★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 214.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「TPP」という天変地異、「民主党」という人災
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/214.html
投稿者 卑弥弓 日時 2011 年 11 月 12 日 00:55:02: gaiBtt4HGQPD.
 

野田総理の会見を聞きました。

http://www.youtube.com/watch?v=1mfLK6knvEE
http://www.youtube.com/watch?v=x37hvF984TI

協議に入るんであって、参加ではない、と?

場合によっては、蓮舫議員に対する怒り/憤りと同じ感情が、民主党党首/日本国首相に向くだろう。

まわりまわって、「参加を匂わせて結局参加しない」なんて荒技を決めよう、なんてことを考えている、
と期待してみたくもあるが、前々の代表戦のように民主党のすることには、全く信用が置けない。

民主党の良心に期待するなんて、
「自分自身は特別で、天変地異は(自分自身には)慈悲深い」という感覚と同じで、
何ら根拠の無い「夢」だ。

天変地異に巻き込まれて初めて、
「助からない自分」を知り、
逃れられない絶望と共に、
自身の終わりを理解し、
ただ、その刻を待つ。

私達日本人は、
TPPという天変地異を目前に、
「念仏唱えて極楽往生でも願ってろ」とでも言いたいのか、民主党は。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月12日 01:00:58: KUHVFvwVEg
「民主・山田氏、首相会見「参加表明でない」=TPP(時事通信):良かったのか?」
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/210.html

上板への付和雷同ではありませんが、私も同じ意見だったので、この板を投稿しました。


02. 2011年11月12日 01:20:02: JQeniPZ9b2
自民党政権ならとっくの昔にTPPに賛成しているだろ。

■小泉「自民党ならもっと早く(TPP参加を)決断して、交渉の場で(各国と)戦えた」

進次郎氏 TPPで委員交代 推進固持、自民党方針に歯向かう
自民党の小泉進次郎青年局長は十日、党の方針に反して
環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加推進の立場を貫いたため、衆院議院運営委員会の委員を外された。
同日の衆院議運委では自民党などが提出したTPP交渉参加表明に反対する決議案について、
民主党などの反対により、衆院本会議への上程が否決された。
ただ自民党内きってのTPP推進論者である小泉氏は、事前に党国対幹部から決議案への対応を問われ
「決議案には賛成できない」と、上程に同意しない意思を示していた。
このため、議運委の採決では、別の議員に差し替えられたという。
小泉氏は、党の処置について記者団に「納得している」と指摘。
その一方で「自民党が、一刻も早く衆院解散と言うなら、
なぜ『首相の(参加)判断は遅すぎる』と言わないのか」
「自民党ならもっと早く(参加を)決断して、交渉の場で(各国と)戦えた」と持論を主張した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011111102000026.html

自民党は狡猾だから、どうとでも解釈できる玉虫色の公約を掲げ、
政権を奪還したら、最大の応援団・スポンサーの経団連のいうとおり
TPP積極推進するだろう。

自民党は、野党だから、政権奪還のために、慎重派は
農協票・医師会票欲しさに反対しているふりをしているだけ。
政権を奪還すれば、自民党は、スポンサーの経団連の言うとおりにする。
現に自民党の谷垣総裁や石原幹事長はTPP参加に前向きだ。
自民党が政権を奪還すれば、TPP積極推進派に豹変するのは、
火を見るよりも明らか。

では、どうすればよいのか。
それは、来年4月、小沢氏が無罪判決を得ることを前提として、
来年9月の代表選で、小沢派が勝てばよい。

これ以外、道はない。

<「勝負はTPP参加批准の時だ」(小沢派中堅)>
その頃にちょうど、小沢氏の無罪判決が出れば、勝負できるだろう。


03. 2011年11月12日 01:21:44: GnyGD0W1KM
阿P狂伝にもわかる。日本は臨界線を踏み越えたのだ。666が動き始めた。

04. 2011年11月12日 01:38:11: KUHVFvwVEg
民主党も自民党もやめて、国民新党へ流れれば良い。

そのほうが「政党の良心」を信じ得る。


05. 2011年11月12日 01:43:53: ZHmHyqA2uU
■TPP交渉参加 自見郵政担当相「反対せず」 閣僚懇談会で表明
国民新党から入閣している自見庄三郎金融・郵政改革担当相は11日の閣議後の閣僚懇談会で、
野田佳彦首相に対し、首相が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加を決めた場合も反対しない考えを伝えた。
藤村修官房長官が記者会見で明らかにした。
国民新党の亀井静香代表は8日に首相と会談し、
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での交渉参加表明を見送るよう求めていた。
藤村氏によると、閣僚懇談会で自見氏は同党の立場を説明した上で、
「首相がお決めになったら、当然、私もその通りに従う」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111111-00000524-san-pol
そもそも、国民新党の悲願は、TPP交渉参加阻止よりも、郵政法案成立。
なぜなら、国民新党の支持基盤は、旧特定郵便局長会議(郵政研)。
TPPよりも郵政。これが国民新党のスタンス。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧