★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117 > 616.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「首相は政治家ではない」 市民運動家が国政を仕切る愚 (MSN産経) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/616.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 07 日 09:17:15: igsppGRN/E9PQ
 

【松本浩史の政界走り書き】
「首相は政治家ではない」 市民運動家が国政を仕切る愚
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110807/plc11080707000001-n1.htm
2011.8.7 07:00  産経新聞

 「今の菅直人首相は政治家ではない。一市民運動家に戻ってしまった。元気いっぱいだ」

 過日、とある与党幹部は、親しい国会議員にこのところの首相の動静を尋ねられ、こう言い切ったそうだ。間髪入れず、首相の心象風景についても推し量り、政権の座に就いている間に、これまで誰もがなしえなかった政策課題を少しでも前に進め、歴史に名を残したいはずだと喝破した。

 そして、話の最後になって断定的に、こんな見立てを披露したという。

 「しばらくは辞めないよ」

 この与党幹部の指摘を待つまでもなく、経済産業省の事務次官をはじめとする3首脳の更迭人事やら、太陽光など再生可能エネルギーの活用やら、首相が原子力発電にまつわる問題に関し、輝かしい何らかの成果を出したがっているのは明々白々である。

 平成23年度第2次補正予算の成立といった「退陣3条件」は、首相とすれば、取って付けたようないかにも軽い条件である。それだから、条件が整ったとしても、へ理屈をこねて、なかったかのように振る舞うのは目に見えている。

 そういう恥じらいのないタイプの政治家であることは、これまでの言動を目の当たりにしてきた多くの国民が、さもありなん、と深くうなずくのではあるまいか。

 それにしても、気になるのは、「一市民運動家に戻ってしまった」という与党幹部の下りである。というのも、このところの政治の閉塞状況を見ていて思うに、首相の延命にかける不埒な思考と市民運動家としての性癖が奇妙な具合にうまく合致してしまい、「反菅」勢力にとって、「首相は難攻不落」という窮状を招いている気がしてならないのである。

 言うまでもなく、市民運動家出身の首相は、「国家の背骨」たる憲法や外交・安全保障に関し、長い政治活動の積み重ねの中で熟成させた信念なり理念なりを持ち合わせていない。

 それでも、付け焼き刃ながら、懸命に化粧直しをして、それなりの体を装ってきた。今年1月には、通常国会の召集前であるのに異例の外交演説をしたり、税制と社会保障の一体改革では、「政治生命をかける」と大見えを切ったりしたものの、どれもこれも中ぶらりんのままである。

 いつとはなしに、内閣不信任決議案の提出など「菅降ろし」の嵐がふきすさぶ中、退陣表明をするに至るも、のらりくらりとかわし、気がつけば、延命の有効打として、市民運動家にとってこのうえなく手触りのよさそうな原発問題が、実に都合よく横たわっていたのではあるまいか。

 市民運動とはもともと、消費者運動、反戦運動、反公害運動などワンテーマについて、既得権益に切り込んでいく取り組みであって、その論で言えば、首相が国民的人気を博するに至った薬害エイズ事件などは、旧厚生省と製薬会社との癒着体質に風穴をあけた意味で、願ったりかなったりのテーマだった。首相にとって、原発問題もそうした角度で入り込める最たるものなのだろう。

 してみると、首相が7月31日に開かれた長野県茅野市の会合で、経済産業省原子力安全・保安院の「やらせ」問題に言及し、「厚相時代に体験した薬害エイズの構造とそっくりだ」と指摘したのも、うなずける。

 つまるところ、これぞとにらんだテーマの勘どころを鋭くザクッとつかみ、もって「一点突破、全面展開」を志向して流れを形作る−。これこそが、市民運動家として培われた首相の政治手法である。こういう手法しかとれないようでは、宰相としての限界をさらしたも同然であるのだが、皮肉にも、延命策にはうってつけの一策になっている。

 「今の首相は政治家ではない」と見抜いた与党幹部の言葉がむなしく心に響き、いわく言い難い絶望感にさいなまれてしまうのである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月07日 09:27:39: WEVp5jBXVM

産経新聞というのは壷売り新聞である。
壷売りのための記事を書く新聞なのだ。
つまり軍需利権に直結している新聞である。
http://www.asahi-net.or.jp/~AM6K-KZHR/wgendai.htm
因みに
鳩山・小沢・菅をデタラメ攻撃している破廉恥記事満載の新聞である。
http://q.hatena.ne.jp/1126779083

http://esashib.web.infoseek.co.jp/kenpo04.htm
腐り切った財界に操られた番犬官僚や番犬マスコミや腐敗自民党が
出すものがなくなって菅の辞任や献金がどうとか小沢の献金疑惑、鳩山の相続がこうとか言ったところでバカ丸出しである。
昨日まで合同結婚式の会場で壷を売っていたような新聞社やTV局が菅の献金がどうとか小沢の献金、鳩山の相続がこうとか言ったところでバカ丸出しである。

http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/956.html


02. 2011年8月07日 09:35:48: czgXAEQpzY
産経は産経なりの立場から毎日菅を攻撃している。

しかし、世論に与える影響はきわめて小さく誤算の範囲。

まあウヨ系新聞がまた何か書いているとしか受け止められない。


03. 2011年8月07日 16:03:00: Q742Bd6j56
どうでもいいクズ記事だが、そもそも菅直人は自分の選挙活動以外に一体どんな「市民活動」をしたというのか?

ご存知の方がいたら、具体的にご教示願いたい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧