘置所での 首吊り自殺か。

65. じねん 2011年1月25日 16:39:56: uZulPyKuLoA8Y : RpgZwPKOqc
ボイスレコーダーに録音された大事な証拠が、窃盗、破棄、破壊されないようにちゃんとコピーを多めに作っておいてください

66. 2011年1月31日 16:43:17: OWMNudjV7U
で、この記事。チョンボ。たった今(いや本日正午近辺)小沢一郎氏は「強制起訴」されました。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧